<土ドラ>顔だけ先生 #04【音痴が尾崎熱唱!?モンペ暴走で神尾(秘)コスプレに】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

<土ドラ>顔だけ先生 #04【音痴が尾崎熱唱!?モンペ暴走で神尾(秘)コスプレに】[字]

カルテットルック家族からの珍要求に亀高(貫地谷しほり)絶叫!!中村(和田聰宏)とカニベースの意外過ぎる関係性とは!?一回でも失敗したら、人生おしまいですか?

番組内容
「子供の告白を成功させて欲しい」「見ていて辛いから子供の宿題を減らして欲しい」
職員室では、亀高(貫地谷しほり)らが、クレーマーのような保護者達からの電話に悩まされている。
一方、2年B組では遠藤(神尾楓珠)の授業中。授業を楽しそうに聞いている生徒もいれば、別の勉強をしている生徒もいて、自由気ままな雰囲気。そんな中、蟹江凛空(三浦りょう太)が突然歌い出した。かなりの音痴でクラスメイトもさすがに
番組内容2
迷惑そうな表情…。遠藤がツカツカと凛空に近づき、ヘッドホンを強引に外し、一言。
「迷惑だって言ってまあすぅぅ!!!」
怒り慣れていないせいか、声が裏返る遠藤。それが思わぬトラブルの始まりで…。
出演者
神尾楓珠 
貫地谷しほり 
三浦涼介 
笠原秀幸 
阿部華也子 

和田聰宏
 / 
八嶋智人 

【2年B組】
長谷川慎 
矢吹奈子 
櫻井海音 
綱啓永 
小宮璃央 
景井ひな 
三浦りょう太(※りょう太のりょうは、けものへんに寮のうかんむりなし) 
石井礼美 
前川佑 
あかせあかり
スタッフ
【企画】
市野直親(東海テレビ) 

【構成】
水野宗徳 

【脚本】
保木本真也 

【音楽】
木村秀彬 

【主題歌】
崎山蒼志「風来」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 

【演出】
白川士 

【プロデュース】
後藤勝利(東海テレビ) 
中頭千廣(東海テレビ) 
池田禎子(スイッチ) 

【制作】
東海テレビ 
スイッチ
ご案内
【公式サイト】
https://www.tokai-tv.com/kaodakesensei/  

【公式ツイッター】
https://twitter.com/tokaitv_dodra  

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/ 

【公式TikTok】
https://vt.tiktok.com/ZSeetqqrD/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 中村
  2. 凛空
  3. 安樹
  4. 中村先生
  5. 藤嶋
  6. 蟹江
  7. 蟹江君
  8. 教師
  9. カニベース
  10. 小畑
  11. お前
  12. 一度
  13. 子供
  14. 早坂
  15. ハァ
  16. 学校
  17. 間違
  18. 失敗
  19. ヘーイ
  20. マッスル

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



非常勤講師の遠藤 一誠です。
(中村)ホント 顔だけだな。

(大輔)学校は 今日で辞めます。
(由希)何が どうなったって

私たちは ズッ友なんだから。

市川君がなりたい自分は
どんな自分?

友達の前で 何の負い目もなく
笑っていられる自分です。

「はい」ですか?
☎(保護者)だからね

何か 理由を付けて
2-Bの田中さんに

「はい」っていう練習を
させてほしいんですよ。

「はい」っていう練習をしたら

田中さんが
うちの子に告白されても

田中さん 「はい」って
言うんじゃないかなぁって…。

違うんですよ!
だってね もし 告白が失敗して

ショックで もう 恋愛とか
できない体になっちゃって

一生 結婚できない体に
なって…。

嫌です。 見たいです 孫の顔。
えっ!? どう責任 取ってくれる…。

分かりました。
一度 検討させてください。

失礼いたします。
(受話器を置く音)

≪(受話器を置く音)

(藤嶋)ハァ…。
そっちも?

子供の毎日の宿題が つらそうで
私が 毎日 見ていて つらいから

子供の毎日の宿題を
減らしてくれって。

(小畑)子供が
宿題 つらいんじゃなくて

親が見てて つらいから

子供の宿題を
減らしてほしい…。

(藤嶋)うん。
(小畑)見なきゃいいじゃん。

「検討します」でいいんですよね?

