科捜研の女 #2/マリコvs殺人現場を徹底消毒する女!ゲスト:佐津川愛美[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

科捜研の女 #2/マリコvs殺人現場を徹底消毒する女!ゲスト:佐津川愛美[解][字]

<劇場版からの刺客!?マリコを憎む女、再び!!>
アパートで殺人事件発生…その現場を特殊清掃員が徹底消毒した!それは、あのダイエット菌事件の関係者・秦美穂子で…!?

◇番組内容
アパートの2階で、住人女性の刺殺体が見つかる!朝9時に被害者を飲みに誘おうとして遺体を発見した隣人、激しい争いの痕跡があるのに何の音もしなかったと証言する住人、被害者にパワハラを行っていた疑惑のある元上司…と、不審な点やアリバイを証明できない者が続出する。さらに事件の真相解明に挑むマリコ達の前に、敵意を隠さない特殊清掃員が出現し、現場を徹底消毒!!それは、あのダイエット菌事件の関係者・秦美穂子で…!?
◇出演者
沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰
【ゲスト】佐津川愛美、谷田歩、奥山かずさ、瑛蓮、泉川実穂、奥田ワレタ ほか
◇脚本
櫻井武晴
◇監督
田﨑竜太
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
遥海『声』(Sony Music Labels Inc.)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日)
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken21/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 被害者
  2. 蒲原
  3. 部屋
  4. 彼女
  5. パワハラ
  6. 写真
  7. 遺体
  8. ベンガラ
  9. 呂太
  10. 会社
  11. 指紋
  12. 所長
  13. 土壁
  14. 採取
  15. 仕事
  16. 社長
  17. 美穂子
  18. スマホ
  19. 沙織
  20. 可能性

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



ウラぎらない書き心地ボールペンを
差し上げます〉

(パトカーのサイレン)

♬~

(蒲原勇樹)佐々浦洋子さん 24歳。

(蒲原)ここで
一人暮らしのようです。

で ここが殺害現場ですね。

(榊 マリコ)
これは 犯人と争った跡?

(橋口呂太)
ちょっと贅沢な感じの食事だね。

(蒲原)あっ…
佐々浦さんのご遺族は?

(土門 薫)
大阪に住む母親だけだ。

娘の死を知って 倒れた。

死亡推定時刻は?

死後10時間から12時間。

(蒲原)昨夜9時から11時ですね。

凶器は こちらです。
指紋は拭き取られてました。

だとすると
殺しとみて間違いないな。

♬~

でも 刺殺痕は ここだけなのに

こんなに出血するかな…。

♬~

お願いします。

(警察官)通報してくださった
北村沙織さんです。

今朝9時前に
アルバイトから帰った時

被害者のご遺体を
発見したそうです。

お隣さんとは
部屋を行き来する仲なんですね?

(北村沙織)はい…。

だから これに
あなたの指紋があった。

それ 私が持って行ったんで…。

持ってきた?
遺体を発見した時に?

一緒に飲もうと思って。

朝の9時にですか?

お酒が好きなんで…。

このボトルには
佐々浦さんの指紋もありました。

えっ?
それも 握った形の指紋です。

こんなふうに。

遺体の手に
偶然 触れた指紋じゃない。

本当に 彼女の部屋を訪ねたのは
今朝の9時ですか?

(蒲原)ちょっと…。

(沙織)すいません 私 もう
バイトの時間なんで…。

今朝の9時に バイトから
帰ったばかりですよね?

(沙織)すいません! 急ぐんで。

本当に
彼女と親しかったんですか?

(蒲原)監視つけます。

(風丘早月)ね? するでしょ?
このご遺体 全体的に。

ええ 少し… お香というか
ハーブみたいなにおいが。

うん。

一応 採取しとく? 念のため。

はい。 鑑定もお願いします。

鑑定も 私がやるのか…。

それにしても
こんなに打撲痕があったなんて…。

うん。 私も服を脱がせて驚いた。

特に 左の腰が ひどいですね。
うん。

ご協力ありがとうございました。
(蒲原)土門さん

彼女 バイト先に着きました。
刑事が見張ってます。

バイト先に よく泊まるみたいで
ゆうべも そうだったようです。

でも 証人はいませんでした。

(早月)見て。 折れた骨盤が
こんなに血管 傷つけて…。

つまり 死因は 骨盤骨折で生じた
大量の内出血が

ここの傷からあふれた
出血性ショック。

うん。

でも こんな若い女性が

部屋で転んだぐらいで
骨盤骨折します?

