[終]監察医 朝顔 #19[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]監察医 朝顔 #19[字][デ]

上野樹里主演!月9初の2クールついに最終話!朝顔一家で立ち向かう最後の事件…最大の悲劇を前に思うことは…。涙の結婚式に父のスピーチ!朝顔ここに完結!

ご案内
【公式ホームページ】
https://www.fujitv.co.jp/asagao2/
【公式Twitter】
@asagao2_2020
【公式Instagram】
@asagao2_2020
【公式LINE】
@asagao_getsu9
番組内容
朝顔(上野樹里)たちは、凶悪な事件に遭遇する――。
野毛山署強行犯係の森本(森本慎太郎)が“頬に火傷の跡がある男”に刺され、血まみれの状態で発見された。自宅でその知らせを受け、捜査本部へと向かう桑原(風間俊介)。刑事時代の最後の相棒だった森本が刺されたことに憤る平(時任三郎)も、事件現場に行きたいと朝顔に頼む。
山倉(戸次重幸)たち野毛山署の刑事たちは、森本が刺された現場周辺で犯人に繋がる
番組内容2
痕跡を探していた。山倉は、朝顔とともに現場にやってきた平に、2011年に起きた三田村一家殺人事件と、その三田村邸で最近発生した男性殺害事件との関連性にも言及する。
一方、興雲大学法医学教室では、茶子(山口智子)の協力も得て、三田村一家殺人事件に関する当時の解剖資料や、関連した論文などを検証し直す。桑原は、管理官の五十嵐(松角洋平)とともに、三田村一家殺人事件の容疑者として逮捕されたものの、
番組内容3
証拠不十分で不起訴になった市川(平原テツ)から話を聞く。ところがその矢先、森本を襲った“頬に火傷の跡がある男”が新たな凶行におよび……。
出演者
上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、望月歩、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宮本茉由、加藤柚凪 ・ 戸次重幸、平岩紙 ・ ともさかりえ、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 他
スタッフ
【原作】
原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣『監察医 朝顔』(実業之日本社) 
【脚本】
根本ノンジ 
【音楽】
得田真裕 
【主題歌】
折坂悠太『朝顔』(Less+ Project.) 
【法医学監修】
上村公一(東京医科歯科大学) 
【法歯学取材】
斉藤久子(千葉大学)、勝村聖子(鶴見大学) 
【医療監修】
髙田哲也、佐藤留美子(日吉メディカルクリニック)
スタッフ2
【プロデュース】
金城綾香 
【演出】
平野眞 
阿部雅和 
三橋利行

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 桑原
  2. 朝顔
  3. 光子
  4. 絵美
  5. 高橋
  6. 森本
  7. 犯人
  8. お父さん
  9. 伊東
  10. 山倉
  11. 茶子
  12. 心臓
  13. 朝顔先生
  14. 大輔
  15. 三田村一家殺害事件
  16. 森本刑事
  17. 柴山
  18. 一緒
  19. 宇賀神
  20. 現場

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/06/22 17:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

(朝顔)お父さん
三田村一家 殺害事件って

担当してた?
(平)うん。

実は あの現場で
また 殺人事件があったの。

(伊東)この状況
あのときと同じなんです。

(山倉)当時の捜査本部は
市川 継男をホンボシとみて

逮捕してしまった。
(岡島)その結果

証拠不十分で
不起訴になったんですよね。

(伊東)捜査ノートですか?

(平)何か できることがあれば
何でもさせてください。

(絵美)結局 目撃情報は
どうなったんだろう。

(丸屋)
市川 継男を逮捕したのも

犯人の身体的特徴と
一致していたからなんです。

犯人には 右頬に
大きな やけどの痕があると。

(女性)
やめてください 私 帰るんで。

(森本)何してるんですか?

(森本)あっ ちょっと。
すぐ終わりますから。

♬~

(忍)森本さん?

森本さん!?

♬~

森本さん…。

森本さん!

森本さん!

(桑原)はい お願い。
ありがとう。

(バイブレーターの音)

もしもし 桑原です。

えっ?

どうしたの?

森本が…。

刺された。

森本が 意識失う前に
言ったって。

「頬に傷」って。

それって あの…。

俺 今から 捜査本部 行ってくる。

分かった。 気を付けてね。
ありがとう。

朝顔。

あした お父さん
現場に行きたいんだけど。

森本君の。

お父さんの
最後の相棒だったから。

そうだね。

何の役にも立たないかもしれない。
でも…。

そんなことない。

一緒に行こう。

きっと 大丈夫。

あしたになったら
また お父さんに伝えるから。

ありがとう。

≪(足音)

≪(山倉)忍さん!

係長…。
(山倉)忍さん ここは頼みます。

岡島 現場 行くぞ。

はい。

♬~

《森本さん! 森本さん!》

ごめんなさい ごめんなさい。
何? 何?

(伊東)血痕一つ
髪の毛一本 見逃すな!

(一同)はい!

♬~

(富澤)お疲れさまです。
(山倉)県警本部の見解は?

(富澤)森本刑事の証言は
気になりますが

同一犯の決め手としては
何ともと。

そうですか。

本部 戻ります。

(渡辺)山倉係長。

朝顔先生 平さん。

すいません。
(伊東)どうして ここに?