≪(中村)情けない。

保育園じゃあるまいし
クレームには 毅然と言い返すべきだ。

クレームじゃなくて 相談です。
保護者の皆さん

子供の失敗を 必要以上に
怖がっているだけですから

一度 共感して
受け止めてあげないと。

そう! 亀高先生の言うとおり。

保護者さまからのご相談には
懇切丁寧に

そして ご希望には
できるだけ 沿うように。

いいですね。

保護者ファースト。

(中村)集団行動の中で
社会常識を身に付けさせるのが

学校の務めです。
勉強だけなら 塾だって できる。

「教えて 育む」と書いて 教育。

分かります?

出た~ 漢字説教。

理想は 分かりますが
私のやり方は これなので。

上が ひよれば 下も ひよるか。

何あれ?
(藤嶋)何だ あいつ

感じ悪いよな。

ハァ… よし。

できた。 ハァ… できた。

(早坂)何が できたの?

ハァ ハァ ハァ…。

(早坂)何これ?

霜降り明星。
はぁ?

霜降り明星 粗品さんです。

お笑い芸人さんの?
はい。

み… 水。 水。

自分ファースト
おとぼけバカ野郎。

一生 指の逆むけに悩まされろ。

すると プロクルステスは

はみ出した旅人の足を チョキン!

切られた旅人は… 「うわ~っ!」

発言と表情が合ってないって。

次に やって来た旅人は
体が小さい方だったので

今度は サイズが合うまで
体を引き伸ばします。

「やめてくれ~!」

いや 筋肉! 体が
伸ばされてることよりも 筋肉!

現在でも しゃくし定規。

容赦ない強制の意味で使われる
プロクルステスの寝台は

この話に由来するんですね。

そもそも 何の授業だよ これ。
日本史の先生だろ。

なっ。
(蓮)だな。

うお~っ!
♬「Oh My Little Girl」

♬「素敵な君だけを」

♬「Oh My Little Girl」

♬「こんなにも愛してた」
蟹江君 蟹江君!

迷惑です。 静かにしましょう。

好きにしてていいんじゃないの?
確かに そう言いました。

(凛空)じゃあ いいじゃん。
歌いたくなっちゃって。

自由と好き勝手は 違いますよ。

(凛空)♬「いつまでも
Oh My Little Girl」

♬「暖めてあげよう」

♬「Oh My Little Girl
素敵な君だけを」

♬「Oh My Little」

迷惑だって言ってま~すぅ!

(佑太)怒り慣れてねえ。

分かりましたか?
はい…。

はい。

蟹江君を怒鳴った?
はい。

授業中に歌うのを
やめてくれなかったんで。

それで…?
すぐに やめてくれましたよ。

(藤嶋)ヤバいわ それ。

(小畑)よりによって 蟹江君か。
(藤嶋)あ~。

本気で怒って
何が駄目なんですか?

少し黙って。

小畑先生。
(小畑)私?


じゃあ 僕が。

菊玲学園高等学校です。

☎(安樹)蟹江 凛空の父ですが。

お世話になっております。

遠藤って教師を出しなさい。

遠藤は ただ今 外しておりまして。
外させてくださいよ。

遠藤という教師は 授業中に
自由に過ごしていいよと

おっしゃったと。
はい。 私どもといたしましては

優しく愛のある指導を
志しておりまして。

教員たちは皆
愛にあふれておりますので。

発言と表情が合ってないです。

はい。 はい。

やっぱり 今日が どう考えても
ベストなんだよな。

≪(中村)やるじゃないか。

信念を持って
生徒を叱ったんだろ?

あっ まあ。

だったら 堂々としていればいい。

亀高先生は 学校が何たるかを
まるで分かっていない。

はあ。

よし 気合を入れてやろう。
気合?

蟹江の親と会うんだろう?

俺が考えた
バスケ部の伝統コールで

気合を入れてやる。
お~ それは 楽しそうです。

よし。 やるか。

いいか? 俺が 「GO」って
2回 言ったら 「マッスル」だ。

いくぞ。

いくぞ~!
マッスル~。

ちゃんとやって?
えっ…。

だから 俺が 「GOGO」って…。
マッスル~。

いや 違うんだよ。
これ 説明の「GOGO」…。

マッスル~。
違うんだよ。 このGOGO…。

これは いつもの。
当然です。

相手に 良い心象を与えながらも

謝罪の品ではないということが
伝えられる

わが校の
創立80周年記念チョコです。

つまり 謝らず 怒らせず。

丸く ま~るく。

任せましたよ。

今日が
ベストタイミングなんですけど。

すぐ帰りたいんですけど。

そもそも 誰のせいだ。
少なくとも 僕じゃないかと。

さっきも言ったけど 蟹江さんは

子供のためなら
何でもする人なの。

もめて訴訟になったら
ホントに大変なんだから。

いい? 丸く ま~るく。

トリオルック。

カルテットルック。
(安樹)んっ? 何か?

