日曜劇場「危険なビーナス」第6話【母は殺された!?弟もその謎を追っていた…】伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子…

出典:EPGの番組情報

日曜劇場「危険なビーナス」第6話【母は殺された!?弟もその謎を追っていた…】[字][デ]

東野圭吾原作のラブサスペンス!伯朗(妻夫木聡)は、母が矢神家の誰かに殺されたかもしれないと聞き、楓(吉高由里子)とともに手がかりを探し始めるが…

番組内容
伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が事故死ではなく矢神家の誰かに殺されたかもしれないと聞かされる。
さらに楓(吉高由里子)によれば、行方不明になっている弟・明人(染谷将太)も母の死に疑問を持っていたという。
明人の失踪には母の死も関係しているのか…!?伯朗と楓は16年前の母の死について調べ始める。
そんな中、矢神家の遺産に隠された「もっと価値のあるもの」を巡って新展開が…

出演者
妻夫木聡、吉高由里子、ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン、堀田真由、福田麻貴(3時のヒロイン)、R-指定(Creepy Nuts)、麻生祐未、坂井真紀、安蘭けい、田口浩正、池内万作、栗原英雄、斉藤由貴、戸田恵子、小日向文世
原作
東野圭吾『危険なビーナス』(講談社文庫)

脚本
黒岩勉

音楽
主題歌:back number 「エメラルド」(ユニバーサル シグマ)
音楽:菅野祐悟

スタッフ
演出:佐藤祐市
プロデューサー:橋本芙美、髙丸雅隆、久松大地
公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

◇twitter
@kikenna_venus
https://twitter.com/kikenna_venus

◇instagram
https://www.instagram.com/kikenna_venus_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 明人
  2. 兄貴
  3. 明人君
  4. 犯人
  5. お義兄様
  6. 勇磨
  7. 写真
  8. 小泉
  9. 矢神家
  10. 一緒
  11. 順子
  12. 禎子
  13. 蔭山
  14. 祥子
  15. 矢神
  16. 価値
  17. 荷物
  18. 義兄様
  19. 康治
  20. 更地

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/09/17 21:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

(勇磨)伯朗と楓さんは
捜してるんだよ 明人を

(伯朗)君は 僕にとっても
大切な人なんだよ

(牧雄)兄貴は もっと価値のある
ものを持ってたはずだ!

矢神家の一人一人を
つぶしていけば

犯人に たどり着く

死んだ お前のおふくろも
金目当てだったからな

もう 康治氏に
手を出すことはできませんよ

(祥子)私の母はね
康之介の愛人に殺されたの

そのときの愛人が佐代

それで佐代と康之介の間にできた
子供が

勇磨ってわけ

(楓)お義兄様 もう行きましょう
あら あなた 何か知ってるの?

禎子さんのこと

おふくろが何なんだ
(祥子)あなたのお母さん

禎子さんも殺されたのよ

何言ってんだよ
そんなわけないだろ…

(祥子)そんなわけある

この家にいれば
それくらい全然ありえるって

いい加減
理解してるでしょ

じゃあ おふくろは矢神の人間に
殺されたっていうのか?

(祥子)他に
何があるの?

証拠は?
そんなもの この家の人達が

残すわけない

さっきから あなたは適当に
想像で言ってるだけですよね

伯朗さんだって

ホントは うすうす
そう思ってたんじゃないの?

あんなの事故なんかじゃないって

(祥子)矢神の人間は
みんな分かってた

ああ 誰かがやったんだって

頭の切れる明人も

絶対そう思ってたはずよ

お母さんは
殺されたんだって

明人が?

その証拠に 明人は
禎子さんが殺された夜

みんなが どこにいたのか
それとなく聞いてたわ

アリバイの確認ってやつ

アリバイの確認…

<そういえば あのとき…>

《(明人)兄貴は
母さんが死んだ日 何してたの?》

《大学の研究室に
泊まり込んでたけど》

《どうして?》

《僕か兄貴のどちらかが》

《小泉の家に一緒に行っていれば》

《こんなことには
ならなかったなって》

<明人のやつ まさか>

<俺のことまで疑っていたのか?>

さっきから ずっと黙ってるけど

あなたは禎子さんのこと
明人から聞いてるみたいね

いいえ

祥子叔母様は なぜ

お義母様のことをわざわざ
私達に聞かせたんですか?