うーん… 栄養状態が悪くて
骨が もろくなってたとか。

えっ でも…。

ちょっと贅沢な感じの食事だね。

または 高い所から落ちた。
交通事故に遭った。

いえ 殺害場所は
アパートの部屋です。

何も聞いていない?

(坪倉 隆)だって
その時間は寝てたんで。

ちょっと失礼します。

他の住人は 夜9時頃

言い争う声を
聞いているんですが…。

被害者の部屋
この真上ですけど。

朝が早い時は
耳栓して寝てるんですよ。

上の人 いつも遅くまで起きてて
足音するから。

(ため息)

あの… 昼休憩 もう終わるんで
現場 戻らないと。

左官職人をされてるんですね?

まだ 塗りの作業 残ってるんで
もういいっすか?

被害者も 塗装関係の会社に
勤めていたんですが

この方なんですが
面識ありますか?

(坪倉)ごめん マジで時間ない。
戻らないと親方に殺される。

昨夜9時頃
ここで 一人で寝ていたんだな?

だから そうだって!

(蒲原)じゃあ
アリバイにならないですね。

はあ?

(呂太)あっ マリコさん
どうだった?

うん。 明日には
DNA型鑑定の結果が出る。

この服 なんか
赤い塗料も付いてたんだよね?

(涌田亜美)被害者の爪から
採取された微物と一緒に

宇佐見さんが鑑定してる。

(蒲原)辞めてる!?
えっ いつですか?

(渡辺萌々香)先月ですけど。

佐々浦さんが辞めた理由は
なんですか?

もちろん
皆さんから聞いたって事は

秘密にします なので…。

(島 健太)あの そういう事は
所長に聞いてもらったほうが…。

所長さん…
で 今 どちらに?

(萌々香)有休取ってるんで
家だと思いますけど。

♬~

失礼。

(青山美咲)あの…。
はい?

佐々浦さんが辞めた理由も
新井所長が謹慎してる理由も

新井所長の… パワハラです。

謹慎?
パワハラって…。

♬~

つまり 昨日夜9時のアリバイは
ないって事ですね? 新井所長。

(新井典子)だって 私
一人暮らしですから。

あの 被害者は
あなたのパワハラで会社を辞め

あなたは そのせいで
謹慎処分になった

という噂があるんですが。

(典子)なっ…!
パワハラなんかしてません!

私は謹慎処分じゃなく
ただの有給休暇です。

では 彼女が
先月 会社を辞めた理由は?

知りません。

先月 突然 メールで退職願を。

おかげで
引き継ぎできなかったから

業務が滞って困ってます。

業務が滞って困ってるのに

所長のあなたが有給休暇?

(日野和正)現場の室内には

被害者や発見者以外の指紋が
あったけども

前歴はなかった。

室内や着衣にあった血痕は?

全て被害者の血液だけでした。

(呂太)鑑識さんが
部屋から採取した毛髪は?

これから鑑定する。
それで何も出なかったら

明日 もう一度 現場で
血液や体液を採取してみる。

それは鑑識さんがして
今 君が鑑定したでしょ?

被害者は 骨折するほどの怪我を
していました。

かなり抵抗した可能性があります。

あっ じゃあ
犯人も怪我したかもね。

それなら
犯人も出血した可能性がある。

鑑識さんが
採取できなかったんだから

そういう血は 拭き取られてて
見えないって事でしょ。

肉眼では見えない血液でも
徹底的に 全部採取します。

全部は無理だって。
無理でもやります。

(ドアの開閉音)

あっ 宇佐見さん どうでした?

(宇佐見裕也)被害者の爪から
採取された微物ですが

塗装用の土壁でした。

この土の種類や藁の配合って
土壁によって違いますよね?

それで業者が特定できるかも。

亜美ちゃん!

