【ドラマ10】タリオ 復讐(ふくしゅう)代行の2人(4)白沢真実(浜辺美波)と黒岩賢介(岡田将生)の元を訪れ…

出典:EPGの番組情報

【ドラマ10】タリオ 復讐(ふくしゅう)代行の2人(4)[解][字]

白沢真実(浜辺美波)と黒岩賢介(岡田将生)の元を訪れたのは、OLの杉本涼子(穂志もえか)。パパ活相手にだまされた涼子は、相手の男への復讐を二人に依頼する。

番組内容
白沢真実(浜辺美波)と黒岩賢介(岡田将生)の元を訪れた今回の依頼者は、OLの杉本涼子(穂志もえか)。奨学金600万円の借金を抱える涼子は生活のためパパ活をしていて、一番最初に会った男(堀部圭亮)とデートを重ねるうちに恋愛感情を抱いた。だが男は2週間前のデート中に財布の入った涼子のカバンごと姿をくらませ、電話もメールもブロックされてしまった、気持ちを弄んで裏切った男に仕返しをしたいと言う。
出演者
【出演】浜辺美波,岡田将生,穂志もえか,堀部圭亮,遠藤憲一
原作・脚本
【作】渡辺雄介

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 涼子
  2. パパ活
  3. 本当
  4. 平山
  5. お金
  6. 芥川
  7. 小説家
  8. 彼女
  9. 黒岩
  10. 復讐
  11. 回想
  12. 週刊誌
  13. 報酬
  14. アプリ
  15. デート
  16. バカ
  17. ブロック
  18. メール
  19. 感謝
  20. 関係

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/06/20 17:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

(真実)<父は 私が小さい頃
悪いやつにだまされて 姿を消した。

そんな父と再会できたら
私は喜ぶのだろうか

それとも 怒るのだろうか>

(黒岩)パパ活!?
パパ活? 何です? それ。

若い女性が お金をもらって
年上の成功した男と食事とかすること。

年上の成功した…。 どうぞ。
(涼子)ありがとうございます。

人生の先輩に貴重な話を聞いて
勉強するということですか。

お金をもらってな。
勉強する方が お金をもらう?

意味が分かりません。
そういう意味不明のことが

最近じゃ 一般的になりつつあるの。

何なんですか これ…
デートの見返りに お金をもらう?

名前を変えた援助交際です!
許されません!

自分でも間違ったことだって
分かっています。

売春防止法に抵触しないとはいえ…。
でも お金に困っていたんです。

借金?
奨学金です。

母は 女手一つで私を育ててくれました。
だから 苦労をかけたくなくて…。

大学に入るために借りました。
金額は いくら?

600万。
おっと そんなに…。

大学を無事に卒業して就職できたので

お給料から返済していたのですが
生活が苦しくて…。

お金のためだと思って
やることにしたんですけど

パパ活を始めて 一番最初に会った人に…
特別な感情を抱きました。

恋愛感情?
はい。

本当にすてきな人で
立派な会社を経営されていて

心から好きになりました。

でも 2週間前
レストランで ごはんをして

私がトイレに行って 席に戻ると
彼は消えてました。

え?
かばんに入れていた私の財布と一緒に。

やられたな。
経営者ってのも うそだろうな。

何度連絡しても つながらなくて。
電話もメールもブロックされたみたいで。

窃盗罪です。 10年以下の懲役
または 50万円以下の罰金です。

警察へ行きましょう。
行けるわけないですよねえ?

どうして?
自分に置き換えて考えてみろよ。

おじさんとデートして
その見返りに お金をもらうつもりが

逆に お金を盗まれました。 はい 通報。

できるか~! …って そもそも 私が

こんなおじさんと
デートするわけないだろ!

ノーデリカシーだな お前。
曲がりなりにも 彼女が恋した相手だぞ。

(舌打ち)

寝る…!

それで 事情は分かりましたけど

ここには何しに?
うちは 経営コンサル会社なんですよ。

でも 裏では別の仕事もやるって
聞きました。

復讐したいんです。

私の気持ちを弄んで裏切った
あの人が許せない。

パパ活なんてものを認めるつもりは
毛頭ございません。

…が こんな男を
野放しにしておくわけにはいかない。

黒岩!
呼び捨てするな。

いや いいですけど 報酬は払えます?

