ドクターX ~外科医・大門未知子~ #6[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドクターX ~外科医・大門未知子~ #6[字]

ついに原守(鈴木浩介)が帰ってきた!!しかし…東帝大ではなく、未知子(米倉涼子)と同じ名医紹介所に所属!?難病を患った御曹司を救うのは、原か!?未知子か!?

◇番組内容
晶(岸部一徳)は愛弟子である大門未知子(米倉涼子)に内緒で、元「東帝大学病院」の外科医・原守(鈴木浩介)を「名医紹介所」にスカウトしていた!中国トップ企業の幼き御曹司・弥六の手術の執刀医に、未知子ではなく、原を指名し…?“名医”と呼べるような腕を持たない原を重宝する晶の行動に、憤慨する未知子。ところが、晶に冷たく突き放され…!?幼き命を救うのは、原か!?未知子か!?
◇出演者
米倉涼子、内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、今田美桜、一ノ瀬颯、岸部一徳、要潤、西田敏行
◇ナレーター
田口トモロヲ
◇脚本
香坂隆史
◇演出
片山修(テレビ朝日)
◇音楽
沢田完

【主題歌】Ado『阿修羅ちゃん』(ユニバーサル ミュージック)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、大垣一穂(ザ・ワークス)、角田正子(ザ・ワークス)、多湖亮太(ザ・ワークス)
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/
☆Twitter
 https://twitter.com/DoctorX_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/doctorx_official/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 加地
  2. 弥六
  3. 原先生
  4. 大門先生
  5. オペ
  6. お前
  7. 手術
  8. 蛭間
  9. 正子
  10. 神原
  11. 中国
  12. キン
  13. 外科医
  14. 腫瘍
  15. 病院
  16. 博美
  17. 医者
  18. 執刀
  19. 駄目
  20. 本当

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日本コロムビア
¥5,720 (2022/01/17 20:36:35時点 Amazon調べ-詳細)

(大門未知子)また3人?

最近 晶さん
どこ行っちゃってるわけ?

(雀野義人)スカウトのために

いろんな病院を
回ってるらしいよ。

スカウト?
(城之内博美)名医紹介所なのに

紹介できる医師が少ないのよって
ぼやいてたからね。

ナースXも逃しちゃったしね。

なんだよ! そんなの
私たち3人で十分じゃんね!

私が いくらでもオペするし!

出た ファザコン!

…じゃなくて
晶コンプレックスってやつか。

そういうのじゃないから。
あきコン?

(雀野)まあ ミッちゃんレベルの
外科医 見つけるのは

難しいだろうね。
フッフッフッフッ…。

ちょっと ちょっと…
おだてるから 変になってる…。

私 うまくて速いので。

あっ ロン!
あっ…! えっ!?

(博美)純チャン 三色 ドラ1
ハネマン!

ちょっと 早すぎ!
まだ5巡目だよ!

フッフッ…
うまくて早いので。

イカサマだ! イカサマだよ!
イカ…!? ちょっと!

♬~

(外国語)

(通訳)本当に大丈夫でしょうか?

(神原 晶)どうぞ ご安心ください。
(通訳の外国語)

(神原)
すでに 日本一の大学病院が

万全の受け入れ態勢を
整えております。

手術は
うちの名医に お任せ頂きたい。

ロマンチック…
あっ ロマンチック! ク!

〈これは
一匹狼の女医の話である〉

〈2021年

100年に一度の
パンデミックの嵐が吹き荒れ

世界中で医療崩壊が起きた〉

〈日本の白い巨塔は
火事場の馬鹿力を発揮し

なんとか
その荒波を乗り越えていた〉

〈しかし

かつて 大学病院の花形だった
外科は 分院へ移され

手術の件数は 大幅に減り

赤字経営が続いていた〉

(矢島源五郎)あれ?
内科の先生たちは来てないんだ。

(蟻原涼平)本当だ。
(加地秀樹)蜂須賀本部長ご一行は

政治家にくっついて
アジア各国を外遊中だ。

〈そんな中

どこの医局にも属さない
フリーランス

すなわち
一匹狼のドクターが帰ってきた〉

あっ お出迎え あんがとう~。

誰が お前なんか
出迎えるんだよ!

