【土曜時代ドラマ】子連れ信兵衛2 [終](7)「人質奪還大作戦」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【土曜時代ドラマ】子連れ信兵衛2 [終](7)「人質奪還大作戦」[解][字]

美玖(黒谷友香)の知り合いの剣豪・猿渡が、おぶん(小島梨里杏)たちを人質に立てこもる。女たちを助けるため、信兵衛(高橋克典)と長屋の仲間たちは大作戦を決行する。

詳細情報
番組内容
大盗賊の親分の、市中引き回しの刑を見物する信兵衛(高橋克典)たち。しかし乱闘騒ぎになり、親分が盗賊たちに取り返されてしまう。実は盗賊側で剣をふるっていた男は、美玖(黒谷友香)の知り合い・猿渡(四方堂亘)だった。その後、猿渡がおぶん(小島梨里杏)ら女たちを人質に、なんと信兵衛たちの馴染みの居酒屋・丸源に立てこもる。猿渡との交渉に向かう美玖。女たちを救うため、信兵衛と長屋の仲間たちは大作戦を決行する。
出演者
【出演】高橋克典,左とん平,小島梨里杏,宮田俊哉,鶴田忍,黒谷友香,四方堂亘,新井康弘,長谷直美,笹野高史,中村嘉葎雄
原作・脚本
【原作】山本周五郎,【脚本】いずみ玲
音楽
【音楽】栗山和樹

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – 時代劇

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 旦那
  2. 鶴坊
  3. 阿修羅
  4. 美玖
  5. 駒太郎
  6. 榎戸
  7. 猿渡
  8. 先生
  9. 親分
  10. 大丈夫
  11. 美玖殿
  12. 一人
  13. 鶴之助殿
  14. 木挽町
  15. 一味
  16. 気持
  17. 長屋
  18. 御用
  19. 今度
  20. 人質

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/09/24 22:46:54時点 Amazon調べ-詳細)

(おたえ)よいしょっと。
(おちか)手伝おうか?

大丈夫だよ ハハッ。

(ため息)

おっかさん あたいたちがやるから
休んでて。

本当かい? じゃあ 頼んだよ。

あっ 偉いね。

そろそろだね おたえさん。
6人目だもの

慣れたもんでしょ。
そうだ。

アハッ おまんじゅう
よかったら 皆さんも召し上がれ。

アハハ あら 悪いわね。

いつも すいません。
子どもが喜びます。

どうも。

ねえねえ ねえねえ
あの人 近頃 よく来るわね。

おぶんちゃん。

あれっ おぶんちゃん!

あんた ちょっと。

先生の事
ちゃんと見張っときなさいよ!

(おぶん)
いや 私 先生を見張るなんて…。

(信兵衛)
いやいや おめえの気持ちは
よ~く分かる。

そりゃ お前だって
ちゃんと同じもの食いてえだろう。

だがな 鶴坊
おめえ まだ ちょこっとしか

歯が生えてないんだから
これは駄目 ぶうだ。

(鶴之助の声)

もう~ しょうがねえな。
ちょっとだけだぞ。

言っとくがな
これは くれぐれも

おぶんのおばちゃんには内緒に…。
(おぶん)先生!

もう~ やわらかいものじゃなきゃ
駄目だって言ってるのに。

おなかにさわったら
どうするんです?

すいません。 鶴坊 残念だったな。
ぶう。

あ~ 分かった 分かった。
ちゃんが悪かったよ。

今度は お前のために こさえて
食わせてやるから。

鶴之助殿は 今 何と?

先生ったら 鶴坊が
「ぶう」って言っただけで

何て言ってるのか もう
すっかり分かるんですって。

ハハハハ いや 「ぶう」だけじゃねえ
「ばあ」ってのもあるぞ。

「ぶう ばあばあ あっ ぶう」
ってなもんだよ。

(美玖)はあ…。
おいで 鶴坊。

はい だっこ だっこ。

美玖さん はい。

はい ほら。

こうやって

こうやって
しっかり お尻を支えて。

それで ちゃんと
目を見てやって下さい。

うん。
こうですか?

「私が おっかさんよ」って
そういう気持ちで抱くんです。

そうしたら
鶴坊も安心しますから。

鶴之助殿 私が そなたの
そなたの…。

≪お~い 市中引き回しが来るぞ!

ええ?
≪(いななき)

(ざわめき)

おい 道を空けろ!

