消えた初恋 #7 付き合うって何をすればいいんだ?[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

消えた初恋 #7 付き合うって何をすればいいんだ?[字]

井田(目黒蓮)から付き合うって何をすればいいんだ?と問われた青木(道枝駿佑)は一緒に昼ご飯を食べようと言うが…?大人気漫画をドラマ化!友情も絡み、恋模様が加速!!

◇番組内容
井田(目黒蓮)との距離が縮まりウキウキの青木(道枝駿佑)に、橋下さん(福本莉子)からメッセージが届く。実は、自分も勇気を出してあっくん(鈴木仁)に気持ちを伝えたが振られてしまったという。落ち込む橋下さんだったが、とんでもないことを言い始め…?一方、井田は青木に「付き合うって何をすればいいんだ?」と問いかける。何かやりたいことはないのか聞かれた青木は「一緒にお昼ごはんを屋上で食べよう」と提案し…!?
◇出演者
道枝駿佑(なにわ男子)、目黒蓮(Snow Man)、福本莉子、鈴木仁、田辺誠一
◇原作
『消えた初恋』
【原作】ひねくれ渡
【作画】アルコ
(集英社「別冊マーガレット」連載)
◇脚本
黒岩勉
◇監督
宝来忠昭
◇音楽
【音楽】富貴晴美
【主題歌】Snow Man『Secret Touch』(avex trax)、なにわ男子『初心LOVE(うぶらぶ)』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、伊藤学(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kietahatsukoi/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 橋下
  2. 青木
  3. 相多
  4. 井田
  5. リーゼント
  6. お前
  7. 全然
  8. マジ
  9. 本当
  10. 一緒
  11. 関係
  12. 心配
  13. 相談
  14. 昼飯
  15. 屋上
  16. 携帯電話
  17. 女子生徒
  18. 深呼吸
  19. 地味
  20. 着信音

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(井田浩介)
まだ 付き合うっていう言い方は

早かったかもしれないけど

俺は お前と いつか

そうなれたらいいなって
思ってる。

(青木想太)井田の気持ち
ちゃんと聞けてよかった。

(携帯電話の着信音)
おっ?

(橋下美緒の声)「相多君に
ふられてしまいました」

《橋下さん…》

おお 青木 おはよう。
井田… おはよう。

あのさ
青木に聞きたいんだけど…。

ごめん! ちょっと急いでるから
またあとで!

橋下さん!

あっ 青木。

(大路弘夢)おはよう。

おはよう…。 何してんの?

モーニングルーティン?

(姫宮るみ)月 金は
一緒に朝食なのよね~。

ね~。

このスコーンは
るみが作ったんだよね?

へえ~ そうなんだ。

…って 知らんがな。

青木くん…。

うわっ! 橋下さん…。

あっくんに振られたって…。

嘘でしょ? いつ? なんで?

林間学校で
青木くんが勇気出したの見て

私も告白したの。

相多くん…。
(相多颯斗)おお 橋下さん。

青木 知らない?

あ… 青木くんなら
さっき 井田くんと出て行ったよ。

そっか。 あいつも
ようやく覚悟決めたんだな。

相多くん!

んっ?

その…

私も…。

相多くんの事 好きだって言ったら
困る?

好き? 何が? 困るの?

えっ?

好きって… そういう「好き」!?

橋下さんが俺を!?

マジか…。

全然 気がつかなかった…。

いつから? ってか なんで?

高校入試の日…。

あれね。
入試の日 受験票忘れた時の話ね。

うん。

(橋下の声)
相多くんに助けてもらって

その時から ずっと

私は相多くんの事が好きだった
って言ったの。

それ 絶対オッケーのやつでしょ。

運命の出会いをして

ずっと その事
大切に思われてたなんて…。

あっくん 最高じゃん。

全然。 そんなんじゃなかった。

あーね…。

それね…。

もしかして 覚えてない?

いやあ…
ってか それ 本当に俺?

もしかして 別の誰かじゃない?

♬~

ごめんね 変な事 言って…。

忘れてください。
(相多)えっ?

