24 JAPAN #20 テレビ朝日開局60周年記念[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

24 JAPAN #20 テレビ朝日開局60周年記念[字]

獅堂現馬(唐沢寿明)はテロ計画の真の目的を知ることに!極秘移送されてきた男の正体とは?総理候補の朝倉麗はスキャンダルを告白!人生で最も長い一日…ついに20時間!

◇番組内容
CTU(テロ対策ユニット)の獅堂現馬(唐沢寿明)は、テロリストが停電させようとしていた場所で怪しげな施設を発見!しかし、建物に侵入すると武装した男たちに襲われてしまう!さらに、謎の男と対峙することになり…?一方、現馬の娘・美有は、麻薬取引のおとり捜査に巻き込まれ警察に連行されてしまう。その頃、麗は記者会見を開き、子供にまつわる一連のスキャンダルを告白!夫・遥平とは修復不可能な決裂の時を迎えることに…
◇出演者
唐沢寿明、仲間由紀恵、栗山千明、池内博之、桜田ひより、佐野史郎、筒井道隆、木村多江
◇原作
Based on the U.S. Series “24” Created by JOEL SURNOW & ROBERT COCHRAN
◇脚本
【日本語版脚本】長坂秀佳
【日本語版脚本協力】山浦雅大
◇監督
鈴木浩介
◇音楽
奈良悠樹
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、下山潤(トータルメディアコミュニケーション)
【協力プロデューサー】藤本一彦(テレビ朝日)、船津浩一(テレビ朝日)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/24japan/
☆Twitter
 https://twitter.com/24japan_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/24japan_tvasahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 岩片
  2. 停電
  3. CTU
  4. ビクター
  5. 受刑者
  6. 連絡
  7. 軍司
  8. 時間
  9. 美有
  10. 了解
  11. アレクシス
  12. アンドレ
  13. 作戦
  14. 獅堂現馬
  15. 班長
  16. 一緒
  17. 応援
  18. 獅堂
  19. 場所
  20. 息子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/21 16:14:05時点 Amazon調べ-詳細)

(獅堂現馬)〈テロ対策ユニット
通称CTUに勤める俺は

女性総理候補 朝倉麗への
暗殺計画を阻止するため

極秘任務に当たっていた〉

〈テロリストの本当の狙いは
なんなのか〉

〈7年前に行われた作戦と
繋がっているのか〉

〈ありとあらゆる手を尽くし
捜査に当たっている〉

(朝倉夕太)母さん… 大好きだよ。

(獅堂六花)
少し 記憶が戻ったみたい。

(銃声)

(木村大介)今夜 7時20分
御殿場の例の地区を停電させて

5分後に復旧させる。

〈暗殺計画は
刻一刻と進んでいる〉

♬~

(鬼束元司)ここには 何もないな。
そろそろ戻ったほうが…。

車両が向かった先が 気になる。
えっ?

これまでの事を考えると
ここには 何かがあるはずだ。

こんな真っ暗闇の
なんにもない所にか?

ああ。 だからこそ怪しい。
この場所で 何かが起こる。

なんにも なさそうだが…。

アレクシスは
電力会社の社員を買収して

7時20分に
ここの電力を落とそうとした。

だから どうだっていうんだ?
何か理由がある。

そう考えるのが普通だろう。

理由ね…。

ああ… そろそろ
アレクシスの手術が終わる頃だ。

行ってくれ。
お前は?

ここに残る。
これ以上 調べたって無駄だ。

ここには もう何もない。
そうかもしれないが…。

それでも残るのか?

今 7時3分だ。

とにかく 7時20分まで
ここで待ってみる。

何も起きなかったら?

迎えをよこしてくれ。
俺は逃げも隠れもしない。

わかった。

暗闇の中を
気の済むまで確認しろ。

♬~

ああ… 鬼束だ。 ヘリを頼む。

(六花)どうしよう…!

(六花のすすり泣き)

私… どうしたら…!

(南条 巧)落ち着いてください!

(浜畑圭介)
深呼吸するんだ ゆっくり…。

(六花のすすり泣き)

できない…!

