土ドラ・顔だけ先生 #02[字]【ランペ長谷川が大変身!?人は見た目が9割ですか?】…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

土ドラ・顔だけ先生 #02[字]【ランペ長谷川が大変身!?人は見た目が9割ですか?】

学校一の陰キャ・朋也(長谷川慎)がミスコンに挑む!!遠藤(神尾楓珠)も世界チャンピオンを目指し減量を始める…!?生徒の大半が覆面を被って登校してきた(秘)理由とは?

詳細情報
番組内容
私立菊玲学園高等学校では、まもなく『菊玲祭』が開幕。亀高(貫地谷しほり)は『菊玲男前コンテスト』は外見の差別を助長するコンテストでは?と危惧するも、伝統だという川相教頭(八嶋智人)に押し切られ、今年も実施する事に…。
そんな男前コンテストに、普段、「ダサい」「きもい」「ブサイク」などとバカにされている園芸部の森戸朋也(長谷川慎)が、一念発起してエントリーする事に!?一方その頃、
番組内容2
遠藤一誠(神尾楓珠)は、理科準備室をサウナ化させ、なぜか減量に取り組んでいて―――
出演者
神尾楓珠 
貫地谷しほり 
三浦涼介 
笠原秀幸 
阿部華也子 

和田聰宏
 / 
八嶋智人

【2年B組】
長谷川慎 
矢吹奈子 
櫻井海音 
綱啓永 
小宮璃央 
景井ひな 
三浦りょう太(※りょう太のりょうは、けものへんに寮のうかんむりなし) 
石井礼美 
前川佑 
あかせあかり
スタッフ
【企画】
市野直親(東海テレビ)

【脚本】
水野宗徳 
保木本真也

【音楽】
木村秀彬

【主題歌】
崎山蒼志「風来」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

【演出】
白川士

【プロデュース】
後藤勝利(東海テレビ) 
中頭千廣(東海テレビ) 
池田禎子(スイッチ)

【制作】
東海テレビ 
スイッチ
ご案内
【公式サイト】
https://www.tokai-tv.com/kaodakesensei/

【公式ツイッター】
https://twitter.com/tokaitv_dodra

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/

【公式TikTok】
https://vt.tiktok.com/ZSeetqqrD/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 生徒
  2. 朋也
  3. 自分
  4. 川相
  5. ネコ
  6. 太郎
  7. 努力
  8. 反対
  9. 森戸君
  10. 先生
  11. 中止
  12. 佑太
  13. 園芸部
  14. 男前コンテスト
  15. 学校
  16. ダサ
  17. ホント
  18. 早坂
  19. 東城
  20. 部長

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



非常勤講師の 遠藤 一誠です。
川下りをしてきました。

出勤前に
普通 そんなことします?

(藤嶋)非常勤講師じゃなくて
非常識講師かよ!

(早坂)ラチャ君 激推しの
独身女性教師が勤める高校に

ラチャ君そっくりの非常勤講師が
偶然 採用されるなんて…。

似てるかな?
(川相)女子生徒が

突然 頭を丸めてきた。
これが問題でなくて

何だっていうんだ!?
(みずき)何で 坊主にしたか

聞かないの?
もう 自意識過剰ですよ。

あなたが思ってるほど

人は あなたのことを見てないし
興味もありませんから。

僕 アドレスホッパーです。
え~!?

(落ちる音)
あ~!

藤嶋先生 警備の配置表
チェック お願いします。

(藤嶋)はーい。
中村先生

保護者席の注意事項作成…。
もう取り掛かってる。

ありがとうございます。
小畑先生 それから

保健所への申請は 今日中ね。
これ ややこしくて。

じゃあ 私 やるから。 おっ…。

(早坂)どうしたの?
別に。

朝 足に 生ハム落としただけ。
はあ?

(藤嶋)あ~ もう 俺たちだけじゃ
学園祭の準備 終わりませんよ。

(小畑)そうだ。 遠藤先生に
手伝ってもらいませんか?

1年生の先生に
応援を頼みますので

今は 進めましょう。
(小畑)もう… 何で?

ネコの手も借りたいのに。

おそらく ネコの方が戦力になる。

ホント 顔だけだな。
あの非常勤は。

おはようございまーす。
おはようございまーす。

おはようございまーす。
(生徒)おはようございます。

おはようございまーす。
(生徒)おはようございます。

♬(音楽)

(みう)
男前 顔がいいのが当たり前!

