日曜劇場「危険なビーナス」第8話【実父の死にも重大な秘密!?価値あるものの正体】伯朗(妻夫木聡)は牧雄から、 …

出典:EPGの番組情報

日曜劇場「危険なビーナス」第8話【実父の死にも重大な秘密!?価値あるものの正体】

[字][デ]東野圭吾原作のラブサスペンス!伯朗(妻夫木聡)は楓(吉高由里子)と共に実父の死の秘密を調べるため当時の記録を探すことに。しかしその裏で危険な関係が動き出す…

番組内容
伯朗(妻夫木聡)は牧雄から、義父・康治の研究記録を見つけて欲しいと頼まれる。
特に伯朗の実父・一清に関する研究の記録を探しているのだという。
康治が一清に対して行っていた研究が実は一清の死を早めたのではないかと疑う伯朗は、当時の康治の研究について調べるため、楓(吉高由里子)と共にある人物に会いに行く。
しかしその裏で、楓は伯朗に内緒で勇磨(ディーン・フジオカ)とも繋がっているようで…
出演者
妻夫木聡、吉高由里子、ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン、堀田真由、福田麻貴(3時のヒロイン)、R-指定(Creepy Nuts)、麻生祐未、坂井真紀、安蘭けい、田口浩正、池内万作、栗原英雄、斉藤由貴、戸田恵子、小日向文世
原作
東野圭吾『危険なビーナス』(講談社文庫)

脚本
黒岩勉

音楽
主題歌:back number 「エメラルド」(ユニバーサル シグマ)
音楽:菅野祐悟

スタッフ
演出:北坊信一
プロデューサー:橋本芙美、髙丸雅隆、久松大地
公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

◇twitter
@kikenna_venus
https://twitter.com/kikenna_venus

◇instagram
https://www.instagram.com/kikenna_venus_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 明人
  2. 勇磨
  3. 研究
  4. 研究記録
  5. 伯朗
  6. 康治氏
  7. 兄貴
  8. 佐代
  9. お義兄様
  10. 牧雄
  11. 波恵
  12. 副院長
  13. 後天性サヴァン症候群
  14. 治療
  15. 矢神先生
  16. 連絡
  17. 価値
  18. 昨日
  19. 情報
  20. 禎子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 19:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

(楓)明人君が失踪したことは
絶対 内緒にしてください

(佐代)楓さんには
気をつけた方がいいですよ

あの女は ただ者じゃありません

フラクタル図形?

(勇磨)もっと
価値のあるものというのは

当時の研究記録なのでは
ないでしょうか?

(伯朗)康治氏は 母を
手に入れるために 父の死を早めた

(佐代)その秘密を
ばらされたくなかった犯人が

禎子さんのことを…

まさか
母は康治氏に

殺されたっていうんですか?

もしくは 共同研究者だった

牧雄さんかもしれません

(牧雄)取引だ
君が知らないことを話してやる

あーっ

取引というのは?

兄貴が持っていたはずの

研究記録を君に見つけてほしい

禎子さんが譲り受けている
可能性がある

あなた方は
何の研究をしていたんですか?

それは矢神家の中では
絶対の秘密だった

兄貴と親父に
口止めされてたからな

もし 君が研究記録の捜索に
協力してくれるなら…

教えてやろう
それが取引の条件ですか?

もう一つある
研究記録が見つかったら

必ず私に渡すこと

勇磨も狙ってる
勇磨が?

(牧雄)勇磨は
兄貴の研究について調べている

そして私を
突き落とした人物も おそらく

研究記録を狙っているはずだ

やっぱり あれは
事故ではなかったんですね

犯人の顔を?
《あっ!》

(牧雄)いや 分からない

だが このままだと研究記録を
奪われる可能性がある

急いで見つけないと
先を越される

僕が その記録を見つけ

あなたに渡さなかった場合は?

フッフ…

君を殺してでも奪うだろう

さあ どうする?
話を聞くか?

ええ それで?

それは
どんな研究記録なんですか?

(牧雄)兄貴の元々の
研究テーマは

脳への
電気刺激による

痛みの緩和と意識の覚醒だった

父の脳に電気で刺激を
与えたということですか?

