ハルとアオのお弁当箱【第7話】同居するジェンダーレス男子・アオの姿を見ているうちに、オタク女子・ハルはアクセサリーに…

出典:EPGの番組情報

ハルとアオのお弁当箱【第7話】吉谷彩子 井之脇海 ダブル主演![字]

ジェンダーレス男子アオの影響でオタク女子ハルはアクセサリーに目覚めた!しかしハルは“かわいい”を拒否!?そこでアオはハルをイメージしたお弁当&ある作戦に!

詳細情報
番組内容
同居するジェンダーレス男子・アオの姿を見ているうちに、オタク女子・ハルはアクセサリーに目覚めてしまった!?しかし、アオから一緒にアクセサリーを買いに行こうと誘われるが、ハルは「ほんとは興味ない」と、“かわいい”を拒否し、どこか正直になれずにいた。翌日、アオから「ハルちゃんをイメージして作った」というお弁当を渡される。
番組内容②
お昼になりハルがそのお弁当箱を開けると…、なんとも、かわいいお弁当が!!“かわいい”を拒否するハルへ、アオの想いがたっぷりこもっていた。さらにアオは、そんなハルのことをバーの店長・好美に相談。すると、好美はお弁当の作り合いっこがまだ続いていると知り、ある提案を持ちかけた…。
出演者
木野春葉(ハル)…吉谷彩子
佐藤蒼(アオ)…井之脇海
好美(バーの店長)…梶原ひかり
梅里(アオの後輩)…SUMIRE
莉央(好美の娘)…太田結乃
原作・脚本・監督
【原作】まちた『ハルとアオのお弁当箱』(WEBサイト「ゼノン編集部」連載/コアミックス)

【脚本】川﨑いづみ
【監督】加藤綾佳
音楽
【主題歌】H△G「5センチ先の夢」
     (ドリーミュージック)
関連情報
【番組公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/obentou-bako/

【番組公式Twitter】
@BS7_haruao

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハル
  2. 一緒
  3. お弁当
  4. キモ
  5. ホント
  6. 今日
  7. 自分
  8. アクセサリー
  9. クルッ
  10. 頑張
  11. 大好
  12. 大丈夫
  13. 莉央
  14. バイブ音
  15. 拒否
  16. 最高
  17. 全然
  18. 弁当
  19. イメージ
  20. ウソ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥11,780 (2021/10/24 02:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

(ハル)う~ん。

あっ…。
(蒼)どうしたの? ハルちゃん。

(蒼)さっきから 百面相して。

あっ そっか
推しのアニメ 始まったんでしょ?

今度は どんなの? うん?

えっ!?
あっ!

見ましたか? 見ましたね!

あっ うん…。

あぁ~! あぁ~!

え~っ!?

いったい どうしたの? ハルちゃん。

私は 蒼さんと一緒に暮らして

毎日 蒼さんを見てるうちに

気が迷ってしまったんです…。

ハルちゃん 今日 僕
ホテルのアフタヌーンティー 行ってくるから

スコーンとジャム 買ってくるね。

うん…

そのうち
蒼さんが身に付けてるアクセサリーを

ほ ほ ほほ…。

ほほほ… なあに? ハルちゃん。

ほほほ 欲しいな~と…。

え~っ!? えっ そうなの!?

でも 検索して ビビっときたものは
どれも お高く…。

それが あの

キラキラとガーンの 顔の理由?

はい…。

あっ ここの 僕 持ってるけど

手ごろなのも 結構 あるよ。

え~ あっ ほら この辺とか。

お~ これ かわいらしいですね。
ねっ。

うん。

でも まだ 踏み切れません…。

推しのイベントの課金なら

それ以上でも ほいほいって
出せちゃうんですけど

なんですかね~ これ…。
う~ん…。

まあ ほら 物の価値は
人それぞれだからね~。

あっ そうだ ちょっと待ってて。

えっ?

