監察医 朝顔 #17【ついに母と再会する…!震災十年目に描くクライマックス】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

監察医 朝顔 #17【ついに母と再会する…!震災十年目に描くクライマックス】[字][デ]

上野樹里主演!月9史上初の2クール放送中!母とついに再会する…!朝顔ら一家に訪れる節目とは…?震災を描いてきた本作のクライマックスがここに…!

ご案内
【公式ホームページ】
https://www.fujitv.co.jp/asagao2/
【公式Twitter】
@asagao2_2020
【公式Instagram】
@asagao2_2020
【公式LINE】
@asagao_getsu9
番組内容
朝顔(上野樹里)は、娘のつぐみ(加藤柚凪)を手伝って、バレンタインデー用のチョコクッキーを焼く。保育園の男の子に渡したいらしい。それを知った桑原(風間俊介)は、まだ早すぎると怒り、平(時任三郎)を呆れさせる。テレビからは、震災以降、月命日のたびに捜索活動を行ってきた宮城県警と地元消防団の活動を紹介するニュースが流れていた。
そんな折、興雲大学法医学教室に生後8カ月の女児の解剖依頼が入る。
番組内容2
母親の田崎直子(岡崎紗絵)によれば、食事の支度で目を離したわずかの間に意識がなくなっており、すぐに救急搬送したが間に合わなかったのだという。
朝顔たちによる解剖の結果、死因は気管にプラスチック製のおもちゃが詰まったことによる窒息死と判明する。野毛山署強行犯係の忍(ともさかりえ)や岡島(斉藤陽一郎)は、虐待の可能性はないのかと朝顔に尋ねた。直子はシングルマザーで、生活も楽ではなかったらしいが、
番組内容3
いずれにせよ子どもが亡くなった場合は虐待の可能性を考慮しないわけにはいかないという。そして忍たちは、直子のようすがどこかおかしいと感じていた。朝顔や光子(志田未来)たちも、娘の死を悲しんでいるように見えない直子に困惑し…。
出演者
上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、望月歩、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宮本茉由、加藤柚凪 ・ 戸次重幸、平岩紙 ・ ともさかりえ、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 他
スタッフ
【原作】
原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣『監察医 朝顔』(実業之日本社) 
【脚本】
根本ノンジ 
【音楽】
得田真裕 
【主題歌】
折坂悠太『朝顔』(Less+ Project.) 
【法医学監修】
上村公一(東京医科歯科大学) 
【法歯学取材】
斉藤久子(千葉大学)、勝村聖子(鶴見大学) 
【医療監修】
髙田哲也、佐藤留美子(日吉メディカルクリニック)
スタッフ2
【プロデュース】
金城綾香 
【演出】
平野眞 
阿部雅和 
三橋利行

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 朝顔
  2. 杏奈
  3. 光子
  4. 虐待
  5. お母さん
  6. 桑原
  7. 子供
  8. 茶子
  9. お父さん
  10. 遺体
  11. 高橋
  12. 森本
  13. パパ
  14. 丸屋
  15. 奇麗
  16. 胸腺
  17. 咲良
  18. 青森
  19. 朝顔先生
  20. 一緒

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/09/24 22:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

(朝顔)つぐみ
ちょっと 見てみようか。

(つぐみ)うん。
(朝顔)う~ん。

(朝顔)もうちょっとかな。
(つぐみ)もうちょっとだね。

さて 続いては バレンタイン特集です。
≪(平)ただいま。

(つぐみ・朝顔)おかえり。
(平)いい匂いだな。

(つぐみ)
バレンタイン 作ってんの。

バレンタインにあげる
チョコクッキーね。

しかも 練習。
(桑原)お父さん

ちょっと早いと思いませんか?
えっ?

保育園の翔太君にあげるって
言ったら 怒っちゃって。

バカだな。
バカって 何ですか。

今からそんなんじゃ
つぐみの結婚式 気絶するぞ。

言わないでください
考えないようにしてるんですから。

考えただけで
今から ちょっと もう…。

はい。
ありがとう。

つぐみも 私たちみたいに
結婚式しないかもよ。

えっ? いや それはそれ…。

そっか…。
何それ?