森本君のこと聞きました。

手術は 朝方までかかりました。

肝臓に達する刺し傷で…。

予断は許さない状況です。

私にも 何か
手伝わせてください。

雑用でも 何でもします。

(伊東)ありがとうございます。

森本は 「頬にやけど」と
言ったそうです。

あの一連の殺人事件の犯人が
森本を刺したかもしれません。

岡島 愛川 お前たちは
現場の聞き込みを頼む。

(岡島・江梨花)はい。
(山倉)宮沢 鈴木 望月は

現場の防犯カメラを
くまなく当たれ。

(3人)はい。
(山倉)伊東さん。

現場は 任せましたよ。
(伊東)了解。

私と姫宮君は 捜査本部へ。
(姫宮)はい。

(伊東)沖田君と渡辺君は

何でも 調べられるものは
全て 科捜研へ回せ。

私が許可する。
(一同)はい。

平さん 一緒に
捜査本部に行ってもらえますか?

はい。
そこまで 私も同行します。

(山倉)どうぞ。

五十嵐管理官
森本巡査の件ですが

昨夜 現場付近で
不審な男に絡まれたと話す

女性から証言が取れました。
(五十嵐)どんな男ですか?

身長 180cm程度。 痩せ形。

顔に やけどのような
あざがあったと。

年齢は?
(桑原)30代中盤とのことです。

当時の犯人の推定年齢が
30代から40代。

経過年数を考慮すると
はまらないですね。

五十嵐管理官。

私が申し上げることでは
ないとは思いますが

上層部は 今回のこの事件

この捜査本部で調べることに
やや否定的だと聞きましたが。

被害者は 警察官です。
へましたくないんでしょう。

この捜査本部のわれわれが
捜査しても よろしいんですか?

森本刑事の事件を調べて
三田村一家殺害事件と

同一犯でないと分かれば
それはそれでいい。

だが 100のうち たった1でも
可能性があるのならば

私は そこにかけたい。

それに

君は 身内がやられて
じっとしてられますか?

お疲れさまです。
(一同)お疲れさまです。

五十嵐管理官 この方は
先日まで うちの署で…。

(五十嵐)もちろん
存じ上げてますよ 万木さん。

三田村一家殺害事件の際には
初動から参加されてましたよね。

当時のことは
まだ よく覚えています。

まだ 記憶があるうちに
役に立ちたいんです。

容赦なく酷使しますよ。

はい。

(五十嵐)ありがとうございます。

(丸屋)森本刑事が?
(藤堂)傷は 深いんか?

肝臓まで達してるそうです。

(絵美)ひどい…。
手術で

出血は止まったようですが

まだ 意識が戻らないんです。

(牛島)そうなんですね…。

頬にやけどってことは
三田村一家殺害事件と

先日の柴山 繁さんの殺人事件と
同一犯ってことですかね?

警察も まだ
決めきれていないようでしたが。

(光子)法医学的には
同一犯だと断言できませんしね。

(高橋)あんな特徴的な切り傷
偶然 一致するかな…。

科捜研で調べた結果

三田村一家殺害事件の
被害者の方につけられた

十字の傷痕は 同じく
切り取られた可能性が高いって。

でも あくまで可能性ですよね。

(絵美)特に
三田村一家の切創については

当時の解剖写真での判断だから
裁判で使用できるような

決定的な証拠には
ならないらしいね。

あ~… こういうとき
火葬が悔しい。

せやけど 頬のやけども
一致してる。

もし 同一犯やったとしたら…。

すでに 4人 殺して
1人 刺した。

わっ… 泥棒?

いや これは…。

わっ!

(茶子)ん… ああ…。
おはようございま~す。

あんなに荷物に囲まれてた
茶子先生の部屋が

戻ってこられてから
すっきりしてるから

おかしいなと思ってたんですよ。

(茶子)いや~ 全部
エンバーミング関係の

道具とか 資料とかですよ。

(光子)いやいや それは嘘でしょ。

鋭い 光子さん。 ホントに
何でも お見通しだから…。

先生も三田村一家の事件を
調べ直しに?

あの事件は
東横大が解剖を担当しました。

ちょっと これ見てください。

犯人は 父親が帰宅する前に

玄関から
家に入ったとされています。

ということは…
母親と顔見知りだったと?

(糀谷)犯人は
警戒心を持たれない知人。

母親と息子を殺害したあと

数時間も待って
帰宅した父親を殺害している。

(姫宮)一家の行動パターンを
理解していたんですね。

(伊東)自分が殺した遺体の横で
何時間も待ってられるなんて

肝が据わってるよ。

(糀谷)誰かに 目撃されることを
いとわない。

大胆ですね。
(伊東)むしろ 自暴自棄に近い

心理状態だったと
初動捜査時には考えられた。

(富澤)お疲れさまです。

目撃情報は 全部で8件。

身長は いずれも170から180の
高身長で一致。

30代と答えたのが 5人。
40代と答えたのが 3人。

それでも 万木さんは

20代まで視野に入れた方がいいと
進言された。

なぜ このような発言を?

ぱっと見掛けただけの人物の
年齢を聞かれて

正確に把握できる人は
どれぐらいいるんでしょうか。

確かに。
それに 彼らが聞かれたのは

単なる通行人じゃなく
殺人者についての目撃情報です。

一家全員 3人も殺した人物の。

恐怖心から やや上めの年齢を
言った可能性があると思いました。

なるほど。

あと もう一つ。

どうして 知人の犯行ではないと?

