消えた初恋 #8 大事にしてくれる人を大事にしたい!触れ合う手!![字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

消えた初恋 #8 大事にしてくれる人を大事にしたい!触れ合う手!![字]

道枝駿佑、目黒蓮のW主演でおくる初恋ラブコメ!大至急、数学をレベルアップしなければならない青木の前に現れたのは…?青木と井田、二人の手が触れ合うキュンな時!!

◇番組内容
ライバル出現のピンチを乗り越え、また少し絆が深まった青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)。しかし、担任の谷口先生(田辺誠一)との面談で、急ピッチで数学をレベルアップしなければ相当ヤバイという衝撃の事実を突きつけられた青木は、教育実習生の岡野先生(白洲迅)から集中的に個人指導してもらうことになる。そんな中、恋を一歩進展させる勇気を出した青木は、いざ行動に移そうとするのだが…?二人の手が触れ合う時!
◇出演者
道枝駿佑(なにわ男子)、目黒蓮(Snow Man)、福本莉子、鈴木仁、田辺誠一
◇原作
『消えた初恋』
【原作】ひねくれ渡
【作画】アルコ
(集英社「別冊マーガレット」連載)
◇脚本
黒岩勉
◇監督
宝来忠昭
◇音楽
【音楽】富貴晴美
【主題歌】Snow Man『Secret Touch』(avex trax)、なにわ男子『初心LOVE(うぶらぶ)』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、伊藤学(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kietahatsukoi/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 青木
  2. 井田
  3. 岡野先生
  4. 岡野
  5. 本当
  6. お前
  7. 一緒
  8. 頑張
  9. 店員
  10. 勉強
  11. 約束
  12. 相談
  13. 谷口
  14. 道案内
  15. お願い
  16. ハハッ
  17. ラーメン
  18. 今日
  19. 大事
  20. 部活

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(井田浩介)
青木は悩むの得意だよな。

なんか わかってきた。

(橋下美緒)
もっと知ってもらえるように

頑張っていい?
これからは困った事があったら

なんでも相談しろよ。

お前が困ってたら 助けたい。

補習?

(青木想太)そうなんだよ…。

(谷口正博)
えっ? 大学行くのか?

はい。 そのつもりですけど…。

(谷口)そっか…。 ごめん!

めちゃめちゃ急いで勉強しないと
やばい。

理数系で これは まずいな…。

いきなり
そんな事 言われましても…。

あっ!
青木にうってつけの人がいるぞ。

うってつけの人って?
なんか

俺みたいに
数学の成績 最悪だったけど

途中から頑張って
東ヶ岡国際大学に入った人が

実習生で来るから

集中的に
個人指導してもらう事になった。

へえ~。 よかったじゃん。

よくねえよ…。

(相多颯斗)お前…

井田に教えてもらって
点数 伸びてたのに

もう バカに転落したのか?

そんなに数学苦手なら
文転するのも ありじゃね?

でも 文系
知らない人ばっかだから…。

お前なあ… 自分の人生なんだから
他人に左右されるなよ!

わかってるよ!

青木 いなくなるのか?

まだ決まってない!
いなくなる前提で進めるな。

寂しくなるな…。

今… 「寂しい」って言った?

おう。

《そっか…
井田が寂しいって言うなら

頑張ろうかな》

完全に 他人に左右されてる…。

(谷口)はーい 席ついて!

紹介します。

今日から教育実習に来てくれた
岡野先生だ。

教育実習生の
岡野亮平といいます。

今日から3週間 みんなと一緒に
勉強をさせてもらいます。

よろしくお願いします!

(拍手)

(仲林大翔)
ようこそ 2年3組へ!

学級委員長の…。
(野々村美月)委員長 うるさい。

《岡野先生… 俺の未来は
あなたにかかっています!》

♬~

お待たせ。 青木想太くん?

はい!
よろしくね。

よろしくお願いします!
頑張ります!

おおっ! 気合入ってるね。

まあ でも
初日は気楽にいこうか。

苦手分野とか得意分野とか

まずは 焦らず
お互い知っていこう。

《おお~! なんか
余裕があって かっけえ…》

すいません…。

ハハッ…。 謝る事ないって。

俺も 2年の時は
こんなもんだったよ。

そうなんすか!?
(岡野)そうそう。

でも 彼女も理系で
必死でやったら 得意になってさ。

ハハハハ…。
あのっ 俺も まさに それで…。

やるねえ 青木くん。

いやあ…。

で? どっちから告ったの?
青木くんから?

