ラジエーションハウスⅡ #04【窪田正孝主演!これが私の幸せの形!】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ラジエーションハウスⅡ #04【窪田正孝主演!これが私の幸せの形!】[字][解][デ]

母娘バトルに、ラジハ騒然!?そんななか、母(中田喜子)が急遽入院することに。心配する娘・たまき(山口紗弥加)だったが、そこで、娘を想う母の愛を知ってしまい…

番組内容
唯織(窪田正孝)たちが働く、甘春総合病院のラジエーションハウスに、たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)が突然訪問。るり子は、いまだ独身のたまきを心配し、親同伴のお見合いをセッティングしてくれるという結婚相談所のパンフレットを無理矢理たまきに手渡す。「誰とも結婚する気がない」と反発するたまきに「いま結婚しないと、一生独身で孤独死まっしぐらだ!」と言い放つるり子。
番組内容2
実は前夜、自宅マンションでぎっくり腰を起こし、他に頼る人がおらず、小野寺(遠藤憲一)に助けを求めたばかりのたまきだったが、唯織だけでなく、辻村(鈴木伸之)らにもたまきとの結婚を持ちかけるるり子にイライラを募らせる。

そんな中、堀田成美(臼田あさ美)が夫の誠司(忍成修吾)に付き添われて救急搬送されてくる。弁護士の夫を持ち、2人の子宝に恵まれた成美は、パティシエの仕事を辞め、
番組内容3
いまは育児に専念しているという。

腹痛を訴えていた成美のレントゲン写真を見た杏(本田翼)は、便秘だと判断。成美は人より腸が長いこともあり、便秘になりやすいのだという。それを聞いた唯織は、便秘の原因のひとつに大腸がんがあり、成美が40歳であることも考慮し「一度きちんと大腸の検査をした方がいいのではないか」と杏に進言する。それを受け、杏は成美に検査を勧めるが…。
出演者
窪田正孝 
本田翼 
広瀬アリス 
浜野謙太 
丸山智己 
矢野聖人
 ・ 
山口紗弥加
 ・ 
遠藤憲一
 ・ 
鈴木伸之 
八嶋智人 
髙嶋政宏 
浅野和之
 ・ 
和久井映見 

〈第4話ゲスト〉
中田喜子 
臼田あさ美 
忍成修吾 

スタッフ
【原作】
『ラジエーションハウス』
(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社) 

【脚本】
大北はるか 

【音楽】
服部隆之 

【主題歌】
MAN WITH A MISSION『Remember Me』
(ソニー・ミュージックレコーズ) 

【企画】
中野利幸 

【プロデュース】
草ヶ谷大輔 

【演出】
水戸祐介 

【制作著作】
フジテレビジョン
スタッフ2
※「隆」の字は、「生」の上に横棒が入る旧字体が正式表記

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 検査
  2. 田中
  3. 堀田
  4. 成美
  5. 裕乃
  6. お母さん
  7. 小野寺
  8. 結婚
  9. 大丈夫
  10. お願い
  11. ハァ
  12. 軒下
  13. 誠司
  14. 悠木
  15. 安心
  16. 威能
  17. 子供
  18. 便秘
  19. 甘春先生
  20. 五十嵐

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



[ここに 一つの城がある]

(たまき)フフフ…。

[35年ローン]

[一人の女が
持ち得る私財全てを費やし

手に入れた家だ]

(たまき)カワイイ。
[女は言う]

[誰にも邪魔されない
最高の空間を手に入れたと]

ん~っしょ…。

[この瞬間までは]

(腰の鳴る音)
(たまき)うっ…。

嘘… 誰か…。

助けて~!

うああ… 誰か… あぁ…。

(田中)おめでとうございま~す!
ついにデビューされたんですね。

何がですか?
(軒下)ぎっくり腰だってよ。

えっ…。
(軒下)しかもさ

腰 動かなくて困っちゃって
呼んだ相手が

何と…。
(裕乃)えっ 技師長!?

