「アンラッキーガール!」#6【元婚約者と運命の再会…史上最悪の幸せ!?】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「アンラッキーガール!」#6【元婚約者と運命の再会…史上最悪の幸せ!?】[字][デ]

24時間365日トラブル連発で大暴れするアンラッキーコメディ!世界一不運な3人を待ち受ける「大凶日」!?最凶ガールズは最強タッグで幸せをつかめるのか?

出演者
福良幸…福原遥

朝倉香…若月佑美
桜田卓海…板垣瑞生

二石紗菜…長井短
藤良男…岐洲匠
三田亜子…新井舞良
  ○
語り…バカリズム

福良重流…丸山智己
  ○
綾波樹…高梨臨

指宿恵徳…生瀬勝久

<第6話ゲスト>
志皇秀忠…橋本良亮(A.B.C-Z)
番組内容
悪夢を見て目覚めた幸(福原遥)は、不安な気持ちを香(若月佑美)と樹(高梨臨)に語る。悪夢に元婚約者の秀忠(橋本良亮)が出てきたと打ち明けると、指宿(生瀬勝久)は、予知夢かもしれないと告げる。すると、幸はまもなく秀忠と再会し、再びプロポーズされるが…幸が幸せへの一歩を踏み出せないのは、3年前のある衝撃的な出来事のせいだった…隠された過去とは?ついにアンラッキーガールはラッキーガールになれるのか!?
監督・演出
【監督】
スミス
原作・脚本
【脚本】
伊達さん(大人のカフェ)
音楽
眞鍋昭大
宗形勇輝
【主題歌】
「Lucky Days feat. OKAMOTO’S」福原遥
制作
【琉球風水監修】
シウマ
【チーフプロデューサー】
沼田賢治
【プロデューサー】
中山喬詞
櫻井雄一
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/unluckygirl/
番組SNS
【Twitter】@unlucky_ytv
【Instagram】@unlucky_ytv
【LINE ID】https://lin.ee/1OD5cuD

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秀忠
  2. 幸運
  3. 大丈夫
  4. 不運
  5. 小野塚
  6. 卓海
  7. 本当
  8. 良男
  9. 綾波
  10. 指宿
  11. 約束
  12. フフフ
  13. 一緒
  14. 今日
  15. 自分
  16. 重流
  17. 亮介
  18. ピアノ
  19. 元気
  20. 小野塚部長

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(バカリズム)
<香と樹も…食らいました>

♬~

(目覚ましのベル)

(福良 幸)はぁ…。

(ピッ)
星占いのコーナーは
昨日で おしまいです。

これからは
星座で順位をつけるのは

やめたいと思います。

それでは気を取り直して
お天気のコーナーです!

(揺れる音)
お天気キャスター
黒田さんも

昨日で卒業となりまして

新しいキャスターは?
タナカさんです!

それでは中継先のタナカさん?
あれ?

あ え?ほ 本当ですか?

あ はい
ありがとうございます。はい。

よろしく お願いします。

(亜子)どうしたんですか?

弁償金
払わなくて よくなるかも。

よかったじゃないですか!

あ…う うん。

あ もう こんな時間。休憩…。
は~い。

あ 幸さん…先 入ります?

え?

え?

うっ!

(子供)すいません。
ありがとうございます。

あ…どうぞ。

(店の人)
お姉さん!福引やってますよ~。

(店の人)
ささ どうですか?1回だけでも。
え…?

あ いやいや…いい いい 私…。
ほら!どうぞ どうぞ…!

1等賞だぁ!
いいい 1等!?

おめでとうございます!
パリ5日間 ペアチケット旅行券!

ええっ!
ちょっと!
もう何回か行ってみましょうか!

え なんで。
当たったからです。はい。

(店の人)ああ!また1等!

ああ!また1等!はい1等!

はい1等!
あんた ついてるね~。

えぇ…ちょっと
これ何個 入ってるんですか!

もう1回!もう1回!
えええ…。

(香)幸ちゃん!

おめでとう。

(樹)すごい。パリ旅行が
こんなに当たるなんて…。

あの あの なんか なんか
おかしいんです。

今日ラッキーなことしか
起きなくて…!