うちも仕事なんで
お金次第なんですよね~。

大丈夫です。 報酬は必ずお支払いします。

私 もうすぐ 大金が入るんです。
大金?

はい。
そういうことなら早く言って下さいよ。

さあ 早速 この男の写真のデータを。

<というわけで まずは
この芥川という男を捜すこととなった>

♬~

こ… これ みんな
パパ活してる男性ですか?

登録者数3万人もいます。
女子は もっとだ。

10万人。
10万…。

「専門学校に通うための学費を
ためたいです」。

「実家が貧乏なので仕送りしたいです」。

日本は いつから
こんなに貧しくなったんだろうな。

もしかして お金がないなら
パパ活してもしかたない…

みたいな空気に持っていこうとしてます?
そんなの許されません。

この人たちは金を盗んだりはしてねえぞ。

パパ活をしている男の人たちは
お金がない女の子の弱みに

つけ込んでいるだけです。
吐き気がします。

ってことは お前に
パパ活やらせるわけにはいかねえか。

私に?
潜入調査だよ。   やりませ~ん 絶対!

しょうがねえな~。 じゃ スマホ貸せ。

何でです?
ほら。 暗証番号は?

言うわけないじゃないですか。
ああ そう。

何で知っている!?
パソコンのパスワードと一緒って

バカだろ。
黙れ。 裏をかいて あえてそうしたんだ。

SNSでパパ活やってる女子だけが入れる
グループチャットがあった。

これなら潜入できんだろ。

かわいそうな女の子を食い物にしてる
パパたちの情報を つかむんだよ。

ごめんなさい。
お化粧直しに時間がかかって。

ん? あれ?

はあ!?

待って…。

ない…!
≪失礼いたします。
こちら お会計になります。

あ…。

3万!? ふざけんなよ!

ごめんね ちょっと待ってね。
はい。  すぐコンビニで下ろしてくるから。

あ… フグ残ってんじゃん。

お客様…。
ちょっと待ってね。

すぐだから フグだから。 マジうま。

おい
こんなにたくさん返事が。

それだけ被害にあった子が
いるってことか。

でも 会って1人だぞ。
えっ?

せめて5人くらいは。
5万も誰が払うんだよ。

1人に絞れ 1人に。
ん~。

「3分前に」…。

おし。
(メールの着信音)

おっ!

この子。

お待たせいたしました。
失礼いたします。

ごゆっくりどうぞ。

だました人は どんな人です?
顔とか分かります?

ああ…。

涼子さんの相手とは違う人ですね。

この人 知らない?
知らない。

この人も 女の子のお金を盗んだんだよ。

クソじゃん。 みんなに知らせないと。

「拡散希望。 こいつドロボー。
知っている人いる?」。

その手があったか。 ちょっと借りるぞ。

おい… おい!

「泥棒面」。
「くそ男」。

「表情がまじでムカつく」。
悪口ばっかりだな。

ちなみに だまされたのは
今回が初めて?

今回は… 6回目。

それだけ だまされても
まだ懲りてないんですか?

バカにしてんの?
いえ…。

今回の被害額は?

1, 000円。 あ~あ 損した。

男性からもらえる予定だったお小遣いは?

1万。
え?

そんなら だまされたのは
1, 000円じゃないですよ。

1万円も含めて 1万1, 000円損して…。

さっきからバカにしてるよね?
私だって そんぐらい分かるし。

…ってか 得々フグコース
3万7, 420円も払わされたから

4万8, 420円の大損害!

