真犯人フラグ#18【新たな逮捕者!裏切り者と消えた仲間】[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真犯人フラグ#18【新たな逮捕者!裏切り者と消えた仲間】[解][字][デ]

凌介(西島秀俊)は、鍵を返されトランクルームへ。そこで手がかりを見つけ…。バタコ(香里奈)と真帆(宮沢りえ)の関係が判明!新たな逮捕者と、姿を消す仲間とは!?

出演者
西島秀俊 宮沢りえ 芳根京子 田中哲司 佐野勇斗 桜井ユキ 生駒里奈 柄本時生 柿澤勇人 長田成哉 坂東龍汰 吉田健悟 小林きな子 森田甘路 竹森千人 BOB 青木瞭 中西美帆 渥美友里恵 町田愛 南彩加 遼太郎 原菜乃華 堀野内智 小林優仁 香里奈 渋川清彦 深水元基 迫田孝也 丘みつ子 浜田晃 小松利昌 戸田昌宏 上島竜兵 正名僕蔵 平田敦子
番組内容
篤斗(小林優仁)の病室に大きな段ボールを運んできた鼓太朗(坂東龍汰)。その箱の中身は…!?一星(佐野勇斗)と連絡が取れず不安な光莉(原菜乃華)は、すみれ(須藤理彩)から一星が預けた凌介(西島秀俊)のトランクルームの鍵を返され…。バタコ(香里奈)と真帆(宮沢りえ)の思いがけない関係と、篤斗誘拐の理由が明らかに!そして、ある人物が真相を語り、逮捕される!裏切り者と、姿を消す仲間とは…!?
監督・演出
【演出】中島悟
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】高野水登
音楽
【音楽】林ゆうき、橘麻美
【主題歌】「seeker」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA/ZEST)
制作
【チーフプロデューサー】加藤正俊
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【番組HP】
https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/
【番組SNS】
Twitter: @shinfla_ntv
Instagram: shinhanninflag_ntv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 光莉
  2. 篤斗
  3. ハァ
  4. 陽香
  5. 一星
  6. 一星君
  7. 圭樹
  8. 真帆
  9. パパ
  10. ホント
  11. 阿久津
  12. 河村
  13. 全部
  14. キヨ
  15. ダメ
  16. ママ
  17. 一緒
  18. 家族
  19. 清明
  20. 絶対

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(阿久津) <相良凌介 彼の家族が
ある日 突然 姿を消した>

(ぷろびん)
旦那が殺したんじゃないの?

<相良凌介をもてあそび
あざ笑っているのは誰なのか?>

<事件は 1つの誘拐ではなく>
(3人) ママは!?

<3つの失踪が重なっていた
ことが明らかになった>

(河村) 家族が一緒にいた証拠が
いくつも出てる。

そう見せ掛けようとした
って考えないと不自然だろ。

<それぞれを拉致 監禁した
主犯格は逮捕された>

<そして
痛ましい真実が明かされる>

(由実)
あれが ホントの相良凌介なの。

<信頼している人ほど
隣にいてほしい>

(橘 一星) 会いたくて
死に物狂いで逃げて来た。

<だが そこは
ナイフが届く距離でもある>

(陽香) 一星は あの女に
寄生されて困ってたんです。

(阿久津) それで光莉さんを
拉致 監禁した。

(陽香) はい。

そんなの 信じたくなくてさ
だから 陽香を疑えなかった。

(望月) お届け物で~す。

<あんたは 隣にいる誰かを…>

(相良凌介)
お姉さんは 落語家になったの?

(二宮瑞穂) 姉は…。
<疑える? 疑えない?>

殺されました。

<どっち?>

怖いよね?

でも大丈夫 大丈夫だから。

俺は篤斗君の味方だから。

(菱田朋子) ただいま~。

(鍵を掛けた音)

キヨ? ただいま~…。

キヨ?

♬~

(菱田清明) あっちゃん。

二宮さん それって…。

あっ… ごめん。

話したくないよね。
あぁ…。

でも そうか。

二宮さんは だから…。

どうして そんなに
折れないでいられるの?

