金曜ドラマ「恋する母たち」 第4話 今夜衝撃の修羅場 杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木…

出典:EPGの番組情報

金曜ドラマ「恋する母たち」 第4話 今夜衝撃の修羅場[字][デ]

なぜ、母になっても女は恋に落ちるのか…
原作・柴門ふみ × 脚本・大石静
新時代を生き抜くすべての人に送るラブストーリー!

番組内容
杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。まり(仲里依紗)は繁樹(玉置玲央)から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われるが全然うれしくない。まりは丸太郎(阿部サダヲ)に連絡する。優子(吉田羊)も、赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱい。会社でも意識してしまう。シゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事
番組内容2
な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をするが…。翌日、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明ける。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

出演者
木村佳乃、吉田羊、仲里依紗、小泉孝太郎、磯村勇斗、森田望智、瀧内公美、奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐、結城モエ、玉置玲央、矢作兼、夏樹陽子、阿部サダヲ

原作
柴門ふみ「恋する母たち」(小学館「女性セブン」連載)

脚本
大石静

音楽
主題歌:松任谷由実「知らないどうし」(ユニバーサルミュージック)
音楽:出羽良彰/兼松衆

スタッフ
演出:吉田健
チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:佐藤敦司

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

◇twitter
@koihaha_tbs
https://twitter.com/koihaha_tbs/

◇instagram
https://www.instagram.com/koihaha_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 斉木
  2. 大介
  3. 優子
  4. 与論
  5. バイブレーター着信
  6. 大丈夫
  7. 温泉
  8. 息子
  9. 今日
  10. 仕事
  11. 電話
  12. 離婚
  13. 合コン
  14. 自分
  15. 慎吾
  16. 母親
  17. お母さん
  18. ホント
  19. 関係
  20. 気持

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 19:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

(杏)斉木さん!

私も…
斉木さんのことばかり

考えています

斉木さんが好きです!

(斉木)うち 行きますか?

何か 食べますか?
ああ…

うち 行きましょう

(丸太郎)「俺をこわがらせようと
買ってきやがったな チクショー」

「こわ~い!
おまんじゅう こわ~い!」

「中 黒あんか これ
こわ~い!」

(まり)ハハハ…

「う~ん…」

「こわ~い!」
(繁秋)落語なんか見んだ

ちょっ…
「ただいま」ぐらい言ってよ

いや すげえ見入ってるからさ

暇つぶしよ

(華奈・奈々)ただいま~
お帰り

「今昔亭」?

(のり子)お呼びでしょうか?

(蒲原)
さっき送ったメール 見た?

高のトラスト法律事務所の情報
いただきました

友人がやってる グローバル企業
専門の法律事務所で

来月から働けるように
話をつけておいた

君は優秀だから
どこに行っても大事にされるよ

おっしゃってることが
分かりません!

先生がホントに
愛してるのは私です

離婚を言いだせなくて
困ってらしたから

私がきっかけをつくって
さしあげたんです!

そう思わせてしまったなら
悪かった

でも 先のない関係を続けるより
給料のいい所で

弁護士としての経験を積んだ方が
君のためだ

(ドアが開く)

お帰りなさい

食事してないんだけど 何かある?
うん ある

あのさ 今度
温泉でも行かない?

温泉!?

《やっぱり 温泉 行こうね》

何 驚いてんの?

あっ いや… だって
「今年の夏は忙しいから」

「家族旅行はなし」って
言ってたから

一泊くらいなら
何とかなるよ

ほんと?
華奈と奈々も喜ぶわ

子供達は連れていかない
えっ!?

二人で行こう

斉木さんって いくつ?

よかった
私の方が一つ年下で

関係ないよ 年なんて

私…

あの…

11年前と違うっていうか

昔のことも 過ぎた時間も

そういうこと
全部 関係ないから

何か おかしい?

いや… だって

顔も しゃべることも
ハンサムすぎて

《(優子)八木君 赤坂君は?》

《(八木)
まだ戻ってないみたいです》

《帰ったら
私の所に来るように言って》

《はい》

《(赤坂)戻りました》

《林さんが捜してたよ》

《はあ? 何だろう…》

《戻りました》

《新商品のパッケージ案 追加分
今日までだったよね》

《まだ 揃ってないの?》
《すいません》

《僕の手元には来ているので
すぐまとめます》

《早くね》

家に着いたらメールして
はい

あっ ありがとう

今度 いつ会う?

