真犯人フラグ#08【妻の裏切り発覚!?まさか主犯は妻なのか!?】[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真犯人フラグ#08【妻の裏切り発覚!?まさか主犯は妻なのか!?】[解][字][デ]

真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)の密会写真が拡散し炎上するが、凌介(西島秀俊)は不倫はありえないと断言。真帆主犯説が浮上する中、瑞穂(芳根京子)が襲われ…!?

詳細情報
出演者
西島秀俊 宮沢りえ 芳根京子 田中哲司 佐野勇斗 桜井ユキ 生駒里奈 柄本時生 柿澤勇人 長田成哉 坂東龍汰 吉田健悟 小林きな子 森田甘路 竹森千人 BOB 青木瞭 中西美帆 渥美友里恵 町田愛 南彩加 遼太郎 原菜乃華 堀野内智 小林優仁 渋川清彦 深水元基 迫田孝也 丘みつ子 浜田晃 小松利昌 戸田昌宏 正名僕蔵 平田敦子
番組内容
凌介(西島秀俊)に届いた真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)の密会写真が、ネット上でも拡散、炎上。凌介を心配した河村(田中哲司)は、林に接触する。世間のバッシングの対象は真帆と林に移り、同情される凌介。しかし凌介は瑞穂(芳根京子)に、真帆の不倫はありえないと断言。真帆と林の共犯説が浮上する中、住愛ホームも釈明会見を開き、事態は収拾されたかに見えた。そんな中、瑞穂が謎の人物に襲われ――!?
監督・演出
【演出】小室直子
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】高野水登
音楽
【音楽】林ゆうき、橘麻美
【主題歌】「seeker」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA/ZEST)
制作
【チーフプロデューサー】加藤正俊
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【番組HP】
https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/
【番組SNS】
Twitter: @shinfla_ntv
Instagram: shinhanninflag_ntv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 不倫
  2. 真帆
  3. 課長
  4. 大丈夫
  5. ハァ
  6. 相良
  7. 本当
  8. 子供
  9. 家族
  10. 雫石
  11. 犯人
  12. 井上
  13. 警察
  14. 事実
  15. 振動音
  16. 林君
  17. 茉莉奈
  18. クソ
  19. 一星
  20. 炎上

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥965 (2022/01/17 20:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

(相良真帆) おじいちゃんと
おばあちゃんになったら

縁側で 2人で のんびりしようね。

(相良凌介)
<愛する妻と子供たちが

ある日 突然 姿を消した>

(ぷろびん)
旦那が殺したんじゃないの?

(男) 人殺し!
<いつの間にか 僕は

犯人かのように扱われ…>

<不可解なことが
次々と起こって行く>

(窓ガラスが割れる音)

(相良光莉:泣き声)
光莉~‼

(海江田) 特定しますた
特徴的なアーチ窓っすね。

ここだ…!

(阿久津) こういう時のために
警察がいるんです!

光莉…。

篤斗!
(橘 一星) 相良さん!

真帆~‼

<犯人に踊らされ…>

(司会者) 不倫は あったと?
<人々の関心に翻弄され…>

(記者) 不倫はホントですか?
彼女をおとしめることは

人の優しさを否定するのと
同じなんです!

(林) 警察にチクった
保険金のこと 俺が。

<それでも 家族の無事を信じて
耐え続けた>

<ただ…>

<信じて>

(チャイム)

♬~

(チャイム)

♬~

≪ハァ ハァ…≫

ハァ ハァ…。

♬~

♬~

♬~

(振動音)

(河村) ん…。
(振動音)

(振動音)

(河村) うい。
夜分遅くに すいません。

あれ… 真相 分かりますか?
あぁ?

まだ見てないなら
検索してください。

(河村) 何を?

ちょっと前から
めっちゃ燃えてます。

実は さっき…。

(土井)誉さん!
キスさせてください!

(誉)いいよ~
なかやまきんに君になれたら

どんだけデケェもん
背負ってるか

おめぇに分かるかって話だよ!

(馬場)そうだな うん
たかが リーマンの家 1軒に

足 引っ張られてる
場合じゃねえっつ~の!