はい お待たせ~。
ハルちゃん ちょっと。
んっ?

フフッ。

いくよ~ ジャーン!

うわ~!

ねぇ こういうのは どう? 好き?

さっきのブランド 好きなら
悪くなくない?

うん かわいい!

僕 このお店の好きで
よく お買い物 行くんだ~。

ここのは
2, 000~3, 000円くらいのものが

多いかな。
へ~ へぇ~。

ねぇ ハルちゃん。
えっ?

今度 一緒に お買い物 行こうよ。
えっ!?

僕 ハルちゃんと一緒に
お買い物した~い!

ホントは ずっと前から
そういうの したかったんだ~。

いや その…。

あっ ホントは
アクセサリーとか 全然 興味ないんです。

えっ? もう 無理 無理。
今更 隠そうとしたって む~り!

そういうことで…。
行きたいの!

もう 僕は ハルちゃんと一緒に
アクセサリー 買いたい!

う~ん そういうのは

非オタクの すてきな人と
行ってください。

私みたいなクソオタクは もう
だめだめ だめだめです。

もう なに 言ってんの。

ほら これなんか
すごく似合いそうだよ!

ほら!

あっ…。
ねっ!

いやいや いや… だめだめ だめ!

こんなの 私したら
もう 変! キモい!

全然 キモくないよ。

かわいいのは
推しと蒼さんに お任せします。

よっし 寝よう!
んっ?

私 明日 仕事 早いんで。

早い? そんなこと あったっけ?

そういうときも あるんです。

おやすみなさい。
えっ?

おやすみなさ~い。

《あんなサイト見ちゃって バカだね~。

キラキラした領域に うっかり
足を踏み入れてしまったよ》

ほら!

あっ…。
ねっ!

ハールちゃん!
んっ? えっ?

はい!

もう
朝 早いなんて ウソだったじゃん。

余裕で作れちゃったよ。

あっ いや あの その…。

あっ そうだ 今日のお弁当はね

ハルちゃんをイメージして
作ったからね~。

私をイメージ?
うん。

そこに ハルちゃんの ぜ~んぶが
詰まってるから!

へぇ~。

《私が… 詰まってる?》

いただきます。

うわ~!

かわいい!

《かわいい顔なのに ごめんね~》

《うん うんうん!

本当に 最高!》

《あっ
猫の中に おかかが入ってる。

猫に おかか。

うん 猫は お魚が好きだもんね》

《本当に かわいい!》

《けど この お弁当は
かわいいだけじゃなく

かわいい おいしい 楽しい
三拍子 そろってる。

蒼さんのお弁当は ホントに完璧!》

《私も 頑張らなきゃ!》

(スマホのアラーム音)

よっし!

えっ… かった!

えっ?

えっ!? えっ!?

えっ!?

くっ… なに これ 切れるの?

うわっ!

殺人事件みたい…。

んっ?

どうしたんだろう? ハルちゃん。

《今までで いちばん
ひどいお弁当になってる…。

こんなの
食べられたもんじゃないよ…。

お弁当は 大切なのに

蒼さんは 看護師で
ちゃんと食べて 栄養つけなきゃ

午後の仕事
頑張れなくなるのに…》

あっ…。

大丈夫ですか?
あっ すみません…。

押しますね。
はい。
よいしょ。

右で いいですか?
はい。

はい 行きま~す。
最初 難しいですよね~。

ごめん… 蒼さん…。

ごめんなさい…。

なんか ハルちゃん 迷走してる。

(好美)迷走?

うん… ハルちゃん

なんで あんな
かたくななんだろう?

なんで あんなに
かわいいを 拒否するんだろう?

う~ん…。

けどさあ
蒼も そうだったじゃん?

えっ 僕が?
うん ほら 高校のときさあ

ホントは
かわいいもの 大好きなのに

私が薦めると
いい って 拒否ってたじゃん。

それは… そういうのは
母に 禁止されてたから…。

いいや それだけじゃなかったよ。
えっ?