土壁のデータベースなんか
ありませんけど…。

えーっ!
(日野)「えーっ!」じゃない。

被害者の着衣から採取された
塗料は?

(宇佐見)鑑定の結果
ベンガラでした。

酸化鉄を原料とした塗料ですね。

あっ! これも柿渋や煤の配合が
業者によって違うはず。

亜美ちゃん!

だから ベンガラのデータベースなんか
ありませんって。

えーっ!
(宇佐見)ああ でも 土壁もベンガラも

神社仏閣や京町屋などに
使われてますよね。

(呂太)被害者は
そういう所に行ったって事?

あるいは
そういう所に行った犯人から

土壁やベンガラが
被害者に移動した可能性もあるね。

神社仏閣や京町屋を
全部調べるしかないですね。

全部は無理だって!

無理でもやります。
(日野)ったく…。

(早月)おはようございます。
(男性)おはようございます。

秦さん?

秦さん! どうしたの?

(秦 美穂子)おはようございます。

その節は お世話になりました。

心配してたのよ

ウイルス学研究室
辞めたって聞いて。

もう 30ですから
民間に移る事にしたんです。

指導教員に推薦してもらった
会社?

自分で見つけました。
アルバイトですけど。

言ってくれれば
民間の研究職 推薦したのに。

いいんです。

私 また
尊敬できる人に出会えたので。

尊敬できる人?

それより 風丘教授に
お聞きしたい事があります。

(吉川恵美)うちの店には
来た事ないですね。

ねえ? 沙織ちゃん。

ええ… 来た事ないと思います。

(蒲原)でも
彼女と親しいんですよね?

(恵美)えっ?
沙織ちゃんのお友達?

まあ…。

♬~

エタノール…。

待って!

やめて!

(電源を切る音)
血液や体液が破壊されちゃう!

鑑定できなくなる!

もう 手遅れです。

これは 私が作った

99パーセントの菌を死滅させる
消毒薬

もちろん
タンパク質分解酵素入り。

あっ…。

ちょっと… やめて! やめて!

おい! 何をやってる!

やめろ やめろ!

あんた…
なんで こんな事をする!?

ご遺体のタンパク質を
菌が分解すると

死臭が発生します。

だから 菌を死滅させる
必要があります。

(大家)ほな 早よ やってや。

ちょっと! 入らないでください。
(阿武隈 忠)こちらの大家様です。

そして 私たちの
ご依頼主様です。

消毒は もう十分でしょう。

今回は 早期発見のご遺体です。
ゴミ屋敷でもないですしね。

特殊清掃…。

社長の阿武隈です。
といっても 小さな会社ですが。

あんた 風丘先生から

被害者の死因を
聞き出したらしいな。

えっ? どうして?

自分の安全を守るため

ご遺体がC型肝炎などの
感染症でなかったかどうか

知っておく必要がありますから。

この部屋で亡くなられた女性
自殺の可能性は?

はっ?
えっ?

自殺の可能性は低いと思いますが
どうして?

ああ いや… 特に理由は。

社長は 佐々浦洋子さんと
面識があるんですか?

いえ… ありません。

(佐々浦晴子)まさか
娘が会社を辞めてたなんて…。

(蒲原)では パワハラの事は?

もしかしたら 日記帳に…。

日記帳? 娘さんの部屋に
日記帳はありませんでしたが。

骨董品のような日記帳で
表向きは古い本に見えます。

夫の遺品で 娘が大事にしてて…。

だから 血液や体液を採取するまで
掃除は待ってください。

だから 待ち時間も
費用が発生するんです。

別日になれば
別料金になります。

(大家)それは あかん。

預かった敷金だけやったら
足らんようになってくる。

大家さん
少しの時間でいいんです。

その分の金額
警察が払うてくれるんか?

令状がなければ
我々は 我々の仕事をします。

(シャッター音)
(美穂子)では 清掃を始めます。

ああっ…!

土門さんも これを使って

壁や家具なんかの
隠れた場所に

目に見えない血痕がないか
至急 確認して!

お願い!
うん わかった。

(携帯電話の振動音)
ちょっと すまん。

で 表向きは
古い本に見えるそうです。

わかった。

あの… その中にあった本は
あの箱の中ですか?

