相棒 season 20 #8[解][字] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

相棒 season 20 #8[解][字]

第8話「操り人形」
過去から現在に繋がる殺人事件。
すべては半世紀前に殺された亡霊の仕業!?
特命係がその正体に迫る!

◇番組内容
大学構内で白骨死体が発見され、1970年代に学生運動をしていた岡田という人物だと判明。そんな中、物流大手社長・梶原の遺体が発見された。右京と亘は、岡田と親交が深かった男性・藤島を訪問するが、何も知らないと語る。するとそこへ捜査一課が現れ、事件当日の梶原の携帯に藤島を呼び出すメールが残っていたという。二つの事件に関連があると知った特命係は、藤島の連行にショックを受ける美鈴という女性に話を聞くが…!?
◇出演者
水谷豊、反町隆史、川原和久、山中崇史、篠原ゆき子、山西惇、田中隆三 ほか
【ゲスト】下條アトム ほか
◇スタッフ
【脚本】瀧本智行
【監督】守下敏行
◇音楽
池頼広
◇おしらせ
☆最新情報はツイッターでも!
【番組HP】https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/
【Twitter】https://twitter.com/aibouNow
【Instagram】https://www.instagram.com/aibougram_official

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 梶原
  2. 藤島
  3. 岡田
  4. 美鈴
  5. 亡霊
  6. 健太
  7. 事件
  8. 岡田茂雄
  9. 社長
  10. 息子
  11. 芹沢
  12. 電話
  13. 被害者
  14. 伊丹
  15. 時効
  16. 野添
  17. 様子
  18. お疲れさ
  19. メール
  20. メジャーリーガー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日本コロムビア
¥5,720 (2022/01/17 20:36:35時点 Amazon調べ-詳細)

(藤島健司・梶原太一)うわあ~!

(田中美鈴)おい おい
さっきから お前ら うるせえよ。

(梶原)来るな 来るな!
お前は誰だ?

(美鈴)俺はな ここら辺の王だ!

王!?
(藤島)ちょっと 喧嘩は やめなよ。

(美鈴)俺は ここら辺に住んでる
野良猫だ!

(岡田茂雄)この闘いは
絶対 勝利する事を宣言します!

(学生たち)そうだ!

弾圧をはねのけて 勝利するぞ!

(一同)弾圧をはねのけて
勝利するぞ!

実力闘争に勝利するぞ!

(一同)実力闘争に勝利するぞ!

(パトカーのサイレン)

(出雲麗音)お疲れさまです。

お疲れさまです。
(伊丹憲一)ああ。

(麗音)お疲れさまです。
(芹沢慶二)すいません。

(伊丹)ああ。

(益子桑栄)おっす。
(麗音)お疲れさまです。

(益子)サークル棟の
建て替え工事だってよ。

まったく… えらいもん
掘り当てちまったもんだ。

(芹沢)キャンパス内って事は
学生っすかね?

仏さんは 成人男性。

頭蓋骨に大きな傷がある。

殺しと見て間違いないだろう。

殺し…。

ただな…
死後 恐らく 50年近く経ってるぞ。

50年!?

とっくに
時効は過ぎてるって事か。

(鑑識員)益子さん!
お願いします。

まあ 今回
俺たち メジャーリーガーは

お呼びじゃないって事だ。

んっ? かゆい…。

なんか 背後に嫌な気配…。

(冠城 亘)メジャーリーガーが
どうかしました?

出たよ 背後霊。

(杉下右京)ご心配なく。
ちょっとのぞかせてもらうだけで

お邪魔するつもりなど
毛頭ありませんから。

しらじらしい。

先輩 先輩!

特命に おあつらえ向きじゃ…。

そうだな。
(芹沢)フフフ…。

警部殿 のぞくだけなんて
おっしゃらずに

どうぞ 気の済むまで
とことん お調べください。

はい?

いつもと様子が違いますが
どういう風の吹き回し?

我々は お二人と違って
多忙なもんで。

では。

事件解決を祈っています。 では。

(麗音)50年前の
白骨死体みたいなんですよ。

(芹沢)出雲!
(麗音)はーい!

時効が成立した事件
押しつけられたって事ですね。

そのようですねぇ。

だけど まじまじ見ると
気味が悪いですね。

そうでしょうか?

