[終]科捜研の女 最終回 2時間スペシャル #9[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]科捜研の女 最終回 2時間スペシャル #9[解][字]

<衝撃の最終回SP…重大発表も!> 
土門が身元不明の遺体とともに監禁!そして、乱闘の果てに犯人を…!?衝撃ラストの2時間スペシャル!そしてマリコから重大発表も!

◇番組内容
科捜研がウェブ会議を開いていたところ、土門が飛び入り参加してきた。しかし…土門は監禁されていた!何者かに襲われ、安在志津枝(南野陽子)とともに、彼女のバーの地下倉庫に監禁されたという。しかも現場には、身元不明の男性の遺体もあって…!?

事の始まりは昨夜。土門が慌てた様子の志津枝に遭遇した事から。事情を聞くと「お前の店で人が死んでいる」という謎のメッセージが、男の遺体が映る動画とともに届いたという。
◇番組内容2
早速彼女の店に向かうも、地下倉庫への階段で何者かに襲われ昏倒!目覚めたら、現在の状況だったという。唯一の通信手段は、遺体の下にあった1台のノートパソコンのみ。それを使い、マリコたちのウェブ会議にアクセス。すぐに刑事たちが志津枝の店に駆けつけ、地下倉庫に突入するも、そこには誰も予想だにしなかった光景が広がっていて…!?

果たして、マリコは土門を無事に救出できるのか―!?
そして重大発表も!
◇出演者
沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰
【ゲスト】南野陽子、長谷川初範、佐藤玲、井俣太良、ハリウッドザコシショウ、山本道俊、や乃えいじ ほか
◇脚本
戸田山雅司
◇監督
森本浩史
◇音楽
川井憲次

【主題歌】藤川千愛『ありのままで』(日本コロムビア)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日)
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken20/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 土門
  2. 安在志津枝
  3. 蒲原
  4. 志津枝
  5. ウェブ会議
  6. 遺体
  7. 亜美
  8. 檀野
  9. 呂太
  10. 坂西
  11. マリコ
  12. 日野
  13. 犯人
  14. 警察
  15. 自分
  16. 可能性
  17. 殺害
  18. 参加
  19. 事件
  20. 彼女

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/13 15:13:10時点 Amazon調べ-詳細)

花が咲いてますね。

近日公開! お楽しみに。

(榊 マリコ)
これなら 鑑定結果の報告も

スムーズに見られるわね。

(土門 薫)身元不明の男性の遺体。
(風丘早月)リモート検視!?

Web会議のシステムで
遺体の映像は見られます。

必ず 真相を見つけてみせるわ。

お前なら 必ず答えが出せる。
(早月)開いてみましょうね。

(安在志津枝)
なんで ついてくるのよ!

事件の背景には 間違いなく
12年前の詐欺事件があるはずよ。

ストレートに言うね。
余命半年ってとこ。

命の使い道についてだ。
えっ?

この計画のために

自分の命を使う事を
決めていたとしたら…。

(刺す音)
土門さん!

ここは殺害現場だ。

被疑者は… 俺だ。

(日野和正)「さて 今朝の報告は…」

(涌田亜美)「呂太くん カメラ前に
余計な おもちゃ置かないの!」

(橋口呂太)「え~!
せっかく リモート会議だから

コーディネートしたのに…」

(日野)「リモート会議は
仕事なんだからね!」

「えーっと…」

(榊 マリコ)「宇佐見さん
宇治市の国道の事故の鑑定は?」

(宇佐見裕也)「追突時の速度が
明らかになりました」

「ちょっと 勝手に 話 進めないで。
その事故に関しては…」

(呂太)「ねえねえねえ
そこって 所長のお部屋?」

「話の腰を折らない」

(亜美)「自宅なのに
白衣 着てるんだ」

(日野)「だから
仕事だって言ってるでしょ」

「宇佐見さんも自宅よね?」

(宇佐見)「あっ… 私も
白衣のほうが良かったですか?」

(日野)「マリコくんも
宇佐見くんまで 脱線しないの」

(呂太)「見て見て 見て見て!」
(日野)「今度は何?」

(呂太)「土門さんが参加したよ」
「本当?」

(呂太)「あれ? 土門さん?」

「そこ なんか 暗くない?」

「そこ 土門さんのおうち?」

(土門 薫)「いや…
何者かに監禁されている」

「俺と もう一人」

それから
身元不明の男性の遺体。

えっ…!?

♬~

次は音声データね。

送ってみるね。

♬~

♬~

(呂太の声)「本日は晴天なり。
本日は晴天なり!」

スペクトログラムも音声波形も
きれいに出るね。

歩容認証の映像 送ります。

♬~

反応も早いですね。

これなら 鑑定結果の報告も
スムーズに見られるわね。

蒲原さん スマホのほうはどう?
(蒲原勇樹)こっちも快調です。

これなら 聞き込み先からも
鑑定結果 見れますね。

(椎木智里)いかがでしょうか?

とても使いやすいです。

科捜研では
それぞれの鑑定結果を

グラフや映像などで
説明する機会が多いので

それらを同時に
全員で見られるのが

何より助かります。

(名村康祐)それが 我が社の
Web会議システムの売りですから。

(日野)ウェブ会議ね…。

まあ 正直 昭和生まれとしては
直に顔を合わせないと

会議をやった気に
なれないんだけどねえ。

このシステム
椎木さんが作ったんですか?

いえ プログラマーは
こちらの名村です。

私は営業専門で…。

ですから 府警本部には
ぜひ 導入して頂かないと…。

モニターテストは大成功
って感じだね。

ただ 府警本部の場合
セキュリティーが大事ですよね。

(名村)その点も問題ありません。

グループごとに
システムに入るための

特定のIDが決まっていて

参加するメンバーも
個別のパスワードを入れないと

ウェブ会議にアクセスできない
仕組みになってますから。

他にも加わってほしい方は
いらっしゃいますか?

だったら
もう一人分 頂けますか?

はい。 こちら

科捜研の会議専用のIDと
仮のパスワードが書いてあります。

ありがとうございます。

蒲原さん これ 土門さんにお願い。
(蒲原)はい。

このあと会う予定があるので
必ず渡します。

(店員)いらっしゃい。
(蒲原)こんばんは。

やっぱり ここでしたか。
おう。

蕎麦は伸びるから
事件の時は食えないからな。

(蒲原)あの投資詐欺事件ですか。
うん。

檀野っていう首謀者
まだ服役中だったんですよね?

心臓に重い病気が見つかり
ひと月前に治療のために

京都市内の病院に
搬送されたそうだ。

すいません。
うん。

んっ? 病院名 公表されてない…。

被害者の中には
檀野を恨んでる人間も多いからな。

なるほど。

でも 珍しいですね。
んっ?

二課が扱うような この手の事件に
興味があるなんて。

ああ…。 12年前

詐欺事件が世間を騒がせ始めた頃
二課が檀野に事情聴取を行った。

しかし その時は
証拠が固まらずに

逮捕までは至らなかったんだ。

(檀野昭伸)ご苦労なこった…。

(土門の声)抗議に来ていた
投資詐欺の被害者の一人が

檀野を襲った。

その時 俺は
たまたま玄関近くにいて…。

逃げろ!

♬~

(佐山芳正)ああっ…!

殺人未遂で現行犯逮捕!

(佐山)頼む!
その男をやらせてくれ!

お願いだから!!

そんな お手柄があったんですか。
ひと昔も前の話だよ。

で なんだ? 用件って。
あっ そうでした。

これ マリコさんから
渡してくれって。

おう。

「リモートメディア」…。

ウェブ会議か…。

やっぱり 土門さんも
昭和な感じですか?