車が… 落ちて… あの子が…!

美有が… 中にいたのに…!
美有が…!

(南条)奥さん 聞いてください。
奥さん!

あなたの娘さんは生きています。

あなたの娘の美有さんは
無事です。

でも…
あんな事が起きたのに…!?

ちゃんと脱出したんでしょう。

本当…?

その証拠に
CTUに電話をしてきましたよ。

美有が…!?
(南条)ええ そうです。

それで…?
あの子は 今 どこにいるの!?

場所は わかりません。

そう…。

誰も信用できなくなってる
みたいでした。

夫は知っているの?
美有から電話があった事…!

まだです。
任務中で 連絡がとれていません。

娘さんは… 大丈夫だよ。

(浜畑の荒い息)

(浜畑)うう… うっ!

(南条)すいません。 ここ
しっかり押さえててください。

(浜畑)ああ…! ううっ…!

(呼び出し音)

(水石伊月)「はい」

奥さんは自宅にいた。

危ないところだったが
どうにか敵は排除した。

班長の自宅が襲われたって事!?

そうだ。
念のため 応援を送ってくれ。

奥さんは無事なの?

一時は記憶を失っていたらしい。

ただ
一緒にいた友人が撃たれたので

救急車を呼んだ。

友人って何者?

彼女を診ていた主治医だ。
名前は浜畑。

(南条)
「長い付き合いだと言っている」

状態は?
撃たれたって言ったけど…。

弾は貫通。

出血はあるが
意識はあるので大丈夫だ。

ただ 浜畑さんが呼んだという
杉浦という男は即死だ。

鑑識作業も含めて
至急 応援を頼む。

わかったわ。

奥さんは こっちへ連れてきて。
話を聞きたいから。

了解。
(電話を切る音)

動け コラッ!
(テツ)俺は動いてるわ!

おい おとなしくしろよ!

(獅堂美有)電話をかけさせて!
(車井 勉)うるさい。 座ってろ。

連絡したいところがあるの。
まずは話を聞いてからだ。

お願い!

(大草チハル)この女は嘘つき女よ。

はあ? 何言ってんの!?
(チハル)本当の事でしょ。

(美有)はあっ!?
(車井)喧嘩は あとにしろ。

(鮫島 仁)いいじゃねえかよ
好きにさせてやれよ。

(車井)偉そうな口を利くな。
俺は 何も話さねえからな。

(車井)そんな事 言ってられるのも
今のうちだ。

まずは お前からだ。 来い。
ああっ? ふざけんな!

(仁)なんなんだよ!! クソが!

(捜査員)次は お前だ。
(チハル)嘘つき女から どうぞ。

(捜査員)うるさい!! 来い!

(チハル)なんで 私からなのよ!

座っとけ。
いいから 座れ!!

(ドアの閉まる音)

♬~

(長谷部研矢)
いろんな事 聞かれるぞ。

今日あった事 全部話す。
もう誰も信用できない。

俺の事も?

KENだけは別。

心配してくれてるの
わかってるから。

♬~

君は 取引には無関係だ。
俺も正直に全部話すよ。

話したら捕まるよ。

もう決めたんだ。

自分がやった事の責任は
自分でとる。

君の父親に言われたんだ。

過ちを犯した時は
素直に認めて責任をとれって。

パパが…。

うん。

(ドアの開閉音)

(足音)

よし 次は お前だ。 来い。

(警官)行きますよ。

お前は こっちの部屋だ。 ほら!

♬~

(朝倉 麗)
日奈 少しは落ち着いた?

(朝倉日奈)平気。

(日奈)もう何も隠さなくていい
って思ったら

気持ちが楽になった。

…そう。

秘密を抱えて生きていくって…
すごく大変なんだね。

でも 本当に大変なのは
これからよ。

聞かれたくない事を
いろいろ聞かれたりするわ。

覚悟してる。

♬~

一緒に頑張っていこう。

うん。

(ドアの開閉音)

♬~

(ドアの開く音)

また あとでね。
うん。

♬~

2人で お祝いしてたの。

(朝倉遥平)お祝い?

