ドラマ 生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔(2)[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドラマ 生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔(2)[字]

舘ひろし主演、大人のための本格ドラマ。保護司とは、罪を犯した人たちの立ち直りを支える存在。矛盾に満ち閉塞した現代において、「生き直す」ことを問いかける物語。

詳細情報
番組内容
働き始めた結子(浅丘ルリ子)だが、問題を起こして解雇されてしまう。驚いた善輔(舘ひろし)は結子の調査書を読み返す。結子の娘の香苗(真矢ミキ)は離婚を余儀なくされ子供とも離れ離れに。結子の抱える深い闇を見る。そんな中、保護観察となった少年・庄司(田中偉登)や、人生の大半を塀の中で過ごした雄蔵(不破万作)らからも頼られる善輔。一方、週刊誌で働く美晴(蓮佛美沙子)は8050問題の調査を指示されるが。
出演者
【出演】舘ひろし,蓮佛美沙子,青柳翔,小越勇輝,村田雄浩,濱田マリ,寺泉憲,不破万作,池田努,飯沼千恵子,時任勇気,濱津隆之,脇知弘,笛木優子,田中偉登,石橋蓮司,泉谷しげる,真矢ミキ,浅丘ルリ子
原作・脚本
【作】久松真一

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 先生
  2. 保護司
  3. 庄司
  4. 香苗
  5. 小山
  6. 自分
  7. 息子
  8. 雄藏
  9. 平本
  10. 深谷
  11. 人生
  12. 結子
  13. 庄司君
  14. 隆史
  15. 松川
  16. 善輔
  17. フフフ
  18. 刑務所
  19. 事件
  20. 小山結子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2022/01/17 20:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

(結子)どちらさまですか?
(善輔)保護司の深谷といいます。

結構です。

(寛治)我が子殺しだろうよ。
うちらみたいなね 協力雇用主でも

ビビっちゃうわけよ。

私は死ぬまで働くの。

汚いわねえ。

汚いお店は 大体 ダメなのよね。

(香苗)保護司?
お母さん 出てこられまして…。

バカ言わないで!

家族なんかじゃない!

(一平)二度と来るな!
(勢いよくドアを閉める音)

もしもし。

(松川)小山っておばさん
とんでもないこと やらかしたらしいぞ!

(松川)追い出されて
どこ行ったか 分かんないって。

♬~

本当に 申し訳ありません。

(清美)もういいです。
この人は うちの人が

一生懸命 作ったスープを
捨てたんですよ。

小山さん どうしてですか?

もういいですから。
帰ってください。

すいません。
(松川)一平 悪かったな…。

先輩 すいません…。
あ いや…。

あれが一生懸命なの?

あれが あなたの 一生懸命なの?

(清美)どこまで 人をバカにしたら
気が済むんですか。

出てって!

ろくでなし!

ありがとうございます。

♬~

(浩二郎)保護司?
美晴のお父さんが?

(美晴)そうなんですよ。 数年ぶりに
実家に戻って住むことにしたんですけど

そしたら 保護司だって。
先輩 保護司って知ってます?

知ってるに決まってんだろ。

俺が刑務所にぶち込む。
保護司は 出てきたやつらの面倒を見る。

そっか。
浩二郎先輩は 刑務所に入れる方。

かっこいい方ですね~。

別に 仕事だよ。
ラグビー部の時のまんま。

バカ。
フフ。

でもな 時々 吐きそうになるんだ。
現場に行ったら。

(浩二郎)刑事も人間 それが現実だよ。

なあ美晴 どう思う?
そんな事件を起こしたやつらが

簡単に変われると思うか?

今まで 何人も
犯人を捕まえてきたけど

その中に再犯のやつが
どれほどいたことか。

人間は そう簡単に変わらないんだよ。

再犯のやつ…。

回想 澤井といいます。

深善先生には
大変お世話になっております。

人生の大半 塀の中にいた男…。

人生の大半?
そうです 怖い顔して。

そんなやつが お父さんの担当なのか?
そうです。

となると 殺人か 強盗殺人か。

どうしよう…。

美晴 何かあったら すぐ俺に言ってこい。

はい。 浩二郎先輩
ありがとうございます!

