【BS時代劇】剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~(3)「兄の真意」[解][字] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【BS時代劇】剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~(3)「兄の真意」[解][字]

光圀(山本耕史)は久しぶりに兄・頼重(八嶋智人)と再会。そして、明暦の大火の犯人・氷ノ介(加藤シゲアキ)が尊敬する仏師・吽慶(石坂浩二)の息子である事を知る。

詳細情報
番組内容
光圀(山本耕史)は兄・頼重(八嶋智人)と再会する。愛する兄であったが、弟である自分が家督を継いでしまった事に申し訳なさを感じずにはいられない光圀だった。一方、了助(黒川想矢)から、明暦の大火の火付けの首領が氷ノ介(加藤シゲアキ)だと聞いた仏師・吽慶(石坂浩二)は、氷ノ介こそ自分の実の息子であると確信し、過去の親子の因縁を光圀に語り始める。吽慶は、悪の道に堕ちた氷ノ介をわが手で成敗する決意だった。
出演者
【出演】山本耕史,松本穂香,黒川想矢,福田転球,内村遥,金恒那,川口和空,藤原颯音,黒澤諒,福井博章,有山実俊,高橋琉晟,彩羽,内田里美,志水透哉,寄川歌太,八嶋智人,山口馬木也,西村まさ彦ほか
原作・脚本
【原作】冲方丁,【脚本】吉澤智子
音楽
【音楽】兼松衆,PYG

ジャンル :
ドラマ – 時代劇
ドラマ – 国内ドラマ
ドキュメンタリー/教養 – 文学・文芸

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 吽慶
  2. 氷ノ介
  3. 父上
  4. お主
  5. 錦組
  6. 兄上
  7. 世継
  8. 火付
  9. 光圀
  10. 息子
  11. 巳助
  12. 吽慶殿
  13. お前
  14. 稲川
  15. 九郎
  16. 公儀
  17. 松前屋
  18. 中山
  19. 徳川
  20. 了助

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2022/01/17 20:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

(日下)この男の名が「氷ノ介」ということは
分かりましたが

捕らえた手下どもは
ほかには何も知らぬようで。

(光圀)さようか。
(中山)渡辺が松前屋から盗んだ2千両は

ご公儀の取り調べが済み
近々 戻されることになりました。

このあと氷ノ介は
何を仕掛けてくるつもりか…。

こちらに 手の内を知られた以上

火付けをすることは
しばらくなかろうかと。

(中山)氷ノ介らの行方を
懸命に追っておりますが

いまだ つかめぬまま。
面目ありません。

しかし これほど美しい姿形で
片腕の剣士とあらば

人目につくはずでしょうに。

目立たなくすれば
かえって 容易に紛れ込めるものだ。

なるほど。 そうやって かつては
夜の町に繰り出されたんですね!

日下!
あっ…!

フッ…。

氷ノ介のねらいは 何か…。

ただ盗みをするためだけに
火付けをする輩とは思えぬ。

♬~

(足音)

(吽慶)手習いか? 何と書いておる?

(了助)間違えたかな?

「ひのすけ」って
書いたんだけど。

「ひのすけ」とは?
浪人の名前。

見たんだ。 大火事の火を付けた 人殺しだ。

(氷ノ介)よい眺めだ。
首尾よく燃え広がったのう。

ハハハハハ ハハハハ…。

どのような男だ?

右手がない。 けど すごく強いんだ。

右手…。

(両火房)氷ノ介様は 何の咎もない我らが
浪々の身となり 困窮せねばならぬ世を

憂いておられるのだ。

のうのうと暮らす大名どもは

我らから
何もかも奪ってしまったのだ!

武士としての本分も忘れて
己の利ばかりを求めて

何が公儀じゃ! 徳川じゃ!
このような世は 間違うておる!

(一同)そうだ!