よかった。

いや よくはない。
よくはないですよ パパ活なんて。

危ない目にあってからじゃ遅いですよ。
そうだね。 次から気を付ける。

駄目だ 見つからねえな~。

食ったな…。

はい 1万円。
ご協力ありがとうございます。

ありがとうございま~す。
これで携帯代払える。 どうも。

パパ活なんてグレーなことすんなら

俺がやるようなビジネス
教えてやってもいいんだけど。

黒岩さんのビジネスは
ただの詐欺でしょうが。

やかましい。
まあ ああいう子たちにとっては

パパ活が手っ取り早いのかもしれないな。

危なっかしいことは分かってるだろうに
軽く考えてる。

でも 涼子さんは
ちょっと違う気がします。

そういや 大金が入るって言ってたよな。

ですし 何か もっと こう
しっかりしてる気がするんです。

そうか? 恋は人を盲目にさせるからな~。

(ザマ)僕のおじいさんは
インドで修行しました。

インド人もビックリ。
いっぱい入れといたから

うれしいでしょ? 来てね。  はい。
ありがとう。

<弁護士をやめてから
支払いは滞っている。

大体 私は 半年しか勤務していないから
失業保険ももらえないし>

宝くじか~ 宝くじしかないか~。

あるいは…。

<父が母に贈った宝物。

幼かった頃 この宝物を勝手につけていて
父に見つかったことがある>

[ 回想 ] ごめんなさい。
<怒られると思った>

(正弘)いいか それはな お父さんが初めて
お母さんにプレゼントした指輪だ。

今 それは お母さんのものだろ?
でもな 将来 真実が大人になった時

それは 真実のものになる。

それをよ~く覚えておけ。
うん!

<そう言って 父は私の頭をなでて…>

あ… すまん。
<整えた>

フフッ。

机の乱れは…。
心の乱れ。

声が小さい!
(大きな声で)心の乱れ!   そうだ。

売っちゃ駄目だ。

≪(ザマ)本当に安いから
ヤンバルカレーですよ。

安いお店は ここですよ。
本当においしいですよ。

はい ありがとうございます。
いらっしゃいませ いらっしゃいませ。

何だか楽しそうですね。 あっ もしかして
宝くじでも当たりました?

だとしたら
私と山分けでもしてみませんか?

俺の携帯で 例のアプリに
お前を登録しといた。

例のアプリ… はあ!?

何を勝手に!
私にパパ活やらせる気なんですか?

やっぱり 潜入調査をしないと

涼子さんをだました犯人を見つけることは
できないって 結論が出た。

いや ちょっと待て。
私抜きで結論を出すな。

ほら ここに お前がいる。
何だ この写真は。

末代までの恥だ…。

で これが涼子さんのやつ。

彼女と似たような自己PRにしたら
犯人が釣れるかもしれないぞ。

「趣味は読書です。
1ヶ月で50冊ぐらい読んじゃいます」。

はい これ まんま コピーしよう。

<そして案の定
ターゲットは引っ掛かった>

リラックスしろ 緊張しすぎだろ。

戦ですよ 戦。 法廷に立つ気持ちです。

お?

あの人じゃないですか。

赤い水玉のチーフをつけています。

ああ… だけど…。

別人ですね。 芥川って名前ですけど
涼子さんをだました人とは違う人だ。

何か裏がありそうだな。
行って話を聞いてこい。

お~い。

本当に行かなきゃ駄目ですか。
だ~め。

そのための潜入調査。 そのための衣装。
ほら 行け。

あ~。

真実さんですか?
はじめまして 芥川です。

真実です。 はじめまして。

写真より きれいだ。 びっくりした。
緊張してる?                    はい。

私 こういうの慣れてなくて。
ハハハハハッ…!

大丈夫 大丈夫。 このホテルの
最上階のレストランを予約してるから。

行こうか。 …痛っ!

アッハハッ
ごめん ごめん ごめん ごめん ごめん。

ねっ じゃあ 行こうか。
はい ごめんなさいね。 ハハハ…。

どうぞごゆっくりお過ごし下さい。
ありがとう。

1か月に50冊も読むんだってね。
うれしいよ。

あっ こう見えて
僕は出版社に勤めてるからね。

(ワインをすする音)

あの…。                           ん?
本当に 芥川さんですか?

ああ ごめんごめん。 あれは
アプリに登録してるニックネームでね。

本名は違うんだよ。

実は 友人も あのアプリを使ってまして。
うん。

芥川さんという すてきな男性と
出会えたと言っていたので

私も同じ人に出会えたらなと
思ってたんです。

その顔 知り合いですね?

正直に話してくれたら
法的責任は問いません。  法的責任?

あなた
パパ活に慣れてらっしゃるようですね。

既婚者が配偶者以外の人と
デートを繰り返していた場合

たとえ 肉体関係がなかったとしても
民法770条1項5号により

配偶者からの離婚請求が可能となります。

それは駄目だ。 家買ったばっかなんだぞ。

新居は奥さんに取られ
あなたは追い出される。

ローンがあったら
払い続けるのも あなた。

マジか…。

この人 知り合いですね?
平山さんだ。

この平山って人も芥川。
あなたも芥川。

一体 どういうことなんですか?
説明して頂きたい。

何で 平山さんが…。

あっ そういえば
あれ どれぐらい前だったかな…。

[ 回想 ]  平山さん 次の打ち合わせは
締め切り終わったあとに

メールする感じでいいすかね?
(平山)ああ もちろん。

じゃ よろしくです。
あっ エレベーター どうぞ。

じゃ すいません。
ちょっと 僕 次あるんで

ごめんなさい。 な…。     ちょっと。
何ですか?

