真夜中ドラマ「ごほうびごはん」第8話 主演:桜井日奈子[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「ごほうびごはん」第8話 主演:桜井日奈子[字]

昼休み、池田咲子(桜井日奈子)と磯貝誠(古川雄輝)は味噌カツを堪能!そして磯貝の名古屋メシトークが!さらに咲子と小湊かえで(岡崎紗絵)は、ある文房具に…。

詳細情報
番組内容
昼休み、ある店で池田咲子(桜井日奈子)と磯貝誠(古川雄輝)が鉢合わせ…。2人は、名古屋名物の「味噌カツ」を堪能!地元・名古屋グルメ愛が強い磯貝は、“味噌”についてウンチクを語り、さらに他の名古屋メシのことも熱く語っていたが…、なんと途中で席を立ってしまった…。
番組内容②
その後、会社の休憩スペースにいた咲子と小湊かえで(岡崎紗絵)は、青柳主任(未来)から磯貝のアイデアで作ったという文房具の事を聞く。咲子とかえでのリアクションは!?
出演者
池田咲子(すずめ文具堂 システム物流管理部)…桜井日奈子
小湊かえで(咲子の同期)…岡崎紗絵
青柳早苗 (上司・主任)…未来
本田陸 (先輩社員)…きづき

磯貝誠(商品企画部のエース)…古川雄輝
原作・脚本・監督
【原作】「ごほうびごはん」こもとも子
    (芳文社 刊)
【脚本】ニシオカ・ト・ニール

【監督】柿原利幸
音楽
【オープニング主題歌】
B.O.L.T「More Fantastic」
(EVIL LINE RECORDS)

【エンディングテーマ】
H△G「Allee」(ドリーミュージック)
番組概要
長野から上京した文房具メーカーに勤める社会人一年生・池田咲子(桜井日奈子)。慣れない仕事にお疲れ気味の咲子の楽しみは、自分を思い切りねぎらう「ごほうびごはん」!一週間がんばった自分へのごほうびとして自宅で工夫を凝らした料理や、気になるお店へ行っておいしい料理をいただくなど食べることを全力で楽しむ。おいしいごはんで心が躍って来週もまたがんばろう!と思うような『ほんわか癒やし系グルメドラマ』です!
関連情報
【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/gohoubigohan/

【番組公式Twitter】
@gohoubi_BS7ch

【番組公式Instagram】
@gohoubi_bs7ch
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 磯貝
  2. 咲子
  3. 物産展
  4. 気持
  5. 文房具
  6. タレ
  7. ハァ
  8. 池田
  9. 文房具愛
  10. 味煮込
  11. 名古屋メシ
  12. クリップ
  13. チラシ
  14. フカフカ
  15. 全国
  16. お店
  17. グツグツ
  18. 完成
  19. 頑張
  20. 興奮

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

《磯貝:どうしても あの店に

足が向いてしまう日が
ある。

今日が その日だ》

いらっしゃいませ!
1名様で よろしいですか?

はい。
お好きなお席へ どうぞ。

毎度 どうも。
いつもので よろしいですか?

あっ… はい。
かしこまりました。

《ついに顔を
覚えられてしまったか。

まぁ 結構 来てるもんな》

《へぇ… 今どき
スマホとかじゃなくて

チラシ見て 飯が来るの待つ人とか
いるんだ。

いや 新聞なら わかるけど
チラシって持ち歩くか?

しかも
全国うまいもの物産展って…。

んっ? 全国ってことは
名古屋もだよな。

えっ… 名古屋からは
どこの店の何が出品されるんだ?

気になる…。

気になる 気になる 気になる…。

気になる!》

(咲子)磯貝さん!
お疲れさまです。

お疲れ。
ごちそうさまでした。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

池田さんって いつも そうやって
食い物のチラシ 持ち歩いてんの?

あぁ いえ いえ… これは今朝
会社に届いてた新聞に挟まってて。

どうしても気になって
総務の方にお願いしたら

もらえたんですよ。
へぇ…。

いらっしゃいませ。

あぁ… 池田さん あれだ。

他のお客さんもいるし…。
あっ!

よかったら…。
ありがとうございます。

席 移動します。
はい どうぞ。

失礼します。
どうぞ。

すみません。
ただ今。

カツ重 一丁!