お仕事の
お邪魔にならないときに

じゃ 明日

じゃ

あ~っ!
ねえ ブルーになっちゃった

気に入ってたのに…
まあ いっか

ねえ 研ちゃん 洗濯物
畳んどいてくれる?

(研)うん
あと 洗い物もお願い

うん
ごめんね! 行ってきま~す!

えっ?

(高根)
ぜひ お待ちしておりますので

あっ!

これ! すいません これ

また よろしく
お願いいたしま~す

ありがとうございます

何だか 今日
生き生きしてるわね

えっ?
とってもキレイ

え~っ? ヤダ

(研)「最近 見たことないくらい
ハイになってて」

「母さん ちょっと心配な感じ」

(大介)「男 デキたんか?」

(研)「えっ!」

(大介)子供だな~

(大介)「母親だって メスだから」

(携帯着信)

何? これ

「宮沢賢治記念館」

(携帯着信)

はい

どうしたの?
☎何となく

声が聞きたいなと思って

嬉しいね~
だけど 声が心細げだよ

愛人撃退して
絶好調のはずでしょ?

そうでもないの

夫がね この前の罪滅ぼしで

何か 「温泉に行こう」とか
言ってきて

温泉!?

☎うん でも 全然 嬉しくないの

あっ そう

深い関係だった女の人を
平然と切り捨てて

自分の都合だけで
人の気持ちなんか

まるで
全然 考えてないのよ

もう ホント 冷たい人

じゃ その冷たい心を
温泉で温めてきなさいよ

えっ!?
温泉

先 越されるのは
ショックだけどな~

でもさ そういうときは
行った方がいいよ まりちゃん

夫といると
いつも ピリピリしてて

楽しくないんだもん

私といると
すっごく楽しいのにね

フフ… そうなの
オホホホ…

でもさ 夫婦って
愛と憎しみの

両方があってこそ
一人前なんだよ

愛と憎しみ 両立できない

十分 してるよ

まりちゃんもダンナさんも

三人の子供の親なんだ
大丈夫 大丈夫

☎大丈夫だから
温泉 行っておいで

(アナウンス)
本日は 今昔亭丸太郎の…

来た 来た!
マルちゃん 素敵~!

いつも すいません どうもね
ダンナさん 大事にしてね

どうもね またね

またね
素敵~!

杏さんの好きなものって 何?

うん? 好きなもの?

食べ物だよ
あっ 食べ物

ココエブリィの
アナゴ入り太巻き

それと 雪町工房の
カスタードシュークリーム

覚えておくよ

斉木さんは?

特に 好きな食べ物はないけど
うん

今までで
一番 まずかったのは…

ラオスで食べたカブトムシかな

カブトムシ!? 気持ち悪い

(おなかが鳴る)

あっ!
どうしたの?

おなか 鳴っちゃった
聞こえたでしょ?

ううん
えっ?

何だ 言わなきゃよかった

おやつならあるよ

あっ…

しょっぱいのも
ええ~

どっち?
どっちも

アチチチチ… お待たせ

うわっ! 天丼なんて
お金ないのに大丈夫?

エビが二本 入ってたから
思わず買っちゃった

はい いただきま~す
いただきます

たまにはいいじゃない
研ちゃん 勉強 頑張ってるし

エビから食べよう

うん
これも食~べて

えっ 食欲ないの?
研ちゃんに食べてほしいの

あのさ
うん

僕の父親は
何で家を出ていったの?

離婚して
さっぱりしたんだったら教えてよ

他に好きな人ができてね
そっちに行っちゃったの

やっぱりな~

その相手と
今も与論で暮らしてるの?

うん…

その人とは別れたの

与論では
別の女の人と暮らしてた

えっ!? 何 それ

もう 終わったことだから
どうでもいいんだけど

まあ そうだね どうでもいいな
うん

ていうか うまい これ
うん

はい どうも はい

ああ いいね いいね
その笑顔 笑顔 はい いいよ

今度…

会ってほしい人が
いるんだけど

うん?

お母さんね
その人のこと好きなの

えっ…
離婚したばっかりじゃん

うん 正式に離婚したのは
2日前だけど

お父さんが出てったの
11年前だもん

まあ… そうだね

えっ… 結婚すんの?