(馬場)やめろ やめとけよ
メッセージの受信音

あぁ?
お前さ

ただでさえ
デカい爆弾 抱えてんだから

てめぇ 説教か?
すいませ~ん お会計

(店員)は~い
メッセージの受信音

うっせぇな…

(等々力茉莉奈の声)
「ヨーくん? 説明して?」

え?

メッセージの受信音

♬~

相手
住宅メーカーの人ですよね。

ああ。

本当に不倫してたと思いますか?

いや…。
光莉から聞いたんですけど

大学のサッカー部で
絡みがあったって。

(河村) いや
在学期間は かぶってない。

確か 部活の同窓会で 一度 会った
みたいなことを凌介が…。

それ 関係あった
ってことですよね。

いや… いや ない あり得ない。

「全て 疑って掛かれ」って
言ってましたよね?

とにかく 凌介に 話 聞く。

多分 「あり得ない」って
言うだけですよ。

あっちに聞くしかねえか。

ただ スマホ見て

急に変な感じになって
どっか行っちゃいました。

多分 炎上してんの
見たっぽいです。

おい それ… 凌介のとこに
行ったんじゃねえのか?

えっ。
だって そうだろう。

まず 弁解しなきゃ
いけないのは…。

直接対決 ヤバくないですか?

もし 不倫が事実だったら

林が犯人って可能性も
ありますよね?

いったん切る!

(振動音)

(林) あの…。

ネットで炎上してる件について
なんですが…。

何のこと?

あの…
変な写真が出回ってまして。

これかな?

あ…。

ただの 新居の打ち合わせ
だったんです。

こういうことは
ちょくちょく あったんですよ。

真帆さん
内装とか こだわってたから…。

場所は?
えっ?

ここ 場所は?

確か カフェとか…。

ホテルだよね?

違う? ここに
ホテルマン 写ってるけど。

ホテルのエレベーターから
降りて来たところだよね。

あぁ…!

ホテルの上にある
レストランだったんですよ。

カフェじゃなくて?
あ…。

カフェバー…。

レストラン的なやつ。

あるじゃないですか
ホテルって普通。

どうして
わざわざ そこにしたの?

ファミレスとかでもいいよね?

いや ちょっと…

細かい経緯は
忘れちゃったんですけど。

細かくないよ?

え~…。

プリン・ア・ラ・モード。

…が 何?
そうだ。

真帆さんが「プリン・ア・ラ・モード
食べれる場所なくない?」

…みたいになって
俺 甘党じゃないですか。

「俺 知ってますよ」って。

真帆さん プリアラ 好きですよね。

いや あの… 本当なんですよ。

担当させていただきます
林 洋一と申します

よろしくお願いします
よろしくお願いします

どうぞ
お邪魔します

失礼します

(真帆)はっ

あ~!
あれ? あっ 知り合いなんだ

あっ うん
あの サッカー部の同窓会で

わ~ ご無沙汰しています

先輩 後輩なんだ
(林)はい

先輩のご依頼なんて
気合 入ります!

そんな…
1回 会ったぐらいですから

誠心誠意 やらせていただきます
よろしくお願いします!

あっ…

(林) 俺…。

俺 もう 訳 分かんなくて
何で 急に…。

本当に打ち合わせしてた
だけなんです。

♬~

信じるよ。

林君が そう言うなら 信じる。

すいません!

迷惑 掛けてるのは こっちだから。

本当に 申し訳ない。

違くて あの…。

やってもないことで

急に 知らない人から
たたかれるのって

めちゃくちゃ怖いですね。

今まで キツく
当たっちゃったりしたこと

あったと思うんですけど…。

ホントにすいませんでした!

林君は ずっと
一生懸命やってくれてるよ。

謝ることなんて ない。

新居のことなんですけど

他の会社
紹介させていただきます。

えっ?
うちだと いつまでたっても

ゴーサイン 出ないんで
それが一番 現実的だと思います。

いや でも せっかく ここまで…。
相良さん!

俺のことは
気にしないでください。

ご家族のために家を建てる。

それだけを考えてください。

♬~

分かった。

♬~

炎上の先輩として 今度
アドバイス もらっても いいっすか?

…なんつって。

じゃあ。

(二宮瑞穂) あっ…!
あれ? 二宮さん?

