[終]姉ちゃんの恋人 #09【クリスマスに大サプライズ!つづけ、幸せ】[字][デ] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]姉ちゃんの恋人 #09【クリスマスに大サプライズ!つづけ、幸せ】[字][デ]

「クリスマスに大サプライズ!つづけ幸せ」有村架純 林遣都 小池栄子 藤木直人

番組内容
安達家でクリスマスパーティーが開かれるその日、安達桃子(有村架純)を守り抜いた吉岡真人(林遣都)は、笑顔で安達家の門をくぐる。家では、安達和輝(髙橋海人)、安達優輝(日向亘)、安達朝輝(南出凌嘉)に加え、浜野みゆき(奈緒)も2人の帰りを待っていた、温かく迎えられ、クリスマスの飾りに彩られた部屋で、家族のぬくもりと幸せな空気に包まれた真人は胸を熱くする。
番組内容2
世帯主として桃子による乾杯のあいさつを皮切りに始まったパーティーでは、安達家の恒例行事として、全員が1人ずつ「あること」を発表することに…。
その頃、高田悟志(藤木直人)の秘密を偶然知ってしまった市原日南子(小池栄子)は、大きなショックを受けていた。そんななか、ホームセンターではクリスマスイブの閉店後、社員や家族、友人たちを招き、簡単なクリスマスパーティーを開くことが従業員たちに知らされる。
番組内容3
迎えたクリスマスイブ。それぞれの恋心と家族愛と友情が組み合わさり、ハロウィーンから始まった幸せの連鎖の先に待ち受ける結末とは?
出演者
有村架純 
林遣都 
奈緒 
髙橋海人(King & Prince) 
やついいちろう(エレキコミック) 
日向亘 
阿南敦子 
那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.) 
スミマサノリ 
井阪郁巳 
南出凌嘉 
西川瑞
 ・ 
和久井映見
 ・ 
光石研 
紺野まひる 
小池栄子 
藤木直人
スタッフ
【脚本】
岡田惠和

【音楽】
眞鍋昭大

【演出】
三宅喜重(関西テレビ) 
本橋圭太 
宝来忠昭

【プロデュース】
岡光寛子(関西テレビ) 
白石裕菜(ホリプロ) 
平部隆明(ホリプロ)

【制作協力】
ホリプロ

【制作著作】
関西テレビ
ご案内
【番組ホームページ】
https://www.ktv.jp/anekoi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 日南子
  2. 高田
  3. 優輝
  4. 朝輝
  5. メリークリスマス
  6. 仕事
  7. 真人
  8. 和輝
  9. 社長
  10. お願い
  11. 沙織
  12. 臼井
  13. 大丈夫
  14. 椅子
  15. 桃子
  16. 今日
  17. 福代
  18. OK
  19. マジ
  20. 頑張

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/09/17 21:18:18時点 Amazon調べ-詳細)

(吉岡真人)大きな地球儀があって
いろんな国の言葉で

新年おめでとうとか。

24までですか?
どこ行くんですか?

(高田)
今は聞くな そのうちわかる。

やめてください お願いします。

この人は やめてください
お願いします 大切な人なんです!

ははははっ。
(安達桃子)ごめん 痛かったよね。

♬~

ただいま~。
おじゃまします。

(安達和輝)おかえり。

あっ どうも。
(優輝)どうも。

(朝輝)ははっ どうも~。
あっ どうも。

ふふっ 何だ それ。 あっ どうも。

どうぞ 上がってください。
あっ どうぞ どうぞ。

(朝輝)どうぞ… あっ こちらです。
ありがとう。

どうぞ。
うん。

♬~

ん?
あぁ…

人の家に入るの何年ぶりかで
何か 不思議な感じ。

うん そっか。
うん。

うん。 大丈夫?