ああ! VIP患者か。
私に切らせて。

うるせえな…
お前も一緒にお出迎えしろ。

致しません。
んっ?

(ぶつかる音)
(加地)痛っ! 痛え…!

痛えなあ もう!

(蟹江 旬)いらっしゃいました!
(加地)うるせえなあ もう!

♬~

子供…?

(加地)王弥六様
お待ちしておりました。

ほぼ外科部長の
加地秀樹と申します。

どうぞ ご案内致します。

おい デーモン どけよ!
道 あけろよ!

ねえ これがVIP?
「これ」!?

口を慎め バカタレが!
(蟻原)大門先生…!

中国の鳳姿グループの
会長のご子息です!

フェンズー?
なんか 聞いた事あるな。

中国一のITグループです。
ジェイク・ワン会長です。

(蟻原)アジア一の大富豪です!

(加地)おい
なれなれしく話しかけんな!

いいから どけよ! どけ…!

いいよ。 行こう。

あら 日本語。

(加地)大変失礼致しました。

あの下品なバカ女が
すみません もう 本当に。

どうぞ こちらです。

あれ?

どうぞ 安心なすって
我々にお任せくださいますように。

何かご不便な点がございましたら

私の部下に なんなりと
仰せ付けくださいますように。

頭が高いよ あんた方!

(医局員たち)御意!

(ノック)
(蛭間)はい。

(朝蜘優衣)失礼します。
ああ…!

(蛭間)私ども 最大限の
おもてなしをさせて頂きます。

中国伝統のお茶を
用意致しましたので

どうぞ
ご賞味くださいますように。

張りきるのは わかるけど
『ラストエンペラー』かよ…。

蛭間院長代理にとっては

鳳姿グループとの
コネクションを作る

チャンスですからね。

蜂須賀本部長がいない間に

でかい手柄を挙げよう
ってわけか…。

全く変わりませんね。
ああ。 変わんねえな 昔…。

うわっ…!
お前 原かよ! 原…!

はい 原です。
いや 「原です」って…。

お前 なんか 変わったな…。
まあ いいや。

やっと戻ってきてくれたか。
待ってたよ。

このチャンスをつかみにいくから
後押し頼んだぞ。

(蛭間)手術のほうは
ご安心なすって

素晴らしい施設と
優れたスタッフを

抱えておりますので…。

恐れながら申し上げます。
うん。

弥六様の執刀
ぜひ 外科で実績ナンバーワンの

この加地秀樹に
お任せ頂きたく存じます。

(ノック)
(蛭間)ああ はい。

(優衣)失礼します。 院長代理
例の方がお見えになりました。

ああ そう。 お通しして。

失礼致します。
大変遅くなりました。

弥六さん 無事 到着されたようで
何よりです。

(ドアの開く音)
あっ やっぱり 晶さんだ。

ねえ 何してんの?

(蛭間と神原の笑い声)
あっ!

(蛭間)あのさ この弥六さんは

神原さんが 我が東帝大学病院に
紹介してくださったのよ。

な~んだ 晶さんの持ち込みか。
ありがとう!

(加地)結局 デーモンかよ…。

よろしく頼みますよ

原先生。
(未知子・加地)えっ?

はい。
ってか 誰?

私 この度 神原名医紹介所に
所属する事になりました

フリーランスの外科医 原守です。

(未知子・加地)はあ!?

ここに来る前の1年間

中国の病院で 中国式外科医術を
学んできました。

晶さん どういう事?
(加地)何? これ。

どこからツッコんでいいか
わからない…。

弥六くん 心配はいらない。

中国で約束したとおりだ。

よろしく 原先生。

(原)よろしく。
(蛭間)原くん。

さすが 私がね 目をかけて
育てたかいがありましたよ。

大きくなったなあ。 素晴らしい!

〈例えば この女〉

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

ねえ 晶さん!