いや あの この これ。

わが校の周年記念チョコ…。
甘いの 嫌いです。

ですね~。

(中村)ヘイ パス。
ヘーイ ヘイ シュート。

ヘーイ ヘーイ ヘーイ…。

ですから
授業中の注意の一環として…。

(安樹)いや うちの息子にも

歌う自由と権利が
あったんじゃないんですか?

(凛空)もういいよ。
(安樹)もういいわけないだろう。

お前は 黙ってなさい。

その歌う自由を尊重する責任が

あんたには
あったんじゃないんですか?

遠藤先生。

はっきり言いますね。
早く帰りたいし。

何?
んっ?

教室を歩き回るのは
別にいいんです。

ですが…。

残念ながら 蟹江君の歌は
教室にマッチしませんでした。

どういう意味?
仮に ボサノバボイスだったら

授業中のBGMとして
認められたんですが

正直 迷惑だったんです。

俺の歌が下手ってこと?
まあ 好みの人は いないかと。

あっ…。

息子がいる手前
聞けなかったんですがね

凛空の歌は
そんなに ひどいんですか?

それは…。
はい。

いやいや いやいや…。
(安樹)いやいや いいんです。

その歌のひどさ
例えて言うなら?

ガマガエル。
フッ ガマガエルか。 ハハハッ…。

(安樹)なるほど。
じゃあ あれですか?

あの~ ゲロゲロ的な?
ゲコゲコじゃないですか?

そっちか~。 確かに
ゲコゲコともいいますね。

ゲロゲロより ゲコゲコの方が
何か ひどい感じしますもんね。

うまいなぁ 先生。
まあ でも

ガマガエルは 俗称で
正式には ヒキガエルなんですけどね。

(安樹)はぁ~。

お詳しいんですね。
いやいや いやいや…。

どんな鳴き声なんですか?
(安樹)聞いてみたい。

(ヒキガエルの鳴きまね)
(安樹)びっくりした。

汚い鳴き声ですね~。
なるほど なるほど。

うちの息子は
そういう感じってことなんですね。

(安樹)そうですか。 分かりました。

(安樹)
息子を侮辱した証拠として

こいつを公開する。

嫌なら 私の指示に従え。

と言いますと?

(中村)ヘーイ… パス。

ヘーイ ヘイ パス。 ヘーイ パス。

≪(ホイッスル)
(一同)はい!

駄目だ。 飲まなきゃ。
誰かに愚痴んなきゃ死ぬ。

おごってくれるなら
付き合いますよ。

どこの店 行きます?

教師はね
気安く飲みになんて行けないの。

なぜ?
こっちが 顔 知らなくても

店員や 客とかが
保護者だったら どうすんの?

酔って愚痴って くだ巻いてるところ
聞かれたら 一発でアウト。

何だかんだ言っても
教師は 聖職なの。

乱暴な言い方 酒なんか飲まずに
正座して茶でもすすってろって

思われてんの。

な… 何?
今 何て言いました?

酒なんか飲まずに 正座して…。
せいざ。

僕としたことが…。

今なら まだ間に合う。

えっ? いやいや ちょちょちょ…
ちょっと ちょっと。

走れないんだけど これ。
いやいやいや。 あの…。

ヒールなのよ ヒール。

奇麗。

間に合ってよかった。

ねえ 何の星 見てんの?
霜降り明星の粗品です。

んっ?
霜降り明星の粗品です。

あ~… 分かるように
説明してもらえないかな?

星座って ギリシャ神話が
もとになってるの 知ってます?

うん。
ギリシャ神話について調べてたら

そのこと知って。

でね
ぼーっと星を眺めてたんです。

そしたらね
ある星とある星を結んでいくと

どう見ても 霜降り明星の
粗品さんにしか見えないことに

気が付いたんですよ。

絵に描いてみたりすると
もう完全に粗品さんで。

今日みたいな雲一つない日に
ちゃんと確認したかったんです。

いや~。

どう見ても
そうにしか見えないわ~。

あっ あと ついでに…。

ここなら
保護者も 絶対にいませんし。

どうぞ。

ありがとう。

どいてください。
はぁ?

