ラジエーションハウスⅡ #08【白髪の女子高生!叶えたい夢と守りたい未来】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ラジエーションハウスⅡ #08【白髪の女子高生!叶えたい夢と守りたい未来】[字][解][デ]

ラジハを訪れる、白髪に悩む女子高生!彼女の身体を蝕む過激なダイエット、その理由には叶えたい夢が…!説得を試みるラジハメンバー!しかし検査中、彼女が逃走して…!

番組内容
杏(本田翼)のインタビューが掲載された雑誌が発売された。放射線科医のやりがいについて話す杏の生き生きとした笑顔の写真に思わず夢中になる唯織(窪田正孝)。同じ頃、裕乃(広瀬アリス)は、鏡に映る自分の頭皮が10円玉大に毛が抜け、激しいショックを受けていた。
そんな裕乃のもとへ、高校時代の担任だった熊田太志(おかやまはじめ)がやってくる。学校で具合が悪くなった生徒に付き添って病院へやってきたという
番組内容2
熊田は、そのついでに、裕乃に母校での講演会を依頼。進路に悩む後輩たちに、放射線技師の仕事について話してほしいというのだ。そこで唯織は、講演の参考になればと杏の記事が載っている雑誌を裕乃に手渡す。「恋に仕事に負けっぱなしだな」と軒下(浜野謙太)に言われ、劣等感が募る裕乃。
ほどなく裕乃は、熊田が連れてきた女子高生・花倉乃愛(吉川愛)の検査を担当する。乃愛は、3カ月ほど前から急にふらつくようになった
番組内容3
らしい。痩せてはいたが下腹だけがポッコリと出ている乃愛は、それを隠すように手で押さえていた。
乃愛のMRI検査を見守っていた唯織は、検査室に入るなり「妊娠している可能性はないかな?」と乃愛に尋ねる。妊娠なんてあり得ないと乃愛が怒ると、今度は、乃愛の頭を見て、ウイッグなどは付けていないか、と言い出す唯織。実はウイッグを付けていた乃愛が仕方なくそれを外すと、なんと彼女の髪は白髪交じりのグレーヘアで…。
出演者
窪田正孝 
本田翼 
広瀬アリス 
浜野謙太 
丸山智己 
矢野聖人
 ・ 
山口紗弥加
 ・ 
遠藤憲一
 ・ 
鈴木伸之 
八嶋智人 
髙嶋政宏 
浅野和之
 ・ 
和久井映見 

〈第8話ゲスト〉
吉川愛 
安藤ニコ 

スタッフ
【原作】
『ラジエーションハウス』
(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社) 

【脚本】
大北はるか 

【音楽】
服部隆之 

【主題歌】
MAN WITH A MISSION『Remember Me』
(ソニー・ミュージックレコーズ) 

【企画】
中野利幸 

【プロデュース】
草ヶ谷大輔 

【演出】
清矢明子 

【制作著作】
フジテレビジョン
スタッフ2
※「隆」の字は、「生」の上に横棒が入る旧字体が正式表記

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 乃愛
  2. 裕乃
  3. 広瀬
  4. ダイエット
  5. 花倉
  6. 大丈夫
  7. 自分
  8. 威能
  9. 奇麗
  10. 美桜
  11. 軒下
  12. 無理
  13. ダンス
  14. 円ハゲ
  15. 検査
  16. 今日
  17. 先生
  18. お疲れさ
  19. 気持
  20. 仕事

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,423 (2022/01/17 20:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

[ここに 一枚の鏡がある]

土産だ みんな食え。
お~ 休みもらって元気 元気。

(たまき)
散々迷惑掛けといて これね。

[鏡は映し出す]

お前 何だよ。
(田中)何すか… 痛っ! も~!

いただきます。

[その人のありのままの姿を]

好きなんですよねぇ。

今日もいいですね。

ひっどいクマ。

[時には知りたくない現実まで

容赦なく映し出す]

んっ? んっ?

