真犯人フラグ#13【毒の女・バタコ包囲網!狂気の我が家へようこそ】[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真犯人フラグ#13【毒の女・バタコ包囲網!狂気の我が家へようこそ】[解][字][デ]

毒を飲まされ倒れた凌介(西島秀俊)の運命は!?バタコ(香里奈)の正体を暴こうと動き出す警察と瑞穂(芳根京子)たち。バタコの写真を見た篤斗は思いがけない反応で!?

出演者
西島秀俊 宮沢りえ 芳根京子 田中哲司 佐野勇斗 桜井ユキ 生駒里奈 柄本時生 柿澤勇人 長田成哉 坂東龍汰 吉田健悟 小林きな子 森田甘路 竹森千人 BOB 青木瞭 中西美帆 渥美友里恵 町田愛 南彩加 遼太郎 原菜乃華 堀野内智 小林優仁 香里奈 渋川清彦 深水元基 迫田孝也 丘みつ子 浜田晃 小松利昌 戸田昌宏 上島竜兵 正名僕蔵 平田敦子
番組内容
凌介(西島秀俊)は、バタコ(香里奈)にフグ毒入りのお茶を飲まされ、意識不明の重体に。警察と瑞穂(芳根京子)たちは「毒を盛って逃げた女」を追う。プロキシマでは、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析。その音声から一星(佐野勇斗)は、バタコが失踪事件に関わっていると確信するが、声しか分からない…。一方、阿久津(渋川清彦)が、篤斗(小林優仁)にバタコの写真を見せると、思いがけない反応を示して…!?
監督・演出
【演出】中島悟
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】高野水登
音楽
【音楽】林ゆうき、橘麻美
【主題歌】「seeker」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA/ZEST)
制作
【チーフプロデューサー】加藤正俊
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【番組HP】
https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/
【番組SNS】
Twitter: @shinfla_ntv
Instagram: shinhanninflag_ntv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハァ
  2. 真帆
  3. 相良
  4. 太田黒
  5. 部長
  6. フグ
  7. 阿久津
  8. 課長
  9. カレン
  10. 落合
  11. バタコ
  12. 刑事
  13. 日野
  14. 凌介
  15. ホント
  16. 篤斗
  17. 本当
  18. 由実
  19. 世界
  20. 絶対

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(阿久津) <相良凌介 彼の家族が
ある日 突然 姿を消した>

(ぷろびん)
旦那が殺したんじゃないの?

<テレビ ネット
探偵気取りの素人が

騒ぎを大きくして行く中>

(相良凌介) あぁ~~~‼

<真犯人は 相良凌介を
もてあそび あざ笑う>

<そして疑惑は
殺意に変貌を遂げる>

(相良光莉) 私のお父さんを
殺してください。

お前みたいなヤツ 死ねばいい!

<真犯人と目星を付けた男は
無残に殺された>

(橘 一星) 僕たちは ずっと
林が犯人だと思い込んで

その間に真犯人は やりたい放題
やってたってことですよね?

<悪いことが続くのは
良いことが起こる前兆>

(芙由子)
白い車で間違いないですか?

<が 逆も また然り>

(阿久津) 真帆さんは
宗教に入ってた?

<希望の光を打ち消すように…>
あんた 誰?

<恐ろしく 暗い夜が始まる>

(陽香) ただの… 葬儀屋ですよ。

(由実) 大変ですね。

顔も見られないのに。

毎日 毎日。

うっ…!

(由実)ホントの子供じゃないのに。

<闇の中の真実を

見たい?>

<見たくない?>

<どっち?>

(無線) 緊急配備 緊急配備。

病院内の監視カメラ映像から
被疑者を確認。

現在 南西方向に逃走中
30代女性 身長は…。

(キャスター) 速報です。

炊飯器失踪事件で知られる
相良凌介さんが

何者かに毒を飲まされ
現在 意識不明の重体です。

(二宮瑞穂)
一星! 毒って何!? 何科!?

こっち!

あっ! あの… 課長は!?