あ~…。

何か 星なんて久しぶり。

いつも 追い込み過ぎなんだよ。

って 早坂先生が言ってました。

フッ…。

ねえ。

教師とゴキブリの共通点って
何か知ってる?

えっ 今 ゴキブリの話 します?

いいから
知ってるか答えなさいよ。

さあ。

新聞で たたかれる。
なるほど。

一般人なのに
教師っていうだけで

何か一度でも 問題 起こしたら

すぐに バシン。 バシン バシン!

一度でも?
一度でも。

一度でも 駄目レッテル貼られたら
そこで終わり。

中村先生が いい例よ。

あの人ね
職員室登校してるだけなの。

職員室登校って?

何にもしてないの 学校で。

授業もしてないし 何もしてない。

中村先生は ただ
職員室に通ってるだけなの。

え~…。

すごい偉い人なのかと
思っていました。

うん 偉そうだからね。
はい。

訴えられてるの
蟹江さんに 去年から。

今 裁判中。

去年の校外学習で…。

(凛空)《うぇ~い! フゥ~!》

(中村)《コラ! 蟹江!
何やってんだ お前》

《やめてください。 うわっ》

それで 蟹江君
顔 擦りむいちゃって。

《ごめんください。
蟹江ですけど!》

《体罰教師が!
謝れよ おい。 謝れよ》

《あぁ? あんたこそ
家で どんな教育してんだよ》

その後も 蟹江さんが
学年主任だった中村先生に

いろんなところで
突っ掛かるようになって。

えっ そのたびに 訴訟を
起こされてるってことですか?

で これ以上 もめられたら
面倒だってなって…。

《彼が卒業するまでは 全ての
業務から外れていただきます》

《お願いしますよ 穏便に》

(川相)
《う~ん。 丸く ま~るく》

《丸く ま~るく。 ねっ》

まあ そもそも
彼が卒業したところで

蟹江さんが その後 クレームを
つけてこないとも限らないし。

(ドアの閉まる音)
(中村)ただいま。

お疲れ。

(中村)疲れるわけないだろう。
仕事してないんだから。

一度やらかしたら
もう元には戻れないのよ。

私 巻き込むのだけは 勘弁してよ。

はい。

蟹江君は
明るくて いい子なんだけどね。

あっ 流れ星。
えっ 嘘?

あっ 消えました。
早く言ってよ!

叫べば
まだ間に合うんじゃないですか?

カニベースって何よ バカ!

フフフ…。
何?

それ 願い事ですか?

愚痴んないと死ぬ
って言ったでしょ。

♪~

<抗菌フィルムは菌が付くたびに

徐々に効果が薄れていく>

<そこで研究員の中澤隆浩は

フィルム表面の抗菌力を修復して

菌にもウイルスにも効果が長期間持続する

ハイドロエージープラス技術を開発した>

<街の感染リスクを下げていく>

(早坂)えっと こ… これは…。
カニベースです。

(早坂)カニベース?

「カニベースだガニ」と話します。
はぁ?

蟹江さんのお宅から
今回の件の責任を取れと。

それで?
教員全員…。

《1週間 カニベースになって
授業をしろ!》

と言われました。
(一同)えっ?

(川相)なぜ それなんだ?
(小畑)そもそも 何? カニベース?

中村先生は ご存じですよね?
知らん。

じゃあ 偶然なんだ。
GOGOマッスル。

あれ 『キン肉マン』のアニメが
始まる前の掛け声ですよね?

何を言ってるんだ? お前は。

とにかく こんなバカげた要求
すぐに突っぱねないと。

亀高先生 あなた
その場にいたのに

なぜ 毅然とした態度を
取らなかったんですか?

録音された声を
いいように切り取られて

世間にさらされてもと思い

いったん
持ち帰らせていただきました。

情けない。

問題親に対しては
個人ではなく 学校。

いわゆる チームとして対処する
方針だったんじゃないですか?

おっしゃるとおりです。

勝手に動いて ややこしくされたら
後の祭りですもんね。

誰かさんみたいに。
(中村)言っとくがな

俺は信念を持って 蟹江家の訴訟を
受けて立ってるんだ。

すぐに尻尾を巻いて帰ってくる
お前らとは違う。

まあまあ 皆さん 落ち着くガニ~。

原因は お前だ。
とにかく

今は これ以上 問題が
大きくならないことが先決です。

対策を考えましょう。
(藤嶋)でも 今回の件は

いつもと違って 遠藤先生が
引き起こしたことですし。

(小畑)えっ? 非常勤の遠藤先生
クビにして終わりみたいなこと

言いたいんですか?
(藤嶋)うん。

ひどい。
(早坂)せめて 減俸とか。

えっ!? 食費250円にしないと。

1食250円は きついな~。
1日250円ですけど。

かすみ食って生きてんのかよ!?
(早坂)ちなみに 今は 幾らで?