<小山結子は
帝都大学病院 医学部の准教授

小山隆文に 結婚当初から
DVを受けてきた。

もっとも その頃は
DVという概念は薄かった。

結子は 大学病院の事務職だった。

病院の忘年会で隆文と出会い 交際を開始。
長女 香苗を妊娠。

「結子は玉のこしに乗った」
周りには そう言われた。

が 隆文の
モラルハラスメント DV

その裏の顔を
誰も知るよしもなかった。

結子は 高卒の学歴をバカにされ
なじられ DVを受けた。

それでも結子は 必死に耐えた。

香苗の弟
長男として生まれた隆史に

隆文は 自分の跡継ぎと期待した。

が 医学部の受験には失敗
3浪までしたが 断念。

結局 私立大学の経済学部に入り
広告代理店に就職。

しかし 上司の暴言
パワハラ 過重労働で

3年もたずに会社を辞めた。

そして 家に引きこもった>

(ノック)

(足音)

あ… あなた やめて!

<隆文は 部屋から出ない息子は
お前のせいだと

結子を責め続けた>

<それでも隆史は引きこもり
父の死の7年後…>

(隆史)何で入ったんだよ!

た… 隆史…。

何でだよ!
ごめんなさい。

何で入ったんだよ!
隆史 あっ…!

<2017年 11月21日
小山結子が 手に握った刃物を

長男 隆史 45歳に突き刺した>

<既に結婚していた娘 香苗の人生も

この事件のせいで 大きく変化した>

[ 回想 ] あの人のせいで 私は離婚されて
家を追い出されて

子供も取られて。

こんな名前 捨てたくて…。

(ネームプレートを投げる音)

<隆史の姉 香苗は
事件後 離婚 一人になった>

<加害者の娘であり 被害者の姉>

♬~

(あくび)

あの…!

今日は 涼しくてよかったですねえ。

すいません。
お仕事なのにお引き止めしてしまって。

かまいませんよ
勝手な ボランティアですから。

な なぜ… 塀の中に
人生の大半もいたんですか?

一体何して 人生の大半
刑務所にいたんですか!?

何人 殺したんですか!?

(佐山)
31年間 保護司を務められ

先日 退任されました
九條輝夫先生に

ご講演をお願いいたします。

(拍手)

九條でございます。

え~ 私は都立高校の
教師をしておりましたが

45歳の時 保護司の命を受けることに
いたしました。

以来31年 なんとか 辛うじて
務めさせていただくことができました。

私の拙い経験から申しますと

対象者は ずっと ずっと
怒られてきた人たちです。

家族 親族 学校 会社 警察 鑑別所
拘置所 少年院 刑務所。

あらゆるところで ずっと ずっと
怒られてきた。

人に否定され
自分でも 自分を否定するようになった。

だからこそ 私は この人たちには
寄り添う以外には ないと

この胸に 決めました。

怒られて バカにされて はじかれて…。

先生 今日は 本当に
ありがとうございました。

とんでもない また。
ああ どうも。 ハハ…。

よいしょ。

先生。 九條先生。

深谷です。 深谷善輔です。

ゼンスケ?

おお… 善輔か!
ハハハ! うお~!

お久しぶりです。
いや 懐かしいな~!

俺が初めて赴任した高校で
ラグビー部の監督になって

あん時ぁ 燃えたなあ~!
いや~ あの時は楽しかったです。

ラグビーボール 必死で追っかけて。
弱かったですけどね。

俺が監督だったからだよ。 ハハ!

ほかの高校行っても 全然 勝てやしない。
フフフ…。

先生 実は…
私が担当する ある対象者がいまして。

ヒャッホ~!

自分の息子を殺した私の
何が更生なの?

あれは なかなか大変な事件だった。

あのお母さんか。 分かるよ 覚えてる。

反省の色がないというか
何を考えてるのか…。

善輔。
はい。 行くか。

はい…。

(九條)強盗殺人。 主犯は無期懲役だが

彼は手を下してないとして
懲役13年。

出てきた時 彼は何もしゃべらなかった。
何も 一切。

一体 何を考えてんだろう。

そんな彼を見てると 恐ろしくなった。

ところが 保護観察期間が終わっても
真面目に働いてる。

笑顔さえ 見えるようになった。

何か 生きる目的が
見えたんじゃないかなあ。

生きる目的?
ああ。

そのお母さんはな
生きる目的が ないんじゃないか?

(保)先生!
おお 保。

頑張ってるな。 フフ。
はい なんとか。

(九條)
あ そうそう。 俺 もう年だからさ

今度 何かあったら
この先生に 相談しろよ。

え?
深谷善輔。 いい保護司の先生だ。

俺の後継者。
え 先生 私は…。

須藤 保っていいます。
よろしくお願いします。

うん。

やはり なかなか お年がね。

私は ず~っと 働いてたんです。

人を殺した人間には
もう 働く資格がないのかしら?