(川相)あ~ 上手に作りますね~。

ありがとうございます。
(川相)思ったより 大きいのね。

(川相)うん? うん…?
まずくないですか?

何で?
外見の差別を助長すると

今 どの学校でも
ミスコンを中止にしています。

ルッキズムってやつです。

去年も クレームの電話が
数件ありました。

ハハハ…。

菊玲男前コンテストは

うちが 男子校だった 80年前から
行われてる伝統行事です。

私の代で やめたら

どの面 下げて OB会に
出席したらいいんですか?

「世界で活躍するための
自己アピールの場と考えれば

やる意義も あるでしょう」と
理事長も おっしゃっておりました。

けど…。
(川相)伝統行事なんです。

はい あなた 何ちゃん?
(みう)内藤です。

内藤さんも ほら こうやって
一生懸命 作ってくれたんだから。

上手に 批判をかわしながら
安全安心にやらせてあげるのが

亀高先生 あなたの仕事でしょ?
学園祭責任者として頼みますよ!

丸投げ丸眼鏡。

それも ルッキズム。
はいはい。

おはようございまーす。
おはようござい…。

≪(ネコの鳴き声)
(みう)ネコ!?

捨てられてたんです。
(ネコの鳴き声)

(小畑・みう)カワイイ!

(小畑)すてき。 ネコとイケメン。
(ネコの鳴き声)

(川相)こら こら…。
学校に何てもの持ち込んでんだ。

飼い主が見つかるまで
学校で飼おうかと思いまして。

「思いまして」?
「思いまして」じゃないよ。

何 当然のように言ってんの。
(藤嶋)不衛生だろ!

非常識にも 程があるよ!

捨ててきた方がいいですか?
そりゃ そうでしょう。

分かりました。
街の防犯カメラも

最近 解像度がいいからな。
はあ?

映像が流出して ネットや
ワイドショーの餌食になったら

菊玲学園の
川相教頭のご指示でと

説明するしかないか。
待て 待て…。

(ネコの鳴き声)

(愛佳)
本命は C組の 御手洗 颯人かな。

(佑太)いやいや… 俺じゃね?
(愛佳)鏡 見ておいで。

もう ツンデレだな~。

まあ… 大輔なら あるかも。

(佑太)いやいや…
ないない…。 ないよな。

俺は そういうのパス。
(佑太)そうそう…。

だいたい
出るやつの気が知れないよ。

何で そういうこと言うんだよ。
≪(戸の開く音)

おはようございまーす。
(生徒たち)おはようございまーす。

今日の授業は
最強の山城 高取城についてです。

(由希)先生 日本史で
最強のイケメンって誰ですか?

お~! 誰? 誰?
(由希)気になるよね。

今日の授業は
日本イケメン史についてです。

(拍手・歓声)

教師としてのプライドは
ないのかよ。

美の感覚ほど 時代によって
変わるものは ありません。

例えば 平安時代 最強のモテ男

在原 業平。
(翼)大した顔じゃなくね。

一説によると
彼と関係を持った女性は

3, 733人 いるそうです。

え~! すげえ!
1日 2人とするとして…。

5年以上かかる…。

業平は 歌作りの天才で

当時は 和歌が得意な風流人が
もてはやされたんですよ。

は… はい。

(早坂)これ?
違う 違う…。 もっと 右 右…。

右 右 右…。

(くしゃみ)

(早坂)まさか
ネコアレルギーだったとはね。

あのバカ 人の気も知らないで。

ごめん。

自分で預かれないようなこと
言ってたけど

遠藤先生の自宅 ペット禁止なの?

あ~ 何かね
バタバタしてるみたい。

ふ~ん。 引っ越し?
荷物も増えてるみたいだけど。

そうかな。
ラチャ君の部屋って感じ?

そんなわけないでしょ。
ハハハ…。

幕末に活躍した
新撰組の 土方 歳三です。

(生徒たち)お~! へぇ~。

推せる。

(みずき)山路さん
こういう人がタイプなの?

(美子)いや…。

エントリーしたら いける。
(みう)いける いける。

そう?
彼が習得した天然理心流も

カッコイイんですよ。

平晴眼といって
こうして はすに構えて

でーい! や~!

(佑太)いや だっせぇな。

ごめん。

これは 何ですか?

野菜娘です。

野菜娘?