どうも…
何事もなかったですか?

俺 これ… 逆にヤバい現場
居合わせちゃってます?

ないです ないです 絶対ないです。

じゃあ。
うん。

今日は ありがとう。

えっ 課長
今 何で お礼 言いました?

二宮さんは どうしたの?

一星に 私のほうが近いから

とにかく行って 様子を
見て来てほしいって言われて。

どうして?
真帆さんのことで!

何か 猛烈に悪い予感がして…。

外れたみたいですけど。

心配させちゃったか。
気にしないでください。

何事もなかったなら
よかったです。

うん 大丈夫。

じゃあ おやすみなさい。

あぁ どうやって帰るの?

あぁ 一星が もう来ると思うんで
送ってってもらいます。

じゃあ 上がって待ってれば?
遅いし 寒いし 危ないし。

大丈夫です お疲れっした。

いや せめて 下まで…。
寒いので 大丈夫です。

さすがに
上司として どうだろう?

今 ここで
このツーショットはアウトです!

♬~

お~ 時の人じゃないですか。

私 『週刊追求』という雑誌の
編集長をしておりまして。

軽く インタビュー いいですか?

失礼します。

自分で喋るのと 暴かれるの
どっちがマシだと思います?

うちの独占にさせてくれるなら
悪いようにはしませんので。

俺は不倫なんてしてません
話すこと ないんで。

その件以外でも構いませんよ。

はぁ!?

まぁ 何かあれば

いつでも。

♬~

ハァ…。

♬~

保険の話は
もう 結論 出たでしょう

何か起きてからじゃ遅いし…

そうやって考えてると
本当に起こっちゃうんだよ?

ちょっと
怖いこと言わないでよ

100歳まで
生きるつもりだからこそ

備えておきたいと思って

うん

う~ん
うん

りょうちゃんさぁ…
ん?

いつから変わったんだろうね

えっ?
昔はさ

仕事がつらいとか
将来が不安みたいな相談したら

「いざとなれば心中すればいい!」
って言ってたでしょ

あぁ 言ってた

純文学好きは
みんな そうなんだよね

違う 違う あとは河村ぐらい

やっぱり 子供できたから?

う~ん
もう少し前からじゃないかな

昔はさ ゴールに向かって
生きてるって思ってたんだけど

うん うん
真帆と付き合ってるうちに

今が一番いいって
思うようになったんだよ

100歳まで生きるっていうのは
ゴールなんじゃないの?

う~ん…

「今が一番いい」を
100歳まで続けたい

それは いいね

一緒に続けよう

♬~

(女性)
美人だし 明るいし…。

(男性) 男は放っておかない
ですよ あれは。

おはようございます。

(小峯) あっ!
(一同) おはようございます。

(雫石) 家族写真に写るほど
親しい人と不倫されてたら

僕だったら人間不信で
おかしくなっちゃうかもですね。

(小峯) あっ あっ あっ…。

(小峯) すいません!

(太田黒)
何してるの 小峯く~ん!

状況は把握しておかないと
業務に支障を来すでしょう。

(雫石) 普通 あんまり
新居で撮影する家族写真に…。

(太田黒) う~ん さすが
モテる人たちは違いますねぇ!

いくらでも代わりがいるから

1人に執着する必要も
ないわけですか!

カァ~! 新しい!
住む世界が違うと…。

(あきの) 課長!
何?

(あきの) あっ… え~…。

(芙由子)
お茶 入れて来ましょうか?

いや 大丈夫。
あって 損は ないじゃないですか。

(あきの) 温まりますし
ねっ 温まりますし…。

じゃあ。
僕のも頼むね?

…えっ?

(晴子) 課長 課長 課長…
あの あの… これ あの。

大吉です。
えっ?

課長が持ってたほうが
いいと思って。

これね 神田明神のやつ
あぁ… 縁結びのやつだ。

すいません。
(小夏) 課長 課長 課長。

(小夏) うちの猫 見ます?

(晴子) あっ かわいい!
あぁ かわいい~。

お茶 入りました~。
あぁ…。

同情されてる?