(悠木)
他に呼べる男がいないなんて

寂しい人生ですね。
(たまき)たまたま

近所だったこと思い出して
妻子とも別居して

暇だろうから呼んだだけ。

こら たまき。
(たまき)はい。

せっかく助けてもらって
そういう言い方ねえんじゃねえの?

まあまあまあ…。
(たまき)だいたいね

独身だから寂しいだとか
不幸だとか

決め付けないでくれる?
全部の時間を

自分のためだけに使えて
最高に…。

えっ えっ えっ…?
(たまき)幸せだから。

ミカン作りに向いてるわね。
ミカン作り?

いい腕してる!

もし独身なら
うちの娘 もらってくれない?

うちの娘? えっと…。

お母さん?
(るり子)あっ。

お母さん!?
どうも たまきの母です。

え~? ちょちょ…。
どういうこと? ねぇ。

あんたこそ
その腰 どうしたの?

これはちょっと… 寝違えたの。

お正月もお盆も
帰ってこなかったじゃない?

だから会いに来ちゃったの。
(たまき)はあ?

あっ。 ねぇ これ お土産。
うちの畑で採れたミカン。

もう栄養たっぷりでおいしいのよ。

皆さんでどうぞ。
ご丁寧にどうも。

ちょっと来て ねぇ。
ありがとうございます。

(たまき)痛ててて…
私だって痛いの。

ありがとうございます!
あっ…。

(たまき)もう座って。

で? 本当は何しに来たの?

私 もうすぐ70でしょ。

いつまで生きられるか
分からないじゃない。

だから… これ。

ここならね 親同伴で
説明会も受けられて

親同伴で お見合いも
セッティングしてくれるんだって。

私が あんたにぴったりの結婚相手
見つけてあげるから

ほら 今からすぐに ほら
登録しに行きましょう。

冗談やめてよ。
もう その話なら済んだでしょ。

私は誰とも結婚する気ないから!
(るり子)また そんなこと…。

あなた 40よ? 40!
今 結婚しなかったら

一生独身よ。
孤独死まっしぐらよ。

だから…。

独りでいいの。 独りがいいの。

結婚なんてね 孤独に耐えられない
人間のする逃げ道よ。

お願いだから余計なことしないで。

いや あの…。 た… た…。

あの…。
(るり子)は?

初めまして。
たまきさんにお世話になっている

後輩の広瀬です。
五十嵐さんから

お母さまがいらしてると伺って
一言 ご挨拶をと。

あっ そう。
まあ ありがとう。

たまきのこと
よろしくお願いしますね。

フフフ…。
(裕乃)はい。

じゃあ。
(裕乃)あっ あっ。

大丈夫ですか?
腕 痛むんですか?

ハハッ 年よ 年。

もうすぐ70じゃ
ガタきて当然よねぇ。

ミカン畑やられてるんですよね?
大丈夫なんですか?

うんうん… 大丈夫。

もう 引退しようと思ってるから。
(裕乃)えっ?

このミカンがね
最後の収穫になりそうなの。

はい。
(裕乃)あっ。

皆さんに
直接 届けられてよかったわ。

おいしく召し上がってくださいね。
(裕乃)はい。

あの… そのこと たまきさんは?

あの子 今 それどころじゃないの。

あ~
私が何としてでも結婚させないと。

はい?
(るり子)私は絶対に諦めないって

たまきに
そう伝えといてください。

じゃ ちょっと散策を。

よいしょ。

どうして それを?
(威能)ミカンと一緒に入ってましたよ。

親同伴ってマジですか?

いよいよ たまきも
逃げらんなくなっちまったな。

お先にいただいてま~す。
フフフ…。

ヘヘヘ…。
(るり子)「登録するまで

お母さんは帰りません!」

たまきさんも どうぞ。
えっ?

いらないわよ! あのババア…。
えっ?