複雑な 父親心なんだよ。
はい はい。

じゃあ つぐみ 新しいの作ろっか。
(つぐみ)うん 作る。

手伝ってくださーい。
(桑原)はい はい。

(つぐみ)手伝ってくださーい。

あっ お父さん 薬?
うん。

どれどれ。

新しいの出てるね。

(アナウンサー)東日本大震災が
発生した 3月11日まで

あと1カ月となりました。

西浜市 白波近くの海岸では
震災以降 月命日のたびに

宮城県警と地元の消防団による
捜索作業が行われています。

(男性)この活動も
来月で終わってしまうんです。

節目だって。

行政が動いてくれなくても

有志で続けたいと
思っているんですけどね。

(アナウンサー)来月 3月11日には
この白波海岸で

追悼式が行われる予定です。

パパ 早く!
(桑原)はい はい。

(桑原)キャンディーとかだったら
大丈夫かな。

つぐみ じいじにも
クッキー くれる?

(つぐみ)いいよ。
じゃあ じいじには

2番目に奇麗なの。
(桑原)えっ パパは?

パパは 3番目。

フフフ…。
(つぐみ)一番奇麗なのは 翔太君。

(オーブンレンジのタイマーの音)
あっ できた できた。

(つぐみ)できた?
熱い 熱い 熱い…。

つぐみ 熱いから
触んないよ 絶対に。

うん。 パパ 食べてみて。

えっ? パパ?
(つぐみ)うん。

お先です。
どうぞ。

熱っ 熱っ! 熱っ…。
(つぐみ)大丈夫?

もう時間でしょ?

あっ… ヤバい ヤバい。
一課長に怒られちゃう。

いってらっしゃい。
いってらっしゃい。

いってらっしゃい。
いってきます。

(男性)あれ?

(光子)つぐみちゃんも乙女ですね
カ~ワイイ。

(丸屋)朝顔先生
おはようございます。

おはようございます。
あっ 丸屋さんも。

よろしかったら どうぞ。
(丸屋)これは

ひょっとして
朝顔先生からのバレンタイン?

…の失敗作です。
あっ 娘の。

あっ そうでしたか。
いただきます。

(高橋)はい 興雲大学 法医学教室。

(忍)田崎 咲良ちゃん。
生後8カ月の女の子です。

母親の田崎 直子さんが
食事の支度で目を離した

わずかな間に
意識がなくなっていたと。

かわいそうに。

それでは 9時13分
N794番 解剖を始めます。

死因は 誤嚥による窒息でした。

(忍)誤嚥…。
気管に プラスチック製の

おもちゃが詰まって
窒息死したようです。

(沖田)おもちゃが壊れたみたいで
現場に別のパーツも落ちてました。

それは 訴訟になるかもね。

このくらいの子供は
何でも口に入れますから。

無理やり 口に入れられた
可能性は ありませんか?

そのような痕跡は
見られませんでした。

背中が赤く腫れていましたが

おそらく のみ込んだ物を
吐き出させるために

強く たたいたんだと思います。

(伊東)日常的に
たたいていた可能性は?

(岡島)母親の田崎 直子は
シングルマザーで

生活も苦しかったと聞いています。

虐待を疑ってるんですか?

子供が亡くなったときには

考慮しないわけには
いかないですね。

一人親であることと
虐待は 関係ないと思います。

それは もちろん。
ただ…。

母親の様子が
ちょっと気になりまして。

自分の娘が亡くなったというのに
どこか人ごとで

悲しくなさそうというか…。

(絵美)じゃあ お母さん
会わないで帰ったの?

私も お会いしない方が
いいのではないかと思いました。

まだ お子さんの死と向き合う
心の準備が

できていないように感じました。

俺も そう感じたかな。

私は あの態度
ちょっと異常に見えました。

普通の母親なら

一目だけでも 会いたいと
思うんじゃないですか?

(絵美)う~ん… でも人によって

大切な方が亡くなったときの
反応は 違うと思うよ。

ましてや 自分の子供だからね。

お母さんの喪失感は
相当なものだよ。

でも 虐待を
見逃すわけにいかないですし。

それはそうだね。

背中の痕跡 詳しく調べるね。

(藤堂)解剖 ご苦労さん。
(一同)お疲れさまです。

実は 今日 小児科の田中教授から
こんな提案があってな。

(高橋)「虐待から子どもを守る会」

(藤堂)ここ最近 小児科に
搬送されてくる子供たちの中で

後で 虐待が判明するケースが
多いらしい。

虐待されてる子供は
正直に言わん。

せやから そういう疑いのある
子供らの

最悪の事態を防ぐため
連携を高めていこうって話や。

(牛島)何で 法医学教室も?
(光子)法医は 傷のスペシャリストだから。

朝顔先生 次の委員会
参加してもらってもええかな?