(橋下の声)相多くんの目には
私は少しも映ってなかった。

(携帯電話の着信音)

(青木の声)
「告白 付き合うことになった!」

あっ… 自分の事で精いっぱいで
まだ言ってなかった。

青木くん おめでとう。

ごめん。 なんか 俺だけ…。

ううん 全然。

やっぱり こんな地味で
影の薄い人間なんて

覚えてなくて当然だよね。

橋下さん 泣かないで。 ねっ?

それで 青木くんに聞きたくて…。

はいはい。 なんでもどうぞ。

リーゼントか坊主
どっちがいいと思う?

リーゼントか…。

はい!?

やっぱ リーゼントのほうが
目立っていいかな?

ちょ… えっ えっ… 橋下さん?

相多くん よく
ヤンキー漫画 読んでるし。

ちょちょちょ… あの あの…
いったん 深呼吸しよう。 ねっ?

(深呼吸)
(深呼吸)

君は マジでかわいいです。

ほら
リピート アフター ミー?

マジでかわいいです…。

全然 地味じゃないです。

全然 地味じゃないです。

うんうん うんうん…。

ありがとう。 青木くんは優しいね。
すっごく元気出た!

よかった…。

私 リーゼントにするね!

フフフ…。

リーゼントコース… できた。

《あっくん…》

《このままじゃ
橋下さんがリーゼントに…》

♬~

どうしてくれるんだよ!

今すぐ 橋下さんのリーゼント
止めてこいよ!

いや… 今 俺が言ったところで
余計 話 こじれるだけだろ。

(田所りさ)はっしー…。

割と 女の子がやっても
かわいいよね。

(仲川杏奈)ちょっと はっしー!

(朝倉ひかり)
もう… しっかりしてよ。

まあ… さすがに
マジでリーゼントにはしないだろ。

いや あれは絶対しちゃうって。

(相多)橋下さん 風紀委員だし。

委員 関係ないし。

奥ゆかしい橋下さんの
風紀を乱したのは お前だろ!

あっくんが 橋下さんとの思い出
忘れてるから

こんな事になったんだぞ。

そう言われても
身に覚えがないんだって。

ああ~… このままじゃ

俺の大好きだった橋下さんが
リーゼントに…。

いやいや いやいや その その…。

橋下さんが好きだったのは
今じゃなくて前な?

井田の前の話! なっ?

そうか。 青木は
好きな奴 いっぱいいるんだな。

ああぁ~…! ああ… うっ…。

うう…。
行ってこいよ。

橋下さんの事
心配してる場合じゃないだろ。

ちゃんと思い出せよ。

井田 待って!

んっ?

橋下さんの事 本当 違うから。

違うって?

だから…

今は お前だから。

…って 何 言わせてんだよ!

お前が勝手に言い出したんだろ。

それより 何か あったのか?
えっ?

朝から
すげえ真剣な顔で走ってたし

困った事があるなら
相談のるけど。

いや なんでもない。
そういえば

なんか 朝
俺に話があるって言ってたけど

あれ 何?
ああ…。

俺たち 付き合ってるだろ?

こんなとこで
急に 何 言ってんだよ!

考えたんだけど

付き合うって何していいか
わかんねえなと思って。

はあ?

俺 付き合った事ないから

青木に相談してみようと
思ったんだ。

そんなん知らねえよ。
俺も付き合った事ねえもん。

何か あんのかと思って。

言い出しっぺだし
告ってきたのも。

なんだよ それ!
惚れたお前が負けみたいな言い方。

まあ 完全に負けてますけど…。

なあ 付き合うって
何すればいいんだ?

付き合ったら する事って…。

《俺と井田が…》

その反応は 何か あんのか?

ないよ! ないない!

危ないって。

いや 待てよ。

俺 お前と
1個だけ したい事あったわ。

何?

いや… やっぱ いい。

なんだよ? 言ってくれよ。
そのほうが俺も助かる。

あの その…

一緒に

昼飯 屋上で食べませんか?

昼飯?

無理にとは言わないし

嫌なら全然いいんだけど。
全然…。

別にいいけど。
マジで!?