えっ!?

わ~!

(乃愛)10円ハゲですか?

そういうのショックですよね。

えっ? 待って 嘘でしょ? 何で?

嘘だ~!

(通知音)

(通知音)

≪(熊田)花倉。
ご両親に連絡入れておいたぞ。

どうだ? 体の具合は?

先生 そんなに心配しなくて
大丈夫ですよ。

ただの貧血ですから。
私一人で大丈夫なので

あの 先生 学校戻ってください。
(熊田)そう言うなよ。

それに先生さ 実は この病院に
1人 会いたい人がいんだよ。

会いたい人?

もう どうして~?

何してんですか?
(裕乃)わっ!

いや… なな 何でもないですよ
何でも。 フフフ。

あ… あの 威能さん
あのですね

あの 丈夫な髪の毛が
たくさん生えてくる

お薦めのシャンプーって
知ってたりします?

お薦めのシャンプー?

シャンプー…。
(裕乃)あの 実はですね

父が 何か10円ハゲが
できちゃったみたいで。

それは ストレスですね。

ストレス…。

(唯織)杏ちゃん…。

奇麗ですね。 奇麗だよ。
フフフ…。

(軒下)むっ?
もしや10円ハゲできたのって…。

えっ?
(たまき)えっ?

いやいや… 私じゃないですよ!

えっ? はい!?
ちょっ 何言ってるんですか。

≪(里美)広瀬さん。
(裕乃)はい!

整形外科の先生が呼んでます。
(裕乃)あっ はい。

分かりました。 そうだ。
ポータブルだ はい。

はい いってきまーす。

10円ハゲできたのってさ…。
(軒下)広瀬だな。

広瀬さんでしょ。
(威能)広瀬ですねぇ。

原因は…。

記念に もう一冊?

いや 2冊…
いや! 3冊?

4冊下さい。

お釣り大丈夫です。

(店員)あっ えっ!?

(熊田)おい 広瀬!
(裕乃)えっ 熊田先生?

どうして ここに?

学校で
具合悪くなった生徒がいてさ。

その付き添いで。
(裕乃)そうだったんですか。

うん。 お~…。

立派に放射線技師
やってるみたいだな。

まあ おかげさまで。 フフッ。

実は一つ
広瀬に頼みたいことあんだよ。

どうしよう…。

(軒下)おい 広瀬
気にすることないぞ。

10円ハゲなんて…。
(鼻の鳴る音)

さっき 高校の担任の先生が来て
頼まれたそうですよ。

母校での講演会。
(悠木)講演会ですか。

将来の進路に悩むカワイイ後輩たちに
放射線技師の仕事について

教えてほしいと
言われたそうですよ。

おい! 広瀬 華のJKが
俺らの仕事に興味持つかどうか

お前の講演会にかかってる。
(裕乃)えっ?

こういうのは話す人が
きらきら輝いてるかどうかで

全てが決まりますからね。
(裕乃)そんな…。

私 全然輝いてません。
もう何話したらいいのか…。

これを!

参考にしてみたらどうですか?

とてもすてきな記事です!

はい。
あ… はい。

(田中)輝いてますね。
まぶしいくらいだ。

≪(杏)お疲れさまです。
(悠木)お疲れさまです。

(悠木)噂をすれば。

お疲れさまです。
お疲れさまです。 あの 広瀬さん。

こちらの患者さんなんですけど
エコー検査の画像が

体位変換したものが
ないようなのですが。

えっ?
これだけですと

再検査になってしまうんです。
あ… すいません。

今日 病棟に行ける方って…。
あっ はい! 頑張ります。

よろしくお願いします。
はい!

こちらの患者さんなんですが
抗生剤で今 治療されていて

今後 待機的な手術を
予定しています。

恋に仕事に負けっぱなしだなぁ。

(たまき)あんたは
余計なこと言わなくていいの。

仕事して。

(裕乃)花倉さん。
花倉 乃愛さん。

はい。
(裕乃)あなた…。

検査を担当する広瀬です。

広瀬さん?
広瀬 裕乃さん!