あの… 私
おいしいごはんのことに なると

つい心を奪われちゃいまして。

でもですね 全国うまいもの物産展
夢のアミューズメントパーク!

絶対 行きたいんですけど…。

あっ… すみません
一人で興奮してしまって。

あっ…。
あっ…。

えっ? なに?
(揚げる音)

この音は…。
(揚げる音)

軽やかな音色… 待ち遠しい!

あっ… すみません。

あまりにも
心地のよい音だったので

つい 自分の世界に…。

問題ない。

料理を待つ時間の使い方は
人それぞれだ。

はい ありがとうございます。

《あぁ ダメだ…
やっぱり 気になる。

全国うまいもの物産展で
名古屋からは何が出るんだ?》

うわぁ~!

《見たい… チラシが見たい!》

どうかしました?

あぁ いや…。

やっぱり さっきのチラシ…。
お待たせしました。

お先のお客様 味カツ定食で~す。
うわぁ~! おいしそう!

おあと ごはんと味汁出ます。

はい どうぞ。 ごゆっくり どうぞ。

うわぁ~! これが味カツか。

うん… 食欲をそそる香り。

なんだよ… 初めて食うのか?
はい。

うまいぞ! なんといっても
名古屋名物だからな。

そうなんですね。

食えよ。

ありがとうございます。
お先にいただきます。

ん~っ!

どうだ?

おいしいです!

この甘辛いタレで
ごはんが進みます!

そうだろ? うまいだろ。

《サクサクの衣に
じゅわっと広がる濃厚なタレ。

おいしい!》

お待たせしました。
味カツ定食です。

おあと ごはんと味汁出ます。

へぇ… 磯貝さんも同じのですね。

あぁ このお店に来たら
これって決めてるんだ。

へぇ…。
はい どうぞ。

いただきます。

へぇ… 味がついてるのに
からしも合うんですね。

あぁ。
他にも 七味とうがらしをかけて

ピリッとさせる方も
いらっしゃいますよ。

へぇ~! 甘辛味に
アクセントが効いて いいですね。

こってりしてるのに
いろんな味が楽しめるのも

名古屋メシの魅力の1つなんですよ。

名古屋メシか… おいしそうな響き!

では ごゆっくり。

店員さんも すごく親切で
すてきなお店ですね。

あぁ。

う~ん!

すごい
わんぱくな食べっぷりだな。

ごめんなさい。

からしをつけたら
さらに食欲が増してきちゃって。

っていうか 食べる前に
写真撮ったりしないんだ。

んっ! そうだ また忘れてた。

一応 記録写真を撮りたいって
気持ちはあるんですけど

たいてい 忘れちゃうんです。

特に こういう熱々のものは

熱々のうちに いただかなくちゃ
いけませんしね。

すみません
写真撮ってもいいですか?

どうぞ。

(磯貝)で… 今 撮るんだ?
(シャッター音)

はい 磯貝さんのおかげで
今日は間に合いました。

それ 間に合ってんのか?

いや 他の日なんて
こんな感じですから。

これ… 撮る意味 ある?

ないですね。
フッ!

さっ 熱々のうちに食べないとな。

はい!

《ポイントは なんといっても
この味につきるわけだが。

うん… 味わい深い味に
砂糖 酒のバランスもいい。

カツにも キャベツにも合う。

抜群に合う!》

《トンカツに濃厚味…
お箸が止まらない!

く~っ… おいしい!
あぁ… ごはん ごはん。

そこへ あったか味汁で…。

完成…。

あぁ~! 幸せだ》

ごゆっくり どうぞ。

あぁ… おいしかった!

お腹いっぱいです。

池田さん きれいに完食したな。

はい 完食だけが取り柄ですから。

なんだよ? その取り柄。

あっ ところで あの魔法の味は
何でできてたんですか?

魔法って…。

えっ… 家でも作ろうとしてんの?

できたら おうちごはんの可能性が
広がりそうだなぁって。

すごい食への探究心だな…。

う~ん そうだな…。

お店では豆味をベースに
他の調味料と組み合わせて

それぞれ
独特の個性に仕上げてる。

まぁ でも 地元では

家庭用の味ダレが売られてるから
家でも簡単に作れるんだ。

そうなんですね。

ってことは 他の名古屋メシも
おうちで作れるんですか?

