極主夫道【最終回】ありがとう龍…さようなら龍…笑いと涙の最後のカチコミ![終][解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

極主夫道【最終回】ありがとう龍…さようなら龍…笑いと涙の最後のカチコミ![終][解][字][デ]

玉木宏×川口春奈×志尊淳が強烈カチコミ!史上最強の専業主夫が降臨!伝説の極道“不死身の龍”が足を洗い、主夫の道を極める!個性溢れるメンバーが大暴れする痛快劇!!

出演者
龍…玉木宏

美久…川口春奈
雅…志尊淳

酒井タツキ…古川雄大
大前ゆかり…玉城ティナ
田中和子…MEGUMI
佐渡島幸平…安井順平
太田佳世…田中道子
向日葵…白鳥玉季
井田昇…中川大輔
岡野純…片岡久道
遠野誠…水橋研二
三宅亮…本多力
ユキ…新津ちせ

店主…くっきー!(野性爆弾)
大城山國光…橋本じゅん
虎二郎…滝藤賢一

江口雲雀…稲森いずみ
江口菊次郎…竹中直人

眞島秀和
蝶野正洋
番組内容
龍(玉木宏)は体調を崩して病院で精密検査を受ける。病院に来ていた田中(MEGUMI)は偶然、医師が“持って3ヵ月”と話しているのを聞いてしまう。田中から、龍が余命3ヵ月と聞かされた美久(川口春奈)は動揺するが、龍にやりたいことをさせてあげようと決意する。龍の命があとわずかという話は、雅(志尊淳)、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)、町の人たちにも伝わり、一致団結して龍の夢をかなえていくが…
監督・演出
【監督】瑠東東一郎
原作・脚本
【原作】おおのこうすけ「極主夫道」(新潮社刊)
【脚本】宇田学
音楽
【音楽】瀬川英史
【主題歌】Da-iCE「CITRUS」(avex trax)
制作
【チーフプロデューサー】前西和成
【プロデューサー】中山喬詞 小島祥子 清家優輝
【共同プロデューサー】池田健司
番組HP
【番組ホームページ】
https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/
番組公式SNS
【番組公式Twitter】@gokushufu_drama
【番組公式Instagram】@gokushufu_drama
【番組公式LINE】https://lin.ee/d5BOlPr

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 向日葵
  2. タッ
  3. 江口
  4. ホント
  5. 田中
  6. お前
  7. 雲雀
  8. 医者
  9. 美久
  10. アニキ
  11. 先生
  12. ママ
  13. 会長
  14. 全部
  15. 注射
  16. 来年
  17. ゴキブリ
  18. ハァ
  19. ヤダ
  20. 家族

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 20:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

<龍の愛を確かめるため
偽装誘拐を仕掛けたはずが

ウソから出たマコト ホントに
向日葵が誘拐されてしまった!>

<一体 どうなってんだ?
ゾンビの仕業か!?>

<向日葵!
君と世界は終わっちまうのか!?>

<んなわけねえだろ!>

<最後のカチコミ
よろしく どうぞ!>

(龍)
何が何でも向日葵 捜し出すで!

(大城山)♪~ お前を潰すぜ~

♪~ 今に見てろ!

♪~ 踏み潰すぜ G G G!

(ガラスが割れる音)
(井田:岡野) うわぁ~!

マジか!?
(虎二郎) おい! ワレ こらぁ!

何? また来たの~?

うわぁ!

(虎二郎) んっ!

(虎二郎) 盗聴器じゃ!

(ボイスレコーダー: 大城山)
始末してくれるか?

ここ数か月
ヤツに苦労してんだよ。

ワリャ やっぱり わしに
ウソついとったんじゃのぉ。

龍の娘 行方不明になっとんじゃ
どこに連れ去ったんか 吐け!

何をふっかけとんじゃ!
誤解じゃ 誤解!

すいません。
「始末する」言うとったじゃろうが。

ゴキブリや。
誰がゴキブリじゃ!

違うんです ゴキブリ ゴキブリ

ゴキブリの駆除…。

ややこしいこと…!

あぁ…! いや あの

先生が勝手に
誤解をなされましてですね…。

(井田)
何度も何度もやりやがって!
親分 やっちゃいましょう。

(岡野)
ナメられっぱなしはダメでしょ!
何 言ってんだ

この先生は お前 剛拳の…。

アチャ~!
(井田:岡野:大城山) うわ~!