♬~

(誠司)成美
大丈夫だから 安心して。

(里美)いいなぁ。
ああやって困ったとき

そばにいてくれる 旦那さんが
いるって理想的ですよね。

(成美)ハァ ハァ ハァ…。

あぁ…。

大丈夫ですよ
すぐ終わりますから。

はい。
(たまき)田中 フラットパネル。

(田中)はい。
(たまき)条件 70キロボルトの30マスで。

(田中)はい。
(成美)ハァ ハァ…。

ハァ~。
(裕乃)お疲れさまです。

お疲れさまです。
呼吸器外科のカンファレンスでの一件

聞きましたよ。
《失礼します!》

《五十嵐さん!?》
(灰島)また余計な口

挟んだそうですね。
(裕乃)余計だなんて…。

(灰島)あなたが
どうして うちに来たのか

どうして技師として働くのか
私に まったく興味ございません。

(灰島)ですが
あなたが規律を乱すことで

当院の医師の残業が増え
しわ寄せが来てることを

ご存じなんですか?

経営難で倒産する病院が
少なくない今

患者を救えばいいって話では
ないんですよ。

失礼します。

あの 五十嵐さんが
ここで技師として働いてるのは

甘春先生との約束が
あるからですよね?

えっ?

そこまでして約束守ってるのに

甘春先生に
忘れられたままでいいんですか?

誰かにとっては いい思い出でも

誰かにとっては違うことって
あると思うんです。

甘春先生にとって
あの頃の思い出は

忘れたいことかもしれないのに
無理に思い出してもらうのは…。

それに

僕は先生の役に
少しでも立てるなら

それでじゅうぶんだと思ってます。

そうですか。

(田中)イケてますよね
堀田さんの旦那さん。

あれで弁護士って反則だろ。

(威能)奥さまもすてきですよねぇ。

(悠木)元パティシエでしたっけ?
(田中)ええ。

田中調べによりますと
今は辞められて

2人のお子さんの育児に
まい進されているそうです。

ああ… あんなすてきな奥さんが
毎日 うちにいたら…。

生きてる かいが ある。

どいて。 何 突っ立ってんのよ。

どうして
うちにはいないんですかね。

ああいう癒やし系。
(田中)ええ。

いるわけないだろ こんな職場に!
(田中)ええ。

たまきさんと同い年ですか。

全部聞こえてんだよ!
(悠木)あ~ 怖い。

うるせぇんだよ お前!
(舌打ち)

(小野寺)
だいぶ腹痛は治まったみたいだな。

大したことないといいんだけど。

すいません。
あっ お願いします。

大丈夫ですか?
うん。

よいしょ。
堀田 成美さん。

んっ?
おい どうなんだ?

堀田さんは
大したことないですよね?

大丈夫ですよね?
(小野寺)何だ お前ら

ずいぶん熱心じゃねえかよ。
(田中)技師長。

これは…。

便秘です。

便秘?
はい。

堀田さん 腸が長いので
便が滞りやすく

腹痛が生じていたんだと思います。

下剤を投与すれば
症状は改善すると思いますよ。

よかったぁ。
(小野寺)腸が長いと

便秘になりやすいのか?
そうですね。

特に女性は
女性ホルモンやダイエットで

便秘になるケースは多いです。
便秘!?

(たまき)
どんな女だって便秘くらいするの。

も~ つまんない幻想
抱いてんじゃないよ!

ほら! あっち行った!

じゃ 成美
俺 仕事に戻るから

今日は家で
子供たちと安静にしてるんだよ。

うん もう大丈夫 ありがとね。
(誠司)よろしくお願いします。

あっ!
(誠司)んっ?

あ… ううん。

(看護師)堀田さん
診察室 行きますね。

(田中)分かります。
(軒下)もう一回言って。

(るり子)《あなた 40よ? 40!
今 結婚しなかったら

一生独身よ。
孤独死まっしぐらよ》

♬~

あっ 甘春先生!

あっ 五十嵐さん
どうかされました?

先ほど腹部のレントゲン検査をされた
堀田 成美さんなんですけど

一度 きちんと大腸の検査を
された方がいいと思って。

えっ?
便秘の原因の一つに

大腸がんがあります。
堀田さんは 現在40歳。

年齢的にも 一度
きちんと検査をされた方が

安心なんじゃないかなと思って。
はあ…。

分かりました。
こういった検査があるということ

知っておいて
損はないと思いますので

私から話してみますね。
ありがとうございます。

いえ では。
はい お願いします。

(成美)大腸内視鏡検査?