さすがの課長も察しましたか。

やっぱり…。

家族がいなくなるつらさも
炎上するつらさも

みんな 経験したことがないから
想像できないんでしょうけど。

浮気とか
不倫されたりって つらさは

分かるんじゃないですかね。

いや でも そもそも
不倫されてないんだけど…。

でも 実際
苦情電話 減ってますよね。

私との不倫疑惑も いつの間にか
下火になってますし。

世間的にも
課長に同情してる人は

結構 増えてるんじゃ
ないでしょうか。

されてないのに…。

林君にも迷惑 掛けちゃってるし。

うん… 今度は あっちの会社が
炎上してるっぽいですね。

僕から説明したほうがいいよね
不倫はないって。

ん~…。

ないんですね?
ないよ あり得ない。

おめでたいかな?

いや…。
分かるよ。

みんながそう思うのは分かる。

でも

妻のことを 一番分かってるのは

僕だから。

♬~

もうね みじんも疑ってない。

ハァ…。
いつにも増してって感じだね。

ホンマに
人が良過ぎて あきれるわ。

こっちで調べよう。

ねぇ 一星はさ
付き合ってる相手のこと

そこまで信じられるタイプ?

嫌な質問だな~ 瑞穂ちゃんは?

えっ 無理。
言い切るね。

人間だって動物なんだから。

俺は人間の可能性を信じたいよ。

ハァ~ よく まぁ 流れるように
きれい事 言えるねぇ。

でも 相良さんレベルは
さすがに天然記念物だと思うわ。

状況が状況なのに

「妻のこと 一番分かってるのは
僕だから」

…なんて言われたら
何も言えねえ。

うん… 入り込む余地ないよね~。

うん…。

えっ?
えっ?

何?
ドンマイ。

お~い… あっ。
(通話が切れた音)

(井上)
林は 相良さんの担当から外す。

代わりに馬場 お前に頼む。

分かりました。
(井上) 引き継ぎ しっかりな。

はい!

馬場 頼むな。
おう。

(井上) あと お前の不倫の対応は
上層部と相談中。

はい… あの 一応
不倫「疑惑」ですからね?

林 ウソついたら終わりだぞ。

えっ?

施主さんの奥さんと不倫なんて
一気に信頼 吹っ飛ぶからな。

幸せ売る会社が家庭 壊して
どうすんだって話ですよね。

(井上) 本当にやってないんだな?

やってません。

ごめん!

(茉莉奈)
それは何に対する「ごめん」?

(林) えっ?

(茉莉奈)
ちょっと待たせちゃったこと?

(茉莉奈) それか…。

(ぷろびん) どうも どうも!
お疲れさまで~す!

あれ~ 間男 追っ掛けてたら
まさかの新キャラ発見!

えっ 彼女さんですか?

あっ 婚約指輪 着けてんじゃん!
(林) おい!

(ぷろびん) あの これから
結婚するっていう人が

不倫してるっていわれてるん
ですけど どうするんですか?

あんな年増と
不倫するわけないでしょ。

普通に考えて 分かりません?

いや… じゃあ

あんたがババアになったら 相手に
されなくなっちゃいますけど

結婚して大丈夫ですか~?

迷惑系YouTuberが

人並みに幸せになれると
思ってるんですかぁ?

は?
え?

ちっげぇからな! 俺は…。

(町山) ボツ。

(ぷろびん) おい…。

(ぷろびん) おい!

(茉莉奈)
あ~ ヨー君から答え聞く前に

言っちゃったよ もう!

俺 マジで茉莉奈でよかったわ。

愛してる。

あ~… でも パパは分かんない。

えっ?

(茉莉奈の声) 多分 人 雇って
調べさせたりすると思う。

探偵とか?

もうちょっと何でもやる人。
えっ?

でも 何もしてないんだから
大丈夫だよね。

おう…。

♬~

(菱田朋子) あ~あ。

♬~

(女性スタッフの声) また?

(陽香) えっ? 有給 使ってる
だけですよ ダメですか?

今の時期 忙しいのは
分かってるよね?

あなたが休んだ分は
他の人が埋めなきゃいけないの。

社会で生きて行くには
協調性が大事なんだよ。

あなたのわがままで
どれだけ他の人が…。

ちょっと! 何してるの?
失礼にも程があるでしょ。

(陽香) 周り 気にしてますね~。

これ 取りますよ。

取りますよ~。

はい 取りました!
今 取りました!