(日野:泣き声)

そんな…。
(日野:泣き声)

(河村) 死んでないからな。

(2人) ハァ…。
倒れたのが病院でよかったよ。

でも まだ意識が…。

じゃあ まだ
安心できないじゃないですか。

やったの 誰か分かったんですか!?

凌介の顔見知りだったらしい。
えっ…。

あっちゃんの警備してるヤツから
聞いただけだから

まだ確かなことは…。
(日野) フグ…。

(日野) フグ… フッ…。

お前は落ち着け。

フグだって。

お医者さん。

フグの毒かもって。

(2人) フグ!?
ふざけんなよ!

凌介… 何で…。

何で…。

大丈夫ですよ。
うん… 大丈夫だよ。

絶対。

♬~

♬~ (心電計の音)

♬~

♬~

♬~

(相良真帆)りょうちゃ~ん

(真帆)りょうちゃん!

(相良篤斗)パパ!

(篤斗)パパ!
はい!

いよっ… ほい!

♬~

あっ
アハっ

はっ

ハハハハ…

(猫おばさん)アハハハ…!

アハハハ…!

♬~

♬~

(太田黒)ヘイ ヘイ ヘ~イ!

よいしょ

あっ!

シャ~!

りょうちゃん!

蹴らないで

あっちゃん…!

(菱田朋子) 凌介さん!

302号室の相良です
今 目を覚ましました!

(医師) 一応 検査をして

取りあえず
明日まで 様子を見ましょう。

先生 ホントに
ありがとうございました。

テトロドトキシンは
非常に致死性が高く

解毒方法も ないんです。

今回は すぐに胃洗浄
人工呼吸ができたので

奇跡的に助かったようなもので…。

本当に気を付けてくださいね。

はい。
ありがとうございました。

ありがとうございます!

すぐに退院できそうで
よかったですね。

いろいろ持って来たんだけどな。

あ… あぁ…。

(館野志乃生)
あっ 凌介君 よかった~。

お義父さん お義母さん。
えっ?

朋子ちゃん どうもありがとうね。

いいえ これくらい。

(館野三郎) 悪いけど
ちょっと外してくれないか?

分かりました
じゃあ 凌介さん また。

ありがとうございます。

真帆が… 本当に申し訳ない。

えっ…。

警察から
DNA鑑定のことを聞いた。

真帆のしたことは
許されないことだ。

本当に申し訳なかった。

(志乃生) 凌介君が
どんな選択をしても

私たちは受け入れるから。

僕は…
責めるつもりはありません。

20年以上 一緒に過ごして来て

真帆にもらった幸せのほうが

僕には
ずっと ずっと大きいんです。

だから

1分1秒でも早く
無事に帰って来てほしい。

その気持ちは変わりません。

凌介君…。

僕 意外とタフなんですよ。

ほら 殺されかけても
死ななかったし。

だから 本当に
気兼ねしないでください。

ありがとうね。

あの…。

篤斗 どうですか?

(カウンセラー) 絶対に起こさないように
お願いしますね。

はい。

♬~

♬~

あっちゃん…。

凌介君は できた人ね。

どうも 相良さん どちらです?
あっ…。

あっ 刑事さん。

昨夜の状況を…。
(落合) あっ これ お見舞いです。

元気になったら食べてください。
あっ ありがとうございます。

いいやつなんで。

相良さん ちょっと。

はい。

(阿久津) ここで
渡されたお茶を飲んで 倒れた。

はい。

この人で間違いないですか?

はい。

名前は?
聞いてないです。

どういうご関係?

少し前に 話し掛けられたんです。

篤斗と同じ病棟に お子さんが
入院してるらしくて…。

そう この女が言った?
はい。

そんな人は いません。
えっ?

病院関係者全員に
確認したんですけど

面識があったのは
相良さんだけです。

えっ!?
犯人像は 今のところ 2択です。

光莉さんの動画を真に受けたか。

それか

実は あなたを
ずっと知っていて 恨んでいたか。

どっちだと思います?