330円です。
(藤嶋)大差ねえ!

遠藤先生が かすみ食べて
生きてるの 萌える~。

あっ 食べてないですよ。

何の話!?
いや ホントに何の話?

(藤嶋)そもそも 減俸なんかで
納得してくれますかね?

あの蟹江家が。

これは もう
あの手を使うしかないかもですね。

(早坂)「あの手」?

謝罪会見?

歌ったから 授業中に。

それを 何で
俺が謝んなきゃ駄目なの?

だって 告ってきた 私に。

まだ返事もらってないけど。

でも 告った 告られたって
つながりがあるのは 事実。

あんたが音痴で すっごい
恥ずかしかったんだから 私。

ああ…。 じゃあ ごめん。

(今日子)駄目。

ちゃんと 会見 開いて
公の場で謝罪して。

「公の場」?

いや 芸能人じゃないんですから。

そもそも 謝罪に会見って
意味あります?

意味は あるよ。
≪まあまあ まあまあ 2人とも。

(凛空)どんな?
(机をたたく音)

悪いことしたって
分かってんだよね?

(凛空)まあ…。
(綿音)じゃあ それを 誠心誠意

世に広めるべきでしょ?
(早坂)いや…。

広く世に広める意味は?

それは 今や この世は
一億総謝罪社会だからです。

いや でも その会見に
失敗しちゃうことだって

あり得ますよね?

会見で失敗したら
さらに たたかれるんだよ。

(由希)今の世の中 ずーっと
ネットに 謝罪動画 残るし。

失敗できないよね マジで。

じゃあ 会見なんて
絶対 駄目じゃないですか。

1回 失敗したら
終わりな世の中なのに

会見って
最悪の一手じゃないですか?

しか~し! 会見を開かないと

世の中は
許してはくれないのですよ!

いや だから

そういう世の中の容赦ない強制が
あるから

世の中も
究極 このクラスの中でも

息苦しいって人が
いるんじゃないの?

≪そうだよ。
森戸君の言うとおりだよ。

待ってください!

そもそも
一番 考えなきゃいけないことは

蟹江君のことなんじゃ
ないんですか?

親と学校が もめてることが

謝罪会見とか そんなんで
大ごとになって

蟹江君の居場所が
なくなることだけは

避けなければなりません。

そもそも われわれに 明確な非が
あるわけでもありません。

じゃあ 取りあえず
ほとぼりが冷めるまで待ちますか。

≪そうですね。

私も それがいいと思ってました。

(藤嶋)そうですか。

(舌打ち)

当事者が途中退席する神経。

(ざわめき)

(翼)
そもそも 何で 歌ったんだよ?

ライブ近いし。

だからって
授業中に歌うか? 普通。

ちょっと
テンション上がっちゃって。

今 歌ったら 超面白えと思って。

はぁ?
ウケ狙いで歌ったってこと?

あ~… まあ 笑いっていうか
面白いかと思って。

ジ・エンドウの授業なら
許されっかなって。

(翼)まあね。

(小畑)あなたね…。
(由希)はい。

(小畑)高校生よね?
(由希)はい。

(小畑)女の子よね?
(由希)はい。

朝ご飯は 食べてきたのよね?
(由希)いいえ。

ごめん。
「はい」って言ってもらえない?

だって 食べてきてないです。

そもそも 何で こんなこと
しなきゃいけないんですか?

(小畑)
それは… 私が 一番 聞きたい。

(早坂)容赦のない強制は
どうなんだろうね。

それは… 仕方ないでしょ。

ねえ 愛佳。 見て これ。

愛佳… えっ?

本気で別れんの?
(愛佳)そう言いましたけど。

いや 何でだよ?
(愛佳)先週 私たちの将来に

絶望したからですけど。

いや それ
お前の妄想なんですけど。

(佑太)蓮 蓮。
(蓮)んっ?

こんな別れ方したら

俺 一生
女の子のこと 信用できない。

お母さんからしか
バレンタインもらえない人生になる~!

頑張れ。

どいつもこいつも…。

あの~ そもそも論なんですけど。
何?