(朋也)すいません!
授業 聞いてなくて すいません。

すごい! 初めて見ました。

あっ 授業 聞いてないのは
全然 問題ないです。

自由でいいんで。

あの… 森戸君は 何者ですか?

園芸部です。
いやいや エンターテインメント部でしょ!

エンターテインメントですよね?

これは 紛れもなく
エンターテインメントです。

見てください ほら。
ほらほら。 すごくカワイイ。

天才がいましたよ。

(舞)エンターテインメント部って。

エンターゲロメント部っつったんじゃない?
(舞)エンゲロ部だけに? ハハッ!

まあ ディスられて
楽しませてるって意味では

エンタメ部?
(綿音・舞)それ。

(舞)今日子 天才だわ。

ねえねえ
まだ やってる まだ やってる。

(くしゃみ)

(ネコの鳴き声)

暑っ! えっ 今度は 何?

自分 減量中っす。
家でやって。

自分 アドレスホッパーっす。
はーい。

でも 意外。 見た目とか
気にしないタイプだと思ったのに。

自分 天下取るつもりなんで。
はーい。

ねえ ミスコンって どう思う?

見た目を比べるって
やっぱり 問題あるよね?

クジャクの雌は 雄の羽の出来で
交尾相手を決めるそうです。

見た目だけじゃないってことを
伝えるのが 私たちの仕事でしょ。

大切なのは 中身じゃない?

チョウの多くが大切にしてるのは
フェロモンです。

タコは 吸盤の大きい雄の方が
雌に人気。

ゴリラは 胸をたたく音が
大きい方が人気です。

フンコロガシは
形のよい フン玉を作る方が人気。

えっと…。
はーい!

(奏)
そんなに褒められたんですか?

(朋也)園芸部は
エンターテインメント部だって。

吉良君のアイデア
やっぱ最高だよ。

ありがとうございます。
あっ ちょっと待って…。

これ 見て。
ジャーン。 メイドクイーン。

(朋也)メイクイーンとかけた?
(太郎)そう!

(朋也)かけた?
(太郎)かけた!

僕も見てください。
男爵おじさんです。

(朋也・太郎)お~!

ペアじゃん。
(太郎)すげえ。

だったらさ 今度の学園祭で
野菜娘コンテストやんない?

えっ?
(朋也)前から考えてたんだよ。

男前コンテストの看板の横に

新たなミスコン
野菜娘コンテストって出すの。

それは…。
(朋也)いや 絶対ウケるって。

≪(東城)カット カット カット。
≪(西郷)おい。

どこ見て 歩いてんだよ。
(朋也)えっ 御手洗君。

(東城)何だよ エンゲロ部かよ。

すいません!

(奏)返してください。
(東城)ウェーイ。

(朋也)やめろ!

それは 長峰君が
一生懸命 作ったものなんだ。

返せ…。

へぇ~。 やってみてよ。
(朋也)えっ?

(御手洗)人形劇やるんでしょ?

≪おーい!
人形劇やるってよ~。

≪劇やるってよ。 集まれ。

撮れてるね。 いくよ。

よーい スタート。

だ… 男爵おじさん。
(生徒)キモい。

何じゃ? メイドクイーン。

(生徒)男爵って 何?

(生徒)何て言った? 聞こえなっ。

(生徒)キモい キモい…。
(笑い声)

(御手洗)あれっ? もう終わり?

残念。

終わりだって。 はい 終了。

(西郷)ここ 撮影で使うから
さっさと どけよ。

園芸部をやめる?

(奏)無理です もう。

ちょっと 何かやろうとしたら…。

ちょっとでも目立ったら
たたかれる。

いつも そうなんです。
昔から そうなんです。

ダサい ダサい ダサい ダサい。

ブサイク ブサイク
ブサイク ブサイク言われ続けて

そう言われる人間は
目立っちゃ駄目なんです。

変わったことしちゃ
駄目なんですよ。

普通以上に 普通で
もう 何か 空気みたいに?

空気みたいに 気付かれないように
しないと駄目なんですよ。

僕らみたいな ダサい人間は!

(朋也)長峰君!

やめよう。

(朋也)はあ?
長峰君 ほっとくっていうの?

(太郎)違う。 園芸部やめよう。

はあ?

(太郎)長峰の言うとおりだよ。
ホント 言うとおりだと思った。

いや 分かってたんだけどな。

ちょっと園芸部が楽し過ぎて
調子 乗ってたわ。

(朋也)何 言ってんの?

お前だって そうだろ。
昔から言われてきたろ?

