真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第2話 どんぶりに目覚めた委員長は、牛丼屋に潜入すべく変装して店を伺うが、…

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「どんぶり委員長」第2話[字]

どんぶりに目覚めた委員長は、牛丼屋に潜入すべく変装して店を伺うが、そこを吉田に見つかって声をかけられてしまう。逃げ出した委員長に吉田は牛丼を作ってあげようと…。

詳細情報
番組内容
すっかりどんぶりに魅了された委員長(伊原六花)は、休日に変装して牛丼屋に潜入しようと試みるが、通りかかった吉田(小西詠斗)に見つかり、声をかけられてしまう。恥ずかしくなった委員長は吉田を詰り、その場を逃げ出した。翌日、学校で吉田は委員長にお詫びに牛丼を作ると申し出る。喜ぶ委員長だが、態度は相変わらずだ。
番組内容続き
放課後、家庭科室で牛丼を作る吉田は、熱心にメモを取る委員長に生姜を渡してすりおろすように頼むのだが…。
出演者
委員長:ばたふ学園2年C組学級委員長…伊原六花
吉田:クラスの問題児…小西詠斗
太田:吉田の親友…前田航基
白石:和太鼓部三人娘…大関れいか
中嶋:和太鼓部三人娘…安藤ニコ
発田:和太鼓部三人娘…赤澤巴菜乃
通行人…池田鉄洋
飯田路子:大衆料理「ハッピー」店主…宮崎美子
原作・脚本・監督
【原作】市川ヒロシ「どんぶり委員長」
(双葉社 アクションコミックス)
【脚本】池田テツヒロ
【監督】久万真路
音楽
【主題歌】B.O.L.T「Don’t Blink」
(EVIL LINE RECORDS)
番組概要
ばたふ学園2年C組の学級委員長(伊原六花)は裕福な家庭のお嬢様育ち。真面目でちょっと高飛車な彼女はある日、調理実習をサボったクラスメイト吉田(小西詠斗)に食材の鶏肉を届ける。そこで吉田の作った親子丼に興味を持った委員長は翌日、学校で吉田に親子丼を作るよう命じる。それは、委員長とどんぶりの奇跡の出会いだった。
番組概要続き
今までどんぶりを食べたことのなかった委員長は、どんぶりの魅力に目覚めた。そして、次から次へと吉田へ注文をする。ひたすらどんぶりを作る吉田。ひたすら食べる委員長。それはいつしか恋へと…?
関連情報
【公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/donburi/
【番組公式Twitter】
@BS7ch_donburi
【番組公式Instagram】
@bs7ch_donburi
【番組公式Tik Tok】
@bs7ch_donburi
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル : 
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 委員長
  2. 吉田
  3. コロッケ
  4. 牛丼
  5. ショウガ
  6. 最高
  7. 濃厚
  8. ホント
  9. メモ
  10. 牛丼食
  11. コンビネーション
  12. ネギ
  13. マヨネーズ
  14. 一歩
  15. 個性
  16. 正反対
  17. 浅漬
  18. 大根
  19. アハハハ
  20. お行儀

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥12,109 (2021/06/13 11:52:35時点 Amazon調べ-詳細)

厳しい親に
しつけられた私は

不良少年 吉田くんの
強引な行動によって

どんぶりを かっ込む快感を
覚えてしまったのです。

あぁ 私 どこまで

落ちていって
しまうのかしら。

人生が変わる
新感覚ノワールグルメドラマ。

『どんぶり委員長』 始まります!
(吉田)おい。

あっ 吉田くんです。

(吉田)話 盛りすぎだろう。
えっ?

不良少年とか
人生変わるとか 盛りすぎ。

はぁ どんぶりだけに… うまい。

うまいって どんぶりだけに?

(2人)始まります。

ん?

あれって…。

よう 委員長。

牛丼食うのか?

人違いです。
えっ?

委員長とかではありません。
えっ?

あ~ なるほど そうか。

牛丼食いてえけど 恥ずかしいから
変装してきたってわけ?

最悪!
えっ?

私はね 親のしつけが
厳しかったから

今まで 牛丼屋に
入ったこともないし

牛丼も食べたこともないの!

でも この間 親子丼を食べたとき
すごく おいしくて

前から興味があった牛丼も
食べてみたいなって

そう思ったの!
いや 委員長 ちょっと…。

すごく恥ずかしかったけど
やっと決心がついて。

人類にとっては 小さな一歩でも

私にとっては アームストロング級に
勇気ある一歩だったのよ!

な 何の話?
それなのに…。

い 委員長…。

デリカシーがなさすぎる。
えっ?

男子って ホントばか!

