言霊荘 #2【予想だにしない第1話ラストに話題沸騰!新感覚ホラードラマ!!】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

言霊荘 #2【予想だにしない第1話ラストに話題沸騰!新感覚ホラードラマ!!】[字]

あるアパートで発した言葉が“言霊”の力で現実になる…新感覚ホラードラマに急展開!!西野七瀬・テレビ朝日ドラマ初出演&初主演×今最も勢いのある若手女優陣が集結!

詳細情報
◇番組内容
コトハ(西野七瀬)の友人・紗香(三吉彩花)が「楽になりたい…」と発したその言葉通りに、紗香が謎の死を遂げた。女性限定アパートに住む丸山栞(中村ゆりか)に不信感を抱いたコトハとレイシ(永山絢斗)は、栞が抱えるある衝撃の事実にたどり着く!一方、ジャーナリストから贈収賄の疑いをかけられていた栞は「記憶にありません」と政治家の秘書らしく言い逃れるが、その言葉が自身に降りかかり、怪現象に巻き込まれていく…!!
◇出演者
西野七瀬、永山絢斗、内田理央、堀田真由/森田望智、石井杏奈、中村ゆりか、斉藤由貴
【第2話ゲスト】マギー
◇脚本
橋本裕志
◇演出
落合正幸
◇音楽
沢田完
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】浜田壮瑛(テレビ朝日)、谷口達彦(ABEMA)、木曽貴美子(MMJ)、村山太郎(MMJ)
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/kotodamasou/
☆Twitter
 https://twitter.com/kotodamasou
☆Instagram
 https://www.instagram.com/kotodamasou_tv_asahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 紗香
  2. ボイラー室
  3. 島谷
  4. 言霊
  5. 昨日
  6. 島谷進次郎
  7. 鳴海
  8. ノック
  9. 警察
  10. 言葉
  11. 除霊
  12. アパート
  13. ドア
  14. ブレスレット
  15. 綾子
  16. 刑事
  17. 携帯電話
  18. 号室
  19. 振動音
  20. 大高幹事長

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



楽になりたい?

フフッ…。

(阿木紗香)あっ…! ああっ…!

(歌川言葉)紗香! 大丈夫!?

紗香! 紗香!!

(刑事)死亡したのは
1号室の阿木紗香さん。

ほら あの 番組出演中に
心筋梗塞で亡くなった

桐嶋漣の『希望の虹』っていう

今 流行ってる歌を
手掛けた作詞家です。

せっかく 夢 つかみかけたのにね。

空耳を気にしてたの。

「約束したよね」っていう…。

(林原早紀)
やっぱり 約束を破って

誰かに恨まれていたのかも…。

紗香さんを恨んでいた人がいた?

(言葉の声)紗香の夢は
次々 叶っていきました。

(中目零至)世界的大ヒット曲の
作詞家さんならね。

(言葉の声)でも
奇妙な現象も起こり続けて

紗香は苦しんでいました…。

それで 除霊をねえ…。

夜明けまで祓詞を唱えたら
霊を鎮められるはずだったんです。

ところが 鳥が鳴きだして
カーテンを開けたら

まだ深夜だったんです。
空耳だったんです!

除霊は失敗してしまいました…。

♬~

お二人が除霊をしていた事を
証言できる人は?

いや… あのね 刑事さん

わざわざ 人に見せるもんじゃ
ないでしょ。

わかってますか?

あなたたちは
疑われてるんですよ。

えっ?

いました 証言できる人。

祓詞?

(刑事)昨日の夜から
今日未明にかけてです。

この間 引っ越してきた
歌川言葉ですけど。

こちらの部屋まで
聞こえてましたよね?

だから 栞さんは

静かにしてほしくて
ドアをたたいたんですよね?

(ノック)

誰だよ。
隣の部屋の栞さんだ。

(ノック)

記憶にありません。

…えっ?

(栞)昨日は徹夜で会議があって
明け方 帰ってきたんです。

どうして 嘘をつくんです?

フフッ…。

嘘をついてるのは
あなたのほうじゃないかしら?