ねえ どういう事?
なんで キンちゃんなのよ。

なんでって
VIPの患者と優秀な外科医を

セットで持ち込めるんだから
素晴らしいじゃない。

キンちゃん 名医じゃないじゃん。
私に切らせてよ。

未知子 名医というのは
腕だけじゃないのよ。

患者に寄り添うのも 立派な武器。

未知子も 少しは人の気持ちが
わかるようにならないと

いつか…。

いつか 何よ?

失敗しちゃうわよ。

何? それ…。

どうしたの? 晶さん
なんか変だよ。

何よ…。

晶さん!

バーカ!

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

♬~

(加地)おい フリーランスって
どういう事だよ。

そもそも
お前は名医じゃねえんだよ。

ジェイク・ワン会長の息子と
どうやって知り合ったんだよ?

おい なんとか言えよ。

失礼ですが
どちら様でしょうか?

はあ? お前 何言ってんの?

自分だけ 東帝大に戻れれば
人の事など どうでもいい

ジャティ先生でしたね。
(加地)ジャティ?

加地先生。

何? お前 怒ってんの?
違うんだよ 俺はさ…。

怒ってなどいません。

群れを好んで
「御意」が口癖の医師は卒業です。

これからは
フリーランスの時代だという事を

見せてあげますよ。 では 失礼。

うわっ…
なんか めちゃくちゃ腹立つ…。

でも あいつ
どうしちゃったんだよ…。

(弥六)大間さん ありがとう。

入院の間だけ借りるよ。

(大間正子)一番好きな漫画ある?

『ブラック・ジャック』は名作だ。

莫大な報酬のために手術をする
闇のドクター。

私も大好き。

でも 今の時代に
あんなお医者さんがいたら

大炎上しちゃうね。

僕は そういう医者のほうが
信用できる。

現実の医者は 嘘ばかりだ。

莫大な金を払ったのに
誰も 母さんを助けられなかった。

えっ…。

どんな手術でも成功させる
スーパードクター いると思う?

う~ん…
現実には いないかなあ。

いるよ。

えっ?

改めて 皆さんに

私の患者の病状を
共有させて頂きます。

王弥六さん 9歳
肝芽腫 PRETEXTⅡです。

(興梠 広)
肝左葉に8センチ大の腫瘍

腫瘍栓形成や遠隔転移も
認められない。

そこまで深刻な状態ではないな。

私がいた中国の病院で
がんが判明しましたが

弥六くんは
お母さんが日本人である事もあり

日本の病院で
私の執刀によるオペを希望し

来日しました。

「私 私」 うるせえんだよ…。

肝左葉切除で
腫瘍を根治切除します。

異議あり。
(原)大門先生 どうぞ。

執刀医に異議あり。 私がやる。

そうくると思いました。

その件ですが…。
(加地)異議あり!

患者は9歳の子供だ。

今後の成長を考えても
腹腔鏡下肝部分切除が最適だ。

いや… 内科的治療を併用するのが
ベストではないですか。

シスプラチンで 腫瘍を
小さくしたあとのオペならば

リスクが低い。

なるほど。 わかりました。
(加地)ああ?

大学病院での出世争いで
暇がない皆さんが

今回のオペ フリーランスの私に
やらせたくないお気持ち

非常に よくわかりました。

なんだ? こいつ。
お前 喧嘩売ってんのか?

そこで 助手の件ですが…。

大門先生 名医同士のよしみで
助手をお願いしたい。

致しません。
そうくると思いました。

仕方ありませんね

大門先生の腕に敬意を払って
執刀の一部を譲りましょう。

いりません。 私が全部やる。

なぜ 私とのオペを
嫌がるんですか?

邪魔だから!

(興梠)では 私が

原先生の助手として
付きましょう。

この術式は ニューヨーク時代に
経験があります。

あっ 興梠先生は 確か

ニューヨークの病院で
ご活躍されていたとか…。

活躍してなかったんだ これ。

執刀の 一部でも半分でも
お任せください。

(原)わかりました。

大学病院にしがみつく
医師と違って

海外の医療に挑んだ先生に
シンパシーを感じます。

では 今回のオペ

私と興梠先生の執刀にて
行いましょう。

(加地)異議あり! おい…。
(原)あっ 5時なんで帰ります。

おい 邪魔もん 異議ありだよ。
(原)致しません。 致しません。

(加地)何してんだよ。
お前は 致せ!