人間誰しも 皮と肉をそぎ落とせば
この有り様。

そう考えると
僕は親近感が湧きますけどねぇ。

時々 右京さんの感性が
わかんなくなりますけどね。

ああっ! びっくりした…。

成仏できていないんでしょうかね。
はい… はい?

冠城くん!
いっ…!

今 何か聞こえませんでしたか?
いや 何も…。

被害者の霊が
まだ この辺りをさまよっていて

我々に 何か告げようと
しているのかもしれません。

怖い事 言わないでください。

♬~

(角田六郎)暇か? フッ…。

なあ 例の白骨
身元 わかったのか?

1973年 行方不明になった
学生がいましてね。

今 DNA鑑定の結果待ちです。
ああ…。

あっ これか。

へえ~ 「革青同」…
過激派だったのか。

学生組織の幹部だったようです。

学園紛争のあった時代…
隔世の感が否めないね。

(携帯電話の着信音)

冠城です。

わかりました。

例の骨
岡田茂雄で間違いないようです。

そうですか。

遺骨を親族に渡せば 一件落着。
お役御免。

これで きっと
成仏してくれるでしょう。

まだ
こだわってらっしゃるんですか?

何? 何? どうしたの?

この被害者
当時から敵対するセクトに

命を狙われてると
噂されてたようなんです。

…というと
過激派同士の内ゲバで?

主導権争いに始まり 双方合わせて
10人以上の死者が出る

激しい闘争を
繰り広げたそうですから。

そういう時代だったんだ。

今の若い奴らには
さっぱり理解できないだろうね。

で 何にこだわってんのよ?

当時の活動家は
内ゲバの戦果を誇るのが常でした。

敵対するセクトの幹部を
殺した場合

自らの力を誇示するような
犯行声明を出したものです。

わざわざ埋めて その戦果を
なかった事にするというのは

いささか不自然ですねぇ。

♬~

(ノック)

(新島敏夫)社長 そろそろ
先方とのお約束の時間ですが…。

社長?

(梶原)ノックぐらいしろ!

♬~

(ため息)

どうかされましたか?

いや… なんでもない。

今の道 曲がったほうが
早いんじゃないのか?

(田中健太)カーナビだと…。

この辺の道なら
カーナビより 私のほうが詳しい。

申し訳ありません。

ハッ…!

ひとつ 確認しておきたい事が…。
なんでしょう?

その後 声は聞こえるんですか?

声?
ええ。 例の骨の…。

いいえ。

そもそも 僕の
勘違いだったのかもしれません。

安心しました。
まさか 霊に取りつかれたせいで

この事件に
こだわってらっしゃるのかと。

時効だからといって
人ひとりが殺された真相が

明らかにされなくていいはずが
ありませんよ。

おっしゃるとおりです。

ああ ここですね。
ええ。

(ノック)

(吉澤秀介)悪いね。

ちょうど この…
お湯 入れたとこだったから。

生活保護の身じゃ
無駄にするわけにはいかないんだ。

こちらこそ お食事時に押しかけて
申し訳ありません。

どうぞ
食べながらで結構ですから。

吉澤さんは 元革青同の幹部だと
お聞きしましたが。

笑うだろ。

国家打倒を叫んでた人間が
国の世話になってるなんてな。

いえ 大切な国民の権利です。

フンッ…。

で… 岡田茂雄の事だったね。

(岡田)全ての学友諸君!

(吉澤の声)あいつの演説には
ほれぼれしたね。

学生運動が下火になる中でも

多くの学生を魅了し
味方に取り込んだ。

敵対するセクトが
脅威に感じて当然だ。

じゃあ あなたも
岡田さんは内ゲバで殺されたと?

他に考えられないだろ。

しかし どのセクトからも
犯行声明は出ていませんねぇ。

そうなんだ。
それが ちょっと引っかかってた。

活動家以外で 岡田さんが
誰かに恨まれるような事は?

女には
恨まれてたかもしれないね。

本人は「英雄 色を好む」なんて
うそぶいてたが

もう 手当たり次第で…。

岡田の奴
何度か 無理やりやった事を

自慢してた事もあったな。

随分 たちの悪い
カリスマだったようで。

プライベートで親しかった人は
いらっしゃいましたか?