(指宿)良かったじゃないか。
何が嫌なんだ。

指宿さん…。
(卓海)おめでとう!

怖い!怖い怖い怖い!怖い…!

(一同)おめでとう。
(拍手)

違うんです…違うんです。
違う!

こんなの私じゃない!
違うんです!

あっ!
《あ…これこれ…

やっぱり こうでなくちゃ》

(秀忠)大丈夫?…幸。

いや…いや…いや…

いや!いやぁ~!!

(倒れる音)

ハァハァ…夢か…。

<不運のない暮らし。
それは彼女にとって…

不安でしか ありません>

<こうして福良 幸の

世界で一番「ついていない」1日が
始まります>

っていう…夢を見まして。

え え 待って。
今の どの辺が悪夢だったの?
え?

いつも不運が多すぎるから

ラッキーなことがあると
逆に心配になっちゃうってこと?

あ…いや別に 幸運になりたくない
ってわけじゃないんですけど。

今日の夢は すごい怖かったです。

ま 現実は まだまだ
きっと不運だから。大丈夫。

はい ありがとうございます。
いいえ。

あ 今日は
私も久々に見たよ 夢。

へえ~ どんな?
私は いい夢だった。

なんか楽しくなって
お腹 抱えて ずっと笑ってんの。

その夢は危険だな。
(良男)危険なんですか?

夢の中で笑うのは
抑圧された感情の象徴だ。

途方もない不安や
現実逃避願望の表れだな。

そんなこと…。
あと「腹 抱えて」って言ったか。

内臓の病気にも注意しないとな。

どうして そう いつも
ケチを おつけになるんですか。

ケチじゃない。占ってるだけだ。

自分の心理状態が丸裸になる
それが夢占い。

それは時に 一般的なイメージとは
異なる場合もある。

「夢は逆夢」と言って その出来事と
逆の出来事が起こることもある。

例えば自分が死ぬ夢は
むしろ幸運の兆しだったりする。

あんたが言ってた笑う夢もそうだ。

笑うんなら
現実の世界で笑わないとな。

ハハ!

すいません…。

香ちゃんは?
最近 どんな夢 見た?

あ~ 私?

私は…。
元彼の夢か?

え!?

あ そうなんですか?

あ…うん…。

おおっ…香。

たっくん。

お疲れ。

あ…どうも…。

おお!
え!?

香!?
えええ?

おう。
(卓海)おい…!

(卓海)おい 香!
(卓海)香!

(卓海)お!おお!
(香の声)
10メートルおきくらいの間隔で

何度も ばったり たっくんに
会い続けるっていう夢。

何?その夢。
未練だな。

前の彼に会う夢を見るというのは
未練の表れと言われている。

そうなの?
え ああ…どうだろ。

あ あの…

私も夢の最後に男の人が
出てきたんですけど…

その人…
前に婚約してた人なんです。

元彼!?
え…てか婚約してたの?

結局ダメに
なっちゃったんですけど。

そんな人いたんだ…
どうしてダメになっちゃったの?

まあ…いろいろ ありまして。

まだ未練あるの?
いえ…。

もう3年前の話なので。

だとしたら…それが予知夢になる
可能性も無くはないな。

え…。

また会うことに
なるかもしれないぞ。

(携帯の着信音)

もしもし。

(ドアが開く音)

(秀忠)幸。

秀忠さん。

久しぶりだね
また会えて嬉しいよ。

うん。

おかわり!
ちょっと飲み過ぎだよ。

香ちゃんちに酒がありすぎ。

どんな理屈?
また大笑いする夢 見るよ。

大丈夫。今ちゃ~んと
現実で笑ってますから。

幸ちゃん…大丈夫かな。

大丈夫でしょ。元恋人なんだし。

今頃 楽しくやってるって。

「久しぶりだね また会えて
嬉しいよ」とか言ってさ。

でも…ビックリだよね。

資産家の御曹司。貿易会社の役員。

フランス支社へ勤務。
って いや どんだけハイスペック。

なんか やっかんでない?
違うよ。だって幸ちゃんにはさ。

(重流)
あの子を傷つけたくないんだ

幸ちゃんには…
幸せになってほしいからね~。

だね。
うん。

でも…なんで 別れ
ちゃったんだろう。

うそ フランスパンとか?
そう めちゃくちゃデカいよ。

そんな大きいんだ?
結構 デカい。

へえ~ だって こっちはさ
こんぐらい。
(秀忠)そう!