ダサいとか ブサイクとか
気持ち悪いとか ずっと。

言われても 傷ついてないです
ってふりしながら

でも ホントは きつくて

言われないように
できるだけ 気配 消して。

それこそ
空気みたいにしてきたろ。

出るくいは打たれる
っていうけどさ

醜い くいなら
なおさら打たれるんだよ。

(太郎)学校の中の空気に戻ろう。

これ以上 目立って また
何か言われんの もう きついわ。

≪(ノック)
(朋也)吉良君?

こんにちは~。

ジ・エンドウ。

ジャーン。

僕が作った
ブロッコリーアフロちゃんです。

どうです? かわいくないですか?

どうしました?

みんな やめちゃいました。

なぜ?

僕らは Cランク以下の
クズ野菜だからです。

クズ野菜?

野菜って 同じ条件で育てても

いびつな形なのが
3割以上 生まれるんです。

人間でいうと それが僕らです。

カッコイイ先生には
分かんないか。

あ~ 確かに。

「顔だけは いい」って
よく言われますね。

あっ そんな話より…。
そんな話より?

聞いてくださいよ 僕の話。

こういうときは 生徒の話を
聞くもんじゃないんですか?

さっきまで聞いてましたけど
まだ ありました?

じゃあ どうぞ。
もう結構です。 先生 どうぞ。

見てください。

ブロッコリーアフロちゃん。

これね 規格外野菜が売ってる所で
手に入れたんですけど

カワイイでしょ。

彼女を見たとき これだ! って
めっちゃ思ったんですよ。

しかも 普通だったら
廃棄処分だから 激安です。

でも 味は変わらないし
超お得じゃないですか?

パッケージが変わるだけで
新たな価値が生まれるなんて

面白いですよね。

「私 カワイイでしょ?」

♬(音楽)

(東城)ねえねえ 投票ってさ
1人 1日1回だよね?

(西郷)
御手洗君 ぶっちぎりじゃね?

嘘!?

どうしたの?
♬(音楽)

(西郷・東城)エンゲロ部!?

森戸君。
(佑太)ダンスうまくない?

(蓮)そんなわけねえだろ。

ギャグ?
(みう)嫌がらせ?

(生徒)めっちゃロックじゃん。

≪(戸の開閉音)

おはようございまーす。
(生徒たちの騒ぎ声)

どうしました?

(みう)先生 これ。

では 授業 始めます。

(ネコの鳴き声)

(ネコの鳴き声)

≪来い!
今度は 何?

おっ!

ナイス。
危ないじゃない!

えっ? な… 何やってんの?

反射神経を鍛えてます。

シュッ シュッ シュッ…。

よけた風の音
口で出してるだけでしょ それ。

シュッ…。
もう片付けて!

早く すぐに ささっと。

助けてください。

森戸君?

眼鏡は?
誰にやられたの? いじめ?

助けてください。

森戸君?

眼鏡は?
誰にやられたの? いじめ?

自分で。

どう使っていいか
分かんなかったんです。

先生 顔だけは いいから
詳しいですよね?

使ったことないですけど。
くそっ 無農薬野菜か。

あっ 安心してください。

ここに メークのプロがいます。
私?

どんなに朝が忙しくても
亀高先生のメークは いつも完璧。

学園一のメーククイーンです。

いや メーククイーンって!
うまいこと言うな~ 僕。

全然うまくないし
何か ムカつくし。

お願いします。

どうして メークが必要なの?

男前コンテストに
エントリーしたんです。

森戸君 人間の価値は
顔だけじゃないよ。

顔のいい人に
そんなこと言いませんよね。

別に そういう意味じゃ…。
カッコ良くなって

園芸部のステータスを
上げたいんです。

学校には
見えない天井があります。

ダサい キモい
ダサい キモいって言われて

言われんの 普通過ぎて
ずっと諦めてましたけど

努力すれば
僕が カッコ良くなって

園芸部のパッケージを
変えられれば

やめた仲間も
戻ってきてくれると思ったんです。

これって 無駄な努力ですか?

ううん。 無駄な努力じゃない。
頑張れば きっと いいことあるよ。

はい。

(ネコの鳴き声)

素晴らしい。

このクリームって何ですか?

肌の赤みや ムラを
カバーするために塗るの。

顔の中心から このポイントで
置いたクリームを

外側に 薄くのばして…。

眉毛も 毛流れに沿って
ブラシを滑らせるように。

髪形は こんな感じかな?