ところで 刑事さん
何があったんですか?

1号室の阿木紗香さんが
お亡くなりになりました。

えっ…?

死んだんだ…。

残念ね。

ちょっと 署で
お話を聞かせてもらいましょうか。

(島谷進次郎)
「嘘をつかないでください」

(島谷)「あなたは 秘書として

大高幹事長と共に
六角建設幹部との会食に同席した」

「その際 3000万が入ったバッグを
受け取った」

「その1週間後
都立公園の建設事業が

六角建設に落札された」

「これは
贈賄に対する見返りですよね?」

(栞)前にも言いましたよね。

六角建設幹部との会食は
友人としての親睦会です。

島谷さんの言う
不正なお金のやり取りについても

一切 ありません。
(キーを打つ音)

(メールの受信音)

(鳴海 了の声)
「島谷の件 準備は整った」

(ため息)

(カラスの鳴き声)

うるさいカラスね。
静かになんないかしら。

(カラスの鳴き声)
(ぶつかる音)

「本当に覚えてないの?」

「覚えてないわよ 何も」

「あの夜の事
一から説明してほしい?」

「やめて。 思い出したくもないの」

「じゃあ 永遠に忘れさせてあげる」

(蝶野 繭)そうですか。
警察からは解放されましたか。

紗香の死因は

突発性の心筋梗塞だって
認められて…。

最大の原因は
除霊の失敗です。

(志麻)もし アパートに

言霊を操る呪縛霊が
すみ着いているのなら

除霊に怒って
彼女の命を奪ったとしても

おかしくありません。

即刻 立ち退くべきです。
…だとさ。

いや 困ります そんな!

本当に霊がいるなら

今までも 怖い事件が
起きていたはずですよね。

そんな話 聞いてないし。

あなたの都合で
存在を否定されたんじゃ

霊も たまったもんじゃないわね。

トシマさんは 当たり前に
霊の仕業とかおっしゃいますけど

事件を起こすのは人間ですよね?

まず 紗香を追い詰めた
悪意の人間が

いなかったかどうかを
調べてみないと…。

零至くん。
はい。

この残念な小娘を 私の視界から
消し去って頂けない?

もちろんだよ。
俺だって 二度と関わりたくない。

それは こっちのセリフです!

このアパートには
やっかいな霊が すみ着いてます。

私には見えるんです。

ちょっと…。

紗香さんの死も そのせいです。

だからこそ 私は この霊験…。

霊験あらたかなる このお札で…。

あなたをお守りしたい。

本日は 特別価格の25万円で
お譲りできればと…。

あっ… じゃあ さらに半額で
13万でいいですから!

(施錠音)
(ため息)

クズね あんた。

ビジネスチャンスかなあ
なんて…。

そんな暇あるなら
引っ越し整理 手伝って!

いやいや… なんで 俺が?

霊感商法の事
警察に通報されたい?

たらたらしてんじゃねえよ。
ちゃっちゃとやれよ!

ねえ ねえ ねえ…。

ひょっとして
言葉ちゃんってさあ…。

ViewTuberやってますけど何か?

いや!
でも 聞かない名前だなあ…。

ああ 全然 売れてないのか。
大きなお世話です。

(鈴)

シッ!

なあ この音…。

(鈴)

紗香のブレスレットの音だ…。

(ノック)

(ノック)
(鈴)

♬~

なんで? 俺んちじゃ…。

ああっ…!

栞さん?
何か?

警察に
余計な事 しゃべらなかったか

確認しに来たの。

余計な事…?

(ため息)

(鈴)

私 都議選に出馬する話があるの。

変死事件に絡めて
私の名前が出るのは迷惑なの。

(鈴)
二度と巻き込まないでね。

(鈴)

(施錠音)

なんで 紗香さんと同じ
ブレスレットしてんの!?

私 彼氏に
二股かけられてた事があるの。

なんで 今
自らの過去の傷をえぐる?