そんぐらいだけども
あっちでは30cmぐらい。

(コルクを抜く音)
イテ!

イタ…。
(店員)申し訳ございません!

大丈夫!?
あ うん うん 全然 大丈夫。

アッハ…。ついちゃってる。

え?
(秀忠)痕。

痕?
(秀忠)うん。

幸らしいなぁ。

アハハハ。

全然 変わってないね 幸。
え…。

3年前を思い出した。

ああ…。

ん?

(秀忠)実は今 一時的に
本社に戻ってきただけで

来月また…パリに
戻らないといけないんだ。

そうなんだ。

一緒に 来てほしい。

へっ?

やり直せないかな?俺たち。

いろいろ考えたんだ。あれから。

この場所を離れて

新しい場所で やり直せば
幸も きっと…。

あの日のことだって…。
ああ 今日は!

あ ありがとう。

楽しかった本当。
幸…。

あ あの その件は
また あらためて話そ…。

あっ!

あ あっ…。

<これは…>

<何が何でも幸運を掴みたい
そんな 彼女たちの話>

<いつか見た…悪夢のような話>

♬~

…っていう。

ええっ いや だから
えっ なんで

そういう
どんよりした感じになるの?

告白されたんでしょ?
良かったじゃない。

ああ…。

そうなんですけど…。

まあ…急に降ってきた
幸運を 受け止めきれないんだよ。

てかさ…大丈夫?ここ。

ああ…。

今朝 考えすぎてたら…
ヘアアイロンで。

あ~ 焼いちゃったか。

でも なんか その時…

ホッとしたんですよね。

ああ…私 不運だって。

怖っ!何そのマインド。

今 思えば…
焼きにいってたのかもしれない。

やめてよ。

てかさ 幸ちゃんって

今までで 一番
ラッキーだったことって何?

あ ううん…覚えてないです。

まあ…昔のことは
とりあえず いいから。

とにかく
チャンスっていうのは

電車とかバスみたいに
決まった時間に

定期的に来るものじゃないの。

来た時に 確実に掴まないと。

そう…そうですね。

うわっ!
(樹・香)わぁ~!

(良男)
ごめんなさい ごめんなさい。
大丈夫ですか?大丈夫ですか?

ああ ごめんなさい
布巾 布巾 持ってきます。

あ~ ああ ああ うわ…。
かかってない…。

ふっ…ほらね。

もう あなたは
アンラッキーじゃない。

あなたは…
向こう側の人間なの。

いや いや…そんな寂しいこと
言わないでください…。

お疲れ ラッキーガール。
さよなら ラッキーガール。

ああ濡れたね~ もう~。
え 違います。
あの おふたりとも…。

おお。
あっ たっくん。

香…。

あっ…。

ん?ん?
ん?

あっ ハハ いや いや…。

ああ…なにしてんの?

ああ 城井さんの喫茶店に
行ってたんだよ。挨拶しに。

そうなんだ。
頑張ってる感じ?

やっぱ すげぇよ
あの人…。

あんなことがあっても

ああやってリスタートしてる。
憧れるよ。

たっくんも…最近 変わったよね。
え?

ん~…アクティブに?なった。

あ~…。

ハハハ…ありがとう。

<10メートルおき
ではなくても

なぜか卓海と
ばったり会いがちな香は…

この時 思いました>

(卓海)じゃあ…また。
うん。

<彼に再び
惹かれている自分がいる…と>

<一方 その頃

樹は 久々に あの男のもとへ…>

(重流)はい これ。
これ…は?

(重流)
知り合いの…代理店の人事に

頼んで集めてもらった就活資料。

いいのに…そんな。

君には…悪いことしたから。

そう思うなら
あんなこと しないでほしかった。

ごめん。

幸は…元気にやってる?

あ…何も聞いてない?