毛先は 自分で整えてみて。
はい。

あれっ!?
いいんじゃない?

ありがとうございま…。

遠藤先生かよ。
何か やらせろって。

よし できた。

「ラック」って言ってみて。

どういう意味ですか?
いいから。

(早坂)亀ちゃん いる?
ラック。

ハハハ…。

職権乱用。
違うの 違うの。

森戸君 ずた袋ありませんか?
そこにあります。

もらっていいですか?
ええ。

何に使うんすか?

てっぺんを取るのに必要なんです。
こっち もらいますね。

はあ?

♬~

(生徒)えっ! ちょっと待って…。

えっ! えっ! 誰!?

♬~

(生徒)誰?

おい おい…。
(佑太)森戸!

(今日子)
元が良かったってだけの話でしょ。

今まで サボって
努力してこなかっただけで。

♬~

♬~

♬~

最後 頑張れよ。

(東城)アハハ…
すげえな 御手洗君。

(御手洗)いやいや…。

(東城)何だ? お前。

勝負したいの?

森戸君?

(西郷)40…。

マジうざい。

(東城)御手洗君。

御手洗君?

(蓮)大輔 帰りに
服 買い行くけど 行く?

俺 バイトあるから パス。
(蓮)そっか。

(佑太)え~ お疲れだな。
んな稼いで 何 買うんだよ?

ちょっとな。

(蓮)ふ~ん。
(佑太)どうする? 2人で行く?

(蓮)う~ん…。

森戸 行く?
(朋也)えっ?

(蓮)帰りに 佑太と
服 買い行くんだけど。

いいの?
(蓮)おう。

声掛けてんの こっちだし。 なっ。
(佑太)ああ。

行く。

(佑太)蓮 森戸 何 似合うと思う?
(蓮)古着が似合うんじゃない?

いや 古着は ないって。
絶対 派手なやつだから。

≪(朋也)何してんの?

(奏)部長。

野菜が かわいそうだったから。

最近 忙しくて。

(太郎)自分の顔いじる前に
畑いじれよ。 かわいそうだろ。

いや 吉良君は
自分のこと サボり過ぎじゃない?

眉毛くらい整えたら?
(太郎)興味ないから そういうの。

いや 周りから言われること
気にすんだったら

自分 変える努力しなよ。

長峰君も 肌カサカサだし。

洗顔とか化粧水とか
ちゃんと やってる?

(太郎)
いいんだよ 僕らは このままで。

別に無理して着飾ろうとか
思わないから。

いや 自分から逃げてるだけだろ!

そんなんだから エンゲロ部って
バカにされんだよ。 恥ずかしい。

草 伸び放題の畑の方が
よっぽど恥ずかしいだろ!

部外者だろ!
(奏)部長…。

勝手に 畑 入んな。

分かった。 行こう。

≪めっちゃ カッコイイよね。

おはよう。 おはよう。

(今日子)おはようございます。
(舞)亀ちゃん 見て見て見て。

(舞)めっちゃ カッコ良くない?
すごい。

(今日子)ちゃんと
サボらず 頑張ってんじゃん。

自分 高める努力って
意外と きついからね。

うん。 サボると すぐ体に出るし。
≪ホント…。

あっ もう 今日は
糖質ゼロ麺しか食わん。

クレープ行こう。
(舞)行こう 行こう。

(綿音)ねえ ひどい!

おはようございまーす。

おはようございます。
ねえねえ これ 見て。

へぇ~ すごーい。

どんな形であれ
彼の努力が報われて よかった。

報われてますか?
結果より過程が大事なの。

教師なら 彼の努力を
褒めてあげるべきでしょ。

彼は 一番を
目指してるんじゃないんですか?

ちょっと。 彼に 期待を
持たせるようなこと言わないでよ。

駄目だったときのショックが
大きいんだから。

ふ~ん。 亀高先生は
駄目だと思ってるんだ。

いや それは…。
可能性は 無限大だと思います。

えっ!?

これ…。

これは 何ていう行事ですか?
はあ?

(生徒)われわれは 外見に基づく
差別に 断固として反対する!

(生徒たち)反対する!

(生徒)人間として
全ての個性を認め

尊重し合うべきであることは
時代の流れからも明白であり

それこそが 真の平和につながると
考える!

(生徒たち)そうだ! そうだ!