それは まだ… 分からないわ

結婚しないなら 好きにしなよ

母さんが好きな人と
付き合うのは

全然 いいんだけど

僕は会わない

どうして?
だって…

母さんは母さんで
僕は僕だから

ああ…

ちょっと前の
手かけてんのがいいよね

そうですね
ナベさん 手かけてる写真

出せますか?
これかな

う~ん…

「スキな人に会ってくれって」

(大介)「会えよ」

「会いたくねーよ」

(大介)「どんな男か見とけば」

はあ…

(杏が歯を磨いている)

おはよう

おはよう

あのさ…
うん

会ってもいいよ

昨日の話の人 いや…

母さんの好きな人
見ておきたいから

あっ…

ちょっ…
あっ 今日でもいいけど

えっ!? 今日!?

うん
えっ!?

あっ ねえ ちょっと
そんなにね 急だと

斉木さんのお仕事が
どうかしら?

サエキさんっていうの?

サエキじゃないの
サ・イ・キ

サイキさんね
うん

よし

じゃ 行ってくるね

(林)今日 遅くなる?
ああ…

代理店とテレビ局の人と
食事会があるけど

話したいことがあるんだけどな

ああ 何?
大事なこと

もったいぶらないでよ

俺達 家族のことだよ

分かった なるべく早く
帰るようにするね

慎吾さんがいなくなって 11年間

マンションのローンも
研の学費も出していただき

本当に ありがとうございました

(綾子)どうしたの?
改まって

研ちゃんは
私の孫でもあるんだから当然よ

慎吾さんと
正式に離婚できましたので

この先は 自分の力で

何とか やっていきたいと
思っています

「自分の力で」って…

まっ おかけなさい
えっ…

あっ はい

あなたのお給料じゃ
家賃払って 生活して

研ちゃんの学費 払うのは
無理でしょ?

公立に転校する
選択肢もあるかなって

それはいけません!

研ちゃんは
石渡家の跡継ぎですよ!

せっかく 狭き門を突破して入った
麻蔵学園なのに…

今までどおりで
いいじゃないの~

慎吾への恨みは
分かりますよ

でも それで 私に
当たらないでちょうだい

そんなつもりは…
今のままでいきましょ 今のままで

最近の高校生
どんな本 読んでんの?

あっ… 本 読まないか

今 読んでるのは
「ライ麦畑でつかまえて」です

あっ それ 僕も高校の頃
大好きだったよ

ですよね あっ いや…

斉木さんっぽいと思って

好きな音楽はミスチル
読まれてるな

一番好きな曲は?

「Tomorrow never knows」

えっ!?

すごいな
ええ~っ!

あの… 僕
友達と約束があるんで

先に 失礼しても
いいですか?

えっ 今からお友達と会うの?
うん

斉木さん

母を よろしくお願いします

えっ…

僕こそ 会えて嬉しかったよ

あの… すいません

気を利かせたんだよ

思っていたより
ずっと大人だな~

普段は あんなに愛想よくないから
驚いちゃった

僕らへのサービスだよ
きっと

サービスする気になった
ってことは

認めてくれたってことよね

でも まだ
石渡慎吾の相手の

ご主人だったことは
言ってないの

隠すのも
変だと思うけどな

僕らは何も悪いこと
してないんだし

そうね

じゃ よろしく
お願いいたします

ありがとうございました
お疲れさまでした

運転手さん すいません
渋谷で一人降りて

北品川に行ってください
はい かしこまりました

ちょっと… ダメ

ちょっと

<夫との約束を>

<すっぽかした>

(舌打ちをする)

ダンナさんと
こんなことしてないよね?

しないこともないわ
嘘!?

僕と こんなにしてるのに?

拒んだら怪しまれるじゃない

嫉妬するようになったら
こういう関係は破綻するわよ

優子さんは 僕が
他の人とホテル行ったりしても

平気なの?

平気よ

(林)お帰り
あっ! ビックリした

あっ… カラオケに
付き合わされちゃって

今朝の話だけど

おじきが 与論でフリースクール
作りたいって言ってるんだ

不登校とか中途退学の
中学生 高校生を預かる

フリースクール
ああ…

俺 教員免許 持ってるし
大介も東京にいるより

島の方が 何か
のびのびしてたからさ

それって… 家族で
与論に移住するってこと!?

そりゃ
三人で行けたら理想だけど

優子ちゃん
仕事 辞められないだろ?

今 突然 言われても
分かんない

大介は 「行ってもいい」
って言ってた

もう そんな話してるの?

優子ちゃん なかなか
帰ってこないから

さっき 話しちゃったんだよ

俺さ あっちで教師やりながら
小説 書きたいんだ

大介は頭いいから
認定試験 受けて

大学は
どこでも行けると思うし

そんな…
どんどん決めないで!