負けたくないんだと思います
他人の悪意に

そうですね。

正直 課長と自分を
重ねたところはあります。

課長は「アンパンマン」って
言ってくれましたけど

実際は
ごくごく個人的なことです。

あっ でも 今更
悲しい過去 抱えた人

…みたいに見られても
いろいろ ややこしいんで。

できれば 秘密に…。
あぁ もちろん。

むしろ 僕も聞いて ごめん。
あぁ いえいえ。

私が つい ぽろっと…
誰にも話したことなかったのに

何で 課長に…。

ハラスか。

じゃ そういうことで。
ごめんなさい!

(太田黒) 相良君。
はい。

ちょっと聞いてもいいかな?
はい。

(せき払い)

結婚って どう?

フッ。

(小峯) ハッ! ハァ ハァ…!

(小夏) えっ? そういうこと?

えっ そういうこと?
ハァ ハァ ハァ ハァ…。

僕は
してよかったと思っています。

ありがとう。

ハァ ハァ ハァ ハァ…。

(山田) さすがに
警察に通報しましょうよ。

ダメ。
キヨ君のためには仕方ないですよ。

キヨのためなの!

もう1回 家から全部 捜します。

(台車のロックを掛ける音)

キヨ いる?

(清明) おかえり。
キヨ!

どこにいたの!?

ずっと いた。
ホントに!?

ちょっとだけ 外 出た
ごめんなさい。

どこに!?

その辺。

(山田) 何だ…。

今度からは
お母さんと一緒に… ねっ?

うん。

えっ?

(ドアを開ける音)
(山田) ちょっ…。

(山田) そりゃ
ちょっとは外に出たいですよ。

サッカー少年なんですから。
ウソついてる。

えっ?

何かあったんだ 絶対。

気にし過ぎじゃないですか?

コーチ。

私とキヨのこと 守ってくれる
って言いましたよね?

はい もちろん。

一線 越えてくれますか?

もう とっくに

レッドカード 出てますから。

♬~

(着信音)

♬~

♬~

♬~

(相良光莉) ハァ ハァ…。

(戸が開く音)
すみれさん!

一星君は?

(橘すみれ)
ついさっき行っちゃった。

連絡 取れてなくて…。

これ 預かったんだけど。

あの子のせいで 怖い思いさせて
ホントにごめんね。

元々 私のせいなんで…。

でも… 説明くらい
してくれてもいいですよね。

会ったら
やっちゃっていいからね。

うす!
(すみれ) フフ…。

(カウンセラー) 今日でバイバイか~
うれしい?

(相良篤斗) はい。
ウフフ。

笑った顔が見れて
先生もうれしい。

困ったことがあったら
いつでも おいでね。

ありがとうございます。

この前さ お父さんから
大っきい荷物 届いてたでしょ。

あれ 何だったの?

『シベツ』の…。
えっ!?

等身大 縫いぐるみです。
ウッソ~!

えっ… いいな~!
先生も欲し~い!

(ノック)
(カウンセラー) あっ どうも。

あっちゃん 帰ろう。

あっちゃん 何 食べたい?

(光莉) えっ 決めずに買ったの?
何でも作れるように。

(篤斗) う~ん ハンバーグ以外。
分かった。

じゃあ 唐揚げ作る 塩麹のやつ。
いいね~。

俺 カレーマヨ係!
パパ 炊飯器係ね。

「ご飯係」って言ってよ。
(篤斗:光莉) フフフ…。

(光莉) アハっ フフフ…。
(篤斗) フフ フフフ…。

(光莉) やっぱ持つよ。
あぁ もうちょっとだから。

手伝う!
えっ…。

あっ… あっ。

ありがとう。

あ~ あっちゃんの布団
干し忘れてる。

(光莉) え~。
(篤斗) えっ ウッソ~。

(光莉) また?
いや 干すから…。

(強羅) おっと。

家族 水入らずなんですから。

ご挨拶が まだだったもので。

(河村) どういう風の吹き回しで
ここに住み始めたんです?

安かったので。
フッ…。

金に困ってるわけでも
ないでしょう。

この人 調べていただけます?