本村君 あの子と知り合い?

(本村)え~っと 知り合いではありません。
もしかして… パパ活?

本村君 あの子とデートしてるのか?

いえ あの 会うのは初対面です。

アプリで知り合って
今から初めて会うんです。

初対面ってことは
向こうは 本村君のこと知らない?

え~ ご覧のとおりなので
こっちは向こうの顔を知っていますが

向こうは僕の顔を知りません。  これさ…。
はい。

代わってくれない?
はい!?   お金払うから。

ちょっと…。  俺が代わりに行って えっと
芥川って名乗ってもいい?

いや それ… いや…。  ねえ?
いや 勘弁して下さいよ すごい…。

あ~…。

なるほど そういうことか。
けど あれは もう2年も前のことだよ。

2年前?
そう 2年前。 僕 関係ないからね。

あっけなく ターゲットにたどりついたな。

平山一良。
芸能スキャンダル系のフリーライター。

やっぱり 経営者ってのは うそだったな。
金に困ってんだ。

ん~…。
さっきから 何うなってんだよ。

卵でも産むのか?
あっ。     う~ん ポン!

ポン! …いや 産みませんよ。
考えてたんです。             何を?

涼子さんの話を聞いた時 その人とは
知り合ったばかりだと思ってました。

でも 実際に知り合ったのは2年前。

男性目線で考えた時 女性をだまして
お金を盗むことが目的なら

知り合ったその日の女の子を狙いません?

話を聞いたあの子も
出会ったその日にやられてたな~。

でも 平山は 知り合ってから2年間

パパ活として
お金を払っていたわけですよね?

それって 結構な金額になりませんか?

なのに ある日突然 財布からお金を盗んで
音信不通になったりしますかね?

急に金が必要になったんじゃないのか?
げせない。

恋は人を狂わせるが
金っていうのも人を狂わせるからな~。

まあ そういうお金を頂く以上 俺たちは
依頼人に言われたことだけすりゃいいの。

げせない!

お待たせしました。

いいんですか ここ 職場でしょ?

大丈夫です。
誰も私のことなんて見ていないですから。

ご依頼頂きました芥川さんの本名 経歴
現住所が分かりました。

あとは 追加料金を支払って頂くことで
復讐を実行します。

お値段は
いろいろコースがございまして…。

待て!
お前には聞いてねえよ。

芥川さんは 地位も名誉もない
さえない男性でした。

抹殺するほどの社会的な立場は
ありません。

さらっと きついこと言うなあ。
それでも復讐しますか?

いえ やめときます。

え~ ここで終わり?
はい。

これさえあれば十分です。
ありがとうございます。

お安くしときますよ。
おい。

私 考え直したんです
この2年間のことを。

今は あのころの幸せな思い出を
大切にしたい。

そう思うようになりました。

まあ 無理強いはできないけど。

あっ… かわいい指輪。

え? あ… ありがとうございます。

そういや お前 それ 最近つけてんな。

近々 質屋に手放すことになりそうで。
質屋?

ちょっと いいですか? すいません。

これじゃ 高く買ってもらえませんよ。
どうして?

石に ヒビが入ってます。
えっ!? え~! え~!

ああ… あ~。

めちゃくちゃショック受けてんな。

父との思い出があって…。

そしたら ここ おすすめします。

ちょっと変わった店で

情報量が多すぎるって
思うかもしれませんが

行けば 修理してくれます。
ありがとうございます。

こっちも働いた分の報酬は
ちゃんと もらいますからね。

はい もちろんです。
じゃ 振り込みの連絡は 後日改めて。

ありがとうございました。

ここか。

ごめんくださ~い。

ごめんくさ~い。

ごめんくさ~い。

≪は~い! あら ご新規さん?

ごめんなさい 占いは夜8時から。
占い?

違ったか。 じゃあ ダンスレッスンの方?
あっ もしかして ボイトレか。

シング アンド ダ~ンス!

お店 間違えたみたいです。
あっ ちょっと待って ちょっと待~って!