おら~! えぇ~い!

うわ~!

♬~

うお~! あっ! 向日葵!

向日葵!

あ?

あぁ なるほど…。

チャカで狙てるいうわけか。

悪かったな 全部 俺のせいや。

怖い思いさせて すまんかったな。

せやけど もう大丈夫や。

♬~

俺は覚悟を持って
カタギになったんや。

さぁ!
煮るなり焼くなり好きにせい!

娘のためやったら
この命 おどれらにくれたらぁ!

≪なぁ 言っただろ≫

(向日葵) ホントだね タコ坊主。

か… 会長!?

(江口雲雀)
いい覚悟 見せてもらったね。

姐さん!

(江口菊次郎) すまねえ。

(雲雀) あたいも ついさっき
偽装誘拐のこと聞いちまってね。

そんなことやめなって
怒ろうとしたんだけど

理由を聞いたら

向日葵ちゃんのことが
かわいそうに思えてね。

この人に協力したってわけなんだ。

悪かったね 龍。

(美久) ≪向日葵!≫

向日葵!
(雅) アニキ!

(向日葵) ママ。

何でや!?
よかった~。

おやっさんも
加勢しに来てくれたんすか?

っしゃあ~!
出て来い 渡瀬一家!

渡瀬一家なんていねえよ。
えっ?

全部 俺がやったんだよ。
どういうことですか?

実はな…。

龍とママ 仲いいから
どうせ2人で

私をうまく
だまそうとしてるんだよ

向日葵がそう思うんだったら

とことん
やってみりゃいいじゃねえかよ

中途半端じゃ

おめぇの気持ちも晴れねえだろ

あいつらには内緒で

俺がお前を誘拐してやるよ

(雲雀)
この子は 龍のホントの気持ちが
知りたかったんだよ。

そうだったんだ…。

無事でよかった。

ホントよかったよ。

会長 姐さん

このたびは
ご迷惑 お掛けしました。

迷惑なんかじゃねえよ。

俺は 向日葵ちゃんの筋を
通してやっただけだ。

すんません。

何 泣いてんの? ママ。

大人が寄ってたかって
バカみたい。

(向日葵) ん? 何?

タッちゃん…。

お前は… 俺の大事な娘や!

♬~

よっしゃ。

今度は お前の番や。

思いっ切り はたけ!

えっ?

寂しかったんやろ?

大好きなママを
半分 俺に取られてもうて。

すまんかったな。

もっと早
腹 割って話すべきやったわ。

俺もお前と同じぐらい

ママを好きになってもうたんや。

堪忍な。

よっしゃ 来いや。

あぁ…。

ごっつ痛いわ。

私も痛かった。

♬~

向日葵。

ごめんね…。

いや むしろ ええ機会やったわ。

怒ってないの?

俺が怒ったことあるか?

ある。

洗濯物 畳んだり
家事しようとした時。

すまん…。

許してあげない。

タッちゃん ありがと。

もっと…

もっと大事にするわな。

♬~

ハァ~。

ため息 出るぐらい幸せだわ。

♬~

(江口)
いいもんだな 夫婦ってのはよ。

いや… 家族ってもんはな。

見直したよ あんた。

何だよ…。

泣けて来るじゃねえか。
フフフ…。

ハッハッハッ…。

(雲雀) 何だい? これ。
俺んじゃねえよ。

まったく! しょうがないねぇ!
男ってのは!

(江口) グアア…!
アニキ。

すいませんでした。

お前にも

お礼せなあかんのぉ。

ケジメつけんか~い!
え~!

ほな 行くわな。
そうね。

会長は?
少し寝て帰るって。

はっ!

煙 噴いてますけど…。
いいの いいの さっ 帰るよ。

あっ! あっ! 姐さん!
助けてください。

あっ 雅君
ここ よくクマさんが出るらしい。

気を付けて。
なおさら助けろよ~!

あっ あっ 向日葵ちゃん!
助けて。

喫茶店の女の子と
どうぞ お幸せに。

どういうこと?

そのほうがええわ
もっとええ男 いっぱいおるで。

また会う日まで バイバイ。

また会う日まで バイバイ!