まあ 一応…。

「青木くんから告白」…。

ちょっと
メモんないでくださいよ!

お互いの事 知ったほうが
勉強も はかどるでしょ?

どんな子?
どういうとこを好きになったの?

真面目っつーか…

真剣に考えてくれるところとか
いろいろ…。

髪形とか 身長とかは?

短髪っすね。 背は高いです。

部活とかは やってる感じ?
あっ やってます。

いいねえ! 爽やかじゃん。

で? どこまで進んでんの?

なっ…! なんもないっすよ!

怪しいなあ その反応。

よかったら 相談のるよ。

えっと…

昼とか 一緒に食べてて…。

(ペンが落ちる音)

なんか… ごめん。

えっ!? いやいや… 何がっすか?
俺 なんか まずいっすか?

いや…
ピュアでいいなと思って。

やっぱり
高校生で付き合ったら

手 繋ぎたいとか

キスとか… したいなって
思わないのかなって。

まだ そこまで考えてない
っていうか…。

付き合ったばっかだし。

案外 向こうは
待ってるかもしれないよ。

えっ!?
まあ 勝手な想像だけど。

はい! 雑談 ここまで。

(大路弘夢)あ~ん。
(姫宮るみ)あ~… げないっ!

おい るみ! コラ!

いくよ? あ~げないっ。

(大路)お~い! るみ! コラ。

井田 お前 風紀委員だろ?
取り締まれよ。

むちゃ言うな。

それに 別に 悪い事じゃないだろ。
合意の上みたいだし。

なんだよ? その顔。

お前って
そういう事 知ってんの!?

まあ そりゃ…。

《そんな 当然のように…》

《待てよ。 じゃあ もしかして
俺の事 そういう目で…?》

(岡野の声)案外 向こうは
待ってるかもしれないよ。

《マジで…? そうなのか?
やっぱ そうなんですか!?》

《それなら…》

《それなら…》

うわっ!

ああっ…! 別に ジュース
取ろうとしただけだって!

紛らわしいとこに 手 置くなよな。
ハハッ… ハハッ…。

井田も あの 水 ちゃんと
の… 飲んでおいたほうがいいぞ。

《あっぶねえ…!》

《うかつに 俺 調子こいて…。
笑っちゃうぜ》

《あの井田が「うわっ」って…
「うわっ!」って…》

(岡野)青木くん どうしたの?

なんか 最近 ものすごい集中力で
勉強してるけど…。

学校は
勉強するところじゃないですか。

それに 問題を解いてる間は
嫌な事を忘れられるので。

もしかして…
振られちゃったとか?

(芯が折れる音)

(岡野)あっ… ごめん。

青木くん これ見て。

うわっ! やった!

岡野先生のおかげです!

青木くんがすごいんだよ。

青木。
あれっ? 井田。

何 眺めてたんだ?

これ!

なるほど。
幸せをかみしめてたのか。

いいだろ? 喜んだって。
すげえ大変だったんだから。

めちゃくちゃ課題もやって…。

だから
最近 元気なかったのか?

ああ… それは…。

うわっ!

《あの時から お前が
手 隠すようになったから…》

あのさ 井田…。

この間 びっくりしたろ?
えっ?

階段で 飯食ってる時
俺が急に 手 触って…。

もう しねえから。

だから もう そんなに
警戒しなくていいし…。

青木。
ん?

手 貸して。
…えっ?

えっ? えっ えっ えっ えっ…!
なんだよ!? えっ ちょっ…。

熱っ… 熱っ!

この間 思ったより冷たくて
びっくりした。

青木って冷え性? 極度の。

お前 「うわっ!」って…。

あれは

お前の手が異様に冷たかったから
驚いただけだって。

はあ~…。

紛らわしいよ 井田は…。

青木こそ 早とちりだ。

よかったあ…
キモいとかじゃなくて。

♬~

…ん?

井田ってさ…
どこまで わかってんの?

何が?

だから…
付き合ったら 普通

あんな事や そんな事
するんだぞ。

知ってるよ。

そっか…。

今すぐ どうとは
考えてないけど…。

青木の事 気持ち悪いなんて
思うわけないだろ。

…うん。

♬~

なんだ? あれ…。

《あれは うちのクラスの
井田くんだ。 間違いない》

《つまり…
つまり 青木くんは…》

《そういえば 俺 なんか
やたら慕われてる気がする…》

ほら 岡野先生!