YOUは何しに来たのかな?

これが直せるって聞いたんで。
ピンポン ピンポン!

間違ってない。 私 本業はジュエリー職人。

それ正解なんだけどね
副業で 占い師やったり

最近は ダンスレッスンとか
ボイトレとかもやったりしてて

もう何が本業なんだか
訳分かんなくなっちゃって… ハハハッ!

情報量が多すぎる。 聞いてたとおりだ。

聞いてたとおり? 誰から聞いたの?

杉本涼子さん 分かりますか?

どこの週刊誌の人間?
えっ えっ?

週刊誌の記者なら殺すよ。
違います。

涼子とは どういう関係?
関係? 関係か…。

「やっぱり週刊誌でした~」って言ったら
殺すよ。

いえ 違います 本当に。
涼子さんには依頼されて来たんです。

この人について調べてほしいって。

これ… 涼子のパパじゃん。
ご存じでしたか パパ活のこと。

あの子は 私には何でも話すからね。

それで こいつのこと調べて
どうしたいって?

お金を盗まれたから復讐したいと。
お金盗まれた?

そんなわけな~…。
い? い?

そんなわけないって
どういうことですか?

これは修理しとくから
もう今日のところは さっさと帰って。

私からは何にも話せないから。

♬~

≪パパ! もう2人 寝かせて!

ほら ハルト カイト!
もう寝る時間だよ。 おい。

(子どもたち)は~い。
もう はだしで!  (平山)汗かいたろ。

寝ろ寝ろ ほら。 よし。
じゃ 一緒に寝よう。

(平山の妻)もう汚い。
汚れちゃったじゃない…。 どこ行くの。

♬~

(ドアが開く音)

動くな!

いや 起きろ。
どっちだよ。

私の推測が正しければ
私たちは だまされていた。

誰に?
涼子さんに。 全部やり直しだ。

いいよ
報酬は振り込んでもらう約束だし…。

私の推測を聞け! でないと お前を
刑法246条詐欺罪で告発してやるぞ!

…ったく 何だよ その推測っていうのは。

涼子さんは
お金をだまし取られてなんかいません。

はあ!?
平山って人の居場所が知りたくて

私たちを利用しただけなんです。
なるほど。

あと もう一つ
気になることがあるんです。

涼子さんは 「もうすぐ大金が手に入る」と
言っていましたよね?

そのお金の出どころです。
う~ん。

私たちは 涼子さんの本当の気持ちを

誤解していたのかも。

平山です。
白沢と申します。

助手の黒岩です。
上司の黒岩です。

アイスコーヒー。
かしこまりました~。

それで お話というのは。

杉本涼子さん ご存じですね。

どこの週刊誌だ?

復讐代行です。
復讐代行?

涼子さんは パパ活で知り合ったあなたに
財布をとられたと主張しています。

それで うちに復讐を依頼されたんですよ。
でも直前になって依頼を取り下げました。

私が お金を?
そんなわけないですよね?

2年間も仲よくしていたのに
いきなり財布泥棒になるなんて。

彼女が そう言っているなら
それでいいです。

パパ活をやるような人間ですから
お金だって盗みますよ。

お前の推測どおりだったな。

今 平山さんは
「どこの週刊誌だ?」とおっしゃいました。

ええ 確かに おっしゃった。

涼子さんを守ってるんですよね?

気になることがあって
私たち 調べてみたんです。

涼子さんは
ただのパパ活OLではありませんでした。

小説家志望のOL。

しかも アマチュアが対象の
この新人コンクールで

最終選考に残っている。
グランプリを取れば

なんと 賞金500万。
表向きの発表は まだですが

涼子さんは グランプリが内定したと
聞かされたんでしょう。

だから 近々 大金が手に入ると
言っていました。

で 彼女の周りでは
涼子さんがパパ活女子だと

マスコミに漏れないよう警戒している。

今の あなたのように。

去年 グランプリを取った女性は
受賞後

いかがわしい店に勤務していたことが
発覚し 大炎上しました。

だから 当然のように マスコミは
今年の受賞者の身辺を探っている。

だから 涼子さんを守るために
パパ活をやめた。

具体的には 連絡先をブロックした。

[ 回想 ]
電話もメールもブロックされたみたいで。

本当に彼女を守りたかったなら

ちゃんと理由を説明してから
ブロックすべきでしたね。

話しましたよ。 ちゃんと話したに
決まってるじゃないですか。

それでも 涼子は 「会いたい」と
しつこいくらいに言ってきたから

しかたなくなって ブロックしたんです。

じゃ あなたも本気だったわけだ。

そうじゃない。 あの子は…。

あの子は?

