真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第8話「くん製づくしの香り高きネオ親子丼」[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第8話「くん製づくしの香り高きネオ親子丼」[字]

BBQにやって来た3年C組のメンバー。気に入られた委員長は中嶋の兄に快適な場所へ連れて行かれ、山笠は太田とソース作りを始める。吉田は何やら道具を取り出して…。

詳細情報
番組内容
和太鼓部3人娘(大関れいか、安藤ニコ、赤澤巴菜乃)からBBQに誘われた委員長(伊原六花)は、吉田(小西詠斗)も来ると聞いて参加を決める。会場には中嶋の兄(京典和玖)がいて一目で委員長が気に入った中嶋兄は、委員長を快適な場所へと連れて行ってしまう。山笠(伊藤理々杏)は吉田に断られ、渋々太田(前田航基)とソース作りを始める。
番組内容続き
吉田は秘密の道具を出して調理を始めるが、太田がジュースを買いに行った隙に山笠のいるテントへ…。
出演者
委員長:ばたふ学園2年C組学級委員長…伊原六花
吉田:クラスの問題児…小西詠斗
太田:吉田の親友…前田航基
山笠静香:転校生…伊藤理々杏(乃木坂46)
白石:和太鼓部三人娘…大関れいか
中嶋:和太鼓部三人娘…安藤ニコ
発田:和太鼓部三人娘…赤澤巴菜乃
出演者続き
中嶋ケンタ:中嶋の兄…京典和玖
原作・脚本・監督
【原作】市川ヒロシ「どんぶり委員長」
(双葉社 アクションコミックス)
【脚本】池田テツヒロ
【監督】進藤丈広
音楽
【主題歌】B.O.L.T「Don’t Blink」
(EVIL LINE RECORDS)
番組概要
ばたふ学園2年C組の学級委員長(伊原六花)は裕福な家庭のお嬢様育ち。真面目でちょっと高飛車な彼女はある日、調理実習をサボったクラスメイト吉田(小西詠斗)に食材の鶏肉を届ける。そこで吉田の作った親子丼に興味を持った委員長は翌日、学校で吉田に親子丼を作るよう命じる。それは、委員長とどんぶりの奇跡の出会いだった。
番組概要続き
今までどんぶりを食べたことのなかった委員長は、どんぶりの魅力に目覚めた。そして、次から次へと吉田へ注文をする。ひたすらどんぶりを作る吉田。ひたすら食べる委員長。それはいつしか恋へと…?
関連情報
【公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/donburi/
【番組公式Twitter】
@BS7ch_donburi
【番組公式Instagram】
@bs7ch_donburi
【番組公式TikTok】
@bs7ch_donburi
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 委員長
  2. 吉田
  3. バーベキュー
  4. 山笠
  5. 白石
  6. ズッカ
  7. 進化
  8. 中嶋
  9. アイツ
  10. スモークチキン
  11. チーズ
  12. フレ
  13. 沖縄
  14. 親子丼
  15. 絶対
  16. 太田
  17. アクアパッツァ
  18. お肉
  19. テント
  20. ファン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥12,109 (2021/06/24 19:22:33時点 Amazon調べ-詳細)

水族館デートは 山笠さんたちの
乱入により荒れもよう。

だけど そのあと

吉田くんが作ってくれた
海鮮丼は

彼とお母様の思い出が

たっぷり詰まった
どんぶりだった。

恋と食欲
どっちも いいとこどりする

ラブコメグルメドラマ
『どんぶり委員長』始まります。

(白石)ねぇ 委員長!
白石さん!?

みんな 委員長いた!
(中嶋)委員長!

(発田)バーベキューに行かない?

バーベキューって 外で立ったまま
お肉を焼く あれ?

そうそう。
大概 お野菜 焦がしちゃって

なんか 見た目 黒くない?
っていう あれ?