(息子)<母は… どんな人だったんですか?>

(父)<厳しくて 優しい人でした>

<矛盾してますね>
<人はみんな 矛盾しているものです>

<ともみさんも矛盾していますか?>
<矛盾だらけです>

<そんな人が先生でもいいんですか?>

<みんな ホッとするんじゃないでしょうか>

<僕も 先生になれるかもしれないですね>

<ほら 小さな希望が生まれましたよ>

(加地)あの野郎
ふざけんなっつうんだよ。

調子にのりやがって…。

いやいや… 違えんだよ。

あのね 俺と海老名先生が
東帝大に呼ばれた時に

当然 あいつの事も
呼び戻そうと思ったんだよ。

でね 俺は 海老名先生が
連絡したと思ってて

海老名先生は
俺が連絡したと思ってて

それで 気がついたら
枠が埋まっちゃってたんだよ。

それで… まあ いいかって。

アハハハハ…!

原先生 怒って当然だ。

加地先生と原先生
あんな仲良かったのに。

それは 加地先生が悪いですよ。

海老名先生は悪くない!

何? お前
海老名先生に惚れてんの?

実は そうなんです!
ハハハ…!

幸せだな 源五郎。

ああ… おかわりください!
(店員)はーい!

大間さん
ちょっと ペース速くない?

(店員)いらっしゃいませ!
(矢島)すいません 刺し身…。

あっ! 興梠先生!?

興梠先生も
こういう店で飲むんですか?

ええ。 まあ
たまには 和食もいいかなと…。

(加地)何が和食だよ…。

外科だか内科だか よくわからない
この苦しい立場

誰も わかってくれないんだよ!

いや 確かにね

ニューヨークでの病院も
戦争みたいだったけど

ある意味で ここでの毎日のほうが
ストレスがたまる…!

この間なんかね 蜂須賀本部長に

「この 能なしが!」って
言われたんだよ。

これ パワハラだよね?

わかる! もう
理不尽な上司を持った気持ちは

俺 よくわかるよ!

かわいそうな興梠先生…。
(加地)惚れんなよ。

(しゃっくり)

ああ…! 情けねえの。

でっかいグループの期待を
背負ってる子供が

その重圧さ 負けてねえってのに

上司の ちっぽけな期待すらも
応えられねえお前たち

情けねえじゃ。
(蟻原)目が据わってる…。

興梠!

加地!

悔しかったら

期待されるような医者さ
なってみろ。

酒癖 悪っ…。

んだな!

ありがとう!
(加地)えっ…。

だから
蜂須賀本部長のいない間に

俺は少しでも挽回しようと思って

オペに立候補したんだ。
(正子)んだ。

…が しかし!
(机を叩く音)

あの原守とかいう外科医
信じていいものかどうか…。

駄目 駄目。

あの薄っぺら眼鏡は
信用しちゃ駄目。

(正子)んだ。
真面目な話です。

僕の ニューヨーク時代の同僚が

今 上海の病院に
いるんですけどね

原先生について
気になる事を聞いたんです。

パーワン ツィーッ!

っていうかさ なんで
キンちゃんが ここにいるのよ?

(原)なんでって
僕も ここの一員だからですよ。

はあ~!
(原)ポン!

(博美)また いい手?

中国で マージャンの腕も
上げたらしいわよ。

それに比べて 未知子は
いつまでも成長しないわね。

ほっといてよ。
もう…。

でもさ まさか
晶さんがスカウトしてきたのが

原守だったとはね。

中国で ジェイク・ワン会長が
人間ドックを受けた時に

僕が偶然 胆嚢ポリープを
見抜いちゃったんですよね。

そしたら 気に入られちゃって

弥六くんのオペを
頼まれたわけです。

そこに 神原さんが現れたので
驚きましたよ。

弥六くんも つらいよね。

お母さんも がんで亡くして
今度は自分も…。

(神原)彼は強い子よ。

お母さんを亡くしても
涙一つ 見せなかったらしいわ。

幼い頃に 父親の帝王学を
叩き込まれてるから

すでに
自分の立場を理解してるのね。

それよりさ あの子
本当に ただの肝芽腫?

