消えた初恋 #4 運命の席替え!?本当の気持ち[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

消えた初恋 #4 運命の席替え!?本当の気持ち[字]

消しゴムに書かれた名前のせいで誤解が生まれた事を井田(目黒蓮)に説明した青木(道枝駿佑)!しかし、青木がピンチの瞬間に井田が現れて…!?勘違いから始まるラブコメ!

◇番組内容
あっくん(鈴木仁)の半ば強制的な仲裁により、消しゴムに書かれていた名前のせいで“青木(道枝駿佑)の好きな人は井田(目黒蓮)”という風に見えてしまった事実を説明。誤解は解消した一方で、青木の心はモヤモヤする。そんな中、クラスで席替えが行われることに!青木と井田は離れ離れになってしまう…。なんとなくセンチな気分になる青木だが、そんな気持ちが吹っ飛ぶほどに衝撃的な問題が発生!そこに井田が現れて…!?
◇出演者
道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、目黒蓮(Snow Man)、福本莉子、鈴木仁、田辺誠一
◇原作
『消えた初恋』
【原作】ひねくれ渡
【作画】アルコ
(集英社「別冊マーガレット」連載)
◇脚本
黒岩勉
◇監督
宝来忠昭
◇音楽
【音楽】富貴晴美
【主題歌】Snow Man『Secret Touch』(avex trax)、なにわ男子『初心LOVE(うぶらぶ)』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、伊藤学(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kietahatsukoi/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 井田
  2. 青木
  3. 本当
  4. お前
  5. 相多
  6. 橋下
  7. ビンタ
  8. 気持
  9. 勘違
  10. 浩介
  11. マジ
  12. 市井
  13. 自分
  14. 先生
  15. 反応
  16. 普通
  17. 豊田
  18. 本気
  19. 名探偵
  20. カンニング

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(青木想太)もっと悩めばいいんだ。
俺と同じくらい。

(井田浩介)それって

お前も俺の事ばっかり
考えてたって事だろ…。

(相多颯斗)青木が
井田の事を好きっていうのは

誤解だったんだ。
違う! そんなの 俺が…。

いいって もう。

俺も これで すっきりした。

《取り返しがつかなくなって
ようやく わかった》

《俺 お前の事

本気で好きだったんだ》

(相多)いやあ よかったわ
誤解 解けて。

本当 こいつ アホだけどさ
これからも仲良くしてやってな!

ああ…。
お前 距離感 すごいな。

おお。 まあまあ…。

青木?

えっ? あっ…。

ああ… 悪かったな。
迷惑かけて ごめんな。

なんだよ?

いや なんか
ぼんやりしてたから。

してねえよ! 気ぃ抜けただけ。

まさか 井田が本気にするとか
焦ったわ!

(相多)お前…
迷惑かけたのに なんて事を!

反省しろ!
えっ えっ…? あっと…!

いくぞ… オラッ!
マジで やりすぎだろ!

死ぬ 死ぬ 死ぬ…!

やめろって!

《こうして 俺の恋は
はかなく散ったのでした》

《おしまい》

(橋下美緒)
いや 「おしまい」じゃないよ!

しょうがないよ…。

自分の気持ち ごまかして
嘘ついて…。

ゴミクズだよ 俺は。

♬~

もう 消えてなくなりたい…。

そんな事 言わないでよ!

青木くんは 私との約束を守って

消しゴムの事を
言わないでくれただけなのに…。

そうだ…。

じゃあ 2人だけの秘密ね。

(青木の声)だからだよ…。

だから 罰が当たったんだ!

橋下さんという人がありながら

コロコロと
井田に ときめいたりしたから…。

えっ!? 青木くん
私の事 す… 好きだったの?

はっ…!
ごめんなさい!

早っ!

青木くん 本当にごめんね。

いや… いいよ。

橋下さんに好きな人いるって
わかってるし

なんか もう
そんなに傷つかない感じだから。

それって 井田くんの事
本気で好きな証拠だよね。

いや… まあ そうっぽいけど

もう いいんだ。

井田の事 困らせたくないし
誤解も ちゃんと解けたし…。

解けてないよ。

だって 青木くんの気持ちは
本当なんでしょ?

嘘にしちゃダメだよ。

ありがとう。

でも 井田も
よかったって ホッとしてたんだ。

青木も これで
悩まなくていいんだろ?