婚約者だった人が
日本に帰ってきてるって。

え…秀忠くんが!?

こないだ ふたりで
ご飯 行ってたけど。

幸は…大丈夫だったか?

え?

<重流は あの日の出来事を

すべて知っています>

<3年前の あの日

幸は秀忠に
プロポーズされました>

<幸にとっては 人生で
もっとも幸せだった日…>

<しかし…その日は同時に

幸にとって 人生で もっとも
つらい日になってしまいました>

(重流)たまたま同じ日に

息子の亮介が死んだ。

幸の兄貴だよ。

事故だったんだ。

婚約者の秀忠くんは

もともと亮介の同僚だった。

あのバカ息子…よりによって

幸が一番 幸福な日に
いっちまいやがった…。

(重流)だから幸は…

今も ずっと どっかで悩んでる。

自分が お兄ちゃんの運を
奪っちゃったんじゃないかって。

幸にとって
幸運になることは恐怖なんだよ。

普段は そう見せないように
頑張ってるけど

いざ幸運を掴もうとすると

亮介が…頭をよぎるんだろうな。

もしもし香ちゃん?今 話せる?

実は…ご報告があります。

えっ なんですか?

広告代理店 Best Friend DESIGNの
内定 決まりました~!

(拍手)
え…えっ 嘘!?

はい。私も良い?
はい。

じゃん!

新しい彼氏と付き合い始めたの。
結婚を前提に。

えっ そのアプリって…。

そっ!幸ちゃんが やってたやつ。
もうトントン拍子で。

おめでとう香ちゃん。
ありがとう~ フフフ…。

なんか…
おふたりとも すごいですね。

何言ってんの!
幸ちゃんもでしょ?

彼と新しい人生を
スタートさせるんだから。

いや 私は まだ…。

なんか…
いつもと空気 違いますね。

幸運っていうのは
突然やってくんの!

お祝いしよう。
私たち3人のラッキーを祝して!
良いねっ!

じゃあ おふたりのお祝い
ってことなら…。

よし決まり。
あ 今度の土日は?あ そうだ!

ねえ その彼も呼ぼうよ。
あぁ~。
え…。

会ってみたいし。
店 予約しとく。
いや いや…。

やけに盛り上がってるな。

いらっしゃいませ。

指宿さん 聞いてください。

樹さんが ついに
就職先 決まったみたいです。

香さんも
新しい彼氏ができたみたいで。

フフッ…。

そうか 良かったな。

ホットコーヒーで良いですか?
…はい。
(指宿)ああ。

<こうして ふたりの嘘が

幸にバレることは
ありませんでした>

危なかった~。

あのおっさん入ってきた時は
終わったと思った~。

でも…こんなんで
幸ちゃんの応援になるのかな?

分かんない。
それぐらいしか思いつかなかった。

幸運な仲間がいれば
ちょっとは 不安も和らぐでしょ。

まあね。

てか…そういえば
誰から聞いたの?

幸ちゃんのお兄さんの話。
あ…。

あ いやぁ…

なんか幸ちゃんと
電話で話してて

そんなこと言ってたのかな うん。

へえ…。
あ!

お店どこにしよっか
こないだの ところにする?