あら 随分
近しい方じゃないですか。

(落合) 木幡の篤斗君誘拐
本木の光莉ちゃん拉致。

大枠は分かりましたね。

あとは 真帆さんの手掛かりさえ
つかめれば…。

本当にそうか?
えっ?

篤斗君は誘拐された
当日の経緯をしゃべってない。

まぁ でも
それは 落ち着いたらでも…。

光莉ちゃんが証言した
本木が電話してた相手は?

まだ死んでませ~ん!

本木は「覚えてない」って
言ってましたけど…。

あとは 所々で残ってる女の痕跡。

全部ではないですけど
橘 一星の証言通りなら…。

ローファーを埋めて
電話するのと

山で 光莉のスマホの電源を入れて
捨てるのは

匿名掲示板で依頼しました

光莉さんのストーカーだった
籾山 大を脅迫して

監禁動画を送らせましたね?

はい

(阿久津)籾山に動画データを
渡したと思われる人物です

心当たり ある? ない?
どっち?

それも 匿名で頼んだので
分かりません

(落合)
特定するのは難しいですし

その人たちもお金 渡されて
頼まれて やっただけですから。

お前ってさぁ

みんなで焼き鳥屋 行くと
盛り合わせ 頼むよな。

はい。
あれ 誰も喜んでないから。

えっ?
10種類の焼き鳥が出て来て

10人が それぞれ
食いたいもんがかぶらない

…なんて奇跡 あると思うか?

俺は いつも みんなに
つくねを譲ってんだよ。

じゃあ これからは それぞれに
食べたいもの 聞きます~。

ダメに決まってんだろ。
えぇ?

いちいち 頼んだもん
覚えてられるかよ。

誰かが 俺の頼んだつくねを
食べて

代わりに 誰かが頼んだはずの
冷え切ったレバーが残ってる。

そういう悲劇が起こるだけだ。

じゃあ 高級焼き鳥で
コースでも頼みますか?

ダメ。

食いたくないもんも
強制的に来るから。

じゃあ どうすればいいんですか?

どうにもならない。
はぁ?

みんなで行ったら
必ず 誰かが我慢する羽目になる。

焼き鳥屋は 1人で行くもんだ。

(望月)
お願いします! お願いします!

(配達員) おう 鼓太朗。

(配達員) みんな!
(配達員たち) はい!

ごめんなさい!

それ 借りてました。

ん…?

あっ!

家出してる間 一星君に
生活費 全部 出してもらうの

申し訳なくて…。

パパの書庫の本 売ろう
いやぁ 俺は いいから

私が申し訳なさで死ぬ

パパ いつも かばんの外ポケットに
鍵 入れてるんだよな~

あれ 取って来ればよかった

えっ? 俺が?

いや てか お父さん
ホントに大丈夫?

大丈夫! 「本は家族の財産」
って言ってたし

それは 「いつでも読んでいいよ」
って意味!

ごめんなさい!
えっ…。

えぇ!?

ない…。

『風の歌を聴け』の初版本も

ドストエフスキー全集も
カート・ヴォネガットも…。

そんな大事だった?

もう二度と手に入んないかも…。

ウッソ~。
あ~あ お姉ちゃん やっちゃった。

宅配買い取りサービスの
配送履歴ですか?

「ブックボム」っていう古本屋に

まとめて出したみたいなんだけど
どうしても買い戻したくて。

どこの支店か分からないかな?

わ~お やや職権乱用かもですね。

分かってる ごめん。

橘君 電話に出なくて…。

光莉か橘君の名前だと
思うんだけど。

(キーボードを打つ音)

しらみつぶし確定したんで
報酬はバーソー丼 1か月分で。

1年 おごる ありがとう。

まいど お疲れさまで~す。

ハァ…。

(着信音)

すっごい早いね。

えっ?

(篤斗) こんなに?
ママに怒られちゃうよ。

(館野三郎) 気にするな
おじいちゃんが代わりに怒られる。

(館野志乃生) アハハ… 光莉は

今度 一緒に
お洋服 買いに行こう。

うん ありがとう。

すごい いっぱいある! 面白そう。

(志乃生) どれが好き?
(篤斗) 「冒険」とか面白そう…。

(瑞穂の声) 「問題なし!