♬~

<俺は松村信兵衛。

木挽町の裏長屋に住む
貧乏浪人だ。

長屋のみんなの手を借りて
男手一つで子育てに奮闘中。

おう 鶴坊 今日も ご機嫌だね>

(どよめき)

あの野郎だよ。
阿修羅の駒太郎っつったらさ

盗みに入って
一人残らず皆殺しにしちゃう

鬼のような盗賊でしょう?
(源吉)ああ。

やつが捕まって
商人たちは みんな

胸をなで下ろしてますよ。
本当 見るからに

恐ろしい顔してるわね。

いっちょ 石でも投げてやるか。

やめてくれよ とっつぁん
榎戸の旦那を

困らせねえでやってくれよ。
(重助)ああ そうか。

(竹造)あ~あ あんなに
しゃっちょこばっちゃって。

(常)あれじゃ てめえに
石が当たっても 気付かねえや。

(吉)あっ 旦那だ!
旦那! こっち こっち!

(万平)
早くしねえと行っちまうよ!

おうおう。

(悲鳴)

おうおう どうした どうした!?

(飯塚)阿修羅の一味だ!
構わん 斬り捨てい!

みんな 下がってろ!

親分! 親分!

(悲鳴)

榎戸!

坊ちゃん!

美玖さん 早く!

(榎戸)飯塚様!
大丈夫か!?

待ちやがれ!

(榎戸)イタタタタタタ。
(道仙)おとなしくしてろ。

ようやく捕らえた駒太郎を
奪い去られるとは

なんたる無念!

目の前で 与力の飯塚様が
斬り殺されて

重手を負った者たちも…。

(ため息)

あれは血の通った剣じゃねえ。

何か ゾッと背筋の寒くなるような
冷てえ剣に 俺には見えた。

親分 阿修羅の一味は
押し込んだ先の家人を

皆殺しにしやがるんだったな。
さようで。

あの侍に そっちを任せて

てめえたちは
盗みに精を出すって やり口か。

顔を見た者は 片っ端から
殺されちまったもんだから

これまで さっぱり
正体をつかめなかったんでさあ。

うん それがまた どうして
頭だけ お縄に?

たれ込みがあったんです。
たれ込み?

駒太郎は 湯島に女を囲ってて
三日にあげず通ってるって。

それで 張り込みを仕掛けて…。

確かに。
よし。 それ!

阿修羅の駒太郎だな!
ええい ひっ捕らえろ!

(榎戸)おとなしくしろ!

一体 誰が そんな たれ込みを…。

内輪もめじゃねえかって噂も
あったんですが

子分どもが 束んなって
奪い返したってとこ見ると

どうやら
そういうこっちゃねえようで。

う~ん…。

頼みの頭を取り戻して

また好き放題 暴れ回るつもりに
違いない。

今度こそ 一網打尽にしなければ。

せっかく助かった命だ。
無鉄砲なまねするんじゃねえぞ。

北町奉行所の威信が
懸かっているんです。

自分の命など
惜しんではいられません。

ごめん。
あっしも行ってめえりやす。

源さん 薬だ のましてやりな。
ありがとうございやす。

ばか!

命はいらねえだと?
何を言ってやがんでい。

一番大事なのは
な 鶴坊 命だよな。

おお… これか? はい。

(駒太郎)て… てめえら よくも…。

(猿渡)死出の旅路より
救い出されて ぬか喜びしたか。

めでたい事だな 阿修羅の頭。

さて どうしてくれようか。

榎戸の旦那 おけがの具合は?

うん。 まあ けがの方は

じっとしてりゃ
じきに よくなるだろうが

今回のしくじりは
相当 こたえてるみてえだな。

おぶんちゃんが心配してたって
言っとくよ。

あ…。

さあ 行こう 鶴坊。

先生。
ん?

うんと幸せになって下さいね。

鶴坊と美玖さんと3人で。

うん…。

これから先
どんな暮らしをさせるのが

鶴坊にとって一番なのか

俺にも
正直 答えが分からねえんだ。

ただ 子どもには やっぱり
女親が要るんじゃねえかなって。

分かっています。
私じゃ駄目だって事は。

あっ 私 おたえさん
迎えに行ってきます。

ああ…。

旦那 ちょっと休んだ方が…。
余計な事を言うな。 行くぞ。

親分!

旦那 こちらです!
ああ。

この刀傷
例の腕っこきの浪人者が

手にかけたもんじゃ
ねえでしょうか。

殺すなら
どうして助け出したんだ?