えっと えっと
こないだの ところ…。
うん…。

全然 忙しいと思うから
無理しなくて…。

(秀忠)
あ いや 行けるよう調整する。

ごめんね…ありがとう。

幸の友達に会えるなら嬉しいよ。

(秀忠)それと…。

謝るのは こっちの方だよ。

こないだは ごめん。

急に あんなこと言って…
反省してる。

いや そんな…。

あ でも…

やっぱり私…

やっぱり…
秀忠さんとは…。

わかってるよ。

だからこそ

ゆっくり考えて
答えを出してほしい。

うん。

ありがと。

♬~

<とびきり不運が
少ない1日でした>

<そして…>

<お祝いの日に なりました>

朝倉 香さん 綾波 樹さん。

はじめまして。
どうも~。

志皇秀忠です。

あ どうぞ。

そうですね…。

うまく言えないんですけど
一緒にいると

毎日が 新鮮なんです。

ある日は
上から水を かぶったり

またある日は 足をくじいて

1日中 おぶって歩いたり。
そういうことか…。

観覧車が止まって 半日

空の上に
いたことも あったよね。
うん…。

幸ちゃんの不運を
そんなふうに思える人って。

いい人じゃん。
ね。

そう…ですね。

<今日は 幸せな会になると
誰もが思いました>

これから徐々にって
感じですかね。

え~すご~い。
すごい。

綾波さんは Best Friend DESIGNに
ご就職されるんですね。

おめでとうございます。
そうなんですよ~。来年の春から。

(秀忠)知り合いが勤めてるんです。
人事の責任者の

小野塚部長 知り合いなんですよ。

はい?あ…あ~あの…。

四角い メガネの。

あ…あ~メガネ!はいはいはい。

(秀忠)すごい ハキハキ喋る。

あ~…分かった!
あの おじさん…。

あの おばちゃん
今も 元気にしてました?

その節は
大変 お世話になりました。

あれ?独立されるって噂も
あったような…。

まあ 元気そうで何よりです。

あ そうだ。人事部といえば
佐々木さんって…。

あ~!いや でもね
香ちゃんもね

彼氏できて良かったね~。
あ…うん。

結婚の ご予定は?

実は プロポーズされて。

え!おめでとうございます!
ありがとう。

今 式の日取りとか
話し合ってる感じ。

え お相手は
どんな方なんですか?

うん。あ 商社?

そうそう…。
どんなところが
好きになったんですか?

あ~…しゅ 趣味が共通?

趣味?
えっと~ あの…

楽器とか…。
楽器?
楽器ですか?

まあ ちょっと
かじった程度ですけど。

何を?
え?

ピ…ピアノ?

ピアノ!そうそう ピアノ…。

そうなんですか
知らなかったです。

あの 秀忠さんも…ね?
ピアノ 大好きなんですよ。

え?
(秀忠)何 聴かれます?

あ~…。
僕は ショパンですね。

アハハ あ~ ショパン
いいですよね~。

以前 日比谷でやってた
ショパンのコンサートを

小野塚部長に連れていって
もらったんですよ。

そうなんですね。

あ そうだ。小野塚部長って

今も胸ポケットに あれ
つけてるんですかね?

あれ?

社外の人との 打ち合わせの時

変ですよって言ったんですよ。

でも 私のポリシーだとか言って。
あ~…。

≪おめでとう~≫
≪え いいの?ありがとう≫

≪おめでとう~!≫
めっちゃ かわいい。

めっちゃ嬉しい。
ハート…。

は~と は~と…

そうそう!あれ
まだ つけてるんですか?

ああ。ね~…。

(秀忠)
いや~ しかし繋がりますね~。

はい…。
本当に…。

<2人は
心が折れかけています。

しかし…
本当の悪夢は ここからです>

あら ひょっとして…。

そんな…!

こんな奇跡が あるんですね。

まさか 同じ店で
飲んでいらっしゃったとは。

Best Friend DESIGNの小野塚部長。

(小野塚)小野塚です。

(秀忠)
4年ぶりですか?元気そうですね。

(小野塚)こちらこそ。
はと…。

(秀忠)
実は ちょうど
小野塚部長の話をしてたんです。

あら 本当に?
悪い噂じゃないでしょうね。

フフフ…フフフ…。

フフフ…。
(秀忠)
そんなわけ ないじゃないですか。

あ 綾波さんです。

あ…先日は
ありがとうございました。

どなた?
あ~…。

ちょっと 小野塚さん
綾波さんですよ。

綾波?そんな人いたかしら。

来年 春から御社に…。

あ…いいんです。あらためて
ご挨拶させていただきます。

ごめんなさいね~私もね

いろんな人と会ってるから
すぐ忘れちゃうの。

フフフ…。
全然 全然!フフフ…。

(秀忠)で こちらが…。
あ~ 朝倉です。はじめまして。

福良です。
よろしくね。

どうも。
小野塚さんは どうしてこちらに?

今ね 新人の子たちと
楽しく飲んでるのよ。

(秀忠)そうですか!

綾波さんラッキーですね。
一緒に飲みましょう!