禎子さんを殺した犯人を
見つけてほしいから

何だよ それ

もしも お義兄様が真相を暴き

矢神家の誰かが
逮捕されるようなことになれば

遺産の相続人が減るってこと
ですね

さすが悪知恵が働くわねえ

自称 明人のお嫁さん

祥子叔母様は
勇磨さんと佐代さんが

犯人だと
思ってらっしゃるんですか?

ええ あの二人が私の母を殺して

禎子さんにも手をかけた

罪を暴くことができれば

勇磨と佐代を完璧につぶせる

いいや 本当は
あなたが犯人かもしれない

アッハハハハハ!

らしくなってきたじゃない

そうよ
その用心深さと疑う目

矢神と戦うなら
それがなくっちゃ話にならない

しっかりと禎子さんの仇 とってね

伯朗さん

いいんですか? お義兄様
車ですよね

タクシーで帰って 明日取りに来る

飲まないと やってられない

君は 明人から何を聞いている?

祥子さんが
おふくろの話をしようとしたとき

君は 僕の手を引いて
その場から離れようとした

本当は おふくろが殺されたのかも
しれないということを知っていて

僕に聞かせないようにしたんじゃ
ないのか?

明人に何を聞いたんだ 教えてくれ

明人君は その小泉の家の
写真を見ながら言っていました

《事故じゃない》

《えっ?》

《母さんは殺されたんだと思う》

《そんな…》

《でも お義母様の遺体が
発見されたとき》

《家の鍵は全部
閉まっていたんでしょ?》

《そんなの犯人が
合鍵を持っていたなら簡単だよ》

《母さんを殺したあと
家の外に出て》

《玄関の鍵をかければいいだけ》
《でも…》

《母さんは
用心深い人だったから》

《いつも内鍵をしていた》

《なのに死体が見つかったとき》

《それは かかっていなかった》

《考えすぎじゃないのかな》
《もちろん母さんだって》

《うっかりすることは
あるだろうから》

《その夜は
たまたま内鍵をかけ忘れて》

《たまたま風呂場で足を滑らせて》

《たまたま頭を打って》

《たまたま浴槽で溺れ死んだ》

《ホントに
それだけのことかもしれない》

《でも》

《母さんは
殺されたのかもしれない》

《その頃 矢神家は
遺産相続で揺れていたからね》

《遺産相続?》

《祖父が死んで 遺言書に》

《すべての遺産を僕に
引き継ぐように記されていたんだ》

《えっ?》

《今回の遺産相続のタイミングは
チャンスなんだ》

《また
犯人が動くかもしれないから》

明人は おふくろを殺した犯人を
捜していたってことか

どうして それをもっと早く
教えてくれなかったんだ

明人の失踪を調べる上でも
重要な情報だよな

何で黙ってたんだよ

明人君に お義兄様には言うなと
口止めされていたからです

あっ…

なるほど

あいつは 僕のことも
容疑者の一人として

カウントしていたってことかな

そんなわけありません

お義母様が殺されたかもしれない
なんて知ったら

お義兄様が苦しむと
思ったからだと思います

そういうことも含めて一緒に
抱えるのが兄弟なんじゃないのか

結局 あいつは僕のことを兄貴だと
思ってなかったってことだよ

《(明人)兄貴は
母さんが死んだ日 何してたの?》

はあ…

すまない
君に怒っても仕方のないことだな

とにかく 明人が

おふくろを殺した犯人を
捜していたとしたら

色々 状況は変わってくる

明人は
おふくろの仇が誰なのか気づいて

その人に
会いに行ったのかもしれない

はい それで
何かトラブルになって

そのまま
失踪することになったのかも

もし そうなら明人君の失踪と
お義母様の事件は

同じ犯人ということになります

でも 本当に
おふくろは殺されたのかな

そのときには もう康之介さんの
遺言書も確定していた

今更 殺す必要は
なかったんじゃないかな

やっぱり気になるのは

牧雄叔父様が言っていた

30億の遺産より もっと
価値があるものってやつですよね

もしかして お義母様は

その価値ある何かの正体を
知っていたのではないでしょうか

それで狙われたとか

だとしたら
一番の鍵を握っているのは

もっと価値があるものの正体を
知っている

牧雄叔父様