君の父親は脳腫瘍の影響で

頻繁に錯乱状態に陥るように
なっていたが

それは脳内の電気信号が
誤った情報を

やり取りしているからだと
考えられた

そこで外部から
電気刺激を与えることで

情報を改変できると考えたわけだ

正式に認可された
治療ではなかったが

危険性はないと我々は判断した

それで 結果は?

うまくいったさ 君の父親が
錯乱することはなくなった

ところが…

思わぬ副作用があらわれた

副作用?

頭の中に奇妙な図形が浮かぶと
本人が訴え始めた

当人が それを
実際に絵に描いたのを見て

兄貴は驚いた

それが人間業とは思えない

精緻な幾何学模様だったからだ

<あの絵だ>

その瞬間
兄貴の頭に浮かんだのは

同様の能力を示す
とある病気の患者達だった

サヴァン症候群だよ

それって 芸術とか音楽とか
数学とかの分野で

天才的な能力を発揮するという?

(牧雄)兄貴は仮説を立てた

脳腫瘍による脳の一部損傷と

電気刺激による情報改変が

元々 脳に障害があった
サヴァン症候群と

類似した症状を
示したのではないかと…

この仮説が正しければ

意図的にサヴァン症候群を
引き起こすことができる

つまり 後天性のサヴァン症候群

天才脳を自在に生み出せる

これは人類の歴史を覆す

実に画期的な発見だよ

ところが

誤算が生じた

データが取れる対象

つまり 僕の父が
亡くなったんですね?

(牧雄)君の父親は 私と兄貴の
治療を受けたのちに死んだ

だが それは
我々の意図したものではない

貴重な研究対象を失った我々は
途方に暮れた

脳への電気刺激治療の研究も

動物実験に
切り替えるしかなかった

それで 猫を…

どうして知ってる?

子供の頃
康治氏の研究室に行った時

偶然 実験の映像を
見てしまったんです

その時を待つ 暗い目をした猫達も

科学の発展のためだ

死んだ猫達も幸せだっただろう

そんなの
人間の身勝手な言い訳だ!

ここで話をやめるか?

それから 研究は?

動物実験では
成果は得られなかった

そこで実験と並行して

実例を探し始めたんだ

後天性サヴァン症候群の

そんなものがあるんですか?

(牧雄)情報を集めた結果

事故あるいは病気によって
脳を損傷したせいで

それまでになかった
特殊な才能を発揮した例が

いくつか見つかった

兄貴は自らの仮説の正しさを
証明しつつあった

だが ある日 突然

兄貴は
後天性サヴァン症候群に関する

全ての研究を
凍結すると言いだした

理由は?
聞いたが教えてくれなかった

とにかく 全て忘れろ

そう言われただけだ

だが兄貴は もうすぐ死ぬ

データを見つけ出し
私が研究を続ける日が

やってきたというわけだ

康治氏が その研究記録を
処分したという可能性は?

それはない 研究者は自分の
研究の記録を捨てたりはしない

禎子さんに譲ったとしか
考えられない

となると…

探すのは
君が最適任ということになる

あの研究記録には

人類の未来が託されている

必ず見つけ出すんだ

牧雄叔父様と接触できるなんて
すごいじゃないですか お義兄様

じゃあ 明日 ああ~

何が聞けるかワクワクして
眠れないかもしれないけど

おやすみなさい

伯朗からですか?

どうやら あの負け犬が
真相に近づいたようですね

(ノック)

(波恵)どうぞ

(君津)隆司さんが波恵さんを
お呼びするようにと

分かりました すぐに行きます

(波恵)君津
はい

祥子さんとの関係は
まだ続いているのですか?

いいえ

そう

あの…

波恵さんは どうして私をこの家に
置いているのでしょうか?

あなたが この家に必要だからです

元気になった
ずっと動かなかったのにね

酸素吸入器の中に入れていたから
一時的な回復ですよ

おそらく肺炎にかかって
合併症を引き起こしている

治るんですか?
何とも言えません ただ…

治療するためには入院して

酸素吸入器に
入れておく必要があります

あと 点滴と注射も必要

それでも助かるかどうかは
保証できません

治療してくれというのなら
引き受けます

(蔭山)副院長 疲れてますね

ああ… 明人や お袋や
親父のこととか色々分かってね

混乱してる

あっ そうだ
ランチでもしながら話そうか?

昨日 尾行した相手の
正体も知りたいだろうし

今日は結構です
どうしたの?