今から 一星に会う
光莉ちゃんにも会えって

シメとくね」。

(篤斗) ヤバい 一番いいやつだ。

何? 出掛けんの?
うん。

ちょっと下に
友達 来てるだけだから

1人で平気。
(志乃生) うん。

ハァ…。

(走って来る足音)

ホントすいませんでした!

物の価値も分からずに軽率でした。

俺の責任です
弁償させてください。

橘君 そのことはもういい。
えっ?

いくつか確認したいことがある。
はい。

この鍵 いつ取ったの?

初めてお会いした時です。

このトランクルームで
光莉の監禁動画を撮ったの?

はい…
ただ あの廃虚に偽装しました。

そこまでは まだ理解できる。

でも 椅子のメーカーを
突き止めたって

警察に情報提供したよな?

あの 監禁動画に写ってた
椅子のメーカーが特定できました

(河村)
あれで凌介は 犯人じゃないか
って疑われることになった。

そこまでする必要 あったか?

完璧に偽装したつもり
だったんですけど

うちの社員が優秀で
見つけちゃったんです。

それを報告しないわけにも
いかなくて

だから あれは
完全に僕のミスです。

本 見つかったよ。

お店に頼んで リストももらった。

トランクルームから なくなった本と
全部 一致した。

あぁ よかったです。

それを発送したのが

本木陽香だった。

発送された日は11月16日。

(瑞穂の声) 光莉ちゃんが
一星と一緒にいた時期。

一星は その頃の協力者は

匿名掲示板で雇った人だ
って言ってたけど…。

まだ ウソついてたんだね。

どういうことか 説明してくれる?

♬~

分かりました!

まずは ご家族が失踪した

あの日のことから話しましょうか。

(陽香)先生!

先生~!

わっ…
え~ 偶然!

(橘の声)
あの時 陽香に頼んでたんです。

「鍵を盗んで来てくれ」って。

カメラのシャッター音
あの… どちら様ですか?

(橘の声) で その時の様子を

不倫っぽく見えるように
写真 撮ってたのが

俺です。

(日野) えっ 何で?

いや だから 鍵は光莉に頼まれて。

あったら
いろいろと便利かなって…。

(日野) 違うよ!

何で 写真なんか撮ってたの?

分かりません?
は?

あれが流出して ネットも会見も
まあまあ荒れたじゃないっすか。

そのためですよ。

一星 何言ってんのか
さっぱりなんだけど。

ダッセェこと
言わせないでほしいな~!

橘君。

全部 君がやったの?

(拍手)

大正解。

(落合) 以前 そこの公衆電話で
女を見たと

おっしゃってましたよね?
(猫おばさん) ショスタコーヴィチがね。

(落合) それって この人じゃ
ありませんでしたか?

(猫の鳴き声)
(猫おばさん) 間違いありませんわ。

(猫おばさん)
靴を埋めたのも その女よ。

(陽香)
普通さ ここまでしないよ?

私って すごい特別なんだよ?
分かってる?

でも そっか
特別って思ってなかったら

こんなこと頼まないよ… ねっ

猫の鳴き声

見~た~な~!

あっ ローファーのこと
流出させたのも

俺が 陽香にやらせました。

あれで 結構 嫌がらせも来て
だいぶ こたえたんじゃないすか?

(橘の声) そこに さっそうと
救世主様の登場ですよ。

(陽香)メモを確認したことを
確認しました

サンキュ
褒めて

偉い すごい

心こもってない

偉い!

その後は
まぁ 適当にいい話 して…。

光莉さんから
これが送られて来ました

(橘の声)
陽香に光莉のスマホ渡して

切羽詰まったメール
送ってもらって

それっぽく マジな感じ 出して。

光莉さんとご家族は
恐らく 誰かに誘拐されています

(橘の声)
情報の流出元 特定したり

頼りになるってとこ見せて。

1回 信じちゃったら
もう疑えないっすよね!

あっ 光莉のスマホ
山に捨てるのも

陽香にやらせました。

♬~

(橘の声) あいつには だいぶ
いろいろやってもらったんすよ。

扉が開く音

(橘の声) トランクルームの本 売って
お小遣い稼ぎとか…。

動画 撮る時も
誰にもバレなかったっしょ?