分かりました。

救ってあげたいですね。

うちの解剖に回されるときには
遅いですから。

(茶子)
ハッピー バレンタインデー!

ハハハ…。
(茶子)フッフー!

♬「チャーン チャーン チャ
チャーン チャーン」

♬「チャラララ ラン ラン ラン」

どうぞ~!
ありがとうございます。

(茶子)ホワイトデー 期待しております。
了解です。

すいません。 これから 朝顔を
頼ってしまうことになるんで

先生にも ご負担を
おかけするかもしれません。

いえいえ 何を おっしゃいます。

コーヒー しません?

平さん。
はい。

私に 何か できることは
ありますか?

じゃあ
一つ 甘えてもいいですか?

うん もちろん。

私自身の
最後の後始末をしたいんです。

後始末。
それを

手伝っていただけませんか?

(茶子)色々ありますよ やること。
ちょっと メモいたしますね。

フフフ…。

何だか…
ほらほら あれみたいですね。

修学旅行の前に 友達と色々
必要なもん書きだして

一緒に イェーイ 買い出しに
繰り出すみたいな。

茶子先生も 学生時代
そんなカワイイことを。

かわいかった~。

あっ 買いましたよ
友達とお揃いで。

キティちゃんのがまぐち。

怖いんです。

里子のことを
忘れてしまうことが。

里子が死んだことも いないことも
分からなくなって

桑原君や つぐみも

朝顔のことも
分からなくなってしまうことが

怖いんです。

あっ… すいません こんなこと
言われても困りますよね。

いや。

全然 困んないっす。

友達ですから。

友達ですか。

いや…。

マブダチ。

フフフ…。
(茶子)ハハハハハ。

お疲れさまです。
(高橋)お疲れさま。

(牛島)お疲れさまです。
(高橋)何か 最近 丸屋さん

偉そうじゃない?
(牛島)高橋さんもですよ。

(高橋)あっ… ごめん。
(牛島)ハハハ。

≪(戸の閉まる音)
(朝顔・つぐみ)ただいま。

ただいま。

ああ おかえり。

これから またクッキー地獄 始まるよ。
えっ?

つぐみが ぜ~んぶ 最初っから
やり直したいんだって。

何で? おいしかったぞ。

ちゃんと あみあみにしたいの!
あみあみ?

お店に売ってるみたいに
柄の入ったやつにしたいんだって。

たぶん バター 多すぎたんだよ。

それか もっと
冷やしとくべきだったんじゃない?

何それ。
何か 大人みたいなこと言うな。

だって つぐみ
お姉さんだからね。

また 弟の話?
ううん 妹になったの。

妹?
この間ね つぐみの所に

妹ちゃんが来てね
「妹でもいい?」って聞いてきたの。

だから いいよって
言ってあげたんだ。

予言者みたいだな。

妹ちゃん いつ来るの?

それは 内緒。
え~。

ママ 手 洗いましょ。

は~い。

桑原君は?

ああ 仕事だよ。 ほら。

ああ そうだった。

最近 ホワイトボードを
見るのも忘れるな。

朝顔 もう寝る?

ううん。

お母さんの話 したいんだけど
いいかな?

聞きたい!
ちょっと待って 録音する。

あっ…。
あっ… どっち? どっち?

じゃあ お父さん
ずーっと お母さんの話を?

うん。 この時期だからかな。
色々 思い出したのかも。

あと… すごく急いでる気がする。

急いでる?
うん。

何となくだけど。

うん…。

ねえ 朝顔。
ん?

色々 一段落したらさ
み~んなで どっか行こうか。

俺もだけどさ
つぐみと お父さん

できるだけ
一緒にいさせてあげたい。

そうだね。

あっ… つぐみ
妹が来るって言ってたよ。

弟じゃなくて?

何か 急に言いだして。
何でだろう?

こういう子供の勘は
当たるって言うよね。

よし 今のうちに
名前 決めないとな~。

よし 頑張ろう!

あ~ もう!

はい 万木です。

はい。

はい。

分かりました。

階段から落ちた お子さんが
今 救急搬送されたらしくて

あしたの朝 傷を見てほしいって。

生きてる お子さん?
何で 朝顔が?