昨日は興味津々だったのに

副院長 少し仕事が
おろそかになってないですか?

プライベートで何をしても
構いませんが

疲れや気持ちの乱れを
病院に持ち込まないでください

動物や飼い主さん達が
不安に思ってしまいますよ

ごめん 気をつけるよ

(池田)やっぱり うちの息子は

元美ちゃんがいないとダメだねえ

昨日のデートでね
元美ちゃんに

「伯朗君のこと どう思う?」って
聞いてみたんだよ

余計なことはしないでください
って言いましたよね

じゃあ もう何も言わないよ

それで 蔭山君は?

やっぱり気になるんだ

一応 聞いておきます
フッフッフッフッ

こう言っていた

「私が どうこう言う前に」

「副院長は今
別の人に夢中ですから」って

見透かされてんなあ

楓さんに夢中だってことを

何 言ってんですか
楓さんは弟の妻ですよ

弟と離婚して君と結婚すれば
何も問題ないでしょう

斬新な発想ですね

自分の恋路を成就させるために
人間という生き物は

恋敵を殺すこともある

何だってありだよ

もちろん私は
元美ちゃんを推すけどね

(バイブレーター着信)

他にも女がいるのか?

違いますよ
矢神家の叔母さんです

もしもし
伯朗さん お仕事中でしたか?

いいえ 大丈夫です
どうしました?

兄が 危篤です

(心電図モニターのアラーム音)

お仕事の方は大丈夫なのですか?
午後の診療は

院長に入ってもらいました

それだけ 兄を
案じているということかしら?

それとも まだ何か
確かめたいことでも?

《(池田)自分の恋路を
成就させるために》

《人間という生き物は
恋敵を殺すこともある》

隆司さん 兄は?

(隆司)あっ 危険な状態は
何とか脱したようです

隆司さんと杏梨さんは
外に出てもらえますか?

いや でも…
伯朗さんが

兄と話をしたいようなので

こんな時に こんなことを聞くのは
どうかと思いますが

どうしても確かめたいんです

牧雄さんに
あなたの研究について聞きました

あなたは母を手に入れるために

僕の父・手島一清の死を
早めたのではないですか?

牧雄さんは 研究者が

そんなことをするはずがないと
言っていましたが

僕には信じられません

研究者だって人間ですから

人を好きになれば

何だってするかも
しれないですよね

(ため息)

(祥子)あなた 康治さんの容体は?

小康状態だけど
いつ その時がきてもおかしくない

一刻の猶予もありません

楓さん 明人の帰国は
まだなんですか?

すみません
メールは送っているんですけど…

本当は連絡が
取れていないんじゃないですか?

時間がないんだし
はっきりさせましょうよ

この女は明人の
お嫁さんなんかじゃない

矢神家でよく使う
興信所で頼めば

すぐに
分かるんじゃないでしょうか

あの~ もしかしたら
明人は今ちょうど

飛行機に乗ってるところ…
私は…

楓さんのことを信じます

楓さんは 明人から

全権を委ねられた お嫁さんです

彼女の言葉が 明人の言葉

と 考えて
いいんじゃないでしょうか?

どうしたの? 勇磨さん

急に楓さんの肩 持っちゃって

面倒な遺産争いは
もう うんざりなんですよ

明人が全ての遺産を
引き継ぐというのであれば

それでいいじゃないですか

どうして勇磨が君を
かばったんだ

実は昨日 お義兄様と別れたあと
勇磨さんから連絡があったんです

何て?

「見せたい絵があるから
二人で会わないか」って

会ったのか?
もちろん断りました

なのに その画像のデータは
送ってくれるし

さっきは急に援護射撃も
してくれるし 私もビックリです

もしかして 勇磨さん

何か企んでいるのかも
しれませんね

気をつけた方がいい

心得てます お義兄様を悲しませる
ようなことは もうしません

それより お義兄様
フラクタル図形ってご存じですか?

何でそれを?

勇磨さんが
データで送ってくれた絵です

勇磨さん 牧雄叔父様が探している

もっと価値があるものに
関係しているんじゃないかって

僕も その話を
君にしようとしていた

嘘みたいな話ですね

まさか後天性サヴァン症候群で

天才脳を
つくろうとしていたなんて

ああ 実現すれば
僕も明人になれるかもしれない

それはどうでしょう?