(中嶋)そうだけど 言い方…。

う~ん あれって どうしても
おいしそうに思えないんだよね。

そもそも 立ったまま
何かを食べるのって 下品だし。

吉田くんも誘ってるんだけど。

行こうかな。
えっ?

バーベキュー 行こうかな。

そう よかった。

じゃあ いいかしら。
えっ?

せ~の…。
(3人)始まります!

レッツ バーベキュー!

あ… 急に ごめんね。

この人 私の兄貴。
中嶋ケンタっていいます。

この会場で アルバイトしててね
バーベキューのことなら

知らないことはないってほどの
達人だから

もう なんでも聞いてね。

生の肉を炭で焼いて かぶりつく。

そんな ワイルドな食事
それが バーベキュー。

バーベキューは 皆さんの
眠っている野性を取り戻します。

ビー アニマル!

ごめんね 暑苦しくて。

なかじ~。
うん。

(2人)せ~の
すてきな お兄さんだね。

絶対 そう思ってないだろうけど
ありがとう。

でも あいにくの天気だね。

これも バーベキューのだいご味。

下準備は
こちらで済ませております。

(一同)うわ~!

調理の合間も楽しみたい。

そんな欲張りさんには
この バーニャカウダをどうぞ。

(2人)気が利く~!

では早速 男子は炭に火をつけて
レッツ ファイヤ。

女子は バーベキューソースを
レッツ クッキングしていきましょう。

はい!

男子と女子で分けるの
どうかと思います。

えっ 誰?

たぶんだけど 委員長?

紫外線対策 エグくない?

このご時世
女子が料理を作るって考えが

おかしいと思います。

現に お兄様も お料理が
お上手でいらっしゃる。

いや そんなことないですよ。

アメリカバーベキュー協会公認の

バーベキューインストラクターの
称号をお持ちのお兄様が

何をご謙遜を。

(吉田)バーベキューインストラクター?

フロントに
トロフィーと賞状が置いてあった。

そうなの。
兄貴は アメリカのバーベキュー大会で

準優勝してるの。
(発田)すご~い!

いや~ 大したことないですよ。

なので ここは
男女で分かれるのではなく

やりたい ポジションにつくので
いいんじゃないでしょうか。

(山笠)はい!
私も委員長に賛成します。

っていうか こっちも誰?

わかんない。
(太田)山笠さんだよ。

雨の日でも
紫外線多いから 気をつけて。

誰に言ってるの?

私 テントで ソース作りたい。

オーケーです いいでしょう。

皆さんも やりたいポジションを
おっしゃってください。

吉田くん 一緒に作ろう。
何!?

いや 俺は炭に火をつけるよ。
え~。

(白石)私たちは 材料切る?
(中嶋/発田)は~い。

では 炭火をおこすのは あなた。

マイシスターたちは材料の切り分け。

そして ソース作りは あなたと…。

あなた?

やった! 喜んで。

残る あなたは…。

はうっ…。
えっ?

改めて
お顔を間近で拝見しました。

はぁ…。
アメージング!

マイシスター このとてつもなく
美しいお方は どなただ?

私?
この人は 学級委員長の…。

委員長 あちらに
快適な空間がございます。

この者たちが
ソーデリシャスなバーベキューを作るまで

そこでお休みになっててください。
えっ?

さぁさぁさぁ どうぞ
どうぞ どうぞ。

これに乗ってください。
これ?

どうぞ 早く乗って。
は… はい。

どうぞ。
これに乗る はい。
出発進行!

えっ?
ちょっ ちょっ ちょっと待って!

ふとだくん。
おおたですけど 何か?

じゃあ ソース?
しようがないから作っちゃう?

はい!

山笠さん しぶしぶすぎるよ。

中嶋さん 白石さん 発田さん。

(3人)は~い。
あっ… ちょっ ちょっと待って。

私たち全員の名前を
ちゃんと呼んだのって

吉田くんが最初じゃない?
(中嶋)確かに。

(3人)うれしい!

