消えた初恋 #2 文化祭マジック!?勘違いが勘違いを呼ぶ![字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

消えた初恋 #2 文化祭マジック!?勘違いが勘違いを呼ぶ![字]

道枝駿佑、目黒蓮のW主演で大人気漫画を初ドラマ化!待ちに待った文化祭♪シンデレラを上演することになったものの、突然ピンチが訪れて…勘違いから始まる初恋ラブコメ!!

詳細情報
◇番組内容
密かに思いを寄せるクラスメイトの橋下さん(福本莉子)が井田(目黒蓮)に恋していることに気づき、あっさり失恋してしまった青木(道枝駿佑)。さらに、ひょんなことから「青木は俺のことが好きなのか?」と井田は勘違い。そんな中、文化祭で青木達のクラスは“シンデレラ劇”を上演することに。青木は、この機会に井田と橋下さんをくっつけてしまおうと考え始める。機会をうかがいながら劇の作業に励むが、まさかの大ピンチに!?
◇出演者
道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、目黒蓮(Snow Man)、福本莉子、鈴木仁、田辺誠一
◇原作
『消えた初恋』
【原作】ひねくれ渡
【作画】アルコ
(集英社「別冊マーガレット」連載)
◇脚本
黒岩勉
◇監督
草野翔吾
◇音楽
【音楽】富貴晴美
【主題歌】Snow Man『Secret Touch』(avex trax)、なにわ男子『初心LOVE(うぶらぶ)』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、伊藤学(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kietahatsukoi/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 青木
  2. 橋下
  3. 井田
  4. 仲林
  5. 本当
  6. チュウ
  7. 一緒
  8. 王子
  9. 美月
  10. お前
  11. シンデレラ
  12. 女子生徒
  13. 大丈夫
  14. 無理
  15. 拍手
  16. 一同
  17. 応援
  18. 今日
  19. 自分
  20. 手伝

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(井田浩介)「イダくん♥」って
何? それ お前…。

(青木想太)
これは俺のじゃなくて…。

《ダメだ》

《橋下さんの奥ゆかしい思いを
俺がバラすわけにはいかない》

やっぱ 俺の。

(橋下美緒)
内緒にしてくれて ありがとう。

初恋だから 大事にしたくて。

ちゃんと考えるから
待っててくれ。

(仲林大翔)メイク係は

棚田さん 石井さん 笠竹さんに
決まりました。

《オーケー 落ち着け 俺…》

《いったん 整理しよう》

《俺が好きなのは 橋下さんだろ》

《でも 橋下さんは井田が好きで

俺は振られた…》

《ところが その井田が
好きになろうとしてるのは…》

《いや このフラグ いらん!》

《こうなれば
全て 丸く収まる話じゃん》

《橋下さんを応援するって
決めたのに

なんなんだよ もう…》

(仲林)というわけで 衣装係は

小熊さん 田山さん 伊園くんに
決定しました!

(拍手)

じゃあ 次

大道具 小道具 やりたい人
手を挙げてください。

(野々村美月)
橋下さんと田所さんと

朝倉さんと仲川さんね。

(美月)他には?

《これは 井田と橋下さんを
近づけるチャンス!》

おい 井田!

大道具 やれよ。
なんで?

とにかく やれって。

♬~

一緒にやりたいって事か?

違えよ!

…もういい。

はい! 大道具やります こいつが。

(美月)はい じゃあ あとは
井田くんと青木で決まりね。

違う! ちょっと…。
(拍手)

(あっくん)頑張れよ。

♬~

(姫宮るみ)大変! 帰らなきゃ!

12時の鐘が…。
(仲林)カット!

もっと 心で芝居しろよ!
届いてないだろ!?

用意…。
何やってんだ? お前!

(仲林)アクション!

終わった~!
よっしゃあ!

♬~

壊滅的にセンスねえ…。

(仲川杏奈)牛…?
って出てきたっけ?

馬。 馬車。

(朝倉ひかり)…やばっ。

うるせえ。 ほっとけ!

手伝うわ。
はあ? いらん!

自分のけじめは 自分でつける。

馬なら もっと首を長くしたほうが
いいんじゃないか?

あとは
こうやって たてがみをつけて…。

えっ すげえ!
めっちゃ馬じゃん これ!

♬~

ん? なんだよ?

面白いな お前。

手助けは いらねえ
っつってんだろ!

《俺 バカ!
気を許してどうする!?》

おい 俺の事より
橋下さん 手伝ってこいよ。

えっ?
あっ… 私なら大丈夫だよ。

ほら 井田!
橋下さん 大変そうだろ?

