真犯人フラグ#17【父子の絆の再生…恐怖の監禁生活と仲間の衝撃過去】[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真犯人フラグ#17【父子の絆の再生…恐怖の監禁生活と仲間の衝撃過去】[解][字][デ]

自分が凌介(西島秀俊)の実子ではないと知った篤斗(小林優仁)。父子の絆は再生できるか?バタコ(香里奈)の監禁の一部始終とは!?一星(佐野勇斗)の安否も明らかに!

出演者
西島秀俊 宮沢りえ 芳根京子 田中哲司 佐野勇斗 桜井ユキ 生駒里奈 柄本時生 柿澤勇人 長田成哉 坂東龍汰 吉田健悟 小林きな子 森田甘路 竹森千人 BOB 青木瞭 中西美帆 渥美友里恵 町田愛 南彩加 遼太郎 原菜乃華 堀野内智 小林優仁 香里奈 渋川清彦 深水元基 迫田孝也 丘みつ子 浜田晃 小松利昌 戸田昌宏 上島竜兵 正名僕蔵 平田敦子
番組内容
逮捕されたバタコ(香里奈)の取調べが始まり、かがやきの世界で発見された遺体の身元が判明する。団体の意外な実態とは!?
一方、自分が凌介(西島秀俊)の実子ではないと知った篤斗(小林優仁)。父子の絆は再生できるか?バタコとの恐怖の監禁生活と洗脳の一部始終が明らかに!
陽香(生駒里奈)に監禁されていた一星(佐野勇斗)の安否と過去が明らかに!複雑に絡み合った事件のピースが、いよいよ揃い始める!!
監督・演出
【演出】長沼誠
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】高野水登
音楽
【音楽】林ゆうき、橘麻美
【主題歌】「seeker」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA/ZEST)
制作
【チーフプロデューサー】加藤正俊
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【番組HP】
https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/
【番組SNS】
Twitter: @shinfla_ntv
Instagram: shinhanninflag_ntv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. パパ
  2. 光莉
  3. 一星
  4. 由実
  5. ハァ
  6. 篤斗
  7. 真帆
  8. ポイント
  9. ママ
  10. 阿久津
  11. 世界
  12. 陽香
  13. ウソ
  14. お母さん
  15. 絶対
  16. 電話
  17. ホント
  18. 一緒
  19. ボール
  20. 課長

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(阿久津) <相良凌介 彼の家族が
ある日 突然 姿を消した>

(ぷろびん)
旦那が殺したんじゃないの?

<相良凌介をもてあそび
あざ笑っているのは誰なのか?>

<事件は 1つの誘拐ではなく>
(3人) ママは!?

<3つの失踪が重なっていた
ことが明らかになった>

(阿久津) 真帆さんが
ご家族には隠して持っていた

2台目の携帯電話を使って

林以外の人物と
会う約束をしていた。

(相良凌介)
真帆の目的は 完璧な失踪。

もしくは Xとの駆け落ち。

(女性) 光莉さんのカットの
予約が入っておりますが…。

(相良光莉)
電話したの 母かもしれません!

<真実の扉が 次々に開き始める>

(落合) 14時22分 逮捕~!

(由実) お家 帰ろ?

篤斗は… 俺の息子だ!

(相良篤斗) パパ~!
(由実) わぁ~‼ 死ね~~‼

(阿久津)
篤斗君のお母さんは 誰?

何があったか
コージーに話してくれる?

<それが良いことか
悪いことかは分からない>

(教祖) あの者の 影です。

<それでも 扉を開ける?>

<開けない?>

<どっち?>

お姉ちゃん。

えっ?

俺 パパの子供じゃ ないの?

(阿久津) 桃太郎ってさ…。

(二宮瑞穂の声) どうして 急に
あんなこと言ったんだろうね?