苦しい事から抜け出したから。

あの子は強いわ。

もう何も隠さなくて良くなった
って言ってた。

(遥平)君の失敗を祝う気には
なれない。

失敗…?

あの演説… まるで敗北宣言だ。

それは まだわからないわ。

君は まだ

自分が この国の首相に
ふさわしいと思ってるのか?

国民が望んでくれるなら。

正直な姿勢は
アピールできたわ。

孫さんも
希望があると言ってる。

あの人は おだてるのが仕事だ。

僕の役目は
真実を告げる事だと思ってる。

真実!? よく言うわね。

25年かけて
築き上げてきた信用を

君は たった13分で
ぶち壊したんだぞ!

ゆっくり悲しませてもらう。

お好きに どうぞ。

君は満足なんだろうな。

全て終わって。

♬~

終わったって…。

それは夫婦関係の事?

♬~

♬~

(軍司聡介)こちら アルファー1。

獅堂現馬が施設に現れた。

(アンドレ・林)確かに奴か?

(軍司)
ああ 獅堂現馬で間違いない。

どうして
奴が ここにいる…!

(軍司)さあな。 どっかで
情報を嗅ぎつけたんだろう。

面倒な奴だ…。

(物音)

♬~

♬~

♬~

うっ! うう…!

(放電音)
ううーっ…! うう…!

アルファー1
獅堂は どうした?

ああ… 中に入ったようだ。

余計な事を…!

(マイロ)班長からは? 連絡あった?

ないわ。

あの人 相変わらずだねえ。

いきなり
御殿場 行っちゃうなんて。

まあ 班長らしいけど。

連絡ないって事は
実は 今頃 富士登山してたり?

あっ それとも温泉?
冗談は やめて。

こういう時こそ
ジョークって必要だと思うけど。

マイロ そんな場合じゃない事は
わかるでしょ?

少なくとも 僕の経験上は
張り詰めてるとさ

逆に大事な事を見逃しちゃうって
よくあるから。

(マイロ)どうぞ。

班長の奥さん
無事だったんでしょ?

なんで知ってるのよ?

さあね。

うっ…!

(岩片烈次郎)CTUの獅堂現馬。
そっちの身元は確認した。

うっ…! うっ…。

外事監察局特別課の岩片だ。

いきなり入ってきたんで
対応させてもらった。

ああ…!

(せき込み)

ここは なんの施設だ?

特殊重罪人の監禁施設だ。

特殊重罪人?

CTUの人間が
ここで何をしてる?

今朝 朝倉麗党首への
暗殺未遂事件があった。

調べているうちに
ここまで たどり着いた。

朝倉党首の件は そっちにも
情報が入っているだろ!

もっと詳しく話せ。

暗殺犯の一人は
電力会社の社員を買収して

この付近一帯を停電させようと
している事が判明した。

それは 今夜 7時20分だ。

その時間に 何がある?

党首を狙っている連中は
元軍人だ。

黒幕の兄弟は
すでに何人もの命を奪っている。

このままでは
もっと死人が出る!

7時20分に何があるのか
教えてくれ!

その時間に
ある受刑者が移送されてくる。

誰だ?

特殊な扱いの受刑者で
身元は伏せられてる。

私にも情報が入ってこない。

一定期間ごとに
収容場所が変えられる

特別体制が敷かれているようだ。

連中の目的は それか…。

どういう事だ?
俺にも わからない。

その受刑者を殺す気か
逃がす気か…。

ただ 7時20分に何か起こる。

しかし 受刑者の移送情報は
厳重に管理されてる。

あと5分しかない。
応援を要請してくれ!

あと5分じゃ無理だ。

とにかく呼ぶんだ!
何もなければ 俺が責任をとる。

何かあったら ここは 一瞬で

予想もつかないような状況に
なるんだぞ!

岩片だ。 本局に連絡して
緊急部隊を呼んでくれ。

(部下)「緊急部隊? 申請は?」

対応は あとでする。
緊急で頼む。

(部下)「了解」

ここには何人の人間がいる?