えっ?

まさか
熊田先生の教え子だったなんて。

びっくり。
(乃愛)私も

お姉さんが うちの高校の
卒業生だったとはびっくりです。

あっ あのさ
トイレで見た10円ハゲのことは…。

あっ 分かってますよ。
秘密ですよね。

ありがとう。
じゃあ ここ座ってもらっていい?

(乃愛)はい。
(裕乃)乃愛ちゃんは いつから

体調が?
(乃愛)3カ月ぐらい前かな。

急にふらつきだして。
(裕乃)そっか 心配だね。

じゃあ こっちを頭にして
寝てください。

はい。

入ります。 失礼ですが
妊娠してる可能性ってありますか?

(裕乃)妊娠!?

(軒下)JKに いきなり
何てこと聞いてんだよ!

あいつ たまに
ああいうとこありますよね。

妊娠なんてしてませんよ。
何なんですか この人。

あっ ごめんね。 五十嵐さん
もう外 出ててください。

大丈夫ですから。
ちょっとごめんなさい。

頭に何か着けてます?
えっ?

ウィッグとか。

そんなん着けてませんよ。

金属類の持ち込みは
危険なので禁止されてるんです。

(裕乃)乃愛ちゃん もし本当なら
外してくれないかな?

♬~

♬~

(軒下)おいおい マジかよ。

受診した先生に このことは?

言ってません。
若白髪なんて恥ずかしいし。

あの このこと
親や学校にも言わないでください。

分かりました。 何か原因が
あるかもしれませんので

きちんと見てみましょう。

♬~

重度ではありませんが
貧血の疑いがありますね。

あの 白髪の原因は?
それは…。

先生 DEXAを
検討してみたらどうですか?

えっ DEXAをですか?
一つ 気になることが。

骨の検査?

私 どこも痛くないし
どこも折れてないですけど。

このDEXA法はね
骨の密度をはかることができるの。

密度?
そう。 両脚上げてください。

(乃愛)はい。
はい 下ろしてください。

(乃愛)はい。
動きます。

息を止めてください。

(クリック音)
骨密度が極端に低い…。

それって…。
花倉さんは骨粗しょう症です。

乃愛ちゃんは まだ高校生ですよ?
もしかしたら花倉さんは…。

花倉さんの今の症状の原因は
栄養不足です。

特にカルシウムの摂取が
足りていないので

骨粗しょう症に
なってしまっていることが

分かりました。
それって

もっとお年寄りがなるものじゃ…。
ダイエットによる急激な体重の減少

過度のスポーツによって
月経が来なくなると

女性ホルモンが減少して
骨の吸収が進んでしまうんです。

そのため若い女性でも
知らない間に

骨粗しょう症に
なってしまうことがあるんです。

そんな…。
無理なダイエットなどしていませんか?

乃愛ちゃん どうなのかな?

私… おなかが出てるんです。

さっきの技師さんにも妊娠って
間違えられちゃうぐらいに。

だから もっと痩せて
奇麗になりたいんです。

そのままで
じゅうぶん奇麗ですよ。

とにかく食事は
きちんと取ってください。

(乃愛)そんなの嘘ですよ。

(乃愛)自分の見た目は
自分が一番よく分かってます。

細くて奇麗な先生には
分かりませんよ。

失礼します。
えっ 花倉さん?

花倉さん…。
(裕乃)あっ 私 行きます。

乃愛ちゃん!

うっ…。
乃愛ちゃん 大丈夫?

まずは きちんとご飯を食べて
栄養取ろう?

私 ダイエット
やめる気ありませんから。

えっ?

貧血だって骨粗しょう症だって

すぐに死ぬような
病気じゃないですよね?

それよりも
もっと大事なことがあるんです。

大事なことって?