勘違いでよかった。

自分の本当の気持ちなんて
もう言えないよ…。

青木くん…。

えっ… どこ行くの?

ちょっと 山に こもってきます。

山?

橋下さん…

俺の分まで 幸せになってね!

いや ちょっと待って 青木くん!
そんなの託されたって困るって!

青木くん…!

うおっ…! ごめん! 大丈夫?

ってか どうしたの?
そんなに慌てて。

あっ あっ… あの… 大変なの!

青木くんが 山にこもるって…。

(相多)はあ?
意味不明だな あいつ!

どうしよう… 行っちゃった。

そんなの気にしなくていいよ。
どうせ 大した事じゃないし。

大した事だよ!

青木くん
すごい落ち込んで…。

もしかして 井田の件?

えっ… あっ… うん。

まだ あいつ
グズグズ言ってんの?

しょうもなっ。

さっさと 本当の事
言やあいい話なのに…。

でも 言えない時だってあるよ。

そう?

ほら 空気とか
相手の反応とか

やっぱり いろいろ
考えちゃうと思うし…。

そりゃあねえ 言い出しにくい事も
あるかもしんないけど

相手の反応を気にして
言えないとか 言い訳だからね。

結局 自分が
傷つきたくないだけじゃん。

そもそも
ごまかしたのが悪いんだから

自業自得だよ。

一人で反省してればいいんだよ。

ってかさ 橋下さん
あいつに甘すぎじゃない?

(たたく音)

えっ? 何? なんで…?

みんながみんな 相多くんみたいに
強いわけじゃない。

言えない事もあるよ。

なのに…。

相多くんのそういうところ
尊敬してたけど

今は… 今は嫌い!

…そんなに怒る?

♬~

(2人)ママ あの人 何してんの?

(女性)指さしちゃダメ!

(相多)山ごもりっつっても
こんな事だと思ったよ。

あっくん。

よっ 仙人。

なんで?

お前のせいで
橋下さんにビンタされたから

文句言いに来たんだよ。
ビンタ?

青木が井田の事で
ウジウジしてんのディスったら

いきなり バチンだよ。

そこでな 名探偵あっくんは
ピーンとひらめいた。

なんだよ? 名探偵あっくんって。

俺の名推理によれば
彼女の犯行動機は こうだ。

つまり 橋下さんは
お前の事が好きだから

俺にディスられて キレたんだ。

お前 それ
橋下さんに絶対言うなよ。

大外れだから。

いや しかし 俺の推理では…。
はいはい もういいって。

あっくんの推理なんて
どうせ 当たんねえし。

好きとか嫌いとか
もう どうでもいいわ。

《もう決めた》

青木…?

《消すべきなんだ
井田への思いは》

(谷口正博)中間テスト 返すぞ。

《そうすれば
もう 傷つく事もないから》

(谷口)青木。

《恋なんて もう こりごりだ》

(谷口)うい。

♬~

マジで!?

井田 井田! 見てくれよ これ!

おお…。
勉強会のおかげ! なっ?

フフッ…。

なんで笑うんだよ?

いや 嬉しそうすぎて。

やったな。 すげえじゃん。

《いや 「ぽわ~」じゃなくて!》

《何 自分から話しかけてんだ
俺のアホ!》

《井田は 友達として
接してくれてるんだ》

《こんな気持ちは忘れるって
決めただろ》

《忘れたいのに

目の前にいるから困る…》

(谷口)じゃあ テスト明けの席替え
また くじで決めたから

これで よろしくな!

(仲林大翔)あれっ? 先生
俺 場所 変わってないんですけど。

おお~ すごい確率!
ラッキーだな。

(姫宮るみ)弘夢…。
(大路弘夢)行かないで るみ!

(野々村美月)遊んでないで
早く座りなよ。

(るみ)弘夢!
(大路)るみ!

青木!

早く移動しなよ。
あんた あっち。

えっ? ああ… おう。

《ものの見事に離れた…》

《願ったり叶ったり》

(るみ)乗り越えていこう。
(大路)乗り越えよう。

《これで 平穏な毎日に戻れる》

青木 また近所だな。

青木?

♬~

井田 決めろ!

ナイスシュート!

うわっ…!

何すんだよ!

お前 見すぎじゃね?
井田の事。

はあ!? み… 見てねえし!
変な事 言うなよ!