数年前から海外では
後天性サヴァン症候群を

人工的につくる研究が
始まっているらしい

その意味でも先駆者である
康治氏の研究記録は

大きな価値があるって

勇磨は研究の内容までは知らない

このことは
僕らだけの秘密にしよう

もちろんです

これで 価値ある何かとは

後天性サヴァン症候群の

研究記録だったことが
分かりましたね

うん 問題は その在りかだけど

本当に康治氏は

お袋に渡したかどうかは
分からないよな

佐代さんに
聞いてみたらどうですか?

親友だったら お義母様から
何か聞いているかもしれませんよ

どうして さっき
楓さんの味方をしたの?

昨日 楓さんと二人で
会ったはずよね?

結局 部屋には入れてもらえず

電話で話しただけで終わりました
嘘ね

本当は何があったの?

何もありません

私よりも あの女を取るつもり?

まさか…

私が あなたを裏切るわけ
ないじゃないですか

私のために 全てをなげうって
生きてきたあなたを

(ノック)

失礼します

佐代さん
ちょっと お話いいでしょうか?

また私は席を外した方が
よさそうですね

ええ

伯朗さんと二人で
お話ししましょう

ここは?

康之介の部屋です

今は誰も使っていません

ここなら盗聴されることも
ないでしょうから

今日は
どこか投げやりな感じですね

あら いけない

クラブの経営者失格ね

で? ご用件は?

以前 ホテルのバーで勇磨から
聞いたことを思い出したんです

《あの家の遺産は
不動産や美術工芸品だけじゃない》

《もっと価値のある何かが
隠されているはずだ》

《なぜ そんなものが
隠されていると思うんですか?》

《教えてもらったんですよ》

《ある人に》

勇磨に教えた ある人というのは

佐代さんですね?

さあ? どうだったかしら?

あなたは なぜ

遺産の中に価値ある何かがあると
知っていたんですか?

もしかして
母から何かを聞いたんですか?

忘れました~

ごまかさないでください

あなたは母から
何を聞いたんです?

その質問に私が答える
メリットは何?

都合よく
何でも教えてあげると思ったら

大間違いですよ 伯朗さん

いつまでも甘えられたら
たまったものじゃありません

では どうすれば?

交換条件

私にも あなたが持ってる情報を
譲ってください

どんな情報を?
あなた方が

明人さんを捜していることは
知っています

矢神の人間はバカじゃない

シアトルでの仕事が忙しいから
連絡がつかない

そんな状態が
1カ月以上も続くなんて

ありえないってことぐらい

波恵さんも 祥子さんも
とっくに気づいてるわよ

みんな この状態が都合がいいから

放っておいてるだけ

伯朗さん達が隠していることには

もはや意味はないの

明人さんがどうなっているのか
教えてくれたら

私も あなたの質問に
答えてあげます

明人は…

行方不明です

それで 楓さんに頼まれて

一緒に捜すことに
なったというわけですね

明人さんの行方は
つかめたのですか?

全く…

明人を追っているうちに

矢神家のことを
色々知るようになり

母の死が 殺人ではないかと気付き

今は母の死の真相も追っている

そんな状況です

かわいそうなくらい正直者ね

伯朗さんは

では 僕の質問にも答えてください

母は 康治氏から何か貴重なものを
譲り受けたのですか?

ええ
それは何ですか?

知りません

待ってください
交換条件だって言いましたよね?

本当に知らないのです

あれは 康之介の四十九日の法要が
終わった時でした

《今回は明人君》

《何も遺産を
もらわないことになりそうね》

《(禎子)元々 矢神家から》

《何かを相続しようとは
思っていなかったから》

《それに 私》

《康治さんから》

《もう貴重なものを
受け取っているから》

《それって》

《幸せな家族ってこと?》

《それもそうだけど》

《貴重すぎて
手に余るほどのものを》

《もう受け取っているから》

(佐代)それ以上のことは
話してくれませんでした

むしろ

ほんの少しでも
話してしまったことを

後悔している様子でした

禎子さんが変死したのは
その すぐあとです

勇磨にも そのことを
教えたんですね?