(裕乃)どうぞ。
(乃愛)ありがとうございます。

恥ずかしくて
まだ誰にも言ってないんですけど。

うん。

私 世界で活躍する
アイドルになりたいんです。

アイドル?

小さい頃からの夢で

ずっと こっそりオーディションに
応募してたんですけど

太ってたから

いつも書類で落ちちゃって。

(乃愛)でも この半年
必死でダイエットして

10kg痩せれたんです。

そしたら この間
初めて書類審査に通ってて。

でも選ばれるのは
たった5人だけで。

そのオーディションを

1つ年下の私の妹も
受けるみたいなんです。

えっ?

♬~

奇麗でしょ?

妹は色白で細くて 手足が長くて

SNSのフォロワーも
私の10倍ぐらいいて。

私… 妹の劣化版って
言われてるんです。

(乃愛)もうすぐ
オーディションの本選考なんです。

みんな痩せてるのが当たり前で

せめて妹よりも痩せて
奇麗にならないと

選ばれないんです。

夢を… かなえたいんです。

広瀬さんは
私の夢 応援してくれますか?

えっ…。

うん。

ありがとうございます。

(裕乃)ハァー…。
続いての患者さんは

佐藤 潤子さん 49歳。
腰椎に圧迫骨折が見られ

保存療法を行ってきましたが
改善が見られず

手術を検討する予定でしたが…。

何か問題が?
この患者さん

手術痕が残るのを
気にされていて

背中に傷を残したくないと
おっしゃっているそうです。

手術して傷痕残さないなんて
無理だろ。

だいたい背中の傷痕なんて
そんな気にすることか?

まあ 洋服着ちゃえば
見えなくなりますしね。

まずは痛みを抑える方が
重要だと思います。

見た目は二の次ですよねぇ。

ホントにそう思ってますか?

口では みんな
見た目は二の次とか

ありのままでいいって
言いながら

結局 みんな
奇麗な人が好きじゃないですか。

俺を見るな 俺を!

時には何かを犠牲にしてまで

美しくありたいと
願ってしまうことは

あると思います。

それって もしかして
花倉 乃愛さんのことですか?

どうして彼女が
無理なダイエットをしてしまうのか

理由が分かったんですね。

どんな理由があっても
無理なダイエットは

今すぐやめるべきだと思います。

このままだと
骨が どんどんもろくなって

骨折してしまうリスクが…。
そんなのは分かってます!

でも ちゃんと
駄目だよって言えなくて。

人って
すぐに比べるじゃないですか。

《恋に仕事に負けっぱなしだなぁ》

《妹の劣化版って
言われてるんです》

負けてる方は

どんどん自分に自信をなくして
劣等感抱いて。

だから 少しでも痩せて
奇麗になって

自分に自信をつけたい気持ち
分かるから。

広瀬?

あっ すいません。
私 何言ってるんですかね。

あっ カンファ続けてください。

(小野寺)広瀬が
そんなに思い詰めてたとはな。

(軒下)まあ でも
広瀬の言うとおり

奇麗で美しいに
越したことはないよな。

出た出た 本音。
(軒下)えっ みんな そうだろ?

だって…。
(小野寺)そんなことねえよ。

なあ 威能?

美しいって何なんでしょうね?

体に傷があったり
太っていたりすることは

そんなに
美しくないことなんでしょうか?

♬~

(裕乃)あの…。
講演会のお話なんですけど

お断りさせてください。

私は仕事でミスはするし
技師としては中途半端で

その… 後輩の前に立って
話す立場にないんです。

失礼します はい。

ハァ…。

≪(渚)あらやだ 10円ハゲ?

えっ 大森先生?
(渚)大丈夫?

あっ いや あの… 今のは
見なかったことにしてください。

あの 失礼します!