ああ… 武装した守衛が3名
メンテナンスの技術者が3名だ。

たった6名か…。

その技術者は 武器を使えるか?
いや 一般職員だ。

見かけだけでいいから
武装させてくれ。

なんのために?

敵に警備が堅いと思わせて
時間を稼ぐためだ。

応援が来るまで。
そんな事が通用すると?

やらないよりマシだ!

それだけ危険な状況だという事を
わかってほしい。

わかった。

3分前。 そろそろだぞ。

アレクシスからの連絡は?

まだだ。

停電の手配は
ついているんだろうな?

こっちは心配ない。 気にするな。

では なぜ 獅堂がいるんだ?

あいつが ここに来る事は
計画には ないぞ。

獅堂の動きは関係ない。
放っておけ。

時間だ。 行くぞ。

こんなもの 触った事もないです。

安全のために
銃口は下に向けておけ。

はい…!

ヘルメットは
しっかりかぶっておけ。

大丈夫か?
何があるんです?

次の移送に合わせた準備だ。

(技術者)我々まで
着替えたほうがいいんですか?

ああ。 備えておいたほうがいい。

応援は?
(岩片)要請した。

準備は いいか?
はい!

出るぞ!

(軍司)来たぞ!

時間どおりだ。

♬~

行くぞ!
(一同)はい!

目立つ所に立たせろ!
車から見えるように!

(岩片)照明の前に並べ!
(守衛)了解!

(アンドレ)30秒前。

(軍司)おい 話が違うぞ。

守衛は 多くても4人って
言ってたよな?

8人いるぞ。
しかも 全員 武装して…!

関係ない。 明かりが消えたら
闇に紛れて襲え。

(軍司)動きが読まれてる!
もし 停電しなかったら?

(アンドレ)
落ち着け。 停電するさ。

8秒前。

7 6 5 4 3 2 1…。

どうなってるんだ!?

連れて行け!
(一同)了解!

♬~

(アンドレ)突撃するぞ。

駄目だ! ライトは ついたまま…
手違いが多すぎる。

指示は 俺が出す!

部下は 俺に従う。

♬~

計画変更だ。 作戦Bに移る。

♬~

だから 何度も言ってんだろ!?
あの子は関係ない。

ただ あの場所にいただけだ!

そんな言い訳が通ると
思ってんのか?

彼女 何も知らないんだよ!

ただ
俺を追いかけてきただけで…。

ああ なるほど。
付き合ってるのか?

はっ? 違う。

(刑事)だが お前は
あの女の子を気に入っている。

それ 関係ないだろ。

(刑事)こういう場合は
関係あるんだよ!

人間関係は 常に
事件をひもとく鍵になるんでね。

だから 俺が嘘ついて
彼女を守ってるって?

そうは言ってない。

だが お前の前科を考えれば
そう簡単に信じるわけにも…

なあ?

(ため息)

(美有)私の父の名前は 獅堂現馬。

CTUの第1支部で
班長をしてるの。

嘘だと思うなら
CTUに電話してみれば?

あとでな。 今 俺が聞きたいのは
鮫島仁の薬物取引についてだ。

何も知らないし。 あの男とは
今日 会ったばかりなんで!

なるほど… そう来るか。

今朝 朝倉麗が
殺されかけたでしょ?

どうして私が知ってると思う?

朝からニュースで大騒ぎだが?

ニュースの話じゃないから。

私は誘拐されてたの!
朝倉麗を殺そうとした連中に。

母も一緒に監禁されて

父は テロリストに脅されてたけど
助けに来てくれたの。

泣ける家族愛だな。

隠れ家に行ったら
そこも襲われて

なんとか逃げ出したけど
車が事故に遭って…。

母は また
捕まってるかもしれないから

早く。 急いでよ!

ハリウッド映画の見すぎだ。
大した虚言癖だよ。

そんなんじゃないから。

あの女の言ったとおりだ。

はあ? あの女って誰?
一緒に捕まったお友達だよ。

チハルって人の事でしょ?