ええ

禎子さんが亡くなった時

勇磨は その貴重なものを
見つけるために

禎子さんの周辺を
色々調べたようですが

何も見つけることが
できませんでした

それで 今は

康治さんの周辺を
調べ回っています

どうして勇磨の動きまで
教えてくれるんです?

伯朗さん 今ここで話したことは

二人だけの秘密にしましょう

勇磨は楓さんとつながっています

えっ?
恐らく昨日の夜

私達が会ってる裏で

あの二人は共闘関係を
結んだのでしょう

でも ただ電話で話しただけだと…

伯朗さんにまで嘘をついて
口裏を合わせていたとなると

間違いありませんね
そんな…

今さら あの二人が
僕や佐代さんまでだまして

手を組むメリットなんて
ありませんよね?

きっと あるんですよ

私達を切り捨ててまで
手を組むメリットが

僕は楓さんを信じます

義妹ですから

たった数日だけの義兄妹愛ですか

生ぬるいこと おっしゃいますね

こっちは 一生尽くしてきた
親子だっていうのに

伯朗さんも くれぐれも
楓さんにはお気をつけください

じゃあ 佐代さんからは
何も聞けなかったんですか?

ああ 情報交換を
要求されたから断った

ふ~ん 何か それにしては
話が長かったですね

そう?

お義兄様
何か隠し事していませんか?

何 言ってんだよ

君こそ 僕を裏切ったり
してないだろうな?

もちろんです

では このまま
向かっちゃいましょうか

どこに?
もちろん宝の在りかですよ

研究記録のこと?

もしも お義母様が
それを隠していたのだとしたら

どこにあると思いますか?

小泉の家か…
イエス

あの家が残っているのは
お義兄様と私しか知りません

あの場所に隠していたからこそ

これまで誰も見つけられなかった
のではないでしょうか?

でも 今から行くの?

善は急げです

君は 小泉の家について

誰にも話してないよね?
ええ

何で そんなこと聞くんですか?

いや 一応の確認

ちょっと あっち見てくるね
はい

ああ…

ないか

お義兄様
ちょっと来てくれますか?

見つかった?
いいえ

見つからないので諦めました

サボってるだけじゃないの?

でも代わりに
こんなの見つけちゃいました

これって お義父様が持っていた
あの絵ですよね?

ああ 間違いない

これってブログ?
はい

フラクタル図形で検索してたら
出てきました

書いてる人は女の人です

その絵との関係は?

うーんと…

絵を描いたのは この女性の
お父さんみたいです

ある日 突然 絵画に目覚めて
不思議な絵を描くようになって

知り合いの建築家から

フラクタル図形ではないかと
指摘されたそうです

もしかしたら後天性の
サヴァン症候群かもしれないな

康治氏に会ってる可能性もあるな

いつの話?
30年ほど前って書いてありますね

あっ この方
メールアドレスがありますね

連絡 取ってみますね
いや やめておこう

どうしてです?

だって その人に会ったところで

研究記録の在りかは
分からないだろ? 意味ないよ

でも 研究の内容や

お義父様の当時の様子を知る事が
できるかもしれませんよね

知りたくない
人の脳みそに電流を流して

実験をしていた人の気持ちなんか

お義父様は
一清さんを助けるために

治療されていただけですよね?
いいや

認可されていない
実験をしていただけだ

それに康治氏は
お袋を手に入れるために

親父の死を
早めた可能性だってある

お袋も もしかしたら それを
黙認していたのかもしれない

お義父様と お義母様のことを
疑っていたんですか?

だったら なおさら
この方に会って

真相を確かめるべきじゃ
ないんですか?

知らないままの方が
いいことだってあるだろ

僕には 受け止める自信がない

(蔭山)副院長

副院長!

あっ ああ ええと…

軽い肺炎だろうから 薬を与えて
様子を見るんですよね?

ああ そう それと…

少し便秘気味のようなので

そちらの薬も出しておきます

水温は28度くらいにしてください

お大事にどうぞ
ありがとうございます

お大事に

(蔭山)はあ… 診察中に
居眠りなんてありえません

色々 大変なのは分かりますが

何よりも大切なのは日常ですよ

すまない
私じゃなくて

水越さん親子と亀太郎君に
謝ってください

申し訳ございませんでした

どうしたんですか?