これって確か お尻から
カメラを入れるんですよね?

痛くてつらいって
聞いたことがあります。

個人差はあるとは思いますが
局所麻酔で痛みを和らげたり

鎮静剤を使用して眠っている間に
検査を行うことも可能です。

検査時間は
どのくらいかかるんですか?

一日かかると
思っていただいておいた方が

いいかもしれません。
一日…。

でしたら大丈夫です。
えっ?

私 子供が2人いて
なかなか時間取れなくて。

主人も いつも仕事で
忙しくしてるので

病気かどうか分からないのに
こんなに時間を割いて

検査を受けるというのは
ちょっと。

堀田さん…。

ですが…。
それに やっぱり

恥ずかしいですよね。

そろそろ
下の子のお迎えがあるので

失礼します。
気に掛けてくださり

ありがとうございます。
いえ。

すいません。

(女性)ありがとうございました。
(たまき)ありがとうございます。

(成美)スー… ハァ…。
(エレベーターの到着音)

あっ 堀田さん どうでした?

それが… 断られてしまいました。

えっ?
子育てで お忙しいらしく

検査の時間を設けるのが
難しいみたいで。

あの検査
患者さんの負担 大きいもんな。

2リットルもの下剤
飲まされるんですよね。

あの下剤が また まずいんだよ。

全部の便を出すまで
フォーエバートイレットです。

お尻も見られちゃいますしね。

まあ 確かに抵抗ありますよね。
お尻にカメラって。

便潜血検査も
陰性だったようですし

しばらく様子を見ても…。

そうやって 大腸検査って
後回しにされがちですよね。

えっ?
本来 大腸がんは

早期に発見して治療してれば
9割以上は治ります。

にもかかわらず

女性のがん死因率1位に
あげられてしまうのは

そうした検査へのちゅうちょが

少なからず
起因してるんだと思います。

堀田さんが後になって
後悔することがないように

大腸内視鏡検査を
受けてもらうことが

一番確実で安全なんですけどね。

40からか~
私も受けなきゃなぁ。

でも こういうのってさ 考え方
人それぞれなんじゃないの?

恥ずかしくても痛くても
受けたい人が受ける。

家事に育児に忙しい人にさ
無理やり 検査 受けさせたって

何も病気見つからなかったら

かえって
負担かけるだけかもしれないしね。

(たまき)いった!
(小野寺)ああ 大丈夫か。

(裕乃)もっと気軽に受けられる
検査があればいいんですけどね。

(田中)そうですね。

気軽に受けられる検査…。

(渚)鏑木先生。
どうして こちらに?

灰島院長が
あなたのことを勘繰ってます。

どうして院長の座を捨ててまで
ワシントンに渡ったのか。

その理由が
その部屋の患者にあるんですね?

(鏑木)どうして
そこまで1人の患者に…。

実は… 私の子供なの。

えっ!?

あらやだ 冗談よ。
(鏑木のせきばらい)

では いったい
どのようなご関係で?

あっ!
もう こんな時間 急がなきゃ。

最近 フラダンス始めたんです。

あの腰の動き
腸のぜん動運動が促進されて

便秘に効くそうよ。 それじゃ。

♬~

(るり子)たまき。

言ったでしょ
登録するまで帰らないって。

も~ いいかげんにしてよ~。

あっ こんばんは。

あれ?
(悠木)もしかして…。

たまきさんの…。
(軒下)お母さま?

お美しい。

ありがとう。
あっ そうだわ 皆さん。

おなか すきませんか?

何でこうなるの…。
(笑い声)

皆さんと こうして
お話できるなんてうれしいわ。

まさか
あのたまきさんのお母さまが

こんなにお美しくて
いい感じの方だとは

思いませんでした。
(るり子)ありがとう。

たまき
あなた 普段どんだけ感じ悪いの?