飯 食うだけだろ?
2人っきりだぞ?

本当にいいのか?
おう。

(携帯電話の着信音)

(相多の声)「思い出した!」

じゃあ またあとで。
あの… 屋上で!

おう…。

それで? 何を思い出したんだ?

1年の時 橋下さんって…。
うんうん。

俺的には
すげえ 印象悪くてさ…。

何 言ってんだよ あっくん…。

あっ… 橋下さん
もしかして 今の…。

感じ悪いのは そっちだよ。
陰口 言うなんて。

(ため息)

今のは陰口じゃなくてさ…。

いい! 言い訳なら聞きたくない。

うわ… ずるっ!
おいおい…。

言い訳じゃねえよ!
俺は ただ 事実を…。

事実!? ひどいよ!
だから 最後まで話を…。

相多くん 本当 デリカシーない!
ケンカ やめろって…。

青木くんは関係ないでしょ!
青木は関係ないだろ!

おっしゃるとおりです…。

もういい。 さようなら。

えっ? ちょっ 橋下さん…。
こっちこそ さようなら。

あっくん…。

もう…。

青木 こんな所にいたのか。

井田ぁ…。

昼飯の時間だぞ。
えっ…?

ああっ…! ごめん。

どうした? 大丈夫か?

…うん。 なんでもない。

行こうぜ!

♬~

(市井 蓮)あっ 豊田。
井田 どうする?

(武地正志)誘い行こうぜ!

(豊田 駿)いや 今日は あいつ
用があるみたいだったから

部室 行こう。

いい天気だな。

…だな。

《なんか イメージと違う…》

《そもそも 井田は
俺といて楽しいのか?》

《何 考えてるか
わかんねえし…》

《付き合うって
こういう事じゃない気がする…》

ありがとな
飯 付き合ってくれて。

ん? ああ…。

でも もういいや。

悪かったな 無理に付き合わせて。

なんで もういいんだ?

だって 井田
なんも しゃべんねえし

俺と飯食っても
全然楽しくねえだろ?

お前こそ
なんで しゃべらないんだ?

いや 俺は別に…。

俺は お前がしゃべるのを
待ってただけだ。

何か
悩み事があるんじゃないのか?

えっ?

お前 朝から ずっと

なんか
別の事 考えてるみたいだし。

…ごめん。

(井田の声)
橋下さんがリーゼントに…。

止めようとしたんだけど
余計 ややこしくしちゃって…。

俺は とんだおせっかい野郎だ。

なんか

橋下さんの事を好きだったの
お前に知られたから

それで 橋下さんを心配してるの
言い出しにくくなって…。

黙ってて悪かったな。

でも 今は 本当 違うから。

それは もう わかったって。

俺は とんだ
移り気おせっかい野郎だ…。

自虐を増やすな。

そんだけ一緒に悩んでくれるから

橋下さんも
青木に相談したんじゃないのか?

十分に力になれてると思うけど。

でもな… 2人が…。

♬~

青木は悩むの得意だよな。

なんか わかってきた。

(仲林大翔)おお 青木と井田
こんな所に!

えっ? えっ いや 別に…

天気がきれいだなあと思って。

我がクラスで問題発生だ。

問題?

橋下さんが失踪した。
(井田・青木)失踪!?

(野々村美月)単なる早退だって
言ってるでしょ。

橋下さんと仲のいい
田所さんたちも

理由はわからないと言ってるし
心配だろ?

痛い…。

青木 橋下さんと仲いいし
井田くんは同じ風紀委員だし

何か知らない?

いや 何も…。

(仲林)我がクラスで
一体 何が起こってるんだ!?

大げさなんだって。
きっと 体調不良とかでしょ。

行くよ!
(仲林)ああっ…!

何か わかったら 教えてくれ!

行ってこいよ。
気になってんだろ?

えっ?

いや… せっかく
お前と飯食ってんのに…。

俺は…

誰かのために頑張ってる青木の事
すげえいいと思ってるから。

♬~

ありがとう。 行ってくる。

♬~

(谷口正博)みんなが大好きな
数学の時間だ。

あれ? 橋下の他に
相多と青木も早退したのか?