もしかして 「あの子は 私の娘だから」って
そう言おうとしました?

パパ活だぞ。 金でつながった関係だ。

本当の親子気分になるなんて
気持ち悪いな…。

シュッ! そうじゃなくて…

本当に娘さんなんじゃないですか?

涼子さんとは実の親子。

え~ 図星って顔じゃん!

復讐代行って
便利屋みたいなものですか?

全然違います。
報酬次第です。

本当のことを全て話します。
ですから あの子を守ってくれませんか。

まあ 内容次第では…。

大学時代 私は授かり婚をしました。
その時に生まれたのが涼子です。

ただ 当時から 私は小説家を目指していて
大学中退後 就職もせず 育児もせず…。

うるさいんだよ! 黙らせろよ!

(平山)涼子の母親とは すぐに不仲となり
1年もたたないうちに離婚をしました。

小説家になれないまま

雑誌のフリーライターとして
なんとか食いつないでいた頃

偶然 元妻のSNSのアカウントを
見つけたんです。

そこには 離婚してから
一度も会っていなかった

涼子が写っていました。

それから 気付けば毎日のように

涼子の写真をチェックする生活が
続きました。

それだけが人生の楽しみでした。

そして 2年前
偶然 涼子は 私の前に現れました。

もちろん 自分が実の父親だなんて
言ってません。

でも 話してみて驚きました。

どういうわけか
彼女も小説家を目指していたんです。

涼子には才能があった。

私とは比べものにならないほどの
大きな才能です。

(平山)ダラダラと
夢を諦めることができない人間は

自分に甘く 他人には厳しいんです。

才能だけは似なくて 本当によかった。

確かに 新人コンクールでグランプリ。

涼子なら すぐに売れっ子になります。

だからこそ パパ活をしてるなんて
世の中に知られちゃ駄目なんです。

私はもう あの子のそばにはいられない。

涼子さんに会いたくはないんですか?

そりゃ会いたいですよ。
でも 合わせる顔がない。

涼子さんも会いたいと思います。

平山さんの住所が分かった段階で
依頼を取り下げたのは

会いに行くつもりだったんです。

(メールの着信音)

涼子さんから。
何て?

「実は小説の新人賞を獲りました。

賞金が入るので先日の報酬の件

すぐに振り込めます」。

お待たせしました~。

おそ!
おそ?

おそ?
おそ?

「おそ」って何だよ。 遅えよ。
話 終わっちゃったよ。

痛っ!

ちょっ… ちょっと ちょっと!

あの 1社につき1人ずつで

3人分の取材申請するの
マジで大変だったんですからね…。

買ったばっかの家 奥さんに
取られちゃってもいいんですか~?

あ…。
シュッ! シュ~ッ…。

ローン地獄。
あ~。

どうか それだけは勘弁して下さい!

行きましょう。
はい ご案内します。 こちらです。

あの これだけ約束して下さい。

私は 父親だと
名乗り出るつもりはありません。

彼女の人生には もう関わりません。

分かりました。

(司会)
グランプリ受賞者 杉本涼子さんです。

来ました。

(拍手)

それでは 會出版主催 第38回
新人小説家コンクール

グランプリ受賞会見を執り行います。

(涼子)小学校の時に
小説家になることを夢みてから

私は たくさんの物語を紡いできました。

私の頭の中には まだまだ語るべき

たくさんのキャラクターとストーリーが
存在しています。

今は それらを
一刻も早く形にし 世に出し

多くの読者の方に届けたいと
願っています。

(拍手)

では 質疑応答に入りたいと思います。
質問のある方は挙手をお願いします。

そちらのブルーのネクタイの方。

週刊群衆の中川です。
受賞 おめでとうございます。

あの 今回の受賞にあたりまして
感謝を伝えたい人はいらっしゃいますか?