ちょっと! お~い! 助けて~!

アニキ! アニキ!

おやっさん 起きてくださ~い!
起きて! もう!

気ぃ付けて行きや
今夜は すき焼きにするで。

ホントに? うれし~い。
おう。

忘れ物。
ん?

ねぇ 向日葵。
ん?

この際さぁ
「パパ」って呼んであげたら?

タッちゃん 喜ぶと思うな~。
イヤ。

何で?

「龍」のほうが呼びやすいし。

♬~

主夫やってて よかったわ。

♬~

(ゆかり) ≪クリスマス?≫
≪うん≫

(ゆかり)あんまり興味ないかなぁ。
え~。

(遠野) ゆかりちゃん
お客さんの席 座らな~い。

は~い。
あのさ!

クリスマスって…
素晴らしいんだよ。

町は輝き みんな
ハッピーになるっていうか…。

極道って
意外とロマンチストなんだね。

誘ってくれて ありがとう
うれしいよ。

じゃあ…。
でも ごめん。

その日は 友達と
原宿に行く約束があってさ。

じゃあ 来年は?
再来年でも その次でも。

あの… いつまでも待ってるから。

フッ…。

じゃあ 来年ね。

じゃあ 来年は一緒に。

フフ… ウフフ。

よし…!

あっ じゃあ来年
7時半に原宿でいいかな?

(ゆかり) ハハハ…。

(せき込み)

うっ んっ。

こいつはエヘン虫…。

カチコミか~!

♬~

どう料理してやろうか?
あぁ?

うっ…。

風邪…。

夜更かし 薄着 乾燥した部屋

おい! お前がまいた種だろが
こら!

誰に手ぇ出そうとしてんのか
分かってんのか? おぉ!?

何だと こらぁ!
何やねん!

ビタミンたっぷり特製ドリンクの
出来上がりや!

体 ぽかぽかや~!

♬~

♬~

最後に言っといてやる

狙われるもんより
狙うもんのほうが

強えぇんだ!

誰に もの言うてんねん

主夫 ナメたらあかんでぇ

何だ この野郎!
あぁ!?

おやめなさい…

争いは何も生みません

おぉ!
わぁ~‼

えぇ!?

タッちゃん 気が付いた?
お… おぉ。

向日葵。
はい。

はい。

何や? それ。
冷蔵庫にあった食材

全部 ミキサーにぶっ込んで
作ったの。

そないなもん…。

うっ うっ…!

♬~

うわ~!
ひぃ~!

むあぁ~‼

♬~

うわ~!

爆発音
うお~! うわ~!

爆発音
あ~!

爆発音
うっ…! わぁ!

あっ… 治っとる。

(おなかが下る音)
うわぁ…!

腹 痛った! あぁ…!

(医者) なぜ
にらまれてるんでしょうか?

先 言うとくで
注射は絶対にせぇへん。

注射 お嫌いですか?

それ言うか? 先生
ドスは なんぼ刺されても平気や。

せやけど 注射はあかん。
そういう意見は ありますよね。

取りあえず
ベッドに横になりましょうか。

注射する気ぃやろ!
まだ分かりませんから。

いやいや! 注射はあかんねん!
横になりましょう。

注射は嫌や! 嫌や言うてる…!
横になりましょう。

嫌や! 嫌や言うとるやろ!
横に… あらら…!

私だって こう見えて…。
嫌や!

おとなしくしなさい!
おとなしくしないと

かん腸ですよ!

かん腸やと?

分かったわ。

あおむけで結構です。

かかって来んかい。
あおむけで結構です。

ちょっと失礼します。

うぅ…! おい やめろ…!

あれ?
この辺り 張りが気になるなぁ。

えっ…。

おなかのCTを撮りましょうか。

♬~ (『E.T.』のテーマ曲)

♬~

E.T…。
CTです 準備 お願いします。

≪ありがとうございました≫

(田中) あれ? 龍さ…。

(着信音)
ヤダ ヤダ もうヤダ…。

(着信音)
すいません ごめんなさい。

先生 CTの結果が出てるようなので
確認くださいって。

さっきの極道みたいな
面倒くさい人?