今 蟹江君
静かに 授業 受けてくれてます。

これ以上 何かすることが
ありますか?

でも 親御さんが…。
事情は 説明しました。

でも 納得してないでしょ?
でも こっちに 非は ないでしょ?

そもそも あんたは 何を…。

亀高先生も 一緒にやりましょう。

嫌過ぎて 嫌としか言えない。 嫌。

≪(ノック)

わっ!
わっ!

んっ? いや まあ いいか。
亀高先生 ちょっと。

(中村)お話とは 何でしょうか?

(川相)単刀直入に伺います。

中村先生と蟹江さんは
同級生だったんですね?

弁護士の先生から伺いました。

蟹江さんに訴えられたのは
これで4回目。

さすがに 何かあると思い
調べたところ

中村先生と蟹江さんは

同じ小学校に通っていた
ということが分かったと。

なぜ 今まで隠していたんですか?

子供への指導とは
関係のないことでしたので。

個人的に
何か恨みを買うようなことでも?

(中村)《来い カニベース!》

(安樹)
《もう その遊びは やだよ》

(中村)《うるせえ。
ラーメンチョップ! ラーメンチョップ!》

(安樹)《やめてよ》
(中村)《ラーメンチョップ!》

(安樹)《やめてよ》

あいつを… からかって
遊んだことは あります。

いじめですか?
違う! いじめなんてしていない!

し… そもそも
30年以上前の話だ。

中村先生が
いじめと思っていなくても

蟹江さんは 違うとは
考えられませんか?

私も そう思います。

そうでなければ
蟹江君のお父さんが

「カニベースをしろ」なんて
言うでしょうか?

いったい
私に どうしろと言うんだ。

非を認めていただけますか?

なぜ? なぜ 今 それを?

あいつが訴えているのは

蟹江 凛空に対して行った
私の注意の仕方です。

あれは 体罰じゃない。 指導だ。

非と思っていないことを
非として認めるなんて

教育の理想に反します。
理想 理想って

犠牲にしてることが
多過ぎませんか?

理想なき世界に 子供が育つか!
(川相)中村先生。

え~ よろしいですか?

公に 耳を貸す心と書いて
聡明の「聡」

しかし 公をなくし

己の心だけに耳を傾けるのが 「恥」

ここは
みんなの意見を聞きませんか?

それ 私が教えたやつです 教頭。

えっ? そうだっけ? えっ?
いや… いやいや いやいや

だって これ テレビで
見たことあるやつだから。 あの…。

というか こういうの もう…。
(中村)私は 教師としての正義を

守っているだけです!
(川相)怖っ 怖っ…。

中村先生 非を認めるのは

蟹江君への指導ではありません。

過去の いじめです。

お断りします。
(川相)えっ?

(中村)私の認識では
あれは いじめではありません。

しかし 非を認めれば それは 私が
いじめをしたということになる。

そうなれば 生徒も親も
もう二度と私のことを信用しない。

教師として終わりだ!

失礼します。

いや ちょっと。
(ドアの開閉音)

ちょ… ちょっと。
ねえ ねえ ねえ ねえ。

何をやってるんだ?
これで これから 1週間 授業を。

何で お前だけ
蟹江の要求受け入れ態勢なんだ。

えっ だって 絶対
楽しいじゃないですか こんなの。

ありがとうございます
って感じです むしろ。

お前 知らないんだろ? そいつは
超人の中でも最弱のキャラで

じゃんけんしか できないんだ。
だから 人気なんですよ。

コスプレ大会で ラーメンマンと
カニベースだったら

絶対 カニベースの方がウケます。
チョキしか出せないんだぞ?

はさみを縛って
グーも出しました。

あ~ ちょっと!
もういい。

あ~あ。

(中村)さようなら。

(りん菜)ヤバい。
掛け声ダサ男に 声 掛けられた。

GOGOマッスル!
(りん菜)ダサい。

(葵)ダサくない…。
(りん菜)錯乱した?

じゃんけん ぽん!

(葵)勝った~!
あ~ 負けました~。

(りん菜)ヤバッ。
ジ・エンドウ 何それ?

これは 自分で作りました。

カワイイ。
ピース。 ダブルピース。

(バスケ部員たちの掛け声)

♬~

♬~

♬~

どうすればいいんだ 俺は…。

(亜佐美)♬「うちの子 学校で」
(祖母)♬「学校で」

♬「教師に いじめられてます」

GO!

♬~

はっ!

ハァ…。

中村先生
大変なことになってますよ。

(中村)えっ?