ああ そういえば…
大学の同期に幼なじみがいた。

えっと… あっ 藤島…
藤島健司って奴だよ。

その方も
あなた方の一員でしょうか?

いやあ… 政治には
からっきし興味のない男だ。

人形劇やってた奴だったよ。

ほう… 人形劇ですか。

今 思えば
2人には共通点があったんだな。

…と おっしゃいますと?

藤島は人形を操り
岡田は人間を操る。

(藤島)はっけよーい…。

(美鈴・藤島)のこった!

(美鈴)やあ~!
(藤島)よし こっちだ。

はっけよーい…。

(藤島)のこった! のこった…。

あーっ!

あっ… うう…。

(美鈴)
あれ? おい どうした? えっ?

あっ… ぐう ぐう ぐう…。

ああ~ なんだ
お昼寝しちゃってるよ。

ねえ みんな もうそろそろ
お昼寝の準備しようね。

(園児たち)はーい。

うん… もう大丈夫だよ。
ありがとう。

(美鈴)長年 酷使してきたから…。
職業病ね。

50年も…
よく続けてこられたもんだ。

(美鈴)みんな
いなくなっちゃって

とうとう 2人だけになって…。

でも 子供たちの笑顔が
支えだったから。

あっ いけない
仕事に遅れちゃう。

今日は スーパー?

ううん。 朝までビル掃除。

じゃあ お大事にね。
うん。

(携帯電話の着信音)

(着信音)

♬~

♬~

(芹沢)ご苦労さまです。

(カメラのシャッター音)

直接の死因は これ。

何か鈍器のようなもので
殴られたんだろう。

周辺を捜索してるが
川に投げ捨てられたとしたら

特定するのは厄介だな。

遺留品は?

携帯は所持してなかった。

ただ 名刺入れを持ってて…。
なかなかの大物だぞ。

(芹沢)「カジハラロジスティクス
代表取締役社長」

物流大手じゃねえか。

これぞ メジャーリーガーに
ふさわしい事件っすね。

まあな。

(麗音)あの 被害者の秘書と
運転手の方が…。

(伊丹)梶原社長は
昨夜9時過ぎに会社を出て

車で自宅に戻った。

その途中で
人と会うからといって

この橋のたもとで車を降りた。

お疲れさん。
(健太)お疲れさまです。

会う相手については
何か言ってましたか?

いえ 何も。

車内での様子は?

ゆうべは 特に変わった事は…。

「ゆうべは」?

実は 1週間ほど前から
社長の様子が変だったんです。

どういう事です?

情緒不安定というか
イライラして 急に怒鳴ったり。

今まで そんな事は
一切なかったものですから。

それに
おびえていたような様子も…。

おびえていた?

昨日の夕方
どなたかと電話をしていた際に…。

(梶原)いや…
もう駄目かもしれない。

あいつの亡霊に見えるんだよ。

何か思い当たる事は
ありませんか?

いえ…。

今朝の事件の被害者

カジハラロジスティクスの
社長だそうです。

ええ…
どうして 有名企業の経営者が

橋の下などで
殺されたのでしょうねぇ。

いいんですか? 放っておいて。

同時に 二兎は追えません。

そちらのほうは
メジャーリーガーの方々に

お任せしましょう。

我々 マイナーリーガーには
大昔の事件が お似合いで。

しかし お見事ですねぇ。

まるで 人形が自分の意思を持って
動いているように見えました。

悲しみの淵に立つ人が
自らの運命を呪い 泣いている…。

僕には
そのように見えたのですが。

まあ そんなところです。
ああ やはり そうでしたか。

ちょっと よろしいですか?

なんですか?

人形を操ってみても。

ああ~… 興味を持つと
なんでも 自分でやってみないと

気が済まない性分でしてね…。

どうぞ。

すみません
左手が どれでしたか?

これが左手です。
はい これが左…。

足… 足は… これでしたね?