何のために あそこまでして…。

♬~

ふう~。

おたえさん 大丈夫?
ちょいと息が切れちまって。

(同心)阿修羅の一味だな!

神妙にしろ!

御用だ! 御用だ!
御用だ!

ああっ!

そいつらを
こっちへ渡してもらおうか。

いけませんよ 旦那方
こいつの言う事なんか聞いちゃ。

威勢がいいな。
あたしゃね

こう見えても
木挽町の源吉親分の女房なんだ。

なめられて たまるもんかい!

ならば死んでもらおう。
ああっ!

おせいさん!
女将さんを助けてあげて!

さあ 来い! お前らもだ!

やめて!
おたえさんには赤ちゃんが!

ああっ…!

阿修羅の一味が 人質をとって
立て籠もったって!

木挽町の丸源だそうだ!

♬~

旦那!
とっつぁん!

おぶんが大変な事に。 え!?
うちのかかあも一緒でさ。

≪(竹造)おたえ!
おたえ 大丈夫か!

お前さん! (宗六)動くな!
お願い!

おたえさんだけは帰してあげて!
(紋次)黙れ! 騒ぐと ぶっ殺すぞ。

だったら せめて
横にならせてあげて。

逆らわない方がいいよ
おぶんちゃん。

私は 大丈夫だから。
だって…。

肝っ玉が ちっちゃいねえ。
あんたたちだって みんなね

おっかさんの ここから
生まれてきたんじゃないかい!

好きにしろ。

さあ おたえさん。

どいとくれよ。

お奉行から お達しが?

「これ以上 盗人どもに
愚弄されてはならぬ。

手勢を集めて すぐに踏み込め」
との仰せじゃ。

それでは 人質の命が…。

手はずが整うまで 動かずに待て。
よいな。

おい。

冗談じゃねえ!
3人が殺されてもいいってのか!

仲間を見捨てる お上なんぞ
こっちから願い下げだ!

捕り方連中が来る前に
おぶんちゃんも おたえさんも

おせいさんも あっしらが
この手で助けてみせらあ!

こいつらの言うとおり
ここは 俺たちの力で

どうにかするしかねえ。
しかし…。

おめえは奉行所の人間だ。
手を貸せとは言わねえ。

そうはまいりません。
私だって 皆さんの仲間です!

よし。 それじゃ
まず分からねえのは

やつらのねらいだ。
何だって やつら

こんな所を
うろうろしてやがったのか。

そもそもの話 何だって 連中は
せっかく取り返した頭を

殺しちまったんです?

ほっときゃな
小塚原で さらし首だったのにな。

あの侍が 頭に取って代わろうと
何か仕組んだって事でしょうか。

私 その浪人者に
心当たりがございます。

美玖さん!

かつて 父の下で 剣術の修行を
していた人に違いありません。

10年ほど前
門人同士の小競り合いで

相手を死なせてしまい
破門になったのです。

猿渡さん!
あなたは猿渡さんでしょう!?

私は 本郷又右衛門の娘
美玖です!

猿渡さん
私を中へ入れて下さい!

おい やめるんだ!

(戸が開く音)

入ってこい。 猿渡の旦那が
そう おっしゃってる。

参ります。

美玖さん どうして?

よもやと思いましたが
やはり あなたでしたか。

死んだに等しい者を
よくぞ覚えていたものだ。

私 あなたを
尊敬しておりましたもの。

女の私が
いくら稽古したところで

あなたのような強い剣を
身につける事はできない。

その事に気付いた時は
悔しくて 夜通し泣きました。

父は世を去りました。

まだ恨んでいるのですか?
父に破門された事を。

思い出話をするために
来た訳ではあるまい。

人質には私がなります。

代わりに あの3人を
放してやって下さい。

(ため息)

遅いな。

榎戸 大丈夫か?
何ともありません。

熱があるんじゃねえか?
ちょっと見せ…。 平気です!

ああ~っ!

旦那!
坊ちゃん!

ゆっくりな ゆっくり。

落ちた時 背中を打ったな?

そんな事を言っていられません。
命に代えても

3人を助けなければ。

人の命を守るのは てめえの命を
守ってからにするこった。

先生。
退くべき時には退く。

それが 本当の勇気ってもんだ。

おい 診療所へ運んでくれ。
へい!

行くぞ! せ~の よいしょ!

旦那。 うん。
ちょいと こいつを見て下せえ。

小判じゃねえか。
堀の底に沈んでたみてえで。

何だって?

(一同)おお~!