ああ?

いや なんでもないです…。

奢ってやるよ。 早く頼め。

じゃあ うな丼と もりもり定食。

(安在志津枝)どいて!

ああ… ほら ATMどこ?
お金下ろすところよ!

ああ… この奥ですけど。

何? これ。
20万円しか下ろせないの?

ああ もう!

あの… ちょっとよろしいですか?

誰? あんた。

警察です。

ひょっとして 誰かの指示で
お金を下ろしたりしてませんか?

何よ。
人が振り込め詐欺に引っかかる

ばばあだって言うわけ?
おばばに見える? おばば…!

いやいや
そういうわけじゃありませんが…。

もう 私 忙しいの。
ちょっと どいて!

あの…!

あの…。
なんで ついてくるのよ!

物騒ですよ。 できれば
現金は しまったほうがいい。

わかってる!

♬~

ここは?

私の店。 急ぎの支払いがあるのよ。

開けてもいない店で
急な支払いとは妙ですね。

放っといて。

失敬。

「お前の店で人が死んでる」

「今すぐ百万円を持って来い」

「誰かにバラしたら
この動画をネットにさらして

店の評判をがた落ちにしてやる」

どうして
警察を呼ばなかったんですか?

だって 私
警察なんて信用してないから。

だとしても
むちゃは避けたほうがいい。

開いてる。

誰か 中にいますか?

いるわけないでしょ!

あっ ちょっと…。

♬~

映っていた場所は?

ああ…
多分 地下の倉庫だと思う。

ああ もう ちょっと…。

♬~

(殴る音)
あっ! ああ…。

ああっ…!

♬~

ううっ…。

うっ…!

おい…。

おい! 大丈夫か!?

♬~

イッタ…!

キャーッ! 何? これ!
落ち着け…。

落ち着け!
とにかく助けを呼ぶしかない。

でも この手…。
ううーっ…!

俺は動けないから
こっち来てくれ。

よっこいしょ…。

で 手を俺の顔の前に。

こう?
ああ。

♬~

あっ…! ああ…。

痛かったあ…! 助かった。
大丈夫か?

外に出られるか?

開かない…!
外から鍵がかかってる。 えっ?

誰か! 開けて!

やめろ!
外に犯人がいる可能性もある。

やだ… 早く言ってよ。

携帯電話あるだろ。

携帯…。

嘘! お金ない。
20万円 盗られた!

金はいいから。 携帯は?

携帯もない…。

ああ… もう 勘弁してよ!

だったら
俺のポケットにスマホがある。

失礼します。

んっ? ないよ。

なんにも入ってない。

手錠の鍵まで持っていかれたか。

なんとかしてよ。
あんた 警察なんでしょ?

警察は
信用してないんじゃなかったか?

こんな時は仕方ない。

ああ…!

…何?

あの遺体が
何か持っているかもしれない。

調べてくれ。

私が!? いやいやいや
なんで 私が…!

俺が動けない以上
あんたがやるしかないだろ!

さあ。

警察のくせに
役に立たないんだから。

ううーっ…。

顔 確認してくれ。
見覚えはないか?

知らない こんな男。

♬~

ないよ。 なんにも入ってない。

下に なんかある…。

ノートパソコンか…。
あんたのじゃないのか?

パソコン持ってないもん。

じゃあ 使い方はわからないか。

見損なわないでよ!
ずっと買おうと思ってたの。

(起動音)
ほら! スイッチ入った。

Wi-Fiは
繋がっているようだな。

誰でもいい。
メールで助けを呼んでくれ。

メールね… メールでしょ。

どうやるの?

え…?

じゃあ 自分でやりなさいよ!

あいにく 人のメールアドレスなんて
覚えてない。

ハハハハッ…。
人の事 言えないじゃない。

待てよ。

おい 胸のポケット見てくれ。

んっ?
よし。

このアドレスを打ち込んで
IDとパスワードも入力してくれ。

いっぺんに言わないでよ!

アドレスね。

アドレス…。

「Web会議専用 アイ デー」…?
ID。

IDを そこに入れるんだ。

♬~

「PW」って出た。

パスワード。
カードに書いてあるやつを…。

あっ! 出た。

こっち向けてくれ。

よいしょ。

はい。

(呂太)「土門さんが参加したよ」
「本当?」

(呂太)「あれ? 土門さん?」

「そこ なんか 暗くない?」

「そこ 土門さんのおうち?」

「いや… 何者かに監禁されている」

「俺と もう一人」

それから
身元不明の男性の遺体。

えっ…!?

「あざみ町のバー ファンティーヌ
地下の倉庫だ」

大至急 蒲原さんに連絡を。

♬~

監禁されているのは 土門さんと

この店のオーナーの
安在志津枝さん。

それと身元不明の男性の遺体。

店内に犯人が潜んでいる
可能性があるので 慎重に。

♬~

誰もいないぞ。

土門さんたちは地下の倉庫です。
地下に向かいます。

「土門さん 聞こえてる?」

今 蒲原さんたちが向かってるわ。

「早く助けて! お願い!」

(蒲原)「地下倉庫の扉の前に到着」

鍵を壊します。

♬~

鍵を壊してる。
扉から離れて。

できるだけ扉から離れるんだ。

♬~

(刑事)開錠できたぞ。

(蒲原)突入します。

♬~

(蒲原)土門さん!

えっ…?

(蒲原)土門さん どこですか?

蒲原 どうした?

♬~

(亜美)誰もいません。

土門さん。

蒲原さんは
すでに地下倉庫の中に入ったわ。

嘘… どうして?

だとしたら…
一体 ここは どこだ?

鑑識によると

血痕や遺体があった痕跡は
見当たらなかったそうです。

だとすると 犯人は

遺体が この店にあるという
嘘の情報で

安在志津枝さんを
ここまで おびき寄せて

安在さんが持ってきた金を奪い
彼女をどこかに連れ去った。

(日野)その時に 土門さんも一緒に
拉致したって事?

ええ。

そして
遺体が本当に置かれた場所に

2人を閉じ込めたのね。

犯人の狙いが
安在志津枝という女性なら

どうして 土門さんまで
連れ去ったんでしょう?

まさか 刑事だとバレたからじゃ?

だとしても
2人を遺体と一緒に閉じ込めて

犯人は 一体 何したいんだろう?

それは まだわからないわ。

私たちにできるのは
犯人や本当の監禁場所を探す事。

絶対 見つけてみせる。

♬~

(カメラのシャッター音)

♬~

♬~

♬~

(カメラのシャッター音)

ゲソ痕は無理そうだな。

♬~

(スクリーンショットの音)

(スクリーンショットの音)

♬~

(スクリーンショットの音)

♬~

(呂太)ウェブ会議の映像を
解析した結果

土門さんがいるのは
倉庫みたいな場所。

広さは14平方メートル。

外の様子とかは わからない?

う~ん…
窓はない造りみたい。

音の反響具合から見て

コンクリート造りの建物の
可能性が高いね。

それだけじゃ
場所の手がかりにはならないね。

亜美ちゃん
サイバー犯罪対策課からは?

はい。 ウェブ会議の接続元を
調べてもらったんですけど

専用のソフトを使って
接続経路を匿名化してました。

それって 海外のサーバーを
複数経由するやつ?

はい…。 おかげで IPアドレスも
わかりませんでした。

土門さんの話では

安在志津枝さんと
店に向かったのが

午後10時過ぎ。

ここで
犯人に気絶させられて

意識を取り戻したのが
今朝の8時。

10時間の間に 本当の監禁場所に
連れて行かれたわけか。

一緒に連れ去られた
安在志津枝さんについては何か?