どういう意味ですか?

CA19-9が高いのが
気になるの。

ちゃんと検査した?

…しましたよ。

助手を断った大門先生に
気にして頂かなくて結構です。

フッフッフ~ン…。

晶さん キンちゃんに任せてると
あの子 死んじゃうわ。

キンちゃんじゃない!

(博美)もう うるさい!
キンちゃん キンちゃん…!

(博美)うるさい!
やめなさい 子供みたいに!

ロン!
はあっ…!?

混一色 小三元 ハネマン。

ふざけんな キンちゃん!
(原)シォウ。 ユァン シォウ。

あれ!?
それ 三萬待ちじゃない?

大門さん切ったの 二萬。
(原)えっ?

チョンボ! チョンボ!

チョンボ チョンボ キンちゃん!
(原)ぼ… 僕とした事が…。

(原)はい これ 晶さん。
(神原)はい ありがとう。

(原)シォウ。 ユァン シォウ。
(博美)はいはい はいはい。

はい ありがとう。

(ノック)
(ドアの開く音)

ハロー。

ねえ ちょっと検査しようよ。

原先生を通してください。

(舌打ち)
(ため息)

あのさ 話してる時
人の目ぐらい見たら?

あんた 友達いないでしょ。

大門先生!

…に言われたくないと思います。

血管異常とか胆管とか
確認したいから

MRI検査しよう。

先生 名前は?

私? 外科医の大門未知子です。

原先生がよければ検査します。

はあ… ああ…。

原先生は 他の医者とは違う。

奇跡を起こせる医者だ。

奇跡で
病気が治るわけないじゃん。

大門先生 デリカシー!

原先生は 父さんの指名でもある。

僕の病気は
すでに中国で話題になり

皆が 早く治す事を期待している。

(ため息)

あのさ 父さんのためとか
みんなのためとか…。

誰のために治すの?

自分の命でしょ?

とりあえず 検査。

(医師)まぶしい光が入りますよ。

今度 反対の目 診ますね。

(少女)大坂さんと話した。

(大坂)
テニスとともに生きていける私は 幸せだ。

でも テニスがすべてではない。

はっとした。

幸せではない人や 不公平を見て

黙っていることはできない。

私の情熱を 世界中の人たちに届けたい。

きっと 理想は 現実になる。

世界を 元気に。 くらしを 理想に。

(ため息)
(ドアの開く音)

おい 原 ちょっと来い。 話がある。

忙しいので あとにしてください。
(加地)おい!

興梠先生
弥六くんのオペの打ち合わせを…。

原!

お前 中国の病院で

2回も 手術を
途中で投げ出してるらしいな。

お前は大した外科医じゃないが

手術の途中で逃げるような
奴じゃない。 何があった?

失礼ですね。

そんな話より
僕に謝罪する気になりましたか?

話をそらすな。

答えないなら
この事を蛭間院長代理に話して

あの子の主治医を降りてもらう。

ハハハ…。

そこまでして VIP患者を
横取りしたいですか?

いいから 何があったのか話せ。

話せっつってんだよ。
うるさい!

(原)答えましょうか?

オペを途中で抜けたのは

報酬が約束されていたにも
かかわらず

オペの途中で 患者に支払い能力が
ないと わかったからです。

それならば
他の平凡な医師で十分でしょう。

お前 何言ってるんだ?

(原)その点 彼は心配ない。
莫大な報酬と引き換えに

僕は オペの技術を
提供するんです。

僕には それに値する腕がある。

お前 どうしちゃったんだよ…。

患者に寄り添う原ノボルは
どこ行ったんだよ!?

守です。 失礼します。

ちょっ… 待てよ! おい!

(原)なんですか!? ちょっと!

(蟹江)加地先生
駄目 駄目 駄目 駄目…!

(蟻原)あっ 大門先生!
やばいんですよ!

やばいね 衝突してる。
そう 原先生と加地先生が…。

そうじゃなくて! 衝突癌!

衝突癌?
(興梠)衝突癌?

(原・加地)衝突癌?

衝突癌…?