小山さん。

すいません。

やっぱり 生活保護を申請しましょう。

私は働きたい。
だったら どうして あんなことを…。

うそをついて生きるのは やめたの。

もう自分に正直に生きたい。

人が一生懸命作ったスープを捨てるのは
正直なんですか?

おなかすいた。
先生 買い物をつきあって。

そこまで 炒めるんですか。

こうすると 玉ねぎの
甘みと うまみが 凝縮するの。

あっ ちょっと待ってください。
えっと…。

玉ねぎは きつね色になるまで…。

ああ~ いい匂いだ。

あ 忘れた!
え?

ねえ コーヒーある?
コーヒー?

ありますけど。
豆 ひきますか?

ああ それはダメ。 溶けないから。

あ インスタントコーヒー。
ねえ なかったら 買ってきて。

買ってきてって…。
いや なかったかなあ。

えっと 確か…。
ああ あった。

うまい!

深いコクで うまいなあ。

え? インスタントコーヒーの前に

トマトジュース入れて
煮込んでましたよね?

小山さん 本当に食べないんですか?

うん 私はいいの。

(チャイム)

あ すいません。

小山さんにですよ!

ええ? 誰から?

あ~ 差出人は… 書いてませんね。

ちょっと 聞いてきます。

香苗… 香苗。

ちょっと 分かりませんでした。

どうして
ここにいること 知ってるの?

香苗に あ… 会ったの?

私には家族なんていません。

私に 洋服を送りつけて。
絶縁状ね。

(電車の走行音)

ただいま。
お帰り。 あれ何? 玄関の荷物。

え? ああ 預かり物だ。
明日 持ってくから。

また 誰か来てたの?
ああ。

カレー 食べるか?
うまいぞ~。

うわ~ いい匂い!
フフフ。

おいしい びっくり! え 何これ?

お父さん すごいね。 いつの間に
こんな料理できるようになったの?

フフフ。 俺じゃないよ。

え じゃあ 誰?

え? コップの人が
作ったってこと…?

うまいだろ。
ああ… うん 確かに。

何だか 愛情いっぱいって感じ。

私はいいの。

てっきり お父さんが
私に作ったのかと思った。 けど違った。

お父さん?

え? 大丈夫?

うん。 フッ…。

思い出した。
あの人 全然怖い人じゃないじゃない。

あの人?
澤井雄藏さん。

人生の大半が塀の中って言うから
どんなに 怖い人かと思ったら。 フッ…。

前科23犯なんだってね。

会ったのか 雄藏さんに。
公園でいっぱい話してくれたよ。

23犯だって言うから
びっくりしたら

フッ… 万引き 置き引き
無銭飲食だって?

そんな微罪で
人生の半分 刑務所の中って

フフフ…。
笑うな。

たとえ小さな罪でも
それぞれに 被害者がいるんだ。

ごめん。

でも 雄藏さん感謝してたよ。

あの人が お父さんの
最初の対象者なんでしょ?

保護観察期間が終わって
塀の外にいる期間

今が最長なんだって。

喜んでたよ
深谷先生のおかげだって。

保護観察期間は終わったけど
自分は先生のそばにいるって。

ねえ うれしくないの?

いや 24回目がないとは…。

そっか。

もちろん お父さん
雄藏さんを信じてる。

けど 人には
いろんな落とし穴があるから。

(佐山)保護司の深谷先生と共に

私たちは 君がつづった反省文を
信じています。

<福島庄司 この少年は

特殊詐欺 オレオレ詐欺
なりすまし詐欺

いろんな名称で言われる犯罪で
受け子として 逮捕された>

(佐山)もう 大丈夫だね?

<末端の受け子で 未遂 初犯。

家庭裁判所で保護観察処分となり
二十歳になるまでの 3年間

保護観察を受けることになった>

これからは こんな感じで
原則 月2回 私と面接をします。

それは これから先の君を
応援するためです。

ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

庄司 頑張ろうね。

庄司君 僕は 警官でも検事でもない
そこらにいる ただのおじさんだ。

リラックスしていいんだよ。

庄司 何とか言いなさいよ!

もう すみません。
こんな 恥ずかしい息子で。

先生に 謝んなさい!