すいません 管理官。

刑事の勘です。

ハハ… 正直ですね。

桑原君。

君は 報告書を あげてましたね。

はい。

なぜ 犯人は 柴山を
三田村家で殺害したんでしょうか。

どういう意味だ?
(桑原)あそこは 住宅街です。

誰かに
目撃されるに決まってるし

実際に 目撃されたからこそ
警察が動いたんです。

決して 殺人に
適している場所だとは思えません。

手口は 似通っていますが
それだけでは

三田村一家と柴山の事件を
同一犯と考えるのは危険かと。

柴山の事件について

なぜ 同じ手口で
なぜ あの場所で発生したのか

より考察する必要があると
考えました。

三田村一家殺害事件ともなると
論文が多いですな。

埋もれそう…。

もう しっかり読めよ。

海外の一家惨殺事件にも

ヒントがあるか
わかれへんねんから。

ほら 絵美も。

(光子)自分が読めないからって
英文 パスすんな。

ちょっと 法医学用語の英文は
さすがに専門外すぎるよ。

俺 しゃべりながら
文章 読まれへんから

静かにしてくれる?

「ウィスサーチ…」

「グッ… ベス… アン… クリア」

俺も これから
英語 頑張ろっと。

(絵美)ぜひ そうしてください。
(牛島)はい。

はい は~い
高橋特急バイク便で~す!

高橋さん それ…。
(高橋)茶子先生に言われて

三田村一家殺害事件を解剖した
東横大の法医学教室の倉庫から

探してきました。
当時の解剖記録たちです。

(茶子)待ってました!

うっ… よし おい…。
(高橋)何? 何? 何?

はい はい どっこい。
どっこいせっと。

ハァ~ 検証いたしましょう!
(藤堂)何をですか?

あっ その前に。
朝顔先生。

係長。

朝顔先生。

忍さん 先生
呼んできてもらえますか?

朝顔先生が
調べたいことがあると。

はい。
お願いします。

(山倉)死ぬなよ。

お前を解剖室で見たくない。

(富澤)お忙しいところ
何度も おいでいただき

すいません。

(桑原)市川 継男。
三田村一家殺害事件の際に

一度 逮捕された男。

彼を一緒に
取り調べしてもらいたいんです。

はい。

森本さんの刺し傷について
担当医の話を聞いてきました。

柴山さんと 凶器の形状は
かなり近いと思います。

なるほど なるほど。
(光子)私たちも

三田村一家殺害事件の傷を
検証してみたんです。

(高橋)これは
風呂場で亡くなっていた

健一さんの刺し傷の位置です。

心臓に致命傷
そして 頬には 十字の切創が。

それが
シイタケで検証したみたいに

薄く切り取られとったんやな。

(絵美)こっちが 先月 亡くなった
柴山 繁さん。

心臓を
ひと突きしているのは一緒で

頬の傷も同じ。 ただ
刺創の長さや幅が違ってるから

凶器は 違うかもね。

凶器は 違うんですか?

この一家殺害事件の
解剖記録によると

創面が かなり
ざらついていたみたいなんです。

創面って…。
(丸屋)切り傷の断面のことです。

(藤堂)これは 科捜研と組んで
調べな分からへんけど

三田村一家殺害事件は
普通の刃物じゃなかったんかも。

普通じゃない刃物って 何よ?

何か こう 常識では
考えられへんような

もんやったんちゃうかなぁ…。

(高橋)茶子先生 このマネキン
どうしたんですか?

(茶子)私物です。
(高橋)えっ…。

(藤堂)3体も?
(茶子)はい。

あなたは 事件の前日
夕方に 三田村家を訪問して

金を借りに行ってますよね。

(五十嵐)奥さんに
夫が帰ってこないと

分からないと追い出されましたね。

それに腹が立った あなたは

時間を置いて
再度 家を訪問して

沙耶さんと 誠君を
手にかけたんじゃないんですか?

(市川)バカバカしい…。

何が バカバカしいんですか?

家族が… 普通に暮らしていた
3人もの命が

亡くなってるんですよ。

(市川)死んだら 偉いのかよ。

何度も 何度も
顔に やけどがあるだけで

殺人犯に疑われた
俺の人生は どうしてくれんだ。

人を殺したかもしれないと
思われた瞬間に

普通に暮らしていくなんて
無理なんだよ!

生きてる人間は
生きてるだけでラッキーだから

何でも 耐えろっていうのか?

人が殺されるたびに
警察に呼び出されて

俺の人生の責任は
誰が どうとってくれるんだよ!

(宮沢)お疲れさまです。

(五十嵐)どう思いますか?

あれは

本心だと思いました。

私もです。

分かりました。
朝顔先生に伝えます。

伊東さんですか?
うん 結果が分かった。

(看護師)刑事さん! 刑事さん!

森本さん
意識が戻りました。

森本さん!

森本さん 分かる?

いいよ 無理しなくて。

あの…。
(忍)うん。

犯人のやけど…。

やけど? うん うん
やけどが どうしたの?

(バイブレーターの音)

もしもし。

同一犯じゃないかもしれない。

えっ?