あの女 別に
友達なんかじゃないから。

私が あの家に行ったから
むかついてるんでしょ。

私がKENと仲良しだから
勝手に むかついて…。

とにかく 全部
言ってる事 でたらめだから。

もういい。
お前の話こそ めちゃくちゃだ。

しばらく 頭 冷やしてこい。

お願いだから
CTUに電話してよ!

獅堂現馬の娘だって言えば
嘘じゃないってわかるから。

じゃあ 番号 書いてみろ。

連れてけ。
はい。

(刑事)もう一度 聞く。
あの女は何者だ?

だから 知らねえっつってんだろ!
しつけえな!

待ってくれ。 まだ油断はできない。

結局 何も起きなかった。

全てが
勘違いだったんじゃないのか?

違う!
奴らが動かなかったのは

作戦どおりに
停電しなかったからだ。

必ず 次の手を打ってくる。
応援は呼んだ。

これ以上 やれる事はない。

このままじゃ まずい!
俺に どうしろと?

話をさせてくれ。
話?

さっき運ばれてきた受刑者とか?
そうだ。

無理だ。 言っただろ?
特殊な受刑者なんだ。

俺でさえ 話す事ができない。

話せるようにしてくれ!
接触は絶対禁止だ。

規則どおりにしてる
場合じゃない!

いいか!
この施設では規則は絶対だ。

ここは 公にされていない施設だ。

そこの規律を守るものは
規則しかない!

奴らは 必ず ここを襲ってくる!

何度も言ってるが あいつらは
朝倉党首を狙ってるんだ!

彼女が殺されたら
あんたが責任を問われるぞ!

悪いが 協力はできない。

直接 上に頼め。

収容の手続きをしてくる。

待て。

所属先は…
外事監察局の特別課と言ったな?

ああ。 だから?

電話を貸してくれ。

よろしく。

(ため息)

(ノック)

はい。

状況は?
夫の言うとおり 絶望的?

(長田孫六)ネットのニュースは
大いに盛り上がってる。

このあと 投票が締め切られたら
君の勝利は確実になるだろう。

そうかしら…。

8時まで 待とうじゃないか。

(ノック)

どうぞ。

(相川圭子)先生 すみません。
CTUの獅堂現馬さんが急用だと。

わかったわ。

それじゃあ 私は…。

はい 朝倉です。

アレクシスは まだ意識不明ですが
新たな手掛かりです。

それについて お願いが。

何かしら?

ある極秘の収容施設に

先ほど 1人の受刑者が
移送されてきました。

受刑者? 何者なの?

外事監察局が教えてくれません。

それで 私に手を回してほしいと?

今すぐ
その受刑者と話したいんです。

場所は 御殿場A51地区。

所長は岩片烈次郎。

彼は理解のある人物ですが
決定権がありません。

CTUからは聞けないの?

党首のルートを通したほうが早い。

わかったわ。 聞いてみます。

お願いします。

(ため息)

♬~

(アンドレ)この下水道を行って
建物の下から侵入する。

(軍司)そう簡単には破れないぞ。

指向性爆弾を使う。
音がでかい。

好都合だ。 敵が混乱する。

それに乗じて 一気に襲う。

軍司…
文句があるなら はっきりと言え。

半年がかりの作戦が総崩れだ。

アレクシスは消えた。
停電は起きなかった。

護衛は倍に増えていた。
他にも 何があるかわからない。

支障はない。

支障があるから 作戦を
実行できなかったんだろうが。

時間をかけて…
もう一度 計画を練り直すべきだ。

今日が
作戦実行にふさわしい日なんだ。

練り直している時間はない。

そういう考えが失敗を招くんだよ。

私のやり方では不満か?

リスクが大きすぎる。
リスクの割合は?

マックスだ。

では 報酬を倍払おう。

金の問題じゃないだろ。

契約を破る気か?

破ったのは そっちが先だ。

停電は起きなかった。
撤収するぞ!