店は 5年前にオープン。
客の評判は悪くありませんが

今年に入って 客足が落ちて
今は 開店休業状態です。

(日野)犯行に繋がる動機とかは?

(蒲原)安在さんは独り身で
両親は すでに他界。

客とのトラブルも
今のところは…。

だったら なぜ こんな事件に
巻き込まれたんでしょうか?

本人に直接
聞いてみたほうがいいわね。

亜美ちゃん
ウェブ会議で土門さんを呼んで。

ラジャ!

出してー!
聞こえますかー?

出せーっ!!

なんでだ?

なんで 素直に
金を払おうとした?

(志津枝)何? いきなり。

店の評判を落とすなら 他に
いくらでも方法はあるはずだ。

わざわざ遺体を用意するなんて…
妙だとは考えなかったのか?

だって あんな動画が送られてきて
びっくりして

そこまで頭が回らなかった…。

本当は 何か
心当たりがあるんじゃないのか?

何よ 人の事 疑ってばっかり…。
これだから 警察は嫌い!

「ウェブ会議が開始されています。
参加されますか?」

おい。
…ええ?

う~ん… これ。 よいしょ。
(キーを打つ音)

何か わかったか?

「ううん。 その場所を特定する
手がかりは まだ…」

使えないわね~!
警察は いつだってそうよ。

「肝心な時には
まるで役に立たない」

ええ~! 監禁されてるくせに
随分 口悪いよね。

(日野)シッ!

安在志津枝さん

事件に巻き込まれる
心当たりはありませんか?

「この おっちゃんにも言ったけど
ない! あるわけないでしょ」

「いいから 早く出して!」

そのためにも
あなたの協力が必要です。

「こんなとこにいて
何 協力するのよ」

そこには 犯人に繋がる
最も重要な証拠があります。

言葉は発せなくても
最も雄弁な証拠 ご遺体です。

(志津枝)
見ないようにしてたのに…。

「なるほど…
遺体を調べてもらうわけですね」

嫌よ…。

死んでるんでしょ
あなた やって。

できればやるが
このとおり繋がれてるからな。

お願いします! 安在さん。

一刻も早く
お二人を助けたいんです。

協力してください。

最悪!

(水槽の水音)

(風丘早月)リモート検視!?

監禁場所にある遺体を調べれば

犯人に繋がる手がかりが
必ず見つかるはずです。

(早月)まあ…。
えっ でも どうやって?

ウェブ会議のシステムで
遺体の映像は見られます。

それを元に
風丘先生が判断するんです。

えっ?

風丘先生なら 絶対
やってくれると思ってました。

いやいや…。

今のは あきれて
二の句が継げない顔。

わかって頂けて 話が早いです。
ここで お願いします!

全然 通じてないし…。

(日野)先生 むちゃは承知で
私からも お願いします!

所長…。

わかった!

土門さんを助けるために
ひと肌 脱ぎます!

解剖は 資格が必要ですが
体表所見や…。

「解剖ギリギリの事なら
できるはずです」

この人 なんか
すっごい怖い事 言ってる…。

榊のしつこさは
人間離れしてるからな。

それでも 答えにたどり着くまでは
絶対に諦めない。

観念したほうがいい。

始めます。

風丘先生 お願いします。
(早月)はい。

まずは 身元の割り出しから。

指紋は?
まだです。

聞こえますか?

ご遺体の指に
カメラを近づけてください。

(志津枝)「指? わかった…」

人さし指をアップにして。

(志津枝)「こんな感じ?」

亜美ちゃん 指紋 読み取れる?

暗いし 解像度も高くないから
難しいです。

「土門さん 表面が滑らかな何か
その部屋にない?」

待てよ…。

あっ さっき渡したカード。

これ?
ああ。

「皮脂は すでに
乾いていると思いますので

なんか 粘性のあるもの
そこに ありませんか?」

粘性? 粘性…。

その棚にペンキ缶がある。

♬~

ご遺体の指を持って

その指に
少しだけペンキを付けて

カードの無地の部分に
押し当ててください。

(志津枝)「やっぱ
触らなきゃ駄目?」

♬~

指紋が採れたら それをカメラに。

(志津枝)「はい」

(日野)これなら照合できそうだ。

送って!
(亜美)はい!

次に 体表所見に入ります。

カメラをご遺体に向けて

顔から首にかけて
ゆっくり映してください。

(志津枝)「これでいい?」

そこで止めて。
扼殺痕じゃない?

(宇佐見)被害者は 手で
首を絞められたって事ですか。

(早月)可能性はあるけど

解剖してみないと
本当の死因の特定はできない。

続いて 死亡推定時刻を調べます。

(志津枝)「まだ?」

(早月)
ご遺体に触れてみてください。

どれぐらい冷たいですか?

「えっ…」

「床と同じぐらい」

室温くらいまで下がってるなら

死後それなりの時間が
経過していますね。

でも 冬は 体温が
急速に下がる事もありますよね?

うん。 だったら

筋肉の硬直具合から
判断するしかないか。

両足を曲げてみてもらえますか?

(志津枝)足を曲げる…。

うん! あっ…

硬っ! えっ?

ああ… 駄目。
全然 曲がらない。

「股関節も膝も
硬直しているみたいね」

「靴を脱がせて

足の指が動くか
見てもらえますか?」

♬~

(志津枝)あっ… 指は まだ動く。

正確な事は言えないけど
経験から見て この状態なら

死後8時間から12時間ってとこ。

(亜美)今が10時だから

昨日の夜10時から
今日の午前2時の間。

あんたが 動画を受け取ったのは?

だから 夜10時頃よ。

だとすると 犯人は
被害者を殺害した直後に

動画を
安在さんに送った事になるわ。

被害者の指紋
前歴者データベースと一致したよ。

うわっ。
(亜美)ウェブ会議に上げます。

坂西敏也 45歳。

(日野)詐欺容疑で
6年前に逮捕され

最近 仮釈放されたばかりだった。

(亜美)ニュースにもなってますね。

被害者は 悪質投資詐欺事件の

詐欺グループの
幹部だったみたいです。

それって 檀野っていう男が
首謀者だった事件じゃないか?

えっ…。

ええ。 詐欺自体は

12年前から 社会問題に
なってたみたいだけど…。

俺たちの金を返せ!
(一同)返せーっ!

ご苦労なこった…。

♬~

詐欺容疑で
グループが逮捕されたのは6年前。

檀野昭伸というリーダーの他
幹部数名が逮捕されているわ。

そのうちの一人が
被害者だったってわけね。

どうして…。

土門さん 詐欺グループの首謀者が
襲われた現場にいたんだ。

そして 襲ってきた
詐欺被害者の男性を逮捕した。

檀野って首謀者
最近 刑務所から出てきたよね。

ええ…。
心臓に疾患が見つかって

治療のために
京都の病院に搬送されたって…。

それ 実は うちの病院なの。

おかげで警備が厳しくなって
大変!

あっ もう ここでいいわ。

その前に 1つだけ。

ほのめかしとかだと

マリコさんには
伝わらないと思うから

ストレートに言うね。

んっ?

気負いすぎない。

無理しない!

えっ?

土門さんが監禁されてるから
いつもより

事件に のめり込んじゃうかも
しれないから 忠告!

そんな 私は…。

土門さんは
絶対に無事に見つかる!