まずは
奪われたものは 奪い返さねばならぬ。

何もかも。

<徳川の世になって 50年余り。

ここ 江戸において
人命を最も奪う災いは

戦ではなく 大火事であった。

後に 水戸の黄門様と呼ばれることになる
徳川光圀は

異能の技を持つ隠密集団
拾人衆を率い

江戸の民を守るべく
人知れず奔走していた>

<光圀の兄 讃岐高松藩主 松平頼重は

この年 高松から江戸に来ていた>

(頼重)父上におかれましては
ご機嫌麗しゅう 何よりでございます。

(頼房)うむ。 よう参った 頼重。

お二人とも 大火事の後始末で
お忙しいことと存じます。

いや 忙しいのは わしだけだ。
光圀は 拾人衆に かかりきりだからのう。

私は 正月の火付けを働いた悪党を
追っているのでございます。

なんと あの大火事は 火付けであったと!?

はい。 その火付けの首領の名も
「氷ノ介」と分かっております。

氷ノ介?

私も一太刀交えました。

片腕ながら剣の達人で
ただ者ではござりませ…。

刃を交えただと!?
お前は 己の立場が分かっておるのか?

水戸徳川家の世継ぎが
そのようなバカなまねを!

火付けを捕まえることの
何がバカなのです? 光圀!

ハハハハハハハ… 光圀がおれば
水戸徳川家は 安泰でございますな 父上。

ざれ言を申すな!

水戸家の世継ぎは 光圀 お前じゃ。
よいな。

はっ!
げせませぬ!

父上 なにゆえ 兄上ではなく
私が世継ぎなのですか?

決まったことじゃ。
兄上の方が

私より ずっと世継ぎに ふさわしい…!

くどい!

兄上!?
ハハハ!

これでも世継ぎに ふさわしいか?

う~!
それ。 それ!

ハハ…。
それ!

相変わらずじゃな 父上も お主も。

兄上も変わりませぬ。

誰一人 成長しておらぬということか。

(笑い声)

懐かしいのう! ほれ!

ハハハ…。
なあ! ほれ! ほれ! おおっ!

(猫の鳴き声)
(頼重)ハハハハハ…。

それで その猫の名を「左馬之助」と?
(泰姫)はい。

旦那様が市中に
ふらりと出向かれる際のお名前なら

ぴったりだと思いまして。
(笑い声)

なぜ その名を知っておるのじゃ?

お屋敷には
猫に手を焼いたものが 大勢いるようで。

(笑い声)
あのころのことは わしも悔いておる。

責めているのではござりませぬ。

お心だけでも
猫のように気ままになられたら

旦那様の背負う荷も
少しは 軽くなりましょう?

まさに
評判どおりの奥方様でございますな。

朗らかで とらわれるところがない。
お元気になられて 本当によかった。

ずっとお会いしたいと思うておりました。

私も 旦那様がお話しされてるとおり
ご立派な兄上様で

お会いできて うれしゅうございます。

光圀 お主は よい奥方を迎えて幸せ者だ。

夫として この奥方様のことを心より…。

はい。
お頼りするとよい。

頼る?

お任せくださりませ 兄上様。

(笑い声)

<大火事の日に盗まれた2千両が
松前屋に戻された>

しかし 白昼堂々
千両箱が2つ運び込まれたとあっては

たちまち 「松前屋に金が戻った」と
噂になりましょう。

取り戻したのは 我らの手柄だと 皆に
言って回りたいぐらいでございますな。

お主は 何もしておらぬではないか。
中山様とて 氷ノ介には手も足も…。

何じゃと! 戻ろう。
はい。

ここから少し足を伸ばせば
浅草寺でございます。

近頃 あの辺りに
「奈良茶飯」を食わせる店が出来て

にぎわってるそうでございます。
(中山)評判は 私も聞いております。

なかなかの美味だと。

(日下)ものは試しに
お忍びで いかがでございますか?

わしはよい。 2人で 行ってまいれ。

♬~(笛)

♬~

♬~(笛)

♬~

ああっ!

それ 少し振ってみてもいい?

うむ。

すごく重いね。

この字 お不動様の?

「うてな」と読む。 その木剣の名だ。

「うてな」?

花の ここをな 「うてな」という。

この朝顔のつるには
もはや 花がないように

その木剣にも刃は ない。

振ってみよ。

ほほう。
その年で 振り切れるとは思わなんだ。

振り切れる?

きちんと振れているということだ。

それを使いたい時は
いつでも声をかけてくれ。

それとな おなかの ここ
丹田に力をためれば

腰が もっと定まる。

やってみるか?

うむ。
本当だ!