あっ… 私たち 児童虐待防止の
委員会に入ったの。

法医学が
生きてる人の役に立つのは

すごく うれしいよ。
そうなんだ。

あしたの朝 容体が
安定してるといいんだけどね。

そうだね。

忍さん? 森本さん。

(森本)朝顔先生 どうして…。

昨日の夜 救急搬送された
お子さんの傷を確認しに。

(森本)その子 ひょっとして
階段から落ちた お子さんでは?

はい。

亡くなったの。
容体が急変して。

そうですか…。

(一同)せーの。

(森本)ご遺体は 清水 杏奈ちゃん。
生後10カ月です。

(光子)10カ月…。

光子ちゃん。

何一つ
見落とさないようにしよう。

(光子)はい。

手足と体幹部の打撲痕と
後頭部の傷を見るかぎり

階段から落ちたのは
本当だと思います。

ただ… 一つ気になることが。

(森本)胸腺?

胸腺は 肺の間
心臓のやや上に位置する

主に 免疫機能に関わる臓器です。

栄養が不足したり
ストレスが与えられている子供は

この胸腺が萎縮します。
(光子)萎縮していましたか?

私も断定は できないんだけど。

確かに 昨日の咲良ちゃんの方が
月齢は 小さかったのに

胸腺は やや大きかったかも。

(姫宮)
発育の差とは いえませんか?

その可能性はあります。
他に 虐待の痕跡はありますか?

階段から落ちた際の
損傷が激しいので。

うん… そうですか。

脳腫脹や
眼底出血などもありましたが

それが暴行を証明することには
ならないと思います。

もし 虐待されていたとしたら…。

(明菜の泣き声)

清水さん 杏奈ちゃんを担当した
法医の万木先生です。

(明菜)先生…
杏奈に会わせてください。

こちらへ どうぞ。

杏奈 ママだよ。
起きて 杏奈!

(篤史)明菜!
(明菜の泣き声)

(篤史)杏奈
連れて帰ってもいいですか?

申し訳ありません。
まだ できないんです。

そうですか…。

(シャッター音)

すみません お写真は ちょっと…。

あっ… 駄目なんですね。
ごめんなさい。

杏奈ちゃんと
しばらく 会えないから。

(伊東)違和感?

スマホで 顔が傷だらけの

杏奈ちゃんの
ご遺体の写真を撮っていたんです。

何や? それ。
(光子)それは 何か変ですね。

係長に言って 自宅を調べた方が
よさそうですね。

お願いします。

あっ 伊東さん。
(伊東)はい。

田崎 咲良ちゃんのお母さんって
今 どうされてますか?

それが 全然
連絡 取れないのよ。

えっ?
だから 咲良ちゃんのご遺体

野毛山署で
お預かりしたままなんです。

そうですか。

つぐみ 揚げ物してて危ないから
こっち来ないでね。

≪(戸の閉まる音)
≪ただいま。

(つぐみ)おかえり!
おかえり。

ママ 忍ちゃん。
(忍)お邪魔します。

あ~ 忍さん!

忍ちゃん クッキー 作ろう。
(忍)ん? クッキー?

も~… 幼稚園で 好きな子に
バレンタイン 渡すのに

ここんとこ ずーっと
クッキー 作ってるんです。

そうなんだ。 カワイイね。

だって あした 本番だから。
昨日の夜 作ったじゃん。

もっと奇麗にしたいの!

納得するまで やり続けるところは
朝顔似だな。

もう やなとこ似ちゃったな。

(つぐみ)あっ またピーマン。

お姉ちゃんに なりたいんでしょ?
ピーマン 食べようね。

晩ご飯 食べてったら?
あっ いただいちゃおうかな。

ぜひ。
(忍)ありがとう。

じゃあ 手伝うね。
(つぐみ)忍ちゃん。

ん?
(つぐみ)手 洗ってきてください。

はーい。
(つぐみ)じいじ 一緒に遊ぼう。

いいよ~。

ねえ。

変なこと言うよ。

えっ? 何ですか?

あ~ 間に合った。

はい。
(つぐみ)わぁ~!

翔太君に あげるんでしょ?
う~ん… やっぱ やめた。

違う人に あげる。
えっ?

じゃあ じいじ?
(桑原)じゃあ パパ?

ゆうき君。

だ…。
(3人)誰?