もちろん 私は
それを願ってる。

でも 一番それを信じてるのは…

土門さん本人。

さっきも 言ってたじゃない。

「榊のしつこさは
人間離れしてるからな」

「それでも答えにたどり着くまでは
絶対に諦めない」

土門さんは マリコさんを
100パーセント信じてる!

だから
いつものマリコさんで頑張って。

♬~

肩 凝りすぎだから。

フフッ…。

♬~

もう 本当に
人使い荒いんだから…。

つらい思いをさせてしまって
悪かった。

あらっ 警察のくせに
なんか殊勝な事 言うのねえ。

でも 不思議よね。
何がだ?

さっきの話だと
この男 刑務所にいたんでしょ?

ああ。

詐欺で相当の悪さをしてたようだ。

そんな男でも
亡くなったあとには

手がかりだの 証拠だのって
警察の捜査の役に立ってる。

なんか不思議。
うん…。

マリコさん ちょっといいですか?
何?

安在志津枝さんを

犯人が見張ってたかもしれない
と思って

店に行くまでの防犯カメラを
調べてたんですけど…。

これが 安在さんね。

でも おかしいんです。

♬~

(亜美)土門さんが来る前から
ずっとコンビニの前にいて

やって来た土門さんに わざと
ぶつかったように見えません?

土門さんを待ち伏せしていた…?

マリコさん 蒲原刑事が
ウェブ会議で呼んでます。

殺害された坂西って人の
アパートに行ってるみたい。

(キーボードを打つ音)

「坂西敏也の部屋を
家宅捜索した結果

気になるものが見つかりました」

DVDね。 中身は見られる?

(檀野)「成功してますか?」

「成功すれば なんでもできる」

「ニシキベンチャー
富への架け橋」

「この会場にいる全ての方が
成功者なんです!」

「(拍手)」

「どうも こんにちは」

「ニシキベンチャー
代表 檀野昭伸です」

何かのイベントみたいですね。

ニシキベンチャー?

確か 坂西がいた
投資詐欺グループの名前だけど。

演説してるのは首謀者の檀野だし
坂西も映ってます。

「皆さん お金増やしたいですか?」

投資詐欺をやっていた当時に
録画したものね。

「気になるのは
もう少し先です」

(蒲原)「この辺り」

「はい 檀野代表
ありがとうございました」

この司会者 拡大して。

(亜美)はい。

(宇佐見)この人って
土門さんと一緒に監禁されてる…。

安在志津枝さん。

でも 土門さんの話だと彼女は…。

顔 確認してくれ。
見覚えはないか?

知らない こんな男。

被害者には見覚えないって
言ってたはずよ。

「同じ詐欺グループなら
知り合いだったはず」

「妙だと思いませんか?」

彼女は 土門さんと会う前から
コンビニに来て

土門さんを待ち伏せしていた
可能性があるの。

「どういう事です?」

土門さんが声をかけるように
わざと不審な行動を取って

土門さんを
事件に巻き込んだとしたら…。

「それって 安在志津枝は
監禁された被害者じゃなく

坂西を殺害した犯人って可能性が
出てきませんか?」

えっ… 待って。
じゃあ 今 土門さんは

犯人と二人きりって事!?

亜美ちゃん ウェブ会議で
土門さんを呼び出して。

はい。
呂太くん 今 調べていたデータは

画面から消して。
うん。

(キーボードを打つ音)

何してる?

なんでもない…。

警察って やっぱり すごいのね。

「ウェブ会議が
開始されています」

「参加されますか?」

繋いでくれ。

彼女に気づかれないように
土門さんに伝えないと…。

どうやって?

何か動きがあったのかもしれない。
繋いでくれ。

♬~

(亜美)繋がりました。

土門さん 聞こえる?

「何かわかったか?」

ううん まだ。
ただ ちょっと気になる事が…。

「どうかしたのか?」
実は…。

「ああ…」

土門さん 危ない!
(日野・呂太)ああっ!

「何すんだ お前! ああっ!」

土門さん!?

(呂太)よ… よく見えないよ。
どうなってるの?

土門さん 答えて お願い。

「あっ…!」
あっ…。

待って…
土門さん! 土門さん!

♬~ (余さん)事実 40代は

平均1本 歯が抜けている

それが50代で3本

60代で6本 と増えていく

歯槽膿漏は歯が抜ける最大の原因 だから

《そうなる前に 「デントヘルス」》

ライオン史上
最大濃度の薬用成分配合

歯槽膿漏トータルケア!

今ある歯を1本でも多く守る

新しくなった ♬~「デントヘルス」 《塗る医薬品も》

土門さん! 土門さん!

(亜美)接続切れちゃいました…。

とにかく
土門さんを助けないと…。

一刻も早く
監禁場所を見つけ出して。

見つけるって どうやって?

安在志津枝の部屋を捜索すれば
手がかりがあるかも。

♬~

(亜美)ここが安在志津枝の部屋?

(蒲原)管理人の話では

数日前に 家財道具を
売り払っていたそうです。

(宇佐見)犯行後 逃げるつもり
だったんでしょうか。

でも パソコンは残ってる。

妙ね…。 土門さんの話では

安在志津枝は
パソコンも持っていないし

扱いにも不慣れだったはず。

(蒲原)土門さんの前では
芝居をしてたって事でしょうか?

(亜美)メール関係は
全て削除されてます。

でも 検索履歴は残ってます。

(呂太)あっ
市内のレンタカー 調べてるよ。

(蒲原)土門さんを
監禁場所に連れて行くために

車を借りたんだ。

あっ レンタル倉庫を調べた
履歴もあるね。

でも 家財道具は
売り払ったはずじゃ…。

待って。

土門さんがいるのは
倉庫みたいな場所。

広さは14平方メートル。

音の反響具合から見て

コンクリート造りの建物の
可能性が高いね。

蒲原さん このレンタル倉庫に
問い合わせて。

(蒲原)はい。

(蒲原)安在志津枝が借りたのは
114番です。

(刑事)あっちだ!

♬~

ううっ… あっ…。

土門さん!
(蒲原)しっかりしてください。

すぐに全員 退室させろ!

えっ?

証拠保全が最優先だ。

ここは殺害現場だ。

被疑者は…

俺だ。

♬~

(シャッター音)

下顎と頸部に硬直が始まっている。

死後1時間から2時間。

やはり 刺殺でしょうか?

詳しくは解剖を待ってだけど

出血量から見て
失血死の可能性が高いわね。

あれ? これ
安在志津枝の携帯電話じゃない?

(亜美)犯人に盗られたって
言ってたのも 嘘だったんだ。

土門さん。

この状況を見れば
どんな刑事だって

俺が彼女を殺害した可能性を
真っ先に疑うはずだ。

土門さんに限って
そんな事は絶対ありません。

恐らく 誰かが 土門さんに
罪を着せるために こんな事を…。

だったら 俺を調べろ。

えっ?

誰かが 俺を罠にはめるために

こんな手の込んだ事をしたのなら

俺の体には そいつに繋がる証拠が
必ず残っている。

俺は被疑者であると同時に

最も重要な証拠だ。

お前なら 必ず答えが出せる。

榊 俺を鑑定しろ。

わかった。
必ず 真相を見つけてみせるわ。

♬~

♬~

電流痕?

スタンガン。

♬~

では 開いてみましょうね。

♬~

なんです?

いや 死因とは関係ないから
気にしないで。

俺 気になるんですけど。

♬~

その蒲原ビーム

土門さんのために
しかと受け止めました。

13時間も監禁されていたんだから

念のため 病院で
検査を受けたほうがいいわね。

そんな時間はないよ。
早く捜査に行かないと…。

(中塚弘文)あなたを
捜査に加える事はできません。

えっ?