2人とも 同じ指輪を
プレゼントされてたの。

桐嶋漣が 紗香と栞さんに

同じブレスレットを
あげてたとしたら…。

無理やり三角関係かよ。

だって 栞さん
お祓いの時 ドアをたたいたのに

アパートにいなかったって
嘘ついたのよ。

なんか隠してる事 あるのよ。

紗香の事
恨んでたのかもしれない!

だから 無理やりだっつうの!

栞さんの部屋を調べれば
何か わかるはず。

どっかに落ちてたりしないかなあ
2号室の部屋の鍵…。

あっ!
えっ?

(鈴)

んっ…。
ん?

(鈴)

(施錠音)

(鈴)

(ノック)

管理人さん いらっしゃいますか?
ちょっと ご相談がありまして…。

♬~

あっ。
あっ…。

♬~

(解錠音)

こんな事 ある?

やるなら 今ね。
マジかよ…。

確かめなきゃ。

ないわ… 何も出てこない。

おい… もういいだろ?

紗香さんや桐嶋漣とは
無関係なんだよ。

でも 紗香と同じブレスレット
してたでしょ?

偶然だって!

だけど いたのに いなかったって
嘘までついて…。

あっ…。
何?

ここに
手掛かり 眠ってるかもしれない。

いや…
ロックかかってるだろ 普通。

かけてない事も あり得るじゃん!
ない。

お願い。 そうであって。

願いが叶った!

なあ… なあ!

鍵が落ちてたのも
パソコンが開いたのも

言霊の力じゃ…。
ちょっと黙ってて。

(クリック音)

「わたしは
どうすればいいんですか?」

(クリック音)

「10月15日 13時に
島谷を地図の場所へ連れて来い」

「1千万円で
島谷進次郎の口を永遠に」…。

(クリック音)

「了解しました。 現金 手配します」

「産廃処理工場のボイラー室に
島谷を誘い込め」

「間違ってもお前は中に入るな」…。

やばすぎないか? このメール。

島谷進次郎って人の口を
永遠に塞ぐ…?

それを 鳴海了って男が
1000万で引き受けた。

だとすると
15日の13時に 島谷進次郎は…。

やだ あさってだよ!

見なかった事にしよう。

はあ!?
「はあ!?」って…。

深入りしたら
こっちまで大変な事になるぞ…。

でも
人が殺されるかもしれないのよ。

(シャッター音)

(キーボードを打つ音)

(シャッター音)

(カメラのシャッター音)

島谷進次郎っていうのは

名の知れた
ジャーナリストみたいだな…。

あっ! 栞さんも載ってるぞ。

「贈収賄疑惑」…?

♬~

やっぱり やばいって
ここに関わるのはさ…。

「あの報道が出たあと…」

大高幹事長は 秘書の栞さんに
記事のもみ消しを指示した。

それで 六角建設幹部から
鳴海了という男を紹介された…。

議員秘書ってのは

殺しの手伝いまで
させられんのかよ…。

で そのご褒美が
都議選立候補って事か。

都議選に出馬する話があるの。

最低ね。

立候補なんてできないくらい
不幸な目に遭えばいいのに。

あれっ? ネガティブな発言は
しない主義じゃ…。

あっ…。

ああ… 鍵が落ちてたのも
言霊の力だとすると

次は 栞さんが
不幸な目に遭うのかもしれない。

やだ やだ やだ!
そんなの やだ…。

お待ちしてましたよ。

(栞)勘弁してくださいよ
アパートまで押しかけるなんて…。

(島谷)あなた
大高幹事長の秘書として

10月13日…
つまり 昨日の昼間も

六角建設の幹部と
会ってますよね?

真実を話してください
丸山栞さん。

昨日の事は
一切 記憶にありません。

♬~

ちょっと いいですか?

なんなの?

私は 正直に
不正を認めるべきだと思います。

報道は事実無根なの。
言いがかりは やめてくれない?

待って!

(ため息)

そもそも
あなた 不法侵入じゃない?

どこの記者かしら?
えっ…?

昨日も会いました。
紗香の件で 警察に証言を…。

覚えてないわね。

えっ? 紗香さんの件って何?