どうせ 僕なんか似合わない
僕なんか って言ってた。

そうだっけ?
そうだよ~!

けど もう 1回 吹っ切れたら

そっから かわいいが
爆発したけどね。

フフフッ。
フフフッ。
そうだった そうだった。

きっかけ くれたのは
好っちゃんだったね。

う~ん ハルちゃんも なんか

きっかけがあると
いいんだけどね。

きっかけか~ う~ん…。

(バイブ音)

あっ。

あっ ハルちゃん。

ハルちゃん…。

なんだって?
あっ お弁当のこと。

今日は ハルちゃんが 僕のお弁当
作ってくれたんだけど。

へぇ~ お弁当の作りあいっこ

まだ 続いてるんだ?
うん。

おぉ~ すごいじゃん
ハルちゃん 頑張ってるじゃん。

うん。

すごく すごく
頑張ってくれてるよ ハルちゃん。

いいね~ 幸せ者だね 蒼。

あっ! じゃあ こんなのは どう?
んっ?

(バイブ音)

蒼さん?

え~
じゃあ 私 いらなかったですね。

あっ ごめん ごめん
お米のストックあるの 忘れてた。

あっ
で 今日は なに 買ったんですか?

あっ
らっきょうと豚肉と あと トマト。

意外です。
えっ 何が?

蒼さんが
らっきょう 好きだったなんて。

実は ちょっと遠慮してたんだ~。
におい だめな人って 多いから。

う~ん
でも 私は 全然 大丈夫です。

大好きです!
よかった~。
フフッ。

あっ ねぇねぇ 僕 ちょっと
寄りたいとこあるんだけど いい?

はい どこ… ですか?

いいから!
おぉ…!

ここ! ここに来たかったの。

あぁ… いや あの
私 先に帰ります…。

僕 ハルちゃんと一緒がいいの!

ハルちゃんと一緒に
かわいいのが見たいの!

(蒼)はい はい はい。
(ハル)おぉ…。

(蒼)あっ どうも~。
あっ いらっしゃいませ~。

いらっしゃいませ。

あっ!
ねぇねぇ この辺とか どう?

あぁ~ 「プリデコ」のルカちゃんみたい。

ルカちゃん?
はい。

変身するときのアイテムに 似てて…。
そっか いいね!

ねぇねぇ つけてみたら?

あっ いやいや あの…
私は 大丈夫です。

蒼さんが
かわいいもの 見つけてください。

ハルちゃんだって
かわいいの 好きでしょ?

なんで そうやって拒否するのよ?

好き ですけど…。
けど?

私… 自分と かわいいは
相いれないっていうか

っていうか キモいです。

27年間
趣味以外 捨ててたオタクですよ?

変ですよ…。

キモいし 不細工だし…。

ハルちゃん…。

ということで…。
だめだよ!

自分を おとしめちゃ だめ!

ハルちゃんのオタク趣味
楽しそうで 僕は好きだよ。

それに ハルちゃんは
キモくないし ブスじゃないよ!

蒼さん なんか 怒ってます?
怒ってるよ!

ハルちゃんが 僕の好きなハルちゃんを
おとしめるから!
えっ?

僕の好きなハルちゃんを
悪く言うなんて

いくらハルちゃんでも 許さない!
僕 絶対 許さないからね!

蒼さん…。

あのね…
僕も わかるよ 卑下する気持ち。

10代のころは 特に

こんな自分 だめ おかしい
嫌い って思ってたから…。

あれ 嫌だったんだよね~。

自分に 毒の言葉を吐き続けて
じわじわ 心が死んでいく感じ。

自分に そんなことしないでよ。

僕には かわいい
大事なハルちゃんなんだから ねっ。

蒼さん…。

ねぇ 1つ 提案があるんだけど。
なんですか?