警務部の中塚です。

監察官のお出ましですか。

安在志津枝殺害の嫌疑が
かかってる以上

あなたは監察官の監視下に
置かれる事になります。

ご同行を。

はい。

♬~

やっぱり こっちのほうが
落ち着くね。

解剖結果は?

(蒲原)坂西敏也は
やはり 扼殺でした。

遺体の状態から見て

あのレンタル倉庫で殺害されたのは
間違いありません。

安在志津枝のほうは?

死因は 胸部を
鋭利な刃物で刺された事による

失血死でした。

傷の形状とナイフも一致したよ。
キッチンナイフだった。

ただ 量産品だから

入手経路をたどれるとは
思えないけど…。

(日野)問題は
そのナイフに付いていた

血液指紋なんだけど…。

全て 土門さんの指紋と
一致した。

じゃあ 土門さんが本当に…?

その可能性は低いわ。

土門さんの首には

スタンガンによる
電流痕があったの。

(亜美)そういえば あの時

リモート会議の画面にも
閃光が映ってました。

ええ。

同じ電流痕が
坂西敏也の首にも見られたわ。

じゃあ 坂西さんを殺害した犯人が
土門さんも襲ったって事ですか?

ええ。 恐らく その犯人が

土門さんを
スタンガンで気絶させたあと

安在志津枝を殺害して

凶器のナイフを
土門さんに握らせた。

あの倉庫には
もう一人いたって事?

その人物こそ
一連の事件の真犯人。

あ~ よかった。

じゃあ 土門さん
やっぱり 犯人じゃなかった。

ですが 監察官は
そうは見ていないようです。

こういう可能性は
考えられませんか?

監禁されてる間 ずっと
手錠で繋がれていたというのは

嘘だった。

なんのために そんな嘘を?

あなたは 最初から
安在志津枝を怪しんでいた。

そのため
手錠が外れていたのを隠して

隙を狙っていた。

何すんだ お前!
ああっ!

あっ…!
ああっ!

(志津枝)あっ ああっ…!

あっ!

(刺す音)

正当防衛の可能性は高いが

場合によっては 過剰防衛を
問われる事も考えられる。

そのあと 自分で自分に
スタンガンを当てて

気絶したとでも言うわけか。
馬鹿馬鹿しい。

全てを疑うのは
監察官の仕事ですから。

自分がやっていない事は
自分が一番わかっている。

なおかつ 榊たちが
それを信じてくれてる以上

必ず答えにたどり着くはずだ。

坂西敏也さんの胃の内容物ね。

(宇佐見)ええ。 枝豆に から揚げ
豆腐も出ました。

居酒屋のメニューでしょうか…。

消化の程度は?

遅くとも 死亡する6時間前に
食べたと思われます。

食べた時刻がわかれば

正確な死亡推定時刻も
わかるはずです。

マリコさん。

監禁場所にあった
ノートパソコンを

調べたんですけど
ちょっと気になる事が…。

ああ 土門さんがウェブ会議で

私たちと連絡を取ってた
パソコン。

はい そのウェブ会議のログが
変なんです。

変って?

会議には
最初 マリコさんや私を含めて

科捜研の5人が参加していました。

そこに土門さんも
参加してきたんだよね?

(呂太)「見て見て 見て見て!」
(日野)「今度は何?」

(呂太)「土門さんが参加したよ」
「本当?」

(呂太)「あれ?」

(亜美の声)
その時点でウェブ会議には

6人が
参加してたはずなんですけど

ログのIDは
なぜか7つあったんです。

(亜美)5つのIDは
科捜研のみんな。

6番目は土門さん。

でも 最後のこのIDだけ

不明なんです。

でも 参加者以外の誰かが
ウェブ会議に参加すれば

すぐに
画面に表示されるはずだよね?

それが なぜか
このIDでログインすると

その人の画像はおろか

ログインしたサインも

画面には表示されない仕組みに
なってるみたいで。

もう一人 誰かが
会議に参加していたって事?

それも
透明人間みたいに姿を消して

会話を
自由に盗み聞きできる状態で。

ウェブ会議に
透明人間が潜んでいた…。

あっ!

名村さん! 椎木さん!

一体 どういう事です?

うちのウェブ会議システムに
不具合があったって…。

詳しい話は
科捜研でお伺いします。

こちらへ。

結論から言って

我が社のウェブ会議システムで

参加者以外の第三者が
姿を消して参加する事は

プログラム上
あり得ない事でして…。

でも 現に
このパソコンのログでは…。

ですから
それは何かの間違いだと…。

椎木さん 何か心当たりでも?

実は このウェブ会議システム

開発中に 一度 ハッキングを
受けた事があったんです。

(呂太)えーっ!

椎木… いいから 黙ってて。

こうなった以上
隠し立てはできません。

ハッキングって
一体 何されたの?

プログラムを書き換えて

参加してるはずの人物を
画面上から消したり…。

それって まさに… 透明人間。

今回と
まるで同じじゃないですか。

参ったな…。

京都府警本部が
導入しようとしていたシステムに

そんな欠陥があったなんて。

もちろん
システムは何度も改良を重ね

セキュリティーも強化し

ハッキング対策は
十分に取ってます。

だとしても 私たちの会議に

何者かがハッキングで
侵入していた可能性は

考えられるんですよね?

セキュリティーを高めても
ハッキングが

完全にゼロになるわけでは
ありませんから。

仮に透明人間として

ウェブ会議に入り込んでいた
何者かが

一連の事件の真犯人だとしたら…。

監禁場所にあったパソコン

私にも
調べさせてもらえませんか?

えっ?

ログを詳しく調べれば

犯人に繋がる手がかりを
見つけられるかもしれません。

椎木 余計な事を…。

私たちのシステムが
犯罪に使われたなんて

許せないんです。

このウェブ会議システムの
開発には

私も関わっていましたから

必ず お役に立てるはずです。

わかったわ。

でも 直接 証拠を

扱ってもらうわけには
いかないから

亜美ちゃんのお手伝いを
お願いするわ。

はい。 よろしくお願いします。

だったら こっちで。

♬~

私たちも 土門さんの無実を
証明するためにも

もう一度
証拠を洗い直しましょう。

(蒲原)この男
常連だと聞いたんですが…。

ええ 昨日も見えてましたよ。

昨日? 何時ぐらいですか?

♬~

ここ。

天井から電球が下がってるけど

明るさが微妙に変わってるの
わかる?

(日野)電球が揺れてるのかな?

電球 ブラブラしてるようには
見えないけど…。

もしかして

室内の話し声や物音が
空気を振動させ

それを受けて
電球の表面も わずかに振動して

明るさが変わったのかも。

振動の影響で
明るさが変わったんだったら

逆に その明るさから
音声 再現できるかも。

♬~

(キーボードを打つ音)

再生できる?
(キーを打つ音)

(ノイズ混じりの音)

不規則な音…。

ん!? これ 人の声かも!

(キーボードを打つ音)

「テ ウゴカサナイデ
シンデルンダカラ」

「テ ウゴカサナイデ
シンデルンダカラ」

「手 動かさないで
死んでるんだから」…。

動画撮ってる誰かが
しゃべってるのかな?

呂太くん ご遺体を拡大して。
うん!

左手は動いてない。
右手は死角になってるわね。

ちょ… ちょっと待って。

遺体が手を動かしてるとでも?

呂太くん 首 この辺りを拡大。

(キーを打つ音)

脈打ってる!

死んだふりをしても
頸動脈の動きは ごまかせないわ。

じゃあ
この遺体 生きてるって事!?