あら。

フゥ… ハァ ハァ…。

んっ ハァ ハァ…。

(乃愛)どうして…。
≪(ノック)

あっ ちょっと待ってね。
≪(美桜)はーい。

どうぞ。

お姉ちゃん
今日 病院行ったんだって?

大丈夫?
(乃愛)ああ 大丈夫 大丈夫。

先生がうるさいから
一応 行っただけだからさ。

そう。 あっ これ プリン。
お父さんの出張土産だって。

はい。
(乃愛)いらない。

私の分まで 美桜 食べていいよ。
(美桜)えっ? また?

お姉ちゃんも少しは食べた方が…。

ちょっと疲れたから寝るね。

分かった。

(ドアの開閉音)

ハァー…。

えっ?

どうして…?

(威能)たまきさん
ここはやっぱりイラストあった方が…。

(たまき)今 描いてるから
ちょっと待って。

(威能)グラフどうですか?
(軒下)探してんだけどよ

なかなか
いいの見つかんないんだよ。

僕 作ってみたんですけど
どうでしょう?

(威能)いいですね。
これでいきましょう。

(悠木)技師長 この付箋の字
間違ってますよ。

どれ?
(悠木)これですよ。

どこ?
(たまき)老眼鏡 買ってよ。

バカ野郎 お前 そんなもん買ったら
負けだろうがよ。

誰と戦ってるんですか。
何してるんですか?

あっ ちょうどいいところに。
んっ?

んっ?

フフフ… これ…。

(渚)はい これ わかめスムージー。
増毛効果があるんですって。

(裕乃)あの…。
私の10円ハゲのことでしたら

心配しないでください。
大丈夫ですから。

広瀬さんは
どうして技師になったの?

えっ? あ…。

高校最後のバスケの試合のときに
ケガをして。

そのときに検査を担当してくれた
放射線技師の方に憧れたんです。

憧れた?
(裕乃)はい。

その技師さんに
笑顔で検査をされてるうちに

心が落ち着いて不安がなくなって。

私も そんなふうに
誰かに元気を与えられる

すてきな大人になりたいって
思ったから。

世の中には 自分は何が好きで

何をやりたいかさえ
分からない人も大勢いるわ。

それが見つかったあなたは
とても恵まれているわね。

えっ?
(渚)あっ さあ 早く飲んで。

(裕乃)あ… はい
いただきます。

まず。

(田中)お疲れさまでした。
(たまき)お疲れ。

お疲れさまです。
(悠木)夜食 買ってくる。

(威能)お疲れさまです。
(裕乃)お疲れさまです。

皆さん この時間まで
何されてたんですか?

はい。

(裕乃)これは?

花倉 乃愛さんに
渡しておいてください。

高校の後輩なんですよね。

♬~

えっ?
(威能)言葉で伝えるだけじゃ

骨粗しょう症の怖さは
伝わらないと思うので。

(裕乃)これを渡しても

乃愛ちゃんの気持ちは
変わらないと思いますよ。

夢がかなうまでは

絶対にダイエット
やめないと思います。

まあ そう言わずに
渡してみてください。

頼みましたよ。

(裕乃)
あっ ちょっと あの 威能さん…。

♬(音楽)

♬~

(乃愛)うっ…。 んあっ!

♬~

広瀬さん!?
どうしたんですか?

実は乃愛ちゃんに
渡したい物があって。

えっ?

(裕乃)これ。

乃愛ちゃんの体について
なんだけど

このまま
栄養を取らないでいるとね…。

(乃愛)ダイエットなら
やめる気ないって言いましたよね?

今日の午後から大事なオーディションの
本選考があるんです。

ダンスを披露する予定で。
今 それどころじゃないんです!

待って 乃愛ちゃん
資料だけでも…。

いらないって
言ってるじゃないですか!

(乃愛)広瀬さんは私の夢を
応援してくれると思ったのに。

(乃愛)
そんなこと言ってほしくなかった。

(裕乃)乃愛ちゃん…。
(乃愛)もう帰ってください。

あなた…。
(美桜)えっ?