へぇ~。
うん。

あっ あ… あの どうも
えっと 吉岡です。

(みゆき)浜野です どうも。

そういえば
あんた 浜野って名字だったね。

久しぶりに聞いたわ それ。
(みゆき)何だ それ。

あっ えっと
桃子ちゃんの幼なじみで…。

(みゆき)はい。
で 和輝君の…

ねっ。
あっ はい。

すみません 何か…
いやはや やれやれ ぽりぽり。

あっ
後 あれなんですよね あの…

反対派 ははははっ。

そうなんです 反対派。

よろしくお願いします。

お願いします。

あっ 何か手伝います。

あっ…。

(小声で)大丈夫?
(小声で)大丈夫。

(優輝)はいはい はい…。
(朝輝)はいはい はいはい。

はいはい。
おぉ~。

(朝輝)おいしそう。
あっ すげぇ。

でしょ。

(優輝)
えぇ~ メインはトマト鍋です。

えっ。
(朝輝)はははっ うそです。

あぁ~ あっ そう そういう…
へぇ~ わかった。

はいはい はい…。
あっ。

これ 飲み物 飲み物。
ありがとう。

これね みゆきさんが… あっ。
ん?

みゆきが買ってきた。
はぁ?

うそうそ
みゆきさんが買ってきた。

姉ちゃん 目が怖い。

あぁ~ やだ そりゃ大変。
(朝輝・和輝)ははははっ。

(優輝)まあ 座って 座って
はいはい はいはい。

はい 座って 座って
はいはい はい 座って。

ありがとう。
(優輝・朝輝)はいはい はい…。

あっ 真人さん どれにします?

あぁ~ えっと…。

(優輝)みゆきさん はい。
(みゆき)ありがとう。

じゃあ これにしようかな。
はい。

(優輝)みゆきさん はい。
(みゆき)んっ。

ずっと飲んでなかったから
ほんのちょっと。

もういいかなって。
うん。

じゃあ 私 これ。

では 我が家の世帯主から ひと言。

よっ 世帯主。
よっ はははっ。

はいはい はい…。
(和輝・優輝)よっ。

えっと 何か もう
話したいこと いっぱいあるけど

今年1年
みんな よく頑張りました。

だから 来年も きっと

いい1年になると思います。
ふふっ。

個人的には いい1年になりました
ありがとう。

メリークリスマス!
ちょっと早いけど。

(一同)
メリークリスマス イェ~イ。

あっ メリークリスマス。
メリークリスマス。

(みゆき)メリークリスマス。
(朝輝)メリークリスマス。

(優輝)メリークリスマス。
すいません 何か。

(朝輝)あぁ~ うまっ。

うまっ。

さあ 食べますか。
(優輝・桃子)はい。

はい。
(一同)いただきます!

♬~

ふぅ~。
あぁ~。

さて じゃあ
安達家恒例のやつ いきますか。

おっ いく?