まあ 明日
もう一度 与論 行って

おじきと話してから
決めるけど

明日って 大介と私
二人きりになっちゃうじゃない

親子なんだから
普通にしてりゃ大丈夫だろ

よいしょ それ
行ってきま~す!

あっ…
今日もデート?

違います!

別に 僕に
気を使わなくてもいいよ

使ってません!
あのね 斉木さんのお仕事

すっごく忙しいんだからね
ふ~ん

ヤダ 何 その顔
生意気になっちゃって!

いってらっしゃい

よいしょっと

僕は… お父さんと一緒なら
どこでも行くから

お母さんは
東京で仕事すればいいよ

まあ そんなに早く
決めることはないからさ

どうしたらいいか
みんなでゆっくり考えよう

じゃ 行ってきます

いってらっしゃい
(大介)いってらっしゃい

今夜 合コンがあってさ
一人 男がキャンセル出ちゃって

来ない?
合コン 興味ないんで

分かってるけど 聞いてみたの

(藤井)俺も行くんだよ 数合わせで

すいません
うん… えっ?

代理店と話し合った CMの改善点
まとめました

ありがとう
あとで確認しておく

今から出ちゃうんですけど
夕方以降 どうなってます?

パリとのウェブ会議
何時からですか?

18時
分かりました

さっきの合コン
やっぱり 俺 参加します

(八木)えっ ホント!?
(赤坂)数合わせで

《優子さんは 僕が
他の人とホテル行ったりしても》

《平気なの?》

(八木)盛り上がるよ~
(小森)私も行きたいです

(有馬)合コンなんて
時間の無駄なんじゃない?

<若い子とくっついて 私を捨ててよ>

<そしたら 諦めつくから>

ただいま~

よいしょ

(チャイム)

はい?

石渡杏さんですか?
はい

(由香)
私 斉木の別れた妻です

旧姓 斉木由香

息子が帰ってきますので
手短にお願いします

これを渡そうと思って来たの

何ですか? これ

お金

慎吾が
あなたに送ったお金

与論に逃げてから 慎吾
ずっと帰りたがってたの

やっと ホテルに
仕事見つけたとたん

「置いてきた妻と息子に」

「生活費 送りたい」って
言いだしたのよ

直接 書留で送ると
島の住所 バレちゃうから

私の友達に一度送って
そこから あなたに

送ってもらうことに
したんだけど…

私が止めたの

毎月8万 2年分で192万

この前
斉木のタクちゃんと会ったとき

しまい込んでた
お金のこと思い出したのよ

斉木さんと 今でも
お会いになるんですか?

気になる?

この前 タクちゃんがやたら
石渡杏さんの話するから

何か 変だな~と思って

「えっ あんた達 デキてんだ」って
カマかけてみたの

そしたら ハハハ…
真っ赤になっちゃって

今度 結婚する相手
大金持ちのおじいさんだから

そんな お金もいらないし

これで
チャラってことにして

チャラにする気は
ありません!

でも… このお金は

あなたの所にあるのも変なので
いただきます

ねえ もしかして
あなたとタクちゃん

この11年
ず~っと付き合ってた?

そんな…
亭主と駆け落ちした

女の元ダンと傷なめ合って
生きていくって

ダッサいけど!

何か 人生よね~

あなたこそ! なぜ
記憶喪失の石渡慎吾を

与論に置き去りにして
姿を消したんですか!?

島の若い女に
慎吾が手出してたの

子持ちで民宿やってる女

与論で会った?

いいえ

じゃあね

あ~あ これで
さっぱりしたわ

お邪魔しました

(ドアが開く)

研ちゃん?

斉木タクちゃんって
あの斉木さんのこと?

帰ってたの…

父親もひどいし
今の女もひどいけど

母さんも似たようなこと
してたんだね

キモいよ

「すぐ行きます」

(バイブレーター着信)

「今 斉木さんに
会うことはできません」

「すみません」

ああ~っ! ああ~

(ドアが開く)

あっ ビックリした!

合コンじゃなかったの!?
合コンなんて つまんないよ

えっ…

何 何!?

僕は優子さんでないと嫌なんだ
はあ!?

離しなさい!

