【BS時代劇】明治開化 新十郎探偵帖 [新](1)「仮装会殺人事件」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【BS時代劇】明治開化 新十郎探偵帖 [新](1)「仮装会殺人事件」[解][字]

新しい文明開化の世、政府要人が集まる仮装会の最中、殺人事件が起こる。洋行帰りの美麗な特命探偵・結城新十郎(福士蒼汰)に捜査の依頼が舞い込む。

詳細情報
番組内容
新しい文明開化の世、大政商人・加納家にて政府要人が集まる仮装会が行われるが、会の最中、主人の加納五兵衛(モロ師岡)が何者かに殺害される。宰相や外国の大使を巻き込む殺人事件、一つ間違うと国際問題にもなりかねない。そこで白羽の矢が立ったのが、洋行帰りの美麗な特命探偵・結城新十郎(福士蒼汰)。自称相棒の泉山虎之介(矢本悠馬)と共に捜査が始まる。
出演者
【出演】福士蒼汰,内田理央,矢本悠馬,中村靖日,小倉一郎,増田修一朗,田上晃吉,中島唱子,喜多乃愛,結城モエ,花總まり,モロ師岡,徳井優,伊嵜充則,勝村政信,鶴見辰吾,稲森いずみ,高橋克典
原作・脚本
【原作】坂口安吾,【脚本】小松江里子

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 仮装会
  2. ナイフ
  3. 事件
  4. 犯人
  5. 五兵衛
  6. 姉上
  7. 神田
  8. 勝先生
  9. 田所
  10. 名探偵
  11. 梨江
  12. 結城新十郎
  13. イギリス
  14. 加納五兵衛
  15. 加納殿
  16. 政府
  17. 梅干
  18. イギリス大使
  19. 新十郎
  20. 日本

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/09/17 21:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

(お民)<時は 明治の初めでございます>

<江戸のまちは 東京と呼ばれるようになりました>

<散切り頭をたたいてみれば
文明開化の音がする。

封建の世から解き放たれた日本は

西洋文明に追いつき追い越せとばかりに
自由な空気にあふれておりました>

≪(梨江)止めて。
(馬のいななき)

お嬢様。 おい。
いかがされました。

お嬢様! お戻りください。
離して!

嫌です。
(新十郎)ご婦人に手荒なことをするな。

関わりのない者は引っ込んでろ!

ならば… しかたがないな。

お構いなく。
あなたたち 引っ込んでなさい。

トムボーイ?

じゃじゃ馬という意味です。

失礼な男!

いい!? ついてこないで。

<この洋行帰りの青年
名は 結城新十郎。

後に 日本のシャーロック・ホームズ
といわれる男でございます>

あなた!
(勝)うん?

<亭主の勝海舟でございます>

これ。
うん。

今日 加納家で 仮装会が
開かれるそうですよ。 見えねえよ。

お偉い方たちや お金持ちが
西洋の王子様や海賊とか

戦国武将 大黒様や弁天様なんかに
変装するんですとさ。

何が仮装会だ。 西洋の猿まねしやがって。
いいじゃありませんか。

ちょっと 見えねえって。
私だって この

豪華なドレスとやらを着て
出てみたいもんです。

はあ 舞台裏はな
金と欲にまみれてんのさ。

これこそ 亡国の兆しだぜ。

<そして 事件は起こったのです>

♬~

さすが上泉様。
ホッホッホッ。

武将姿が よくお似合いでございます。
そうか?

ハッハッハッ!
おかげさまで
ようやく ここまで こぎ着けました。

今日 この場で
製鉄所の設立を発表してしまえば

イギリスと手を組んでいる神田も

手出しはできないかと。

はあ…。
(速水)遅かったではないか。

ちょっと商談で出かけておりましたところ
迎えの人力車が時刻を間違えまして…。

そいより はよ先棒を担げ。
あ… はい。

よかか 野郎は乗せてはいかんぞ。

はい。
よし。 よっ。

梨江さんは どうしましたか?