はあ?

いや ハハハ…。 お母さん。

今日はね ミカン頂いたお礼に
ごちそうしますから

好きなだけ頼んでくださいね。
(るり子)どうも。

ほら 来た!
(店員)お待たせいたしました。

あっ そうだわ!

せっかくだから
皆さんに聞いちゃおうかしら。

どうです? 皆さんの中に…。

フフフ…。
(一同)ハハハ…。

たまきと結婚してくださる方
いらっしゃいませんか?

はっ!? はあ?

ちょっと 技師長
何か言ってくださいよ。

そうだな。

悠木 お前なんかどうだ?
たまきさん。

僕ですか!? 僕は独身主義なんで。
あっ 軒下さん 婚活中ですよね。

俺!? 俺は今 ぴちぴち21歳
ヒマワリちゃんとマッチング中です。

おい 田中どうなんだよ?
(田中)私も ぴちぴち56歳

和子さんとマッチング中です。

(裕乃)田中さんも
マッチングアプリ始めたんですか?

(軒下)お前 どこまで
俺にかぶってくんだよ。

(田中)いけませんか!?
(威能)私は 生きてる人間に

あまり興味がないもんで。

ハァ…。
そんなに駄目かしら? うちの子。

いや お母さん 人生さ 結婚だけが
全てじゃないから。 なあ。

そうだ!
(るり子)いいえ 結婚が全てです。

(るり子)女の幸せは結婚して
温かい家庭を持つことです。

近所の山田さんとこだって
野口さんとこだって

みんな ちゃんと
お嫁に行ってんのに

どうして うちの子は…。

分かってるわよ!
親不孝だってことぐらい。

花嫁姿を見せてあげることも
できなければ

孫の顔を
見せてあげることもできない。

もうホンットに申し訳ないって
思ってる。

でも… しょうがないでしょ?

こういう生き方しか
できないんだから。

ハァ…。

もういい 帰る。

おい。
(るり子)たまき?

お母さまが…。
(るり子)ちょっと…。

たまきさん。
(田中)ちょっと。

待ちなさい 待ちなさ…。

お母さん?
(裕乃)るり子さん!?

(小野寺)お母さん! お母さん。
(たまき)お母さん!?

(小野寺)田中 救急車!
(田中)はい!

お母さん!
(小野寺)触るな 触るな…。

(たまき)お母さん! お母さん。
お母さん? お母さん。

《そうやって 大腸検査って
後回しにされがちですよね》

どうすれば…。
≪(エレベーターの到着音)

≪(ドアの開く音)

あのっ。
甘春先生。

あれ?
何をされてるんですか?

えっ? あ…。
ああ いや 考えてまして。

どうすれば もっと気軽に
大腸検査 受けてもらえるか。

五十嵐さん…。

あっ。

すみません。
いえ。

はい。

たまきさんのお母さんが?
えっ?

(小野寺)おい 五十嵐
つまずいて倒れたとき

頭を強打した。
(辻村)まずはCTを!

はい。
お母さん。

1 2 3。

ストレッチャー外します。

ありがとうございます。
≪(裕乃)るり子さんですが

倒れた際 手をついていなかった
気がするんです。

普通なら
反射的に手が出るはずなのに。

えっ?
そういえばそうだったな。

実は るり子さん
最近 肩凝りがひどいみたいで

荷物を落としたり
腕にも しびれがあるそうです。

腕のしびれ 肩の痛み…。

先生 脳梗塞や
脊柱管狭窄の可能性があります。

念のために一度 検査をした方が。
そうですね。

追加で 頭部と頸椎のMRI
お願いします。

はい。

たまきさん
こっちは任せてください。

♬~

♬~

(るり子)「結婚の条件」

「1 たまきの良さを
理解できる人」

「2 どんな時も
たまきの味方でいてくれる人」

「3 たまきを笑顔にできる人」

そんな人いるはずないでしょ。

♬~

(たまきのはなをすする音)

たまきさん。

たまきさん
頭蓋内に異常はありませんでした。

ただ 両腕の動脈が
狭くなっていて

これは胸郭出口症候群の
典型的な所見です。

そのせいで肩から腕に

痛みやしびれが生じていたんだと
思われます。

るり子さんの場合

ミカン畑のお仕事で
知らず知らずのうちに

肩に負担がかかっていたのかも
しれません。

それって治るんですか?