(医者) ≪ありがとう≫

(キーボードを打つ音)

(看護師) 先生 これって…。

(医者) ≪ん? いかんなぁ≫

(医者) ≪持って3か月か≫

えっ…。

(医者)
≪あの人には もうダメだって
ちゃんと伝えないとな≫

会長?

おっ えっ? 何 何…?

えっ? 余命が3か月?

やっぱり聞いてなかったのね。

いや そんなこと
あるわけないじゃないですか。

風邪も治って 元気にしてますよ。
うちの父もそうだったの。

いつも元気でピンピンしてたのに
急に…。

えっ…。

それ… 本人 知ってるんですか?

多分 知らないと思う。
えっ…。

えっ ちょっと待って。

美久さん。

こういう時こそ
しっかりしなきゃ。

えっ…。

何でも協力するから 言ってね。

♬~

♬~

龍 大丈夫なの?
おう 病院の薬 飲んだらピンピン や。

ふ~ん。
「ピンピン」?

どないしたんや?

美久?

おいしい…。

うぅ…。

(泣き声)

美久 どないしたんや?
(泣き声)

♬~

タッちゃんが
今 やりたいことを書いて。

やりたいこと?
そう。

主夫は いつも自分の時間を
犠牲にしないといけないでしょ。

だから…。
そもそも

犠牲にしてるなんて思てへんで。

俺は主夫しとることが楽しいねん。

これが俺の幸せや。

でも やりたいことぐらい
あるでしょ? 書いて。

何や? 強引やな。
お願い。

あぁ…。

強いて言うたら…。

タッちゃんが死ぬまでとか
書かないでください。

ヤダ! ヤダ ごめん ごめん
違う 違う 違う…。

そうじゃないの
違う 違う 違う… 違うのよ。

タッちゃんは

若い時から家庭環境に恵まれず

極道の世界に足を踏み入れて

今は 私や向日葵のために
毎日 頑張ってくれています。

本当に…。

本当に
ほれぼれするような いい人で。

私みたいな…。

私みたいな
ダメな女性に もったいなくて。

いろんなことを犠牲にして来て…。

タッちゃんは…。

自分がしたいことが
できなかったんじゃないか

…って思います。

だからこそ
彼の夢を叶えてあげたいんです。

そのためには
皆さんのご協力が必要なんです。

よろしくお願いいたします。

ねっ みんなで協力しましょ。

(酒井)
しかし これ全部ってなると

結構なお金 要りますよね?

そこは私が何とかします。

何 言ってんだい
あんたは これからが大変なんだ。

資金のことは任せな。
えっ 何 言ってんだ? お前。

うお~。
(雲雀) これ 使いな。

いや そんな…。
取っときな。

姐さん それ
パートでためたんすか?

そんな たまるわけないだろ。
じゃあ 何で?

半分は あんたのへそくり
半分は 雅の車 売ったお金さ。

え~!
あれ取ったの てめぇか!

俺 買ったばっかり…!
何で売っちゃったんですか!

うるせぇな お前 黙ってろ!
表 出んのか…! 田中!

(酒井) やめましょう…。
あんたのお金は?

雲雀のもの~。
雅の車は?

姐さんのもの…。
あたいのお金は?

雲雀のもの!
姐さんのもの!

あんたたちの全ては!
(江口:雅) 雲雀のもの~!

カッコいいですね。
あんたたち

龍の親と兄弟だろ?

家族の人生の最後ぐらい
花 咲かせてやろうじゃないか。

おぉ… 花 咲かせて
やろうじゃねえか 雅!

そうっすね!
(江口) 龍のために

パ~っと使ってやってくれ!
っしゃ~!

(江口) っしゃ~!
っしょ~!

♬~

(美久の声)
ってかキャンプ 初めてなの?

遠足とか 研修で
こういうとこ来なかった?

(龍の声)
小学生ん時は 意地 張って
遠足には行かんかった。

中学ん時は先公にムカついて

高校は ほぼ少年…。
やめて。

♬~

私が焼くから
タッちゃんは休んでて。

せやけど…。
焼くぐらいは できるわよ。

はい 休んで。
そうか? ほな 頼むわ。

うん。

こんな普通のこと
今まで できなかったんだね。

おう せやから 新鮮やなぁ。

タッちゃんの はしゃいでる姿
見れて よかった。

そない はしゃいでへんて。
いや はしゃいでるし。

はしゃいでへんわ。
はしゃいでるでしょ?