亡くなった坂西さんの着衣から
興味深いものが…。

着衣にあった染みは

コーンシロップと食紅を
混ぜたものでした。

コーンシロップに食紅?

血のりです。
口に含むような血のりは

シロップと食紅を混ぜて作る事が
多いそうです。

やっぱり…。

「やっぱり」って?

(キーを打つ音)

この動画

坂西敏也の口の付近に見えている
血痕が 血のりだとしたら…。

えっ?

この遺体は 死んでないって事?

(蒲原)失礼します。

坂西敏也と安在志津枝は
やはり 繋がってました。

えっ? 確か

2人は 同じ詐欺グループに
いたんだよね?

それどころか
この事件の直前に…。

お待たせ致しました。

ちょっと 何 飲んでんのよ。

(坂西敏也)いいだろ
景気づけだよ。

頼むから真面目にやって。

それより ここの支払い頼むよ。

俺 今 金ないから。

なんで 私が…。

ハッ… つれないな。

昔の男なんだから
少しは優しくしろって。

もう…。

昔の男!?
2人は付き合ってたんだ?

これで はっきりしたわ。

坂西敏也と安在志津枝は
あらかじめ 示し合わせて…。

♬~

(携帯電話の操作音)

手 動かさないで
死んでるんだから。

(マリコの声)遺体のふりをした
動画を撮影して

それを 安在志津枝は
自分の携帯電話に送り…。

(志津枝)どいて!

(マリコの声)わざと 土門さんの
目に留まるような行動を取り

遺体の動画を見せて
店まで連れてくると

恐らく そこには…。

(殴る音)
あっ!

(マリコの声)死んだはずの坂西が
待ち伏せしていた。

坂西が酒を飲んでいたのは
何時頃?

事件があった日の
夕方5時過ぎです。

胃の内容物の消化具合から見て
死亡したのは 最低でも6時間後。

安在志津枝が

土門さんと会ったのは
10時頃だから

その時には
まだ 坂西は生きてた事になるな。

これは あくまで推測だけど

坂西は
バーで土門さんを襲ったあと

安在志津枝と一緒に

土門さんを
あのレンタル倉庫まで運び込んだ。

(坂西)おっ
いいの持ってんじゃん。

さすが 刑事。

♬~

お前も被害者って事に
しとかないとな。

きつくしないでよね。

(マリコの声)そして
そこで待っていた真犯人が

坂西を気絶させ…。

動画のとおりに首を絞めて殺害し

その後 安在志津枝も殺害して

その罪を
土門さんに着せようとした。

でも 真犯人は
なんで 土門さんにそんな事を?

わからないけど 事件の背景には

間違いなく
12年前の詐欺事件があるはずよ。

投資詐欺グループの首謀者が
襲われるのを

土門さんが防いだのよね?

ええ。
12年前 檀野昭伸が襲われた時…。

頼む! その男をやらせてくれ!
お願いだから!!

土門さんも
間接的に事件に関わってたんだ?

そういえば その檀野って男

最近 刑務所から
病院に搬送されたよね。

ええ。 洛北医大に入院してるって
風丘先生が言ってたけど…。

あの… 実は 居酒屋で

安在志津枝が 土門さんの事を
口にしてたみたいで…。

土門さんの事って?
それが…。

(志津枝)土門薫。

お店に この男を連れていくから
絶対 失敗しないでよね。

なんか おっかねえ男だな。
刑事だって?

この男のせいで 人が死んでる。

えっ?

土門さんのせいで
人が死んでるって…。

土門さんに限って そんな事は…
絶対にありません。

だったら
土門さんに直接 確かめてみる。

(一同)えっ?

掌紋の採取?

はい。

土門刑事が
監禁場所に向かった時刻

最初の被害者である坂西が
まだ生きていた事が判明しました。

万が一ですが

土門刑事が殺害した可能性も
考えられますので

念には念を入れて…。

(中塚)わかりました。

では
すぐに研究員をよこしますので。

(中塚)ひょっとして…

榊研究員でしょうか?

あっ…

お察しのとおり。

♬~

失礼します。

♬~

掌紋を採らせて頂きます。

それっぽい理由を
よくでっちあげたもんだ。

えっ?

監察官の目は節穴じゃない。

お前と俺の関係も
当然 把握している。

「ですよね?」

口裏を合わせるようなまねを
しないか 見張ってるんだ。

そう…。

で 俺から何を聞きたい?

♬~

蒲原さんから聞いたわ。

安在志津枝が坂西に言ってた

「土門さんのせいで人が死んでる」
って。

そういう事か…。

12年前 檀野を襲おうとした男を
俺は現行犯逮捕した。

(土門の声)逮捕した佐山芳正は

京都市内で
電子部品の工場を経営していたが

運転資金を増やそうとして

檀野がやっていたセミナーに
参加したらしい。

そして 詐欺被害に遭ったのね。

そのおかげで工場は倒産し
妻は離婚し 家を出てしまい

何もかも失った佐山は
やけになり

自分をだました檀野を
殺そうとした。

佐山という人は
逮捕されたあと どうなったの?

逮捕容疑は殺人未遂だが
聴取を受ける前に…。

♬~

佐山 どうした!?

(土門の声)留置場で
首を吊って自殺をした。

えっ…。

恐らく 佐山にとっては

自分から全てを奪った檀野昭伸を
殺害する事が

最後の希望だったんだろう。

なのに 土門さんに逮捕され

その望みを絶たれて
死を選んだ…。

それが 俺のせいで人が死んだ
という事かもしれん。

土門さんは 刑事としての仕事を
全うしただけじゃない。

そのせいで 土門さんを
罠にはめようとするなんて…。

逆恨みもいいところだ。
普通 そう思うだろう。

だったら…。

だが 頭でわかっていても

納得できない人間が
いたのかもしれない。

…土門さん?

ん? ああ…。

監禁されている間 安在志津枝が
気になる事を話していた。

なんて?

命の使い道についてだ。

えっ?

そんな男でも
亡くなったあとには

手がかりだの 証拠だのって
警察の捜査の役に立ってる。

なんか不思議。
うん…。

私も死んだら
何かの役に立つのかな…。

死んでまで 人の役に立ちたいと
思ってるのか。

命を無駄にしたくないだけ。

なくなる命だって
ちゃんと使い道があるって事よ。

なんだか よくわからない話だな。

あなたには 絶対 わからない。

法だか正義だか知らないけど

警察が正しい事をしたからって
誰かが救われるなんて

勘違いもいいとこだわ!

なんの話だ?

あんた 俺の事 知ってるのか?

…知るわけないでしょ。

(土門の声)ひょっとすると
安在志津枝は

佐山が檀野を襲おうとしたのを
止めた俺の事を

恨んでいたのかもしれない。

どういう事?

留置場で自殺した佐山芳正と

彼女の間に
何か繋がりがあったとすれば…。

だとしても

安在志津枝は 詐欺の加害者側で

佐山さんは
被害者側のはずでしょ?

恐らく それを繋ぐのが真犯人だ。

♬~ 想い出は モノクローム

♬~ 色を点けてくれ

(タフトン)可能性の空へ~!

ジブン、 オープン!

(中川)気持ちいい~! 撮って!
ほーい!

あれ? あれ? え?
ちょちょちょっ…!