(加地)はい。 大門が行った
検査の結果が こちらです。

肝芽腫だけじゃなく
胆管にも腫瘍があり

2つの腫瘍が衝突しています。
(蛭間)うん。

それに
門脈本幹を巻き込んでいる。

この状態では 手術適応外です。

ジェイク・ワン会長のご子息に
万が一の事があれば

病院の責任が問われます。

(蛭間)まあ
オペができないってなればね

それは 王弥六さんには
中国にお帰り頂くしかないかな。

それがベストだよな。

そんな…。

王弥六さんには
中国にお帰り頂きます。

いいね? お返事ください。

御意。

御意…。

原先生。

御意…。

(蛭間)はい。

(弥六)そうか…
僕は そんなに悪いのか。

でも 原先生が手術できるんだろ?

♬~

原守です。

日本の東帝大病院で
外科医をしていました。

よろしく。

東帝大…。

確か 自家培養軟骨移植併用
滑膜肉腫切除がされた病院だ。

すごっ! どうして知ってるの?

ネットに出ていた。
ああ…。

あれは大変だったなあ。

でも 6時間かかるところ

半分の時間で
終わらせる事ができた。

先生がやったのか?

うん まあ。
あっ 執刀は大門先生…。

(弥六)世界初症例。 医学界での
大きなニュースになっている。

(原)「生体ドミノ肝移植」…。

ああ キューバでやったやつか。
懐かしいなあ。

海外でも手術をしているの?
うん。

まあ 僕に失敗はないけどね。

嘘だったんだね。

君に

僕が すごい外科医だと
勘違いさせてしまって

お父さんのワン会長にも
期待されて

言い出せなくなってしまった。

君を治したくて

治せる自信もあったから

スーパードクターに
なりきろうとした。

でも…

僕には無理だった。

ごめんなさい。

♬~

♬~

(加地)目が悪くなったのは
いつからだ?

(加地)中国の病院で
手術を途中で抜けたのも

それが原因だな?

普段 なんともないんです。

でも 手術に立つと 突然…。

(原)目の検査も
脳の検査もしたけど

全く異常がなくて…。

何が原因かは わからないが

そんな状態で
手術をしようとするなんて

お前は医師失格だ。

♬~

わかってます。

ここに戻ってくれば

大門先生にも
協力してもらえると思って…。

弥六くんが治りさえすれば
それでよかった。

なのに…。

僕は…

外科医 辞めます。

頂きます。

♬~

♬~

<イースマート ハイブリッド>

<新ロッキー 発進>

<試乗予約キャンペーン実施中>

(神原)確かに
この2つの腫瘍は厄介ね。

うん。

ねえ 晶さん

どうして
キンちゃん連れてきたの?

どうしてって…。

持ち込み患者に
持ち込み医師で

がっぽり
東帝大に請求できるじゃない。

それだけ?
どういう意味?

なんか隠してるんじゃないの?
何を言ってるのよ。

だってさ
最近 出かけてばっかりで

何してんだか!

営業よ 営業。
それにスカウトも。

私だって忙しいのよ。

ふーん…。

弥六さん。

こんな夜に
外出許可 もらえたんですか?

(神原)じゃあ どうぞ。

どうしたの?

なんでも望みは叶うのに
僕は自由じゃない。

自分勝手に振る舞える大門先生が
うらやましい。

ハッ… それはどうも。

大門先生は 原先生みたいに
優しい嘘はつけないし

寄り添ってもくれない。

あんたさ
私に喧嘩売りに来たの?

だから聞きに来たんだ!

大門先生 僕は治らないのか?

♬~

母さんの時も 治るって
医者の言葉を信じていた。

でも 奇跡は起きなかった。

♬~

僕は… 生きたい!

♬~

あのさ
手術で奇跡は起こらないの。

でも 私なら治せる。

本当か?

私 嘘つけないので。

(弥六)じゃあ
父さんにも従わない。

僕の命だから 僕が決める。

中国に来て
僕の手術をしてほしい。

ハハッ…!

言われなくても そのつもり。
ねっ? 晶さん。

うちが受けた仕事ですから

最後まで責任持って
診させて頂きます。

ただし うちは
ファーストクラスでないと動きませんが。

ああ! あと あと
超高級の中華料理もね。

もちろん!

