真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第10話「タバスコ好き好きすき焼きトマト丼」[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第10話「タバスコ好き好きすき焼きトマト丼」[字]

転校したはずの山笠が帰ってきた。吉田と話す山笠が気に入らない委員長は割って入り、二人は口論に。そしてにんじんしりしりとくちびるひりひりのどんぶり対決へと発展…。

詳細情報
番組内容
最近タバスコにはまっている委員長(伊原六花)は、吉田(小西詠斗)にタバスコに合うどんぶりを作るように命じる。妙案が浮かばず悩む吉田。そんな時、沖縄に転校したはずの山笠(伊藤理々杏)がアイドル人気を上げて戻って来る。山笠の言葉に発想を得た吉田は、タバスコに合うどんぶりを思いつくが、委員長が割って入り委員長と山笠は口論に。
番組内容続き
なりゆきで「にんじんしりしり」と「くちびるひりひり」のどんぶり対決が行われることになるのだが…。
出演者
委員長:ばたふ学園2年C組学級委員長…伊原六花
吉田:クラスの問題児…小西詠斗
太田:吉田の親友…前田航基
山笠静香:転校生…伊藤理々杏(乃木坂46)
白石:和太鼓部三人娘…大関れいか
中嶋:和太鼓部三人娘…安藤ニコ
発田:和太鼓部三人娘…赤澤巴菜乃
出演者続き
茨泰之:担任の先生…鈴木拓(ドランクドラゴン)
飯田路子:大衆料理「ハッピー」店主…宮崎美子
原作・脚本・監督
【原作】市川ヒロシ「どんぶり委員長」
(双葉社 アクションコミックス)
【脚本】池田テツヒロ
【監督】進藤丈弘
音楽
【主題歌】B.O.L.T「Don’t Blink」
(EVIL LINE RECORDS)
番組概要
ばたふ学園2年C組の学級委員長(伊原六花)は裕福な家庭のお嬢様育ち。真面目でちょっと高飛車な彼女はある日、調理実習をサボったクラスメイト吉田(小西詠斗)に食材の鶏肉を届ける。そこで吉田の作った親子丼に興味を持った委員長は翌日、学校で吉田に親子丼を作るよう命じる。それは、委員長とどんぶりの奇跡の出会いだった。
番組概要続き
今までどんぶりを食べたことのなかった委員長は、どんぶりの魅力に目覚めた。そして、次から次へと吉田へ注文をする。ひたすらどんぶりを作る吉田。ひたすら食べる委員長。それはいつしか恋へと…?
関連情報
【公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/donburi/
【番組公式Twitter】
@BS7ch_donburi
【番組公式Instagram】
@bs7ch_donburi
【番組公式TikTok】
@bs7ch_donburi
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 吉田
  2. 山笠
  3. タバスコ
  4. 委員長
  5. 沖縄
  6. 太田
  7. トマト
  8. 明日
  9. 歓声
  10. 生徒
  11. 東京
  12. フフッ
  13. ポーク玉子
  14. 沖縄料理
  15. 完成
  16. 逆転
  17. 手伝
  18. 発想
  19. 料理
  20. ズッカ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥12,109 (2021/09/18 06:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

ライバルの 山笠さんが
沖縄に転校して

進展するかに思えた
私と吉田くんの恋は

なんだか ちょっと こう着状態。

ライバルが いないって
ちょっと もの足りないわね…。

ああ もっと 刺激が欲しい!

そんな 『どんぶり委員長』第10話
季節は すっかり冬なのです。

(白石)委員長?

和太鼓部の みんな。
(白石)実は 私たち

吉田くんファンクラブの会員なんだ。
えっ?

吉田くんに ファンクラブが?
委員長が いかないなら

私たち 本気 出しちゃうわよ?
えっ?

(中嶋)いいの?

だめ… 絶対 だめ!

(笑い声)

な~んてね!

(発田)そういう 委員長が
見たかっただけなの!

委員長 かわいい!

か… からかったのね!

(3人)ごめんなさ~い!

早く 始めなさいよ!

《吉田:おっ 委員長は ミートソースか》

《タバスコ?

かけた!

めっちゃ かけてる!》

う~ん!

《辛さに もん絶しながら
うまそうに食べてる!

まあ 確かに あの辛さは
癖になるのも わかるけど

マイタバスコを 持ち歩くほどとは…》

(太田)マイマヨ 使う?

いや
うどんにマヨネーズは かけねえだろ。

えっ そう?

《こういう類いだな…》

えっ?

《なんか 嫌な予感が…》

おわかりのように 最近
タバスコにハマってる 私のために

タバスコに合う どんぶりを
作ってくれる?