おやおや… 頭も糸も
こんがらがってしまいましたねぇ。

あっ すみませんね。

(藤島)ちょっと待ってください。
ああ 申し訳ない。

いやあ 素人には
とても 手に負えません。

わがまま申し上げて
すみませんでしたね。

しかし 長年 修業をしなければ

あのような繊細な動きは
できないのでしょうね。

で 何を聞きたいんですか?

岡田茂雄さんの事について
なんですがね。

先日 大学構内で
白骨遺体が見つかりまして…。

すでに ご存じのようですが。

幼なじみで 大学時代も
随分 親しくされてたとか。

行方不明になった事
当時 どう思われてました?

内ゲバで狙われてると
噂されてましたから

そんな事だろうと…。

案の定だったようですね。

それが
僕には そうは思えないんですよ。

何か別の事情で
殺されたのではないかと

考えているのですがね。

何か心当たりは?

さあ…。

事件は 時効だと
書いてありましたが?

犯人が海外に出国してなければ
とうに時効を迎えてます。

ちなみに 海外へは?

一度も。

仮に犯人がわかったとしても
罪に問う事はできません。

何か思い当たる事があれば…。

申し訳ないが
お役に立てそうにありません。

明らかに怪しい。
でも 知らないと言い張る。

仮に罪を認めても
立件すらできない。

どうします? これから。

(車のドアの開く音)
おやおや…。

なんで こんな所にいるんですか?

伊丹さんから 気の済むまで
とことん捜査しろと

お墨付き ちょうだいしたもので。
はあ?

いや あちらの藤島さんが

白骨で見つかった被害者の
幼なじみだったもので。

なんだよ そっちの話か。
…えっ!?

藤島健司って
そっちとも関係あったの?

(芹沢)殺された梶原さんの
携帯の履歴を調べたんですが

最近 あなたと よく 連絡を
取り合っていたみたいですね。

(伊丹)あなたと梶原さんは
どういうご関係ですか?

学生時代に

この人形劇団を立ち上げた
仲間です。

学生時代…
随分 長い付き合いですね。

メールの内容
確認させてもらっていいですか?

(伊丹)「荒坂大橋の下で待ってる」

「大事な話だ」

「大至急来てくれ」

で あなたは行った。

そこで何が?

梶原が…

死んでいました。

ご同行頂いて
詳しい話を聞かせてもらいますよ。

どうせ聞いてると思いましたよ。

こっちと関連する情報つかんだら
必ず協力してくださいよ。

もちろんです。

(伊丹)ああっ…!

図らずも二兎を追う羽目に…。

そうなりましたねぇ。

藤島くん どうしたの?

警察に行く事になった。

すまない。

どういう事?

失礼ですけども あなたは?

(美鈴)一緒に劇団をやってる
田中美鈴という者です。

何があったんですか?

昨夜 梶原さんという方が
何者かに殺害されまして。

梶原くんが!?

(美鈴)これが梶原くんです。

「糸使い」の
立ち上げメンバーでした。

卒業前に
家業の運送屋を継ぐ事になって

劇団は やめたんですけど。

今や 物流大手の経営者。
商才があったんですね。

仕事に没頭してましたし…。

でも ホール公演には
必ず来てくれました。

ここの経営が行き詰まるたびに
援助してくれましたし。

藤島くんにとっては
長年の親友で恩人なんです。

だから
梶原さんを殺すはずがないと?

はい。

最近も
よくお会いになってたんですか?

向こうが忙しくて

ここ5年ほどは
年賀状のやりとりだけでした。

藤島さんとは?

彼も そうだと思います。

会ったって話は
聞いてませんから。

妙ですね… 最近 お二人は

頻繁に
連絡 取り合ってたそうですが。

えっ?
ご存じありませんでした?

ええ…。

ここに写ってる お子さんは?

(美鈴)私の息子です。

若くして
ご結婚なさったんですねぇ。

学生結婚ですか?

結婚はしてません。

あっ そうでしたか…。

立ち入った事を伺って
失礼しました。

藤島さん 梶原さん
あなた方親子

定期的に
お会いになっていたようですねぇ。

本当に仲が良かったんですね。

ええ。

息子さんも
人形劇に興味を持たれた。

同じ道には
進まれなかったんですか?

今 息子の話は
どうでもいいでしょ!