♬~

(韋駄天)何か 振るの速くなったな。

丹田だよ。
(巳助)えっ 何でん?

(亀一)ん? この無駄のない足のお運び…。

来る… 光圀様だ!

(鳩・巳助の声まねで)
ちゃんと おじぎ できんだな お前。

痛え! おいらじゃねえよ 鳩だよ!

(鳩・巳助の声まねで)
鳩じゃねえよ おいらだよ。

(巳助)えっ あれ…?
(笑い声)

(笑い声)

(韋駄天)巳助 ちょっと来い!

(罔両子)光圀様のおかげで
了助も鬼河童から だいぶ童らしく…

いや 人らしく笑うようになりました。

わしは 何もしておらぬ。

(巳助)おい 了助…!
(子供たちの声)

鳩。

あの棒は いかがした?
吽慶さんに借りたって。

吽慶殿に…。

(巳助)韋駄天も亀一も やめろ!
(笑い声)

♬~

やはり お前だったのか!

何じゃ? 随分と年寄りの用心棒じゃな。

これはこれは… お久しぶりでございます。

生きているとは聞いた。
まさか このようなことを!

なぜ ここが?

金を奪われたまま捨て置けるはずがない。
必ずや2千両 取り返しに来る。

それも 金のためではない!
ご公儀を あざ笑うためだろう!

フッ よくご存じで。

お前のことは 捜し続けてきた。

私も お会いしとうございました。

♬~

(日下)氷ノ介だ! 捕らえよ!
(一同)お~!

♬~

あちらへ。

♬~

氷ノ介 お主は なぜ火付けを働く?

逃げるか 九郎!

いずれ また。

♬~

引け!

♬~

ただの金目当ての盗賊ではない。

あの男には
何か格別の意図があるように思えました。

それで 松前屋に金が戻ったと噂を流し

夜は 店の者を よそへ移して
見張っておりました。

すると 吽慶殿が姿を現された。

光圀様のお察しどおり

あれは 決して負けを認めぬ
執念深い男にございます。

ですから 私は
松前屋で待っておったのです。

何ゆえに?

殺そうと思ったのです。 錦 氷ノ介を。

錦 氷ノ介?

今は そう名乗っております。

吽慶殿 錦 氷ノ介とは どのような…?

私は 霜山重蔵と申します。

かつて
丹波稲川家 家老を務めておりました。

確か ご当主は乱心の末 切腹。
お家断絶に。

もう9年前のことでございます。
そうであったか。

我が当主は
家中より剣術自慢の若い者を集め

「錦組」と名付けて 重用しておりました。

その錦組にいたのですね? 氷ノ介は。

道理で腕が立つと…。

氷ノ介に剣術を教えたのは
私でございます。

(中山)なんと!?
(吽慶)氷ノ介は

恥ずかしながら
我が息子 九郎にございます。

息子!? 親子だというのか?

錦組は 当主に寵愛を受け

いつも おそば近くに
つとめておりました。

(稲川)さあ 飲め! よいから 飲め!

(吽慶)<ただ 殿のご気性は
極めて苛烈でございますれば…>

(稲川)そうじゃ 飲め。
皆 飲み干すのじゃ!

ハハハハハハ…。

殿 間もなく お使いが参りますれば

この辺りで…。
(稲川)うるさい!

何をしておる? 早う酌をせぬか。
はい。

(稲川)何をする!
も… 申し訳ございません!

ああ…! おやめくだされ!
粗相をした罰じゃ!

錦組!
(錦組一同)はっ!

首を さらしておけ。
(錦組一同)はっ!

(吽慶)<いつしか錦組の務めは
殿の狼藉を助けるようなものとなり

領民は 錦組を見れば 逃げ出す始末で…>

伝え聞いてはおる。

稲川家当主による無礼討ちは
日常茶飯事であったと。

ついには
不仲な隣国に錦組を率いて乗り込み

「領民たちの首を手当たりしだい はねよ」
と命じたことが

ご公儀に知れてしまいました。

(中山)それは ただでは済みませぬな。
(吽慶)はい。

事情を調べに ご公儀より使者が当家に。

ところが 殿は逆上の末

あろうことか
使者に鉄砲を撃ちかけたのでございます。

(銃声)

(吽慶)殿!