(アツ子)もうすぐ参ります。
今夜は ダンピエール様のために

特別に仕立てたドレスを身に着けて。

では 結婚の話
受けていただけるのですか。

もちろんでございます。
主人も 是非にと申しております。

♬~

あっ。

(ざわつく声)

梨江さん…。

(歓声)

まるでビーナスだ。

(物音)

おい。
(加納)うっ…。

(田所)加納殿? 加納殿!?

(速水)どげんした。 おい!

ああ!
嫌っ!

加納殿!
(悲鳴)

(どよめき声)
(浅野)奥様! 奥様!

(鮫島)どうされました!
あん男を呼べ。

はい?
あん男ち言えば 結城新十郎じゃ!

結城新十郎?

ええ! このところ
難事件を続々と解決している

洋行帰りの探偵でございます。
ほう~。

私も 事件の現場につきあいましたが

その頭の切れることといったら…
ハッハッハッハッ。

あっ すいません。 ああ もちろん
勝先生の慧眼には 及びもつきませんが。

ハッハッハッハッ。
会いたいもんだねえ。

(ドアが開く音)
うん?

(因果)大変だ~!

勝先生!
うん。

事件ですよ! アタッ…。
おいおい…。

仮装会の最中に
加納五兵衛が
殺されました。

えっ?
早速 例の探偵にもお呼びがかかったとか。

ええ! こうしちゃおれん!

ああ…!
おいおい。

<この虎之介 三度の飯より 事件の謎解きが好きと きております>

失礼。

(速水)来おったな。

何ですか これは。

仮装会が行われておったとじゃ。

なるほど。 大警視が雲助とは。

(せきばらい)

こん男が来たからには
すぐに解決いたしもす。

そうだな 結城君。

あれが うわさの洋行帰り…。
警視庁の特命探偵…。

凶器は特定されちょ。 こいじゃ。

犯行時の状況は?

突然 わしの目の前で
胸を押さえて倒れたとじゃ。

そん時 そばには誰もおらんかった。

わしと田所さんが駆け寄り
抱き上げた時には

既に刺さっておった。

(速水)あっ…。
(田所)加納殿!

そいは こんわしが保証する。

間違いありません。

…とすると。
飛んできた以外はなか。

誰かが投げたとじゃ。

(臭いを嗅ぐ音)

毒だ。

このナイフに毒が塗ってあったんです。

さすがだ 新十郎!

一目見て 死因を見抜くとはな。

また お前か。
ホホホッ 俺とお前は 相棒ではないか。

ハッハッハッハッ。
(浅野)お嬢様。

誰が父を殺したのですか。

あなたは…。

じゃじゃ馬…。

こんな所で何をしてるのです?

あっ… 名探偵 結城新十郎です。

そして 私は
その相棒の泉山虎之介と申す者…。

探偵? このような方が
犯人を見つけ出せるとは到底思えません。

父を殺したいと思っていた者は
数多くいるのですから。

どういうことです?

父は 一代で今の地位を築きました。

そのため敵も多く
恨んでいる者も大勢います。

この中にもいるはずです。

(どよめく声)

これが仮装会にいた全員ですか?

いえ 奥様が。

あまりのことに倒れられて…。
あなたは?

この家の執事 浅野でございます。

犯人は まだ この中にいるはずです。

皆さん 事件のあった時の場所に
お立ちいただけますか。

(上泉)わしは帰るぞ!
お待ちください。

あなたも元の場所へ。

わしを誰だと思ってる。
誰であろうと 事件解決のためです。

ちょうど お嬢さんの登場に
皆が注目しちょった。

五兵衛は

こげなふうに 胸を押さえて倒れた。

ナイフが刺さっていた角度は?

確か…

こうじゃったな。
はい そうでした。

では 飛んできた方向は…。

バカな! 私は梨江さんの方を見ていた!

(シェラード)わ… 私もです!