朝顔 ちょっと待って。

皆さん 聞いてください。

朝顔 続けて。

三田村一家殺害事件は
まだ 特定されてないけど

特殊な刃物が凶器だと思う。

例えば もとは別の刃物を
解体したような。

今 高橋さんが 資料
持ってってくれてるから。

あっ お待たせしました。
お願いします。

はさみを バラして
単独でナイフのように

使用したのかもしれない。

柴山 繁さんの事件と
森本刑事の刺し傷は

いわゆる
表面の滑らかな刃物だった。

もちろん 当時とは…。

別の凶器を 同一犯が
使用したとも考えられるけど。

森本刑事だけ 心臓ではなく
肝臓を刺したのが気になって

森本刑事の現場での出血量を
調べてもらったの。

《1, 000ccから
1, 500ccほどと推定されます》

肝静脈を傷つけられて
いなかったことを考えると

森本刑事が
現場で出血していたのは

おそらく 刺されてから10分前後。

それだけの時間があれば
犯人がルーティンにしてる

頬の傷をつけるには
十分だったはず。

ということは…。

森本刑事を刺したのは

三田村一家を殺害したのとは
別の犯人かもしれない。

(高橋)では 失礼します。
(桑原)ありがとうございます。

おお…。
(忍)ごめんなさい。

森本刑事が目を覚ましました。

よかった…。

新しく
森本刑事が証言してくれました。

頬のやけどは フェイクだと。

フェイク?

1品で ごめんね。

よーいしょ。

(つぐみ)じいじ~!
ご飯 できたよ。

は~い。

じゃあ つぐみ
持ってってくれる? 自分の。

(つぐみ)うん。

はーい。 よいしょ。

はい お父さん。
ありがとう。

じゃあ 食べよっか。

(3人)いただきます。

大丈夫? 苦くない?

どう? おいしいでしょ?

(つぐみ)苦~い!

え~。
でも

パパも頑張ってるから
つぐみも頑張る。

ママ。 パパ 悪い人
捕まえてくれるんでしょ?

そうだね。

苦っ…。

(高橋)皆さん ちょっと来て。

繰り返します。 ただ今
入ってきた情報によりますと

横浜市の野毛山学院に
刃物を持った男が押し入りました。

(絵美)野毛山学院?

大輔の小学校やないか!

刺されたボランティアの男性と
教師は 心肺停止。

現場には 登校中の児童が
多数いましたが

ケガの程度は分かっていません。
(絵美)えっ…。

繰り返します。 ただ今
入ってきた情報によりますと

横浜市の野毛山学院に
刃物を持った男が…。

(教師)急げ! 急げ!

大輔…。
(絵美)大輔。

大輔は…。

解剖のご依頼 入りました。

通り魔事件の被害者 お二人です。

私が…。

朝顔さんは 今 大事なお体です。

私が解剖いたします。
よろしいんですか?

法医の免許は
剥奪されておりません。

藤堂先生には すでに
許可をいただいております。

一刻も早く ご遺体 お二人を
解剖いたしましょう。

朝顔先生 じゅうぶん
安全な距離を確保の上

立ち会いを お願いできますか?
もちろんです。

(丸屋)お二人同時にやるなら
検査技師も二人 必要ですよね。

私も立ち会います。
見習いですけど。

単なる見習いじゃない。
スーパー見習いだから 大丈夫。

高橋さん。
(牛島)僕もサポートに入ります。

何でも言ってください。
(茶子)サンキューベリマッチ!

じゃあ
皆さん よろしくお願いします。

(江梨花)有田 満さん 52歳。

(沖田)野毛山学院で
教員をされていました。

(茶子)では 10時53分 N799。

解剖 開始。

(姫宮)宇賀神 秀樹さん 19歳。
大学生です。

(富澤)ボランティアで 野毛山学院前の
交通整理をしていました。

(光子)では 10時55分 N800番
解剖 始めます。

(茶子)上部内側に刺創。

長さは 2.6cm。

幅 0.3。

深さ 10cm。

(丸屋)凶器の大きさなどは?

(茶子)朝顔先生 これは…。

同じですね。
(沖田)同じというと?

柴山 繁さんとも 森本刑事とも
凶器の特徴が一致します。

(光子)朝顔先生
ちょっと見てもらえますか?

はい。

(光子)この方 体中
めった刺しにされたようです。

刺創 かなり多いね。

(光子)写真 お願いします。
(渡辺・高橋)はい。

(シャッター音)
(光子)それに ここ。

(高橋)手で防ごうとした?
(光子)そのようです。

左右どちらの腕にも
無数の傷があります。

写真 お願いします。
(渡辺)はい。

(光子)続いて 切開します。

はい。

(光子)心嚢 切開します。

(光子)あっ…。
(伊東)何? 何? どうした?

あっ この心臓…。

(伊東)お二人とも 死因は 失血死。

共に 凶器は 刃渡り10cm以上の
刃物ということで

よろしいでしょうか?
(光子)はい 間違いありません。

こちらも 同じく。
(沖田)他に

犯人につながる
手掛かりは ないんですか?

(光子)う~ん…。

あのう…。

あくまで 私の推測ですが…。

(伊東)構いません。

宇賀神さんは
全身8カ所 刺されており

どの傷も かなり深い。

犯人は かなりの至近距離から
刺したと思われます。

だとしたら 犯人は大量の返り血を
全身に浴びているはずです。

でも
服を着替えていたとしたら…。

たとえ 服を着替えても
髪の毛や顔 指に

血液が付着しています。

かなり目立つと思いますよ。

大輔…。

大輔!

(大輔)おにぎり…。

(大輔)あった。 よかった。
(絵美)大輔!

息子が!
(警察官)危ないですから!

(藤堂)大輔。
(大輔)パパ ママ。

よかった…。

よかった!