(吽慶)殿 何とぞ ご辛抱くださりませ。

ここは ご公儀の命に従い

恭順の意を示すよりほかに
道はござりませぬ。

恭順の意? お主 徳川の言うまま
わしに「切腹せよ」と申すか!

稲川家はもとより 家臣 領民全ての命運が
かかっておりますれば

平に… 平にお願い申し上げます。

ええい 黙れ!

徳川の犬め!

父上…。
(稲川)ついてまいれ。

殿! お待ちください!

(稲川)錦組!

九郎!

(足音)
錦組! しれ者どもが!

覚悟せい!

♬~

(吽慶)<城内は 戦となり…>

うあ!

うっ あっ…!

(吽慶)<錦組とともに籠城した主君に
刃を向け…>

おら~! あっ…!

おのれ…。

おのれ~!

あっ…!

殿…。

失礼つかまつる。

ああっ!

(吽慶)<この手で
主君を あやめたのでございます>

なんとも すさまじき話でございますな。

(吽慶)そんな中

錦組には 逃げ延びた者が一人おりました。

氷ノ介?
はい。

姿を消した息子は 我が一族のみならず
重臣の方々 ご身内まで ことごとく…

皆殺しに。

♬~

さすが父上
思うたより早う見つかってしまいました。

お前がやったのか?
お前の兄も母も 一族皆!

はい。 成敗いたしました。

成敗だと…。 何を申す!

徳川の言いなりになって 主君を裏切った
父上が悪いのでございます。

武士として
決して許されることではありません。

主君が道を誤れば 正さねばならん。

殿のご寵愛を受けたお前なら
止められたはずだ!

寵愛?
そうだ。 なぜ止めなかった?

寵愛などではなかった!

我らは 皆 気に食わぬことがあれば
首をはねられるだけの木偶人形じゃ。

何ゆえ 殿の命に従うたかだと?

家老の父上に類が及ばぬよう
家のため 母上 兄上 一族のため

従いたくもない殿の命に
必死で従うたに決まっておろう!

この地獄のような苦しみ
父上には 分かるまい!

あげく
このように尽くした我らを取り囲み

斬りつけ…

私を…

息子を殺そうとしたのは
父上ではないか!

お家のためだ。

お前が どれだけ苦しもうとも
皆を見殺しにするわけには いかんのだ。

それが 家老の家に生まれた者の務め。

武士の務めだ!

父上…。

九郎。

父上に 私が斬れますでしょうか?

やあ!

♬~

お前を斬るのは わしでなければならん!

♬~

うあ~!

あ… ああ!

父上!

クソ… 許さぬ。

許さぬ!

ああ~!
九郎!

♬~

不覚にも あと一太刀というところで…。

(吽慶)
落ちた川を捜したものの 姿はなく

どこを捜しても…。

私は この手で あやめた殿
亡くなられた方々

皆を弔い 生きていこうと
仏師となりました。

吽慶殿…。

(中山)それで 江戸には…?

姿を消した息子が

「『錦 氷ノ介』と名乗って 生きている」
と伝え聞き…。

まさか 火付けに成り果てるとは…。

まことに お詫びの言葉もござりませぬ!

よう死なずに生きてこられたものだ。

とうに
死んで お詫びをすべき身でございます。

息子を討ち果たしましたなら
私は すぐに…。

吽慶殿 生きていく方が
はるかに つらい道であったであろう。

よう死なずに 生きてこられた。

♬~

息子を あのような魔物にしたのは
私でございます。

松前屋で刃を交えて分かりました。

九郎の… 氷ノ介の

あの何も映しておらぬような
うつろな魔物の目。

この9年間 左手一本で剣術を極めるのに
どれだけの鍛錬を積んだか。

その鍛錬を支えたのは
恨みでございましょう。

父と子でありながら…。
(吽慶)構いませぬ。

あやつの始末をつけるのは
私の役目でございますれば…。

その役目 私にも背負わせてはくれぬか?