(カウンセラー) いいんだよ ゆっくりで。

私のせいです。

(光莉の声) あの日
あっちゃんに言ったんです。

パパの子じゃ ないって。

(光莉) 多分… いや 絶対

誘拐されたのに関係あるんだ。

だから…。

よし いったん 落ち着こう。

兄弟 姉妹ってさ

つながりが強過ぎるんだよ。

子供の時なんて なおさら。

どんなに大ゲンカしても
同じ家で過ごさなきゃいけない。

だから厄介だし

甘えて

友達には言えないような
ひどいこと 言えちゃうんだよね。

何て謝ればいいですかね?

う~ん…。

課長と作戦会議しよう。

光莉ちゃんだけが
背負う必要 ない。

ねっ。

(菱田朋子)
あの人 気を付けたほうがいい

(山田) ふぅ~…。

(山田) 車まで調べられたら
終わりでしたね。

(朋子)
今 見られたら終わりですよ。

(山田) 木幡さんて

やっぱ
頭おかしくなってますよね。

あっちゃん 連れて来て
えっ?

(山田の声) よっぽど
恨みでもあるんですかね?

(山田) どうしました?

あの人

あっちゃんを手に入れるまでは
私たちのこと 利用しますよ。

でも 捕まりましたよ?

母親は

地獄に落ちても
子供のことは諦めませんよ。

それより あっちゃんが…。

そうっすね。

いや~ よかった~ ホント
元気になって来たみたいで。

それがマズいんでしょ!?

あっちゃんが話したら

終わる。

あっちゃんが…。
ごめんなさい。

いや いつかは
話さなきゃいけないことだから。

でも あっちゃんには謝ろうね。

うん。
うん。

篤斗君
課長を信じたいんだと思います。

きっと 胸に
最後につっかえてるのが

そのことなんです。

だから 課長を
信じていいんだって思えたら

きっと 心を開いてくれます。

そうだね。

監視カメラ映像は全部よこして。

会話の内容も
できるだけ記録するように。

(阿久津の声)
もし共犯なら 何か出て来る。

(陽香) 終わりですね。

(由実) あ?

(陽香)
人生おしまいですね 私たち。

ここに入る時点で
終わって困るような人生

送ってないでしょ。

ひっど~い!

それ 悪気ゼロで
事故 起こしちゃって

捕まった人とかにも 言えます?

言える。

人間なんて 生きてるだけで
罰当たりなんだから。

そもそも 悪気なく
ひとを傷つけるヤツのほうが

殺してやりたくならない?

分かる~!

アハっ アハハハ…。

フフフ ハハハ…。
(陽香) ハハハハ…!

(由実:陽香) ハハハハハ…!

(由実:陽香) アハハハハハ…!

(誉) えっ ストーカー逮捕!

(海江田) うお~! マジだ!

(土井) 社長は!?
絶対 戻って来るよ!

今から警察 行こう!
(海江田) おい 早くしろ!

行くぞ!

(海江田) ほら 早く!

(キャスター) ですが 依然
妻 真帆さんの行方は

分かっておらず 警察では

2人の容疑者のどちらかが
把握しているものとみて…。

(朋子) 早く… 早く…。

(朋子) 全部 消さないと…。

♬~

♬~

♬~

(雫石) 犯人は男女2人以上は
確実って話 ありましたよね。

男が まだ見つかってませんよ。

(たまる) もしも~し。

ま~た相良さんが怪しいと
おっしゃるつもりですか?

(たまる) 臆測だけで物を言うのは
よくないと思います!

生放送より
旅行を優先するような

無責任な人に
言われたくありませんが。

(晴子) おはようございま~す。
(小夏) おはようござ…。

♪~ 『Butterfly』

♪~
(太田黒:小峯) おぉ~~!
(晴子) 何!? 何 何!?

♪~
(晴子) 何 何!? 何? 何!?

♪~
え…。

♪~
(2人)♪~ Butterfly 今日は

♪~
やめて… やめてください!
♪~ 今までの どんな時より

やめろ‼ おい!

えっ? 何ですか?

(小峯) フラッシュモブ。
はぁ!?

プロポーズのやり直し。

あ… あ… あぁ…。
(小夏) こんなのテロですよ!

えっ!? えっ えっ…。
(太田黒) 申し訳ない!