(大輔)ちょっと待って。
おにぎりが つぶれちゃう。

(パトカーのサイレン)

(山倉)いたか?
(岡島)いないっす。

(山倉)桑原は そっち
岡島は そっちを捜せ。

(桑原)係長は?
(山倉)正面だ。

(バイブレーターの音)

(茶子)これも お願いしますね。

茶子先生。

宇賀神さん
心臓移植を受けていました。

先天性の
重い心臓病だったそうです。

そうですか…。

しっかりと 血管と心臓が
くっついていました。

有田さんと宇賀神さんの
ご遺族がいらっしゃいました。

分かりました。
別々の部屋に お通しして。

(牛島)はい。
(茶子)有田さんのご家族には

私から話しましょう。
お願いします。

高橋君 一緒に。
(高橋)あっ はい。

じゃあ 準備しよっか。
はい。

(美佐子)そんなに
たくさん 刺されたんですか?

子供たちを身をていして
守られたんです。

何度 刺されても 犯人を

お亡くなりになるまで
離さなかったそうです。

そのおかげで 子供たちは
犯人から逃げることができました。

一人も 刃物で
傷つけられなかったそうです。

(友則)悲しいし 悔しいです。

でも 同じくらい 申し訳なくて…。

心臓… ですか?

もう お気付きかと思いますが
秀樹は 生かされてきました。

亡くなってしまった
お子さんの体をいただいて。

それなのに
こんなことになって

本当に 申し訳ないんです…。

心臓を提供してくださった
お子さんの親御さんは きっと

秀樹が生きてることが
希望だったと思いますから。

心臓は…。

奇麗でしたか?

ええ。

問題なく 働いていました。

しっかりと
秀樹さんのお体と くっついて。

そうですか。

こんなことでもなければ…。

なければなぁ…。

(美佐子の泣き声)

≪(物音)

山倉さん 1階 教室 被疑者
人質と共に立てこもっています。

♬~

(桑原)人質を放しなさい。

人質を放しなさい!

(北村)
近づいたら こいつを殺す!

ああー!
(桑原)被疑者 エントランス!

(桑原)抵抗するな!
(北村)うっせえ!

(山倉)止まれ!

(桑原)人質 確保!

うわ~!

ナイフ ナイフ! ナイフ!

確保 確保! 確保!

覚悟しろ。 俺たちは 絶対に
お前のことを許さない!

(桑原)犯人は 北村 力也 37歳。
住所不定 無職。

柴山 繁 殺害については
認めていますが

三田村一家殺害事件については
否認しています。

手口が一致したのは
偶然ってことですか?

いえ 海外で
ある日本人の男から

昔 一家を殺害したことがあると
聞いていたそうです。

「俺と同じ手口なら
きっと バレない」と。

その男の右頬には
やけどがあった。

だから 身体的特徴を
まねしようと思ったようです。

そのため パーティー用のグッズの
シールに

メークを施した。
(伊東)なんて お粗末な…。

(桑原)警察に詰められて
怖くなって刺してしまった。

模倣犯もバレ 自暴自棄になって
今回の事件を。

柴山さんを殺害した動機は?

ないそうです。

人を殺してみたかったと。

死刑にしてほしいと言っています。

何だよ それ…。
(山倉)そんなやつに

何の罪もない命が…。

それに 三田村一家の件は
未解決のままなんですね。

落胆してる場合ですか。

落胆する時間はありません!

新たな犠牲者が出るまで
のんびりするつもりですか!?

犯人を検挙するまで捜査する。

これまでの職務と
何も変わりないはずです!

一日も早く
この捜査本部を解体するべく

各自 力を尽くしてください。

(一同)はい。

今日 大変だったね。
うん。 朝顔も。

お父さん 相当 疲れてた。

うん。

でも お父さん すごかった。
現役時代 思い出しちゃったよ。

そっか。

よかった。

お父さん
仕事仲間に弱ったところ

見せたくなかったと思うから。

そうだね。

お父さん 俺に 電話くれたんだ。
電話?

小学校に潜入する直前に。
(バイブレーターの音)