あっ これは失礼しました。

とにかく 藤島くんを疑うなんて
お門違いもいいところなんです。

わかりました。
担当の者に そう伝えておきます。

実は 我々 調べてるのは
別の件でして。

先日 岡田茂雄さんの白骨遺体
見つかりまして。

もしかして あなたも
岡田さんの事を知っていた?

ええ 名前くらいは。

大学でも有名人だったし

藤島くんの幼なじみでしたから。

♬~

1週間ほど前から 梶原さんは

突然 何かにおびえるような様子を
見せ始めた。

秘書が そう証言しています。

あなたと関係があるんですか?

昨日の夕方も
梶原さんと電話で話しましたね。

16時5分から 3分27秒間。

その時 梶原さん

「亡霊が見える」というような事を
おっしゃったそうなんですけど

それって どういう事ですか?

亡霊…。

あの骨の亡霊
って事でしょうかね?

岡田さんの白骨死体が
発見された日と

梶原さんが何かに
おびえるようになった時期は

符合します。

さすがに 岡田の霊が

この世をさまよってるとは
思えませんので…。

例えば 48年前 なんらかの事情で

藤島と梶原は 岡田茂雄を殺害し
地中に埋めた。

時効が成立してるとはいえ
社会的地位を確立してる梶原は

過去の罪が発覚する事を恐れた。

岡田の亡霊を見るまでに
精神的に追い詰められ

藤島に相談の電話を…。
どうです?

殺人犯が罪悪感から
被害者の姿を見るという話は

よく聞きますからねぇ。

じゃあ どうして
梶原は殺される事に…?

そもそも 本当に
藤島さんが殺したのでしょうか?

恩人でもある長年の親友を。

じゃあ なんで 藤島は黙秘を?

誰かをかばうため
という事になりますかねぇ。

準備いいよ。
(野添弘道)音楽かけるよ。

♬~『大聖堂』

♬~

(カメラのシャッター音)

いいね いいね。
いいでしょ。

(シャッター音)
(梶原)いいね いいね。

(カメラのシャッター音)
ハハハ…。

いいでしょ。 何? その動き。
(梶原)これもいいでしょ。

(藤島)どうにか
いい感じに仕上がってきたな。

(美鈴)うん。
梶原くんのラストステージだもん。

頑張らなきゃ。

(梶原)あ~あ…
やめたくないなあ。

家業を継がなきゃいけないなんて

夢も希望もあったもんじゃないよ。

梶原くんの力で
大きな会社にすればいいじゃない。

そうそう。 いつか
ヨーロッパ公演やりたいから

がっぽり稼いで資金出してくれよ。
(美鈴)ああ それ いい!

いいよね。
(梶原)勝手な事 言ってら。

(戸の開く音)

待っててくれたのか。

よかった…。

ああ…。

ごめん。
ごめん… 心配だったから。

警察も どうかしてるわよね
藤島くんを疑うなんて。

梶原くん 本当に お気の毒。

警察の人から聞いたけど

最近よく連絡取ってたんだって?

どうして話してくれなかったの?

♬~

ごめん。

美鈴ちゃんが心配する事なんて
なんにもない。

疲れたから…
休ませてもらうよ。

♬~

おい。 暇そうな様子を見ると
早くも行き詰まったか?

なあ? 半世紀も前の事件なんか
調べたって しょうがねえだろ。

梶原の通信記録 手に入りました。

最近 頻繁に
藤島に電話してます。

その起点となったのが 11月20日。

岡田茂雄の白骨が見つかった翌日。

新聞発表の日ですねぇ。

1日に3度
電話してる日もあります。

(角田)何? 何? お前ら

大昔の事件
追っかけてるんじゃないの?

いやいや
二兎 同時に追う事になりまして。

二兎?
おや。

梶原さんが
ショートメールを使っているのは

殺される前の
この時だけですねぇ。

この1カ月 他には一度も。

本当だ。

橋の下に
藤島を呼び出すメールでしたね。

月に一度しか
ショートメール使わないなんて

変わった奴だね。

(新島)夕方に 社長のご遺体は
警察から こちらに参ります。

それでは
各所の準備を進めてください。

(一同)はい。

新島室長 確認事項がございます。

わかりました。

ちょっと。

おとといの事ですが

電話の相手に向かって
「亡霊が見える」というような事を

おっしゃっていたそうですね。
ええ。

あいつの亡霊に見えるんだよ。

ひとつ 確認したいのですが

今 あなたは

「あいつの亡霊に見えるんだ」と
おっしゃいましたが

実際 梶原さんが口にしたのは

「あいつの亡霊が見えるんだ」
ではありませんか?