何が おわかりのようにだ!

期待してるわよ。

刺激が欲しいのよ!

《唇 真っ赤じゃねえかよ…。

俺には 刺激が強すぎる…》

(路子)タバスコが合う料理?

ピザとかドリアとか?

だけど
ドリアで どんぶり作ってもな~。

まあ それは あくまでも
ドリアだもんね~。

そうなんだよね。

うわ~!
今回は なかなかの難題ね~。

なんで俺 アイツのために

ここまで
悩まなきゃいけねえんだ?

フフッ。
えっ なに?

なんでもない なんでもない!

ハッピー?

なんだよ!
フフフ。

(委員長)起立 礼 着席!

(茨)え~ 今日から このクラスに
新しい仲間が 加わります。

転校生?
はい じゃあ 入ってきて!

(山笠)はいさーい!
(生徒たち)えっ!?

や…。
や…。

(2人)山笠さん!?

沖縄773 会員番号32番 山笠静香
通称 ズッカ。

うちなーんちゅも ないちゃーも

私のこと 好きになっても
なんくるないさー!

ズッカちゃ~ん!

な… なんで?

沖縄の ご当地アイドルになるために
沖縄に 引っ越したんやけど

なんだか
向こうで 人気が出ちゃって!

ご当地アイドルを集めた
全国区の 選抜メンバーに選ばれて

再び 東京で
活動することになったわけさー。

ズッカちゃ~ん!

すごい…。
なので また

このクラスで お世話になります。
ゆたしくうにげーさびら

つまり よろしくね!

沖縄弁!

影響 受けやすいタイプなのかね。

違うよ
方言女子って 人気あるからだよ。

(3人)あざといな~。

じゃあ 着席して。

委員長 私 戻ってきちゃった。

フフッ。

(白石)宣戦布告!

(発田/中嶋)こわ~い!

吉田くん 久しぶり!

(吉田)太田 よかったな。
山笠さんが 帰ってきたぞ。

うん 知ってた。
知ってた?

山笠さんは
沖縄に旅立った その日から

沖縄773での活動を始め

初回ライブでの すばらしいパフォーマンスで
他を圧倒し

ズッカ人気は 日を追うごとに
倍々ゲームで高まって

4日後 その うわさを聞きつけた
東京のプロデューサーが やって来て

その夜には
東京行きが 決まってたんだよ!

そ そうなんだ… 詳しいな。

ふとだくん 沖縄のライブ
ほぼ毎日 来てくれてたよね!

うん!
えっ?

あっ お前!
具合悪くて 休んでたのって

沖縄 行ってたのか!?
うん!

山笠さんのためなら
仮病も辞さないぜ!

太田。
あっ!

ちょっと 職員室に来なさい!

先生 おなかが痛いです…
トイレに行ってきて いいですか?

(茨)だめです。
(太田)頭も痛いかも あ~ 寒気も。

よかった 吉田くん 元気そうで!
うん。

山笠さんも 元気そうで なにより。
もう 絶好調!

一度 東京から離れたら

よりよい形で
東京に戻ってこられるなんて

まさに 逆転の発想よね。

逆転の発想… ね。
だって そやろ?

あのまま東京で アイドル続けてても
どうせ センターになれ…。

そうか! 逆転の発想だ!

えっ?
ありがとう!

山笠さんのおかげで
最高のどんぶりを 思いついたよ!

なんのことだか
よう わからんけど

役に立てたなら よかった!
えっ?

何の話?
いや…。

あら 委員長 なんのご用?

えっ?
《しまった!

グイグイと
吉田くんに迫る 山笠さんを

引き離したくて 声をかけたけど

話したいことなんて
正直 何もない…》

あっ あのさ~ 石川啄木が

『一握の砂』で
貧乏を嘆いたのって

女郎遊びで お金が
なかったからなんですって。

なんか
がっかりしちゃうよね~。

んっ? んっ?

なぜ 今 それを?

《私 なに 言ってるの~》

じゃなくて

私 今ね 沖縄の家庭料理について
レポートを書いてるんだけどね…。

《ウソをつけ》
山笠さんが好きな 沖縄料理って

ソーキそば? ゴーヤチャンプルー?

そやね~ 私が好きだったのは

油みそとか!
油みそ?

ポーク玉子とか…。
ポーク玉子…。

なんといっても
にんじんしりしり かいな!

《にんじんしりしり?》
沖縄で知らんって人は

おらんっていうほどの メジャー料理。

大丈夫? これを知らんかったら
レポートなんて 書けんと思うけど。

も… もちろん 知ってるわよ!