はしゃいでるわ!

何日も前から
楽しみにしとったんや。

行くて決まってから
寝られへんかったんや。

楽しんでくれて ホントよかった。

ありがとうな。

やっぱ手伝うわ。
大丈夫。

行くわよ!
おう。

バーベキュー 着火!

(3人) うわぁ~!

は!? 着火剤 全部 入れたんか?

あかんで! うおぉ… ちょっ…。

熱ぃ~!

(向日葵) あ~あ。

頑張ったのに… 何でよ!

まぁ しゃあないで。

うぅ…。

何や? 何も
そない泣くことあれへんがな。

ん? 美久。
うん…。

えっ… ええんですか?
ええの ええの。

今日はね
僕も用事があってね。

頼めるの
龍さんしかいないなぁと思って。

おっす。

(ドアベル)

♬~

(ゆかり) お~ すご~い。

(カメラのシャッター音)
私のインスタにあげてもいい?

ええで。
(包丁で切る音)

(包丁で切る音)

おい。
(カメラのシャッター音)

顔 撮って どないすんねん?
いいじゃん 別に。

フフフ…。

(カメラのシャッター音)
おい。

お待ちどおさんでした。

(佐渡島) わぁ~。
おう こっちや。

何や?

うっす。
(酒井) おいしそうだな。

本当ね。
ほな ごゆっくり。

(酒井) おいしい おいしい…。
(三宅) うん うん…。

(三宅)
僕のほうがおいしいですけど。

何 言ってんすか? 僕のほうが
おいしいに決まってるでしょ。

「手錠」ですよ。
いや 「手錠」おいしくないでしょ。

画数 ケチャップの量が…。
ケチャップの味でしょ それは!

「安売」は思い出の味なんですよ
こっちは!

思い出 食べさせてください…。
やめてくださいよ! 僕の思い出!

思い出…。
オムラ~イス!

味わいましょうよ…。

はい…。

(ドアベル)
ありがとうございました。

ほ~う チップかいな。

粋なこと やるやんけ。

眼鏡?

(酒井) 交番に勤めて

町で何も起きないことが
幸せだと思ってました。

俺もだよ。
人には刺激が必要で…。

寂しくなるなぁ。

ええ…。

赤ちょうちんで 泣きますか。

じゃあ 私 帰ります。
おう。

インスタ いっつも見てるよ。
は?

ホントに尊敬してる。

龍さんって最高だと思う。

じゃあ お疲れさまでした。
お疲れさん。

(ドアベル)

♬~

あ?
何で こないなことしてんねん?

(店主) な… 何でもええがな
回せ お前。

おい 金が出たら お前
温泉旅館やからな。

ええなぁ。
ヘヘヘ…。

ほな 行くで。
行け~!

うぇ~い!

大博打じゃ~!

行け 行け~。

ちょっと 長い!
出ぇへんがな。

出ぇへんやな
そんなグルグル回したら

持って行かれよんねん
端っこのほうに 遠心力で…。

分かった 何で出ぇへんのや。
洗濯機とかも…。

見とけや 行くで。
いいで~。

大博打じゃ!

あっ!
これ 何や?

金!
(ベル)

おぉ!
アハハ~ ハハ。

バンザイナイフも付けますよ。
いらんわ そんなもん!

これ いらない? はい どうぞ
おめでとう。

やったわ。
あ~ら やられた。

(抽選器を回す音)

龍… 往生せぇよ。

会長と姐さんと行って来たら?

いや 2人残して
家 空けんのがなぁ。

その日は実家に帰ります。

(美久の声)
私たちは キャンプに行ったし

いつも お世話になってるのに
何のお礼もしてないでしょ?

(仲居) 貸し切り風呂を
ご用意しておりますので

お料理の前に いかがですか?
っしゃ~! 風呂にしましょうか!

おう! それより前に
することあるがな。

えっ?
温泉っつったら

タマの取り合いだろうが!

エアコ~ンスマ~ッシュ!

クッソ~
やるじゃねえか てめぇ!

っしゃ~。

オーブンレンジスマ~ッシュ!

え~!
(江口) うわっ!

はっ! ふっ!
へっ! はっ!