私 葬儀屋さん

(橘の声) 口 堅くて優秀で

あんな都合いい女 いないっすね。

頑張ってね

お疲れ~

うわ…

ホントにやる?
相良光莉さん

クランクインで~す

拍手

光莉 :泣き声

あっ 大事にされてた本は

ペンキ代になりました!

(阿久津) あなたを脅して
動画を送らせたのは

この人? そうじゃない?
どっち?

(籾山) 絶対 こいつです。

目しか見えないけど?

こんな真っ黒い目…。

(籾山の声) 忘れたくても
忘れらんないですよ。

ちなみに動画の加工は
俺が丹精込めて やりました。

鳥の鳴き声

(橘の声) で 警察と
うちの優秀な社員が

総出で解析して 見事 空振り!

あれは気持ち良かったな~。

あっ さっきウソつきました。

椅子の特定したのは
もちろん わざとです。

ハハハ…。

相良さんが警察に
いじめられたら いいなって。

えっ?
マックスで怒んのは早いっすよ。

いうて まだ
そこまで悪いことしてない…。

課長を陥れておいて
何言ってんの!?

それは
ちょっとしたスパイスじゃん。

ネットの誹謗中傷なんて
スルーしときゃノーダメージよ。

光莉が
本木陽香に拉致されたのは!?

はい 俺が命令しました。

あんな目に遭わせたのも…。

キャ~‼

うっ…

全部 君がやらせたのか!?

はい。

で もう少し
刺激が欲しいなって思って。

こんばんは
あっ 凌介さ~ん

リンゴ お裾分けで~す
あっ どうも…

(橘の声) このへんからは 俺も

自分でスリル 味わうために

ちょいちょい
危ない橋 渡ってましたね。

ビデオのスクショ 印刷したやつ
家に張って

そこに 光莉の血 ぶちまけて。

演出 凝ってたでしょ?

ただ あの時は相良さんが 急に
新居 行くからビビりましたよ。

行きましょう
うん

陽香 逃がすの めっちゃくちゃ
ヒヤヒヤしたんすからね?

ただ いいかげん
光莉ネタも尽きて来てたんで…。

あっ…。

血も 尽きてたんでね。

これ以上は死んじゃうな~
それは めんどいな~。

でも もうちょい楽しみたいな
って考えて。

俺が捕まるって流れ
思い付いたんすよ!

天才でしょう!

(橘の声)
それっぽい暗号 作ってみて

時間稼ぎのつもりだったんすけど。

「ポリュビオスの暗号」だ
『黒手組』!

やけに あっさり解くから
あれもしびれたな~。

まぁ 結果 逃げ切れたんで
よかったっすけど。

注射器を刺す音
あっ…!

逃げろ‼

(日野の声) 注射は? 筋弛緩剤の。

光莉ちゃん 打たれたって…。
注射器の中身は

生理食塩水でした~!

はぁ?

で 陽香が捕まっちゃったんで

俺も出て来るしかなくなって
今に至るって感じです。

何か理解できないとこ
ありました?

目的は?

ですよね。

何の恨みがあって
こんなことしたんだ!?

いや 別に恨みはないです。

はぁ?

子供って 「ゲームは1日1時間」
ってルール

絶対に守らないじゃないですか。

あれ 何でだと思います?

それ以上に楽しいものなんて
ないからですよ~!

最初は ホントに
光莉を助けるつもりでした。

でも 俺が切るカード
一つ一つに

世の中が
面白いくらい反応するから

気付いたんです。

みんな 炊飯器失踪事件を
楽しんでるんだな~って。

そんなわけないだろ‼

いやいや
本気で心配してたのなんて

片手で数えられるくらい
じゃないっすか。

河村さんだって
飯のタネだっただろうし

瑞穂ちゃんも 動機は不純だし。

お前…!

うっ。

クソ野郎…!

ほら。

笑顔を1つでも
増やしたいっていうのが

俺じゃん?