(生徒)ルックスのみで評価する
男前コンテストの開催に

断固として反対する!
(生徒たち)反対する!

(生徒)外見で判断するな!
(生徒たちの騒ぎ声)

あれ 何なんですか!?
どうなってるんですか!?

(藤嶋)男前コンテストは
時代遅れのルッキズムの象徴だと

反対する生徒は
顔を隠して登校するよう

誰かが SNSで
呼び掛けたようです。

彼ら 中止を発表するまで
あの姿を貫くそうです。

はあ?
(中村)言わんこっちゃない。

中止にするべきだったんです。
(川相)伝統行事なんですよ!

過去に この大会で優勝して
芸能界デビューした子もいるんですよ。

そういう子のチャンスを
中止にしたら

つぶすことになるとは
思いませんか!?

あ~。

くそ~。

(生徒たち)反対!
(愛佳)あ~ もう!

そんなに熱くなんないでよ。
ただの息抜きイベントじゃん。

(大輔)見た目で人を判断するな
って 無理じゃない?

誰だって 本能的に
奇麗だったり

カッコ良かったりする方が
好きじゃん。

テレビのお天気キャスターも
美人しかいないもんな。

(生徒)
黙れ 外見至上主義者どもが!

われわれが
ルッキズムに反対するのは

根源的に
世界平和を願っての…。

や… 山路?
(生徒)違う!

世界平和を願っての…。
キャー!

山路だ。
≪山路!

(美子)世界平和 万歳!
ルッキズム 反対!

容姿を競争させることで

差別を助長することが
問題なんです。

これが
教育現場ですることですか?

けど ビジネスの世界では
ルックスに 気 使ってる人も

多いですよ。
(川相)ウェーイ!

ルックスの違いだけで 生涯年収

3千万 違うっていいますし。
(川相)ウェーイ!

太ってるだけで
出世できないとも聞きました。

(川相)ウェーイ!
源 義経は

当時としても
二枚目ではありませんでしたが

すごい仕事を成し遂げました。
あなたは 黙ってて。

話がブレるから。
(川相)うん。

(生徒)ミスコンの存在自体が
嫌なんだ。

カッコ良さから外れた自分は

価値が低いんじゃないかって
思って…。

しんどいんだ!

(拍手)

(今日子)でも それって
「僕は運動音痴なので

今すぐ 甲子園やインターハイを廃止に
してほしいです」っていう主張と

変わりないじゃん。
(生徒たち)確かに。

えっ?

(早坂)性別で 人を区別して

一番の美女 一番のイケメンを
決めようっていうやり方が

もう 古いんじゃないですか。
私も そう思います。

学校は 人権の大切さを
教えるところです。

差別を生み出すような
コンテストの開催は

やはり おかしいのでは
ないでしょうか。

ずるい!
森戸君の応援してたくせに。

黙って。
(川相)はい! 「正論は

時に暴論 そうでしょ?」
詠み人知らず!

だから 勝手に
中止なんかにしたら 理事長も

OB会も納得しないんですよ!
だったら 猿のように

ボス猿になりたいものだけが
ケンカをして

勝ったものに服従するというのは
どうでしょうか?

これなら 差別も生まれませんし。
(ネコの鳴き声)


(川相)何か うるさいな。

(中村)川相教頭
タナカさまから お電話です。

(川相)どの タナカ?
(中村)PTA会長の。

その 田中!?
だったら 早く言って~。

はい もしもし 田中さま
どうなさいました?

(生徒)ルッキズム 反対!
(生徒たち)反対! 反対!

いいね そのシャウト!
(生徒たち)反対! 反対!

うっせえ! ブサイクどもがよ!

中止だろうな。
(蓮)これじゃあね。

(生徒たち)反対! 反対! 反対!

は~い。

はい 中止!
男前コンテスト 中止!

ホントに いいんですか?
仕方ないでしょ。

あのPTA会長と言い争ったって
勝てる気しませんもん。

理事長 納得してくれるかな~?

「生徒の安全のために延期」
としますか?

(川相)うん。
(藤嶋)このご時世 ミスコンの肯定は

難しいよな。
(川相)うん。

≪(戸の開く音)
(朋也)失礼します。

森戸君。

男前コンテストは?

まさか 中止じゃないですよね?

今年の男前コンテストは
中止とします。

理由は 見た目だけで判断するのは
よくないことだからです。

(朋也)よくないって
誰が決めたんですか?