(美桜)お姉ちゃんの具合
そんなに悪いんですか?

あれだけ無理なダイエットしてたら
そりゃ体調 崩しますよね。

美桜ちゃんも知ってたんだ?
乃愛ちゃんのダイエットのこと。

いつも ご飯残すし
全然食べようとしないので心配で。

あんなに好きそうに
踊ってたダンスも

最近は何だか
つらそうなんですよね。

えっ?

お姉ちゃん すごいんですよ。

いつも笑顔で
すごく楽しそうに踊るから

自然と
みんなが周りに集まって。

お姉ちゃんに憧れて
ダンスを習い始めた

近所の子供たちもいて。
(裕乃)そうなんだ。

私も あんなふうに
踊れるようになりたいって

思ってたんだけどな…。

≪(生徒)美桜 教室行こ。
(美桜)うん!

すみません 行きますね。
(裕乃)うん。

♬~

♬(音楽)
(乃愛)よし みんな いくよ。

いい? いいね いいね。
5 6 7 8。

外から 中から キック キック。

歩いて~ ポーズ!
パンパン シュッシュッ。

ぐるりと回れ せーの。
(一同)イェーイ!

外から 中から キック キック。
歩いて~ ポーズ!

♬~

(裕乃)乃愛ちゃん!

さっきのことなんだけど
やっぱり ちゃんと話を…。

もういいって
言ってるじゃないですか!

(乃愛)う…。
(裕乃)乃愛ちゃん!?

ああ…。
(裕乃)乃愛ちゃん!

うぅ~!
(裕乃)乃愛ちゃん 大丈夫?

乃愛ちゃん おなか?
(乃愛)ハァ ハァ。

うっ… うぅ~! うっ!

うっ うぅ…!
(裕乃)乃愛ちゃん!

乃愛ちゃん 大丈夫だから!
乃愛ちゃん!

(たまき)どうしたの?
花倉さんが緊急搬送されました。

すぐにレントゲンの準備を。
急ぎましょう!

はい!

ストレッチャー入ります!
はい。

移しまーす。 1 2 3。

めくりますね。

苦しいでしょうが
この体勢でお願いします。

(裕乃)今から
おなかのレントゲン撮るね。

花倉さんは?
(辻村)今 五十嵐さんが検査を。

花倉さん
そのままでお願いします。

撮りまーす。

はい 楽にしてください。
どうだ?

小腸ガスも目立ちませんし
ニボーの形成もありません。

腸閉塞などを示唆する
所見はないな。

(悠木)
じゃ どうして あんなに腹痛が?

(辻村)
すぐに造影CTをお願いします。

(小野寺)おし CTの準備。
(一同)はい。

待ってください!

エコーにしましょう。
(辻村)エコー?

まだ10代ですから
なるべく被ばくは避けるべきかと。

そうですね。 エコーの方が短時間で
できますし そうしましょう。

分かった 五十嵐さんお願いします。
はい。

あれっ?
乃愛ちゃん?

消えた…。

乃愛ちゃん!
(乃愛)来ないで!

ほっといてください!

今から大事な
オーディションがあるんです。

急いで行かないと…。

乃愛ちゃん…。
(乃愛)今日のために

必死に練習してきたんです!
ダイエットだって頑張ってきたんです!

乃愛ちゃん! 待って!

やめて 離して!

(裕乃)ちょ… そんな体で
オーディションなんて無理だよ!

無理かどうか私が決めます!

もう嫌なんです!
これ以上 惨めな思いするのは。

いつも妹と比べられて
劣化版って…。

でも もしデビューできたら

アイドルになれたら

こんな自分を変えられるかも
しれないじゃないですか!

離して…。

広瀬さんには
この気持ちなんか分からない!

ごめん… ホントごめん!