ちょっと
お願いがあるんだけどさ。

なになに?
なんでも言って。

鶏モモ肉
先に切ってもらってもいい?

(3人)喜んで。

ありがとう。

さて 俺は ちょっと…。

(カッコウの鳴き声)

委員長! 僕は あなたのために
特製のアクアパッツァを作っております。

この料理で僕は

アメリカのバーベキュー大会で
準優勝を飾ったのであります。

フゥー! フゥー!

楽しみすぎます。

《アクアパッツァを
わざわざ こんな場所で…。

ん? 何の匂い?》

(白石たち)おいしい!

吉田くん 何これ?

これで くん製を作ってるんだ。

くん製って自分で作れるの?
うん。

すでに チーズを
くん製にしてみたんだけど

食べる?
市販の6個入りのチーズを

サクラのチップの煙で
いぶすだけで できるんだ。

へぇ~。
んっ。

《な… 何これ
すごく おいしい!

私が今まで食べてきた あのチーズと
全然 違う》

煙で いぶしたことにより

手間暇 時間をかけて
熟成させたかのごとく

深い味わいが生まれている!

「これが くん製の力~!」

「めっちゃ味わい深いや~ん」

よ… よかったな。

他に どんなものが
くん製にできるの?

そうだなぁ…
まぁ いろいろあるんだけど

今作ってるのは 鶏モモ肉のくん製。

いわゆる スモークチキンってやつだな。

スモークチキン。

《なんて心躍らされる言葉の響き。

チキンも このチーズのように
おいしく進化するというの?

食べたい。

しかも それを どんぶりで》

さて そろそろ いいかな。

吉田くん
私のために スモークチキンで…。

(咳き込む声)

だ… 大丈夫か? 委員長。

私のために

スモークチキンで どんぶりを作って。

え~っ!?

いや できないこともないけど…。

そもそも
どんぶり茶わんがないから。

こんなこともあろうかと

マイどんぶり
持ってきちゃいました。

ウソだろ? 引くわ。

何よ どんぶりメンターの
あなたに引かれるなんて

ひどい裏切り行為だわ。
誰が どんぶりメンターだ。

それに 今日は米もない。

そんなこともあろうかと

お米も持ってきちゃいました。

引かないで どんぶりメンター。

それに… あぁ 卵もないわ。

卵が必要なのね?

うん 任せて。

えっ?

「ご飯を炊いておいてね~」

どんぶりのためなら
どんな手間も惜しまないヤツ…。

引くわ。

よし 出来た! 完成!

山笠さん 喉かわいてない?

僕 ジュース買ってくるよ。
ありがとう。

帰ってくるまで
テントで くつろいでて。

ほら 紫外線も強いしさ。
ありがとう。

これで よし!

お兄様!
委員長!

ワンダフル ビューティフル!

ようやく出来ましたよ アクアパッツァが。

わぁ おいしそう。

そんなことより…。
このあと ダッチオーブンで焼く

パンを仕込もうと思ってるんです。

わぁ それ食べた~い。

それとは別に
お願い事があるんですけど。

ん?

吉田くん!

山笠さんはさ

アイツのこと どう思ってるの?

アイツ?
太田だよ。

あぁ ふとだくん?
いや だから おおただよ。

どうって… いい人だなって。

つまり それは友達として?

友達… うん そうね。

だったら なんで
デート誘ったりなんかしたの?

友達として
水族館に遊びに行っただけよ。

あのさ…。

アイツに
変な期待もたせないでくれる?

どういう意味?

ワンブロック先の食堂まで
走って調達してきてくれるなんて。

中嶋さん お兄様をパシリにして
どうも すみません。

おつかい? ご苦労さま。

これ 山笠さんに渡すんだ。

うれしそうね。
そりゃそうだよ。

憧れの人のお役に立てるなんて
光栄だよ。

好きなのね 山笠さんのことが。

好きとかじゃない。
僕は ファンなんだ。

ファンっていうのは
推しが輝き続けてくれたら

それで… それだけでいいんだ。

ふ~ん。

なんか かっこいいね 太田くん。

僕が?
やめてよ ばかにしてるでしょ?