あぁ 味煮込みうどんとか。

味煮込みうどん? おいしそう!

うまいぞ! グツグツと音を立てて
土鍋で運ばれてくるんだ。

おぉ~! グツグツと音を立てて…。

蓋を開けると
赤味ダレの ほんのり甘い香りが

湯気と一緒に ふわぁ~っと…。
わぁ~!

ふわぁ~っと… あっ!

めがねをかけている人は めがねが
モクモク モクモクっと一気に曇って

いったん 目の前が真っ白になる。

あら… 大変だ~!

だんだんと視界がクリアになって

味煮込みうどんが
見えてくるんだよ。

ハァ… ロマンチック!

グツグツと いい音で
赤味ダレのスープが沸騰していて

その中には 太くてハリのある
ピンピンのうどんを筆頭にだな

えびの天ぷら あげ
かまぼこ ネギ しいたけなんかが

味が シミシミにつかってるんだ。

味が シミシミ…。

あぁっ! あぁ…。

池田咲子 いかせていただきます!

《アツッ アツッ… アッツアツ! ハフハフ…。

熱々からの濃厚味が キタ~!

う~ん… おいしい!》

ヤババ~! そんな おいしいものが
おうちで作れるんですか?

まぁ 土鍋さえあれば
意外と簡単だ。

どうやって作るんですか?

メモ。
はい あります。

ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

お願いします。

あれ? そのクリップって…。

あぁ これですか?

これ 私が高校生のときに
買ったものなんですけど

うちの商品ですよね?

私 この動物クリップシリーズも大好きで

新しいものが出るたびに
買い集めてるんです。

そうなんだ…。
これ作った人 天才だと思います。

こういう さりげなくて

かわいくて
おしゃれな文房具って

持ってるだけで
気持ちが あがりますよね。

大切に使おうって気持ちに
なったり。

これ使って 勉強頑張るぞって
気持ちになったり。

それこそ 私にとっては
この会社の採用面接のときの

お守りになってましたから。

持ってると安心するっていうか…。

だから 商品企画部の皆さんには

こういう すてきな文房具
どんどん作っていただきたいです。

ふ~ん…。

ハッ… すみません!

私 長々と すごく えらそうなこと
言ってしまって。

あぁ いや 別に…。

話が それちゃいましたね。

味煮込みうどんのレシピ…。
あっ… 時間だ。

えっ?
ごちそうさまでした。

毎度あり!
お金 ここ置いてきますね。

はい! いつも どうも。

行っちゃった…。

(咲子)へぇ~! いろいろ あるな。

(かえで)ちょっと 咲子!
もうすぐ 昼休 終わっちゃうよ。

いや ちょっとね
お昼に磯貝さんと会って

名古屋メシの話になったんだけど。

もう 味煮込みうどんの話が
途中になっちゃったもんだから

もう 気になって 気になって…。

食いしん坊なんだから!

昼ごはん食べたばっかりなのに
まだ食べ物見てんの?

(青柳)池田さん。
はい。

この書類に目を通しておいて。
昼休 終わってからでいいから。

はい わかりました。
あら! 懐かしい。

えっ?
ずいぶん大事に使ってるのね。

このクリップ 高校の頃からの
お気に入りなんです。

主任も このクリップお好きですか?

さっき 磯貝さんも おっ みたいな
リアクションされてました。

でしょうね。 これ
磯貝くんのアイデアで作ったクリップなの。

えっ!? そうなんですか?
うん。

へぇ~! 磯貝さんって
結構 ファンシーなもの作るんですね。

アイツの文房具愛 相当だからね。

かわいいデザインとか
ほっこり癒やされるデザインで

長く使ってもらえそうなものを
考えるの めちゃくちゃ うまいの。

なんか気難しい人っていう印象
あるんですけど 意外です。

まぁ スーパーマイペース人間だから
勘違いされやすいけど

根は いいヤツだから。

どうしたの? 咲子…。
震えてるよ!

すごい…。

こんな すてきな文房具を
思いつくなんて

磯貝さん すごすぎる…。

それ 今度 本人に会ったら
言ってあげて。

きっと喜ぶと思う。
はい。 ぜひ 伝えます!