初めて会った人だと
思うんですが…。

分かりません。

お疲れさまです。
(社員たち) お疲れさまです。

差し入れ から揚げと
ドーナツとエナドリです。

(海江田) マジかよ~!
(誉) うお~い!

若者のこと よく分かってんね。
まだ若者だからね。

(誉) こんな大量に あざ~す!

ただの私の勘に皆さん
付き合わせちゃってるんで…。

木幡由実様が
注文された商品を

調べていただいても
よろしいですか?

ううん 気にしないで。

どんな小さな可能性でも
検証して行かないと

真犯人には たどり着けない。

どう? バタコさん
何か関係あると思う?

海江田さん
音声 クリアにできました?

(海江田) うい 取りあえず

最後の電話だけでいいんだよね?
はい。

お電話 代わりました
二宮です。

木幡様?
(由実) あ~ ごめん。

ここね?
そうです。

(金城) 確かに 他と聞き比べても
この電話だけ変だよな。

あっさり引き下がる感じと
外から かけてるとこかな。

奥で 何 話してるかって
分かったりしますかね?

あいよ~。

お電話 代わりました二宮です。
(男) 安いよ 安いよ 安いよ~!

木幡様?
(由実) あ~ ごめん。

(男) 安いよ~。
ノイズだらけじゃん。

元々 だみ声なんだよ。
(男) エゾイソ?

(土井) 何か売ってる?
(男) エゾイソね~。

(男) あ~ 今日は ないのよ
ごめんね~。

エゾイソ?

エゾイソアイナメ。

魚屋!?

フグ!

海水魚の水槽に

買ったフグを入れて…。

えっ でも
魚屋に 生きたの売ってる?

細けぇことは いいんだよ。

いや…。

これ… 魚市場かも。

冷凍遺体の!?
≪えっ?≫

子供の冷凍遺体 発送されたのが
魚市場だったんだよ。

つながったよ!
すげぇよ 瑞穂ちゃん!

でも バタコさんの顔が
分かんないと

課長に毒を飲ませた犯人か
どうかは…。

あと1歩まで来てる感じ
すんだけどな…。

(由実)あの相良って人 最低ね

(由実)死ねばいいのに

どうにかして バタコさんの顔
特定できないかな?

それ 相良さんに見せたら
一発だもんね。

ねぇ… これ 犯罪じゃないよね?

ギリ。

ネトスト神!

う~ん! 降~臨!
よし! もう ひと仕事すっぞ!

(海江田) よっしゃ!
ありがとうございます!

(メッセージの受信音)

(山田) あ… あ… あぁ…。

あの 話 あるんですよね?

(山田) あの 昨日 相良さんと
同僚? の人が来て…。

篤斗がいなくなった日
ボールを持って 出て行った

…って おっしゃってましたよね?
確かに 持ってましたか?

はい

その 俺のこと
多分… 疑ってます。

しかも その後 相良さん
殺されかけてるじゃないですか。

俺 ますます
疑われちゃうような気が…。

人の体温が

一番 落ち着くんですよ。

大丈夫。

犯人 すぐ捕まります。

毒の女と戦ったんで。

戦… えっ?

ハァ ハァ ハァ…。

課長!
あっ 二宮さん 橘君。

何 食べてるんですか?
お見舞いに もらったカニカマ。

すごいんだよ これ ほぼカニ。

もらったものを 素直に食べない。

くれたの刑事さんだし 食べて
早く元気にならなきゃと思って。

いただきます。

カニじゃん!
カニだよね ほら 二宮さんも…。

あなた 毒 盛られて
死にかけたんですよ?

意識もなかったくせに
起きたら 何 のんきに…。

学習能力ないんですか!?

ごめん…。
こっちは そのせいで

気が気じゃないんですよ
ほっとけないんですよ!

でも ずっとは
見ていられないじゃないですか。

そしたら ちょっと目を離した隙に
死にかけてるんですよ!?

何なの!? 赤ちゃんなんですか?