ばかにしてない してない。
ホントに そう思ってる。

あぁ でも やっぱり
その私服は どうかと思う。

僕の私服をディスらないで!

吉田くんは 私の気持ち
ちっとも わかってくれんちゃね。

私 転校してきてから

その日から
吉田くんのこと好きになったと。

けど あなたの心には
すでに委員長がおった。

だけん 諦めようとした。

けど アイドルとしてのプライドかな
無理やった。

それで… 太田を利用したのか?

利用なんてしてない。

アイドルでいるって
とても大変なことなんだよ。

日焼けNGは もちろんのこと

食事を制限して
体形を維持したりとかさ。

ほら モツ鍋のときも

ほんの少ししか食べてなかったし。

しかも彼女
親元を離れて暮らしてるでしょ?

僕たちと同い年の女の子だよ。

絶対 無理してるはずなんだよね。

だから せめて ファンの僕には
遠慮しないでほしいっていうか。

アイツは優しすぎる。

甘えるなら
違う誰かに甘えてくれないかな。

じゃあ…。

吉田くんが甘えさせてくれる?

あれ? 吉田くんは?

テントの中に入っていったけど。

吉田くん…。

好きなの。

俺は…。

吉田くん!

えっ?

委員長?

ごめん 俺は…。

吉田くん!

大丈夫?

ほっといて!

お願い。

待てよ!

離して! 離して 吉田くん。

離さない。

絶対 離さない!

は… 離して。

く… 苦しい。

あっ あぁ…。
(咳き込む声)

ご… ごめん。

ほっとけない。

君は いつかセンターになる人だ。

もっともっと有名になる人だ。

だから… そんな表情
人に見せちゃいけない。

ふとだくん…。

おおただけど。

でも もう それでいい。

博多では いつも1番やった。

みんなが私を見てくれとった。

なのに
今は いちばん端が定位置。

私 悔しくて…。

熱い!

ごめん 太ってるから。

フッ フッ フフフフ…。

フフフフ…。

はい。

くん製づくしの
香り高きネオ親子丼です。

私 今
どんぶり食べる気分じゃない。

だったら 香りだけでもいいから
嗅いでみて。

おいしそうすぎる。

いただきます。

ん~!

おいしい。

委員長のために
いちばん最初に作った親子丼を

くん製で進化させてみたんだ。

親子丼を進化?

その卵を割って
絡めて食べてみて。

《ふわ~!》

上にのせた卵も
くん製してあるんだ。

《ホントだ
あの親子丼が進化してる》

それでは いきます。

どうぞ。

う~ん!

その
くん製の親子丼と同じように

俺と委員長も
少しは 前に進めてるのかな?

うん。

ちょっとずつだけど

いぶされて 進化して…。

(咳き込む声)

(白石)大変 お肉が焦げてる!

あっ 野菜も真っ黒。

あ~ どうしよう…。

これだから バーベキューって嫌いよ!

(一同)いただきま~す!

お肉 おいしそうすぎる!

ん~!

みんな! 私 沖縄に行きます。

えっ?
沖縄に?

そう 沖縄のご当地アイドルに
ならんかって話があって。

私 今のポジションじゃ輝けんけん
チャンスをつかみに沖縄に行きます!

ズッカちゃ~ん!

ふとだくん
私 絶対 センターになるけんね。

ズッカちゃん…。

頑張れよ。
山笠さん…。

いってらっしゃい!

(白石)委員長 ホッとしてるわ。

わかりやすいね 委員長。

僕 どこまでも ついていきます!

フレー フレー ズッカ!

フレ フレ ズッカ! フレ フレ ズッカ!

フレー!

お待たせしました。

委員長 見てください。

ダッチオーブンで作る
ちぎりパンが出来ました。

ごめんなさい
もう おなか いっぱい。

え~!?