アクセサリー 贈りあいっこしない?

贈りあいっこ?
うん。

お弁当みたいに
相手が喜ぶ顔を 思い浮かべて

贈りあいっこするの どう?

お弁当みたいに?
そう!

いい! やりましょう!

よっし! そしたら…。

じゃあ 蒼さんは…。
どれが いいかな…。

これかな~?
ちょっと おっきくない? それ。

う~ん
でも かっこいいですけどね~。

ハルちゃんが選んでくれるなら
いいけど…。

これとか。
なあに? それ。

これ 耳につけるやつじゃないよ
ハルちゃん。
あっ そうなの?

髪の毛。
あっ そうなんだ。

蒼 うまくいったかな~。

(バイブ音)

あっ やった! やり~! フフフフ…!

(莉央)ただいま~。
あっ おかえり。

(莉央)ちょっと ママ
外まで ヤンキー声 漏れてたけど。

莉央 ああいうの恥ずかしいから
やなんだけど!

ごめん! おやつ 食べる?
うん…。

ねぇ ママ。
うん?

なんで 最近 蒼くん
莉央と遊んでくれないの?

えっ そうだっけ?

もしかして 恋人でもできた?

また 来ます。
はい また お待ちしてま~す。

ありがとうございます。
ありがとうございま~す。

ここからは 私 持ちますよ。
いいっていいって 大丈夫。

蒼さんって
意外と 力持ちですよね~。

え~? 見てよ この細腕。

だって 蒼さん 酔っ払ったとき
すっごい 私のこと

たっかい たっかい
してたじゃないですか。

たっかい たっかい?
たっかい たっか~い。

(笑い声)

(梅里)あの人が 佐藤さんの…。

<ハル:蒼さんの周りが
なにやら ザワついていることなど

私は とんと知らず…>

《おしゃれで 都会的な蒼さんが
らっきょう 好きなんて…》

フフフフッ。

1 2 3 4 5。

え~っと…。

《甘酢らっきょう 5粒を
みじん切りっと…》

んっ?

転がるんだよな…。

いただきます。

あっ!

《うん! 僕の大好きな
ハルちゃんの お弁当だ!》

《んっ?
この豚肉 しょうが焼き?

にしても この香りは…》

《あっ
らっきょう! らっきょうだ!

らっきょうを
こんなふうに使うなんて

ハルちゃん もしかして 天才?》

《あれ? ウソ おいしい!

おいしすぎる!

私 もしかして 天才?》

《これ これ!

僕 こういうのが大好きなの!

素朴なんだけど アクセントが効いてて
すごく おいしい!》

《これなら きっと

蒼さん
午後からも 元気いっぱいだな!

おいしいものと
かわいいものって

ホントに 元気になりますね 蒼さん》

あっ ハルちゃん。

今日は 看護学校のときの友達と
遊んでくるから

ちょっと 遅くなる… えっ!?

どうしたの? ハルちゃん。
かわいい!

かわいいが すぎます!
うん ありがとね ハルちゃん。

ハルちゃん いいの選んでくれた
センス 最高だよ~。

1回 立ってもらっていいですか?
えっ?

クルッと…。
なに?
クルッとしてもらっていいですか?

クルッ?
クルって。

はい。
かわいい!

逆も また クルッと。
逆?
うん。

はい。
かわいい!
ありがと。

僕 そろそろ行かなくちゃ。
はぁ~ かわいいって最高ですね。

ありがと。
これも かけてもらって
いいですか?

これ?
これ どうするの? かけて。

これ 色が 一緒になるから…。
あの… きつい これ。 見えてる?

うん かわいいですよ 蒼さん。
ありがと はい。

じゃあ ハルちゃんも かけて。
ハルちゃんも クルってして。

はい さよなら~。
あ~ ちょちょ… ちょっと~!

なに? もう 行くよ バイバイ。
かわいいですよ 蒼さん!