まぁ 落ち着いて ねっ。

いつも いつも
家族の心配ばっかりで…。

分かりますよ? でも…。

もっと 自分のことも
大切にしてください。

私は

もし…。

課長が死んじゃっ…。

怖かった…。

(泣き声)

ハァ…。

よかった。

二宮さん ごめん。

「ごめん」じゃないです。

僕は死なないから。

みんなを取り戻すまで。

家族で

新しい家で

元の生活を取り戻すまでは。

絶対に死なない。

絶対ですよ。

うん。

♪~ きらら きんらら
きらら きら

♪~ かがやき~の世っ界へ
れっつごう

あなたが教祖?
蜂須賀亞理壽です。

「教祖」という肩書は
正しくありません。

かがやき主からの
メッセージを賜る…。

この車を使って 相良さんの家族を
誘拐した? してない? どっち?

何をおっしゃっているのか…。

テレビもネットも
見ないんですか?

影を断っております故。

車の中 見せてもらっても
よろしいですか?

下の者に案内させましょう。

ご協力 感謝しま~す。

あ~。

この人 知ってる? 知らない?
どっち?

こちらの世界の者では
ありませんね。

♪~ 暗~い影を
断ち切らせたまへ~

♪~ きらら きんらら
きらら きら

♪~ かがやき~の世っ界へ
れっつごう

♪~ きらら きんらら
きらら きら

かが…。

この人
知ってる? 知らない? どっち?

♪~ きらら きんらら
きらら きら

♪~ 暗~い影を
断ち切らせたまへ~

(落合) はい 失礼します。

車 ペッシャンコだそうです。

なるほどね。

(落合)
篤斗君を乗せたことは知らない。

運転してる人に心当たりはない。

車は 急にオシャカになって
即スクラップ…。

クロだな。
ですね。

令状 取れるネタ 探すぞ。
はい。

(着信音)

ちょっと~ 連絡取るの最低限
って言ったの どっちだっけ?

うん うん。

えっ?

おい 何だ? 今の質問
えっ? 分かんない?

もっかい 言ってみ?

うん そう それ。

それさぁ
私が殺すと思ってないと

出て来ない質問だよね。

それじゃ 全部 台無しでしょ。

えっ そんなことも
分かんないと思われてんの?

うん そうだね そう… うん。

今 ダウナー入ってんだわ。

待って。

ハァ…。

(陽香) 大丈夫!

まだ死んでませ~ん!

死んだら 殺すよ?

ママ…。

(望月) おはようございます。
おはよう。

あの…。
何? どうした?

相良さん
気を付けたほうがいいっすよ。

じゃ。
えっ ちょ ちょ…! えっ?

何で? 何で?

相良さんって 不倫して…。

は? ない 絶対ない っていうか

はたから見たら 私と課長って
ホントにそう見えちゃうの?

いや あの
二宮さんとじゃないっすよ。

あぁ ごめん えっ じゃあ 誰?

この前…。

(望月の声) 相良さんの家から
出て来たんすよ 菱田さんが。

おかしいっすよね?

いや ホントに おかしいよね。

合鍵でも持ってなきゃ
説明つかないっすよ。

そんなの
不倫以外 あり得ないっすよね?

その通り 合鍵 持ってんの
でも 不倫じゃ ない。

えっ?
話すと 長くなる。

ただ 何か持ってたのは
気になるね。

おはようございます。
(社員たち) おはようございます。

(晴子) 課長 「冷凍便を
宅配ボックスに入れられた」

…って苦情が来たんですけど。
うん。

配送した古手川君は
「確かに手渡した」って言ってて

ちょっと もめてるんですよね~。

古手川君なら
間違いなさそうだけど

僕から お客様に電話しておくよ。
あ~! よろしくお願いします!

(小夏) 課長!

コンビニ受け取りサービスの
エリアって…。

(太田黒) ご~めんなさい。

はい! 退院 おめでと~う!

あ…。
これね 水仙。

わざわざ ありがとうございます。

水仙には 毒があるんだよ?