姿勢さえ気を付けていれば
きっと また元気に作業できますよ。

よかったですね たまきさん。
(たまき)あっ…。

ホンット人騒がせなんだから。

何で もっと早く
私に相談しないかな。

(小野寺)
心配かけたくなかったんだろ。

えっ?
(小野寺)親ってのはよ

自分は子供の心配するくせに
子供には自分の心配させたくない。

そういうもんなんだよ。

♬~

頼りない娘で ごめん。

ハァ…。
(るり子)ホント…。

勘弁してほしいわ。
(たまき)起きてたの?

さっきの話だけどね。
(たまき)んっ?

私は

たまきの花嫁姿が
見たいわけでも

孫の顔が見たいわけでもないの。

じゃあ どうして…。

ここ最近
体が思うように動かなくなって

急に心配になったのよ。

もし…。

たまきが こんなふうになったら

いったい 誰が
あなたを支えるんだろって。

お父さんが亡くなって 3年。

独りで生きるって

暇よ。

♬~

♬~

(裕乃)失礼します。

検査の際 お預かりしていた荷物
こちらに置いておきますね。

気分はいかがですか?

何から何まで ありがとね。
(裕乃)いえ。

たまきさんには
いつもお世話になっているので。

これくらいは。

失礼します。

あれ?
皆さん どうされたんですか?

いや その…。
忘れ物を取りに来たついでに…。

なあ?
(田中)うん そうですね あの…。

ちなみにどうですか?
たまきさんのお母さんは。

安静にしてれば
問題ないそうですよ。

そりゃそうか
あのぐらいでケガするわけないか。

さすが
たまきさんのお母さんですね。

これで たまきさんも安心ですね。
(威能)あっ 帰りますか。

早く寝ないと
お肌に悪いですしね。

そうですね お疲れさまでした。

えっ 忘れ物取りに来たんじゃ…。

あ~…。

結婚なんてさ

自由な時間 奪われるし
何のメリットもないって思ってた。

でも 親を安心させるためにはさ

こういうのも ありなのかもね。

あ~あ。

(たまき)よいしょ。

結婚したら
安心ってできるんですか?

えっ?
いや…。

家族の誰かが病気になったり
仕事がうまくいかなかったり

夫婦仲がうまくいく保証なんて
どこにもないですよね?

子供のことを思うかぎり
たぶん… たぶんですけど

親の心配って
尽きないんだと思います。

僕は 好きな人と結婚するなんて

もう夢のまた夢の夢で
想像もできません。

でも今… 皆さんと働けて

心から幸せです。
そう思ってます。

はいっ。

それ 堀田さんの大腸検査のこと
まだ調べてんの?

はい。
ハハッ。

本人が望んでもいないのに
何でそこまで?

検査は 病気を見つけるためだけに
あるんじゃないと思ってます。

えっ?
検査して

健康だって分かったら
その人は元気になれます。

で その周りの人たちは
安心できます。

ふん 確かにね。

私のお母さんのケガが
大したことないって分かったとき

ほっとしたもんね。 フフフッ。

堀田さんの大腸検査もさ
レントゲンみたいに

パパッと
写真で撮れちゃえばいいのにね。

写真…
あ~ そっか そうですよね。

もう 僕たちには
写真があるじゃないっすか。

えっ?
ありがとうございます。

えっ? ちょっ ちょちょ…。
そうだ そうだ…。

甘春先生!

あるかもしれません
もっと気軽に受けられる大腸検査。

えっ?
ねぇ どういうこと?

たまきさんも
力 貸してもらえますか?

(成美)腸の写真を3Dで?