盗んだ金を
あんなとこに隠してたのか。

よりによって
親分の店の目の前に。

チクショーめ ふてえ野郎だ。

なるほど こいつを引き上げなきゃ
江戸を離れられねえ訳ですよ。

これで おおかた
からくりが知れた。

からくりってのは?

やつら 頭から お宝の隠し場所を
聞かされてなかったって事さ。

それで 獄門にかかる前に

あんな 大ばくちを打つ事に?
ああ。

≪(折笠)美玖殿~!

あ~っ 美玖殿が たった一人で

悪漢どもと掛け合っている
というのは まことでござるか!?

(小声で)し~っ!

何が し~っ!
美玖殿とて かよわき女子。

男連中が こんなに
がん首そろえていながら

何ゆえに!
(戸が開く音)

あっ 美玖殿~! ああ~!

美玖さん 無事か?
はい。

うちのかかあは?
おぶんは どうしました?

皆さん ご無事です。

親分のおかみさんも 気丈に。

えっ おお…。

だてに 岡っ引きの女房を
やってる訳じゃありやせんや。

これは?
堀の底から見つかった。

では 一足先に
見つかったのですね。

そりゃ どういうこった?

堀のどこかに
隠し金が沈んでいる。

そのお金を探して引き渡せば
女たちを解き放つ。

猿渡さんは
そう言っているのです。

(どよめき)
なるほどな。

美玖さん すまねえが
もういっぺん

使いを頼まれてくれるか。
えっ では また店の中へ?

もちろんです。
親分 舟を用意してくれ。

3艘ありゃ 十分だ。
合点だ。

一か八か
やってみようじゃねえか。

明け方まで待てだと?

どこにあるか
見当もつかないものを

夜陰に探し出すのは至難の業。

まして 水の中は 真っ暗で
どうしようもありません。

(仁蔵)それを どうにかしろと
言ってるんだよ!

朝までなんて 待てる訳がねえ。

かりかりしたって始まらない。
長丁場になりそうだし

あっ 腹ごしらえでもしませんか?
ね!

飯か…。

おなかがすくとね
気が立つもんですよ。

旦那。

よかろう。

しっかり 舟と舟を
くくってくれよ。

おう ちゃんと寄せてくれ。

お待たせしましたね。
さあさあ 召し上がって下さいよ。

私たちも 頂いて構いませんね?

お待ち遠さん!
ほら みんな おなかすいただろ。

ほら 食べて 食べて。
はいはい はいはい。

ほらほらほら。
頂きましょう 頂きましょう。

おう すまねえな おちかさん。

ああ 私らだってね 気持ちじゃ
男連中には負けてませんよ。

うん。
旦那 鶴坊 いい子にしてますよ。

ああ そうか。
あいつは女に囲まれてる時は

大抵 機嫌がいいんだ。
ハハハッ。

けどさ おぶんちゃんの事
探してたよね。

え?
そう 確かに呼んだよ。

「おぶんちゃ~ん」って。

「ぶう」って
言ったんじゃねえのかい?

ぶん… たん。

♬~

あんたの父上は
俺に目をかけてくれていた。

いつか あんたと夫婦になって
本郷道場を継ぐ。

それが俺の望みだった。

私も そういう日が
来るのではないかと

思い描いた事がございます。

♬~

同じ望みを持つ者は
俺一人ではなかった。

そのあげく…。

♬~

あなた一人の咎では
なかったとしても

罪は罪です。

その罪を悔い改めようとせず
もっと深い闇へと落ちていった。

剣客の魂を捨てた 今のあなたは

阿修羅の駒太郎と
何ら変わりはありません。

旦那と頭は まるっきり違う。

俺たちは 頭のやり方に
たまりかねてた。

だから いっその事
お縄にしてもらおうと

番屋へ たれ込みの文を
投げ込んだんだ。

うめえ事 頭が捕まったまでは
よかったが

独り占めにしていたお宝が
どこを探しても見つからねえ。

(紋次)そしたら 旦那が

金の在りかを
吐かせてやろうじゃねえかって。

分かった 話す。

話すから 助けてくれ。

金は どこだ?

うっ!