(朝輝)うん。

(朝輝)あぁ~ 真人さん
それは まだです。

あぁ… あっ ごめんなさい。
はははっ。

座ってください。
すみません。

えっ?
はい。

えっ で 何?
うん。

安達家では…
う~ん じゃあ 優輝。

はい。 えっと 1年に1回

安達家では
クリスマスパーティーのときに

自分が今 持ってる悩みだったり
心配事だったり

そういうのを必ず
1人ずつ言う決まりなんです。

あっ でもね 言うだけ。

それに対して何も言わない
知るだけ。

受け止めるだけ。
へぇ~。

うん そういうことです。

お2人も お願いします。
ふふふっ。

(みゆき・吉岡)えっ?
ははははっ。

じゃあ 和輝から。
はい。

参ったな ないんだよな 幸せで。

なしは なし。
はい。 う~ん

まあ でも 就活かな。

俺の志望する食品会社とかは

そんなに
ひどいわけではないんだけど

やっぱり 全体としては
採用数が とにかく少なくて。

ヤバい年です うん。
うん。

もう 就浪… 就職浪人な

するために留年するって決めてる
先輩もいるくらいで。

だって せっかく
ここまで頑張ってきたのにさ。

うん 気持ち的には けっこうね
きついです。

いや 怖い うん。

まあ それかな
今 一番つらいのは うん。

うん ありがとう。

受け止めた。

うん。

あっ…。

ははっ。
(みゆき)ふふっ。

次 俺。
(朝輝)うん。

うん。

任せとけ 大丈夫って
言ってたけど

建築系で公立は
なかなかハードル高くて

今 当落線上にいる
って感じです。

なかなか
頑張っても成績上がらない。

悔しい。

泣きたくなる

ってとこかな。
うん ありがとう。

受け止めた。

(優輝)ありがとう。

俺はね 自分としてはね
そんな ないんだ。

新しいサッカークラブもね
順調。

背番号8もらえたしね。
うん。

おぉ~。
(朝輝)ははははっ。

言いにくいけど
いいんだよね 今日は。

そうだよ。

(朝輝)姉ちゃんに真人さん

それから
兄ちゃんに みゆきさん。

恋人出来て 2人共 好きだし
うれしいんだけど

何か…

ばらばらになるの やだなって

ちょっと思うときがある。

ごめん。
謝るの なし。

はい。

受け止めた。
ふふっ。

受け止めた~!はははっ。

(みゆき)ははははっ うわ~!

うわ~!ははははっ。

(朝輝)ははははっ あっ どうぞ。

ははははっ。
ははははっ。

あっ じゃあ すいません。
(和輝・みゆき)ははははっ。

はい じゃあ みゆき。

あぁ~ うん。

えぇ~。

うれしいクリスマスだなって
思ってる。

うん。
ふふふっ。

でも まあ 失業者だからね 不安。

何か 仕事ないの すごく嫌なの。

うちの親ね
何か 人生ぐだぐだしてて

父親? 子供の頃は
そうでもなかったのに

やってた会社潰れて

う~ん そっから
結局 立ち直れなかったんだよね。

う~ん やる気なくしちゃって
っていうかさ。

母親も。
だから パートしたりとか

いろいろしたけど
すぐに辞めちゃうし。

嫌だ 嫌だって いっつも言ってて
どんどん腐ってった。

だから 仕事ないの怖くて。

うん 一番は それかな。

受け止めた。
受け止めた。

ありがとう ははっ。

じゃあ 真人さん。

あっ はい。

えぇ~
最高に楽しいクリスマスで

こんなことは自分の人生には
ないと思ってたから

母親だけを守ろうって決めてたし。

あっ うちの母ちゃん

あの よろしくお願いします
仲良くしてやってください。

ははははっ。
ふふふふっ。

あっ で 好きな人が増えると

こうやって増えると

心配も増えて。

自分のせいで 好きな人たちが
嫌な思いしないといいなって

すごく思ってます。

それかな。

受け止めた。
ありがとう。

最後は桃子?

う~ん。

真人さんと
違うのかもしれないけど

似てるのかな。

何か もう

誰も嫌な思いしてほしくないな
って思うんだ。

ほんとに そう思う。

うん やだ。

でも 今 私は すごく幸せだから

これが幸せのピークだったら
嫌だなって思うんだ。

まあ その嫌なことを想像して
時々 泣いてる。

(2人)ははははっ。

ばかみたい。
はははっ。

まあ そういうことかな うん。

(和輝・みゆき・優輝・朝輝)
受け止めた。

受け止めた はははっ。
はい。

あっ で さっきから 私

夢みちゃってることが
あるんだけど

こうなったらいいなっていうね。

どんな?
(みゆき)何?

あのね…。

(優輝)いいかも。
(みゆき)いいね~。

でも 楽しいんじゃない?
(優輝)絶対 楽しい。

せぇ~の…。

(一同)
♬ ジングルベル ジングルベル

♬ 鈴が鳴る 今日は楽しい

はははっ。
(みゆき)ははははっ。 えぇ~?

(優輝)えっ?
(朝輝)フォークリフト めっちゃかっこいい。

(優輝)えぇ~ これ 誰?
(朝輝)いいでしょ。

(優輝)真人さん?
(朝輝)真人さん 真人さん。

あぁ~ これ あれだ。
どうですか?