はい CTコロノグラフィという
検査方法で

これは おなかにガスを入れて
CT撮影し

腸の中の3D画像を作成します。

この方法なら服用する下剤も
通常の半分程度で済みますし

検査自体も10分ほどで終わります。
10分?

はい。
そんな検査が…。

この検査の方が
体の負担は少ないかと。

そんな検査 やる必要ないですよ。

誠司…。

(誠司)何か
病気があったわけではないのに

追加の検査なんて大げさですよ。

それに うちも2人の子供の
子育てで忙しいんです。

余計な提案をしないで
いただけませんか?

ですが…。
それに これ

お尻からガスを入れるなんて
妻も恥ずかしいでしょうし

そこまでする意味ないですよ。

そろそろお迎え行かないと。
帰ろ。

すいません。

意味なら あります。

たまきさん?
(たまき)あの…。

堀田さん
間違ってたらごめんなさい。

ホントはずっと おなかに

不安を抱えてるんですよね?
(成美)えっ?

救急車で運ばれるほどの痛みを
経験された方が

不安じゃないはずないと
思うんです。

検査は そうした不安を
取り除くためにも必要なんです。

あの 家事や育児で
お忙しいとは思いますが

堀田さんご自身のお体を
大事にしてあげてください。

それと 一切
恥ずかしいことはないと思います。

私たちが検査で見るのは
堀田さんの腸です。

他の何ものでもありません。

分かりました。

検査をお願いします。

その代わり…。
(たまき)はい。

検査は
黒羽さんにお願いできますか?

はい もちろんです。

昨日は もう ご迷惑をお掛けして
申し訳ありません。

いや とんでもないっすよ
お母さん。

大したことなくて
ホントによかったです。

肩 お大事になさってくださいね。

(たまき)
堀田さんの検査 始めるよ!

(田中)ああ はい。
(裕乃)はい。

検査 始まるみたいっすよ。

(たまき)あお向けになりますね。
(成美)はい。

まずは あお向けの写真から
撮っていきます。

はい。
(たまき)大丈夫ですよ。

リラ~ックスしててください。
(成美)フフッ はい。

(たまき)フフッ。 よ~し。

じゃ ベッド 上に上がります。

これが堀田さんの腸…。

んっ? これは?
(たまき)残渣なのか病変か

はっきりしないわね。
うつぶせも撮るよ!

(一同)はい。
(たまき)威能は3D

悠木は炭酸ガスの方 お願い。
(悠木・威能)はい。

田中 軒下!
(田中)はい。

大腸がつぶれないように
クッション入れて。

(田中)喜んで!
(軒下)仕方ねえな。

お疲れさまでーす。

あっ ゆっくりで大丈夫です。

娘さん ここでは
なくてはならない存在です。

あの 俺 思うんですけど

そういう場所が
1つでもありゃ もう

じゅうぶんなんじゃないっすかね。

≪(悠木)たまきさん 炭酸ガス
17mmHgでいいですよね?

それでお願い。

撮影条件 変更しますか?
ああ うん。

エアSDは 35ギリギリまで減らして。
35 はい。

先生 ヴァーチャルディセクションで
VGP作っとけばいい?

お願いします。

できるだけ大腸の中心に沿って
パス作ってよ。

(威能)了解です。

(たまき)堀田さん
またちょっと おなか張りますけど

頑張りましょうね。
すぐ終わりますから。

お願いします。
はい。

♬~

♬~

不安ですよね。
(成美)えっ?

こういう待ってる時間って。
(成美)はい。

でも…。

信頼できる技師さんに
撮ってもらえてよかったです。

んっ?

妙に落ち着いてるというか
動じないというか。

ああいう雰囲気って

一日や二日で身に付くものじゃ
ないと思うんですよ。

きっと これまで
たくさんの検査を

やられてきた方なんだろうな
っていうのが

一目で分かって 安心して
検査を受けることができました。

あっ そうですか。
(成美)はい。

堀田さん お待たせしました。

あと 30分くらいで
迎えに行けると思いますので。

はい すいません
よろしくお願いします。

検査結果が出ました。
えっ もう?