さすが 結城新十郎じゃ。

どう考えても
あの実業家とイギリス大使が怪しい。

あっ 言っておくが
最初に気付いたのは 俺だからな?

あっ そうだ
このことを勝先生に報告に行かねば。

ハハッ どうだ?
お前も一緒に行かないか?

それは… 勝海舟のことか?

そうだ。 江戸の無血開城を

かの西郷公と共に成し遂げた
天下の勝海舟先生だ。

俺は その勝先生から
剣術を学んだ 一番弟子だ。

ヘヘッ ついてこい!

これが 勝先生のお宅だ!

(お糸)あっ! すいません!
(お兼)あっ 申し訳ございません。

まだ見習いで入ったばっかりなもので…。
(2人)すいません!

いえ。
ハッハッハッハッ。

あ~あ やられたなあ。

今 何か拭くものを。
構いません。

いいねえ。

これこそ 水もしたたるいい男だ。

先生! 連れてきました。

結城新十郎です。

お~ おめえさんか
評判の名探偵ってのは。

初めまして。

ナイフが飛んできた?
はい。

西洋でも ナイフを
手裏剣のように投げる技があるとか。

イギリス大使のシェラード辺りが
怪しいかと。

イギリス大使か…。

あっ 死因は 毒です。
それは 新十郎が見抜いております。

ほう~ 名探偵さんは
医学のたしなみもあるんだな。

少しは。

ナイフといい 毒といい
西洋の犯罪のにおいがいたします。

いや イギリスが
そんな直接 危ねえ橋を渡るはずがねえな。

もし手を下したとするなら
神田正彦の方だ。

ご存じで?

ああ。 今じゃ大事業家だが

維新のどさくさに紛れて
財を成したやからだ。

金や欲のためには 人殺しもやりかねねえ。

目的は?

うん?

そもそも加納五兵衛が
あの仮装会を開いた目的です。

恐らく 新事業のお披露目だろう。

新事業…?
ああ。

外国の資本をもとに 日本にも
製鉄所を作ろうということですね。

なぜだ。

レールウェイが
新橋から横浜まで通じたとはいえ

その機材は全て外国からの輸入だ。
日本も自国で鉄を作る必要がある。

だが 最初の資金が この日本にはない。

ふん。 さすが 名探偵さんだ。

おい 虎。
あっ はい。

殺された加納五兵衛は
フランスから資金を調達し

上泉宰相の後押しで
製鉄所を作ろうとしてた。

片や神田は イギリスと手を組み

こちらも政府の大物を味方につけて
先を争っていた。

では 犯人は 先生のご明察どおり…。

う~ん… 加納に先を越されまいと
神田がやったこったろう。

さすが勝先生でございます!

こんなことは おめえ
分かりきったことよ。 ハハハハハッ。

私じゃありません!

ナイフを投げただなんて
そんなことはしていない!

うそをつけ 全て白状しろ!

だが 俺が心配してるのは…
目下の この国の形勢だ。

利権を得るため我先にと

フランスやイギリスと
手を組もうとするやつらが出てきてる。

政府の大物までもな。
はあ…。

そんな中 事もあろうに

警視庁が イギリス大使に
疑いをかけたとなりゃあ…。

(勝)大騒ぎになって

今の政府の屋台骨を揺るがすことに
なるんじゃないかとな。

さあさあ さあさあ
そんな ややこしいお話は また後で。

ややこしいとは何だ お前。
おおっ! これは うまそうな。

どうぞ。 さあ 名探偵さんも。

で その名探偵さんは どう思ってんだい。

なぜ…。

うん。

なぜ あの仮装会の場で
殺人は行われたのか…。

だから どでかい商売を
取られたくなかったからだよ。

神田のやつが。

大勢の人間の目がある中
わざわざ危険を冒してまで?

う~ん…。

そうか…。

やりやがるな 結城新十郎。
この手があったか…。

アメリカに留学してらしたなんてねえ。

私も一度は行ってみたいもんですね。

おおさ 連れてってやるよ。

そんなこと言って
また一人で行く気じゃないでしょうね?