ケンカしたと聞いて
力になりたくて…。

部長のせいじゃないです。

最近 優し過ぎますよ!
わ… 私が?

あんたなんかより
よっぽど 部長のほうがいい!

ほっ!?
(小峯) はぁ~!?

(晴子) 怖かった~。
(小峯) はぁ~!?

(晴子) あ~ 鳥肌 立っちゃった。
(小峯) はぁ~!?

おはよう どうした?

(望月) あの 俺
エリア 変わったじゃないすか。

前と だいぶ離れたんすけど
そこで菱田さんが…。

アハハハ…!

菱田さん?

すいません。
(振動音)

(振動音)

もしもし どうしました?

ちょっとトラブったっぽいっす。
えっ 対応しようか?

大丈夫っす。

もしも~し はい。

(阿久津) 「かがやきの世界」
敷地内の山で見つかった

遺体の身元が分かりました。

あなたの元旦那 中村 充さん。

♪~ きらら きんらら…
(阿久津) それと もう1人。

彼の母親

あなたの元しゅうとめの
中村昭子さん。

この2人を殺害して
埋めた? 埋めてない?

どっち?
♪~ きらら きら…

(落合) はっきり答えてください。

♪~ かがやき~の世っ界へ
れっつご~~う!

♪~ きらら きんらら…

では 篤斗君について。

はい。

なぜ 彼を誘拐したんですか?

刑事さん 「誘拐」って言葉
使うの やめてくれません?

あっちゃんは帰って来たんです
私のところに。

あなたの息子さんは
圭樹君ですよね?

はぁ!?
えっ?

話に なんない。

こっちのセリフですよ。

「かがやきの世界」から
何か口止めされてる可能性

ありませんか?

さっき 教祖の取り調べしただろ。

(教祖)あ~ も~う 最悪!

盆踊りして 土 売ってるだけで
何が悪いの?

マルチ商法ですよね?
別に犯罪じゃないでしょう

大変なんだから
バカな信者に夢 見させんの

死体遺棄は犯罪です

佐藤佳恵さん

えっ まさか
共犯だと思ってんの?

フッ んなわけないでしょう!

私の城 壊されかけてんだから
必死に探したの!

も~う 絶対こうなると思った

むしろ 協力したつもり
だったのに

それについては
感謝しておりますが…

どうせ あんたらが先に
死体 見つけたら

私が逮捕されてたでしょ?

危険なカルト宗教とかいって

絶対そう!

ばかにしないで
こっちはビジネスやってんの!

あの割り切り方は演技じゃねえよ。

木幡 責任能力なしで
不起訴なんてことには

さすがに ならないですよね?

させるかよ。

ただ あれは… 狙ってるな。

まさか まだ 篤斗君のこと
諦めてないってことですか?

≪やっぱり 何もなかった?≫

(河村) 俺が見た限りだとな。

(河村)
本当に真帆ちゃんが ここから

美容室に電話したんだとしても

この感じ
目撃情報も期待できない。

[ 電車の走行音 ]
おい! 何かしゃべって。

[ 電車の走行音 ]
(両角)
♪~ Yeah! めっちゃホリディ

河村? …じゃないよな?

ギリ聞き分けられるな。

せめて 真帆ちゃん知ってる人が
出てくれりゃあな…。

でも 絶対に真帆だよ。

そうだな。

真帆ちゃん
何日か前には ここにいたのか。

しかも 同じ神奈川県内って…。

あと1歩が遠いな。

あと1歩のとこまで 来たんだよ。

あっちゃんはさ ママ似だよね

(篤斗)そう?
うん

(光莉)男の子は母親に似る
っていうよね

じゃ 光莉はパパ似だね

え~ 何かヤダ
えっ 何で?

でも あっちゃん
やっぱ パパに似てない?

(相良真帆)
ん? あぁ うん 分かる

えっ どんなとこ?
俺 運動音痴じゃないよ

フフフ… あっ
同じタイミングで 同じ笑い方する

それだ
ツボが一緒ってこと?