冷たいものも温かいものも。
そう。

あっ そうだ 忘れてたじゃん
みゆきさん あれ

あれあれ あれ。
何?

(みゆき)
あぁ~ いや ねえ やめよう あれ。

いや 何か…。
じゃあ まず みゆきさんから。

いや 駅前の100円ショップに
売ってて

こんなのあるんだねって ねっ。
うん?

新しいゲスト2人にね。

はい。

えぇ~ 何 これ。

マジ? ははっ。
はははっ。

いや
笑ってる場合じゃないですよ。

はい 真人さん。
えっ? はははっ。

えっ?

はい。
あっ。

いやいや いや… ちょっと。

はい。
(優輝)ははははっ。

えぇ~ 主張。

ありがとうございます。
似合ってますよ。

ははっ。

♬~

♬~

♬~

(日南子)ふぅ~。

(回想)
危ない…

社長!

ふぅ~ 社長ね
新社長ってことかな。

就任前に こっそり働いて…。
≪(ドアの開閉音)

社内を知る みたいな。

それだけのことか。
≪(足音)

うわ。
あぁ~。

おぉ~。
あっ 隣いい?

どうしよっかな~。

えぇ~。

ははっ。

はぁ~ どうしよう。

いつもの無邪気な顔も
好きだけど

ちょっと疲れた憂いのある顔も
好き。

(高田)ん?
ううん。

ははっ。

だめだめ
それ 言っちゃだめ… だめ。

仕事 変わるんだってね
ねっ 知らなかった。

あぁ~ うん。

だめだめ 責めちゃだめ
いい結果にならないから。

何で教えてくれなかったの?

あぁ~ うん えっとさ…。

ちょっと ばたばたしてて。

ちょっと ばたばたしてて。

落ち着いたら話があるんだ。

話があるんだ 落ち着いたら。

ほらね やっぱり ははははっ。

この顔 近くで見るのも

今日で最後になるのかな。

そうなんだ。
うん。

わかった 楽しみにしてる。

うん してて。
うん。

はははっ。

♬~

おはよう。

あっ おはようございます。
(沙織)おはようございます。

(日南子)どうしたの?

(臼井)社長が替わるんだそうです
24日から。

なんでも 社長の息子だそうで
うわさでは5男。

5男 へぇ~ そうなんだ。

(沙織)で 24の閉店後に

簡単なパーティーがあるんだって
従業員の。

家族とか
あっ ここが面白いよね

家族みたいな人も
連れていっていいんだって。

へぇ~ 何か すごい。
(沙織)ふふっ。

へぇ~ 何か アメリカみたいだね。
そうなんですか?

いや よくわかんないけど
ドラマで見たことある。

へぇ~ そうなんだ
楽しみだね 新社長。

はい。
(沙織)うん。

(貴子)えっ 私 行くの?
行っていいの?

うん 行こうよ ていうか 来て。

えぇ~
えっ パーティー? えっ ドレス?

いやいや そういうんじゃないから
倉庫だから 裏の。

わかってて言ってんの。

そういうとこ ちょっと あれだよ
真人。

何だよ あれって ははっ。
(中野)はははっ。

あっ
藤吉さんも 是非 お願いします。

えっ 俺も?
はい 家族と家族みたいな人も

呼んでいいんですって
世話になってる人とか。

だから 藤吉さんも お願いします。

すてき ふふっ。
泣いていい? 俺。

あっ だめです
そろそろ忙しいんで。

はい わかりました はははっ。

はい。
(みゆき)はい。

はい。
(和輝・みゆき)ははははっ。

いい?
うん。

楽しいね。
楽しいね。

これ 絶対似合うと思うんだよ。

えっ えぇ~。
ふふふっ。

私も自信ある。
ほんと?

うん。
はははっ。

じゃあ せぇ~ので開けよ。
おう。

はい いくよ。

(2人)せぇ~の。

あっ!えっ?

(みゆき)えっ? あっ。

(2人)えぇ~!
はははっ マジで?

えっ こんなことある?