≪(茶子)ハァ~…。

ああ 一杯 やりましょう
ハーブティーで。

茶子先生。

杏奈ちゃんのご両親に
お会いになったんですよね?

うん…。

まあ 一杯 やりながら。

(光子)朝顔先生。
あっ 茶子先生。

これ 見てください。

亡くなった 杏奈ちゃんの
お母さんのSNSです。

お母さんが ご遺体の写真
撮りたいって言ってたこと

思い出して。 で 気になって
調べてみたら こんな投稿してて。

杏奈ちゃんのご両親に
エンバーミングを お勧めいたしました。

しかし 断ると言われました。

エンバーミングは
血管を確保するために

ご遺体に 最小限の
切開を施す必要があります。

ですから ご遺族が
抵抗をお感じになるのも

ごもっともだと思います。
しかし

お二人は そうではなくて

お金が
もったいないということでした。

(茶子)とにかく ご遺体を

できるだけ早く 引き取りたいと
それだけを強く依頼されました。

調べましょう。

杏奈ちゃんの命が

こんな形で
終わっていいわけないです。

はい。

お手伝いいたします。

やっぱり 胸腺のサイズも
微妙すぎる。

栄養状況も 極端に
悪かったわけではないようです。

清水 杏奈ちゃんの
脳のホルマリン固定 終わりました。

ご遺体 調べ直しましょう。
(光子)はい。

私は 骨を調べるから
光子ちゃん 脳をお願い。

(光子)はい。

すいません これ見てください。

やっぱり…。

うん。

(山倉)虐待だ。

朝顔先生が 肋骨の骨折痕を。

光子先生が 大脳鎌に 小さな
硬膜下血腫を見つけてくれた。

肋骨が折れるほど
脳が腫れるほど

子供を
強く揺さぶった可能性がある。

揺さぶられっ子症候群と
言うらしい。

赤ちゃんの頭には
頭蓋骨と脳の間に隙間があって

激しく揺さぶられると
脳が頭蓋骨の内側に

何度も打ち付けられ
腫れてしまうらしい。

(岡島)聞いたことあります。

高い 高いとかしても
なっちゃうんですよね?

俺も そう思っていたが

今では その程度では 脳に障害を
与えることにはならないと

分かっているそうだ。

ひどすぎる…。

(山倉)森本 愛川。

今すぐ 清水夫婦に
任意同行をかけろ。

(森本・江梨花)はい。

はい もしもし。

はい。 あっ…
ちょっと待ってもらえますか?

はい もしもし。

どうぞ。

はい。

はい。

(丸屋)胸腺の萎縮は
虐待の証拠です。

(絵美)じゃあ 杏奈ちゃん
虐待されてたんだ。

(光子)はい。 しかも 揺さぶられて
ぐったりした杏奈ちゃんを

わざと 階段から。

ひょっとして その時点で
救急車を呼んでいれば

助かったかもしれないのに。

(高橋)生化学検査の結果
持ってきたよ。

アルブミンの検査も
やりましたが 正常でした。

ありがとう。

丸屋さん 警察に連絡して

田崎さんを
呼んでいただけますか?

(忍)失礼します。

(茶子)どうぞ。

すいません
わざわざ ご足労いただいて。

咲良ちゃん おうちに お帰り
いただけることになりました。

(直子)やっぱり 連れて
帰らないといけないですか?

このまま
預かってもらえませんか?

(直子)私 まだ

あの子が死んだっていう
実感が 全然 なくて。

だって 家の中に あの子の
おもちゃとか 縫いぐるみとか

たくさんあって。

買い置きのおむつも 洋服も…。

今 ちょっと 誰かに
預かってもらってるだけで

また 元気になって
戻ってくるって思ってれば

なんとか… 耐えられるから。

分かりますよ。

大切な お子さんを亡くされて

数日で 受け入れることが
できるわけありません。

本当に 愛していたなら。

いいんですよ 無理しなくて。

亡くなられた方と
お別れするには

途方もない時間がかかります。

焦る必要はありません。

でも…。

エンバーミングをすれば

急いで葬儀をする必要は
ありません。

もう少し 咲良ちゃんと
一緒にいられます。

処置後 50日という
規定はありますが

私たち 警察も
相談に乗ってくれる機関を

ご紹介します。

直子さん。

あなたのやり方で
お別れをしてください。

お一人で
苦しむ必要なんてないんです。

誰かを頼って いいんですよ。

♬~

♬~

(泣き声)

♬~

うわっ!