乃愛ちゃんは知ってるよね?
私に10円ハゲがあること。

えっ?
(裕乃)あれができたのはね

私には好きな人がいて

でも その人には
他に ずっと好きな人がいて。

その女性は私よりも全然奇麗で
仕事もできて…。

私は勝手に その人と自分を比べて
劣等感抱いて落ち込んで

ストレスをため込んでたせいなの。

だから乃愛ちゃんの話を
聞いたとき

乃愛ちゃんの気持ちも
分かるから

夢を応援するって約束しちゃった。

でもごめん! 応援できない!

乃愛ちゃんが今 無理をして
自分を大事にしなかったら

将来 ダンスを続けられない体に
なっちゃうかもしれないから!

どういうこと?

乃愛ちゃんが元気な骨を作れるのは
今だけなの。

二十歳を過ぎたら
栄養を吸収しようとしても

もうできない。
今 どれだけ

きちんと栄養を取るかで
一生が決まっちゃうんだよ?

乃愛ちゃんが アイドルになりたいのは
どうして?

それは…。

ダンスが… 好きだから。

今日 乃愛ちゃんが踊ってるところ
見たよ。

でも… すごく苦しそうだった。

えっ?
(裕乃)全然楽しそうじゃなかった。

夢をかなえることも
もちろん大切だけど

私は それ以上に
乃愛ちゃんには

せっかく見つけた大好きなことを
大切にしてほしい。

20年後も30年後も

大好きなダンスを
ずっと元気に続けてほしい。

だからお願い。

ちゃんと検査を受けて。

もっと自分を大切にして。

(すすり泣く声)

はい。

(小野寺)広瀬 お前が検査しろ。

頼んだぞ。
(裕乃)えっ でも私…。

広瀬以外 誰がいるんですか?

お願いします。

(はなをすする音)

はい。

(裕乃)大丈夫 すぐ終わるから
リラックスしててね。

少し冷たくなるよ。

広瀬さん
下腹部を映してください。

下腹部?
彼女は痩せてるわりに

下腹部だけが出ていました。

腹痛の原因は
腸ではないかもしれません。

(杏・田中)えっ?
(乃愛)うぅ…。

乃愛ちゃん もう少しの辛抱だよ。

♬~

広瀬さん?

もう少しで終わるからね。
頑張ろうね。

はい。
(裕乃)うん。

(電子音)

あっ これは卵巣腫瘍です。

(たまき)腫瘍?
卵巣にできた腫瘍が捻転し

激痛が生じていたんです。
これは すぐに手術が必要です。

小野寺さん
産婦人科に連絡お願いします。

了解。

あっ 乃愛ちゃんの手術
どうでした?

無事 成功したそうです。
よかった~!

切除された卵巣腫瘍は
セルトリ・ライディッヒ腫瘍疑いだそうです。

セルトル… セル なぬ?
セルトリ・ライディッヒ腫瘍。

その腫瘍が卵巣にできると
男性ホルモンを産出して

男性化兆候があらわれると
いわれています。

男性化?
(悠木)どういうことですか?

声が低くなったり
脱毛の症状が出たり。

無月経だったのも
栄養不足だけが原因ではなく

その腫瘍も
影響していたんでしょうね。

あれだけ痩せているのに
下腹部だけ出ていたのも

その腫瘍の
膨らみだったってことですか。

気付かないままダイエットしてたなんて
かわいそうに。

(田中)結局 オーディションにも行けず
落ち込んでるでしょうね。

≪(ノック)
(乃愛)広瀬さん。

乃愛ちゃん 体の具合はどう?
(乃愛)うん。

あの… やっぱり あの資料
もらってもいいですか?

えっ?

どんどん
斜めになっていっちゃうんです。

だから…。

今日でしたよね? 例のあれ。
ええ。

ねぇ 美桜
お姉ちゃんがライブ配信するって。

えっ? あっ そうなの?

乃愛ちゃん 本当にいいの?