それ言うと パパはママ似だし
ママはパパ似だよね

ウフフフ… それはないよ

ここは
血 つながってないから

(2人)ねぇ?
それだって

角度 角度
これ?

ずっと一緒にいると
似て来ちゃうんだろうね

え~ 何かヤダ
(篤斗)あっ

お姉ちゃんと同じこと言ってる
(光莉:真帆)ウソ~

(一同)アハハハ…
(真帆)これだ

(篤斗:凌介)ハハハ…
ほら! それ!

ん?
(光莉)ホント そっくり

あっ お互い 上 向いてたから
気付かなかったね

ウケるね
(一同)アハハハ…

(真帆)やっぱり親子だね~

パパ。

あっちゃん。

今度こそ サッカーしない?

(篤斗) 行くよ。
うん。

えっ… こう?

うん こう。

これで 蹴れるかな?

こう。

こう。
そうそう そうそう…。

何?

あっちゃん。

このボールはさ
あっちゃんに あげたから

あっちゃんのだよね。

でも ほとんど新品だから

他のボールと交ざってたら
見分け つく?

無理かな。

じゃあ 前に使ってたボールは?

一発で分かる。
そうだよね。

あれは かなり使い込んでたし

パパでも あっちゃんのだって
分かったから。

あのボールはさ

いっぱい 傷とか

ペンで付いちゃった汚れとか

それに ママが
印 描き足しちゃったりして。

そうやって

あっちゃんだけのボールに
なって行ったんだよ。

うん。

♬~

今まで
あっちゃんと過ごして来て

10年間。

毎日毎日 一つ一つ

思い出っていう印をもらって…。

パパは…

あっちゃんのパパになったんだ。

♬~

(篤斗) 泣かないでよ。

泣いてないよ。

泣いてんじゃん!

あっちゃんだって泣いてんじゃん。
泣いてないよ!

泣いてないよ!

ハハハハ…。
アハハ… ハハ…。

(2人) アッハッハッハッ…。

(篤斗) うぅ… フフフ。

(カウンセラー) これは?

(篤斗) これ パパ…。

でも パパじゃないんだよね?

うん。

パパは絶対に こんなことしない。

うん。

あっちゃん
あの日のことから 話せる?

あの日 この人と…。

この車に乗った?

それは無理やり?

(カウンセラー) 相良さん
つらいことを無理には…。

ごめん あっちゃんが
話せることだけでいいから。

この人の家に行って

「帰りたい」って言った。

(篤斗の声) 言ったのに…。

パパとママ
今日は迎えに来られないって

えっ?

ちょっとの間 預かってください
って言われちゃった

あの~ 僕が電話します

ダメ

ここにいて?

(篤斗の声)
逃げなきゃって思って…。

ハッ…!

[ 鍵が掛かっている ]

ハァ ハァ…

寂しいの?

ハァ ハァ…

(由実)ジャ~ン!

お友達だよ 仲良くしてね

いらないか~

お母さんがいるもんね

(篤斗の声) 体が

全然 動かなくなった。

(篤斗の声) それから 何日も…。

パパとママ
あっちゃんのこと 嫌いだって

(由実)
つらいよね? 苦しいよね?

少しずつ 受け入れて行こうね

(由実)パパとママ
「もう電話して来るな」って

怒鳴って 電話 切っちゃった

電話させてください…

(由実)ダ~メ

あっちゃんのこと
傷つけたくないの

(由実)パパとママ

あっちゃんのこと
もう いらないって

違います
違わない

パパとママが
そんなこと言うわけない!

あっちゃんは

ホントの子供じゃ ないって

(光莉)あんただって

「あんたはパパの子じゃ
ありません」って言われたら

不良になんじゃない?

ハァ ハァ…
(由実)分かったでしょう?

あの人たちは偽物の家族なの

ハァ… ハァ… ハァ…

私が

本当のお母さんだよ

ハァ ハァ…

それから

ずっと閉じ込められてたの?

1回 外に出た。

(篤斗の声) 寝てて 気付いたら…。

えっ?

誰か!

誰か いませんか!?

あの!

(男性)ハァ ハァ…

パパ…?