はい。 お掛けください。
(成美)はい。

この画像が 堀田さんの大腸です。

ご覧のとおり どこにも異常のない
奇麗な腸でした。

小さなポリープ一つありません。

大丈夫です。
(成美)よかった…。

(誠司)やっぱり
無駄な検査だったじゃないですか。

誠司。
(誠司)あなたたち

奇麗事ばかり並べてますけど

ホントは検査料
稼ぎたいだけなんじゃないですか?

そんなこと…。

(誠司)
たまにあるって聞くんですよね。

患者に無駄な検査や薬を強いる
金もうけ主義の病院が。

無駄な検査じゃありません。

無駄な検査なんかじゃ
ありませんよ。

おかげで あなたの奥さん

これから毎日 安心して
過ごせるんです。

お子さんも あなたも
その方が幸せでしょ?

いい病院にきて よかったですね。

はい。

黒羽さん。
(たまき)はい。

ありがとうございます。
(たまき)えっ?

正直… 家のことや
子供の世話に追われて

自分のことは後回しにしてました。

でも ここにいる皆さんが

私のことを心配して
検査を勧めてくれたことが

何よりもうれしかったです。

(成美)それと
私 黒羽さんがうらやましいです。

えっ?
(成美)仕事に一生懸命で

生き生きとされてて。

そういうカッコイイ女性に
私もなりたかったなって。

(たまき)えっ… そんな 私こそ…。

あ… あの でも あれですね
きっと あの…。

お互いに ないものねだりなのかも
しれませんね。

あ… はい。

♬~

♬~

♬~

あっ 五十嵐さん!

甘春先生。
お疲れさまです。

お疲れさまです。
あの これ見ていただけますか?

あの… 患者さんに
もっと検査方法を

自由に選択してもらえたらと思って
作ってみたんです。

へぇ… すごいです。

とてもすてきです。
とてもいいと思います。

よかった。

これを消化器内科の先生に
提案してみようと思います。

いや… うっ うれしいです。

ありがとうございます。
いえいえ そんな…。

お礼を言うのは こちらの方です。

また助けられてしまいましたね。
えっ?

えっ? あっ いえ。

では 失礼します。

♬~

(小野寺)おい たまき
今日だろ? お母さん 退院すんの。

うん。

(小野寺)
見送りに行かなくていいのか?

♬~

♬~

お母さん! ちょっと!

も~ 黙って退院するなんて
どういうつもり?

おかげで もう
ずいぶん痛みが減って楽になった。

これじゃ また
ミカン作らなきゃね。

無理しないでよ。 ハァ…。

それからさ 私のことなんだけど

もうホントに
心配しなくていいから。

こう見えて 私 結構幸せで。

こんなこと いくら口で伝えても

分かってもらえないかも
しれないけど。

♬~

もう じゅうぶん分かった。

えっ?

どうも。

みんなで見送りに来ました。
(裕乃)また遊びに来てくださいね。

おいしいミカン 待ってます。

あんたは あんたらしく
ここで頑張んなさい。

せいぜい首にならないようにね。

余計なお世話。

不出来な娘ですけど

よろしくお願いします。
(小野寺)はい。

では。
(小野寺)はい 気を付けて。

(軒下・田中)お元気で。
(威能)ごきげんよう。

お気を付けて。

[ここに 一つの城がある]

(たまき)
ちょっと我慢してくださいね~。

[勤続通算18年]

[一人の女が
どこよりも長い時間

過ごしてきた場所だ]

ん~!
(裕乃)わぁ~!

これだけあれば
たまきも食べると思ったんだろ。

ちゃんと栄養取れって話ですよ。
(悠木)食べないと腐っちゃいますよ。

(田中)では いただきます。

≪取り過ぎ…。
(裕乃)いい香り。

はい たまきさんもどうぞ。

[女は言う]

[これ以上ない
最高の空間を手に入れたと]

じゃ 下ろすよ。
[この瞬間までは]

(腰の鳴る音)
(たまき)あっ…。

(一同)わ~お。

ああ~…。