ねぇ ははははっ。

うれしい。
ははっ うん。

ん?
ううっ… いや う~ん

やっぱりさ。
うん。

ちょっと年の差あってさ

う~ん 何か ギャップとか
そりゃあるだろうし

何か ずれてたら嫌だなって
思ってたから。

そんなこと
思わなくていいのかなって。

うん だね。

ははははっ。
ははっ。

えぇ~ でも 全く同じって。

うん はははっ。

あぁ~ もう うれしい。
うん。

和輝。
はい?

う~ん。

和輝に好きだって言ってもらって
うれしくて。

何か それに ただ
乗っかってるだけみたいなのが

ちょっと嫌でさ。

うん。

私も好きです。

ほんとに和輝が好き。

はははっ うん。

もう

仲良し卒業したいです。

恋人になりたい。

ほんとに? やった~!はははっ。

最高 はははっ。

ちょっと待って。

はい。
ふふっ。

みゆきさんもやって。
うん。

♬~

ふふっ。
はははっ。

ほっ。

ふぅ~。
ふぅ~。

何か 同じで混ざっちゃうね。
うん。

溶け合っちゃうね ははははっ。

みゆきさん。
ん?

ははははっ。

どこで覚えた
そういうことを こら!

えぇ~ はははっ。

何?

ははははっ。

みゆきさん。
うん?

もっかいする?
はぁ?

(館内アナウンス)従業員の皆様

間もなく
新社長の挨拶が始まります。

おはようございます。

(高田)本日より社長を務めます
高田悟志です。

えぇ~!えっ…。

(高田)前社長の会長就任に伴い
この度…。

ねぇ。
えっ。

(高田)
…拝することとなりました。

前社長の経営方針
企業理念を…。

あっ。
(高田)…引き継ぎ

まだまだ若輩者ですが少しでも…。
ピロン!

(メール着信音)

うん…。

んっ。

「大変!」。

ん?

「新社長 この人でした」。

(高田)
皆さんのお役に立てるよう

精いっぱい頑張りますので

どうぞ よろしくお願いします。
ん? ん?

あっ… うっ。
(高田)えぇ~ この顔見て

気が付いた人も
いるかもしれませんけど

昨日まで葛西店の配送部で
働かせてもらってました。

みんなの仕事を知りたくて
そして…。

マジか。
(高田)仲間になりたくて。

うわ~。

ねえ どういうこと?

いい社長だよね。

就任前に みんなが
どんな気持ちで働いてるのか

不満とかも含めてさ
知るために働いてた

それが うちだったってこと。
それは わかったけど

あなたとの関係は?
そう それですよ。

それも仕事だよ。

ずっと社長にメールを送ってた
女子社員の本音も知ったわけだ。

そうなんですか?

そうだよ 決まってるじゃん。

えぇ~? だとしたら嫌だな。
そういうの嫌いだな 私。

しょうがないよ。

さてさて 頑張ろう。

いい会社に私はなると思うよ。

♬~

♬~

(高田)日南子ちゃん。

えっ?

えっ…。

ピロン!

市原日南子さん。

は… はい。

俺は

ずっと君を好きでいる自信がある。

俺を

ずっと好きでいてください。

そのためだったら
どんなことでもする。

(高田)結婚してください。

♬~

ほんとですか?

だめ?
(日南子)だめって そんなわけ…。

お願いします。

♬~

あの。
はい。

1つだけ

1つだけ条件があります。

はい。

このまま
仕事 続けてもいいですか?

大好きなんです ここの仕事。

♬~

よろしくお願いします

市原チーフ。

ううっ… はい!

(日南子)ふふふっ ふふふふっ。

ふふふっ ふふっ。

(拍手)

(福代)やった~!
わぁ~ 日南子さん おめでとう。

やった。
ありがとう ふふっ。

(館内アナウンス)開店10分前です。

(日南子)うわ 何? これ。
(沙織)えっ?

(高田)あぁ~ ごめん ごめん。
(日南子)みんな 仕事 仕事!