だから 毒をもって毒を制す
ってことでね どう?

サイ…。
ッテ~。

なるほど。
(小峯) で フグの毒って

しびれるんすか?
バカ! 私が飲ませてやろうか?

えっ いいんすか? ぜひ。

(太田黒) お~!
これ 花瓶に入れて飾りましょう。

部長の席の後ろとか。

あれ? 目白君 何か怒ってる?

(小夏) いえ 別に。
(太田黒) 怒ってる?

課長!
退院 おめでとうございます。

あっ ありがとう。

ちょっと いいすか?

何か 家から
なくなった物とかあります?

多分 着替えとか…。

(望月の声) 頼んで
持って来てもらったんすか?

勝手に
そういうことする人なんだよ。

相良さん ホントに
菱田さんと不倫してませんか?

えっ?
鼓太朗君 何で そんなに課長の…。

いや キヨ君が変なんすよ!

篤斗君のお父さんが怖いの?

(菱田清明)
でも お母さんが仲いいから

そしたら合鍵とか…
正直 疑ってます。

そうか… それは絶対ないよ。

キヨ君のことは
僕も気になってる。

そうっすか…。
鼓太朗君 すごいね。

えっ?
配送するだけじゃなくて

その家の人のことまで気に掛ける
なんて なかなかできないよ。

あっ… いやぁ。

鼓太朗君。

これ 鼓太朗君じゃないよね?

えっ? はい 何すか? これ。

これ 冷凍遺体のこととか

『ぷろびんチャンネル』に
リークしてるアカウント。

マジっすか!?

正直 ちょっと鼓太朗君かもって
疑ってた ごめん。

でも すっきりしたわ。

これ 太田黒さんじゃないっすか?

えっ? いや…。

確かに部長は 冷凍遺体のこととか
知ってるけど…。

いや これ… 何か
ヒップホップ 好きなのかなって。

うん… 無駄にラップだよね
それが何で?

いや 前 急に

「若者の間でヒップホップ
はやってんのか」って絡まれて

「私はキングギドラとか

BUDDHA BRANDの頃から聴いてる」
とか 面倒くさいこと言い…。

あっ。

何? ギドラとブッダの話?

フフフ…。

な…!?

ほ ほ ほ…!?

部長って ヒップホップ
お好きなんですね。

う うん…。

えっ?
Twitterでラップとか書いてます?

ん?
グラドルにクソリプ送ってます?

あっ あっ…!
んっ!

部長って!

「アフロディーテの下僕」ですか?

だ~! ほっ ほっ…!

何か隠してることありますよね!?

部長。

は?

はぁ?

ハラ~ス‼

うぅ…! うぅ~!

あ~ ちょっ…!
(太田黒) ハハハ ハハハ…!

ハァ ハァ…!

(太田黒) ハァ ハァ…!

えっ! 何してるんですか!?

(太田黒) これ以上
ハラスを続けるようなら

飛び降りる!

は…。
(太田黒) 二宮君。

私は やっと 身をもって分かった。

ハラスは…
こんなにも つらいんだね。

いいから こっち来てください。

君たちが悪いんだよ!?
これはハラスに対する抗議だ!

戻ってほしければ
今後はハラスをやめ

私を敬い 丁重に扱い
優しくすると約束しなさい!

どう!?

何 言ってんだ? マジで。
クロですよ 課長。

どうせ 飛び降りる気なんて
ないんですから

情けは無用です。

部長。
(太田黒) 来るな!

ただ確かめたいだけなんです。

僕は 部長のことを
とても尊敬してるんです。

えっ?
(望月:瑞穂) え~?

えっ? ねっ?

えっ?

うわ~‼

尊敬してます!
うっ…す!

どんなとこが?