いえ。

間違いありませんか?
間違いありません。

右京さん
その違い 重要ですか?

ええ。
「あいつの亡霊が見える」なら

文字どおり 岡田さんの亡霊が
見えた事になりますが

「あいつの亡霊に見える」となると

別の何かが 岡田さんの亡霊に
見えた事になりますからねぇ。

(新島)あの…
そろそろ よろしいですか?

最後に もうひとつだけ。

梶原さんは普段

ショートメールを
お使いになっていたでしょうか?

いいえ。

社長は 携帯でメールをするのが
嫌いでしたから。

そうですか。
ありがとうございました。

♬~

黙ってるなんて ひどいじゃない。

劇団 畳むつもり?

そろそろ 潮時だ。

一緒に始めたんだから
一緒に終わらせましょ。

♬~(店内の音楽)

♬~

(野添)梶原の事は
ニュースで知りました。

糸使いのアトリエに
飾られているものと

同じ写真がありますねぇ。

私が撮った写真です。

人形遣いよりも
よっぽど才能があるから

プロになれって

藤島と梶原に
よく からかわれましたね。

お二人と美鈴さんは
よく こちらにいらしたんですね?

ええ。
昔 しょっちゅう来てくれました。

息子さんを連れて。
(野添)ええ。

美鈴さんは
シングルマザーと伺っていますが

父親はどなたか ご存じですか?

わかりません。

そうですか。

(野添)ケン坊も あの頃は まだ
かわいかったが…。

どうかしたんですか?

中学の頃に ぐれてしまってね

大人になってから
どうしようもない暮らしをして…。

窃盗と詐欺で
2度も刑務所に入ったんです。

2度目の時には 美鈴ちゃん

とうとう
親子の縁を切ってしまって。

今 息子の話は
どうでもいいでしょ!

しかし 藤島さんも梶原さんも
見捨てなかったのでは?

ええ。

2人は 父親の代わりのつもり
だったんでしょう。

半年ほど前かな。

2人が
久しぶりに ここに来たんです。

ケン坊を連れて。

♬~

(野添の声)2度目の出所後

ろくな仕事に
ありつけなかったらしくて…。

お願いします。

(野添の声)ケン坊 心を入れ替えて
なんでもやるからと

梶原に泣きついていました。

梶原…。

(野添の声)
藤島も一緒に頼み込んで

梶原は
雇う事を決めたみたいでしたね。

わかった。

お待たせしました。

ご指示のとおりに
ちゃんと見張っておきましたよ。

(芹沢)前科も確認しました。

そうですか。 では 行きましょう。

(足音)

(健太)何か?

あなたが 梶原社長の携帯を使って
メールしたんですね?

藤島さんに。

社長が ショートメールを
お使いにならない事

ご存じなかったようですね。

俺じゃない…。

俺じゃないよ。

♬~

(健太)あっ…!

俺のせいじゃないんだ!
梶原さんが 急に おかしくなって

俺の事 化け物でも見るみたいに
暴れ出して…。

殺すつもりなんか
なかったんだよ!

はいはいはい。 詳しい話は

警察で
じっくり聞かせてもらうよ。

ご協力
どうもありがとうございました。

メジャーリーガーのお役に立てて
光栄です。

我々は 大昔の事件に戻りますか。

ええ。

少し休憩しよう。

うっ…。

人形劇のない生活なんて
想像できない。

これから どうするつもり?

さあ…。

俺も ビル掃除でも始めるかな。

藤島さん。

梶原太一さん殺害容疑で
田中健太が逮捕されました。

あなたが縁を切った息子さんです。

どういう事?

半年前から 梶原さんの運転手を
務めていたんです。

刑務所を出てから

まともな職にありつけない
息子さんを見かねて

あなたに内緒で
藤島さんと話し合って。

そうなの?

なんとか言ってよ!