まずは 私を大事に育ててくれた母に。

あとは… パパにも。

物語のすばらしさを
教えてもらいました。

たとえ 相手が離れた場所にいても
時空を超えて思いを伝えることができる。

それが物語です。
私は これから物語を紡ぐことによって

遠く離れても 会えなくなっても
感謝します。

たとえ 今回の受賞がなかったとしても
ずっとずっと 感謝し続けると思います。

ありがとうございます。

♬~

ありがとうございました。

思い残すことはありません。

いいんですか? 涼子さんに会わなくて。

今更… もう遅いですよ。

小説家になるって夢も
今更ですが 諦めます。

ずっと やめどきを探していたんです。
やっと決心がつきました。

これからは ただの読者として
あの子を応援します。

では。

(ノック)
どうぞ。

失礼します。

あの人 喜んでましたか?
はい。

泣いていました。

そうですか。

あと… 小説家になる夢は諦めると。

そしたら…。

私と あの人が 本当の親子だってこと
多分 お聞きになりましたよね?

えっ…。
知ってたんですか。

気付かないわけがないじゃないですか。

だって 血のつながった本当の親子ですよ。

この2年 いつか本当のことを
話してくれると思っていました。

母と私を捨てたことを
謝ってくれるんじゃないかって

心のどこかで期待してたんです。

でも あの人は
最後まで何も言わなかった。

離婚した時 私 小さかったから 父の顔を
覚えてないとか思ったんでしょうね。

バカにしないでほしいです。

大体 実の娘が
パパ活しているのを知ったら

普通 すぐに止めませんか?

2年間もチャンスがあったのに

最後の最後まで何も言わず
私の前から姿を消した。

2度も私を捨てた 2度も私から逃げた。

そんな最低な人間が小説家?
ふざけないでほしい。

なれるわけがない。

どうして 会見では

平山さんに感謝しているということを
言ったんですか。

本当に感謝してると思います?

あの男が母と私を捨ててまでなろうとして
なれなかった小説家に…

私がなりました。

それが私の… 復讐です。

彼の人生を 否定できました。

あっ… お父様の思い出
きれいに修理してもらったんですね。

はい…。

羨ましい。

涼子さんは
わざと情報量だらけの店に行かせて

私に気付かせたんですね。

[ 回想 ]  週刊誌の記者なら殺すよ。

お金盗まれた? そんなわけな~…。
い?

全部
彼女の筋書きどおりだったってわけか。

この調子なら いい小説家になれるな~。

でも かわいそうです。
涼子さんが?

あんなの 復讐って言えますか?

平山さんは 最後まで
本当のことを黙っていましたが

涼子さんも 最後まで
本当のことを黙っていたわけですよね。

そんなの 本当の親子の再会じゃない。

私が もし 父と再会したら

心の底から喜んで
同時に すごく怒ると思うんです。

怒る?

どうして 私を置いて
突然いなくなったのって 怒って

本当の気持ちを全部伝えたい。

そのために私は まっすぐ生きて
まっすぐに父と再会します。

いいね お前らしい。

まっすぐな人だったんだろうな。

[ 回想 ]  机の乱れは 心の乱れ。

まあ お前は まっすぐすぎる。
ド直球で カチカチ山だ。

山? まっすぐで何が悪いんですか?

黒岩さんは 激しく ひん曲がってて
ねじ曲がってて ひねくれてて

もはや ねじれ現象というべきか…。
とにかく もっと世の中を学べ。

お疲れ。

そんなに論破されるのが怖いのか 黒岩。

♬~

[ 回想 ]
本当のことを話して下さい。

(橘)
2時間後に 1人だけで ここに来なさい。

押さないで。 離れて下さい。
押さないで下さい。

危ないですよ。
通ります。 道 空けて下さい。

すいません すいません すいません。

(テレビ)「カリスマ投資家の橘 道三氏が
先ほど こちらの建物の中で

正義の士を名乗る男に殺害されました。

男は 通報により駆けつけた警察官に
逮捕されましたが

犯行の数時間前 SNSで犯行予告を
拡散していたことが分かっています。

こちらが その文章です。

『多くの人々の人生を狂わせた男が
のうのうと生きているなんて

絶対に許されない。 自分は正義の士。

詐欺事件に苦しめられた
被害者達のために

これより 橘 道三に
正義の制裁を加える』。

警察では今後 この犯行予告とともに

男の殺害動機を詳しく調べていく
方針です」。

十分な報酬…。
私はもう 余命いくばくもない身だ。

奥様!
奥様を殺したのは T2ですから。

T2。
バカなことを言うな。

もう時間がないんだ。
どこまでも底なしの大バカ者だ。

動くな!

オハヨー。