ママ? お姉ちゃん?

(女性)あ~!

(女性)キャ~‼

うっ!

倒れた音

(由実)あっちゃん

あっちゃん? あっちゃん!

♬~

あっちゃん 怖かったね

よく頑張ったね

(篤斗)うぅ…

これで分かったでしょ?

優しいパパは
ぜ~んぶウソだったの

優しかった?

(由実)明るくて
楽しいパパだった?

全部 ぜ~んぶ

あっちゃんを だますための
ウソだったんだよ

ウソだったんだよ…

うぅ…

(由実)あれが ホントの

相良凌介なの

♬~

(由実)これからは 私が

お母さんが一緒だからね

(由実)あっちゃん

お母さんと一緒

お母さんと…

一緒…

そう お母さん

お母さん

(篤斗) ハァ ハァ ハァ…。

(カウンセラー) もう今日は…。
待ってください。

あっちゃん 大丈夫。

友達に教えてもらった。

あっちゃんの見たものは 全部…。

(町山)お芝居なんです
はぁ…

(ぷろびん) 「影断ちの儀」とかいって
信者同士で寸劇すんだよ

(女性)キャ~‼
(男性)ふん!

(ぷろびん)そんで
すっきりした気になるの

具体的には?

例えば あんたら
俺のこと 殺したいでしょ?

相当 殺したいね

信者が1人 俺の役になって

こうやって
ボッコボコにされんの

あくまで お芝居です
そういう ふりですからね

あとは

人形にムカつくヤツの写真を
張り付けて 埋めたりする

つまり
木幡が元夫を殺したのは

実際に それをやった
ってことか

あの女が勝手にやったことで

「かがやきの世界」は
関係ないんです

お前 マジで
どうしちゃったんだよ!?

帰って来たら いきなり
週刊誌 呼び出したりとかさ

ちょっと もう
帰ってもらっていいっすか?

(町山)黙れ! 影!
あ!?

僕は亞理壽様の潔白を
世に知らしめて

「かがやきの世界」に行く

お前 洗脳されてんじゃねえよ!
おい!

「かがやきの世界」
っていう人たちは

仲のいい人とか
家族の縁を切るために

そういうことを
する人たちなんだよ。

かがやきの…。

ここ 知ってる?

行った。

…の上での質問でしたら

私も 根拠を示して
しっかりと答えたいと思います

パパ…?

食器がぶつかる音

(記者)この冷凍された
少年の遺体とは…

戸が閉まる音

ハッ…

どうしたの?

パパの声が…

あの人は死んだの

でも…

(由実)言ったでしょ?

パパは死んだの

読経

(由実)
ママとお姉ちゃん 殺して

自分も死んだの

お母さんの言うこと
信じるよね?

ねぇ!?
はい…!

ごめんなさい ごめんなさい

まだ 影が
こびり付いてるんだね

(教祖)そうですか
影断ちの儀をもってしても…

どうか 息子を

「かがやきの世界」へ
導いてください

お願いします

では 「影断ちの間」へ

♬~

(由実)あっちゃんの大好きな
ハンバーグだよ

あっちゃんの
嫌いなニンジンも

食べられるように 細かく細か~く
刻んで 入れたから

(由実)あ~~ん

お母さんと
ず~っと一緒だよ~

怖かったね。

よく頑張ったね。

ごめんね…。

私が…。

私が

「パパの子供じゃ ない」なんて
言ったからだよね…。

光莉…。

(光莉) だから その人の言うこと
信じちゃったんだよね。

(光莉) ごめん。

ごめんね。

お姉ちゃんのせいじゃ ない。

♬~

これからは…。

絶対に 怖い目に遭わせない。

(光莉:泣き声)

(阿久津)
あなたの家 行きました。

あっ! 一星 元気でした?

いませんでしたよ。
そんなわけないですよ。

橘 一星を
どこに かくまってるんですか?

えっ?

ホントにいなかったんですか?

ウソ… 逃げられるわけ…。

ヤダ… ヤダ!

捜して! よく捜してよ!