(桑原)「冷静にな」って。

そうだったんだ。

有田さんのご遺族 誰かを守って
亡くなりましたよって

言われたからって
やるせないよね…。

うん。
宇賀神さんのご遺族も

息子さんが亡くなられて

臓器提供してくださった方に
申し訳ないって言ってた。

こんなことって おかしいと思う。

朝顔。

俺 朝顔を見てきて
思うんだけど

災害で 急に命を奪われるって
そんな理不尽なことないって…。

でも きっと これからも

そうやって 命を落とされる方は
いるんだろうなって。

できることなら
みんな 助かってほしいけど

そうだろうね。

だから 身勝手に人の命を奪う
犯罪者が 俺は 許せない。

うん。

この子も つぐみも

このまま 危ないことに
巻き込まれないで

穏やかに生きてってほしい。

桑原君も。

お父さんも。

生きてる人 み~んな。

そう願っても 悲しいことは
起こるんだろうけどね。

だから 俺たち警察がいる。

現実は そんな
簡単なことじゃないって

分かってるけど。

少なくとも
俺は そう思って働いてる。

うん。

よし。

ありがとう。
ごめん 途中になっちゃった。

ううん あと やっとく。

じゃあ 戻るね。
うん。

あっ そうだ。
結婚式のことなんだけど。

3月11日に しようと思うんだ。

せめて 今年の3月11日だけでも

お父さんに 少しでも
明るい気持ちで

過ごしてほしいなって。

そっか。 分かった。
すっごい いいと思う。

ありがとう。

じゃあ 行こう。 寒いかな~。

(邦夫)この方が うちの夏菜子の
心臓を受け取られた方とは。

(真由実)
ドナーと移植を受けた家族は

会ってはいけないと
言われてましたので。

宇賀神さんのご家族は
夏菜子ちゃんの心臓だって

ご存じでしたよ。

夏菜子ちゃんが水難事故で
亡くなったニュースを見た直後に

移植が決まったそうです。

そうでしたか…。

宇賀神さんから
お手紙 預かっております。

せっかく いただいた心臓を
全うできなくて

申し訳ありませんでしたと
おっしゃっていました。

申し訳ないなんて そんな…。

宇賀神さんのお体を借りて
夏菜子は 生きてたんです。

夏菜子ちゃんの心臓
とても奇麗で

ちゃんと 大人のサイズに
育ってましたよ。

そっか。

頑張ったんだね。

宇賀神さんのご両親から
ご提案があります。

心臓だけ別に
荼毘に付しませんかと。

夏菜子ちゃんを

ご両親の元に
お返ししたいそうです。

朝顔さん 今 やってみたいことって
何ですか?

やってみたいことですか?

いつか やろっかなとか
あしたでいっかなんて

後回しにしてる場合では
ありませんよ。

はあ。
例えば

まだ 食べたことない
おいしいものに

チャレンジしてみるとか。
食べたことないもんですか?

お付き合いいたしますよ。
地の果てまでも。

ユークシス料理とか いかが?
えっ?

えっ? あれは すすると

結構 おいしいから。
何 すすってるんですか?

お式! なさるんですってね。

えっ? どうして それを?

私の情報網は
CIAレベルでございます。

えっ?
平さんから

メールをいただきました。
あっ… そうでしたか。

私 呼ばれておりませんね~。

いやいやいや 今回は 父のために
身内だけでやろうっていう…。

めでたいことは 人生
何度だって祝ってよいのです。

はい 出席いたします。

お任せください。
みんなに 声掛けておきます。

いや それは ちょっと…。
お任せください。

お待たせしました。

いいじゃん これ。 カワイイ。

つぐみ これにする。

もう 泣かないでよ。

つぐみがさ お嫁に行くときのこと
想像しちゃって。

つぐみが これで気に入ったから
決まりでいいね。

ちょっと待って。

あのさ さっき着た この
フリフリにリボン付いたやつ

もう一回 着て。
それ パパが着てほしいだけでしょ。

もういいでしょ。
(桑原)お願い。

♬~

♬~

はい もしもし。

(茶子)朝顔さんとこから
そんな遠くないからいいですよね。

それに ここの
それぞれの個性を生かす

サポート方針 共感できます。

あっ あの サロンに集ってた
皆さんのお顔

よかったですよね。
こう キラッキラと。

じゃあ 第1候補にします。
(茶子)おっ いいですね。

人生の後片付け。

自分でできるって
何か 幸せですね。

そうですね。

その幸せを ご一緒できるのも
幸せです。

ありがとう 平さん。
いえいえ こちらこそ。

茶子先生。
はい。

もう一つ お願いしたいことが
あるんですけど。

(鐘の音)

(誠)以上 は… はなはな…。
はな… はなは…。

(静子)だ。
(誠)だ。

何で 今 練習してんだよ。
家で やってきなよ。

(志保)
ねえねえ どう? 私 奇麗?

(勇太)奇麗…。
(志保)ホントに?

似合ってるけれども…。
(勇太)俺に言われても。

何だ そのツッコミは。
(忍)動いた 動いた 動いた。

撮れんじゃない?
えっ? ちょっと。 何で。

そんな望遠 いらないでしょ。

何で そんな遠く
撮ろうとしてんの?

コショウみたい。
(忍)やめてよ バカじゃないの。

≪(扉の開く音)

♬~

♬~

(拍手)

(拍手)

(拍手)

(誠)朝顔さん どうか…
どうか一つ 真也のことを

よろしくおね…
ぎょねがいしますよ。

(笑い声)

(誠)え… え~…。

え~… は… はなはだ
簡単ではございますが

これにて 私の

お礼の言葉と
さしていただきます。

ありがとうございました。

(拍手)

(忍)もう ちょっと
父ちゃん 泣きすぎだよ。

(志保)何言ってるか
9割 分かんなかった。

忍のときと同じだね。
(忍)今回の方が ひどいから。

そうかなぁ?
(博人)僕は

猛烈に感動しましたよ。
(誠)ありがとう。

(山倉)新郎 桑原 真也君の
お父さま

桑原 誠さまのスピーチでした。

続きまして

新婦 桑原 朝顔さんの
お父さま

万木 平さんのスピーチを
頂戴したいと思います。

お父さんも
スピーチするんだっけ?