あっ もう1つ 取った!

あっ また… 取り放題!

(陽香) 気持ち 分かります~。

死んだ人に渡すくらいなら
もらっちゃえって。

フフ… あっ!

私 来週あたり
インフル なっちゃうかもです。

(学生1) あれ? 一星君?
おぉ!

ねぇねぇ サッカー部の部室って
どこか分かる?

この先 真っすぐ行って
左に部室棟あって 確か… 2階。

ありがとう。
うん。

じゃあ。
じゃあ。

(学生2) あれ 橘 一星じゃん
うちの大学だっけ?

(学生1) いや。
(学生2) 何で知り合いなの?

(学生1) Facebook
リアルで会ったの初めて。

(サッカー部員) 確か この辺っすよ。
えっ? 何で分かんの?

ちょい前に 警察の人も
確かめに来たんすよ。

あっ ここっす。

♬~

11年前…。

この人 課長の団地で
見たことない?

(望月) すいません ちょっと…。
じゃあ ウワサとかは?

あぁ…
他は聞いたこと ありますけど。

他は聞くんだ…。

団地の情報網 エグいっすよ
すぐ広まりますし。

なのに聞いたことないんで
ホントに ないんじゃないっすか。

…か めちゃくちゃ
隠すのうまいかだよね。

何で 不倫なんかするんすかね。

えっ?

普通にダメって分かってんのに
バカ過ぎません?

あぁ…。

頭 良くなり過ぎたかららしいよ。

人間って
脳を発達させて来た弊害で

他の動物と違って
子供つくったら いろいろ大変だ

…ってことまで 考えるように
なっちゃったんだって。

でも それだと絶滅するでしょ?

だから 脳が 恋愛してる時だけ
ドーパミン出して

バカになるように
出来てるんだってよ。

身もふたもないっすね。
ねっ。

二宮さんは…

バカには なってないですよね?

えっ?

俺 これ 瑞穂ちゃんに向けての
ポエムだと思うんだけど

(落合)
本部でも意見 割れましたね。

(阿久津)
別に悪いことじゃないだろ。

林の不倫が事実だったとしたら
林が本命ですって。

動機としても十分ですし もし…

真帆さんと
結託していたとしたら

これまでの男女複数犯って線とも
つながります。

百葉箱って あるだろ。

懐かしいですね
学校に ありましたよ。

あれ 開けたことある?

ないですけど
でも あれ 中身が温度…。

あぁ! じゃあ いいや。
えっ?

林の不倫 流出させたヤツって
何 考えてたんだろう…。

あの すいません! 百葉箱…。

いいっつってんだろ!
何でですか?

見たこともないのに
語ろうとしてるのが気に食わない。

いや ですから ただの…。
だから もうやめろ!

知ったかぶるな。

どういうことですか?
知りたくないんですか?

あぁ… お前

子供に「サンタさんは いない」って
言えるタイプか あぁそうか。

百葉箱に
どんな夢 抱いてたんですか。

現実 知って幻滅するのと
知らないまま 夢 見続けるのと

どっちが幸せだ? あぁ?

すいません 遅れて
あの 上層部との打ち合わせが…。

7月30日 16時30分
帝月ホテル内のエレベーター前。

はい? いいえ? どっち?

はい。

この写真を撮った人に心当たりが
ある? ない? どっち?

えっ?

最初に投稿されたのは
ネットの匿名掲示板でした。

「不倫現場」というひと言が
添えられていたので

撮影者は悪意を持って
ネット上にアップしたと思われます。

撮影されたのは
失踪事件の2か月半も前。

その頃から相良さんのご家族を
マークしていたということは

事件に深く関わる人物である
可能性が極めて高いかと。

誘拐した… 犯人かもしれない
ってことですか?

心当たり ある? ない? どっち?