♬(音楽)
(中村)これは…。

(安樹)♬「教師のN!
N! N! N!」

♬「ヤベー奴!
体罰教師のヤベーN!」

(安樹たちの笑い声)

(安樹)えっ? おい。
(亜佐美)すごい。

正義は われにあり。

(亜佐美)すご~い! すご~い!

わが生涯に 一片の悔いなし。

凛空のお母さんと
見て おばあちゃんもいる。

(蓮)見てんじゃん。
(由希)ねえ これ ヤバくない?

ヤバくね? お前の親。

♬(音楽)

何か ごめん。 また 恥かかせて。

いや 神ってるわ この訴求力。

てなかった。
じゃあ 付き合ってくれんの?

それは ない。

(安樹)くそったれが。
この恨み 晴らさでおくべきか。

あっ 蟹江君。

いつものチャリは?
ちょっとやりたいことがあって。

一緒にやりますか?

目立てますよ。

あっ… あと1つ
言いたいことがあります。

そうですね。 はい。
申し訳ございません。 はい。

失礼いたします。 はい。
(藤嶋)はい おっしゃるとおりです。


(藤嶋)はい。 はい。


(藤嶋)ええ。 はい。


(藤嶋)そうですね。

現状を 理事長に報告してきます。

(藤嶋)はい 申し訳ございません。
失礼します。

(受話器を置く音)
(藤嶋)ハァ…。

結局 中村先生
攻撃したいだけじゃねえか。

(藤嶋)
はい 菊玲学園高等学校です。

はい 動画の件…。

中村先生 どこ行くんですか?

昔のことを いつまでも
グチグチ言いやがって。

間違ってるのは あいつだって
はっきり言ってやる。

そんなことして
何になるんですか?

私の机の引き出しを開けろ。
それで 文句は ないはずだ。

3 4 12。 3 4 11 2。

3… あっ 中村先生。
(中村)止めたって無駄だ。

止める? あっ いや
むしろ 走りましょう。

(中村)はぁ?
蟹江君も 一緒です。

あっ 蟹江君。

おっ 先生も走んの?
走りますよね?

何で こんなことに…。

えっと 今度は…。

(凛空)こっちです。

(中村)くっそ! なめんなよ!

(凛空)
ちょっと 雨 降ってきたよ?

関係ありません。

完成するまで
僕たちは 止まりません!

(凛空)そうだな。
あっ こっちです。

(凛空)えっ こっち?

(凛空)あれっ? 先生は?

あっ こっち。

(凛空)
ヤバッ。 これ 何か 楽しい!

でしょ?

あ~ 下り坂だ~。

(凛空)中村先生 大丈夫?

(中村)大丈夫じゃねえよ。

お前の親父のせいで 終わったよ。

(凛空)親父 また何かやりました?

いや お前のせいじゃねえよ。

お前への愛情表現が特殊なだけだ。

俺 正直 あの家族…。

好きなんすよね。
(中村)えっ?

だって めっちゃ
おもろくないっすか? うちの家族。

家族で
お揃いのトレーナー 着てんすよ。

確かに あれは 面白い。

ちょっと めんどくさいとこ
あるんすけど

悪い家族じゃないと思うんすよ。

ああ… いいことだ
家族が好きなのは。

大切にしろ。

(せき)

(凛空)ごめんなさい。

あぁ?

ほら
前に 校外学習で ふざけて…。

まだ謝ってなかったでしょ。

親に謝るなって言われてたし
まあいっかって思ってたんだけど。

何で 急に?

いや さっきさ…。

《あと1つ
言いたいことがあります》

《何?》

《ごめんなさい》

《あっ… いやね

怒鳴る以外の方法を取れば
よかったかもなって思って》

《歌うの迷惑だって怒鳴るのは
ちょっと違ったかなって》

《無理やり 従わせようと
してたかなって思ったんです》

《何で 謝んの?》
《えっ? だって…》

《これから 楽しいことするのに

僕の楽しい時間に
モヤモヤがあるのは 嫌です》

《だから 許せ》

《フフッ… 強制かよ》

《強制だよ》

《許す… し》

《俺 軽音部やめる》

《遠藤先生に向いてないって
はっきり言ってもらって

何か すっきりした》

《俺も歌って ごめん》

《いいってことよ》

(凛空)今 一緒に
楽しいことしてんのに

モヤモヤあんの あれだからさ。

だから…。

ごめんなさい。

(凛空)だから 許せ。

それ 僕のやつ!
いただきました~。 フゥ~。

ちょっと!
取らないでくださいよ。

いやいや
ちょっと やめてください。

ちょ… ちょっと。 そんなこと…。

俺は 何を守るために

意固地になってたんだろうな。

子供でも できることが
できないなんて。

俺には 謝る必要は ない。
(凛空)えっ?