あ いや…お邪魔しちゃうのは
ちょっと…。

大丈夫。社外の子も来てるから。

すいません…
ちょっと トイレ混んでて…。

え?
え!?

え なんでいんの?
たっくん?

知り合い?
こちらは?

最近 知り合った
起業家志望の子。

面白いからね 呼んじゃったの。
(秀忠)繋がりますね~。

じゃあ みんなで
お祝いしましょう。
お祝いって?

ああ すいません。今日 僕たち

綾波さんの 就職祝いと

朝倉さんの婚約祝いで
集まってたんです。

あの…。
え?

いやいや…違うの…。
(小野塚)めでたいね。

じゃあ お祝いしよっか。
メニュー取って。

たっくん…。

あなたは どこに就職したの?
あっ…。

ああ…。あ…あ…。

おふたりとも
どうしたんですか?

(小野塚)そっか。この人数なら
予約とれるね。

いっそのこと お店 変えちゃう?
いつものとこに しちゃう?

ああ 昔よく行ってた バーですか。

生演奏もできるの。
ピアノありますよね?

演奏してもらおうかな。

ショパンが お好きなんです。
へえ~!

私も聴きたいです。
あ いやいや…
無理なんです。無理です。

(卓海)いいじゃないですか。
『別れの曲』なんて。

(小野塚)よし決めた。行こう。
なんで そんなこと言うの?

会社の話は
そこで ゆっくりしましょ。

あの もういいです!

ここが いいです。
え?

ここに…いさせてください。

樹さん?どしたんですか?

ね?聞いてよ 話。

婚約…おめでとう。

待って たっくん 話を聞いて。
香さん?

色々あった…。
ちょっと ね みなさん…。

(店員)おめでとうございます!

ご来店 10000人目のお客様
ならびに

当店の開業5周年を記念し…。
どうしたんですか!

ちょっと!

はっ…。
(店員)
お客様に ケーキの サービスを…。

一度 話を聞いてください…。

ここに いさせてください…。

なんで…。

(店員)失礼いたします。
伝票で ございます。

(紗菜)ありがとうございま~す。

まただ。え すご。

全部 嘘だったってことですか?

本当に ごめんなさい。
ごめんなさい。

幸ちゃんが
しんどそうだったから

なんとかしてあげたいと思って…。

おふたりとも ごめんなさい。

私のせいです。

違う!幸ちゃんのせいじゃない!

あ あの…。

やっぱり私 パリには行けない。

幸ちゃん!

俺は 幸と一緒に
また あの頃みたいにさ…。

♬~

やっぱり…ダメか。

ごめんなさい。

わかった。じゃあ 約束して。

俺も あの日のことも

幸にとっては
もう過ぎたことだから。

幸は 幸の幸せを…。
それは…。

こんな気持ちに なるんだったら

ついてないほうが いい。

(秀忠)幸。
ごめんなさい。

♬~

もう閉店らしいぞ。

そろそろ教えてください。

12月8日…
大凶日に何があるんですか?

知らんと言ったろ。

もう地球滅亡とかなったら
いっそ滅んじゃわないですかね。

幸運って 何ですか?

変に悩んじゃうくらいなら
自分なんか

アンラッキーなままでいた方が
楽なんじゃないですか。

自分が 運持ってるより

もっと運を うまく使える人に
配って回った方が…。

(指宿)そうだ。その方が楽だ。
1人で生きていくならな。

え…。

だが あの2人はどうだ?

君に幸運を掴んでほしくて

嘘をついて 空回りして…
馬鹿だよな。

(指宿)君自身の運をどうするかは
勝手にしろ。

だが 君に幸運になってほしいと
望んでいる者がいるとしたら…。

君の不運は きっと

そいつらの不運だ。

♬~

(良男)あの…そろそろ閉店です。

♬~

今日は いい夢が見れると良いな。

(良男)ありがとうございました。

(福良亮介の声)幸…。

(亮介の声)幸…。

幸…幸。

幸!

お兄ちゃん…。

(亮介)久しぶり。

え…何で?
え?

どうやって入ってきたの?

入ってきたっていうか
これ夢だからね。

いや それは何となく
分かるけど。

いや なんかさ
妹が きつそうにしてるから

登場したんだけど。
ダメだった?