父と子で斬り合えば
生き残った者の心も殺されよう。

吽慶殿の息子は わしが捕らえる。

吽慶殿には ただ
仏師として仏を彫っていてほしいのです。

ありがとうございます。

吽慶さん。

吽慶さん
俺 吽慶さんといると よく眠れるんだ。

俺 氷ノ介は憎い。

俺の敵だ。

けど…
けど 吽慶さんは 好きだ。

吽慶さんには 生きててほしい。

生きててほしいんだ。

だから… だから 俺…。

吽慶さん?

何だ… お休みなさい。

♬~

なぜ父上が徳川と…。

(子供たちの声)

よし 次。
うわ~!

うん! それ!

ハッ 次!
おう!

おっ 了助!
頑張れ!

来い!
うお~!

よし いいぞ!

はい!
あ~…。

まだまだ!
来い!

うっ! お~!

ほれ! ハハ…。

クソ! もう一回!

ちょっと 了助!
構わぬ。 来い!

あ~!

(声援)
いいぞ 了助。

ほら。 ハハハ…。

(声援)

(頼重)楽しそうじゃのう。

♬~

いかがなされました?
寺まで お越しになられるとは。

お主が そこまで熱心に励んでおる
拾人衆の寺を 一度 見てみたくてな。

かわいい子猫がおると
お主の奥方にすすめられてのう。 フフッ。

確かに 子らも よう懐いておる。
楽しげに相撲まで。

まるで 親子じゃ。

どうでしょう? 子供なりに
わしに 気を遣っていようかと。

いや 見ておれば 分かる。

心を許しておらぬ大人に
遠慮せず相撲を取る子は おらぬ。

お主も わしも
父上とは 相撲を取ったことはなかった。

だが 父上が お主を世継ぎに選んだ訳は
よう分かる。

それは 幼い頃
兄上が はやり病に伏せっておられたから。

そうでなければ
わしより ずっと世継ぎに…。

違う!

お主は 似ておるのじゃ。 父上と。

時に 人といさかいを起こそうとも
己の正しいと思う道を貫く強さがある。

お家を守り抜く強さが。

そのようなこと
父上は 思うてはおりませぬ…。

光圀 わしは お主が家督を継いだこと
少しも恨んではおらぬ。

むしろ 申し訳なく思うておるのだ。

兄を差し置いて 水戸徳川家の世継ぎに
という重荷を背負わせた。

あのころ 体の弱かったわしを

誰よりも気遣い
いつもかばってくれたのは お主じゃ。

はあ はあ はあ はあ…。

≪兄上!

なりませぬ 若君様 うつりまする!

構わぬ!

はあ… 寄るな。 うつる…。

兄上は 必ず治りまする。

(頼重)熱で苦しくて 熱かったからのう。

お主の小さな手が冷たく感じて。

だが 殊の外 温かかった…。

そんなお主が世継ぎとなり
苦しくないわけがない。

つらくないわけがない。
弱音を吐けるわけがないのだ。

わしに同情する者はおっても
お主に同情する者は いなかったであろう。

わしの ふがいなさが
お主を悪者にしてしもうた。

そんなことは…。

お主は わしよりも ずっと…。
兄上 そんなことはござらぬ。

優しい。

♬~

泰。
あっ お帰りなさいませ。

うん。

何か
よいことがあったのでございますか?

寺に兄上がお見えになった。

「子猫を見に行け」と 泰にすすめられたと。
子猫を? フフ…。

泰のおかげだ。

頼りになりますか?
ああ。

もっと 早う 泰と夫婦になっておれば

もっと早う 兄上と話しておれば

あのようなことには ならなかった…。

いや…。

人には口にできぬ過去の一つや二つ
あるものでございますな。

私には 殿に話せぬことは
何もございませぬが…。

まことか? 村岡が
泰は 相当な おてんばであったと。

はて? 何のことでございましょう。

御所のお庭で 鬼ごっこしていたことで
ございましょうか?

御所で!?

桜の木に登って スズメの子を
捕まえたことでございましょうか?

スズメの!?
フフ…。

ハハ… お主には かなわぬ。

(笑い声)

♬~

極楽組。
囮になっていただきたいのです。

「父上もろとも
龍雲寺を焼き払うとしよう」。

地獄をはう鬼の道だ。

うっ…!

吽慶さん! うわ~!

ものは ついでじゃ。
はあ はあ…。

♬~

♬~

♬~

♬~