そうだな。

手伝うよ。
えっ? あっ… ありがとう。

《よかったね 橋下さん》

(あっくん)あっ! そんな重いの
女子が運ばなくていいよ。

俺と井田でやっとくから
ほら 貸して 貸して。

モブ貴族役で 俺 暇だし。

運んでおくから
青木の手伝ってあげて。

じゃあ。

《あっくん 邪魔!》

手伝うよ 青木くん。

ごめん。

俺が もっと後押しできれば
2人の時間 作れたのに…。

そんな事ないよ。

青木くんのおかげで
少しは話せたし。

ねえ それより 青木くんは?

俺?

好きな人いるって
言ってたでしょ?

青木くんも好きな人いるんだね。
あっ まあ…。

いや 俺は 別に そんな…。

告白とか しないの?
しない しない!

教えてくれたら嬉しいなあ…。
えっ?

ほら 言ってくれれば
私も協力できるかもしれないし!

いいって 俺の事は…。
本当 放っといてよ!

青木くんの好きな人って 誰?

いや それは…。

どうしよう…。

大丈夫! 急いで拭けば…。

♬~

何? それ…。

あっ… あの…。

私が…。
ごめん。 俺が やっちまったわ。

青木くん…。
直そうとしたんだけど

拭いたら
ぐちゃぐちゃになっちゃって。

(あっくん)青木 お前なあ…
本当 使えねえな。

すまん。

まあ なんとか直せるだろ。

私も やる!

♬~

(あっくん)しゃあねえなあ!

やるぞ!
ああ…。

オレンジ 取って。
おう。

♬~

お前 部活あるんじゃねえの?
ああ…。

別に 文化祭の前日だし
こっちのほうが大事だから。

ごめん。

俺 別に
わざとやったわけじゃないけど。

知ってる。 お前 頑張ってたし。

あんま気にすんな。

…気にしてねえわ。

(あっくん)よっしゃ 終わった~!
やったあ!

よかった…。 間に合った!
終わった~。

(谷口正博)おーい!
お前ら そろそろ帰れよ。

(4人)はーい。

はい。

よし 帰ろう!
(あっくん)うん。

あっ 橋下さん 帰り どっち方向?

多田野のほうだけど…。

おおっ 一緒!
じゃあ 俺 送るわ。

ちょっ ちょっ… ちょっと待って
ちょっと待って ちょっと待って!

おい 井田! 帰り どっち方向だ?

…駅方面。
(あっくん)おお 青木と一緒だ。

じゃあ また明日。 じゃあ!

行こう。 はい 行くよ! 行くよ。

《あっくん マジで邪魔!》

じゃあな。

じゃあ。

♬~

絵の事 まだ落ち込んでんの?
落ち込んでねえし!

あっそう。 なら よかった。

あ… あのさ
今日 助かったわ。

…そんだけ。

おう。 青木も お疲れさま。

どうした?
いや 別に…。

あの… あれだな その

橋下さんにも
お礼 言わなきゃな。

ああ そうだな。

つーか なんか似てるよな
青木と橋下さん。

は?

抜けてるっつーか
天然っつーか…。

なんだよ それ。 俺はいいけど
橋下さんに失礼だろ。

バカにすんなよ。
バカにしてねえよ。

一生懸命でいいなって。
一緒にやって実感したっつーか…。

だろ? 気づくの遅えよ!

いいじゃん 橋下さん!

前 言ってた お前のタイプにも
ぴったりだし。

お前… なんで そんなに
橋下さんの事 薦めてくるんだ?

えっ?

俺の事 好きなんじゃねえの?

いや… だって お似合いじゃん。
2人とも 優しいし 頭いいし。

いや そんな事…。
そんな事あんの!

自分じゃ
わかんないだろうけど…。

ってか

俺なんか はなから無理って
わかってるからさ。

好きな人の幸せくらい
願ってもいいだろ?

優しいな 青木。

はあ? どこがだよ。
臆病の間違いだろ。

いや お前は優しいよ。
自分じゃ わかんないだろうけど。

だから
「俺なんか」なんて言うなよ。

♬~

サムいわ お前…。

確かに 今日 寒いな。

そっちじゃねえよ。
ん?

もういい。
あっ お前…

絵の具 ついてるぞ。

えっ なんで…?

ああ… 絵の具な。

サンキュー サンキュー。
青木…。

じゃあ 俺 こっちだから。
じゃあな!