ジャーン!
うわっ…!

えっ? そんなびっくりした?

あっ… アハハ…。

すごいな 満点じゃん。
うん!

岡野先生 覚えてる?
何が?

小テストで100点取ったら

ラーメン おごってくれるって
言ってたじゃん!

ああ…。

やっぱ あれ なしで。

ええ~っ? なんでだよ~!

俺 楽しみにしてたのに!

連れてって 連れてって…。
俺 そういうの興味ないから。

《やべっ! つい…》

いや… あのさ…。

昨日 見ちゃったんだよ
歩道橋の…。

青木くんが その…
そうとか知らなかったから。

だから…
約束の件は ごめん。

あっ もちろん
誰にも言わないから。

…うん。

ありがとう 岡野先生。
ごめんね 言ってなくて。

(岡野)いや こっちこそ…。
悪いな。

うん。

♬~

《しょうがないよな
そういうもんだし…》

(相多)もう… なんで俺たちが
青木の日直の雑用 手伝うんだよ。

青木 何か あっただろ?

えっ…?

言えよ。 約束したろ?

困った事や悩み事があったら
なんでも相談するって。

井田 なんで…?

態度に出てんの!
遅いんだよ ホチキス留めが。

それは ごめん…。

青木くんは
本当 すぐ 顔に出るよね。

で どうしたよ?

ああ…
大した事じゃないんだけど

岡野先生に 井田といるとこ
見られちゃってさ…。

それで
なんか 嫌われちゃって…。

でさ でさ ラーメン行く約束
やっぱ なしっつって…。

おごってもらうの
楽しみだったのに

本当 ツイてねえの。

青木。

大した事だよ それは。

…だよな。

ムカつく! 何? あの人!

は… 橋下さん…
後ろに なんか出てきた!

どうせ
適当な事 言ってる系だろ。

なぜなら 俺が そうだったから。
説得力がレベチだぜ!

そこ 威張るとこか?

…うん。 まあ そうだな。

学校の相談フォームに
クレーム入れてやる!

(相多)もう あんな奴の補習なんて
青木がやめちゃえばいいんだよ。

なんで!? 青木くん
何も悪い事してないのに!

いや もう 本当 大丈夫だから…。
2人はケンカしないでよ。

行こうぜ 青木。
…おう。

(井田・青木)お願いします。
(谷口)ありがとう。 ご苦労さん。

失礼します。

失礼します。

俺が話しに行くか 岡野先生に。
えっ?

いいって! 部活だろ?
サボる。

いや いい いい いい!
そんなの…。

誰にも言わないって
言ってくれてるし

もう 丸く収まったから…。

青木がへこんでるなら
丸く収まってはない。

井田…。

青木は どうしたい?

俺は…。

大事にしたいな
大事にしてくれる人を。

なあ 今日 部活終わったら 暇?
えっ?

ラーメン 食いに行かない?
2人で。

岡野先生なんて
こっちから お断りだ。

じゃあ 約束な。

うん。 あとでな。

部活 頑張れよ!
おう!

(谷口)おっ!
青木 また 点が上がったよ。

岡野くんは

生徒の才能を伸ばすのが
うまいんだな。

いや 俺なんか 全然…。

谷口先生こそ
昔は 結構 スパルタで

ガンガン
成績 伸ばしてたじゃないですか。

そういった時代も
あったねえ…。

何十年も この仕事してるとね
いろんな生徒に出会うんだよね。

みんな それぞれ
違った個性を持っている。

教師っていうのは
そういった個性を

見守っていく事が
仕事なんじゃないかって…。

もしかして 谷口先生
あの2人の事…。

あっ… 教材の準備しなきゃ。

ごめん! あと 頼んだね。
はい…。

(豊田 駿)
浩介 なんか焦ってる?

ああ 青木と約束があって…。

うい。 っしゃ!

いいよ あとは もう
俺が やっとくから。

いや それは悪いって。
気にすんなって。

ほら 待たせちゃうよ。

すまん。 じゃあ…。

サンキュー。
うん。

(井田の声)「悪い 少し遅れる。
先に店に行ってて」

(青木の声)
「わかった。 じゃあ店の前で」

すいません ちょっといいですか?
あっ はい。

あの このホテルへ
行きたいんですけど…。

ここです。
ああ~!