俺が日本中に
エンタメを提供してる。

うっ…!
(グラスが割れた音)

こんな楽しいゲーム
やめられるわけないって!

そんな理由で

光莉をあんな目に遭わせたのか?

死ななかったし
問題なくないっすか?

光莉のこと

大事だって言ったよな!?

はい 大事なカードなんで。

それに

まだ 終わりじゃないですからね。

ここから
本当の勝負が始まるんですよ。

お父さん。

真帆は どこだ?

真帆は どこだ!?

切り札を…

そう簡単に 切るわけないでしょ。

真帆は どこだ‼

うっ…。

うっ。

(阿久津) ≪そこまで!≫

いいタイミング。

これ以上は 現行犯逮捕します。

(河村) 凌介!

署まで ご同行願えますか?

元から そのつもりです。

え~ 手錠かけられるの
憧れてたのになぁ。

(落合) ふざけるな。
おい。

(光莉) 一星君!?

どうしたの!?

ねぇ 一星君! 一星君!

ねぇ 一星君! 一星君…!

(サイレン)
待って! 待って!

光莉!
パパ どういうこと!?

一星君! 一星君‼

待って! 一星君!

(キャスター) 先ほど 神奈川県警は

橘 一星容疑者を逮捕したと
発表しました。

なお 警察は
依然 行方が分からない

相良真帆さんについても
何らかの関係があるとみて

調べを進めています。

(司会者) 橘容疑者が
一連の事件の黒幕だという

話もありますが

雫石さんは どうお考えですか?

(雫石) いや~ それにしても
協力者だった娘の彼氏が

裏切り者だったなんて…
どんな気持ちなんですかね?

(たまる) もしも~し!

つらいに
決まってるじゃないですか。

雫石さん ひとの気持ちが
分からないんですか?

(両角) このキラキラクソ野郎に
編集長もだまされてた

…ってことっすよね?
(飯田) どんな気持ちだろうな?

(上原) 両角。
(両角) えっ?

聞いて来てよ。

(両角) 殺されたくないっすよ。

で どうでした?

さすがの嗅覚ですね 編集長。

ご自身の目で
確かめることをお勧めします。

何を?

(強羅) 今から送る住所に
ありましたよ。

二宮瑞穂さんの お名前。

相良真帆さんは どこにいる?

黙秘します。

簡単に分かったら
つまんないでしょ。

あんたの実家の定食屋
今朝 ニュースに出てたよ。

あれは しばらく
普通の生活なんて無理だろうな。

泣き落としですか?

全部 想定内っすよ。

♬~

♬~

(小声で) 何?

(小声で) 俺に任せて。

さぁ 少年
友の心臓をその手につかめ。

ヤクモ ダメだ~!
僕の力を使ったら

二度と戻れなくなる!

構うもんか!

やめてよ ヤクモ!

シベツを奪われるくらいなら!

死んでも てめぇをぶち殺す!

ダメ~!
あっ 前 このへんから見たんだ。

シベツを助けるには
こうするしか…!

(相良真帆)2人とも 明日
朝 ちゃんと起きるんだよ

任せて!
ちょちょ… これ誰か死ぬの?

見てれば分かるから
えっ?

そんなのウソよ~!

見る影もないな 少年。

結局 ヤクモ 闇落ちしてさ
どうやって終わらすんだろ。

映画 行けてないね。

ねっ 早く見てぇ。

行きたい?

いい ママも見たがってたし。

あっ 土日さ
みんなで どっかで行こうよ

ママと一緒に行こうよ。

そうだね。

うん。

♬~

ママのために…。

できることをしないと。

何か手伝えることある?

私も… やる。

ありがとう。

頼むね。

♬~

(阿久津) 橘 一星が自白しました。

(陽香) はぁ?
橘 一星が全て考え

あなたは命令に従っただけ。

はい? いいえ? どっち?

(訛りのある言い方で)
ウソつくなって!
だから 警察ダメなんだ!

えっ?

私が考えて 私がやった!
一星は何もしてねえ!

かばっても
意味なんてありませんよ。

ばしこきが~‼

落ち着いてください!

(柵に頭をぶつける音)
アハハ アハハハ…。

返して ウフフ
あっちゃん 返して!