お母さん…。
(庄司)すいません。

もうしません。 許してください。

(美奈子)当たり前よ。 あんなこと
またやられたら たまらないわよ。

<中学受験に失敗 公立中学に進学

高校でも 名門私立高校を目指したが
失敗。

偏差値 中程度の都立高校に入った>

<大学受験に向けて
塾通いを続けていたが

実は 行っていなかった。

街で会った友達に誘われるがまま
特殊詐欺に加担した。

「自分を変えたい」 それが
友達に誘われて 受け子をやった理由>

自分を 変えたい。

(黒田)編集長。
小山結子が 仮釈放されました。

(智子)小山結子?
あの 自分の子供殺した?

はい。
別班で探って。 ありがとうございます。

デスク 別班いただきました。

山本さん これ
書いてみたんですけど…。

(智子)雨宮経済大臣のセクハラ?

(恵美)セクハラ パワハラ
秘書からのタレコミです。

(脇田)本当だったら ひどいな。
(かよこ)何? このスクショ。

完全なパワハラですよ。
恵美ちゃん 脇田と相談してチーム作って。

現役閣僚のパワハラ セクハラなんて
最高でしょ?

(恵美)はい。
(智子)深谷。 はい!

今の 8050問題について 調べて。

ハチマル ゴーマル…?

知らないのか。 この日本の社会問題だよ。

40代 50代の子供が家に引きこもってて
80近い老いた親が 我が子の面倒を見る。

そんな家族が 日本中に まん延してる。

それを 私が調べるんですか…?

うちの特集チームが 8050問題の当事者を
ターゲットに選んだんだよ。

当事者?

45歳の引きこもりの息子を
刺し殺した母親。

♬~

(珠美)デザートは
ココナツのブラマンジェ…。

テーブルクロス もう少ししたら
変えようかなと思ってる。 考え中。

結子さん。

♬~

(店のドアが開く音)

お願いね~。
は~い。 よいしょ。

あの…。
あ はい。

こちらの マスターは?
マスター ですか?

ああ… お亡くなりになりました。

え… いつ?

えっと 私がバイトに入る前なので
3年前 ですかね。

いろいろ 大変だったと。

(ため息)

はあ?

「万葉集」 大伴旅人。

分かんねえ~。

(友里)善輔さん
元国語の先生だからね。

おっ。
人のいない 空っぽの家は

やはり 旅の苦しさにもまして
耐え難いもんだって。

空っぽの家…。
嫁さん亡くなって 一人で

相談する相手も いないか。
ほお 松川 お前分かるんだ? ああ?

お前とは 教養が違うんだよ。
何だ バカ野郎 この野郎 お前。

無力だなあ。

寄り添うだけじゃ 解決しないことが
たくさんある。

保護司なんて 無力だなあ。

善輔よお お前
平本と何があったんだよ?

平本の事件があって
それで保護司になったんだろ?

(寛治)
けどよ 平本は いい選手だったよな~。

(寛治)あいつのおかげでよ
曙高校ラグビー部

初めての東京で ベスト8だもんな~。

(松川)ベスト8を決めた試合
あれは いい試合だったな!

♬~

(声援)

♬~

平本! 平本!

♬~

(松川)平本のトライ すごかった!

(歓声)

(寛治)あの平本がよ 仲間と
年寄りの家を襲って 金を奪うなんてよ。

けどよ 善輔よ

あれは 平本が
大学を中退してからの事件だろ?

それを お前がいつまでもよ
背負うこたぁないんだよ。

一つ 訂正する。
おう。

仲間と襲ったんじゃない。

あいつは だまされたんだよ。

ああ そうだった。

間違えんな。

♬~

行け! 平本 行け!

(歓声)

♬~

香苗…!

(泣き声)

♬~

いや~ 小山さんの弁当
いつも うまそうだな~。

いえ。

(香苗)これ お弁当 温めましょうか?
(客)お願いします。

(香苗)はい。

3分 お待ちくださ~い。

[ 回想 ] 小山さん。

深谷と申します。
こういう者です。

(香苗)保護司?
ええ。

(チャイム)
はい!

お邪魔します。
あ… 小山さん どうしたんですか?

別に。 失礼。

あら 深谷さん。
はい?

こんな時間に洗濯してるの?

してますけど…。

え? あ… ちょっと 小山さん あの
結構です。 私 自分で できますから。

できないから ここにあるんでしょう?
え…。

あ 下着は自分でやってね。
いや ちょっと…

それ 僕の履物… もう。

小山さん 何かあったんですか?

何にもないわよ。

そんな… 僕のうちです。
勝手にやらないでください。

どうしたんですか?

え? まさか 泣いて…?

泣いてなんかいないわよ。
どうして私が泣くのよ。

いや でも その目…。

ここは置くもんじゃない。

いや でも その…。
しつこいわねえ。

いや 涙が…。
うるさい!