(中村)お前が立派な大人になったら
全てチャラだ。

おっ!
な… 何これ?

これは…。
いくぞ! GOGO!

マッスル~!
マッスル~!

何これ?
めっちゃ おもろいやん!

できた!
(凛空)よし!

(凛空)大丈夫?

中村先生 ほら。

(中村)カニベース?
(凛空)GPSアートって

こうやんのか。
面白いでしょ?

あっ 今度は
カニベース座 つくりましょう。

(凛空)それ 星座?

地上も空も
無限のキャンバスなんですよ。

(中村)お前は… フッ フフフ…。

どんだけ
カニベースで遊ぶんだよ。

蟹江に言われて
ムカつかなかったのか?

ムカつく時間があったら
楽しみたいので。

ムカついてる時間
無駄じゃないですか?

(凛空)
これ クラスのやつに見せたい。

しかも ジ・エンドウ
これから 1週間も

この格好して 授業やんでしょ?
もちろん。

(凛空)ヤッバ! 早く見せたい。

あっ 前にやったやつも見ます?

♬~

(凛空)あれっ? 中村先生?

≪戻ってきた。 えっ?

速いな。
GOGOマッスル!

(凛空)マッスル~!

(チャイム)

(安樹)はい。

一緒に歌ってくれませんか?

お願いしますガニ。

はぁ?

中村先生?

(中村)謝った。
えっ?

(中村)その結果だ。

(中村)♬「公僕が お辞儀」

♬「間違ったら
謝りゃいいじゃん!」

♬「失敗したら
許せばいいじゃん!」

♬「ごめんね」

♬「許すよ ごめんね」

(中村)これで
あの動画も おさまるだろう。

もめてる本人同士が
こうなったんだからな。

(中村・安樹)
♬「ごめんね 許すよ」

間違えていることは
これからも間違えていると言う。

でも 誰でも間違えることある。

失敗しないなんてことは ない。
教師だって 間違える。

間違ったら ちゃんと謝る。

世間にとか そんなんじゃなくて
本人に。

はい。

君にも謝りたい。

俺の理想なんて 俺が
勝手に描いた絵にすぎなかった。

すまん。
こちらこそ

その場しのぎのことばっかり
言って すいませんでした。

妻にも謝らないと。
心配かけて イライラさせてる。

そうしてください。

あっ あと これ お返しします。

これ以上 教師に辞められては
困ります。 し

奥さんに 今度は
激ギレされますよ。

雨降って地固まる か。

そういう例え
若い人に うざがられますよ。

特に漢字説教。

すいません。 気を付けます。
ハハハ… おっと…。

裁判が落ち着いたら
2年B組の担任やってくださいよ。

やぶさかではないが。 フフフ。

≪(遠藤と凛空の話し声)

(中村)今日の常識が 明日の
非常識になる時代なんだから

ああいうやつが 今の時代の教師に
適してるのかもな。

まっ… 遠藤先生に担任!?

いやいや いやいや
それだけは ないですから。

そもそも 契約上なれませんから。
いや 仮になれたとしても…。

意外と悪くない選択肢だと
思うがな。

♬~

「はい」の練習は
必要ないと思います。

はい。
確かに 一度は 私の判断で

練習を試みました。

でも その判断は
私が間違えてました。

相手の気持ちも
あることですので

一度 温かく見守ってみませんか?

はい。 失礼します。

やっぱり プリンス・カメハメが
最強の超人ですよね?

(中村)
いや バカ。 初心者は これだから。

分かってないなぁ。

最強は 悪魔将軍に決まってる。

いや~ 分かってないですね。
作者の ゆでたまご先生ご自身が

プリンス・カメハメが
最強の超人だと言ってるんです。

はい 分かってない。
悪魔将軍はな…。

仕事しろ クズ野郎ども。

今年は 担任ないから 暇で暇で。

それで 給料もらえるなんて
ずるいですよ。

フッ フフフッ フフフッ。
何ですか その笑い方。

あっ 何か 指に 逆むけできてる。
最悪。 うわ~…。

ちょっと 中村先生
ハンドクリーム 持ってないですか?