(シャワーの音)

あんま気にすんな。

いやいや いやいや いやいや…。

何 思い出してんだ 俺…。

いや お前は優しいよ。

《なんだ? なんだ?
この気持ちは!》

《ドキドキさせんじゃねえ
っつうの!》

《どうすんだよ 万が一 本当に
お前の事 好きになっちゃったら》

《…って 何 考えてんだ 俺!》

ああーーーっ!!

(青木の母親)うるさーい!

わかった!
(母親)ご近所迷惑!

わかったって!

(母親)シャワー出しっぱなし
やめてよ!

もう わかったから!

(チャイム)

(仲林)みんなに
お知らせがあります。

主役の2人が
風邪で お休みです!

(一同)えーっ!

2人とも!?
えっ なんで?

昨日 夜まで
河原で自主練してたみたいで…。

ああっ!
(大路弘夢)ああっ…!

もう一回よ 弘夢!

弘夢じゃないだろ!

俺たちは 王子とシンデレラだ!

(るみ)王子とシンデレラ…!
(大路)ああ!

(美月の声)
2人とも 熱出したって。

ダンスパートに力入れすぎだ
っつってたのに…。

どうすんだよ…!

(美月)せっかく
みんなで準備してきたし

なんとか 代役でできないかな?

いや 無理だろ…。
俺ら 照明やんなきゃだし。

衣装も 着替えとかあるから
無理 無理!

(刈谷)…つーかさ
手が空いてるのって

大道具だけじゃね?

確かに…。

橋下さんは?

…えっ?

(指を鳴らす音)
(仲林)いける! 見えた!

(仲林)
橋下さん やってくれないかな?

シンデレラ。

いや 私は…。

(美月)お願い。
クラスのために…。

あの…
でも 私 すごい緊張するから…。

人前とか 特に…。

(仲林)絶対 大丈夫だよ。
(女子生徒)大丈夫だよ!

ちょっと待った!

シンデレラは… 俺がやる。

(一同)はあ!?

いや… 俺のほうが似合うし!

(仲林)
まあ やりたいなら… いいか?

(一同)うん…。

青木くん…。

(美月)じゃあ
王子様役 どうしようか?

(あっくん)ってかさあ…。

井田しか なくね?

えっ!?

うん。

(仲林)うん! いける!

っていうか この組み合わせ

化学反応 すげえ…!
(美月)では この2人に

我が2年3組の命運を
預ける事に致します!

(拍手)
(女子生徒)頑張れ!

(仲林)よし!
急いで カンペ作ろう!

青木 メイク 確かめるよ。

いや 無理だよ そんなの…。
ミニスカは無理だよ!

オッケー。

ふう…。

(足音)

青木。

よろしくな。

かっ…!

「か」?

…別に?

《かっけえとか思ってねえし…》

お前 意外と似合ってるな。

うるせえ! 言っとくけどな

お前とやりたくて
立候補したわけじゃねえからな!

言われなくても わかってるって。
橋下さん かばったんだろ?

かっけえじゃん 青木。

そういうの困るんだよ…。

どう反応していいか
わかんねえだろ!

褒めただけだろ。
適当に褒められても嬉しくねえし。

適当に言った事なんか
一回もねえよ。

ああ~! もう わかったから…。

勘弁してください…。

別に 今は 何も褒めてねえだろ。

だからぁ…。

(ブザー)

あっ… あっ… ああー!

私も
お城の舞踏会に行きたいわー!

(観客の笑い声)

谷口 谷口
ルルルルル~!

わあ~。
チュウ チュウ チュウ チュウ…。

チュウ チュウ チュウ チュウ…。

(拍手)

まあ 素敵なドレス!

これで あなたも
舞踏会に行けるわね シンデレラ。

♬~(音楽)

(女性生徒)キャーッ! 王子!
(女子生徒)かっこいい~!

(鈴木一之進)俺たちバレー部が
モ… モテている!

♬~

踊って頂けますか?

…はい。

井田ーっ!
(武地正志)井田ーっ!

♬~

(鐘)

帰らなきゃ
12時の鐘が鳴り終わる前に。

待ってくれ シンデレラ。

《あっ…》

♬~

大丈夫か?

《やばい
マジで 井田が王子に…》

おお いいぞ!

(市井 蓮)王子ぃ~!

放せ!

(観客の笑い声)

(荒い息)

青木 着替え 着替え!
着替えやで!