吉田くんは?
いや 俺

沖縄料理は そんな 詳しくなくて。

じゃあさ
明日 材料 買ってくるけん

一緒に 家庭科室で作らん?
沖縄料理か~。

ちょっと 作ってみたいな。

だ だめよ!
なんで?

明日は吉田くん 私のために
どんぶりを作る約束が あるから。

ねっ?

そうよね?
明日だったっけ?

明日よ 明日に決めたわよ!

じゃあ 私は
あさってでも よかけど!

しかたないわね
あさってでも いいわよ。

じゃあ 明日にしよっと!

明日 あさって
連続で食べたいの!

どうやら 吉田くんを懸けて

どんぶりで 決着を
つけんといかんみたいやね!

そうみたいね。
いや なぜ その流れに?

(2人)吉田くん!
はい!

(2人)私のために!

にんじんしりしりで!
くちびるひりひりで!

(2人)
どんぶりを 作ってちょうだい!

えぇ~!?

えっと…
なんで みんなも いるんだ?

こんな ビッグイベント
見逃すわけにいかない!

私 にんじんしりしりに
ジュース1本 賭けた!

賭け事 禁止!
(3人)うぅ~ こわっ。

なんで こんな流れになったのか
俺は ちょっと 納得いってない。

だけど まあ とにかく
オーダーされた以上

作れません とは言いたくない。

だから…。

四の五の言わずに 作ってやるよ。

(歓声)

ただ
沖縄料理には 詳しくないから

一部 山笠さんに手伝ってもらう。

えっ?
山笠さん よろしく。

はい!
ちょっと待って!

だったら 私も手伝う!

手伝うって 何を?

だから 料理を…。

《足手まといでしかねえな…》

皆さん お待たせいたしました!

ただ今より 沖縄名物

にんじんしりしりを使った
どんぶりと

メキシコ原産 タバスコを使った
くちびるひりひりな どんぶりの

世紀の どんぶり対決を
行いま~す!

(歓声)

それでは どんぶり対決 始め!

まずは 山笠さん
油みそから作ろっか。

うん!

ゆでた豚バラを冷まして
細かく切って…。

(吉田)そう。

(山笠)それを フライパンで炒める。

そしたら その間に タバスコ料理だ。

委員長 材料を準備して。

了解。

トマト。

これは タバスコに 絶対 合うわね。

それに… 牛肉。

長ネギ。

それに… 焼き豆腐?

吉田くん。
うん?

この袋の中身 間違ってない?

なんか
すき焼きの材料っぽいんだけど…。

えっ?

これって… 完璧に すき焼き!

そう すき焼き。

それが まさに 逆転の発想なんだ。

タバスコに合う料理じゃなくて
タバスコを入れることによって

すべての味が 引き立てられる
料理を考えたんだ。

トマトとタバスコは 合うだろ?
うん。

トマトと牛肉も 相性がいいんだ。

うん。
ということは

トマト入りのすき焼きは タバスコに合う。

いや… 意味が わからない。

そもそも すき焼きにトマトなんて…。

まあ 見てろって。

(山笠)豚肉の脂が出たら

砂糖と お味噌と みりんを混ぜる。

吉田くん 油みそ できたわよ。

(太田)早くも 山笠さんが
ひと具材 作り終えた!

(吉田)
じゃあ俺は ポーク玉子を焼くから

山笠さんは
にんじんしりしりを よろしく。

はい!

ポークは 油を引かずに焼いていく。

卵は 形を整えながら焼いていく。

じゃあ 私は…。

(太田)お~っと 山笠さんが
取り出したものは なんだ?

これは しりしり器。

これを使うと 簡単に
にんじんの千切りが できるとよ!

(太田たち)へぇ~!

解説しよう! しりしりとは

沖縄の方言で

千切り という意味で あ~る!

包丁を使うと
手間が かかるっちゃけど

これを使えば

大きさに バラつきが出らんで
いいのよね~!

って… あれ!?

なんで 委員長が
しりしり しとるとよ!

手伝ってあげてるのよ!

余計なお世話よ!

お~っと
両者 にらみ合っております!

じゃあ にんじんしりしりは
山笠さんに任せて

その間に…。

まず 牛バラ。

そして トマト。

長ネギ

焼き豆腐。

よし じゃあ そろそろ
委員長 すき焼きのたれ 用意して。

はい!

今だ! たれ 投入!

了解!

(太田たち)おぉ~!

(太田)
すき焼きのたれが 入った~!

(拍手)

《ああ すき焼きの いい匂い…》

おいしそうすぎる!