俺は 心を入れ替えて
真面目にやってたんです。

なのに あの夜…。

ケン坊。

どうしたんですか? 社長。
そんな呼び方して。

悪いが 今日で辞めてもらう。

いや… ちょっと待ってください。
急に そんな事…。

すまん。

俺に問題があるなら
言ってください。

必ず改めます。

そりゃないでしょ。

やっと まともになれる
って思った矢先に…。

俺の事 見捨てるんですか!

ああ…!

ああ…。

梶原さん?

♬~

梶原さん!
どうしたんですか? 梶原さん!

梶原さん!

うわあ…!

お… 岡田…。

許してくれ 岡田!
許してくれよ!

(梶原)岡田!

おとなしくしてろよ!

うっ…。
(梶原)岡田…!

(殴る音)

(健太)うっ…。
(せき込み)

♬~

(健太)梶原さん?

梶原さん!

えっ… クソ…。

クソッ!

(健太の声)
梶原さんを殺す事になった事が

あまりに理不尽に思えて

なんとかしなけりゃって…。

梶原さんの携帯から
メールが届いた時

あなた
違和感を覚えたでしょうね。

それまで そんな事
一度もなかったんですから。

疑心暗鬼のまま あの橋の下に
行ったんじゃありません?

♬~

(冠城の声)あなたは
健太さんの仕業だろうと直感した。

でも 沈黙を守る事を選んだ。

これ以上 美鈴さんを
傷つけたくなかったから。

全ては 48年前に始まりました。

岡田茂雄さんを殺したのは
梶原さん。

違いますか?

どうして そんな事になったのか
想像するしかありませんが

ひとつだけ ヒントがありました。

梶原さんは 電話で

「あいつの亡霊に見える」と
おっしゃったそうですねぇ。

どうやら 健太さんが

岡田さんの亡霊に
見えたようですが

それは なぜか
気になりましてね。

ある仮説を立てれば
全て説明がつくんですよ。

もし 岡田さんが
健太さんの実の父親だとしたら…。

もし 岡田さんが

あなたに対して
無理やり行為に及び

それを 梶原さんや藤島さんが
知ってしまったとしたら…。

♬~

(梶原)勝手な事 言ってら。
(一同の笑い声)

(戸の開く音)

よっ 藤島。

(藤島)岡田。
お前 こんなとこいて大丈夫か?

内ゲバで狙われてるって聞いたぞ。

灯台下暗しだよ。

誰も 人形劇団の部室にいるなんて
思わねえだろ。

しばらく ここで かくまってくれ。

いや… いいけど…。

(梶原)まあ…。

うん。

あっ 私 小道具 作らないと。
倉庫にいるね。

(岡田)大変そうだね。

藤島くんたちは?

疲れてんだな 寝ちゃったよ。

♬~

君も息抜きしない?

触らないでよ。

そんなカリカリすんなよ。

俺と寝たい女
いっぱい いるんだぜ。

(美鈴)やめて! やめて!
嫌だ…!

(美鈴のすすり泣き)

やなとこ 見られちまったな。

岡田 お前…!

いいじゃねえか
お前の女じゃないんだろ?

許さない。 絶対許さない。

やめろよ。

やめろって言ってんだよ!

(藤島)うっ…!

(殴る音)
ああーっ!

♬~

迷ったのではありませんか?
健太さんを産む事に。

迷わないわけないじゃない。

でも 自分の中に宿った命まで
殺す事はできなかった。

生まれてくる子に罪はない。

健太の父親は
藤島くんと梶原くん。

3人で そう話し合って。

なのに… なんで…。

どこまで苦しめれば
気が済むのよ…。

(美鈴の泣き声)

♬~

♬~

なんだか 今回の事件

岡田茂雄の亡霊が

引き起こしたような
気がしません?

自分の息子を人形のように操って
復讐劇 遂げたように。

藤島は人形を操り
岡田は人間を操る…。

♬~

♬~

(吉岡 翼)記憶があるんです。
殺された時の記憶が…。

(関田園子)夫の生まれ変わりだ
なんて言い出して。

犯人と被害者しか知らないはずの
事実と一致しています。

そんなのあり得ません。

可能性はゼロではないと
思っています。