(中村)差別を助長すると
世間の大半が そういう意見だ。

そんなの ブサイクに
勝手に同情して

優越感に浸ってるだけだ。

「かわいそうだ」
「惨めだ」って言って

正義を振りかざしながら
レッテルを貼る連中の方が

よっぽど差別主義だ。

勝手過ぎませんか!?

先生は 大人は

自分たちは 見た目で判断されない
社会なんてつくれないのに

子供には
それを押し付けてくる。

見た目で判断しない社会なんて
あり得ないでしょ!?

分かってるでしょ!?

だから… だから
カッコ良くなろうって

頑張ったんです。
森戸君。

お願いします。
男前コンテストをやってください。

そんなことできます?

無理 無理。 もう やめるって
言っちゃったもん。

中止になったら
今までやってきた努力が

全部 無駄に…。
無駄なんかじゃないよ。

君がやってきたことは
きっと 将来…。

(朋也)今 役に立たなきゃ
意味がないでしょ!

僕が どれだけ頑張ってきたか

この中で 先生が
一番 分かってるじゃないですか!

本当に なしにする
っていうんですか?

あの~。

ネコ抱っこコンテストにしたら
どうでしょうか?

えっ?
人間の容姿ではなく

抱いたネコと じゃれている姿の
かわいさを競い合うんです。

新しくないですか?
バカにすんな!

森戸君!

(ネコの鳴き声)

何だよ!

(朋也)看板をかいたの
長峰君だろ?

SNSで呼び掛けたのが
吉良君だ!

心配だったんです。

部長が負けたら
傷つくんじゃないかって。

絶交だ!

お前らと一緒にいると こっちまで
気持ち悪いと思われるんだよ!

(早坂)森戸君も そのうち
分かってくれるって。

教師って 都合いいよね。

努力なんて

しないより した方が
いいくらいにしか思ってないのに

生徒には 必ず
報われるって言ってるんだから。

私の理想の教師はね

生徒 一人一人の 悩みや夢に
ちゃんと寄り添って

一緒に考えられる人。

うん。

でも それは ただの理想で

努力しても 努力しても

全然 生徒ファーストに
できない場所が 学校なんだって。

自分が 一番分かってて…。

学年主任になってからは

特に できてない。

努力しても 報われないって
自分が 一番知ってんのに

それを 私の人生が
体現してんのに

どうして 平気な顔して

嘘 教えてんだろ? 私。

くそ~!

くそっ! くそっ!
≪森戸君。

草むしりですか?

いいですね~。 僕もやりたいです。

しゃべり掛けないでください。

今 超絶ムカついてるんで。

だったら

いいところありますよ。
はっ?

(朋也)何ですか? これ。

ムカついてるんなら
殴って スカッとしましょう。

(朋也)
教師が言う言葉じゃないです。

ボクシングは スポーツです。

そりゃあ 道端で殴り合ったら
警察に捕まりますが

リングの上なら
ジムに料金さえ支払えば

定額 殴りたい放題です。
ホント いいですから。

じゃあ 僕が先に
定額 殴りたい放題しますかね。

お願いします。

あの人とやるんですか?
もちろん。

僕 世界チャンピオンを
目指してますから。

はっ? 世界チャンピオン?

(ゴング)

先生 強いんだ?

♬~

先生?

(ゴング)

定額 殴られたい放題だったじゃ
ないですか?

強っ。 強くない?
もう やめましょう。

あの人 遠慮する気
まったく ないです。

同じルールで戦ってるんだから
当然です。

僕は 世界チャンピオンに
なる男ですから。

これくらいの壁
ぶち当たって 当然なんですよ。

(朋也)いや 世界チャンピオンとか
無理に決まってるじゃないですか!

イライラしてます?
はい。

じゃあ…。

はい。

いい体してますね。

よし 勝負だ!
(ゴング)

(朋也)うん?
うん?

えっ?

まだまだ!

♬~

あ~!
うわ~!

やっぱり 世界チャンピオン
目指してるなんて 嘘ですよね?

僕に負けるくらい くそ弱いのに。

きっと 何か
諦めない心が大事なんだ的な

努力は 必ず報われることを
教えてやる的な

僕に 教師らしいこと
しようとしてるんですよね?

僕は 世界チャンピオンになる。
(朋也)話 聞いてました?