いや 全然 聞いてない。

(拍手)

じいじ。

(誠)桑原家からのサプライズだよ。

お父さんのスピーチ
絶対 変になっちゃうから

場が締まらないし…。

平さんに
お願いしてたみたいです。

うるさいよ!
もう ホント すいません。

いや だから もう
座って 座って…。

つぐみ おいで。

せーの。
(つぐみ)よいしょ。

あっ…。

え~ 本日は ご多忙の中

2人のために お集まりいただき
誠に ありがとうございます。

たくさんの方々からの祝辞や
励ましのお言葉をいただき

心より感謝申し上げます。

と このスピーチは
うちで書いてきたので

想像で言ってます。
もし そんな空気じゃなかったら

すいません。

(笑い声)

え~ 私たち親子が
震災以来 お世話になっている

茶子先生に
お力添えをいただき

このスピーチを書きました。

私は 今 アドリブを言ったり

長い文章を組み立てたりするのが
難しい状況です。

不格好になることを
お許しください。

いい父親じゃなかったんです 私。

妻が亡くなってから
やっと焦って

父親っぽいことを
し始めただけで

妻が
娘を大きくしてくれたというか

気付いたら 一瞬で育ってました。

毎日 仕事をしてればいいと
思ってたんでしょうね。

半年間 月に1度しか

うちに帰らなかった時期も
ありました。

娘の入学式も 卒業式も
父兄参観も

コーラスのコンクールも

一度も見たことありません。

旅行の計画を立てても
直前で仕事が入れば

そちらを優先し 何度も
妻と娘との約束を破ってきました。

ですから 私は 刑事との
結婚だけは反対でした。

それなのに なぜか 娘は
夫に刑事を選びました。

ただ 娘が選んだ刑事は

嘘みたいに
よくできた婿でした。

刑事としては
どうか分かりませんが。

(笑い声)
婿としては 頭が下がります。

朝顔の面倒も見て
つぐみの面倒も見て

しかも 好きで
尻に敷かれているっていうか。

物好きな人っていうか。

ご両親には
申し訳なく思います。

あまりによくできた婿なので
絶対 裏があると思い

何度か 尾行しました。

嘘でしょ?
ホント?

嘘です。

(笑い声)

ご両親の素晴らしい教えの
たまものですね。

朝顔は 私の妻のおかげで
こんな男が父親でも

桑原君を選んで
幸せになりました。

わが子ながら
本当に優しい娘になって

いい母親になって
カワイイ孫を産んでくれました。

毎日が楽しいんです。

朝 起きたら 娘が
おいしい朝食を作ってくれます。

時々 婿が。

私好みの目玉焼きも
すぐに覚えてくれました。

孫が 何がそんなに
楽しいんだろうかって思うぐらい

笑顔で 「じいじ じいじ」って
呼んでくれます。

幸せです。

幸せで… 幸せで。

今日 たぶん

妻の命日なんです。

《何それ?》
(里子)《ん?》

《帰ってくるまでに
ちゃんと食べといてね》

《そんなに食べきれないよ》
《頑張れ~》

《いってきます》
(朝顔・里子)《いってらっしゃい》

毎年 この日が来るのが
たまらなく嫌でした。

妻の命日すら
はっきり分からないんだとか。

どうして あの日

俺は 一緒に
行かなかったんだろうとか

そんなことを思ってしまいます。

でも 今年は違う。

結婚式という幸せなイベントを
開いてくれた

朝顔と桑原君に

心から…。

心から
感謝を伝えたいと思います。

ありがとう。

こちらこそ ありがとう。

集まってくださった皆さんも
ホントに ありがとうございます。

♬~

♬~

今日のこと 忘れたくないな…。

皆さん どうか この2人を
この家族を

温かく 見守ってやってください。

ありがとうございました。

(拍手)

(拍手)

ホテルのクッキーって
何で こんな おいしいんだろう。

(桑原)う~ん バターが
違うんじゃない?

う~ん 確かに。

うまいな。
うん。

はい お茶です。
ありがとう。

ありがとう。
うん。

お父さん。
ん?

今日 お母さんも
きっと 来てくれたよね。

そうだな。

お父さん。

これから
忘れてくことがあっても

私は ずっと お父さんのこと
大切にすると思う。

だから これからも変わらず

家族みんなで 一緒に過ごそうね。

大変なときは
みんなで 助け合ってさ。

それが

私の一番の幸せだから。

ありがとう。

教えてください お願いします。

(藤堂)太ったな お前。
食べ過ぎや。

(ノック)
(絵美)はーい。

あら 井出君じゃん。

(井出)朝顔先生
いらっしゃいますか?

(高橋)間もなく
戻ってくると思いますよ。

(絵美)座って 座って。
何飲む? 何飲みたい?

じゃあ コーヒーで。
(絵美)ウッシー コーヒー。

(牛島)はい。
(藤堂)ちょい ちょい。

仕事 仕事…。
ウッシー お茶でええから。

あっ ちょうどいいところに
井出さん!

長岡 洋一郎さんの解剖記録です。

助かりました。 今回 イチケイの
あの人が担当なんで。

あの人って 入間裁判官?

ええ。
頑張ってください。

はい。
(光子)頑張ってください。

お疲れさま。
(井出)すいません コーヒー。

ねっ コーヒー
間に合わなかったね。

また来てね。
(藤堂)お茶やけどな。

(光子)お疲れさまです。

朝顔先生 今日は ごめんね。

いえ。

高橋さん 米田さんの検査結果
いつ出ます?

あしたの午後には。
(丸屋)米田さんでしたら

LAMP法で検査したので
あと1時間ほどで結果が出ます。

何 勝手なことしてんのよ!
(牛島)僕が頼みました。

朝顔先生
お急ぎだと思ったので。

(絵美)高橋君
丸ちゃんだけじゃなくて

ウッシーにも抜かされたね。

俺 また 一番下っ端?

落ち込むなって。
俺も 朝顔先生に抜かれんのは

時間の問題やから。
(光子)えっ?

抜かれてないと
思ってたんですか?