ドンマイ。

(太田)3限からとは
お前にしちゃあ 早い到着だな。

あぁ。

ったく…。
ん?

委員長。
何?

昨日は 悪かった。

今日の放課後って 空いてるか?

空いてないわけではないことに
やぶさかではないけれど?

おわびに
牛丼作ってやろうかと思ってさ。

ホント?

やった~!

そ そんな問題も わからないの?

その問題は ホント… に
やった… わよ。

しかたないわね。

一から教えてあげるから
放課後 空けておきなさい。

はい。

オホホホ… オホホホホ。

(白石)委員長どうしちゃったの?

(中嶋)前から変だったけど
輪をかけたよね。

えっ そもそも あの2人って
仲よかったっけ?

確かに。

劣等生と学級委員長の
接点って 何?

(発田)まさかまさかの
恋の匂いとか?

えっ?
あっ?

(3人)ないない ないない ない~。

さて 何だっけ?

私のために
牛丼作ってくれるんだっけ?

はい じゃあ
作らせていただきま~す。

じゃあ お手並み拝見と
いこうかしら。

まず 沸騰したお湯に
かつおダシを入れる。

切ったタマネギを入れて
中火で 柔らかくなるまで煮る。

その間に はい これ。

何これ 球根?

ショウガ これ 皮むいて
すりおろしといて。

そんなことまでするの?

うまい牛丼食いたいんだろ?

だったら
手間を惜しんだらだめだ。

手間を…。

基本中の基本だから
メモらず覚えろ。

はい。

やっぱ 俺がやる。

あっ そう…。

はい。

で 酒 砂糖。

薄口しょうゆに 濃い口しょうゆ。

塩 メインの牛バラ肉。

それくらいになったら
あとは切って入れるから 大丈夫。

切って入れるか…。

それも メモんなくてよし。

これは メモ…。
それも!

はい。

ここで アクを取る。

水に取る。

そしたら ここで ショウガを入れる。

小さくなったショウガを薄く切る。

私が すりおろしたショウガ?
うん。

私が すりおろしたショウガが
牛丼になるの?

そうだよ。

料理って すばらしいのね!

ショウガすりおろしただけで
大げさだな。

《これが 私が作った牛丼》

おいしそうすぎる。

い いただきます!

待った。
えっ?

それで まぁ 完成なんだけど

せっかくなら
最高に うまい食べ方で

食べてもらおうと思ってな。
最高に うまい食べ方…。

これだ。

浅漬け?

これを 牛丼にからめて…。

(吉田)最後に…。
紅ショウガ?

はい 委員長ファーストインパクト
スペシャル牛丼の出来上がり。

《これが 夢にまで見た 牛丼》

《ファーストインパクト!》

おいしい。

おぉ 何て言ってるかは
わかんねえけど 伝わった。

じゃあ 次は
白菜も一緒に食べてみな。

《セカンドインパクト!

白菜のシャキシャキ感が 抜群にマッチして
止まらない!》

ん?

《この香りは… ユズ?

浅漬けのユズの香りね!

なんて清涼感なの》

ん?

《どんぶりの底に湧いて出たのは
まさか…》

そう それが つゆだくだ。

《ディープインパクト!

これが うわさの
つゆだくなのね!》

委員長。

かっ込め!

ごちそうさまでした。

なんという おいしさなの。
だろ?

そして なんという
お行儀の悪さなの。
ん?

どんぶりを かっ込むという
背徳の行為。

その上 牛丼に
浅漬けを混ぜるという アレンジ。

そして つゆを
ひたひたにするという 過剰演出。

なんという お行儀の悪さ!

これこそが どんぶりの
だいご味なのね。

あぁ 最高…。

お行儀が悪い… か。

えっ?

そんなこと
考えたこともなかったよ。

吉田くん?

俺は いつも 1人で飯食ってる。

母ちゃんはいないし
父ちゃんも残業で遅いから。

だから 外食で済ませたり

簡単に作れる
どんぶりご飯作ったりして。

うまければ
なんでもよかったから

そんなこと
考えたこともなかったよ。

ごめんなさい。

いや 謝ってほしいわけじゃない。

ただ 俺の飯って
行儀悪かったんだって。

ごめんな そんなもん食わせて…。

吉田くん 違う!

これを見て。

これが 私の言いたいことの
すべてよ。

こういうとき
男子は こう言うんでしょ。

こんなん ペロリだぜって。

ハッ… フフフ アハハハ!
えっ 何? 違った?

アハハハ 何それ。

ペロリだなんて使ったことないよ。

えっ そうなの?
委員長…。

最高だよ。

だって おいしかったから。

そうか。

私は 感謝してるの。

吉田くんが
教えてくれなかったら

私は この どんぶりという
すばらしい世界を

知らないままに
生きていくところだったわ。

行儀が悪くても いいのか?