ありません。

(飯田) 相良真帆と林 洋一の
不倫が事実だと仮定して

方向性は大きく2つだな。

1 林は社長令嬢と婚約中。

不倫してた相良真帆との関係を
断ち切るため

子供を誘拐した。

(上原) 「俺と別れろ 子供が
どうなってもいいのか」 う~ん。

(両角) たかだか 不倫相手と
別れるために犯罪沙汰って。

脅す目的なら 3人とも消えるって
どういうことだよ。

う~ん 交渉決裂して
3人とも うっかり殺したとか?

本末転倒だなぁ。

ちょっと
俺は書ける自信ないっすね。

(飯田) じゃあ 2。

相良真帆が
相良凌介と別れるため

子供を連れて失踪
誘拐事件に見せ掛けている。

わざわざ日本中に
迷惑 掛けまくって

駆け落ちって
だいぶ イッちゃってますけど。

海外に高飛びでもしちゃえば
勝ちだろ。

そこまでします? 子供 連れて?

(上原) 今の日本に不倫カップルの
安住の地があると思うか?

(飯田)
主犯が奥さんなら 指輪 足跡

これまでの女の痕跡は
つながるよな。

(上原) で 当然 男の協力者は林。

うん いいんじゃないっすか?

(両角) 不倫相手 利用して
犯罪させて

これが事実だったら この女
とんでもない食わせもんですよ。

真帆ちゃんは
そんな女じゃねえよ‼

すまん… 公私混同。

じゃあ 旦那がDVで逃げたとか?

それは もっとない。

送った画像 見ました?
うん 妻の実家だ。

これ 1時間前の投稿なんで
まだ この状態かもです。

連絡してみる ありがとう。
いえ。

あと 明日あたり
「至上の時」 大丈夫ですか?

うん 分かった。
じゃあ。

(呼び出し音)

あっ お義母さん。

大丈夫ですか?
(館野志乃生) うん 大丈夫。

(館野三郎) 大丈夫じゃないだろ!
お父さん!

外 出られてます?
買い物とか行けてますか?

うん 大丈夫。

ロールパンと
ぬか漬けはあるから。

…だけですか? すぐ行きます!

≪真帆さんの お母さんですか?≫
≪少し お話 お願いいたします≫

(記者) 娘さんが不倫していたのは
事実なんですか?

(インターホン:志乃生)
いや あの それは…。

自ら失踪した
という話も出ていますが?

やめてください!
(記者) 相良さん!

奥さんの不倫には
気付いていたんですか?

妻は不倫なんて しません!

あなたたちのせいで 両親は

ロールパンと
ぬか漬けしか食べてないんです!

ぬか漬け?

迷惑です 帰ってください。

(記者たち) 相良さん…!
すいません すいません。

相良さん…!
ひと言だけでも お願いします!

(志乃生) 本当に助かったわ。

凌介君かと思って出たら
アイアイで…。

逆に
怖い思いさせちゃいましたね。

あっ… これ どうぞ。

おっ ありがとう。

ご近所さんまで
アイアイみたいになっちゃって。

えっ?

毎日毎日 責められてると

だんだん 本当に
そんな気持ちになって来て…。

真帆が… すまん。

ごめんなさい 凌介君。

いや そんな…。

♬~

真帆さんは 不倫なんてしません。

僕は信じてます。

誤解は必ず解けます。

それまで頑張りましょう。

よかったねぇ 凌介君で。
うん。

ただ あの相手の男は…。

林君ですか?
(三郎) あれは大丈夫かね?

(林)
ご家族のために家を建てる

それだけを考えてください

彼は信頼できる人です。

この後 彼の会社の記者会見が
あるみたいなんですが

ここで見てもいいですか?

(三郎) うん。

(取締役) 本日は

メディアなどで言及されている
弊社社員の疑惑について

ご説明させていただければと
存じます。

(井上) 弊社社員が
クライアントである

相良凌介さんの妻
相良真帆さんと

不倫関係にあったという事実は
一切ございません。

(カメラのシャッター音)

(井上) また もう1つ
発表がございます。

これまで

相良さんの新居の工事は
妨害行為が原因で

中断せざるを得ない状況でした。

しかし 我々は悪に屈せず

相良さんの
ご家族が戻ることを信じ

新居の工事を再開いたします!

えっ!?
知らなかったのか?