♬~

(相多)ねえ。

なんで 俺の事 ビンタしたのか
教えて。

私 絶対 謝らないから!

謝んなくていいから
理由 教えてって言ってんの。

もしかして…

あいつ
マジで 井田の事 好きだった?

マジかよ!

はあ…? あり得ねえ…。

あり得ないなんて ひどいよ!

勉強方法?
おう。

青木 確認テストで
6点だったのに

中間で いきなり
92点に跳ね上がったから

どうしたのかと思ってさ。

それって 疑ってます?
何を?

いや この前 他のクラスで
カンニングが問題になったって

聞いたから…。
いやいや 違うって。

俺は 純粋に 6点が92点になった
奇跡的な勉強法を知りたいだけ…。

してないっすよ
カンニングなんて!

わかってるから 落ち着けって…。
でも 先生

そう思ってるって事ですよね?
あれっ? 逆に怪しいぞ。

怪しくないです…。
青木はカンニングしてないっすよ。

俺も 一緒に勉強してました。

それに 青木は

そういう事する奴じゃないです。

井田 どうして…?

谷口先生に 部誌 届けに。

ああ そうか… なるほどな。

井田に教わったのか?

あっ まあ…。
井田 ありがとうな。

本当は 先生が ちゃんと
教えなきゃいけないんだけど…。

いえ 別に…。

でも これからも お前たちが
一緒に勉強してくれると

先生 助かるわ。 サンキュー。

よかったな 犯人にされなくて。

おう…。 っていうか
谷口先生 悪くなくて

俺が 勝手に
勘違いしただけだったけど…。

お前 トラブル多いよなあ。
しみじみ言うなよ!

文化祭の時も バケツ倒すし

気づいたら
シンデレラ役 やってるし…。

迷惑なら ほっといてくれよ!

ほっとけって言われてもな…。

(ため息)

人の顔見て ため息つくな!

じゃあ 俺 部活行くから。
えっ… ちょっと待て 井田!

その… さっきは ありがとう。

どういたしまして。

♬~

井田…。

《今さら 無理だよな》

♬~

《もう諦めるしかない》

《…井田のためにも》

♬~

気づいたら好きになってたんだよ。
理由なんてないだろ。

違う… 謝ってほしいんじゃなくて
俺は もう 本当 いいんだよ。

…お前が怒ってくれたから。

俺ばっかり空回りしてるのかと
思ったからさ…。

もっと悩めばいいんだ。
俺と同じくらい。

井田 井田! 見てくれよ これ!

おお…。
勉強会のおかげ! なっ?

(豊田 駿)いくよ!

おい どうした? 浩介。

すまん。
いくよ。

惜しい 惜しい!
ドンマイ!

まだ 名探偵 気取ってんのかよ…。

帰ろうぜ あっくん。

謎は全て解けた。
はいはい。 わかった わかった。

青木 本当は
井田の事 好きなんだろ?

《こいつ
正解に たどり着いてる…》

その反応は 当たりだな?

はっ? はあ? な… 何が?

意味わかんねえ…。

俺 橋下さんに
また ビンタされそうになった。

あり得ないなんて ひどいよ!

違う!
そういう意味じゃないって…。

だって… そしたら 俺

青木に すげえひどい事
いっぱい言った。

友達失格じゃん…。

相多くん…。

そりゃあ
青木も 何も言わねえわ…。

♬~

違うよ。

大事だから… 友達だから
言えなかったんだよ きっと。

そう! つまり…。

お前に本当の事を言えなくした
犯人は…。

俺だ。

青木… ごめんな。

フフッ! ハハハハ…!

名探偵が自首するなよ。

おい 人が真剣に謝ってんのに…。
うん。

あっくんがヘコんでるところ
初めて見た。

いいよ。

つーか あっくんの反応が
普通だと思うし。

普通?

普通に やべえって思うでしょ
俺が井田の事 そう思ってたら。

じゃあ
その普通が間違ってるだろ。

ん!
ん?

怒れよ。 殴っていいぞ。

あっ こっちね。
こっちは ビンタされたから…。

殴んねえよ。 怒ってねえし。

嬉しいわ。

あっくんが
そんなふうに思ってたなんて

知らなかったから。

別に お前が誰を好きだろうが
青木は青木だろ。

腹減った! コンビニで
なんか買って帰ろうぜ。

おう。

あげる。
えっ!? いらねえよ これ!