ということになりますね

(蔭山)そんな 殺されただなんて
まだ決まったわけじゃないけど

何だか
恐ろしいことになってきましたね

悪いね 蔭山君に
こんな物騒な話しちゃって

いえ
ここまで聞いたら

最後まで教えていただかないと
気になって仕方ありません

意外と好きみたいだね
こういうの

すいません
不謹慎でしたね

これから16年前の
おふくろの死について

調べてみるよ

あの頃は
矢神家と距離を置いていて

おふくろの死にも なるべく
関わらないようにしてたから

むしろ知らないことが
多すぎるくらいだし

つらいですね
悲しい出来事を掘り返すのは

珍しいね 君が そんな
優しい言葉をかけてくれるなんて

楓さんには
かけてもらってるんですか?

えっ 何で?

最近 比較対象に
されているような気がするので

いや そんなことはないけど

(バイブレーター着信)

もしもし?

☎お義兄様
びっくりなさらないでくださいね

何だよ いきなり

牧雄叔父様が失踪しました

えっ?

退院するっていう
置き手紙を残して

自分から勝手に病院を
出ていってしまったようです

ホントに そうなのか?
誰かに連れ去られたんじゃ…

私も そう思ったんですけど

病院の方が
防犯カメラをチェックしたら

今日の早朝
正面玄関から堂々と出ていく

牧雄叔父様がうつっていました

何で勝手に病院を?

分かりません

目覚めたら 今度こそ
殺されると思って逃げたのか

もしくは 欲しがっていた

もっと価値があるものってやつを
探しにいったとか

はあ…

とにかく 僕は今日 矢神家に

おふくろの遺品を
引き取りに行ってくるよ

何か事件につながるヒントが
あるかもしれないから

お願いします

えっ 来ないの?

☎えっ 来てほしいんですか?

いや… 大体こういうときは
いつも一緒だったから

ちょっと今夜は
予定がありますので

じゃあ

(波恵)意外でしたよ
伯朗さんから連絡があるなんて

昨日の夜は色々あって

母の遺品を持ち帰るのを
忘れていたので

それより

牧雄さんの件
聞きました

楓さんですね

おしゃべりな嫁は
嫌われるというのに

牧雄さんの行き先に心当たりは?

ありません

どうぞ お入りください

(波恵)不思議なものですねえ

一人の人間が残したものが
小箱一つのときもあれば

30畳の倉庫に
収まりきらないときもある

波恵さんは 母のことを
毛嫌いしていましたが

母のことは
よく知っていますよね

教えてほしいんです

母は殺されたんですか?

祥子さんに
吹き込まれたのですね

あの人の話を
うのみにするわけではありません

ただ 16年前の母の死の真相を
探ろうと思っています

もしも 禎子さんの死について
私が何か知っているとしても

あなたに お話しすることは
ないでしょうね

でしょうね

ですから 反応だけ確かめました

僕の中では 波恵さんも
重要な容疑者の一人ですから

私が願うのは

矢神家の維持と発展です

それが 私の役割です

それで

いかがでしたか? 私の反応は

まったく読み取れません
さすがです

褒め言葉として受け取ります

(順子)うわっ 懐かし~い

ありがとう
いいもの見せてもらったわ

ホントは どれか
叔母さんに渡したかったんだけど

波恵さんが明人の
許可があるまではダメだって

(憲三)それは厳しいね
どうせ どれもこれも

全部 自分達のものだと
思ってるんでしょ あの人達

強欲だし

16年前 おふくろが死んでるのを
見つけたのって

叔母さんだったよね

そうよ
確か

康治さんから
連絡があったんだよね

おふくろと連絡がつかないから
叔母さんに

小泉の家に様子を見に
行ってくれないかって

(順子)うん

(順子)お姉ちゃんの荷物は
あったんだけど

呼びかけても返事がなかったの

それで 洗面所のほうに行ったら

お風呂の電気がついてた

脱衣所に服があって

もしかしてと思って
ドアを開けたら…

玄関の鍵は閉まってたんだよね?

うん 警察に何度も聞かれたわ
間違いない

他の窓も すべて鍵がかかった
状態だったんだよね?