あぁ よかった~! よかった。
ハハハ…。

林君… ありがとう。

(取締役)
これで何とか イメージ回復だ。

むしろ 良く見えるはずですよ。

(振動音)

おい!
(振動音)

はい。

(等々力幸造) 見てたよ。

なかなか決まってたじゃない。

(取締役)
このたびは お騒がせして…。

あの プロジェクトのほうは…。

変わりなく頼むよ。

ありがとうございます!

(等々力) でも…。

次 同じようなことあったら

さすがに怒っちゃうよ。

(取締役) そ… それはもう

徹底いたしますので!

はい! 失礼いたします!

(林) お疲れさまです。

(取締役) 引き続き 頼むよ

婿殿。

よかったな。

はい。

♬~

(司会者) 住愛ホームは
誠意ある対応をしたといっても

いいんじゃないでしょうか?
雫石さん。

(雫石)
リスクマネジメントとしては
素晴らしかったですねぇ。

まぁ ホントに不倫が
事実無根ならですけども。

(司会者) では 今後も
不倫については追及すべきと?

だって 一般的には 犯行の動機に
十分なり得ますもんね。

何か 一件落着みたいな感じ
醸し出されてますけど

この会見で得したのは誰か
って話ですよね。

(男性) テレビで言ってたさぁ
炊飯器旦那さん犯人説

俺は絶対ないと思うな。

(女性) 私も
ちょっと安直過ぎるよね。

(手塚翔太) 真実は いつも
オランウータンだからね。

(日野) おっ 『モルグ街』。

(手塚菜奈) 詳しい!
(日野) 一応 文芸サークルなんで。

え~! 僕ら
ミステリーサークルなんすよ。

意味 違っちゃうよ。

ねぇねぇ… 菜奈ちゃんはさぁ
ずばり 犯人 誰だと思う?

え~?
俺はね う~ん

やっぱり
オランウータン理論だと思うな。

犯人は いつも最も意外な人物。

えっ?

いやいやいや…。

翔太君 失礼だよ。
あっ ごめんなさい。

(日野) おぉ 凌介。
うん。

あっ! あっ!
炊飯器旦那さん!

えっ?
(翔太) あの ファンなんです!

ハグさせてください。
えっ?

あの 本当に
ご家族を愛してらっしゃるのが

伝わって来て 感動したそうです。
あぁ…。

僕も菜奈ちゃん大好き人間なんで
分かります。

炊飯器さんは 僕と同じです。

(菜奈) 「相良さん」でしょ。

菜奈ちゃんにも ちょっとだけ
秘密があったんですけど

ドカンと乗り越えました。
そうだったんですか。

あの…
比べられるようなものでは。

(翔太) あぁ…。

愛さえあれば どうにかなります!

絶対 諦めないでください!

はい。

♬~

(山田) どうも お疲れさまです。
(業者) どうも。

あっ あの これ…。

10番って あの子のですよね?
何で発注したんですか?

忘れないためです。
はぁ。

永久… 永久欠番!
フォーエバー

篤斗~‼

(日野) はい。

久しぶりに 人に希望が持てたよ。
うん。

あの2人には
ずっと幸せでいてほしいな。

ハァ…。

あっ 話って?
え?

早めに来てくれって。

あっ! 雫石。
えっ?

いや… 検索してみて
顔 見れば分かるから。

雫石。

あぁ~。

お前さ
こいつに何か恨まれてんの?

えっ?
事あるごとに

お前のこと 犯人扱いしてるだろ?

あんまり
テレビ見ないようにしてて…。

でも 考え過ぎだよ。

学生時代 知り合いだって
言ってたよ。

えっ そうなの?
うん。

でも いたっけ?
雫石なんて名字 忘れないよな?

うん…。

あれ? 課長 早いですね。
あぁ。

いらっしゃい。
どうも。

≪菱田さん≫

(朋子) うわっ キャ…!

んん~!

コーチ?