前だって 風邪引いて寝込んでたのに
ちょっと そこまで行ってくると言って

咸臨丸とかいう船に乗ってアメリカにまで
行ってしまったじゃありませんか!

何か月も。

帰ってきたんだ いいじゃねえか。

そういうこと言ってるんじゃ
ありませんよ。

あなたってお人は 何をしでかすか
分からないって言ってるんですよ!

おい それはやめてくれ おい…
お前じゃねえか それは。

ハハッ。
ったく。 フフッ。

けれど よく似てること。

何が。

あの新十郎さんですよ。

若い頃のお前さんに。

フッ。

♬~

(お滝)そこらの男とは どこか違ってるよ。

まさに明治開化の申し子ってわけだ。
う~ん。

あっ。

さ~て さて
仮装会殺人事件の真犯人は 誰なのか。

大事業家か はたまた英国大使か!

さあ 買った 買った~!
買った 買った。

お待たせいたしもした。

お久しゅうごわすな。
うん。

あの時と同じだね。
俺が待ってて 西郷さんが遅れてきた。

まこと この江戸で戦をやるというのなら
こちらにも覚悟がありますぞ。

そげな野蛮なこつ
するつもりはございもはん。

まことでござるか?

<この2人によって 幕末の江戸のまちは 救われたのでございます>

もし あの時 戦になっていたら
恐らく 虎視眈々と この国を狙っていた

西洋列強の餌食となっていただろう。
はい。

だが…
今また ただならぬ事態となっている。

例の事件でごわすか。

イギリスは 大使が疑われたことを口実に
一気に政府に介入してくるやもしれん。

そうなったら
我が国の存亡にも関わりかねない。

まさに あん時のような緊迫でごわすな。

お話 よう分かいもした。

西郷なくして この勝もなし。

(笑い声)

イギリス大使に
こい以上の捜査を断じてするなじゃと!?

(2人)はっ。

(福原)政府からの命令でございます。

そんかわり
イギリスも抗議をやめるとのこと。

これは 西郷公じきじきのご意向だと。

何じゃと!? 西郷公!

シェラードへの調べはやめじゃ。

ですが 事件の方は?

犯人は あん神田じゃ。

神田で間違いなか。

おい! 犯人は もう神田で決まってるのに
何で今更調べるのだ?

うわっ。 お… おい!

はい。 昨日 帰宅した旦那様は
酒酔いしないようにと

梅干しを入れたお茶漬けを
こちらで かき込まれてから

急いで雲助に着替えられて
広間へと行かれました。

ごはんは ここに? はい。
梅干しは どこに?

ここです。

この棚の中に。

それで 最近…
この家の中で何か変わったことは?

(虎之介)おっ。

何か?

実は…
旦那様とお嬢様が おとといの晩…。

私をフランスに売るおつもりですか?

好きでもない異人の男と
結婚させようとするなんて!

加納家の今後がかかっておるのだ!

製鉄所設立をものにすれば
この明治の新時代に大事業家となれる!

娘を犠牲にしてまで
ご自分の商売を成功させたいのですか?

うるさい!
あなた それでは梨江さんがあまりに…。

家長としての命令だ!

明日の仮装会では 新事業と!

お前とダンピエール殿の
婚約の発表も行う!

分かりました。

ですが 何をするか分かりませんよ。

梨江殿は
その用意していたドレスは着ずに

ビーナスの姿で登場し
全員の注目を浴びたんですね?

はい。

ふだんから梨江さんは
そのようなご気性なのですか?

実の母を早くに亡くされて

後添えの私とは
決して うまくはいっていませんでした。

先日 ダンピエール様と
会わせようとした時も

勝手に馬車から降りて
逃げ帰ってきてしまって…。

止めて!

あの時か…。

うん? 何だ?

ちょ… おい!

ところで これは あなたですね?
はい。

この家紋は 確か…

八千代家のものでは?