(武内・山辺)はい。
(福代)ヤバい ヤバい。

あっ あぁ~!
落ちてる 落ちてる。

社長 そこ 花落ちてる 拾って。

えっ? あっ はい すいません。

(高田)あっ
社長として最初の仕事だ これ。

ふふっ 最高。

ふふふふっ。

(館内アナウンス)間もなく開店です。

もう~。

(館内アナウンス)お客様をお迎えする
準備をしてください。

ははっ。
はははっ。

♬~

(高田)結婚してください。

(日南子)ほんとですか?

(高田)お願いします。

えっ?

えっ えっ… えっ? えっ えっ?

あっ!
(高田)はい。

あっ。
(日南子)1つだけ…。

うっ。
(日南子)1つだけ条件が…。

さ… 悟志 プロポーズした!

プ… プロポーズした?

あの~ 社長。

ん?
いや あの 後ろ。

いや いいじゃん
苦手なんだよ 後ろ。

はぁ~。
ははっ。

あっ もう来たよ。
何がですか?

えっ? 市原チーフから
新社長への意見メール。

えっ?

従業員の女性用トイレが
少ないって。

なるほど。
よろしく。

はい 了解です
指示します。

(高田)
あぁ~ ちょ… ちょっととめて。

えっ?
とめて。

カシャ!

(山辺)メリークリスマス。

サンタさん どうぞ。

えっ?

(山辺)えっと…。

サンタさん
プレゼントあげてばっかりで

かわいそうだから プレゼント。

えっ…。

ありがとう。
うん。

バイバイ。

♬~

ん? あっ。

♬~

≫あの。
(武内)はい。

あっ。

行きますか?
カウントダウン。

(武内)あぁ… はい 行きます。

いつもみたいには
できないですけどね。

一緒に行きませんか?
はい。

えっ?

あぁ… 俺とですか?
はい。

あっ このコーナー
大好きなんです。

ずっと前から好きでした。

喜んで。
はい。

あの 今夜 時間は…

あっ。

行け。

あっ。

どうしたの? 臼井さん。

これ 例の あの…。
うん。

あっ あの 捨てられた椅子が
どうのこうの。

(臼井)どうのこうのって何ですか。
あぁ すいません。

えぇ~ 捨てられた椅子に…。
(日南子・桃子)座るシリーズ。

正解です。
はははっ。

そこに今 連絡が入って。
うん。

(臼井)
これ 見てください この椅子。

これ 私が これ始める
きっかけっていうかですね

子供の頃
大好きだった椅子があって。

(日南子)うん。
それ 壊れちゃってたんですけど

おふくろがね
新しいの買ってくれたときに

捨てちゃって。
おぉ…。

(臼井)慌てて
捜しにいったんですけど なくて。

だから お別れできてなくて。
あぁ~。

その… その椅子。
(日南子)へぇ~。

臼井さんが子供の頃って…。
ほんとに その椅子なんですか?

はい。 ほら。

あっ。
ほんとだ!

あっ どうしよう。

なくなっちゃったら
もう二度と…。

行ってこい
今すぐ休憩とって行ってこい!

ありがとうございます!
ふふふふっ。

♬~

♬~

ピピッ カシャ!

今日 残念です。

(川上)おぉ~!おい はははっ。

ちょっとは手加減しろよ 真人。

すいません。

(川上)あっ ははっ。

ははっ これは手加減し過ぎだろ
おじいちゃんじゃないんだから。

ははっ すいません。
ははっ。

なあ 真人。
はい。

いい顔してるよ。
ありがとうございます。

川上さんのおかげです。
川上さん キューピッドなんで。

えっ? 俺がキューピッド?

ははっ 随分くたびれた
キューピッドだな おい。

はい。
はい じゃねぇよ ははっ。

えっと あの~。

(中野)
あっ 安達家のイケメン3兄弟。

いやいや いや そんな。
はははっ。

どうも いらっしゃい。

吉岡です。
(和輝・優輝・朝輝)どうも。

(貴子)あっ えっと あれよね

大 中 小。 ねっ?