二度と私に逆らうな。

命を落とす事になるぞ。

♬~

♬~

♬~

クソッ… こっちを向け。

顔を見せろ。

(ドアの開く音)

獅堂! 勝手な事をされては困る!

こいつの正体が知りたいんだ。
駄目だ。 出ていけ!

上を向け。

(岩片)獅堂!

♬~

まさか…。

(岩片)知ってるのか?

ビクター・林…。

(岩片)何者だ?

7年前に…

俺が殺した男だ。

♬~

(スタッフ)支部長。
(スタッフ)お疲れさまです。

(スタッフ)お帰りなさい。

班長と一緒では?

置いてきた。

えっ? 御殿場に?

A51地区だ。

どんな場所でした?

なんにもない場所だったよ。
ただ真っ暗なだけさ。

じゃあ どうして…。
なんで 一緒に戻らないんです?

戻ったほうがいいと
当然 言ったさ。

だけど 奴は
残ると言って聞かなかった。

頑固な性格は
君が一番よく知ってるだろう。

病院で アレクシスに会ってきた。
意識もある。

1時間もしないうちに
口を割るだろう。

班長に ご家族の事は?

まだ伝えていない。
どうして隠すんですか?

部下に
そこまで説明する義務はない。

そんな事より 君は党首を守れ。

暗殺の危険は まだ消えていない。

初の女性総理が
生まれるかもしれないんだぞ。

♬~

(岩片)了解。
引き続き 警戒を続けてくれ。

おい どういう事だ?
詳しく話せ!

ここからの話は機密事項だ。

私も 極秘事項を扱う
公務員の一人だ。

機密は守る。

7年前
日本人の技術者を誘拐した

ある国のテロリストの排除を
行った。

その時
「夜のとばり作戦」という名で

俺のチームは送り込まれたんだ。

それで?
作戦は決行された。

その時 誤って

テロリストの家族を
巻き添えにしたが

肝心の本人が生きていたとは…。

それが さっき運ばれてきた
この男か?

ああ。 ビクター・林だ。

生きていた事は
知らなかったのか?

知らなかった。

だが 息子たちは
知っていたんだろう。

だから 救出に?

そうだ。

奴らは 当時の作戦に
ゴーサインを出した朝倉党首と

実行責任者の俺への復讐を
たくらんでる。

俺は 妻と娘を誘拐された。

なんとか助け出したが…。

今 この男を ここから逃がしたら
大変な事が起きる。

多くの一般市民を 危険な目に
遭わせる事になってしまう。

上に伝える。
いや 時間がない。

少しでも早く
ビクターをここから移すべきだ。

息子たちの手の届かない場所に!

まずは連絡だ。

♬~

(軍司)アレクシスは?

生きていれば
とっくに連絡があるはずだ。

もう死んだものと思って考えよう。

どうするんだ?

やはり 停電は必要だな。

(アンドレ)ここから800メートル南に
変電施設がある。

(軍司)アレクシスが
停電させる予定だった所か。

ここを爆破して 停電させる。
小さいから 少量の火薬で十分だ。

音でバレるぞ。
もう構ってはいられない。

音でバレたところで
停電さえ起きれば なんとかなる。

どんな手段を使っても
父を逃がすんだ。

かえって
奴らを混乱させられるさ。

これが最後のチャンスなんだ。

まもなく投票の締め切りだ。

どうした? また何か心配事か?

さっきの答えを教えて。

さっきの言葉…
「終わった」というのは 選挙の事?

それとも 夫婦関係の事?

君と家族を思うからこそ
出た言葉だよ。

あなたは強い人よ。

頭が切れて
いつも自信に満ちている。

でも 私への愛情はない。
とっくの昔にね。

どういう事だ?