八千代家といえば… 元大名の!?

あ… 家は滅びましたが
主人が是非 後添えにと言ってくれました。

(ノック)

どうぞ。

また あとにした方が…。

いえ 田所さんでしたね。
昨日は 確か 虚無僧姿で。

はい。

絵描きさんだとか。 あっ では この絵も?

あっ はい。 絵を教えてもらうために
この家に住み込んでいただいています。

五兵衛さんが倒れた時
一番に駆けつけたのも

速水大警視と あなたでしたよね?
そのとおりです。

皆さんが 梨江さんのビーナス姿に
注目していた時に…。

あ…。
おい!

(田所)加納さんが お倒れに…。

加納殿!

誰も ナイフが飛んできた その時を
見ていないのも 当然です。

あんな姿で登場すれば
誰もが目を奪われてしまいます。

もしかしたら 犯人は それを見計らって
ナイフを投げたのかもしれません。

私は あの人のことを
母親だとは思ってはいません。

それは?

父には
貞淑な妻の顔を見せておりましたが

恐らく裏では 田所と情を通じています。

絵を教えてもらうことを口実に
うちに入れたと?

はい。

あなたは 事件の前の晩 五兵衛さんと
激しい言い争いをしていましたね?

ええ。 私は 人形ではありません。

あのビーナスの衣装も自分で決めました。

婚約が壊れるように。

その娘も共犯かもしれねえな。
えっ?

うわっ! えいやっ! とう!

そのフランス大使と
結婚したくなかったんだろう?

だから 父親の敵である神田と通じ
仮装会に目を引く姿で現れて

その隙に 神田にナイフを投げさせた。

うわっ。 ああっ! わあ。

さすがでございます。 勝先生の慧眼には
この虎之介 いたく感服いたしました!

うん。

♬~

勝先生は
梨江殿も共犯と見ていらっしゃる。

あの美貌には
俺も一度は心を奪われそうになった。

うん… 何だ?

美しい花には トゲがある。

なるほどな。

(ドアベル)

おっ 手回しがいいな。

本人から話を聞き出すんだな?
よく来てくださいました。

何の用です?

あのご婦人も
明治開化あってこそですよね。

お聞きしたいのは…

お父上の仮装の衣装を決めたのは
どなたかということです。

えっ?

あなたですか?

♬~

真相が分かったちゅうとは
どういうことじゃ?

なぜ 犯人は
この仮装会の場で殺人を行ったのか。

加納五兵衛は 新事業を巡って
争っている相手に殺された。

そう思わせるためだとしたら。

えっ?

そして ナイフは 本当に飛んできたのか。

何をバカな。

わしの目の前で倒れたとじゃ
そん時 そばには誰もおらんかった!

それが仕組まれていたとしたら?

仕組まれていたじゃと?

誰もが 大警視が「そうだ」と言えば
疑いはしない。

だが そう思わせるために

加納五兵衛のそばで
駕籠かきの相方をさせたとしたら?

何じゃと!?

その時 もう一人 そばにいた人物がいた。

田所さん。

速水大警視と加納五兵衛が駕籠を担いだ。

そこに梨江さんが現れ
一同が注目している時

五兵衛が倒れる。
あっ… うっ…。

すると 駆け寄り抱き上げるふりをして
その胸に あなたがナイフを突き刺した。

加納殿!

じゃっどん ほいじゃ…。

なぜ ナイフが刺さる前に
五兵衛は倒れたのか。 でしょ?

それは 毒のせいです。

毒?

五兵衛は 仮装会が始まる前に
既に毒をのまされていた。

それを隠すために
ナイフにも毒が塗られていたのです。

ほいじゃ 犯人は…。

いいえ。 真の犯人は別にいます。

♬~

これは 五兵衛が仮装会の前に
茶漬けと一緒に食べた梅干し。

大事な会食の前には 必ず
酒酔いを防ぐため

腹に 茶漬けと梅干しを
入れていたそうです。

あ… ああっ…。

ほいじゃ 毒は こん梅干しん中に?