えっ あっ いや あの…。

あの すいません 大は こっちで。

ははっ 中です。
小になります。

(貴子)
えっ? あら やだ ごめんなさい。

いやいや いやいや 全然 全然
全然… 全然 大丈夫です。

忘れてた何かを
ちょっとだけ えぐりましたけど

はい 大丈夫です。
えぇ~?

(優輝)ははっ。
うれしい。 あの

これからパーティー
一緒に ねっ

よろしくね。
(和輝・優輝・朝輝)はい。

(中野)あっ 俺は このお店の…。

(優輝)あっ 藤吉さん。
真人さんから聞きました。

あっ そっか。 ふ~ん。

あっ ちょっと
悪いんだけど手伝ってくんない?

唐揚げ 大量に発注受けちゃってさ
ホームセンターから。

(一同)はい。
わかりました。

(中野)
じゃあ。 じゃあ エプロンは

2人 着けてもらおうかな。
はい。

♬~

(日南子)大中小。
おっ!

(和輝・優輝・朝輝)お久しぶりです。

(日南子)大きくなったね~。
はははっ。

(日南子)あっ
沙織のとこは いくつになった?

13歳。
(日南子)うわ~

きれいになっちゃって。
あっ どうも。

≪お世話になってます。
カシャ!

(福代)うまっ。
うん うまい。

(福代)あんた 食べな もっと。
ありがとう。

(福代)兄ちゃんは? 食べてんの?
ははははっ。

あっ お疲れさまです。

(日南子)お疲れさまです。

♬~

(沙織)あっ 社長。

(日南子)
えっ? ねえ ちょっと あの人。

ん? あれ?

あっ すいません あの
社長秘書の宇多川と申します。

えっ そうなの?
えぇ~?

何か すいません。
(日南子)マジで?

≪ねぇ。
≫すげぇ。

(高田)高田です。
今日は ありがとうございます。

難しいことは やめましょう。
とにかく

みんなで共に生きて
共に幸せになりましょう。

今日から仲間です。
メリークリスマス!

(日南子)メリークリスマス!
メリークリスマス。

(拍手)

(日南子)ふふふっ もう 何だよ

最高かよ たまらん。
うわ。

♬~

おぉ…。
ははははっ。

(高田)よっ マナティ。

子供か 子供社長か。
(高田)はははっ。

♬~

ふふっ。

あれ? みゆきは?

うん ちょっと遅れてるって。
もうすぐ来ると思うんだけど。

あっ そう。
うん。

おぉ~!

♬~

みゆきさん。
みゆき。

あぁ… うん。

どうした?

神様ね…。

神様 いる。

イブの夜に

仕事 決まった!

えっ?
えぇ~?

はははっ。
おぉ~。

(拍手)

あはははっ。

おぉ~!ははっ。

えっ? み… みゆきさん?

(みゆき)
ごめん 和輝 歴史が違うの。

あっ… OKです。

(みゆき)ふふふふっ。

はい こっち こっち こっち。

(朝輝)全員 紹介してよ。
はい みゆきです 私の親友。

(日南子)あぁ~ どうも。
(みゆき)お世話に…。

(貴子)
いつも お世話になってます。

あっ 母です。
あっ お母さん?

ふふふっ。
あっ こちらこそ いつも

マナティをお世話しています。
マナティは…。

(貴子)マナティ?
(福代)唐揚げ すごいおいしい!

(中野)ほんと? うれしい~。
天才。

えっ?
あぁ…。

ほら ねっ。
(日南子)何よ えっ?

ははっ。
(日南子)つきあってんの?

(沙織)えっ?
(高田)椅子の写真 届いた?

(日南子・沙織)えぇ~!
(臼井)えっ 社長が?

(高田)わぁ~ そうそう これ。
俺 送ったの。

(臼井)えっ? マジですか?
これ 僕が これ始める

きっかけになったやつです。
(高田)きっかけ?

♬~

ははっ はははっ… えっ?