そうですけど。

古い本に見える日記帳
ありませんでした?

見てません。

社長は?
存じ上げません。

後日 あなたや社長の所持品や車

それから
会社も捜索させてもらいます。

はあ? そんな勝手な事…。

ええ 結構です。
いつでも会社にお越しください。

じゃあ その日記帳っていうのは?

うん… なかった。
そう…。

私は これ
帰って すぐ鑑定する。

(美穂子)待ってください!

二度も奪うつもりですか?
私から 道しるべを。

道しるべ?

あなたたちは
以前も そうやって

私が尊敬していた
加賀野教授を潰した。

あなたは
風丘先生の法医学教室を辞めて

ウイルス学研究室へ
転属したんでしたね?

行く行くは 加賀野教授の

微生物学研究室に
入りたかったからです。

でも その目標を
あなたたちは 私から奪った。

それが どうして 今
特殊清掃人なんですか?

ウイルス学研究室にいた時

ご遺体の
ウイルス検査をしていたら

社長が いらっしゃって…。

(美穂子)まだ ウイルス検査
終わっていませんが

なぜ そんな事
知りたいんですか?

そのご遺体があった部屋を
清掃するに当たり

自分の身を守るため
知っておく必要があるんです。

特殊清掃人…。

(阿武隈)それをしないと
ちゃんと弔えませんから。

ちゃんと弔う?

死者の痕跡を消し去り
再び生活できる空間にする。

それで初めて

死者を弔えた事になると
思っています。

(美穂子の声)私は 社長の仕事を
手伝うようになりました。

そしたら
亡くなった人の部屋を再生する度

自分の人生も
再生されてくような気がして…。

だから 特殊清掃人に?

(美穂子)警察は
ただ事件を解決するだけ。

は?

そのあとに残された人たちが
たとえ絶望の淵にいたとしても

それを救う義務はないし
再生する意欲もない。

私には あなた方警察より

阿武隈社長のほうが
立派な仕事をなさっている

そう思えます。

ただいま。
(早月)ああ マリコさん

ねえ 急いでたから
まだ鑑定書 書いてないんだけど

この人の皮膚から採取した
付着物 鑑定したら

ベンゼトニウム塩化物と
エタノールが検出された。

えっ!?

どちらも
殺菌作用のある薬品ですね。

(早月)もしかしたら
あのご遺体

うちに来る前に
殺菌消毒されてたかもしれない。

まさか ご遺体を殺菌消毒した…。

(呂太)殺菌消毒したって
誰が?

ああ… 今日 現場に
特殊清掃の業者がいたの。

その人が
ご遺体を消毒したって事?

なんのために?

例えば
何かの痕跡を消すために…。

でも その業者が室内に入ったのは
遺体が運ばれたあとでしょ?

(呂太)じゃあ
遺体の消毒は無理だよね。

(亜美)あの…
ちょっと これ 見てください!

(亜美)現場アパート近くの
防犯カメラです。

(亜美)被害者です。

亡くなる1週間前の
午後2時過ぎ。

この人と
待ち合わせしてたみたいです。

♬~

あっ! さっきいた特殊清掃の人!
(一同)ええっ!?

やはり 被害者と
面識があったんですね。

1週間前 大量処分清掃の
ご依頼を受けました。

大量処分清掃?

いわゆる ゴミ屋敷の清掃です。

どうして隠していたんですか?

故人の隠したい秘密を隠し
死者の尊厳を守る。

それが私の仕事です。

確か 掃除をする前に
写真を撮っていましたね。

ゴミ屋敷を掃除する前の写真も
ありますよね?

お見せできません。
あれは故人が隠しておきたい…。

その人が殺されてるんだよ!

早く犯人を見つけて

逮捕してほしいと
思ってるはずだ!

捜査に協力してください。

わかりました。

(蒲原)土門さん!