それを台所にいる女中たちに
疑われずにできる人物

そして その人物が
五兵衛の迎えの人力車の時間を遅らせた。

仮装会が始まる直前に
梅干しを食べさせるために。

そんなことができるのは…。

ほいじゃ こん娘が…。

♬~

これを食べられますか?

まさか…。

もう… ここまでです。

姉上。

姉上?

田所さんは アツ子さんの弟。

元大名である八千代家の跡継ぎである
徳丸様ですよね。

えっ。

戊辰の戦で死んだとされていたが
実は生きていた。

そうですよね。

ほいじゃ こん事件の犯人は…

奥方と そん弟?

決め手は… 誰が今回の五兵衛の仮装を
決めたかということでした。

あなたですか?

お父様と あの人です。

あの人とは アツ子さんですか?

はい。

なぜです? どうして 父を。

何が悪い。
えっ?

あの男が私を後添えにしたのは
大名の娘という肩書が欲しかっただけ。

己を大きく見せ
事業を広げるための道具にすぎなかった。

何を怠けておる!

だから人としての扱いなど
一度も受けたことはなかった。

フフフフ…
そして あのバカバカしい仮装会。

成り上がった者どもと
徳川将軍家に取って代わり

政府の高官となった
薩摩や長州の者どもが

浮かれ騒いで 何が文明開化だ…!

明治開化など まやかしよ!

こんなことのために
我ら八千代家が没落し

父も母も 家臣たちが
あの戦で死んでいったのではない!

評判の仮装会で あの男が死ぬ。

きっと世間は騒ぐ…!

これは 今の世への見せしめよ。

ハハハハハッ
こんな面白いことがあるか?

アハハハハハハ…! アハハハハハ…。

う…。

姉上!

毒をのんだか。
姉上!

明治の世など… 潰れてしまえばいい…。

姉上…。

姉上!

姉上~!

うう… 姉上!

やめろ!
うっ!

あなたまで死ぬ必要はない。

(泣き声)

堕ちることは 終わりじゃない。

♬~

(泣き声)

姉上…。

♬~

この絵の隅に小さく書かれている文字
「ultio」は ラテン語で「復讐」。

復讐…。

そして あの場で それを果たした。

父を殺した恐ろしい女…。

けれど なぜか 憎む気にはなりません。

明治開化とは まやかしか…。

♬~

<そして 数日後のこと>

お~っと…。

(せきこみ)

あっ はあ~。 おい これだけか?
少ねえ荷物だな。

ああ。

あの名探偵さんが
うちに居候することになったなんてねえ。

チェスの相手をしねえかって声かけたら
すんなり来やがったんだ。

けど 皆 外れとはねえ。
えっ?

お前さんのお見立てですよ。

解決したのは 新十郎さん。
さすが名探偵だこと。

現場に行かなきゃ分からねえってことも
あるのさ。

また そんな負け惜しみを。

大体 そんなあてずっぽうの犯人捜し

私は はなっから当たるとは
思ってませんでしたよ。

おいおい おいおい。 はい そこまでだ。

この事件は これでおしまい。

♬「あっ さて ホイ ホイ ホイ ホイ よっ」

♬~(三味線)

♬「おくりの舟の三味線も」

♬「どこへ佃の上の空」

さっすが 元深川一の芸者だね。
ああ。

あいつも さすがだ。
俺の相棒にふさわしい。

謎解きが好きなのかい?

見えてくるかもしれない。
見えてくる?

明治開化が 人を溺れさせるのか。

うん?

それとも… 人を救えるのか。

チェックメイト。

うん?

あっ!

おい… ちょっと待て お前。
おい これ ちょっと…。

あ~ やられた。

<このお若い人には
何か秘密がありそうです。

女の勘ですが>

死神人力車…。

(悲鳴)

サムシング ストレンジ…。
人は 目に見えているものにだまされる…。

イテッ。

♬~