へっ。 はぁ!
へっ。 ふっ!

はっ。 はっ!
へっ。 ふっ!

スマ~ッシュ!
うっ。

雲雀!
姐さん…。

この顔は…。

雲雀は何も言わねえ時が
一番ヤベェんだよ。

雅 気を付けろ。
えっ ちょっ…。

ふん!

ラケッツ!

あら~ 手が滑っちまったねぇ。

そりゃあないだろ 雲雀!
卓球に失礼だろ。

やんのかい!
上等じゃねえか!

姐さんに
なんて口 利いてんねん!

今はスポーツっすからねぇ あ…。

あっ!?
っしゃ~!

しゃ しゃ!
イェ~イ!

会長!
勝負は もう始まってんだよ。

フゥ~!
うりゃ~!

ほな 無礼講で
やらせてもらいまっせ。

覚悟しな。
上等だよ。

来い!
決戦じゃ おら。

うりゃ!
うわ~!

(江口) 親不孝もんが…。

こんな孝行息子は いないよ
あんた。

そうだな…。

できることなら
俺が代わってやりてぇよ。

あたいもだよ…。

ハァ…。

子に先立たれるのが
こんなにつらいなんてねぇ。

♬~

(田中) さぁ 皆さん
今日は なんと

サンタクロースが
来てくれてますよ~!

みんなで大きな声で
呼びましょっか~。

せ~の!

(一同) サンタさ~ん!

お控えなすって!
メリークリスマス。

私 生国は日本
稼業 縁 持ちまして

子供たちのため 西へ東へ
献上品を納めております。

姓は不死身 名はサンタ。

人呼んで
「不死身のサンタ」と発します。

以後 よろしゅうお頼み申します。

メリークリスマスリッパ~。

おい おい おい…
この空気 どうしてくれんだよ!

おめぇもだよ! やり直し!

よっしゃ~!
あら。

何 何 何~?
これが

君らにやるブツや!

(田中) えっ カニ?

(太田) ちょっと龍さん…。
(田中) 何 考えてんのよ…。

♬~

(田中) 龍さん 大丈夫?
何がですか?

(田中) 無理してない?
全然 楽しませてもろてますわ。

うん…。

あっ 龍さん
あの 年末の家の掃除の仕方

ちょっと教えてくんない?
いつでも。

家じゅう 全部よ?
ええですよ。

ピカピカにしたりましょ。
じゃあ 龍さんお得意の白い粉

純度 高めでお願いします!

ええ ほな また 伺ってもええ日
連絡してください。

うっす。
おっす。

♬~

ほな ありがとうございました。

龍さん またね。
おっす。

(田中) またね!
(太田) ありがとう。

(太田) どうして…
どうして神様は

あんな いい人
連れてっちゃうんでしょうね?

ちょっと! あんた
笑いなさいよ もっと。

笑う?

ほら 人って
笑ったら元気になるでしょ。

そういうこと!

はい… うっ。

笑ってみなよ だから
笑ってみな?

はい…。
アハハ… 何で

何で笑ったら顎が出んのよ?
はい…。

えっ すごくね? ハハ…。

♬~

別に 送らんでもええ
言うたやろ。

俺がアニキと一緒に帰りたくて。

家でメシ食うてけや
お前 どうせ1人やろ?

あっ… メシは遠慮しときます。

あ~… 家で
大掃除しなきゃいけないんで。

そんなん
俺が明日 手伝うたるがな。

気ぃ使わんと メシ食うてけや。

今日は ホントに大丈夫っす。

今日は

家族との時間を
大事に過ごしてください。

兄弟…。

お前も家族やがな。

♬~

何や?

最近 よう泣くな。

しっかりせい!

アニキ…。

何や?

チキンとチョコ
パチパチのお菓子 挟んだ

新商品じゃ。
いらんわ。

受け取ってくれ。

おう…。

メリークリスマスじゃ。

アニキ。

ありがとうございました。

ええクリスマスにせぇよ。

来年も よろしゅう。

(泣き声)
うい。

(泣き声)

♬~

♬~ 行くで。

♬~

極道が こがぁなことで
涙 見せんじゃねえ。

(はなをすする音)

はい…。

わしが 盃 交わしたる。

面倒 見ちゃるけぇのぉ。

♬~

メリークリスマ~ス!
(クラッカーの音)

はい これ 私とママから。

おっ 何や?