落ち葉 すごいね。
うん。

翔太君に渡せて よかったね。
うん。

ただいま。
ただいま…。

お父さん どうしたの?

これ…
大切なメモらしいんだけど

お父さん 何なのか
よく分からないんだ。

メモ?

取りあえず 中 入ろうか。

じゃあ お父さんは
そこに座ってて。

うん。
つぐみ。

手 洗ったら 自分で お洋服
そこに掛けてくれる?

分かった。

(呼び出し音)

もしもし
青森県警 捜査一課です。

もしもし?

あのう… 私 万木 平の娘の
桑原 朝顔と申します。

先ほど 田所さんから 父に

お電話を
いただいたようなんですが。

(田所)私 捜査一課
田所でございます。

お父さまにも
お話ししたのですが…。

お母さまの… 万木 里子さんの

ご遺骨の一部が見つかりました。

青森市 大港の漁師さんが

網に引っ掛かっていたところを
届けてくださいまして。

ご提出いただいていた
DNAから

お母さまのご遺骨であることが
分かりました。

はい。

はい。

では あした そちらに伺います。

はい 分かりました。

お父さん。

落ち着いて 聞いてね。

お母さんの骨が
青森で見つかったって。

えっ!?

あした 一緒に青森県警に行こう。

お父さん その話 聞いたのか?

そんな大事な話…。

お父さん。

ちゃーんと メモしてくれてたから
私が電話できたんだよ。

ありがとう お父さん。

あした お母さん 迎えに行こう。

ん。
サンキュー。

≪(ノック)

(田所)こちらが…。

(田所)事務手続きが
いくつかありますが

まずは ご家族だけで
お話になりたいと思いますので

30分後に参ります。

≪(ドアの開閉音)

♬~

♬~

バス 来ないね。
うん そうだね。

♬~

お父さん。
ん?

3人で 仙ノ浦 行こう。

♬~

♬~

《無理…》

♬~

♬~

お母さん 寒くない?

そうだな。

♬~

♬~

じいちゃん。

起こしますね。

(浩之)何だ? 2人 揃って。

あのね じいちゃん。

お母さん 見つかったよ。

でも じいちゃんが見つけた
歯じゃないよ。

あれは 別の人のものだった。

宮城の方のものだった。

でもね

青森で 漁師さんが
見つけてくれたんだ。

青森にか。

うん。 青森。

ここに お母さんの骨 入ってる。

見たのか?

ううん。

ここで 開けようって
思ってたんだ。

♬~

♬~

これ お母さんの
指なんだって。

里子。

お前 青森にいたのか。

ずいぶん遠い所まで
行ったなぁ。

奇麗な骨だから

奇麗な女の人だと思ったって
漁師さんが言ってくれたんだよ。

ホントはね この間 じいちゃんに
歯のこと

お母さんだったって
私 嘘つこうとしてたんだ。

でも じいちゃんの顔 見てたら

嘘つけなかった。

だから

お母さん 出てきてくれたんだね。

昔っから
嘘が嫌いな人だったから。

♬~

♬~

里子。

会いたかったよ。

♬~

お母さん。

ありがとう。

おかえり。

おかえりなさい。

お母さん 着いたよ。

青森からの帰り
じいちゃん所 寄ってきた。

下井さんから
お預かりしてた歯も返せた。

よかった。

うん。

朝顔。

あらためて お母さんに
ご挨拶してもいい?

うん。

(桑原)初めまして。

朝顔さんと結婚した
桑原 真也と申します。

娘のつぐみです。

ご挨拶が遅くなってしまって
すみません。

ホントだよな。
ホントだね。

ねっ?
(つぐみ)うん。

つぐみ この中にね
ばあばが入ってるの。

見てみる?
うん。

ばあば ちっちゃいね。

ちっちゃいね。
でも 奇麗だよね。

うん。 白くて奇麗。

朝顔。

やっと お母さん 帰ってこれたな。

うん。

みんな揃ったから 言うね。

あのね…。

2人目ができた。

朝顔…。

こんな幸せな日が来るなんて

思ってなかったな。

朝顔。

桑原君。

ありがとう。

つぐみさん
お姉さんになりますよ。

え~!? 弟 妹 どっち?

(桑原)それは まだ
分かんないんだな~。

(心電計の警告音)

(心電計の警告音)