警察の人達は そう言ってたけど

そのとき 小泉の家の鍵を
持っていたのは誰だったのかな

私と お姉ちゃんだけだったはずよ

だから 警察の人達も
事故ってことになったんじゃない

<でも 合鍵は 誰にでも作れたはずだ>

<矢神の家の人間なら>

どうしたのよ
今更そんなこと聞いて

いや おふくろの遺品も
戻ってきたし

こういう機会だから
改めて聞いておこうと思って

おかしな子ねえ

順子さん もう一本もらえるかな
大丈夫? ペースはやくない?

伯朗君がいると ついね
(順子)フフフ

あんなふうに明るく話してるけど
順子さん

今でも たまに
うなされているんだよね

えっ?
自分が見つけたから

ショックだったんだと思う
だから伯朗君

あんまり思い出させないように
してくれると嬉しい

分かりました すいません
いや

(順子)ちょっと ぬるかったかな
よいしょ

はい
ありがとう

あっ そういえば
お姉ちゃんの荷物って

あれだけだった?
うん そうだけど

おかしいわね
実家のアルバムは なかった?

実家って?
小泉の家よ

お姉ちゃんが亡くなったあと

康治さんと明人君と三人で

一度だけ小泉の家に行ったの

置きっぱなしにしてあった荷物を
整理しなきゃいけなかったから

私は 自分の分は
持って帰ったんだけど

あとは全部
康治さんに任せちゃったのよね

そのあと 康治さんから

建物は全部 取り壊したって
連絡があって

更地になった写真が
送られてきたの

ああ これなら
僕のところにも送られてきたよ

でも あの家には
お姉ちゃんの荷物も残ってたし

実家のアルバムも
あったはずなんだけど

あれは
どうしちゃったのかな

確かに変だね

小泉の家の荷物が
おふくろの遺品の中に

少しぐらい残ってなきゃ おかしい

康治さんに聞いてみたら どう?
まだ意識はあるんだろ?

難しい会話は無理だと思います

でも まあ 考えてみたら
矢神家が

死んだ嫁の実家の荷物を
大切にしてくれるとは思えないわ

康治さんは
そんなことしないと思うけど

他の誰かが捨てちゃったのかも
それは ありえる

でも まだ この土地は
残ってるわけだよね?

(順子)あっ そうよ

この家の名義は
お姉ちゃんだったんだけど

あれから この土地を売ったって
話は聞いてないわよね

うん
伯朗君

あんなアクセサリーで
納得してちゃダメよ

この土地が どうなったか
調べなきゃ

伯朗君にだってね
相続権があるんだから

そういえば そうだね

ボーッとしてると
矢神の連中に とられちゃうから

気をつけなきゃダメよ
分かった ありがとう

(呼び出し中)

(電話を切る)

(携帯着信)

もしもし?

百合華です
すみません 夜分遅くに

ううん
大丈夫だけど どうしたの?

☎伯朗さん 勇磨さんの
インスタって見たことあります?

ああ 存在すら知らなかったし
見たくもないかな

ちょっとだけ見てくれますか?
今 アカウントを送るので

ああ

(通知音)

思ったとおり
嫌みな写真ばかりだね これが?

最新の ついさっきアップした
写真を見てください

新たな親戚って…

勇磨さん
楓さんと一緒だと思います

よけいな
お世話かもしれませんけど

やっぱり楓さん おかしいですよ

☎明君がいるのに勇磨さんと
二人で食事に行くなんて

☎気をつけたほうがいいと
思います

ありがとうございました

今夜は ごちそうさまでした

こちらこそ 楽しい時間でした

お別れするのが
名残惜しいくらいです

あっ よかったら
お茶でも飲んでいきます?