アハハハハ! アハハ…!

(陽香) うっ…! うっ!
(由実) アハハハ…!

あっちゃ~ん!
(柵に頭をぶつける音)

おい! おい 説明しろ。

何だ? この動画。

お前 何 俺のチャンネルで
宗教の勧誘してんの?

(町山)
みんなを目覚めさせたいだけ。

僕は「かがやきの世界」に行きます。

お前 マジで洗脳されたの?

♪~ きらら きんらら
きらら きら

そっちに行っても 何にもねえぞ!

宗教だけじゃねえからな。

正社員は安泰とか
結婚して子供 産めば 幸せとか

国とか 権力とか!

信じて得するもんなんて
1個もねえんだよ!

俺たちはな ぬる~い地獄で
じわじわ殺されてんだよ。

じゃあ どうすればいいの!?

俺を信じろ。

死ぬまでの暇つぶし

せめて
おもしれぇもんにしてやる。

びんさ~ん!

よ~し よしよし。

じゃあ 1本目 行きま~す。
お願いします。

(スイッチを押す音)

うわぁ~ん!

(真帆) パパ 泣かないでって。

かわいいよ~ 光莉~‼

びっくりした~。

かわいいよ~‼
(篤斗) うるせぇ!

(真帆)
赤ちゃんより泣いてる~。

うぅ~! うぅ~!

ねぇ 光莉 泣いてないもんね?

パパ 泣いて もう…
ほら 鼻水 出てる。

うっ うっ…。

じゃ お願いね。

おばあちゃんたちが来るまで
ちゃんとチェーン掛けるんだよ。

うん いってらっしゃい。
いってきます。

あっ!

(光莉) どした?

(真帆) 恥ずかしい。

(篤斗) 今… いた。

あ~ かわいい!

(真帆) すいません。

ジャ~ン!

お母さんと一緒

♬~

(落合)
これは17年前の映像です。

(真帆) は~い ニコニコ~。

うわ~ かわいいですね~
お名前は何ですか?

圭樹で~す。

(阿久津)
お知り合いだったんですね。

相良さんは
全く覚えていないようでしたが。

ふぅ…。

なぜ 篤斗君を誘拐したのか。

なぜ 篤斗君でなければ
いけなかったのか。

話してください。

えっ?

分かんないんですか?

これは
私が無実だっていう証拠です。

はい?

私は
何も悪いことなんかしてない。

圭樹 フリー! 圭樹 フリー!

圭樹… ゴー ゴー ゴー!
いいよ いいよ いいよ

もう1回 もう1回…
圭樹 頑張って 頑張って

ボールを蹴る音

お疲れ~

(中村圭樹)
今日 ダメダメだった

何言ってんの
カッコよかったよ

(中村昭子)
まだサッカーやらせてるの?

(中村 充)
いいだろ ちょっとぐらい

(昭子)お勉強を優先しなさい

サッカー選手になんて
なれるわけないんだから

ねぇ?

すみません お義母さん

でも 家のことは
あくまで私たちで…

幾ら 私が援助してあげてるか
分かってる?

ハハ…

圭樹
お母さん

今度 スタメンテストあるから

そっか…

絶対 10番 取るからね

そしたら…

そしたらさ…

やめなくて… いい?

圭樹のやりたいことを
思いっ切り やりな

♬~

(圭樹)圭樹選手 飛び出した!
フリーだ!

そのままシュー…

あっ!

クラクション

急ブレーキ音
クラクション

(昭子)お前がサッカーなんか
やらせるから!

(充)母さん! やめて!

お前が殺したんだ~!

(充)なんてことを…!
(昭子)この人殺し~!

(充)母さん‼
(昭子)人殺し~‼

圭樹 いつまで寝てんの?

はい 起きて

よいしょ…
何してんだよ!?

大事な試合 遅刻したら
どうすんの!?

(由実)はい 着替えましょうね

(由実の声) それから
しば~らく 気付きませんでした。

さぁ いってらっしゃい!
エース

(由実の声) 私は ず~っと
間違ってたってことに。

(山田)最後 10番

篤斗!

マジ!? やった~!
わ~!