木挽町の… 木挽町の堀の中に…。

♬~

(仁蔵)
旦那が 先に立ってくれなきゃ

俺たちは ただ
泣き寝入りするよりなかったんだ。

う… ううっ。

どうしたの? おたえさん。

さっきから おなかが…。

始まったよ。
生まれるんだよ 赤ちゃんが。

でも まだ 4~5日は先だって。
ねらったとおりには

いかないもんなんだよ
お産ってのはさ。

まして
こんな目に遭ったんじゃ…。

外に出してもらおう。
あの人なら

ちゃんと話せば
分かってくれるかも。

待って下さい。 今 動いたら
表の様子が知られてしまいます。

表の様子って?
松村様たちが

皆さんを救い出す策を
講じておられるのです。

だから なんとか もう少しだけ。

今はまだ 痛みの間が遠いから…。

やあ~!

伏せて!

先生!
やあ~っ!

猿渡さん もう終わったのです!

諦めなさい!

おめえだって 最初は
てめえの心を磨くように

剣の腕を磨いてたんだろう?

道を踏み違えたばっかりに
血まみれにされて

大事な刀が泣いてるぜ!

御託を並べるな。

剣など 人殺しの道具にすぎん。

♬~

来るな!
旦那!

旦那!

♬~

や~っ!

♬~

うわ~っ!

だあ~っ!

松村氏 これを!

うん!

♬~

(悲鳴)

おぶん!

とっつぁん!

おぶんちゃん!

この人たちを 解き放って
あげたかったんですよね?

阿修羅のお頭から。

おたえさんが つらそうだったら
横になっても構わないって。

おなかがすいたら 私たちも
おまんまを食べていいって。

今まで やってきた事は
何があっても許せない。

でも 私 心の奥には そういう
優しい思いがある人だって…。

あんたが言ったとおりだ。

俺は駒太郎と
何一つ 変わりはしない。

やつに手を貸しながら

やつの醜さに
へどが出る思いだった。

薄汚れた欲と憎しみに凝り固まり
人を人とも思わない。

あれは俺だ。

駒太郎は 俺そのものだった。

だから斬った。

俺は ただ 俺の中に棲む駒太郎を
殺したかっただけだ。

心の中に棲む醜い阿修羅が
死んだなら

残っているのは もともとの
優しい気持ちだけでしょう?

もう 許してあげて下さい。

ご自分の事。

猿渡 俺はな

すぐそこの長屋で
赤ん坊を育ててるんだ。

ハハハ …っていったって
一人で育ててる訳じゃねえ。

そこにいる男連中みんなが
おとっつぁんみてえなもんだ。

もちろん おっかあだって
何人もいる。

けど そのたくさんいる
おっかさんの中で

その赤ん坊が… 鶴坊が

飛びっきり大好きなのが…。

その おぶんちゃんなんだ。

先生…。

鶴坊に
おっかさんを返してやってくれ!

♬~

このとおりだ。

♬~

ああ…。
おぶん!

おぶんちゃん!

大丈夫か?

あっ 美玖殿!
ご無事でござるか!

ああ よかった! よかった!
よかっ…。

ああ…。

お前さん!
よかった!

(うめき声)
どうした!?

生まれる!

何たって 今度の一番手柄は
榎戸の旦那だよな。

そう
旦那が 堀へ落っこちなきゃ

隠してあった お宝は
見つからなかったんですからね。

皮肉を言わないで下さい。
(泣き声)

肝心なところで
役に立たねえんだから

お主らしいや。

面目ない限りです。

おぶん殿 さぞ恐ろしい思いを
した事だろうね。

あら おぶんちゃんだけ?

そりゃないわよね~。

(笑い声)

全くだ。

私も 鶴之助殿のおっかあの一人に
加えて頂けるでしょうか?

そりゃ もちろん。

でも 私が あの子の
たった一人の母親になる事は…。

美玖さん すまなかった。

私と同じで あなた様も
無理をなさろうとしたのでしょ?

無理?

鶴之助殿のために 母親が欲しい。

ならば ちょうどよさそうなのが
ここに。

ああ それ言われちゃ
身も蓋もねえ。

松村様と鶴之助殿にとって

江戸中の どこよりも
この長屋が快いように

私にとっても 居心地のよい場所は
きっと どこかに…。

お~い おい! 松村氏!
おう。

おう おう
美玖殿も来ておられたか。

これ 赤子の祝いの品じゃ。
すまねえな。

お~い 皆の衆
おめでとう おめでとう!

おう 鶴坊。

ヘヘッ おめえは 十六店の鶴坊だ。

この長屋で育った事はな
きっと おめえの

すっげえ でっけえ誇りになるぞ。

アハハハハ! ほら!

♬~

おい 鶴坊! う~ん!

♬~

♬~

♬~

♬~