(蒲原)古い本に見える日記帳
ありませんでした。

そうか…。

こういった消毒液や殺菌剤にも
手作りのものがあるようですね。

ええ。 できるだけ
体に優しい材料を使っています。

秦さんは そういう事もできるので
助かってます。

ひどい状態のご遺体を見ても
ひるまず清掃できるし。

(美穂子)法医学教室にいた時
たくさん見ましたから…。

1週間前に清掃した
佐々浦洋子さんのお部屋です。

(蒲原)お借りします。

(蒲原)ゴミ屋敷だったんだ…。
うん…。

ん? 蒲原。

これ…。

(蒲原)まるで この日で
この世が終わるみたいですね。

(阿武隈)そういう部屋を
清掃してると わかるんです。

ここの住人は
自殺をするつもりだと。

だから あの時…。

この部屋で亡くなられた女性
自殺の可能性は?

(阿武隈)部屋を清掃し
化粧してから自殺する女性は

多いんで。

(美穂子)汚部屋で
醜い自分の死体が見つかるの

嫌ですからね。

このゴミ屋敷の掃除は
お二人で?

いいえ。
秦さんは行ってません。

私一人で清掃しました。

つまり 社長 あなたなら

警戒されずに
生前の被害者に会う事ができた。

(美穂子)ちょっ…
何が言いたい…。

ええ そうなります。

♬~

あの!

お願いです! これ以上
社長を疑わないでください。

我々は
殺人事件の捜査をしてるんです。

(美穂子)社長を疑うなら…
彼女の上司を疑うべきよ。

知ってるんですか?
被害者の上司を。

知りません…。

なら どうして疑えなんて…。

まさか その上司が
被害者にパワハラしてた事も

知ってるんですか?

とにかく もう 社長に
付きまとわないでください。

被害者
上司にパワハラされてたの?

まだ証拠はないがな。

それ なんとか証言してもらって
調書にします。

証言って言われても…

なあ?
うん…。

(机をたたく音)
ねえ! もう 本当の事 言おうよ!

佐々浦さん 殺されたんだよ!

(萌々香)殺されたって…
まさか 所長に?

やはり 新井所長のパワハラは
あったんですね?

(島)いや でも
怒鳴ったりとかはなかったです。

でも 佐々浦さん すごいたくさん
仕事を任されてて…。

それは 所長が
佐々浦さんを買ってたから。

うん。 あれって
パワハラっていうんですか?

(美咲)でも
それで 突然 会社休んで

そのまま 会社辞めて…。

あの…
彼女の家に行った事がある人は?

じゃあ 彼女が
古い日記帳を持ってたのは

知らないか…。
(美咲・島・萌々香)あっ…。

えっ… 知ってるんですか?

持ち歩いてました。
カバンに入れて。

うん。 アンティークの日記帳。

やはり 持ってた…。

(典子)だから…
パワハラなんかしてません!

一人じゃできない量の仕事を
押しつけていたとか。

なっ…!

あの程度の仕事量
私だって こなしてきた!

それで 所長にまでなったの!

私は
彼女に目を掛けてきたつもりよ。

期待してたの。 それが悪いの!?

(呂太)スマホとかデジカメで
写真 撮ると

こんなふうに 撮った日時と場所
記録されるの知ってるよね?

(蒲原)GPS機能だろ?
(呂太)そう。

で この緯度と経度 調べてみたら

やっぱり
被害者のアパートだったよ。

結局 阿武隈社長の供述どおりか。
(呂太)うん…。

せっかく 日時と場所が
GPSで記録できるのに…。

うーん…。

あっ…!

土門さんですか?
今 新井所長の所ですよね?

わかった。

所長 あなたのスマホを
任意提出してください。

(典子)私のスマホ?

ええ。 それで あなたが

被害者の死亡時刻に
どこにいたか わかり

疑いが晴れるかもしれませんよ。

任意なら 断ります!

でも 会社の人から
パワハラの調書は取れたのよね?

うん…。 だが
パワハラかどうかは微妙でな。

本人がパワハラだと思った
証拠があれば

令状を取れるんだが…。

(電話)

はい 科捜研。

榊マリコは私ですが…。

来客?

♬~

やはり あんたが持っていたのか。

事件が解決したら ご遺族に
お返しするつもりでした。

どうして隠してたんですか?