いつも お客様のことを
第一に考えて

でも 僕たちのことも
常に 気に掛けてくれてますよね。

僕は 本当に
ご迷惑をお掛けしてるのに

いつも守ってくれて…。

僕が ここで働き続けられてるのは
部長のおかげです。

相良君…。

だから

部長が何かを隠してるなんて
信じたくありません。

本当のこと 話してください。

♬~

♬~

(太田黒) ずっと

黙ってて申し訳ない。

でも 決して…。

君たちを…

欺こうとしていたわけじゃ
ないんだ。

ただ… 勇気がなくて。

相良君 ありがとう。

僕が 隠しているのは…。

(太田黒) これだ~~‼

ふぅ~…。

これだ。

あ… はい。

えっ?

知ってます。

えっ!? えっ!?

で? ぷろびんに
情報 流したんですか?

ほっ?

まだ 知らないふりする
つもりなら

今後一切!
部長とは口を利きません!

えっ?

誠に!

申し訳ありませんでした~!

(妻) うわ~!
(夫) うっ!

(カレン) もうやめて! 奥さん!
黙ってろ‼

私が受けた仕打ちは

こんなんじゃ全然足りない!

(カレン) でも…!
大丈夫。

痛くない。

地獄に落ちろ!

たぁぽん…。

よく頑張ったね。

(夫) うん 2人で幸せになろう
カレン!

(妻) 見て見て~。

やったよ 強羅君!

(強羅) おめでとうございます。
(拍手)

(強羅) いや~
スムーズに進んで よかった。

はい。
(カレン) 奥さ~ん。

離婚成立
おめでとうございま~す!

(妻) カレンちゃ~ん
ホントにありがとね。

(カレン) ウフフ… てか 最後
笑いそうになってたでしょ。

だ~って。

「痛くない」って バカ過ぎない?
(カレン) アハハ…。

では これで以上となります。

成功報酬は
慰謝料 入り次第 お願いします。

あ~ カレンちゃん。
(カレン) はい。

(強羅) はい どうもお疲れさま。

ありがとうございます。

別れさせ屋なんて
いつの時代ですか?

あら どうしたんです? 急に。

金のためなら 何でもしますね。

幸せになるためのお手伝いですよ。

「殺し」で 人は幸せになりますか?

だから 死刑制度が
あるんじゃないんですか?

昔は 地上げとかで
請け負う人がいたみたいですね。

それこそ いつの時代ですか?

今でも 金額によっては
応相談って感じですか?

やりませんよ 僕はね。

林さんのことで 何か疑ってます?

相良凌介に何かあったら
いくら あなたでも

徹底的にやりますよ。

ちょ ちょ ちょ 阿久津さん!

まだ篤斗君 話 聞ける状態じゃ
ないでしょう。

秒で済む。
誘拐に「かがやきの世界」が

絡んでいるのは確実なんですから
今更 聞くことあります?

これ 見せた時の
教祖の反応が気になった。

(落合) え~ 具体的には?

刑事の勘ですか?

うるせぇ。
「嫌い」って言ってましたけど

やっぱり あるんじゃないですか
刑事の勘~。

うっせぇ!

(戸が開く音)

(戸が閉まる音)

ごめん 10秒だけ
コージーの話 聞いてほしい。

(阿久津) この人 知ってる?

知らない?

どっち?

(篤斗) お母さん。

(日野) ヅラだったの!?
そんなの どうでもいいんですよ!

で ぷろびんに
情報 流してたのが

その部長だったんですよ!

早起き あんま得意じゃないな

(瑞穂の声) 会社で 私のこと
つけ回してたらしくて…。

カメラのシャッター音
(瑞穂の声) スマホ 確認したら

大量に 盗撮写真が出て来ました。
カメラのシャッター音

カス中のカスですよ‼

男の嫉妬って ねちっこいもんね。

それ どうやって
その部長に吐かせたの?

「女」を使ってしまった。

えっ?
たくましいね!

いかがわしいことでは ないです
けど

相手の好意を利用するのは
よくなかったなと

反省しております。

気にすることないよ
カスなんでしょ?

そうですね!
ただ まぁ

簡単に自白したところを見ると

それ以上 何か隠してる
ってことは なさそうだよな。

誘拐とは関係ないんですかね?