いいんですか?
もちろんですよ

親戚じゃないですか

お義兄様なんて
うちで お酒も飲んでますよ

じゃあ 遠慮なく

はい

お義兄様…

今にも殴りかかってきそうな
勢いだな

弟の嫁を訪ねてきた
兄貴の顔じゃないぞ

いくら親戚だからって

旦那の留守宅に上がり込むのは
どうなんだ

お前も上がってんだろ

僕は楓さんの兄貴だ

それに根本的に お前とは違う

楓さん 一番厄介な親戚は

矢神家ではなく 手島家のようだ

ポンコツですが
こいつも男の端くれだ

くれぐれも ご注意ください

では

はあ…

すっかり
ごちそうになっちゃいました

銀座の ベージュ アラン・デュカス
っていうレストランなんです

行ったことあります?
何で行った

お義母様と明人君の事件を
探るためです

勇磨さんは
一番の容疑者ですから

どうして僕に言わなかった

電話に出ないで
メールも無視して

あいつとは二人で会うなと
言ったはずだろ

束縛しすぎる人はモテませんよ

勇磨と何を話したんだ

ロサンゼルスのファーマーズマーケットのこととか

CAの仕事のこととか

たあいのないことが
ほとんどでしたけど

いくつか気になることも
聞かれました

どんな?

明人君が今の仕事を始めたとき

どうやって資金を調達したのか
とか

あとは 母親から

何か特別なものを譲り受けた話は
聞いていないか とか

特別なものって?

例の もっと価値があるものって
やつかもしれません

おふくろが
何か持っていたってことか?

分かりません それ以上は
答えてくれませんでした

そのときだけ
やけに真剣な口ぶりでしたけど

それ以外は 下ネタ絡みの
ジョークが多かったですかね

下ネタ? 例えば?

聞きたいですか?

何かされなかったよな?

はい?
触られたり 迫られたりとか

大丈夫ですよ 手を握られそうには
なりましたけど

握らせたのか?

今日のところは
うまいこと かわしました

今日のところはって
どういう意味だよ

今度は握らせるのか?

場合によっては

聞き捨てならないな
君は明人の妻だろう

明人君の妻だからこそです

明人君を救うためだったら
私は何だってやる覚悟です

何だよ それ
だったら

ハグだろうが キスだろうが
それ以上のことだろうが

明人のためだったら何しても
かまわないってわけか?

明人君のためなら
何だってやります

もしも それが必要なら

あきれた 話にならない

そんなことしたって
明人は どうせ…

どうせ 何ですか?

何でもない
ごまかさないで

明人は どうせ 何ですか?

言いかけて やめるなんて
男らしくないですよ

言いたいことがあるんだったら
はっきり言ったらどうなんですか

君は…

本当に明人が戻ってくると
思っているのか?

どういう意味ですか?

自分の意思で
姿をくらましているのなら

何か連絡があるはずだ

これだけ長い期間
音信不通というのは

何らかの事件に巻き込まれたと
考えるほうが妥当だと思わないか

思います だから
調べているんじゃないですか

生きていると思ってるのか?

何?

警察は何もしてくれないと
言っていたな

だけど まったく何もしてくれない
わけではないと思う

どこかで身元不明の死体が…

二度目だな

今夜は もう帰ってください

ああ そうするよ

ごめんな

はぁ はぁ はぁ…

はぁ はぁ…

ああっ はぁ はぁ…

はぁ はぁ…

ああっ がっ がっ…

ううっ…

ご無事で何よりです 牧雄さん

探し物はなかったようですね

私の部屋にあった鍵を
返してもらえますか?

ああっ ああっ…

まだ病み上がりですし しばらく
ここにいたらいかがです?

誰も信用できない…

あなたもだ

では この
勝手な行動を見逃す代わりに

一つだけ教えてください

あなたは 何をお探しなのですか?

人類の…

未来だ

では また1週間後に
ありがとうございます

薬は忘れないでくださいね
お大事に~ ブゥー

楓さんとケンカしましたね

断定か
違います?

はあ… 認める ケンカをした

というか
最悪なことを言って嫌われた

元々 そんなに
好かれてたんですか?

そういうわけじゃないけど

とにかく以前より
嫌われたことには間違いない

嫌われたと思っているときは

案外 嫌われていないものですよ

君が二日連続で
僕に優しい言葉をかけるなんて

僕は そこまで
へこんでるってことだな

魚のおいしい お店を見つけたんで
ランチに行きませんか?

えっ?
何か?

いや 君から誘ってくるなんて

珍しいなっていうか
初めてのような…

行かないですか?
あっ 行く

いらっしゃいませ
予約していた 蔭山です

予約してくれたの?
個室です

個室…

ここなら 誰にも邪魔されずに
ゆっくりできますから

ああ そうだね

でも なんか どうしたの? 急に…
あっ

もう 楓さんと比較されるのは
嫌なんです

あっ…

私だけって 決めてください

蔭山君…

<なんてことが起きるはずがない>

<…とは限らない>

いらっしゃいませ
予約していた 蔭山です

予約してくれたの?