だから…
紗香が亡くなった時の件です。

フフッ…。

紗香さんが亡くなった?

はあ…。
あなた 何 言ってるの?

ふざけないでください!
私は真剣なんです。

明日 10月15日の計画も
知ってるんです!

絶対にやめてください!

瞳さん! 助けてくれない?

この人 おかしいのよ。

面識もない私に
訳のわからない事 言ってきて…。

揚げ句の果てに 紗香さんが死んだ
とか言いだすのよ。

大丈夫? 栞さん…。

紗香さんは
亡くなりましたよね。

えっ…?

♬~

そうだったかしらね…。

♬~

どうしちゃったのかしら?
栞さん…。

♬~

(キーボードを打つ音)

♬~

(携帯電話の振動音)

大高先生… 何かありましたか?

(大高康司)「今夜の会合は
日を改める事になった」

えっ? 今夜の会合…?

「昨日 約束したろ?」

「君の都議選出馬の
ご挨拶に行くのを」

「まさか
忘れたわけじゃないよな?」

ああ… はい。

昨日の約束って… 私 そんなの…。

♬~

(物音)

えっ…。

(携帯電話の振動音)

どうした? 動きでもあったか?

犯行予定の時間になっても
出かける気配がないの。

計画を中止したのなら
いいんだけど…。

(携帯電話の振動音)

鳴海さん 何かありましたか?

(鳴海)「とぼけた事
言ってんじゃねえよ!」

「今 どこだ?」

今は…。
「こっちは ずっと

産廃工場のボイラー室で
スタンバってんだよ!」

産廃工場のボイラー室…?

「地図 送ったろうが!」

「携帯にも送っとくから

30分以内に来なかったら
ぶっ殺すぞ てめえ!」

えっ…?

♬~

栞さんが出かけた。 追いかけよう。

えっ?

追いかけよう!
うん…。

♬~

ボイラー室… ボイラー室…
ボイラー室…。

♬~

なあ… 見ろよ これ。

紗香さんが亡くなった日の朝まで
続いた会議の写真だ。

えっ…?

あの夜
栞さんは2号室にいなかった。

じゃあ あの時
ドアをたたいた音は?

言霊だよ!

(ドアの閉まる音)

(ドアノブを回す音)
ん…? えっ…。

(携帯電話の振動音)

鳴海さん?
私 今 ボイラー室の中に…。

(鳴海)「島谷進次郎は どうした?」

島谷進次郎って なんの話…?

「何 言ってんだよ!
段取り 確認しただろうが!」

覚えてないの…。 段取りって?

(鳴海)島谷だけ
ボイラー室に誘導して

閉じ込めるんだろうが!

島谷さんだけを閉じ込める…?

♬~

(ガスの噴出音)

♬~

(鳴海)何してる!?
中止だ 中止! 止めろ!

♬~

…ああっ!

♬~

(蹴る音)

大丈夫か!?

栞さん…。

自分で罠にはまるなんて…。

言葉にしたとおりの不幸が起きた。

まさか… 言霊?

私のせい?

(チェーンを踏む音)

♬~

どうして ここに綾子さんが?

(綾子)「今日 午後2時半頃
大田区の産業廃棄物処理工場で

女性が倒れていると
110番通報があり

警察が駆けつけたところ
この女性は

民事党 東京都議連の
大高幹事長の私設秘書

丸山栞さんである事が
わかりました」

「丸山さんは 現在も
意識が戻っていないという事です」

♬~

(志麻)言霊は 嘘が嫌いですから。
「嘘は 心の麻薬」。

「3度目の嘘は許されない」。
(ガラスの割れる音)

どうして
真実を報道しないんですか?

(綾子)余計なお世話よ。
(志麻)言霊の魔力によって

制御できなくなってしまった…。
(綾子)ああっ…!

嘘への警告かもしれません。
君が言ってた言葉が現実になる。

〈さらに ABEMAでは

地上波では放送できなかった
本当の恐怖を描く

オリジナルストーリーも配信〉

魂が宿ります。

(井田浩介)「イダくん♥」って
何? それ お前…。