あ~ 凌介~!
元気になって よかった!

こいつの号泣
録音してあるけど聞く?

何してんの?
「フグ! フグだって!」とか

笑えるよ。
(日野) お前 そういうとこ

ホントよくないぞ!?
どうしました?

また 警察で拷問 受けたの?

篤斗が ちょっとだけ話したって。

よかったじゃないですか。
いや それで その

毒の人のことを「お母さん」って…。

えっ?
えっ どういうこと!?

あっちゃんは
林と 毒の人の子供なの!?

日野さん!
(日野) ごめん。

病院で お義母さんたちが
取り乱してて

俺たちも知っちゃって…。

いや 話すつもりだったから。

解決するには 大事な事実だし。

今の話は
誰が 実の親かってより

毒の女が あっちゃんを
洗脳してたかもってことだろ?

そう それで 篤斗が乗ってた
っていう白い車が

宗教団体の車だったって。
何て名前ですか?

「かがやきの世界」。

(落合) 毒の女
公開捜査に切り替えたほうが

早いんじゃないですか?
それは最後の手段。

前科があったら あっという間
だったんすけどね~。

どうにもならないこと 考えんな。

とにかく 毒の女と
宗教がつながって…。

あっ!

あ~!

バタコさんが?

勘としか言えないところも
大きいんですけど…。

いや 偶然にしちゃ
重なってることが多過ぎるな。

ただ あと1ピース
足りないんすよね。

家 行っちゃえば?

えっ?
だって お客さんなんでしょ?

住所 分かってるなら
行って 会ってみたら?

そうだな…!
ちょっと待ってください!

今度こそ殺されますよ!? だって

毒と吹き矢と金属バット
持ってますからね!?

警察 動かせるネタがないとなぁ。

でも 宗教団体が

うちの家族を狙う理由って
何だろう?

悪魔崇拝の生贄?

善良な人だけが選ばれる。

んな陰謀論YouTuberの
言いそうなこと

現実にあるわけねえだろう。

一応ね…。

いや でも 前に動画で
「かがやきの世界」出してたよ。

(キーボードを打つ音)

ん?

「神回 かがやきの世界に
入信してみた結果」。

(キーボードを打つ音)

そして こちらが…。
≪いや~!≫

少々 こちらでお待ちください。

♬~

お分かりいただけただろうか?

明らかに…。

そう。

ガチの…。

…だったんだよ。

(ぷろびん) かわいそうな信者は
悪魔に取りつかれ

その後を知る者は 誰もいない。

(由実) 私と一緒に…。

毒の人!
バタコさん!

えっ? この人 毒の人…。

いや この声 バタコさんです!

えっ。

(落合)
えっ? 毒の人はバタコさん?

バタコさんは 木幡由実
木幡由実は お母さんで

「かがやきの世界」… えっ?

リストも ちゃんと見てますか?
(落合) はい はい 今 確認中です。

♬~

♬~ (歯ぎしりする音)

♬~

(刑事) 木幡さ~ん。
(阿久津) 前にさ

シイタケハンバーグの女の話
しただろ。

えっ?

あ~ 阿久津さんのシイタケ嫌い
克服してあげようとした

優しい彼女さんの話ですよね。

ひとをだまして
嫌いなもん食わせようとする

最低の女の話だよ。
(ノック)

(刑事) 木幡さ~ん。

あの話 続きがあってさ。

詐欺師とは付き合ってらんねえ
って別れようとしたんだけど

女が 別れたくねえって
ギャンギャン泣くからさ

結局 それから
1年くらい付き合ったんだよ。

でも 結局 1年で
ダメになっちゃったんですね。

ああ 向こうに 別に男ができた。

あら~。
まぁ それはいい。

むしろ こっちとしては
惰性で付き合ってたから

別れられて
せいせいすると思ってた。

一件落着じゃないんですか?

別れ際に 何て言われたと思う?
えっ?