もう 誰もいないよ

離婚して

僕だけの優子さんに
なってほしい

私達は 今
性欲に支配されてるわ

性欲は もって3年

その先
人生は50年も続くのよ

よく考えてみて

(バイブレーター着信)

「煮詰まってます
会って話したいです」

(バイブレーター着信)

「私も行く! 何時にどこ?」

玄関に靴もなかったから

まさか 研が帰ってると
思わなくて

ホントに 11年
彼と付き合ってたの?

ううん

「キモい」って言ったときは

ホントに
嫌そうな顔してたから

斉木さんと会うのは
しばらくやめようと思って

我慢できるの?

あのときから怪しいとは
思ってたんだ~

「あのとき」って?
ううん もう いいの

私… 研の心が離れてしまったら
生きられない

私は 息子と心が離れたら
生きられないなんて

思ったことないけどな
本当!?

どっちかっていうと
息子がいなければ

もっと 仕事ができるのになって
思いながら生きてきた

母親だって
仕事で羽ばたきたいし

恋もするでしょ?

優子さんは
大介君が生まれてからも

恋してたんだ
ああ…

まあ 研ちゃんのことは
難しい問題だけど

杏ちゃんの人生も
一度きりなんだから

彼のこと諦めない方が
いいと思うな

同感! うん

息子は息子 自分は自分よ

優子さんの意見とは
ちょっと違うけど

研ちゃんは
絶対 大丈夫だと思う

息子って
どんなに反発しても

母親を嫌いには
なれないでしょ?

そうなの? 私なんか
とっくに嫌われてるけど

嫌いな振りしてるだけよ
そうかな?

息子にとって
最初の女は母親なのよ

最初に おっぱいを吸って

最初に おちんちんを見られて

ベッドで手足を絡めて
寝た仲なんだから

杏ちゃんも優子さんも
言ってやりなさいよ

息子達に
「嫌えるもんなら嫌ってみろ」って

ああ~ そんな自信ないわ

私もない
大丈夫 大丈夫

母親なのよ 私達は

お前 それ お母さん 責めても
かわいそくない?

11年も男がいたんだよ
キモいよ

いいじゃん 別に
うちの母親もいるよ


えっ!?

うちだって元々
夫婦関係 崩壊してるし

えっ そうなの!?
うん

親父は家族に興味ないし
女はいるし

その女が最悪だし

親父の女に
会ったことあるの?

ないけど お袋に送ってきた
音声メールは聞いた

最中の声

最中かよ 沼 深いな

えっ…
サイチュウって 何?

やってる最中のこと

お前 そんなのも分かんねえで
お袋に文句言うんじゃねえよ

俺 麻蔵 やめて
与論行こうと思ってんだ

えっ 与論!?
僕の父親がいる所じゃん

石渡が 「行くな」って言うなら
行かないけど

もったいないじゃん
林 勉強できんのに

あ~ 俺も学校 やめて~!

えっ マジかよ!?
あっ…

研ちゃん

ご飯作ってあるから
食べてね

行ってきます

電話しとく
あっ… いらっしゃいませ

すいません 突然

由香に 二度と
杏さんに近づかないよう

言っておきます
やめて!

あの人に連絡しないで

あの人と
縁を切ってください

二度と会わないで
話もしないで!

嫉妬してくれたんだ

嫉妬しましたけど
でも 今は

研に理解してもらうことが
一番 大事なことで

そこが解決しないと 私…

斉木さんを愛することも
できないです

落ち着いてください

僕が研君に話すことは
できないかな?

えっ?
11年前

お互いの伴侶が
いなくなったことで

僕と杏さんは何度か会った

でも それ以降は

一切 関わるまいと思って
生きてきた

だけど 11年ぶりに再会し

一人で お子さんを抱え
奮闘してる杏さんに

好感を持つようになっていった

離婚が成立したあと

気持ちを
初めて打ち明けた

それを順序だてて話せば

きっと
分かってくれると思うけど

そうね

私も自分の言葉で
話してみようかしら

誰の人生にも 思わぬことは
起きるものだから

一緒に乗り越えよう

しばらく
自由に会えないけど

僕の気持ちは
揺るがないから

フフフ…

やっぱり
何かハンサムすぎる

こちらでございます
ごゆっくり どうぞ

おお~
ああ~

すごいね
うん

広いね~
ハハハ…

えっ!?
うん?

え~っ! エッチ~!

大きな声 出すなよ!
えっ?

隣の部屋の露天風呂
すぐ そこなんだから

そうなの?
うん

何 肉じゃがって
しらたきも入れんの?