(ノブ)<青空SUV ダイハツ「タフト」 デビュー>

(亜美)マリコさん
真犯人の映像が見つかりました。

土門さんと安在志津枝が出会った
コンビニの防犯カメラ

時間をさかのぼって調べたら
こんな映像が。

(日野)誰かが 安在志津枝を
この場所に連れてきたんだね。

身長 体形から見て
坂西敏也じゃなかったよ。

顔は映ってない?
(亜美)ええ。

フードをかぶってるし
カメラを向いてなくて…。

歩いてるから
歩容認証は使えるんだけども

比較する映像がないと駄目だね。

だとしても
真犯人に 一歩 近づいたわね。

(早月)まいど!
(呂太)わあっ!

早月先生 今日のおやつは何~?

おやつだけは
リモートできないからね

持ってきた。

どら焼き!
わあ~!

そして マリコさんには これ。

蒲原刑事から むちゃぶりされた
安在志津枝さんの検査結果。

検査結果?

死因には
直接 関係ないんだけどね

膵臓が腫れてたから
詳しく調べた結果…。

悪性の腫瘍…。

ステージⅣ…。

末期がん 余命半年ってとこ。

安在志津枝には
死期が迫ってたって事ですか?

あっ だから あんなに
お部屋 片付いてたんだ。

なくなる命だって
ちゃんと使い道があるって事よ。

安在志津枝は この計画のために

自分の命を使う事を
決めていたとしたら…。

計画って…

まさか 自分が殺される事を
知ってたんですか?

というより

彼女が殺害され その罪が
土門さんに着せられる事も

全て
彼女の計画のうちだったのかも。

ちょっと よくわかんないけど…。

(蒲原)失礼します。

土門さんが逮捕した
佐山芳正の記録が残ってました。

留置場で首吊り自殺…。
(蒲原)はい。

死体検案書もある。

自殺だったのは
間違いないようですね。

気になるのは 佐山は

高額な生命保険に入っていた
という点です。 ここ。

(亜美)死亡時1億円!

えっ 自殺でも
保険金って下りるの?

保険の種類によっては
自殺でも免責にならないで

支払われるものもあるって
聞いた事あるけど。

受取人は?
(蒲原)妻の栄子です。

佐山は 檀野を襲う前に
栄子とも離婚していましたが

受取人は そのままだったようで。

土門さんが言ってたわ。

佐山という人は

檀野の詐欺のせいで
工場も 奥さんも失い

自暴自棄になって
犯行に及んだって。

でも 保険金だけは
しっかり 元妻に残したんだ。

ひょっとして
それが目的で自殺したのかも…。

どういう事です?

佐山芳正も また

自分で命の使い道を選んだって事。

その佐山の元妻の栄子って人は…。

事件の2年後
10年前に亡くなっていました。

じゃあ 保険金の1億円は?

恐らく 家族に。
子供が相続したんじゃ…。

(早月)子供がいたんだ。
(蒲原)ええ 確か…。

えっ…! この名前って…。

(亜美)あっ。

亜美ちゃん
京都府警本部の防犯カメラ

エントランスの映像
すぐに出して。

ラジャ!

♬~

さっきの映像の真犯人と
歩容認証で比較して。

えっ? でも…。

(キーボードを打つ音)

♬~

一致しました!

(呂太)えっ なんで!? どうして?

♬~

やっと わかったわ。

透明人間の目的が。
透明人間の目的?

真犯人が なぜ
ウェブ会議システムに侵入して

私たちと土門さんの会話を
盗み聞きしていたのか。

どういう事ですか?

蒲原さん
大至急 洛北医大病院に連絡を。

(心電図モニターの音)

(警報音)

火災が起きた模様。
確認に向かいます。

(警報音)

♬~

♬~

(夫)
<妻が妊娠。 わが家は自給自足を決意した>

まずは井戸だ!

<水は出なかった。
しかし僕の心には火がついた>

<牛を飼い 稲を植え…>

<鶏を飼った>

自給自足 サイコー。
(妻)はぁ…。

<石を削り 布を織り 時は流れた>

<そして ある日 力尽きた>
これだけ…。

<というわけで わが家の自給自足は

電気だけ
ということになった>

<電気を
自給自足する家。
大和ハウス>

そこまでです。

12年前

悪質投資詐欺グループの首謀者
檀野昭伸を襲い

逮捕された佐山芳正には

一人娘がいた…。

それが

椎木智里さん あなただった。

一連の犯行の動機は

留置場で自殺した父親の
復讐だったんですね。

なら どうして 土門刑事を
あんな目に遭わせた?

この病院の場所を聞き出すため…。

そうですよね?

聞き出すって どうやって…?

ウェブ会議に
透明人間として参加する事で

あなたは 自分の会社の
ウェブ会議システムが

ハッキングに脆弱な事を
知りながらも

私たち科捜研に
それを使うように売り込んだ。

(マリコの声)その際
土門刑事のIDも用意しておき…。

(智里)科捜研の会議専用のIDと
仮のパスワードが書いてあります。

これ マリコさんから
渡してくれって。

(マリコの声)なおかつ 監禁場所に
ノートパソコンだけを残し

土門さんが 私たち科捜研と

ウェブ会議で連絡を取るように
誘導した。

このアドレスを打ち込んで
IDとパスワードも入力してくれ。

遺体の坂西敏也の
身元が割れれば

捜査の目が
12年前の投資詐欺に向けられる。

そうすれば

首謀者の檀野の入院先が
どの病院かも きっと語られる…。

そう思った あなたは
ウェブ会議に侵入して

監禁場所と 私たちの会話を
全て盗み聞きした。

(ため息)

全て わかってしまったんですね。

じゃあ 俺たちが
安在志津枝の正体に気づいた時

すぐに
土門さんが襲われたのは…。

ちょっと気になる事が…。

「どうかしたのか?」
土門さん 危ない!

はい。

ウェブ会議を通して
皆さんの動きを見張ってたので…。

(蒲原)「それって 安在志津枝は
監禁された被害者じゃなく

坂西を殺害した犯人って可能性が
出てきませんか?」

(智里の声)
志津枝さんが疑われている事を

メールを使って
急いで彼女に伝えました。

(智里の声)「警察が
あなたの正体に気づいた」

「次の計画に入る」

「すぐそちらに向かう」

(蒲原の声)次の計画って

まさか…。

安在志津枝が
その命を犠牲にして

土門さんに罪を着せる計画。

どうしてだ?

どうして
そこまでして土門さんを…!

土門さんが
あなたのお父さんを止めたから。

えっ?

父は言ってました。

これ以上
被害者を出さないために

自分のように苦しむ人を
増やさないために

檀野を殺害するんだって。

なのに あの刑事のせいで…!

だから 土門という刑事に
殺人の汚名を着せようとした。

そんな…!
そんなの ただの逆恨みだろ!

土門さんに罪を着せた
もう一つの理由は

そうすれば 私たち科捜研が
徹底的に真相を究明しようとして

ウェブ会議システムの
ハッキングを見つけ出す。

それを利用しようとしたのね。

ええ。 予想どおり
科捜研に呼ばれた私は…。

監禁場所にあったパソコン

私にも
調べさせてもらえませんか?

(智里の声)
捜査に協力するふりをして…。

(日野)
そういえば その檀野って男

最近 刑務所から
病院に搬送されたよね。

ええ。 洛北医大に入院してるって
風丘先生が言ってたけど…。

この病院だと ようやく
聞き出す事ができたのに…!

ひょっとして あなたは
檀野という男が

病気で亡くなるのが
許せなかったんじゃない?

そうよ。

あれだけ多くの人を傷つけて…

人の人生を狂わせて…

父に死を選ばせた男が…。

全ての罪を償う前に
勝手に死ぬなんて…

絶対に許せなかった…。

そこまでわかってるなら

最後まで
やらせてくれればいいのに…。

(智里の泣き声)

安在志津枝とは
どこで知り合ったんだ?