私が入る前から抜かれてましたよ
私にも。

気ぃつかへんかった…。
(高橋)藤堂先生

今日 飲み行こう。
(藤堂)せやな。

絵美 頼むわ。
(絵美)ご自分で どうぞ。

あっ そうだ。 これ。

(絵美)あっ 岩手から?
よいしょ。

はい。
美幸さんが送ってくれたんです。

よかったら 皆さんで。

(茶子)
まぁ~ おいしそうなリンゴ。

う~ん スープにしようかしら。

頼むから 普通に
食べさせてくれ…。

生かすのです 味を。
(丸屋)何というか

茶子先生が リンゴを持ってると
童話的といいますか

悪魔的といいますか。
白雪姫。

…のラスボスじゃん。
(光子)ウッシー むいて。

あっ 僕 組織片の
染色しなきゃいけないんで…。

高橋君 いいかな?

くっそー!

あっ 朝顔先生
そろそろ 行かないと。

あっ もう時間。

(光子)早く 行ってください
あと やっときますんで。

ありがとう。
じゃあ お願いします。

(一同)いってらっしゃい。

(桑原)
お父さん ここ座ってください。

(赤ん坊の泣き声)

あ~ ねえ ママ 来ないもんね。

(桑原)あ~ 朝顔 遅いね。

ね~ 里実ちゃん。

朝顔 こっち。
あ~ ごめん ごめん。

ママ 来たよ。

おむつは?
替えた。

ミルクは?
飲んだ。

じゃあ もうすぐ寝るね。
寝るね。

来たよ。

つぐみお姉ちゃん
もう出てくるからね。

座るよ。 よいしょ。

お父さん ごめんね
今日 遅れて。

よかったね 今日 来れて。

つぐみ もうすぐ
出てくるからね。

お父さん 今日 調子いいみたい。

そうなんだよ。
やっぱり 卒園式だからかな。

うん。

(保育士)お待たせしました。
まず はじめに

卒園する園児たちの合唱です。

お姉ちゃん 出てくるよ。

(拍手)

♬(『マイ・ウェイ』のピアノの演奏)

お姉ちゃん 歌うよ。

♬~

(園児たち)
♬「今 船出が近づく この時に」

♬「ふと佇み 私は振りかえる」

♬「遠く旅して 歩いた若い日を」

♬「全て 心の 決めたままに」

♬「愛と涙と」

♬「ほほえみに溢れ」

♬「今 思えば 楽しい思い出よ」

♬「君に告げよう」

カワイイな。

うん カワイイね。

♬「君の心の 決めたままに」

(園児たち)
♬「私には愛する 歌があるから」

♬「信じたこの道を
私はゆくだけ」

♬「全ては心の 決めたままに」

♬「愛と涙と ほほえみに溢れ」

♬「今 思えば 楽しい思い出よ」

♬「君に告げよう
迷わずに行く事を」

[生きていると

悲しいことも
つらいこともあるし

幸せなことばかりじゃないけど

それでも
私たちは生きていく]

[この世界で]

あっ ちょっと待って。
ちゃんと とっとこう。

つぐみにも聞かせたいから。

(桑原)え~ じゃあ 何だろう。
初デートの話とか?

え~ 勘弁してくれよ。
いいね~。

ハハハ しょうがないな。
あれ いくつのときだったかな。

えっとね 横浜の駅前で
友達と待ち合わせしてたんだよね。

友達と?
うん。

そしたら 友達が全然 来なくてさ。
(桑原)へぇ~。

当時 携帯とか ないだろ?
ずっと待つしかないんだよ。

日付 間違えたかなとか
色々 考えてたら

女の人が 声かけてきたんだよ。
「万木さんですか?」って。

(桑原)え~?
何か ドキドキしてきた。

お父さん とっさに
「違います」って言っちゃったの。

え~!?
そしたら その人 言ったんだ。

「とっても と~っても
背が高い人って聞いてるから

間違いないです」って
自信満々に。

それが
お母さんとの出会いだったな。

(桑原)へぇ~
何か すごいロマンチック。

そこから 近所の喫茶店に入って

まあ 色々あって 結婚して
朝顔が生まれたって話。

いや はしょりすぎでしょ。

(桑原)その色々あっての部分が
聞きたいんですよ。

逃げようったって
そうはいかないですからね。

お母さんの第一印象って
やっぱ カワイイなって思ったの?

(桑原)いい質問だね。
そりゃあ 思わないと

喫茶店に誘わないだろう。
(桑原・朝顔)おお~。

1月15日 お父さんとお母さんの
デートの話。 続き。

何だよ 続きって。
(つぐみ)じいじ ばあばと

動物園 行ったんでしょ?
何で 知ってんの?

(つぐみ)一緒に動物園行ったときに
教えてくれた。

よく覚えてるね。
俺は 結構 映画館とか

じっとしたデートが
好きだったんだけど

お母さん アクティブだから。
確かに。

(桑原)何か いいですね。

さて 俺が
こんだけ話したんだから

朝顔と桑原君の話もしないと
フェアじゃないぞ。

(つぐみ)フェアじゃないよね。
え~。

つぐみ 何で
フェアって知ってんの?

いいよ 私たちは。
(桑原)あ~ 僕たちの話は…。

初めてのデートはね~。
話すの?

話したいんだ。
覚えてんの?

(つぐみ)♬「花のような君へ 朝顔」
あっ。

いつ聞いたの? つぐみ。
(桑原)つぐみ 何で その歌

知ってんの?
(つぐみ)忍ちゃんが教えてくれた。

(桑原)も~ 姉ちゃん
何やってんだよ!

あらららら。