誰か 何か聞いてるか?

井田 知ってるか?

2人とも 橋下さんを心配して
ついていきました。

ああ そっか。 わかった。

じゃあ 授業を始めまーす。

えー 115ページ。

前回やった この一般角
復習します。

♬~

(相多)ストップ ストップ!

待てってば!

誤解されたままなの
嫌なんだけど。

どいてよ!
嫌だね!

(自転車のベル)

(たたく音)
(相多)うおっ…!

張り手 強っ…!

私 用事あるから。

用事って
リーゼントになる事かよ。

青木から聞いた。

それだけは やめておけ マジで。

放っておいて!

後悔しても知らねえぞ。

相多くんには関係ないでしょ。

ちょっと待った!

青木くん!?

お前… 何やってんだよ。
授業中だろ。

橋下さんを止めに来た。

いったん
冷静になったほうがいいって。

でも もう
予約 入れちゃったし…。

キャンセルすればいいじゃん。

それは お店に迷惑だよ。

だったら

俺が代わりにリーゼントになる!

(店員たち)
ありがとうございました。

じゃあ 俺 こっちだから。

青木くん!

ありがとう。

♬~

(相多)なんか… こけしっぽいな。

1年の時もさ
こけしっぽいなって言ったら

俺の事 無視したよな 橋下さん。

思い出したんですけど~。

それは 恥ずかしかったから…。

俺の事 苦手なんだろうなって
思った。

なんか こう… ノリが違うし

真面目と不真面目?

苦手なんて そんな事…。

2年になって だんだん
しゃべってくれるようになって

すっげえ嬉しかったんだよ。

けど…。

橋下さんと付き合うのは

正直 あんま
イメージできないっつーか…。

ごめん。

うん…。

でも 俺 橋下さんの事
友達として好きだよ。

今日 もっと好きになった。

本当?
うん。

しゃべったら すげえ楽しいし

なんか
リーゼントになりたがるし。

笑わないでよ。

いや 面白すぎるから。

ひどい。

ああ…

もったいない事したな
今まで 俺ら。

あっ 俺 こっちだから。

じゃあ また明日。
うん。

相多くん!

ん?

これから
もっと知ってもらえるように

頑張っていい?

おう!

かかってこい!

あっ…。

フフッ…。

フフッ…。

じゃあ。
(相多)じゃあ。

ようやく笑ってくれた。

よっしゃ 笑った!

♬~

♬~

えっ? 橋下さん 今 なんて?

だからね

私 まずは青木くんを目指します!

気づいたの。

今まで 私
相多くんの前で恥ずかしがって

自分の事
ちっとも見せてなかったんだって。

かっこ悪くても
ダメダメでもいいから

ありのままで
ぶつかってみようって思ったの。

青木くんみたいに。

橋下さん…。

かっこ悪くて ダメダメって…。

ご ご ご… ごめん! 青木くん。

そういう意味じゃなくて…。

(女子生徒)えっ!? 井田…?

(女子生徒)何があったの?
(女子生徒)待って 待って…。

えっ お前… どういう事?

いや 同じ風紀委員として 俺も。

ありがとう。

でも もう大丈夫だから。

おはよう! 相多くん。

痛いって。

えっ? そんな強くしてないよ。

これからは困った事があったら
なんでも相談しろよ。

えっ?

付き合うって
よくわかんねえけど

2人で いろんな事 話し合ったり

助け合ったりするんじゃ
ないのか?

少なくとも 俺は

お前が困ってたら 助けたい。

井田…。

じゃあ あとで また屋上な。
えっ?

昼飯 一緒に食べようぜ。

♬~

青木 いなくなるのか?
寂しくなるな…。

(岡野亮平)どこまで進んでんの?
なっ… なんもないっすよ!

青木は どうしたい?

大事にしたいな。
大事にしてくれる人を。

付き合ってんだよ!
いいだろ 別に。

〈『「消えた初恋」学級日誌』

第3回は 学級会で衝撃発言!?〉

〈このあとすぐ TELASAで
独占配信スタート〉