君こそ どうしたんだよ

お義兄様 ブログの女性から
連絡が来ました

えっ 連絡は取らないでくれって
言ったよね

既に何度か やり取りしました

やっぱり お義父様に
会ったことあるそうです

はい

早速 今から行くと連絡しました

何でそんな勝手なことを

私一人で行ってきます

ただ 内緒で行くのもアレなので

一応 お義兄様にご報告に来ました

はあ~ 僕も行くよ

お義兄様?

そう言わせるつもりで
来たんだろ?

フフッ

蔭山君に交渉してみる

今日の夜の診察って
誰だったっけ?

吉岡さんのところの
ルルちゃんです

ああ 蔭山君 どうしても外せない
用ができたんだ

申し訳ないんだけど
ルルちゃんの処置は

君に任せてもいいかな?

楓さんと
どこか出かけるんですか?

今度 好きなものをごちそうします

それと 仕事には絶対に
支障を来さないようにするから

頼む

もうはっきりさせてください

私と楓さん
どっちが大事なんですか?

えっ?
私は副院長のことを心配して

ずっと思い続けてるのに

どうして私の気持ち
分かってくれないんですか?

ああ…

<何てことが起きるはずがない>

<とは限らない>

楓さんと
どこか出かけるんですか?

今度 好きなものをごちそうします

それと 仕事には絶対に
支障を来さないようにするから

頼む

分かりました

ああ… ありがとう

驚かれたでしょう?

(仁村)
メールをいただいた時は 少し…

でも 矢神先生の名前を見て
納得しました

あの~ 矢神先生とは
どういうご関係で?

矢神康治は 僕の母の再婚相手です

でも 僕は
矢神家には籍を入れていないので

戸籍上では 父ではありませんけど

あなたが
あの時の息子さんでしたか

えっ…

早速ですが 仁村さんのお父様と
矢神先生の関係について

教えていただけますか?

私の父は
銀行マンだったのですが

ある日 交通事故で
脳に損傷を受けました

一命は 取り留めたのですが

それ以来 奇妙な絵を
描くようになったんです

それが あのフラクタル図形ですね

ええ

矢神先生は
父の主治医から そのことを聞き

後天性サヴァン症候群では
ないかと

訪ねていらっしゃったんです

熱心に父の話を聞いてくれて

治療についても 色々と
相談に乗っていただきました

その時
他の後天性サヴァン症候群の

患者さんのことについても
話していませんでしたか?

はい 他にも父と同じような
症状の方がいると…

後天性サヴァン症候群の研究を
始めるきっかけとなった

最初の患者について
康治氏は何か言っていましたか?

ええ

「私は人を殺してしまった」と

どういうことでしょう?

最初の患者さんは
脳腫瘍で

矢神先生の治療によって
小康状態を保ち

不思議な絵を
描くようになったそうです

でも病状が急速に悪化して
お亡くなりに…

《(康治)私の治療によって
その患者さんは》

《亡くなってしまったのかも
しれません》

(仁村)矢神先生は
そのことについて

自分を責めていらっしゃいました

《(藤次郎)矢神先生…》

《だから今は こうして》

《多くの患者さん達に
話を伺ったり》

《動物を使った研究のみを
行ってます》

(仁村)でも しばらくすると

「それらの研究は
全てやめました」と

ご挨拶にいらっしゃって

なぜ 康治氏は
研究をやめたのでしょうか?

矢神先生
どこか嬉しそうに言ってました

《人類の未来のためだと思って
やってきましたけど》

《そのために動物の命を
犠牲にしているようでは》

《息子に顔向けができないと
思いまして》

《ああ ご結婚されたお相手の…》

《ええ 私の息子です》

まさか その息子さんに
今こうして お話ができるなんて

人生ってホント
素敵なものですね

<あの時だ>

《伯朗 大丈夫?》

《(伯朗が嘔吐する)》

<あの時に 決めたんだ>

ごめんなさい
そろそろいいかしら?

子供が帰ってきちゃうので

そうでしたね すみません
ありがとうございました

あっ いや 結構です
あっ いえ でも…

本当に 嬉しいお話を
聞かせていただいたので

じゃあ ごちそうさま

また何かあれば ご連絡くださいね
はい

じゃあ 失礼します

よかったですね

君が仁村さんと
引き合わせてくれたおかげだな

いいえ お義兄様が

真実と向き合う勇気を
持っていたからですよ

君に謝りたいことがある

嘘をついた

実は昨日 佐代さんと話をした時

交換条件をのんで
情報を引き出していたんだ

何を聞いたんですか?