「どうして」?
だって 渡したら

ここに書かれてる人たちが
疑われて

私が尊敬してた
加賀野教授のように

あなたたちに 人生を壊されて
しまうかもしれないじゃない。

じゃあ なんで 今
わざわざ持ってきた?

これを黙っていたら
私が尊敬する阿武隈社長が

あなたたちに
壊されてしまうと思って…。

「毎日残業」

「頑張れ 期待してるって

所長は言うけど

プレッシャーすぎる」

「もはやパワハラ」

あったな パワハラの記録。

秦さんは これを読んだから
上司を疑えなんて…。

よし これで令状が取れる。

土門さん。
おう。

この所長の家や会社って
京町屋だったりする?

京町屋?
いや 違うが なんでだ?

うん…。 被害者から
土壁とベンガラが採取されてて。

土壁やベンガラ?

神社仏閣や京町屋に
使われる事が多いの。

うん…。

(宇佐見)表にあるベンガラと
この土壁を

少し分けてもらえませんか?

(恵美)えっ? 壁もベンガラも
塗り直したばかりなのに…。

ああ…
できるだけ目立たないとこから

採取しますので。
お願いします。

♬~

(恵美)刑事さん。
はい。

バイトの沙織ちゃん
何か事件に関係あるんですか?

まだ
何もわからない状況ですが…。

なぜです?

実は バイト辞めてもらおうと
思ってて。

何か理由でも?

沙織ちゃん 仕事が長引いて
終電なくなった時なんか

よく お店に泊まるんだけど…。
そのようですね。

その時 店のお酒
勝手に飲んでるみたいなの。

それも 結構な量を。
あり得ないでしょ?

(女性)ごちそうさまでした。
(恵美)あっ…。

(沙織・恵美)
ありがとうございました。

(恵美)ありがとうございました。

♬~

(ドアの開く音)
(蒲原)どうだ 新井所長のスマホ。

(呂太)GPS記録 削除されてた。
(蒲原)えっ?

あとさ スマホで撮った写真の
位置情報を削除するアプリ

昨日 ダウンロードされてた。

(蒲原)ええっ!?
(呂太)見て これ!

全部の写真で
緯度と経度 消されてるでしょ?

(蒲原)なんだよ…。

ん? この写真 大きくして!

ん? うん…。

(蒲原)この男 確か
被害者の下の部屋に住んでる…。

♬~

被害者が殺された日ね。

(蒲原)で これ見てください。

これは ベンガラ?

(蒲原)俺も そう思います。 で…。

(蒲原)この壁と この壁は

同じです。

撮影された日時も
同じだったよ。

同じ場所って事か…。

もし このベンガラが
犯人に付着したら…。

あっ それが被害者に移動した?

これ 場所は どこ?

(呂太)位置情報を削除されてて
わかんないね。

(蒲原)彼女が
GPSの記録を消したんです。

でも この写真を撮った時は 当然

スマホの電源は
入ってたはずよね?

それなら 基地局の通信記録で

この写真を撮った時に
このスマホがあった範囲が絞れる。

でも 正確な場所を特定するのは
難しいよ。

この写真 拡大して。

(呂太)うん。

♬~

土壁かな? なんで
こんな写真 撮ったんだろ?

同じ壁よね これと。

(日野)同じ場所だろうけども
これだけじゃ 特定は無理だよ。

いいえ。
この壁 ちょっと特徴的です。

(蒲原)確かに… なんの影だろう?

探しましょう この影を。
(日野・蒲原)はっ?

この写真と同じ時間帯
室内に この影ができる施設を

基地局の通信記録で絞った範囲で
全部。

全部は無理だよ!
(蒲原)でも この範囲で

事件関係者に関連する
施設があれば…。

ええ。 まずは そこから。

いやいやいや… 怖い 怖い!

この場所が どこかなんて
この2人に聞けば わかるでしょ。

(蒲原)もちろん それもします。
いってきます!

(呂太)いってらっしゃい!

じゃあ
私たちは 私たちにできる事を。

(呂太)おう!
(亜美)ラジャー!

(日野)いや… できない事を
しようとしてるって!

(チャイム)

坪倉さん。
(ドアをたたく音)

坪倉さん。

(蒲原)
土門さん! 新井所長ですが

自宅にいません。
えっ…?