ホテル! ホテル!
一番いいホテルに…。

あっ! パンダ。
パンダ いっぱい見させてよ。

(チャイム)

(アナウンス)「江南 香港行きの
お客様は…」

(弥六)原先生 世話になった。

中国で 日本の医師が
執刀する事になった。

僕に寄り添ってくれた事に
感謝する。

弥六くん…。

あっ… うっ!

(原)弥六くん!
誰か呼んできてください。

あの… それと
ストレッチャーお願いします!

弥六くん しっかりしろ。

(原)肝芽腫が
破裂しかかってるかもしれません。

弥六くん 聞こえる?
大丈夫だからね。

原先生 どうしますか?

僕が執刀する。 緊急オペだ。
(正子)はい。

(看護師)原先生!
(原)オペ室の準備。

エコー用意して。 急いで!
(看護師)あっ はい!

弥六くんが!?

(蟹江)緊急オペになるそうです。
執刀は原先生。

原に あのオペが
できるわけないだろ!

(青柳 学)いや でも うちの人間が
このオペに関わったら

クビですよ。

♬~

ああ… もう! クソッ!

大門からだ。

大門先生から?

大丈夫だ。 俺もオペに入る。

2人で 弥六くんの命を救おう。

加地先生…。

もう一回 洗えよ。

♬~

城之内先生 デーモンは?

オペで遠くに行くって
言ってたけど

それ以上 わからない。

これより 王弥六くんの

尾状葉切除および
外側区域部分切除を始めます。

(博美)血圧98の65
心拍数87でサイナス。

(原)メス。
(正子)はい。

(加地)鉤ピン。

♬~

(原)「モノポーラ」
(正子)「はい」

加地先生…。

♬~

(加地)弥六くんは
その辺りに左肝動脈がある。

気をつけろ。
わかってます。

尾状葉離断します。 ペアン。
(正子)はい。

♬~

腫瘍が下大静脈に癒着してる。

(加地)予想していた以上に
厳しいな。

(興梠)「原先生 加地先生
その腫瘍は切除不能だ」

「インオペすべきです」

(加地)大丈夫か?

大丈夫です。 見えてます。

インオペにしたら
弥六くんは助かりません。

僕は 助けると約束したんです。

もう 嘘はつきたくない。

♬~

汗。
(正子)はい。

♬~

駄目だ。 癒着が激しすぎて
これ以上 進めない。

TVE法で
下大静脈を遮断しよう。

いえ それでは血流が悪化し
循環が不安定になります。

IVCハーフクランプ法で
いきます。

どう考えてもTVE法だろ。
(博美)もめてる時間はない!

IVCハーフクランプ法で
いきます。

ドベーキー。
(正子)はい。

♬~

(心電図モニターのアラーム)

血圧68に低下!

下大静脈に亀裂!

原 代わるか?
大丈夫です。 修復します。

ドベーキー もう一本。
(正子)はい。

♬~

(扉の開く音)

(原)大門先生!
(博美)やっと来た。

どいて。

ああ…。

IVC遮断。 フォガティー鉗子。
(正子)はい。

持ってて。

損傷部位確認。
4-0モノフィラメント。

(正子)はい。

(加地)デーモン
この腫瘍は相当厄介だ。

お前でも 根治切除は厳しいぞ。

(原)僕にやらせてください。

大門先生にもらった
目薬のおかげで 目は見えてます。

あれ ただのドライアイ用。
えっ でも…。

プラシーボ効果。

(加地)心因性の視覚障害だ。

お前は 自分に
プレッシャーかけすぎなんだよ。

あんた 本当 単純だね。
(原)はい?

♬~

血圧70台から上がらない。

(加地)駄目だ。 これ以上
腫瘍にアプローチできない。

Hanging maneuver。
肝離断するよ。

術中エコーとベルギティー鉗子。
はい。

肝臓を下大静脈から
つり上げるなんて むちゃだろ。

視野も悪いし
これ以上の出血は危険だ。

いくら大門先生でも
本当にできるんですか?