確かに 自宅に
監禁していたんですね?

全然 ごはん食べてないの!
一星君が死んじゃう~‼

あの… 大丈夫ですか?

あっ…! お兄さん? 大丈夫?

誰か! 救急車 呼んでください!
しっかりして!

(走る音)
(看護師) 廊下では走らないで…!

すいません! すいません!
すいません!

(橘 一星) お~ 髪 切った?

おぉ…。

(光莉:泣き声)

♬~

(光莉:泣き声)

会いたくて

死に物狂いで逃げて来た。

(光莉:泣き声)

元気そうで よかったよ。

(泣き声)

迷惑 掛けて ごめんなさい。

すまん。

(誉) てめぇが誠心誠意 謝んだよ。

光莉ちゃんは悪くないからね~。

(金城) そろそろ帰るわ
仕事たまってるし。

お前のせいで。

みっちー 母さんの…。

異常なし 断ったのに
バイト代 もらっちゃったよ。

ありがとう。

明日から出社な。

お~い。
(金城) じゃあな。

(海江田) 頼むよ 社長。
(金城) 失礼します。

相良さん。
うん。

すいませんでした。

無事で よかったよ。

光莉のことを守ってくれて
ありがとう。

私は一発 説教させて
もらっていいですか?

(橘すみれ) 一星! ハァ ハァ…。

母さん… 頭!

あぁ 大したことないから
慌ててたら 階段で転んじゃって。

えっ!?
(すみれ) は~い これ お見舞い。

(光莉) お医者さんに
診てもらったほうがいいです!

えっ?
取りあえず これ。

そんなに?

あっ いや すごいね~。

ちょっと! お行儀悪い。

あっ 皆さんも
よかったら どうぞ。

あ… ぐちゃぐちゃに
なっちゃったかな。

あの まず
止血してもらいましょう。

行きましょう。
(すみれ) 何か ごめんなさい。

母さん!
ん?

めっちゃくちゃ うめぇ!

♬~

おかえり。

こんばんは 強羅さん。

(強羅)
あら ご無沙汰しております。

何してるんです?

薬をもらいに
ひどい寒暖差アレルギーで。

新人さんですか?

ええ。

阿久津さん
カッコいいですよね~。

はい すごく。

ポイントカードって使ってます?

スタンプと 1ポイント1円
どっちですか?

1ポイント1円のです。

使いますよ 最近 増え過ぎて
財布から捜すの大変で。

じゃあ ポイントは
小まめに使うタイプか

たくさんためて
まとめて使うタイプか どっち?

新人さんは?

僕は 小まめにですね
小銭の代わりに。

よくできる新人さんですね~。

えぇ~ 強羅さんは?

私は ため込むタイプなんです
これがつらい。

何でですか?

例えば 1万円分
ポイントためたとするだろ?

そうすると 1万円のもの
欲しいよな? 悩むよな?

はい?

ポイント会計だと
ポイントが つかないんですよ。

つまり 1万円の会計に
つくはずだったポイントを

ドブに捨てることになる。
(強羅) で

大抵 普通に
払っちゃうんですよね。

ここが地獄の入り口なんだよ。

ポイントがたまるのに比例して
ドブに捨てるポイントが増えてく。

終わりのないジレンマが
始まるんだ。

あの~
例えば 買うものを決めて

ポイントをためれば
いいんじゃないですか?

(2人) その通り。

だから 何事も
目的を持って やるべきなんだよ。

強羅さん。
はい。

あんたは 何の目的で

橘 一星が入院してる病院に
来たんですか?

新人さん。
はい?

ただ ひたすら
ポイントをため続けるのも

それはそれで 楽しいんですよ。

「僕は どうしようもない
ウソつきです」。

僕は どうしようもない
ウソつきです。

「私が悪うござんした」。

私が悪う… ございました。

違う! 「ござんした」。

私が悪うござんした!

(日野) 「アイムソーリー
ヒゲソーリー」。

アイムソ…。
もう いいだろ。

ダメだ 俺たちの気が済まない。

絶対ふざけてるよな?