よし。 私たちも仕事再開しますか。

うん 午後も頑張って
仕事 終わらせないと。

おっ!
磯貝さんから刺激もらった?

えっ?

物産展に間に合うように!

ハァ…。

咲子は そこがいい。

よし!

《物産展 物産展 物産展!

ごほうびごはんのために
頑張れ 咲子!》

《わわわ~!
高級食材 ゲットしちゃったよ。

さて さて…
こよいも いざ ごほうびクッキング!

決戦の始まりだ~!》

ハァ…。

お久しぶりです。

まさか あなたに出会えるなんて!

それに 私の大好きな半額シールが
貼られてるなんて…。

最高!

安心して うなぎさん。

いきなり 電子レンジにかけて
無駄に硬くさせたりしません。

失礼します。

《お湯をかけて
いったん タレを流し…。

それから 半分に切って》

たぁっ!御免候。

《フライパンに うなぎを並べて。

お酒をふりかけて。

蓋をして
2~3分 蒸し焼きにする》

あぁ… かば焼きの いいにおい!

タレごはんだけでも おいしそう!

できた!

スタミナ満点 うな丼の完成で~す!

傑作だ…。

これ 完全に傑作だ…。

いや いや いや…。

心して いただかなくては!

いただきます。

《ん~っ!
皮は香ばしくて 身がフカフカ!

家のフライパンで焼きなおすだけで
こんなに おいしくなるなんて。

ハァ… 最高!

でも 忘れちゃいけないのが…。

これ!

好きなんだよね。
タレと山椒のさわやかな香り。

さらに食欲をそそるわ!

うん 山椒とあわせても
間違いない!

そして やっぱり フカフカしてる。

このまま 掛け布団に
してもいいくらいのフカフカ。

あれ… もしかして あなた
掛け布団なの?

うなぎよね?

ちょっと確認のために もう一口》

《う~ん! うなぎだ。

お布団みたいにフカフカの
おいしい うなぎ!

そして ここで
ごはんを半分残したら

第二形態へ突入ですよ。

残しておいたうなぎを
細切りにして。

どんぶりに のせて。

その上に 小ネギちゃんと
白ゴマさんを散らしまして。

お茶漬けには
やっぱり わさびだよね~!》

そして 最後に ダシを注いで…。

ひつまぶし風 うな茶漬け
完成です!

あぁ…。

これ また いいにおい!

改めまして いただきます。

《おいしい!

わさびの風味とともに
サラサラと入ってゆく…。

これは もう 小川!
春の小川だわ。 小川さんだわ!》

ごちそうさまでした。

はぁ~! ハァ…。

名古屋メシ 最高だったな。

これで 来週も頑張れる!

って… 週明け さっそく 会議だ。

《磯貝さん すごいな。

こんな すてきな文房具
作っちゃうんだもんな》

あっ…。

あの… 磯貝さん!
びっくりした~! えっ… なに?

あっ いえ… お姿が見えたもので。

何の用?

青柳主任から聞きました。

このクリップ作ったの
磯貝さんですよね?

あぁ まぁ…。

すごいです! ホントに すごいです!

はぁ… どうも。

すみません。
また興奮してしまいました。

どうしても
この気持ち伝えたくて。

では 失礼します。

池田さんも 十分 すごいけどな。

えっ?
その… 文房具愛?

文房具愛?

えっ!? ピンときてないの?

あぁ いえ
文房具は好きですけど

そんな めちゃくちゃ
詳しいわけではないですし…。

いや 俺 初めて見たよ。

新商品のサンプル見て

あんなに興奮して
我を忘れる新入社員。

あぁ~! その節は すみません。

あのときは正直
なんだ? コイツ って思ったけど…。

そうですよね…。

まぁ それだけ文房具愛が
あるっていうことだと思うけど。

そうですか?

取り柄のひとつに入れてみれば?

文房具愛が 私の取り柄ですか?

そう言ってもらえると うれ…。

へっ?

行っちゃった…。

いた~! 咲子 なにやってんの!?
もう 会議始まってるよ!

えっ!? まずい!
持って行かないと!

あっ… クライアントさん
めっちゃ待ってるみたいだよ。

え~っ! どうしよう…。

《咲子:確かに 私の
文房具が好きだって気持ちが

今よりも もっと仕事にいかせたら
ちょっと うれしいかも》