うん。 みんなにも
知ってほしいことだから。

(裕乃)じゃあ 始めるね。
(乃愛)うん。

(操作音)

今日は どうしても みんなに
知ってほしいことがあって

ライブ配信をすることにしました。

(生徒)ねぇ これ!

(生徒)ねぇねぇ…
ちょっと見てよ 見てよ。

(乃愛)
私が こんな白髪になったのは

ダイエットが原因です。

自分と他の人を比べて

もっと奇麗になりたい
痩せたいと焦って

無理な食事制限をしていました。

でも10代の今
きちんと栄養を取らずにいると

将来 骨折をしたり

不妊症になってしまう
リスクがあることを知りました。

(乃愛)だから私は

これからは もっと自分を
大切にしようと思います。

体のことはもちろん
それだけじゃありません。

大好きなダンスを
ずっと続けられるように。

誰に どう言われようと
ダンスを好きな気持ちだけは

絶対に忘れずに
持っていようと思います。

そう気付かせてくれたのは

一人の放射線技師さんです。

私も その人みたいに

誰かに元気を与えられるような

すてきな大人になりたいです。

それが今の私の新しい目標です。

♬~

そういえば広瀬さんが
あんなに思い悩むほど

好きな人って誰なんですかね?

全部 お前のせい…。

午後の検査 始まりますよ。
(たまき)ホント五十嵐って…。

恋愛偏差値ゼロ。
(田中)むしろマイナスですね。

おい 五十嵐 お前さ あの
仕事以外のこと あんま考えるな。

なっ?
はい。

フゥ…。

失礼します。

五十嵐さん…。
花倉さん

もう無理なダイエットはしないって
約束してくれました。

広瀬さんの気持ちが
通じたんだと思います。

そうですか…。
すごいですね 広瀬さん。

あっ それだけ伝えておきたくて。
失礼します。

あの! 五十嵐さん。
はい。

本当は
気付かれていたんですよね?

んっ?
セルトリ・ライディッヒ腫瘍の可能性に。

だから適切な検査の指示を
広瀬さんに出すことができて…。

それって私なんかより よっぽど
医者らしいといいますか…。

いやいや そんなことない…
絶対にそんなことはありません。

いや…。
僕が! 僕がホントに

ずっと心から尊敬してんのは
甘春先生 あなたです。

あなたですから!
えっ?

えっ? ななな…。

えっ? あ…。

すいません ごめんなさい。

何言ってんですかね。
失礼しました。

えっ? 今 何て言った?
何て言った? 今。

♬~

軒下さん
脳外の画像のコピーまだですか?

(軒下)あっ 悪い。 今やるわ 今。
(裕乃)もう早くやってくださいよ。

あっ お疲れさまです。
(渚)お疲れさま。

いやぁ 広瀬
すっかり元気になったな フフッ。

まあ あれはあれで
面倒ですけどね。

結局 母校での講演会も
やることにしたそうですよ。

後輩に
あんな立派なスピーチされたんじゃ

先輩が
やらないわけにいかないよね。

(渚)もう大丈夫みたいね。
(裕乃)あっ はい。

好きって気持ちが
一番大事なんですよね。

えっ?
(裕乃)私も どんなときだって

好きって気持ちを
大切に持っていようと思います。

仕事も 恋も。

(渚)そう。 頑張って。

はい。

♬~

[ここに 一枚の鏡がある]

(裕乃)えっ?

あっ… やった~!

(乃愛・美桜)ん~!
(女の子)あっ ダンスのお姉ちゃんだ。

(女の子)今日も教えてよ。
(乃愛)いいよ 行こう行こう…。

(美桜)待って 待って 待って…。

[鏡は映し出す]

[その人の一番美しい姿を]

[それは
どんな自分も受け入れて

心から笑ったときの
笑顔なのかもしれない]

(威能)美しいですね。
(裕乃)そうですね。

広瀬がですよ。

えっ?

(裕乃)今 何て言いました?
(威能)何も?

技師長 たまきさん
聞きました? 今。