今年の春頃
突然 私を訪ねてきて…。

ご用件は?

(志津枝)ああ…
佐山芳正さんの娘さんですよね?

私 12年ほど前

ニシキベンチャーのセミナーで
司会をしていた…。

失礼します。
(志津枝)待って!

私 もう長くないの!

(智里)えっ?

死ぬ前に どうしても
聞いてほしい事があって…。

(智里の声)
それで 志津枝さんのお店で

詳しい話を聞く事に…。

あの頃 私が付き合ってた男

坂西っていって
檀野の子分だったから

その縁で司会をやらされたの。

(志津枝)詐欺だっていうのは
最初からわかってたから

すぐにでも やめたかった。

だから あなたのお父さんから
相談をされた時…。

父が あなたに?

(蒲原)「安在志津枝は
佐山芳正の事を知っていた?」

セミナーが終わったあと

父のほうから志津枝さんに
声をかけたって言ってました。

あの…。
はい なんでしょう?

この投資 詐欺じゃないんですか?

(智里の声)坂西という男と
別れたがっていた志津枝さんは

父と一緒に
警察に相談に行ってくれたんです。

これらの資料を見た限りでは

違法性があるとは
断定できません。

そんな…!

現に 私は
工場の運転資金をつぎ込んだのに

一円も戻ってこなくて…。

株式投資は 元々
そういうリスクがつきものです。

ちょっと!
何 ぬるい事 言ってるんですか。

だましてる側の私が
詐欺だって言ってるんだから

もっと ちゃんと調べてよ!

この手の事案は

確たる証拠がない限り
動けないんです。

警察は
まるで相手にしてくれなかった…。

檀野の投資詐欺は
手口が巧妙で

逮捕や立件に至るまで
6年近く時間がかかったからな。

安在志津枝の警察嫌いには
理由があったんだ。

俺たち警察が その時
ちゃんと向き合っていれば…。

計画は あなたと安在志津枝の
2人で立てたんだな?

いえ…。

(志津枝)よっぽど悪いみたいね。

じゃなきゃ
刑務所から出してもらえないわよ。

この人のせいで 父が…。

本当なら 私だって
捕まらなきゃいけなかったのよ。

だって
私たちのせいで人が死んだのよ。

刑務所に入れば

全部は無理でも
少しは罪を償う事も

重荷を下ろす事だって
できたかもしれないのに

司会をやってただけだからって
逮捕もされなかった。

だけど 志津枝さんは
父と一緒に闘ってくれた…。

私は ただ見てるだけだった。

(志津枝の声)なんにもできずに…。

駄目よ…。 駄目ーっ!

♬~

(志津枝の声)あのあとも 檀野は

何事もなかったように
詐欺を続けて

何人もの人が不幸になった…。

あの時 お父さんが
せめて檀野を…。

神様って いるのね。

罰が当たったみたい。

(智里)膵臓に…?

(志津枝)持って あと半年だって。

すっごく むちゃな事 言うわね…。

手伝ってほしいの。

一緒にやってほしい事があるの。

なんですか?

私の命を…
残りの命を ちゃんと使いたいの。

えっ?

あなたのお父さんが 自分の死で

あなたとお母さんを守ったのと
同じように。

それが今回の計画だったのか。

坂西敏也は
どこまで知ってたんだ?

何も知らなかった。

(智里の声)ただ 土門という刑事を
誘拐するのに手を貸すよう

志津枝さんに金で雇われただけ。

お前も被害者って事に
しとかないとな。

きつくしないでよね。

(スタンガンの放電音)
(坂西)あっ…!

(坂西)あっ…!

大丈夫?

…見ないほうがいいわ。

(志津枝)うっ…!
(坂西)うう…!

(志津枝)うう…!

(蒲原の声)坂西を殺害したのは

安在志津枝だった?

あの男は 檀野と組んで

父や 大勢の罪もない人たちを
だまして…。

だから…
志津枝さんは 私のために…。

安在志津枝の最期の事を
話してもらえますか?

彼女が 自分の命を
どう使おうとしたのか

私たちは知りたいんです。

私が あの倉庫に着いた時には
志津枝さんと土門刑事が…。

土門さん 危ない!
(日野・呂太)ああっ!

「何すんだ お前!」

「土門さん!?」

(呂太)「よ… よく見えないよ。
どうなってるの?」

(志津枝)ああっ…!
「土門さん 答えて お願い」

♬~

やめて…。

(スタンガンの放電音)
あっ…!

(志津枝)ううっ…!

「土門さん! 土門さん!」

志津枝さん 大丈夫ですか?

(せき込み)

危なかったけど
なんとか うまくいきそうね。

助かった…。
(智里)でも 檀野の病院は まだ…。

私の正体が
思ったより早くバレたせいね。

そんな事ありません。

でも このまま続けても…。

何 弱気な事 言ってんの!

お父さんの敵
取りたいんでしょ?

私の部屋に この場所の手がかりを
残してきてある…。

警察が来る前に お願い。

でも…。

迷ってる暇 ないはずよ。

さあ…!

(ナイフの刺さる音)

私の命を… ちゃんと使ってね…。

お願い…。

♬~

♬~

それが
彼女の最期だったんですね。

確かに…

自らの死期を悟った
安在志津枝が

あがなう事のできなかった罪を
あがなう方法を探して

その命を 誰かの役に立てるため

必死だった事は
痛いほどわかります。

だとしても 彼女のした事は
決して許される事じゃない。

そんな…。
私にとって志津枝さんは…!

彼女がした事で 最も許せない事は
なんだかわかりますか?

え…?

誰かを恨む事や 憎む事を選ばず

無垢に生きてきた あなたに

罪を犯させてしまった事です。

♬~

「そんな命の使い道は
間違っている」

私には そう思えてなりません。

♬~

(呂太)結局
科捜研専用のウェブ会議

見送りになっちゃったんだね。

まあ 無理もないと思うけど。

あのシステム かなり
使い勝手 良かったんですけど…。

ああ… 私的には
ひと安心だけどね。

やっぱりね 毎日 直に
顔を合わせて仕事をする事が…

これは
チームワークの基本なんだからな。

でも いいんですか?
(日野)何が?

テレワークが
もっとできるようになれば

所長の嫌いな残業だって
減らせるはずなのに。

警務部から

「働き方改革が進んでない!」って
怒られないで済む

いいチャンスだったんですけど…。

いや それは… ええーっ?

(宇佐見・呂太)ハハハハ…。

♬~

安在志津枝…
彼女の事を考えてるんだ。

因果な商売だ。

これまで
いろんな奴の死を見てきた。

うん。
だが…

命の使い道なんて事を
考えさせる奴は初めてだった。

もし 自分が その立場になったら
どうするのか

つい考えちまう。

何度も死にそうになっても
よみがえる土門さんでも

わからないんだ。

俺の事
ゾンビか何かだと思ってんのか?

フフフフ…。

私は…。

うん。

人の命の使い道は

本人が決めるんじゃなくて

その人が生きている間に
一緒に過ごした人や 時間が

答えを出してくれるもの…。

そんな気がするわ。

それが お前の答えか。

榊らしいな。

♬~

♬~

こんばんは 沢口靖子です。

最終回スペシャルをご覧頂き
ありがとうございます。

シリーズ20年の集大成として

『科捜研の女』の映画化が
決定しました。

劇場でお会いできるのを

楽しみにしております。

それでは。

『科捜研の女』の無料見逃し配信は
ABEMA TVerで。

TELASAでは全話を一挙配信。

過去のシリーズもご覧頂けます。