ちょっと待って。
うん?

これじゃ ホントに ただ
トマトの入った すき焼きじゃない。

そうだよ。

そうだよ じゃなくて!

このままじゃ
私のオーダーした タバスコが…。

はい。
えっ?

お~っと ここで 待望のタバスコだ!

ここに
好きなだけ タバスコをふりかけて。

好きなだけって?

あとは 任せた!
えっ ちょ ちょっと 吉田くん!

好きなだけって…。

本当に… いいの?

にんじんを炒めたフライパンに

ツナ缶と溶き卵を入れて…。
うわぁ~!

あとは 炒めて完成だね。

よ~し そろそろ 盛りつけるぞ!

いよいよ ラストスパート!
(歓声)

両方の どんぶりに
ごはんが盛られた!

はい。

おしょうゆを入れて…。

(太田たち)うわぁ~!

完成!

山笠さん
最後の具材を 作り終えた!

(歓声)

いつまで 振ってんだよ!

だ だって
好きなだけ かけろって…。

これじゃ くちびるひりひり超えて
口から 火が出るぞ!

アハッ 口から
火が出るわけないじゃない。

それは 例え話であって ホントに
口から 火が出るわけないだろ。

そんなこと わかってます!
そんなこと わかってます!

まねしないでくれる?
アハハハ… まねしてないから。

指も ささないで!
おっ そんなことより

こっちも 完成だ!

(太田)
委員長も 具材を作り終えた~!

(歓声)

よ~し 最後に 盛りつけだ。

(生徒たち)うわぁ~!

(生徒たち)おぉ~!
(吉田)よし!

(生徒たち)うわぁ~!

最後に ねぎを ふりかけてと…。

よし!

沖縄の家庭の味 チャンプルー丼と

タバスコ好き好き すき焼きトマト丼の
出来上がり!

お…。
お…。

(2人)おいしそうすぎる~!

ついに
2つのどんぶりの 完成だ~!!

さあ それでは いよいよ
食べていただきましょう!

(2人)いただきます。

う~ん!

《辛い!》
《甘い!》

《2人:これは まさに
私が求めていた…》

《くちびるひりひりだわ!》
《にんじんしりしりだわ!》

《すき焼きの 甘じょっぱさを

タバスコの辛さが
より深い味わいに変えてる。

辛いけど
どんどん食べたくなる!》

《豚の脂のうまみに
みりんの風味。

砂糖の甘みが加わった
濃厚な味噌。

絶妙な組み合わせ!》

2人とも 黙っちゃったけど?

食べながらだと
しゃべれねえだろ。

じゃあ 吉田!
んっ?

お前が 解説してくれよ!
えっ!?
ほら!

《次は にんじんしりしり…》

《はうっ!》
にんじんの甘みとツナのコクが

卵に包まれて まろやか味になって
想像以上に…。

《ごはんに合う!》

《気になるのは このトマト…》

《う~ん!》
トマトが
タバスコの味の架け橋になって

すき焼きに…。
《めちゃくちゃ合う!》

《次は ポーク玉子》

表面が カリッカリに焼かれたポークと
ケチャップのかかった ふんわり卵

そして
ごはんを 一気に かっ込めば…。

《すべてが混ざった味は
まさに チャンプルー!》

《ああ おいしい…。

でも 辛い!》

辛さに 舌が まひしてきたら

すき焼きに必要な
もう1つのもの

そう 生卵を入れる!

そうすると
辛さが マイルドになって…。

《どんぶりのうまみを
全身で 感じられる~!》

かっ込め~!!

(2人)はい!

《う~ん…》
《フフッ》

《2人:あぁ~》

山笠さん この どんぶり
とっても おいしかったわ。

委員長 こっちだって
とっても おいしかったわ。

ホントは
少し分けてあげたかったんだけど。

どんぶりごはんのシェアは
難しいわね。

吉田くんも。

安心して 委員長!

私は もう 吉田くんを
奪いたいだなんて思っとらんけん。

だって私は これからアイドルとして

日本中の男子を魅了せな
いかんちゃけんね!

山笠さん…。

きちんと 吉田くんに気持ち
伝えなよ。

ありがとう。

フフッ じゃあ 戻ろっか。

うん 現実に

どっちも おかわりできるぞ!

くちびるひりひり!
にんじんしりしり!

(2人)おかわりください!

う~ん…。
どっちも うまい!

こりゃあ 両者 引き分けだな!

(生徒たち)う~ん…。
うん!
うん!

アイツ みんなの前なのに

かっ込んでんじゃん。
う~ん!