いや あんまり意味ない。

酷いな。

何で…死んだの?

それは 幸のせいじゃないよ。
事故は たまたまだもん。

分かるけど。
じゃ いいじゃん。

よくない!
え どっち?

なんかさあ…軽くない?ノリが。

え 重い方がいい?
そうじゃないけど。

どっち?

何で…何で あの日だったの?

それはもう しょうがないじゃん。

お兄ちゃんが あの日に死んだから
変な意味もっちゃったんだよ。

しょうがないことって
生きてたらあるよ。

死んだ人に言われたくないよ。

まあでも 幸に言いたいことはさ
生きてるうちに言ったじゃん。

幸が楽しかったら
俺も楽しいんだよ。

そんな簡単に言われても困るよ。

生きてる方だって 大変なんだよ。

こっちは長いこと
不運でやってきてるんだから。

(亮介)決めつけは よくないよ。

じゃあ 厄落とししよっか。
え…?

逆夢にしよう。
こっちを悪夢にしよう。

ちょ…何言ってんの。やめてよ!

あ 起きたら幸せになりますって
約束しないと 醒めないから。

じゃあ お願いします!

(チェーンソーの音)

えっ…え…え!?

何?何…何!!うわっ!

ヤダヤダヤダ…!ヤダ!

うわっ!もう お兄ちゃん最低!
ふざけんな!

うわっ ちょっと!離して!

嘘 嘘 嘘…!
ごめんなさい ごめんなさい…!

幸せになります!

約束だよ。

約束します!約束します!
絶対 幸せになります!

(物が落ちた音)

♬~

(通知音)

♬~

え?じゃあ 内定決まったとか
その辺の話って。

全部 嘘。
(良男)嘘だったんだ…。

幸運っていうのは
そんな簡単に やってこないから。

いや この間と言ってること
逆じゃないですか。

あの…
秀忠さんのことなんですけど

少し早く 来週の便で
日本を発つそうです。

本当に…
一緒に行かなくていいの?

はい。今朝 改めて
2人でゆっくり話したんです。

秀忠さんと付き合ってた頃は
ほんとに楽しかったし

あの頃みたいになれるなら

一緒にパリに行くのも いいのかな
って思ってたんですけど

あの頃みたいには戻れないんです。

それで あのあと
ゆっくり考えてて。

え?

私 今 この場所で
幸運を掴む努力をしたいんです。

香さんと 樹さんと 3人で。

幸運になれるかどうかは
分かんないんですけど。

でも一旦
目指してみようかなって。

幸ちゃん…。

そっか。

はい。

幸ちゃんから 幸運になりたいって
初めて聞いたかも。

うん。あのあと 何かあった?

約束…しました。

約束?

はい。

あの…いい夢 見れました。

もう二度と見たくない夢ですけど。

そっか…。

♬~
はい。

♬~

置いとくぞ。
(良男)はい。

指宿さん!

♬~

ありがとうございます。

♬~

(良男)ありがとうございました。

よく分かんないけど

元気になってくれて
よかったわ ねっ!
うん。

あの…ほんとに
ご心配おかけしました。

いや…。
これから3人で がんばりましょ!

うわぁ~ なんか幸ちゃんぽい!
ずっと幸ちゃんだから。

え?
いやいや…。

(良男)うっ…!!
うわっ!うわ~!!

すいません…すいません!!
マジで ごめんなさい。

ちょっと拭くもの。
あ はい 持ってきます…。

大丈夫です。水なので。
水なのでって。

墨汁じゃないんで。
墨汁どっから出てきたの?

相対性ラッキー理論です。
やめてよ 急に新ワード出すの。

<これは 何が何でも
幸運を掴みたい

そんな彼女たちの話>

♬~

(携帯の着信音)

どうした?何かあったのか。

幸ちゃん 一番濡れてない?
本当だ 大丈夫?

<ちゃんと…約束守れよ>

分かってるよ。
分かってんなら 拭きなよ。

あ はい。すいません。

<こうして 福良 幸の

世界で一番「ついていない」
1日が始まります>

♬~