メリークリスマス。
おう。

わぁ~!

めちゃめちゃうれしいがな!

ハァ~… ありがとうな。

ありがとう。
うん。

はぁ~ 作ったんか? これ。

ありがとう。
使ってね。

♬~

♬~

♬~

おう。

そないなとこで
シャンパン飲んどったら

風邪 ひくで。

ほい ココアや。

ありがとう。
おう。

ハァ…。

1年 あっちゅう間やったなぁ。

今年も楽しかったわ。

タッちゃん。
ん?

私と一緒になってくれて
ありがとう。

向日葵のことも

ありがとう。

ホント タッちゃんには
感謝しかないの。

それは こっちのセリフや。

こちらこそ ありがとうな。

せや。

これ食うてみぃ。

何? これ。
これな この間 病院 行った時

担当の先生に ええようにして
もらわなあかん思て渡したんや。

こういうのは
受け取れませんから

持って帰ってください

おぉ…
(医者)で 結果はどうだっけ?

ほな
(医者)お大事に

ありがとうございました

(看護師)先生
(医者)ん?

(看護師)これって…

ハァ…

(医者)いかんなぁ

持って3か月か

タッちゃん
その話 ホントだよね?

おう 美久にウソはつけへんで。

検査の結果は?

どっこも悪いとこ
あれへんかったわ。

どないしたんや? 急に。

タッちゃん…。

どこにも行かないでね。

家族 放って
どこも行くわけあれへんがな。

うん。

♬~

主夫 ナメたらあかんで。

ナメてへんわ。

♬~

イチャつかないでもらえます?

あっ あぁ これはな…。

おぉ! 美久。

も~う!
おぉ~ 向日葵!

おぉ 何や? おっ?
アハハ…。

♬~

(江口) 何か不思議なとこだな
ここはよ。

アニキ 何すんすかね?

こんな所に
急に みんな呼び出してさぁ。

お前 俺に向かって言ってんのか?
あっ すいません すいません…。

田中!
何よ!

お前 何か知ってんだろ お前よ。
私が知ってるわけない…!

劇場では お静かに!

おやっさん。
育ちが悪いのよ あんた。

(江口) どういう意味だ お前!
おやっさん 静かにして…。

(江口) この野郎…!
(佐渡島) やめなさいよ…!

痛…。

(江口) おい!
(佐渡島) 俺か?

(虎二郎) 何の誘いじゃ? 龍。

カバチタレがぁ わしゃ 行かんど。

クレープ売るけぇのぉ。

(江口) おっ。
(田中) えっ!? うわっ!

うお~!
(拍手)

本日は お忙しい中
お集まりいただき

ありがとうございます。
よっ!

(拍手と歓声)

皆様方に タッちゃんから
お伝えしたいことがございます。

しばしの間のご静聴

何とぞ
よろしくお願いいたします。

このたびは 知らぬこととはいえ

皆様に大変
ご迷惑をお掛けいたしました。

ホントっすよ
びっくりしちゃう…。

皆様のぬくもり
しかと この胸に受け取りました。

心より感謝申し上げます。

(田中) 律義だから…。
よっ! 「不死身の龍」!

でも 俺は信じてましたよ! よっ。
おめぇが一番泣いとったやんけ。

ちょっと 言わないでください
言わないでください…。

皆様方にあられましては

くたびれて疲れ果てて
何かに負けそうになりながら

歩んだ1年やったのでは
ないでしょうか。

これから迎える新しい年が
光を照らし

力強く前に進ましてくれることと
信じております。

皆様が
よいお年を迎えられますよう…。

おっ!
何や? どないなっとんねん!

幕 開けんかい! こら!

開け ゴマ!
タッちゃん 落ち着いて。

(江口) 開け ゴマって何だよ?
幕 開けんかい!

(江口) おい 誰だ! 幕 開けろ。
いよっ!

(江口) 誰だ!
あっ よかった よかった。

何だ びっくりした
いや びっくりしましたよ。

今 下がって 上がって…。

ほな 皆さん!
来年も気張って行きましょう!

♬~

(浜田) 「第4回
ガキの使いやあらへんで!