聞いてる? 靴 脱いで!
(女子生徒)青木 着替え…。

♬~

ほら 撮るよ!
早く… 青木も 寄って 寄って。

井田も! 井田も 早く来い。

いくよ。 はい チーズ。
(カメラのシャッター音)

よし! これ いいんじゃね?
よし あとで送っとく。

(女子生徒)井田 井田!
一緒に写真撮ろう。

いい感じ いい感じ。

一緒に撮って。
はいよ。

なんで
あいつ 王子のままなんだよ?

女子たちのリクエストだよ。

今回の演劇で
めっちゃ人気出たな 井田の奴。

《橋下さんを応援しようって
決めたのに…》

《井田と橋下さんは
こんなにお似合いなのに…》

《嘘だろ? 俺 今
どっちに嫉妬してんだよ…》

(仲林)では ここで

特別賞獲得のMVPに
ひと言 お願いします!

井田&青木!
(拍手)

(美月)じゃあ まずは
青木から どうぞ。

なんだよ!
急に むちゃぶり やめろって!

なんかあるだろ?
ほら… 王子に言いたい事とか。

はあ!? ねえよ そんなの なんも!

(あっくん)照れんなよ 青木。

(仲林)こんなに
ラブラブだったじゃん!

ほら!
(田所りさ)え~ いいなあ!

(ひかり)いいね! 私にも送って!
(男子生徒)俺も欲しい。

(仲林)オッケー!
やめろって…。

(杏奈)その井田くん
本当 王子だよね。

(りさ)そりゃ 青木姫も惚れるわ。

(男子生徒)
もう 目が恋してるよな。

(男子生徒)
完全にフォーリンラブ!

(一同の笑い声)

マジでやめろって!

どうしたんだよ? 急にキレて。
だって…。

(女子生徒)冗談だって。
みんな ノリで言ってるだけだし。

(女子生徒)ありえへんって
わかってるし。 なあ?

《そっか… そうだよな》

《みんなにとったら 冗談だよな》

(仲林)でも これがマジだったら
ウケるよなあ。

なあ? 井田。

(拍手)

ウケねえよ!

それに 青木は クラスのために
頑張ってくれたんだろ。

なんで 笑うんだよ。

♬~

そんなん言われたら
惚れてまうやろ~!

なんてね!

(一同の笑い声)

よーし! じゃあ 今日は 特別に
先生がアイスをおごるぞ。

(歓声)

近くのコンビニで売ってるやつな。
高いの なし。

♬~

よかったのか?

お前 真面目すぎ。
あんなの流せばいいんだよ。

でも お前は
嫌だったんじゃねえの?

もういいって…。

俺は嫌だった。

だから 言った。 ごめん。

違う… 謝ってほしいんじゃなくて
俺は もう 本当 いいんだよ。

…お前が怒ってくれたから。

♬~

《何を言ってんだよ…》

《あれじゃあ まるで 本当に
井田が好きみてえじゃねえか》

大丈夫か?

俺は嫌だった。

《もしかして
俺 本当に 井田の事…》

青木くん!

あっぶな…。

あっぶな!

よかったあ 追いかけてきて…。

なんか 青木くん

今日 無理してるみたいだったから
心配で…。

ごめん。
ちょっと ぼんやりしてた。

本当に大丈夫?

なんで
そんなに心配してくれるの?

するよ! 友達だもん。
当たり前でしょ?

橋下さん…。

それにね 私 いつも 青木くんに
助けてもらってばっかりだし…。

今日のシンデレラの代役の時も。

えっ…?

ありがとう。

すっごく嬉しかった!

だから 青木くんも
困ってる事とかあったら

なんでも言ってね。

私 青木くんの事
真剣に応援してるから。 ねっ?

《橋下さんは 俺の事を
こんなに思ってくれてるのに

俺は…》

橋下さん!

ごめんなさい!

えっ…? どうしたの?

俺 橋下さんの恋
応援するって言ったけど

やっぱり
こんな気持ちで応援できない。

本当にごめん!

自分でも 正直
まだ よくわかんないんだけど

多分… 俺も…。

橋下さんと一緒なんだと思う。

一緒って…?

俺も… あいつの事が…。

好きかもなんだ。

《青木って たまに
かわいく見えるような…》

《井田の部屋で2人きり…》
豆太郎。

(あっくん)橋下さんの好きな人
って 井田だよな。

これからはライバルだね。

いいって もう。

〈無料見逃し配信は TVerで〉

〈TELASAでは
第1話から配信中〉

〈2人の始まりを見逃した方も
まだ間に合います〉