個室です
個室…

ここなら誰にも邪魔されずに
ゆっくりできますから

ああ そうだね…

ご機嫌よう お義兄様
どうして…

仲直りのきっかけを
つくってほしいと

楓さんに頼まれました

蔭山さん ここ おいしそうですね

今日の お魚はキンメですって

私 それにしようかな
私はサンマにします

あっ シェアしません?

いい組み合わせだと思います
アハハ

何なんだよ もう…

蔭山さん 骨抜きにするの早~い

骨抜きって…

戻って経理作業があるので
急いでるだけです

えっ 助手だけではなく
経理もされているんですか?

蔭山君は簿記の資格を持っている
しかも動物看護師のプロだ

えっ すごい なのに何で
あんな小さな動物病院に?

小さくて悪かったな
結構 儲かってるんだぞ

小さい自慢を挟む男は
嫌われますよ

前の病院で
セクハラを受けたからです

だから次に働くところは

その心配がないところに
しようと思いました

調べたところ 池田動物病院の
院長は80歳ぐらいでしたので

それなら大丈夫かなと思いました

だけど 来てみたら
セクハラ世代ど真ん中の

副院長がいたってわけですね

女性好きではありますが
それは動物のオスとして

当然の衝動ですし
正常値だと思います

それに私は 今の職場で

副院長から嫌な思いを
させられたことはありません

褒められてるのか
けなされてるのかは

よく分からないけど

まあ とにかく
これからも よろしく頼むよ

できる限りは

よかったですね お義兄様

ていうか 何なんだよ この会は

で お二人は
なぜケンカを?

先ほどから私の話で
話題をそらしていますけど

根本的な問題を解決したほうが
よろしいのではないでしょうか

僕が完全に悪い

明人が もう死んでるんじゃないか
って言ってしまったんだ

それは副院長が完全に悪いですね

で 私は ひっぱたきました

暴力は よくないよね

副院長

明人は 昔から天才だった

それで ずっとコンプレックスを
抱えてきたんだと思う

天才の明人に比べて
本当に情けない兄貴だって

だから おふくろの事件のことを

明人が何も相談してくれて
なかったって知って

ショックだった

やっぱり あいつは

僕のことを頼りない兄貴だと
思ってたんだって

突きつけられた気がして

そんなとき

君が 勇磨と二人で
会っていたことを知って

なんか 明人ばかりか

君までも 僕を頼りにしてなかった
と思ってしまった

それで 子供みたいに頭にきて

あんな無神経なことを言った

謝るよ ごめん

だけど 僕だって

元気な
あいつに会いたいと思ってる

それは嘘じゃない

忘れてならないのは

根拠のない臆測を口にしたって
何の意味もないってことです

それが悲観的な場合は よけいに

だって…

誰も
勇気づけられないじゃないですか

ああ そうだな

では 私の役目は
終わったようなので

これで失礼します
ごちそうさまでした

お会計は 僕がしておくよ
当然です

…だな

蔭山さん

ありがとう

サンマのほうが
おいしかったですね

では

お義兄様 絶対に蔭山さんのこと
離しちゃダメですよ

なかなかいませんよ
ああいう女性は

彼女のほうから
離れていった場合は

どうしようもない

で これから どうします?

僕は今夜 小泉の家に行く

でも あの家って
もう更地になってるんじゃ…

分かってる だけど あの更地を

今は誰が どんな使い方をしてるか
確かめたいんだ

なるほど もしかしたら
矢神の誰かが

勝手に使ってる可能性も
ありますしね

よかったら 一緒に行かないか?

はい 一緒に行きます

ああ~

完全に迷いましたよね

仕方ないだろ
住所覚えてないし

記憶を頼りに
行くしかないんだから

責めてませんよ

何だか久しぶりに
のんびり気分を味わってます

ああ…

私も お義兄様に
謝ることがあります

お義兄様に連絡もしないで

勝手に勇磨さんに会いに行って

しかも 明人君のためだったら
何だってやるなんて言っちゃって

ごめんなさい

明人は 楓さんに
そういうことされても

嬉しくないと思う

焦る気持ちは分かるけど

もっと自分を大切にしてほしい

お義兄様は 明人君に
コンプレックス感じることないと思います

そうだ 今回の事件で

明人君を見返してやってください
えっ?