アイムソーリー ヒゲソーリー。
いいから。

いや でも…
それだけのことをしたので。

あれ もう怒ってないよ。

フフっ。

(日野) はい あとは
真帆ちゃんが帰って来ればな。

バタコも 本木陽香も

真帆さんについては
何も言ってないんですか?

刑事さんからは
今のところ 何も…。

どっちかが 何か隠してないと
おかしいよな。

ホントに関係ない
…なんてこと ある?

(河村) 全く関係ない事件を

警察まで 3人同時誘拐だって
思い込むことあるか?

誰かが そう見せ掛けようと
仕向けたのか…。

最初の頃は
一星がやってましたけどね。

すいません。

実は 篤斗が 1回
病室に知らない人が来たって。

男の人が
「お父さんがやったの見た?

逆らうと殺されちゃうよ」って…

それもあったから 篤斗は

ずっと 俺のことを
信じられなかったみたいなんだよ。

それ そういうふうに
誘導されたんじゃないですか?

他にも サッカーボールの時とか
男の情報は出て来てますよね。

もしかして
その男が事件を操ってて…。

真帆ちゃんを誘拐した真犯人!

それか…。

Xは 真帆の計画の協力者

真帆の目的は 完璧な失踪

もしくは Xとの駆け落ち

♬~

(猫の鳴き声)

(猫おばさん) おばんです。

どうも…。

(猫たちの鳴き声)
(猫おばさん) 元気そうで よかった。

あ… どうも 失礼します。

(猫おばさん) 電話。
えっ?

(着信音)

あなたは決断を迫られる。
(着信音)

もう 間違えないようにね。
(着信音)

(着信音)

(由実) あっちゃ~ん…。

あっちゃ~ん…。

あっちゃ~ん…。

一星~。

あっちゃ~ん。
一星~。

あっちゃ~ん。
一星~。

あっちゃ~ん!
一星~!

あっちゃ~ん! 一星~!
あっちゃ~ん‼ 一星~‼

(看守) 静かにしなさい!
やめなさい!

♬~

よっ。

どうしたの? 仕事中に
そんな急ぎ?

昨日 金城君から連絡があった。

一星に 確認してほしいことが
あるって。

それは 金城君が
話したほうがいい

(金城)ダメなんだよ
どうして?

親友だから

俺は あいつを疑えない

金城君が これ見つけたの。

本木陽香の
高校の同級生のアカウント。

へぇ~。

(操作音)

これ 高校の制服でしょ。

コスプレではないね。
ちゃかすな。

金城君は このアカウントの人は

多分 一星か本木陽香の
元同級生だろうって。

その人が

「今でも付き合ってると思ってた」
って言ってるんだよ。

そうだよ。

付き合ってた。

(アナウンス)
間もなく 列車がまいります

危ないですから

黄色い線の内側で
お待ちください

電車の走行音

電車の警笛

何してんの!
何すんだよ!

死なせてよ…

(阿久津)
それがきっかけで 付き合った?

そんなわけ ないじゃないですか。

救世主様と付き合うなんて
おこがましいですよね?

やっぱりさ… いじめ?

その制服 真清女学院だよね?

女同士のいじめって えぐそう

リスカするくらい
追い詰められて…

違う やられた

えっ?

何人かに 押さえつけられて

「1人 1本ね」って

「誰がキレイに切れるかな」
って…

リスカだって思わせたら
疑われないでしょ

頭いいよね

どうしようもねえな

だから 死ぬの

♬~

あと1週間
延長してくんない?

そうやって もうちょっと

あとちょっと生きれば
どうにかなるとか

言いたいんでしょ?

親とか先生とか 警察頼れとか
言うんでしょ?

そういう正論とか きれい事で
解決するって

本気で信じてるから

今まで自殺しようとか
考えたこともないんだよね

運良く幸せに生きてるヤツが
偉そうにすんな!

いや… ごめん

そんなんじゃ ない
は?

やってみたいことがある

ダメだったら 死んでいいから

何?

俺さぁ

だいぶイケメンらしいんだよね

実際モテるし

マジで何言ってんの?