私にとって
この牛丼は 小さな一歩。

でも この歩みは いつしか

牛丼屋という 未知の惑星へと
つながるのよ!

なぜ宇宙に?

そのためにも 吉田くん
あなたの力がいるの。

えっ?
吉田くん…。

私のために これからも

どんぶりを作りなさい。

なんか すごく嫌なんですけど。

あなたに断る権利はないわ。

コロッケを買い食いする
あなたの写真。
あっ…。

これを 生活指導の峰村先生に
見せてほしくなければ

コロッケで どんぶりを作りなさい。

俺 脅されてる?

さぁ 今すぐ作って。

今すぐ? 牛丼食ったばっかだぞ。

すみません 路子さん
開店前に おじゃましちゃって。

(路子)この子が かわいい女の子
連れてきたんだもの。

断ったりしたら
やぼの極みじゃない。

かわいいだなんて そんな…。

まぁ 確かに そうなんですけど。

で 今日は何作るの?

《まさかのスルー!》
コロッケ丼。

それ マツミヤのコロッケ?
うん。

あそこの衣
サクサクで おいしいのよね。

そうなんですね。

マツミヤのコロッ…。
それ メモんなくていいから。

でも 忘れちゃうから。

衣 サクサ…。
んっ。

ほら。

この うまさは忘れんだろう。

《わぁ~ サックサク!

もう舌が忘れない 最高!》

この子 おもしろいね。

ウザいだけだよ。

《この子が 父親以外のために
ごはんを作る日が来るとはね》

年取るわけだ。

ん?

バターと のりを半分ずつ…。

なぜ?

ここに 千切りキャベツをのせて

その上に ひとくち大に切った
コロッケを広げ

そこに…。

マヨネーズとソース?

これを…。

ど どうするの?

どうも 委員長です。

彼が取り出した マヨネーズとソース。

それらを使って 彼は いったい
何をしようとしてるのでしょう。

揚げ物のコロッケに かけたとしたら
それは まさしく

凶器です。

そんな大胆なことを
彼が するはずありません。

委員長でした。

かけた! あっ…。

マ マヨネーズも!?
えっ だめ?

いや そんなことしたら
カロリーが とんでもないことに…。

いいか 委員長。

ことどんぶりに関してだが
カロリーは気にしちゃだめだ。

そんな…。

そもそも コロッケ
そのまま のっけるだけなら

コロッケ定食くえばいいだろ。
た 確かに。

《あんなふうに
楽しそうにしてるの

久しぶりに見たわ。

この子のおかげ… かな》

のりをのせた側には
大根おろしをのせて。

大根おろし。

そして ここに…。

ポン酢?

かけた!

刻んだネギを ふりかけてと…。
ネギを ふりかけて…。

はい こってり&さっぱりの
コロッケ2食丼の出来上がり。

ふぁ~!

《なんて見た目なの。

予想外なまでの鮮やかな彩り
見た目で 私を…。

お も て な しって…》

おいしそうすぎる!

いただきます!

《まずは こってりから》

濃厚だろ。

ごはんの上にのせたバターが
ごはんに しみ込んで…。

《箸が止まらない…》

ストップ。

反対側も。

《爽やか…》

こってりのあとに ポン酢 ネギ
大根おろしの

上品な爽やかさってことね。

(吉田)どんぶりって どうしても
同じ味付けで飽きちゃうから

正反対の味付けにしてみたんだ。

《濃厚… からの さっぱり。

さっぱり… からの 濃厚。

濃厚 からの…》

ん~。

《お行儀悪いけど やめられない》

出たな コロッケ2食丼名物
ろくろ食い!

ん~。

いい仕事してますね~。

「なんでも鑑定団」。

濃厚と さっぱり
正反対の個性のコンビネーションが最高。

2つの個性を味わえることにより
永遠に飽きがこないなんて…。

アンタたちみたいな どんぶりね。

えっ?
はっ?

だって そうでしょう。

優等生と劣等生
正反対の個性のコンビネーション?

いやいやいや その例え
全然うまくねえから。

そうかなぁ。

委員長?

どうした 大丈夫か?

な なんでもない…。
ホントか?

だいたい ろくろ食いって 何?

変な名称
勝手につけないでくれる?

いや のったくせに…。

ろくろからの鑑定団のギャグ
スルーしたくせに!

いや そりゃするだろう。
どうして?

いや 全然おもしろくねえから。

おもしろくないとかじゃない
理解できなかったの?

全然意味が わかんない。
すごく わかりやすかった…。

いいコンビネーションだこと。

(吉田)委員長!

牛丼リベンジ 頑張れよ。

吉田!

えっ?