犯人を見つけて やっつけて
明人君を助けだして

見返してやるんです

どうだ お前のお兄ちゃん
すごいだろって

そうだな

でも その前に まずは
きちんと地図を読まないとね

ですね

この辺りのはずなんだけどな

お義兄様

これって あの写真の…

ああ 祖母の家だ

おふくろが亡くなった家だよ

おふくろが亡くなった家だよ

どうなってんだ
更地になったはずなのに

私は写真より
目の前にある現実を信じます

でも更地の写真には あの標識とか
隣の家とかも ちゃんと…

そんなの
十数年前でも簡単に作れます

じゃあ あの写真は
加工されたものだったのか?

そうでなければ
この家の存在を説明できません

お義父様は この家を更地にしたと
嘘をついていたんです

加工した写真まで作って

えっ あっ ちょっ…

おい まずいだろ 勝手に

そうですか?
私の夫の母親の実家で

お義兄様にとっては
おばあ様の家ですよね

それは そうだけど
それに

合鍵だって ありますし

持ってきたのか?
はい

実際に この場所に立って

どんな家だったのか
想像したいと思ったんです

まあ その必要は
なくなっちゃいましたけど

どうです?

どうって 間違いなく
ばあちゃんの家だよ

あっ あそこ ブレーカーですよね

電気なんて
止められてるに決まってるだろ

そんなの やってみないと
分かんないじゃないですか

分かったよ どうせ無駄だろうけど

あっ…

何で…

試してみるものですね

お邪魔しま~す

思ったより ほこりっぽくないな

見てもいいですか?

それは僕のじゃない

あっ…
あっ…

初めまして お義母様

ふ~ん

わあ~ 素敵

ふ~ん
ふ~ん

あっ ちっちゃい
あっ

ふ~ん

これって…

僕と明人だ

二人とも楽しそう

そういえば

空気銃で ふすまに穴を開けて

よく おふくろに叱られた

ええ~

まだ あるかな

あっ あった

えっ 何です? それ

明人と一緒に隠したんだ

おふくろに
空気銃を捨てられそうになって

へえ~
タイムカプセルみたいですね

何だ これ

手紙も入れてたんですか?

いや 銃と
おもちゃだけだったはずだけど

明人君…

(明人)「これを見ている人が
いるなら きっと兄貴だろうね」

「この家は
母さんが殺された現場として」

「保存することにした」

「残っていることを知っているのは
父さんと僕だけだ」

「もしも兄貴が見つけたのなら」

「誰にも言わずにいてほしい」

「兄貴
僕に もしものことがあった時は」

「頼んだよ」

「母さんを殺した犯人を
見つけてくれ」

《兄貴は 母さんが死んだ日
何してたの?》

《大学の研究室に
泊まり込んでたけど どうして?》

《僕か兄貴のどちらかが
小泉の家に一緒に行っていれば》

《こんなことには
ならなかったなって》

《大学は どう?》

《大変だけど
そこそこ楽しいかな》

《まあ 人間の医者になる
お前にしてみれば》

《動物の世話をしてるのなんて》

《くだらないことかもしれない
けどね》

《僕は医者にはならない》

《ふ~ん》

《まあ 好きにすれば》

《俺は関係ないから》

《元々 矢神家の人間じゃないし》

《おふくろが死んで これで
完全に つながりがなくなった》

《つながってるでしょ》

《僕と兄さんだけは》

《矢神じゃなくてさ》

《母さんの血で
つながってるでしょ》

やっぱり頼りにしてたんですよ

お義兄様のこと

《(明人)つながってるでしょ》

《僕と兄さんだけは》

《母さんの血で
つながってるでしょ》

大丈夫ですよ お義兄様

明人君 絶対生きてますから

当たり前だ

(通知音)

追い詰めますよ

必ず あなたを追い詰める

誰よりも頼りになりますから

僕の兄貴は

(通知音)

浸ってる場合じゃないな

おふくろも弟も やられて

このまま
黙っているわけにはいかない

僕が
犯人を追い詰めて

必ず
明人を救い出す

(足音)