(山田) 今日… 今日
ユニホームが届きました。

頼んでたやつ。

あの あれ もう

ど… どう言い訳すればいいか
ちょっと分かんないっす。

もう… もう自分 隠し切れま…。

シ~~~。

…ですよ。

フフっ。

これです。

真帆さんと林さんが
出会ったのは

11年前の同窓会です。

2人が同時に出てるのは
この年だけなんです。

それで?
言ってましたよね。

真帆さんが悩んでた…
みたいなこと。

光莉の小学校のお受験

10年前くらいですね

塾でボスママに
嫌がらせされてたみたいで…

その頃に真帆さん

何かおかしいこととか
ありませんでした?

外出が多いとか 帰りが遅いとか。

俺 大阪本社に単身赴任してて。

(3人) えっ?

でも それは
真帆を疑う理由にはならないよ。

林君だって 本当にいい人だし。

あの 僕 この前 林さんと
居酒屋で鉢合わせたんです。

盗み聞きしただけなので
確証はないんですが…。

保険のこと
警察にタレ込んだのは自分だ

…って話してました。

はぁ? 何それ
えっ 酔った勢いで?

そんな感じ。
酒って怖いね…。

いや… でも
聞き間違いかもしれないし。

もし 仮に そうだったとしても

それで 不倫とか犯人かどうかには
つながらないよ。

それでも相良さんを
陥れようとしてる可能性は

あるってことですからね。

うん…。

あぁ~。

へこんじゃった。

ハァ…。

(足音)

(足音)

♬~

あっ!

(男) しちは ごじゅうろく。

警察 呼びます!

ハァ ハァ…。

大丈夫?

よかった。

待って!

課長が へこむ。
は?

多分

「危ないから
もう協力しなくていい」とか

言うと思うから。
何 言ってんの!

そん時はそん時…。
お願い!

心配かけたくない…。

ハァ…。

まぁ… 好きになっちゃったんなら
しょうがないよね。

違うから。

ここは
ノリツッコミするところでしょ。

バカか。

自らの影と向き合いなさい。

♬~

(「充さん」の声)
一度2人で話そう 電話 待ってる。

お願いだから
電話に出てほしい。

警察に行くようなことは…
したくないよ。

お前… 何 考えてんだよ!

交差点で
あの人を押したの見たぞ!

♬~

ハァ~。

♬~

うわぁ~~‼

(男) クソ…!

(物音)

(猫おばさん)
見てはダメよ プッチーニ。

(男) うっ… クソ!
(猫おばさん) 恐ろしい。

あんな まがまがしいオド
四半世紀ぶり…。

(男) クソ!

あ~…!
どこ行ったんだよ! クソ!

(茂みをかき分ける音)

アンギャアァ~~‼
(猫の鳴き声)

うわぁ~~‼

そんな大っきい声
出さなくても…。

いや だって…!
相良さん 何かと遠慮するんで

もう 多少
強引に行っちゃおうかと思って。

いや だからといって
さすがに勝手に…。

さっ 整えるんで…
ベッド行きましょ。

いや あの
キヨ君 お家にいますよね?

もう寝てますから。
いや でも…。

大丈夫ですよ
少しくらい 1人でも。

そんなわけないじゃないですか!
今すぐ 帰ってあげてください。

私… 母親失格ですかね。

いや あの そういうわけでは…。
そういえば!

同じこと
真帆さんも言ってたなぁ。

私 真帆さんから
相談されてたんですよ

不倫のこと。

えっ?

私 真帆さんから
相談されてたんですよ

不倫のこと。

私 真帆さんから
相談されてたんですよ 不倫…。

してません!

あっ ごめんなさい あの…。

それは
真帆のってことじゃなくて

誰か知り合いの…。
真帆さんのです。

証拠もあると思いますけど。

えっ?

♬~

菱田さん? 菱田さん…。
どこかな~?

菱田さん! ちょっと
ちょっ… 何やってるんですか!

やめてください! ちょっと…。

こういう 男の人が
見ない所にあるんですよね~。

菱田さん やめてくだ…。

ちょっと 何やってんですか!
あ~!

(猫おばさん) あぁ あぁ あぁ…!

何なんだよ クソがよ。

あぁ… チキショ~~…‼

うぅぅ~…。

…ろす。

うぅ…。

野郎…!

うぅ…!

♬~

うぅぅ…!

ぶっ殺す!

見~つけた~。

♪~ 誰がでるかな

♪~ 誰がでるかな

♪~ 誰がでるかな