だって 毎日
ブロッコリー食べてるんですよ。

ブロッコリーに含まれる
ジインドリルメタン…。

(朋也)無理でしょう。
その程度の努力で。

土のうで拳も鍛えました。
そんな努力程度で

勝てるわけないでしょ。

どうして そんなに
自分に期待できるんですか?

そんな努力程度で。
意味が分かんないです。

はっ?

努力なんて 報われないのが
デフォルトですよ。

結果とか 期待どおりとか
報われなかったとか

そういうのでやってたら
疲れません?

今 その瞬間
自分がやってることが

自分で 楽しいかどうかでしょ?

それが 僕がやってる理由です。

で 楽しむためには 全力で
目標に向かっていかないと。

じゃなきゃ 楽しくないでしょ?

自分に嘘ついてたら

その嘘に 一番最初に気付くのは
自分なんですから。

今日が 僕史上 最強です。

世界に 一番近づいた日です。

フッ。
おっ 何か楽しそう。

ホント 変な先生。

そうかな?
至って 普通かと。

あれ? ネコ?

カワイイ~。
どうも。

先生 この子 ホントに
もらってもいいんですか?

ええ。
かわいがってあげてください。

(みずき)
ネコと ボクサーっていいね。

えっ? 先生邪魔。
写っちゃうよ。

すいません。
(シャッター音)

あっ アップしていい?
男前コンテストに。

えっ? なくなったんじゃ?
(みずき)結局 やるみたいだよ。

(みう)ザ 男前ネコ抱っこ。
エントリー ニャンバー1。

御手洗 颯人 &
チンチラペルシャ!

(拍手・歓声)

予選1位のやつが
どこ行ったんだよ?

(奏)部長 今ごろ
男前になってますかね?

(太郎)うん。

(朋也)ハァ ハァ…。
ここにいたんだ。

部長。
(太郎)えっ? コンテストは?

ごめん。

えっ?

コンテストで
学校のやつら見返してやれば

2人が戻ってきてくれると
思ってた。

だから 頑張った。

けど…。
(奏)部長 それより

今 本番じゃ?
(朋也)あんなの どうだっていいよ。

男前コンテストのトロフィーより
欲しいのは 大事なのは

吉良君と 長峰君だから。

部長…。
(朋也)気付いたんだ。

花よりも それを育てる方が…
育てる土の方が大切だって。

だから もう一度 やり直したい。

園芸部じゃなくてもいい。

友達として お願いします!

(太郎)うん! えっ?
あっ あっ… ごめんなさい。

ちょっと 僕… こういう
ちょっと アオハルっぽいの

慣れてなくって。
(奏)僕らは 土ってこと?

いや 別に その…
汚いっていう意味じゃないから。

(太郎)分かってるよ。 だって…。

園芸部だもん。

(奏)部長も考えてください。
野菜娘。

よし。 園芸部 頑張るぞ!
(奏・太郎)お~!

(川相)いや~ ネコ抱っこコンテスト
意外と盛り上がりましたね。

まあ そういうことを見越して
学校で ネコを飼うことを

認めたんですけどね 私。
(中村)へぇ~。

(川相)われながら
見事な選択でしたね。

へぇ~。
(川相)実は 私 昔ね

そのコンテストで 特別賞を
頂いたことがありまして

やっぱり 伝統は続けないとね。

へぇ~。
特別賞って 微妙。

聞こえましたよ。
見せましょうか? 写真。

(小畑)いや 大丈夫です。
(川相)ここにあるんですよ。

ありがとう。

森戸君 来なかったね。

写真投票は 1位だったんでしょ?
うん。

(早坂)努力って報われるって
はっきり言い切ってよかったね。

よかったのかな…。

≪(奏)あっ! 見てください。
先輩 これ。

ナスちゃん。
(太郎)どうした? どうした?

(朋也)待って 待って…。
(太郎)きた! きた!

(3人)やった~!

実はね 私も報われたんだ。

今度は 何?

ステップワークです。

まだまだ 世界には
程遠いみたいだったので。

森戸君 いい顔してたけど
何かしたの?

えっ? 別に何も。
そう。

ただ ちょっと
殴り合っただけです。

ふ~ん。

詳しく教えなさい。
まさか 生徒のこと…。

が~! あ~! あ~!

(泣き声)
何ですか?

これ 3冊限定で

直筆サイン入り ラチャ様写真集。

ボロボロの私に
神様が抽選で当ててくれた

ご褒美だったのに…。

ちょっと…。
何か…。

僕に似てますね。

似てない!
全然 似てません!

(泣き声)