お袋は 価値ある何かを

康治氏から受け取っていたらしい

佐代さんに「貴重すぎて手に余る
ほどのものをもらった」と

言っていたそうだ

おそらく 研究記録だろうね

代わりに お義兄様は

どんな情報を渡したんですか?

明人が失踪していることを
教えた

そんな…
矢神の人達は

明人がいないことを
うすうす気づいてるみたいだ

隠しておく重要性は
もうあまりないと判断した

何で 黙ってたんですか?

佐代さんに口止めされた

君が 裏で勇磨と
つながってるかもしれないから

黙っていろって

君を疑ってしまったことを謝る

申し訳ない

もう二度と君を裏切るような
ことをしないと誓うよ

はあ…

いつか明人君が戻ってきたら
三人で食事でもしましょうって

言いましたよね
うん

その時の料理
お義兄様が作ってください

それで許してくれるなら
お安い御用だ

何がいい?
明人と君が好きなものを作るよ

ええ~ どうしようかな~

じゃあ
シーフードグラタンとかどう?

明人も好きだったし
大皿にすればシェアしやすいし

うちでも よく作ってました

僕もホワイトソースには
自信があるんだ

具材はいつもどんなのにしてた?

え~ マカロニは少なめで
うん

エビとか イカとか タコとか
牡蠣とか

具材を多めにするのが
うちの定番です

へえ…

どうしました?

いや おいしそうだね
練習しておくよ

フフッ

今夜はもう
いらっしゃらないかと…

ごめん 迷惑かけたね
何か問題は?

ルルちゃん この一週間は
吐いてないそうです

食欲もあって元気だとか

よかった
あと それと…

(バイブレーター着信)
あっ ごめん

もしもし?

波恵です 夜分にすみませんね

明日 緊急の親族会を
開くことを決めました

どうして そんなことを僕に?

主な議題は 楓さんの処遇です

☎(波恵)彼女が本当に
明人の嫁なのかどうか

☎はっきりさせます

分かりました

明日の19時からです では

波恵さん ちょっと待ってください

☎はい?

明人は昔
牡蠣が大嫌いでしたよね?

ええ 出さないよう
料理人に徹底させていました

あいつ 大人になってからは

食べられるように
なったんですか?

☎どうしてそんなことを?

いえ 何となくですけど

☎今でも
全く食べられないはずです

☎少なくとも1年前に会った時は
そう言っていました

そう… ですか

では…

(チャイム)

どうしたんですか? お義兄様

大事な話がある
開けてくれないか

でも 今 お風呂から
上がったばかりで…

玄関先でいい

どうしても 直接話したいんだ

頼む

お義兄様に こんなこと
言いたくありませんけど

自分の都合を押し付けるのは
よくないですよ

日を改めてください

明人は牡蠣が嫌いだった

お袋が好き嫌いはダメって言って

フライにしたり
炊き込みご飯にしたり

色々 手を尽くしたけど
絶対に無理だった

ああ… さっきの
シーフードグラタンのことですね

明人君 大人になってから

食べられるようになったんじゃ
ないんですか

いいや 波恵さんに確認した

あいつは大人になってからも
牡蠣がダメだったって

何で あんな嘘をついた?

君は一体

何者なんだ?

しつこい男は嫌われるぞ

何で?

見りゃ分かるだろ?

俺達の時間を
邪魔しないでもらえるかな?

うせろ 負け犬

はい

(ドアが開く)

副院長

ああ 蔭山君 まだいたんだ

君も飲む?

今日 ルルちゃんの他に

飼っているプードルが
自転車とぶつかって

ぐったりしてるから みてほしい
という おばあさんが来ました

かなり慌てている ご様子でした

でも 医師が不在だと事情を話して
お引き取りいただきました

他の病院を教えましたけど

おばあさんの落胆した姿が
頭から離れません

ああいう方を助けたいから

ああいう人達の力になりたいから
この仕事を選んだのに

何もできなくて悔しかったです

小さな命を大切にする仕事に

副院長は真剣に向き合ってる
人だと思ってました

そういう副院長を
今まで尊敬してました

もう二度と こういう思いは…

僕は

ダメな男だ