♬~

(亜美)基地局の通信記録を
照会した結果

あの写真を撮影した時に
所長のスマホがあったのは

この範囲でした。

♬~

(シャッター音)

よし…。

♬~

おっ きた…。

♬~

(シャッター音)

♬~

♬~<「アロマリッチ」>

(新垣)《いままでの柔軟剤は

選んだ香りが 着るときには変わってた》

<そうなんです>

<選んだ時の香り
変わらず続くのは

ただひとつ?

<そう「アロマリッチ」だけ>
だけ?

<製法が違うから 唯一

あなたを裏切らない香り>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」 明日はどんな自分になる?》

このお店の
ベンガラや土壁が

被害者から採取されたものと
一致しました。

つまり 被害者は 殺された日
ここに来た可能性がある。

だが 彼女は来た事がないと
あなたは言った。

えっ…
でも 私 本当に見た事ないもの!

だとすれば 彼女が殺された日に
ここに来ていたのは

被害者ではなくて
犯人の可能性が高い。

あなた
被害者と親しかったんですよね?

それこそ 部屋を行き来するほど。

それなら 彼女が殺された日
彼女の部屋で もみ合いになれば

あなたから 土壁やベンガラが
移動した可能性も…。

違う! 私 彼女と親しくない!
名前も知らない!

そんな人の部屋に 朝9時に
ワイン持って 行きますか?

間違えちゃったの!
酔っ払ってたから…。

(沙織の声)私… お酒 大好きで

店に泊まる度に飲んじゃって…。

(沙織の声)あの日も

結構 飲んでから
家に帰ったら…。

♬~

(沙織の声)お隣さんと
自分の部屋を勘違いして…。

♬~

(悲鳴)

(沙織の声)
すぐ警察に通報したけど

なんか 説明が難しくて…。

それに
疑われるかもって思ったら

なんか 「彼女と友達」みたいな
説明になっちゃって…。

それで 警察に嘘をついたと?

嘘ついたっていうか…。

…ごめんなさい。

それが本当だとすれば

犯人は
ここで働いている人ではなくて

ここに来た客の可能性もある。

あなたの このスマホで撮った
この写真

被害者が殺された日に
このお店で撮ったものだと

わかりました。

同じ日に 同じ場所で撮った
この写真の この影が

あの すだれ掛けの影と
一致したんです。

♬~

このスマホに付着していた指紋が

被害者の部屋に残っていた
前歴のない指紋と一致しました。

知らない!
私 彼女の部屋に行った事ない!

ええ。 被害者の部屋にあったのは

あなたの指紋では
ありませんでした。

えっ…?
あなたのスマホには

他の指紋があったんです。

きっと
この写真を撮った人の指紋です。

そうですね?

えっ…?

でも 俺
その携帯に触ってないっすよ!

ええ。 あなたと所長さんを
この角度で撮れるという事は

撮影した第三者がいた
という事です。

それは あなたですね?

(足音)

否認されるなら

被害者の部屋にあった
前歴のない指紋と

あなたの指紋を
照合させてください。

(蒲原)被害者の家 行った事ない
って言ってましたよね?

♬~

あの土壁とベンガラを
塗り直すために

あの日 あなたを連れて行ったと
彼女が証言しました。

(美咲)本当は
佐々浦さんの仕事だったのに…。

それを あなたが
引き継ぐ事になったそうですね。

その時 この写真を撮ったんだな?

あの日は 忙しすぎて
どの写真を撮ったかなんて…。

塗り直したベンガラ格子
撮りました!

壁もね。 塗り直した壁の施工写真。

あっ…
でも もう バッテリーが…。

えっ!?
なんで 確認しなかったの?

すいません!
もう…!

これでいいから撮って!
(美咲)はい!

(典子)
あと 残ったベンガラと土壁で

施工主さん用のサンプル!
(美咲)はい!

(シャッター音)

♬~

(典子)なんで
そんな時間かかってるの!?

すいません…。

(典子)そうだ! 職人さんと一緒に
所長も来たっていうアリバイ。

私たちのツーショットも撮って。
(美咲)はい!