《俺は 勝手に決めつけてたんだ
バレたら絶対嫌われるって》

《そんな奴じゃないのに》

《照れくさいから言わないけど

俺は あっくんと友達で
本当によかったって思う》

あっ! つーか あっくん

ちなみに そのあと
橋下さんと どうなったの?

ああ 全然 和解した。

あっ ごめん…!

ビンタして ごめんね。

相多くん 悪くなかったのに…。

いやいや 俺が悪いよ。
そりゃあ ビンタされるよな。

相多くん…。

♬~

橋下さん。
はい!

俺…。

青木に謝ってくる!

ビンタしてくれて ありがとう。
おかげで目ぇ覚めたわ。 じゃあ!

…ってわけよ。

それ 周りに
だいぶ 誤解招くだろ。

なんか 橋下さんって
何げ かっけえよな。

(相多の声)ビンタのパワー
ゴリラ並みだし

何 食べたら
あんな強くなれるんだろうな。

あっくん…。
(相多)ん?

それ 絶対 本人に言うなよ。

褒めたのに?
褒めてない 褒めてない。

(豊田)浩介。

なんかあった?

まあ…。

なんだよ? 話せよ。

最近 告白されて…。

(武地正志・市井 蓮)えっ! 告白!?

真剣に返事を考えたんだが…。
(武地)おお おお…。

俺の勘違いだった。

よく考えたら 別に 俺を好きとは
言ってなかった気もする。

(武地)怖すぎる…!

なんで そんな勘違い
しちゃったんだよ?

(市井)
あっちが好きかどうかなんて

雰囲気で わかるだろ!
わかんねえよ。

浩介は好きだったんだな
その子の事。

いや…。

そこは 好きの流れだろ!

(市井)豊田 幼なじみだろ?
なんとかしてくれよ こいつ。

浩介は 昔から
こういうとこ 鈍いからなあ。

鈍いって言われてもなあ…。

好きって なんだ?

いまだに 俺には よくわからない。
だから 知りたいと思ったんだ。

(豊田)浩介が
恋に悩む日が来るとはねえ…。

成長したなあ! おいおい!

(鈴木一之進)忘れろ 忘れろ!
終わった恋なんて

トスされたボールのように
たたきつけてしまえばいいんだよ。

部長…。

井田よ
話があれば いつでも聞くぞ。

おお 片付けろ!

相変わらず 恋愛経験ゼロなのに
すごい自信。

(市井)ラノベ
めっちゃ読んでるからな。

つーか お前の気持ちも
はっきりしたわけだし

改めて 井田に
本当は好きって言いに行こうぜ。

はあ!?
モヤモヤするじゃん

このまま うやむやにしてたら。

いいって…。
諦めるって決めたんだよ。

あいつも 勘違いでよかったって
言ってたし。

おい… 元気出せよ。

お前が しょんぼりしてると
罪悪感すごいんだよ。

それに お前には 俺という
心強い味方ができたわけだし

今度は きっと うまくいくって。

いいって そういう
あっくんのおせっかいは…。

俺に いい考えがある。

ほら 告るには絶好のチャンスが
これから来るだろ?

絶好のチャンスって?

リンカンガッコウ!

林間学校?

林間学校… それは
恋が始まるマジックトラベル。

すがすがしい解放感が心を緩ませ
気持ちがスーッと染みわたり

誰もが
思わず イエスと答えてしまう。

…そうか?

マイナスイオンと山の神様に
力を借りれば…。

お前も きっと 井田と付き合える。

そんなの無理だって…。

じゃあ お前 このまま
本当に諦めていいのかよ。

今なら まだ
やり直せるかもしれないだろ?

本当の気持ち 伝えてみろよ。

どういう返事か
わからねえけど

井田なら ちゃんと受け止めて
ちゃんと考えて

答えてくれるんじゃねえのか?

♬~

ああ。
あいつは そういう奴だよな。

♬~

♬~

《山の神様… どうか俺に力を!》

♬~

せっかくの林間学校が
こんな思い出なんて…。

井田!

井田に告白する。

す… す…。
酢?

本気なのは 十分 伝わってるから。

〈2人の今後が気になる!〉

〈無料見逃し配信は TVerで〉

〈TELASAなら

1話から4話まで
何度でも ご覧頂けます〉