いやあ 本当に
ありがとうございました。

もう
なんとお礼を言っていいのか…。

いえいえ。 それじゃあ。
あっ… あの すいません!

あの これ…
ちょっと 受け取ってください。

えっ…! いりませんよ!
お礼です。

いやいや あの 本当…。
(岡野)何してるんですか!?

岡野先生…。

ぼけっとすんな。 行くぞ!
えっ…?

♬~

お前 もっと
自分の体 大事にしろよ!

じゃあな。

はあ!? 何 言ってんの?
俺は ただ 道案内しただけだって。

へえ~。 道案内ねえ…。

じゃあ この前の歩道橋の時も
道案内か?

付き合ってんだよ!
いいだろ? 別に。

ってか
岡野先生 偏見 やばいよ!

偏見…?

しょうがないだろ!
俺は そういうの知らねえし…。

そうやって
線引きされたくねえんだよ!

ただ 教えてもらって
嬉しかったんだ。

相談にのってくれたり

初めてできた先輩っつーか
兄ちゃんみたいで…。

それは… 知らなかったから
仲良くできただけで…。

だって 最初は…。

俺 最初から変わってないよ。

それだけだから。 それじゃあ…。

青木 お待たせ。

井田!
先 店入ってて よかったのに。

えっ? ああ…。

いや…。

なんか あった?

別に。 もう行こうぜ。

♬~

井田 もう いいって!

一緒にラーメン食べませんか?

えっ…?
おい!

だって 青木

岡野先生とラーメン行くの
楽しみにしてたんだろ?

空気 読めよ!

青木くん 井田くん

おごるから 一緒にいいかな?

♬~

えっ… どこ行くんだよ?

手 洗ってくる。
きちんとしてるな お前…。

あのさ…。

はい…。

正直 青木くんの事
簡単には理解できないけど

でも…
約束破る理由じゃなかった。

ごめん。

うん。

あと さっきは
本当に道案内しただけだから。

変な疑いかけて
本当にごめん。

っていうか 岡野先生
自意識過剰すぎじゃね?

思い込み激しいし。

しょうがないだろ。
俺 こう見えて モテるんだよ。

本当かよ?
偏見ヤバ男なのに…。

ああ…!
その呼び方は やめてくれ!

俺だって
誰でもいいわけじゃない。

井田が好きなんだ。

♬~

そっか…。

なんの話?
いや 別に…。

(店員)へい お待ち! みそ一丁!
(岡野)はい。

(店員)塩一丁!
はい。

(店員)しょうゆ一丁!
はい!

うまそ~!

見事にバラバラだな。
ここは みそがうまいんだぞ。

やっぱ ラーメンは
しょうゆが一番でしょ。

さっぱり 塩がベスト。

いただきます!
いただきます。

う~ん! うまっ!

うん うまい!

まあ いっか。

何が好きだろうと
人の自由だしな。

♬~

うん! うまっ!

あっ すいません。
(店員)はい。

あと 餃子とビールと…

ウーロン茶 2つ。
(店員)まいど。

ごめんなあ 青木くん…。

岡野先生 飲みすぎ…。

悪いな 井田。
ああ…。

あと… ありがとな。

岡野先生に話しに行くって
言ってくれて

嬉しかった。

そうか。

つーか 岡野先生 どうするよ?

そうだなあ…
この辺に置いてくか。

井田… ブラック!

…なんてな。

ちょっと 俺も 腹立ってたし。

えっ?

なっ… なんだ!?

いや
やっぱ 青木は優しいなと思って。

そうか!? 別に!

《井田って じっと
見つめてくるんだよなあ…》

《重くなってきた…。
マジで置いてくかな》

Snow Manが歌う
このドラマの主題歌

『Secret Touch』のCDを
30名の方にプレゼント致します。

詳しくは 番組ホームページを
ご覧ください。

2人で一緒に出かけるか。
好きな人にケーキを渡すと

恋が成就する…。
(豊田)青木の「好き」と同じか?

好きって
言われてねえんだよなあ…。

本気で付き合う気ねえだろ!

〈そして 12月4日は特別編〉

〈2人の初恋が全部わかる!〉

〈『「消えた初恋」学級日誌』

第4回は おなじみシーンの
ロケ地へ潜入!〉

〈このあとすぐ TELASAで
独占配信スタート!〉