♬~

(加地)お前に プレッシャーって
言葉はないのか?

プレッシャーのないオペなんて
ないから。

♬~

僕は… 生きたい!

私 失敗しないので。

♬~

テーピング完了。
ハンギングして。

(加地)オーケー。

いきます。

慎重にね。
はい。

(正子の声)奇跡を起こす医者?

本当に そんなのいるの?

世界には… いるんだよ。

♬~

(博美)血圧 中心静脈圧ともに
安定した。

じゃあ 腫瘍2つとも取り切るよ。

肝離断再開。 ペアン。

♬~

(博美)血圧95の68
心拍数81でサイナス。

終了。

やった…。
(正子)よかった…。

♬~

ファーストクラスと中華
頼んだよ。

お疲れ。

(加地)お疲れ。
(正子)お疲れさまでした。

大門先生
ありがとうございました!

♬~

(心電図モニターの音)

弥六くん 気分はどう?

手術は成功したよ。

もう大丈夫だ。

ありがとう。

うん。

やっぱり 原先生だったんだね。

ドクターX。

えっ…?

〈これは
一匹狼の女医の話である〉

失礼します。
(蛭間)はい どうも。

この度は
うちの大門と城之内を使って頂き

ありがとうございます。
メロンです。

「使って頂き」って
おっしゃいますけどね

お二方が 勝手にやった事で
ございますのでね

そこは ご承知おきくださいね。
ハハッ…。

ジェイク・ワン会長からも
お礼のお電話を頂きました。

まあ そういう事でね
今回は これでよしとしますか。

では 請求書です。
(蛭間)はい。

どうぞ。
はい 拝見。

(蛭間)3万… えっ?

ゼロが なんか
いつもより少ないんじゃない?

そちらは
原先生の分の請求でした。

アハハハハハッ…!
実力相応という事ね。

では もう一枚 請求書です。
(蛭間)はい。

3000万!
(神原)はい。

うちからの持ち込み患者
という事もあり

少し上乗せさせて頂きました。

神原さん。

私ね 前から

あなたに伺いたいなと
思ってた事があるの。

こんなに いっぱいお金を取って

一体 何に
お使いなんでしょうか?

ご想像にお任せしていいですか?

(蛭間)想像がつかないのよ。
(神原)だから お願いします。

というわけで

名医紹介所には 強く 強く 強く
慰留されたんですけど…。

まあ 東帝大がね

どうしても どうしても
どうしてもって言うもので

ここに戻ってくる事に
なりました。

本当つけ! そもそも
お前は名医じゃねえんだよ。

確かに。 ハハハハハッ…!

(加地)なんなんだよ もう…。

ああっ! 組織って いいですね。

御意に忖度 ノープレッシャー
ストレスフリー!

少しはストレス感じろよ。

お前が
みんなのストレスなんだよ!

確かに。
(加地)なんなんだよ! お前。

ここが 原先生にとって
安心できる環境なんだね。

プレッシャーに勝たないと
外科医にはなれないんだな。

言うの忘れてた。
柱! 柱! 寄り添うよ 俺。

〈例えば この女〉

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

(加地)おい。
どうしたんだよ? デーモン。

(原)どうしました? 大門先生
不機嫌そうな顔して。

いつも こんな顔だろ。
キンちゃん 邪魔。

(原)キンちゃんじゃない。
守! 原守!

(加地)なんで衝突するんだよ。

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

(神原)残りの分
お支払いする準備が整いました。

ありがとうございます。

では 正式に
ご契約頂けるという事で。

これで 大門未知子は
もう 不要ですね。

♬~

(森本 光)元気もりもりチャンネル!
(加地)医者と関係ねえじゃねえか。

(森本)これからの時代
医者の武器はメスじゃない。

影響力ですよ。

(七宮萌香)
私 あなたを許しませんから!

あんたが説得してよ。
影響力が武器なんでしょ?

おおっ…!

『Doctor-X』の主題歌
『阿修羅ちゃん』が収録される

AdoさんのCDアルバムを
100名様にプレゼント。

詳しくは番組ホームページへ。

〈TELASAでは 全シーズンの
過去作と最新作を見放題!〉