はい…。

ありがとう。 お邪魔しました。

深谷さん。
はい。

今度 香苗に会う時は
私に隠さないで。

帰ります。

雄藏さん?
(雄藏のせきこみ)

雄藏さん どうしました?
(雄藏)先生…。

大丈夫ですか?

出来ましたよ。
(雄藏)ありがとうございます。

うまい。
アハハ ありがとうございます。

梅干し。
女房が あいつが漬けたんです。

いいんですか?
あ 頂きます。

おお~…!
フフフ。 うまいなあ。

栄養とって
早く風邪 治してくださいよ。

先生。
はい。

会いに行きました。

会いに行った? どなたにですか?

息子にです。

息子には ほとんど会ってません。
こっちが ほとんど塀の中でしたからね。

息子の名字も違いますし。

それは 出所するたんびに
その子のとこに

身元引受人になってくれって
連絡が行くんです。

でも ず~っと断られて…。

そりゃあ そうですよね。
万引きだ 置き引きだ ひったくりだ

無銭飲食だって いろんな人に
迷惑をかけてきたんです。

こんな おやじ 受け入れてくれる
はずがないんです。

(すすり泣き)
雄藏さん。

息子のことは 忘れよう。
そう思って 生きてきました。

でもね お嬢さんにお会いしたら
思い出しましてね。

それで 会いに行かれたんですか。

確か 千葉の…。

千葉の房総…。
総武線の黄色い電車に乗って

江戸川を越えて 行きました。

会えましたか?
いました。

海沿いの小さな町で…。

息子といっても
赤ん坊の時しか知りません。

今は 立派な大人です。

でも すぐに分かりました。
ああ 息子だ… 道雄だって。

道雄が そこにいたんです。

そうですか よかったですね。

でも… 足が… すくんだんですよ。
怖くて 怖くて…。

海沿いの 小さな一戸建てで
幸せそうで…。

ベランダに 高校生ぐらいの
男の子がおったです。

中学生ぐらいの かわいい女の子も。

ああ… 俺の孫だ 孫が あそこに…。
おい おじいちゃんだぞ!

おい 道雄 お父ちゃんだぞ… って

行きたくてねえ…。 でも…。

でも それはできんですよ…。

俺に そんな資格はないんです!

(泣き声)

「私は 以前 貴殿のお父上
澤井雄藏氏の保護司を務めておりました

深谷善輔と申します。

現在 貴殿のお父上 澤井氏は
近隣 町の清掃活動にいそしみ

人々に慕われ
健やかな人生を送られております。

ただしかし 日々年々 高齢になり
心身ともに弱り

それで 難しいお願いかとは存じますが
一度 ぜひ」。

はい 深谷です。

(美奈子)
先生 助けてください! 庄司が…!

(和之)庄司! 出てこいつってんだろ!
(美奈子)やめて…!

出てこ~い! ≪(チャイム)
庄司!

庄司! 庄司!
ああ…。

庄司!
ああ…!

先生 こっちです! 先生 すいません…。
(和之)庄司! 庄司!

ちょっと… ちょっと待ってください!

誰だ!

深谷といいます! 保護司です!
何だ こんな時間に!

ちょっと とにかく
乱暴はやめてください!

ごめんなさい! ごめんなさい!
(和之)お前は 福島家の恥だ!

いや ちょっと 待ってください!
それは 言い過ぎです。

庄司君は ずっと反省しています。
(和之)何が反省だ!

こいつは道を踏み外した!
もう おしまいなんだよ!

お父さん!

いいから 帰ってくれ!

ここは 私の家だ!

そうですか。 ハア…。

(庄司)ごめんなさい…。
庄司君 庄司君。

明日 また来るから。
今夜は 寝た方がいいよ。 ね。

(すすり泣き)

明日 改めて伺います。

すいません…。
はい。

うわ~!
庄司!

ああ!
(美奈子)庄司!

庄司君…!
ああ…!

ああ~!

庄司君! 庄司君!

(和之)警察を呼べ!

(パトカーのサイレンと 雨の音)

(佐山)家庭に問題がとは
聞いていたんですが。

彼の環境として 自宅でいいのか。

小山さんですが もう一度 うちで
働いてもらえませんでしょうか?

小山結子は
引きこもりの息子を殺した。

きゃ~!

小山さん!
死んだ人は帰ってこない。

犯人がムショを出て
罪を償ったとしても

残された 犯罪被害者は
この胸かきむしって生きてるんだ!

殺人者の娘。
人殺しの娘! 人殺し!

♬~