♬~

(美咲)いきます。
(シャッター音)

佐々浦さんの仕事を
私が ほとんど かぶって…

仕事量が倍になって
もう 本当に きつくて!

(蒲原)あんたね…!

彼女から引き継ぎがなかったんで
とにかく わからない事だらけで。

それで あの日 残業したあと…。

(美咲)あっ 佐々浦さん!

ごめん!
携帯 繋がらなかったから…。

至急 聞きたい事あるんだけど

太秦工務店さんの名前で出す
請求書

諸経費は
どこまで書いていいのか…。

(美咲)ちょっと待って!
佐々浦さん 担当でしょ?

この工務店さんの場合

写真代とか 帳票代とか
諸経費に入れ…。

(佐々浦洋子)嫌! もう嫌!
会社の話 しないで!

はあ?

もう 会社の事なんか知らない!
帰って!

何 言ってんの!?

あんたが引き継ぎしないで
辞めたせいで

私が どんだけ苦労してると
思ってんのよ!

(洋子)嫌…!

私が あんたのせいで大変な時に
あんた お酒を…!?

(洋子)どいて!

(洋子)あっ…!

♬~

やっと… 忘れたのに…!

♬~

ちょっと 佐々浦さん!
あんた…。

何? これ…。

何よ これ!
(机をたたく音)

私なんか あんたのせいで
食事する暇さえ…!

もう嫌!
会社の事なんて考えない…!

(美咲)はあ!?

せっかく 忘れられたのに…!

もう帰って!

♬~

ああーっ!!

階段から落ちたから

大量に内出血するほどの
骨盤骨折を起こしたのね。

それで
よく階段が上がれたものだな。

出血で意識朦朧となると

痛みを感じるのが
遅れる事があるの。

こちらから押収した薬品に

こういうものがありました。

(美穂子)これって
私が作ったボディークリーム…。

ああ 強い殺菌作用と保湿作用を
両立させたっていう…。

これですね。

そのクリーム
被害者も使ってたみたいです。

えっ? あっ…。

♬~

お客様。

よろしかったら どうぞ。

ハーブの香りがして
とても落ち着きますよ。

体に優しい材料で
作ってありますので

安心して使って頂けると
思います。

(阿武隈)あのクリーム
使ってくれたんだ…。

おかげで きっと 彼女は
自殺を思いとどまったんです。

そして

あなたがきれいにした部屋で
過ごすうちに

きっと 彼女は
少し豪華な食事をしようと思った。

それで 食事を用意したら

ワインも飲みたくなり
買いに行った。

♬~

(マリコの声)それは やはり
自殺を思いとどまったから…。

すごいですね 警察って。

はっ?

故人の気持ちまで
くみ取るんですね。

私も負けずに
自分の仕事に励みます。

♬~

(美穂子)あの…!

はあ… あの…

今回の事で 私 この仕事と社長が
さらに好きになりました。

これからも
社長についていきます。

失礼します!

なんの決意表明なんだ…。

でも なんか
以前会った時より幸せそう。

その幸せが
尊敬する人によって変わるのは

少し危なっかしいなあ。

そう? 尊敬する人と
仕事したいと思うのは

悪い事じゃないと思うけど。

いや… ちょっと
依存しすぎな気がする。

お前も 科捜研のメンバーに
依存しすぎだぞ。

ん? なんの話よ?

日野所長が嘆いていたそうだ。

いつも お前に
むちゃな鑑定ばかりさせられて

ほとんどパワハラだって。

パワハラ? 私が?

部下から上司へのパワハラも
成立するんだぞ。

何? それ。

ちょっと
所長に 文句 言ってくる。

おい やめろ!
本当のパワハラになっちまうぞ。

おい やめろって! おい!

(越智弘基)ダイエットができる
というアプリなんです。

(宇佐見)犯人は このアプリを使って
誘導したんでしょうか…。

あのY字路から一番近い
ラーメン屋さんは ここよ。

横綱盛りって何人前なんですか?

いいアプリがあるわ。 「カモン、マッチョ」。
もしかして…。

これまでの『科捜研の女』を
もう一度 見たい方は

TELASAで。

過去のシリーズも
スペシャルドラマも

ご覧頂けます。