(洗濯機の警告音)

何 お野菜と豚肉…

分かった 何? これ? 違う

どいて

洗濯機 止まっちゃったの

入れすぎだよ
あっ そう

(洗濯機が動く)

おっ サンキュー

いつも お父さんと
家のことやってるからさ

あっ… 今日は
お母さんがご飯も作るね

何 食べたい?

お母さん

仕事も好きだけど

大介も お父さんも
すっごく大切よ

大介が…

部屋に閉じこもってから 私

仕事で成果上げても
100パーセント 喜べなくなった

いつも 大介のことが気になって
だから…

お母さん 洗濯機も
まともに回せないけど…

お母さんを
やめる気はないから!

う~ん

う~ん!
ウニ おいしい!

ほら これも食べなよ

えっ 繁樹さん 食べないの?
うん 僕は しょっちゅう

外で おいしいもん
食べてるから

じゃ もらっちゃお~

どうぞ~
う~ん

(バイブレーター着信)

見ないの?

私も まだ明るいけど
飲んじゃお~

(バイブレーター着信)

(バイブレーター着信)

はい
☎(のり子)先生~

☎私ね~ お薬
いっぱい飲んじゃいました~

☎オエッ 気持ち悪い

今 どこ?
☎言わな~い

あっ…
☎じゃあね~

☎先生 バイバーイ

(電話が切れる)

山下が自殺を図った

えっ!?
ちょっと行ってくるね

じゃ… 繁樹さんが帰るんだったら
私も帰る

まりは泊まっていけばいいよ
ごめんね

この埋め合わせは
必ず するから

それと…

あいつとヨリは戻さない
それは信じてね

イテテ… やっちゃった~

はあ…

<仕事してる方が ずっと楽>

(バイブレーター着信)

(赤坂)「よく考えてって
言われたことを考えるために」

「土日で岐阜の実家に戻りました」

「私も会社 辞めようかなって
考えてました」

(バイブレーター着信)

はい

☎(赤坂)「会社 辞める」って
どういうこと!?

家族で 与論島に
移住しようかと思って

☎俺と別れるため?

それだけじゃない

☎じゃ 何で
会社 辞めないとならないの!?

☎何で そんな
遠いとこ行かないとならないの?

☎そっち行くから待ってて

岐阜でしょ!? 今

☎着いたら電話するから
3時間半くらいで着くよ

やめて!
せっかく実家に帰ってるのに

(電話が切れる)

う~ん!

(携帯着信)

(蒲原)「彼女は大丈夫だった」

「今 家に戻ったけど
もう遅いから」

「そっちには戻らないけど
ゴメンね」

ふ~ん

(携帯着信)

ハロー
☎(丸太郎)あら ハロー

☎まりちゃん 今 どこ?
強羅温泉

☎まつと屋かい?

えっ 何で分かるの?

温泉評論家だから 私

☎すご~い

ご主人と二人なら
お邪魔だったかな?

それがね 夫 帰っちゃったの
えっ!?

この間 三人対決した夫の愛人が

「自殺しま~す」って
電話してきて

その女 ますます最悪だね

☎でも 死なないと思う

ほんとに 死のうと思ってたらさ

黙って死ぬと思うもん

夫に電話してくるってことは

全然 死ぬ気はない
ってことでしょ

さすが まりちゃん 頭いいね~
私もそう思うよ

ご飯 食べてたの

もう 料理は
本当に おいしいわよ~

よかったね~
一人温泉は最高の贅沢だよ

☎ゆっくり休養してね~
は~い

(電話が切れる)

ああ~

(丸太郎)「ああ~」

「うわ~ 湯ってのは いつ来ても」

「いい心持ちのもんだね~」

「だけどね
あんまり浮かれてるってえと」

「お滝さんに嫌われるからな~」

「そうだ お滝さんが来たら
一本 まず」

「ぽ~んと釘刺してやろう」

「お滝さん あんた 何でしょ?」

「私に ほれて…」

「借金を返さなくちゃいけねえ」

「金が目当てで来たんでしょ?」

丸太郎さん!?

失礼しま~す

「おお~っ!」

「寝ようか ウフフ…」

「バタバタバタバタ…」

まりちゃん いいところに来た

ちょいと
こっちへ お入んなさいよ

研ちゃん 少し話さない?

(研)
「おばあちゃんの家に行きます」

「研」

(バイブレーター着信)

(赤坂)「今 着いた」

「橋渡った川沿い」

与論なんか行っちゃヤダ

いっぱい考えたけど
性欲だけじゃない

この先 50年だって一緒にいたい

結婚しよう