「毎週1回 おかずに
シイタケ入れてたんだけど

気付いた?」。

(鍵を開ける音)

女の執念は

静かで深いんだよ。

♬~

(矢を吹く音)

♬~

(カメラのシャッター音)

(ふすまが開く音)
(落合) うわぁ!

怖ぁ…。

(阿久津) 勉強机。

本棚 児童書。

子供の服。

失踪の前後から買いそろえてるな。

篤斗君を ここに
監禁していたんじゃないですか?

あと バットと吹き矢。

(カメラのシャッター音)

(落合) うわ~!

ハァ…。

(朋子) おかえりなさ~い。

エヘヘ…。

ちょっと
座ってもらってもいいですか?

はい。

いや こっちに。

は~い。

いや こっちですよ。

鍵を変えます。

えっ?
それだけです。

キヨ君 お家にいますよね?
帰ってあげてください。

私 やっときますよ。

確かにセキュリティー面
心配ですよね。

あっ いや…。
何か こうやって

家のこと 相談して
決めるのって…。

本当の夫婦みたいだね フフっ。

違いますよ。

真帆さんたちのこと
諦めるんですか?

家の鍵が変わるって

それ もう
違う家になっちゃうと思いますよ。

真帆さんも光莉ちゃんも
あっちゃんも

帰れる場所が
なくなっちゃうじゃないですか。

新しい家が 帰る場所です。

鍵… 変えなくていいですよ。

えっ?

最初から こうしておけば
よかったんですよね。

いや あの… 僕が
持っていてくださいと言ったので。

いいんです 返します。

ただの…

お守りには できないから。

凌介さんに尽くすことが

真帆さんのためになるって

思っただけなのにな。

(ドアが開く音)

ハァ…。
(ドアが閉まる音)

♬~

(振動音)

もしもし。

もしもし?

(真帆) りょうちゃん。

真帆!?

真帆! 真帆なの!? 真帆!?

うん ごめんね 時間なくて。

聞いて 光莉が…。

(通話が切れた音)

真帆?

真帆!

(刑事)
阿久津さん! 一致しました!

冷凍遺体の箱にあった指紋と
篤斗君の箱にあった指紋は

木幡由実のものです!
えっ!?

やった~!

(振動音)

はい 阿久津。

は? 真帆さんから電話!?

録音した? してない? どっち?

ハァ… はい はい。

取りあえず 調べます。

(一星の声)
場所は分かったんですか!?

(凌介の声) うん 今から行く!
(一星の声) 僕も行きます。

(一星の声) どこですか?

(凌介の声) ローファーの
タレコミ電話があった公衆電話!

♬~

ハァ ハァ…!

刑事さん! 真帆は!?

僕らが着いた時には
誰もいませんでした。

明日 目撃者がいないか
聞き込みします。

えっ!?
もう遅いですし。

もっと 人呼んで 捜索とか…。

相良さんが
録音してくれてたらねぇ。

みんな 動いてくれたと
思うんですけど。

とにかく 僕らで捜しましょう。
うん。

ハァ ハァ…。

相良さん?

(猫おばさん) そうね プッチーニ。

彼の名前は「愛」。

♪~ Ma il mio mistero
e chiuso in me,

♪~ Il nome mio nessun sapra!

♪~ No, no, sulla tua bocca
lo diro,

♪~ Quando la luce…

♬~

(真帆)りょうちゃん

りょうちゃん?

記念すべき 初の撮影です

ヤ~ダ 撮ってんの?

ちょっと~

や~ 恥ずかしいよ

♬~

(真帆)乗れた 乗れた!
すごい すごい!

やった~!

(真帆)わ~ かわい~い

おじいちゃんと
おばあちゃんになったら

縁側で
2人で のんびりしようね

ママ どこ?

分かんない
パパは あっち捜して

ハァ ハァ…。

相良さん?

ハァ ハァ…。

♬~

♬~ 見つかっちゃった

♬~

♬~

見つかっちゃった。

<今夜の『ガキの使い』は…>

(バイクの走行音)