あなたは 2年前の事件の事を
知っていながら

ずっと私に隠してきた。
自分の野望のためにね。

もう…
あなたを信じられなくなったわ。

信頼と一緒に 愛情も消えた。

厄介払いできると思ったら
大間違いだぞ。

頭を冷やして せいぜい
みんなに感謝するんだな。

僕らを総理官邸に送り込むために

人生を犠牲にして
働いてくれたんだからな。

「僕ら」?
そうだ。

当選後 君は会見に出る。

その時 君の横に立つのは
この僕だ。

君は 僕なしでは
その場に立つ事はできなかった。

♬~

(すすり泣き)

(刑務官)入って。

入りなさい。

♬~

今 上からの返事が来る。

そうか。

なあ… よくわからないんだが

殺害の指示が下りたビクターを
なぜ 国は 今も生かしてるんだ?

利用価値があると判断した人間が
いるという事だろう。

いい情報源だからな。

もしくは
何かの政治取引の材料に使うか…。

(岩片)なるほど…。

じゃあ そもそも どうして
夜のとばり作戦は行われたんだ?

確保が目的ではなく
殺害しろと命令が下ったんだろ?

こいつが死んだと
世界中に思わせるためだろう。

そんな事のために
俺の部下は死んだ。

(携帯電話の振動音)

岩片です。

はい ここにいます。

(岩片)了解。

移送の許可か?
それは まだだ。

ただ ビクターを
尋問していいと言ってる。

獅堂。 5分間だけだ。

わかった。

(操作音)

(解錠音)

(施錠音)

CTUの獅堂現馬だ。

死んだものとばかり思っていた。

俺は…

化学兵器の密造工場が
吹っ飛ぶのを この目で見た。

あの時の光景は 今でも覚えてる。

だが…

あんたの妻子がいるのは
知らなかった。

本当だ。

♬~

俺を恨むのはいい。

だが 妻や娘には
なんの恨みもないはずだ。

♬~

(ビクター・林)
どの口で それを言うか…。

あれは事故だ!

奥さんや娘たちがいるのは
知らなかった。

本当に知らなかったんだ!

今さらの言い訳か?

あんたは奥さんと娘を失った。
このまま 息子まで失う気か!?

息子たちは… 兵士だ。

無駄死にになる。

7時20分の脱出計画は阻止した。
応援も来る。

もう そっちに勝ち目はない。

何も心配する事はない。

フッ… フフフッ…。

♬~

(携帯電話の振動音)

はい。

了解しました。

息子のアンドレに
計画を中止させろ。

どうやって?

どうせ
ずっと連絡をとっていたんだろ!

中止の連絡をしろ!
息子を死なせたいのか!?

(解錠音)

獅堂 急げ。
こいつを移送する。

図面にない出口や
災害用の避難路は?

ある。
そこを使え。

また武装させるんだ。
わかった。

受刑者を移送させる。
武装させて Cエリアに急げ。

(部下)「了解」

来い。

来るんだ!

ううっ…。

浜畑を病院に預けた。

今から 奥さんを連れて
CTUに戻る。

なるべく早く戻ってきて。
状況を解明するためには

奥さんからも
お話を聞く必要があるから。

(南条)「了解」

♬~

水石チーフが
話を聞きたいと言ってます。

班長の情報も入るかもしれません。

…わかった。

♬~

(爆発音)

♬~

息子たちだ。

壁に両手をつけ!

(岩片)ライト!
(守衛)はい!

(爆発音)
ホッホ~ッ!

ハハハ… やれやれ~!

ハッハッハ…。

(爆発音)
(ビクター)アーッハッハッハ…!

♬~

(岩片)奴らは そこまで来てるぞ!

(ビクター)ハハッ…
面白くなってきた。

いよいよクライマックスだ。
おーい!

全員 銃を構えろ!

(ビクター)ここだ! こっちだ~!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

みんな ちょっと… 早いわよ。

♬~

♬~

(爆発音)
(ビクター)ヒ~ヤッ!

ここだ! こっちだ~!

♬~

かなり危険な状況だ。
(鬼束)わかった。 上と相談する。

そんな暇はない!
夕太の問題もあるし

夫とも うまくいっていない。

(六花)娘の美有が
どうなったかだけでも知りたいの。

(美有)かかってきなよ!
相手になってやるから!

近づくと撃つぞ!
(アンドレ)こいつが死ぬぞ。 3 2 1。