(篤斗)よっしゃ~!
拍手

(篤斗)よっしゃ~ ヤベェ~!

(圭樹)
絶対 10番 取るからね

(清明)すっげぇ いいな~
(篤斗)あっ… いる!

ママ 見て! 10番

ウッソ!
あっちゃん すごいじゃん!

(清明)4年生でエース
初めてなんだって!

(朋子)あっちゃん 快挙だね~
(篤斗)どうも どうも!

俺 頑張るぜ!
ファイト~!

あの人…

そこで 間違いに気付きました。

どういう意味ですか?

私の子供は

この時に
取り違えられてたんです。

あっちゃんが
私の本当の子供なんです。

あっ おはよう。

あっ 相良さん。

ちょっと時間もらえます?
ん?

実は俺 入院中の篤斗君に
会いに行きました。

えっ?

キヨ君から SOSが来たんです。

振動音

もしもし どうしました?

(清明)助けて

で そのまま
キヨ君に会いに行って…。

この動画を見せられました。

押し入れ…!

(望月) どういうことか
聞いたんですが

答えにならない答えって感じで…。

これ お母さんは何してるの?

僕のせい

キヨ君が何か しちゃったの?

僕が あっちゃんに会わないと
ダメなんです

お願いします… お願いします

お願いします!

(望月の声) とにかく
真剣なことだけは伝わったんで

何とかバレないように
病院に連れて行きました。

あっちゃん

ごめん

ずっと…

あの日のことも… ごめん

ごめんなさい!

(清明)あっちゃんが
いなくなってから

お母さん 変になっちゃって

(朋子)あっちゃん

お口 チャックだよ~?

(清明)あっちゃん…

あの日のこと
誰にも言ってない?

うん

お母さん あのこと
知られたくないんだと思う

分かんないけど

でも 絶対 言ったら お母さん…

分かった 言わない

ごめん… ありがとう

お兄ちゃんも
誰にも言わないでね

えっ?

男の約束だから

(望月) そうは言われても

大人が何もしないわけには
いかないっすよね。

篤斗 自分が誘拐された時の
状況だけは話さないんだよ。

きっと何か関係がある。
なるほどっすね。

で 調べたんですよ
その日のドラレコ映像。

あっ それは僕も調べた でも…。

いや 他社の配送車です。

配達員同士で同じエリアで
鉢合わせることもあるんで

結構 交流あるんすよ。

うちの先輩方にも
手伝ってもらって

あの日 近くを走ってた配送車
突き止めました。

これが その動画です。

♬~

あぁ 光莉?
ちょっと今から帰るね。

うん どうしたの?
帰ってから話すよ。

念のため。

もし 菱田さんが来ても出ないで。

パパが帰るまで待って。

分かった。

(足音)

♬~

(鍵が開く音)

あれ? 早いね。

(2人) おかえり~。

♬~

♬~

(河村)
おばちゃん ちょっといい?

(女性) 来ると思ってた。

(河村) 誰にでも言ってんでしょ。

(女性) 名前。

いや… 話 聞きたいだけで。

(女性) 困ってるんでしょ?

(女性) お仕事は絶好調みたいね。

ああ 当たってる。

(女性) でも 家族運は下の下。

(猫おばさん)
怒り そして 裏切りのかおり。

俺 結婚してないよ。

(猫おばさん) 下の下だからこそよ。

なんて ねじくれ曲がった
オドかしら。

あなたには
この曲をささげましょう。

モーツァルトのレクイエム
『ラクリモーサ』。

それでは 歌います。

ありがとう! もう十分。

おばちゃん これって
何年も前の あったりする?

彼女のこと 知りたいんでしょ?

当然でしょ? 占い師なんだから。

二宮瑞穂って人 ここに来た?

二宮さん 体調 大丈夫ですかね?

(晴子) 昨日から トーク
既読にならないんだよね~。

3年前の秋 よく覚えてるわ。

何か相当 悪い未来でも
見えたとか?

猛烈に むなしかった。

私には忠告することしか
できないから。

たとえ どんな悲劇を
見通したとしても…。

あっ… これね。

彼女の紹介で

2人で来たわ。