あぁ… ここに。

はぁ~。

あぁ… ここに。

はぁ~。

えっと…。

こいつのおかげだよね。

うん。

うん。

あっ いや…。

あの… 明日だと

ばたばたで
お別れになっちゃうかなと思って。

うん そうだね。
うん やっぱり

このツリーの前かなとか思ってさ。
何が?

えっ? いや あの…。 ほら。

吉岡さんは
私とつきあったほうがいい。

ず… ずっとさ
桃子ちゃんからばっかりで

そうさせちゃってたからさ。

あぁ~ ははっ。

えっ 次?

あの ほら

イブだし 何て言うか…

このツリーの前で その…

キスしていいかな?

ふふっ… えぇ~ それ聞く?

いや だって
嫌だったら あれだし。

♬~

お願い… します。

ははっ うん。

♬~

♬~

ふふっ… もう!はははっ。

えっ?
いや!

何? えっ?

♬~

世界中にさ

イブの夜 仕事の人
たくさんいると思うけど

多分 俺たちが一番幸せだね。

ふふっ うん。

ふふっ はぁ~。

仕事で良かった。
ははははっ うん。

♬~

(山辺)いらっしゃいませ。
メリークリスマス!

(日南子)メリークリスマス。

お子さんがいらっしゃったら
この地球儀とか

すごく
おすすめしてるんですけども。

♬~

ちょっと 持ってよ。

≪OK。
≪せぇ~の!

OKです。
ご苦労さんです。

はい。
≪はい。

≪OK 次 回すよ~。
≫はい。

≫後ろ失礼します。
ゆっくり~。

ゆっくり ゆっくり。
≫はい 行くよ。

≫はい どうぞ。

≫オーライ オーライ オーライ。

そっと そっと。 は~い。

OKです。
じゃあ 上げてください。

♬「Brand new planet」

♬~

♬~

(拍手)

♬~

えっ? あぁ そんな…。

♬~

♬~

車のこと

簡単に克服なんかできないし

できなくたっていいと思うんだ
俺は。

できないことがあっても
不幸なわけじゃない。

きっと できない分
他の幸せあるから。

ゆっくり進んでいこう。

うん。

おぉ~!

きれいだね。
うん。

ははっ… よいしょ。

♬~

あっ。
ん?

これ。 俺がさ いれたんだ。

どっちがいい?
えっ?

えっとね こっちがカフェラテで

こっちが普通のコーヒー。

どっちでもいいよ
俺は どっちも好きなんで。

こっち。
はい。

ありがとう。

へへへっ。
ははっ。

♬~

(ナレーション)
<生きるってことは

ずっと 幸せってやつに

片思いし続けること
なのかもしれないね。>

< でも 片思いは切ないけど
楽しいよね。>

<確かに今

僕らが暮らす この星は

傷ついて
弱ってるのかもしれない。>

< でも

今を生きる僕ら みんなが

幸せに
ちゃんと片思いしていれば

きっと大丈夫。>

< この星は壊れない。>

< そうだよね 姉ちゃん。>

♬~

おっ… おぉ~。

おぉ… あっ 大丈夫? よいしょ。

おっ… すごいね。

うん。

♬~

あのさ 桃子。

は… はい。

桃子みたいな人はさ
こう… 何て言うのかな

ふわふわとか ふにゃふにゃとか
してる男と結婚するといいかもね。

例えば 俺みたいな。

えっ?

えっ? えっ 何?

それ言おうって決めてた感じ?
えっ?

ねえ そうなの? ねえ いつから?

あぁ…
やっぱり忘れて 恥ずかしい。

いや 絶対忘れない
死ぬまで忘れない!

忘れない。

ふふふっ。
はははっ。

さっきから 私

夢みちゃってることが
あるんだけど

こうなったらいいなっていうね。

(みゆき)

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

<「姉ちゃんの恋人」
Blu-rayディスク アンド DVD

発売決定。>

<抽選で それぞれ
5名様にプレゼントします。>

<詳しくは
番組ホームページまで。>