だから

俺が王子様になる

君は…

シンデレラね

陽香だよ
えっ 誰? あれ

(女子生徒)
イケメンなんだけど~

もっと くっついてよ

付き合ってるって
設定なんだから

死にたい…

この景色 見ても?

(女子生徒)橘君でしょ?
(女子生徒)どういうこと?

(女子生徒)陽香が…?

今 陽香は主人公なんだよ

♬~

一星って しかも めちゃくちゃ
頭いい進学校 通ってたから

もう周りから見たら
完璧超人なんですよ!

それと付き合ってるってなったら
私のカーストも勝手に上がって

ウソみたいに
いじめとか なくなって…。

そんな少女漫画みたいなこと
って あるんですね?

恋人のふりは いつまで?
高校卒業までです。

それからは 一星の夢もあったし

邪魔したくないから
連絡も取ってません。

でも ストーカー行為は続けた。

見えないところから
支えてたんです。

相良光莉さんと付き合ってると
知って 嫉妬した。

違います。

一星は あの女に寄生されて
困ってたんです。

優しいから突き放せなくて…。

それで 光莉さんを拉致 監禁した。

はい。

罪悪感はある? ない? どっち?

あるわけ ないじゃないですか。

俺は ずっと

世界に笑顔が1つでも
増えればいいと思って

行動して来た。

でも それは ただの自己満で…。

実際は 俺のせいで…。

そんなこと 信じたくなくてさ。

だから 陽香を疑えなかった。

みんなにも言えなかった。

分かった。

まずは みんなに
ちゃんと説明して 謝って。

光莉ちゃん最優先で。

怒らないんだ?

あきれてる。

あんたさ 本気で世界を
良くしたいって思ってるんだね。

それはさ 傲慢だよ。

一星は漫画の主人公じゃ ない。

手の届く範囲も限られてる。

遠くに手を伸ばせば
近くが おろそかになる。

でも 本当に守るべきものは
目の前にあるんだよ。

瑞穂ちゃんだけだよ。

俺のこと
そんなふうに全否定すんの。

分かり合えないっつったでしょ。

でも…。

だから 信用してる。

ありがとう。

♬~

課長は 一星を責める権利
ありますよ。

責めないよ。

悪気があって 光莉を危険に
さらしたわけじゃ ないんだから。

でも 本木陽香のことは
多少は責任ありますよ。

それは… 突き詰めちゃうと

橘君が 自殺を見て見ぬふりを
したほうがよかった

…ってことになるから。

橘君の優しさを
否定することはできない。

ハァ…。

課長と一星って

お人よしなところは ちょっと
似てるかもしれないですね。

ただ 光莉は どう思うかな…。

そこは 2人に任せましょう。

一星が 自分の口から
説明するべきです。

あぁ 二宮さん
ずっと気になってたんだけど

それ 何 聞いてるの?

あぁ 落語です。

ら… あ~。

古いのって テープしか
なかったりするとか?

聞いてみます?

(テープ:女性)
後妻を持つてぇことで

まぁ まぁ まぁさ
お聞きなさいって 私のことを…。

あっ 女の人だ 珍しいね。

これ 姉なんです。
へぇ~!

落研だったんで
練習 付き合わされて。

「やっぱし落語は
テープやないと あかん」とか

変な こだわりがあって…。
面白い人なんだね。

私が嫌なことあって 泣いてると
突然 落語し始めるんです。

「泣いてる人 笑わせたら
本物だ!」って

落ち込んでる妹
練習台にするんですよ?

フフフ…。

それは優しいよ。

そうですね。

実際 私も
最後は笑っちゃうんです。

だから 嫌なことがあったら
これを聞くようにしてます。

はい。

お姉さんは 落語家になったの?

なりたかったと思います。

そうか… 厳しい世界なのかな。

いえ。

♬~

(呼び出し音)

(振動音)

(キーボードを打つ音)

(戸が開く音)

(望月) 失礼しま~す。

お届け物で~す。

♬~

姉は…。

殺されました。

えっ?

二宮さん それって…。