「アンラッキーガール!」#8【迫りくる大凶日!不運の連続で緊急逮捕!?】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「アンラッキーガール!」#8【迫りくる大凶日!不運の連続で緊急逮捕!?】[字][デ]

24時間365日トラブル連発で大暴れするアンラッキーコメディ!世界一不運な3人を待ち受ける「大凶日」!?最凶ガールズは最強タッグで幸せをつかめるのか?

出演者
福良幸…福原遥

朝倉香…若月佑美
桜田卓海…板垣瑞生

二石紗菜…長井短
藤良男…岐洲匠
三田亜子…新井舞良
  ○
語り…バカリズム

福良重流…丸山智己
  ○
綾波樹…高梨臨

指宿恵徳…生瀬勝久

<8話ゲスト>
柳俊太郎
番組内容
幸(福原遥)、香(若月佑美)、樹(高梨臨)がとんでもない不運に見舞われるという大凶日が迫っていた。指宿(生瀬勝久)は、大凶日を乗り越えれば、これまでの不運を幸運に反転できる可能性があると予言。そんな中、卓海(板垣瑞生)が強盗事件の主犯として逮捕される。3人は無実を証明しようと目撃証言を集めるが、行き詰まってしまう。事件について嗅ぎまわっていることを怪しまれた3人は、いつの間にか警察に追われる身に…
監督・演出
【監督】
青木達也
原作・脚本
【脚本】
伊達さん(大人のカフェ)
音楽
眞鍋昭大
宗形勇輝
【主題歌】
「Lucky Days feat. OKAMOTO’S」福原遥
制作
【琉球風水監修】
シウマ
【チーフプロデューサー】
沼田賢治
【プロデューサー】
中山喬詞
櫻井雄一
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/unluckygirl/
番組SNS
【Twitter】@unlucky_ytv
【Instagram】@unlucky_ytv
【LINE ID】https://lin.ee/1OD5cuD

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 卓海
  2. 不運
  3. 宮下
  4. 警察
  5. 刑事
  6. 指宿
  7. 真壁
  8. 木戸
  9. 大凶日
  10. 大丈夫
  11. 真犯人
  12. 一緒
  13. 事件
  14. 捜査権
  15. 動画
  16. 犯人
  17. 彼女
  18. 本当
  19. 行動
  20. 紗菜

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

≪見つけた!≫

(幸)キャー!

(バカリズム)<ホラー映画みたいな…
悲鳴でした>

(指宿)今年の12月8日。

君たちは とんでもない目に遭う。
その日は

君たちにとって 紛れもなく
最悪の日になるだろう。

不運を超えた不運の日。

俺は それを
「大凶日」と呼んでいる。

(良男)
大凶日…大凶の日ってことか。

(指宿)それは いわば
運のブラックホールだ。

何が起こるか 誰にも分からない。

場合によっては
本当に命を落とす危険性もある。

あの…回避する方法は?

無い。

(香)そんな…。

しかし…何事も やり方次第だ。

(指宿)幸運と不運。

普通 そのまま
不運の方に一直線だが

些細な
きっかけで 回転が加わると…。

不運とも幸運とも また違う

第3の結果に たどり着く。

第3の…結果。

心当たりが あるだろう。

(指宿の声)
どんな最悪な目に遭っても

その運命を
微妙に変化させることで

想定外の結果を
生み出すことがある。

幸運を掴む鍵は…
決して諦めないことだ。

タロットに…
「デス」というカードがある。

一見 悪い意味に
思われがちだが そうではない。

これは…
再生の始まりを意味する。

大凶日も同じだ。

乗り越えることで
常日頃の不運を

大きく反転させることが
できるかもしれない。

もしかしたら
幸運になれるかもってことか。

(指宿)
備えろ。これはチャンスでもある。

<福良 幸の 世界で一番

「ついていない」1日が
始まります>

(樹)香ちゃん 卓海くんとは
あれから話したの?

電話しても出ない。
こういうことも 全部

大凶日に
つながっていくのかな…。

でも…指宿さんが
言ってたことが本当なら

この試練を乗り越えたら
私たちも本当に

ラッキーガールになれるかも
しれないってことですよね。

うん。
まあ…まずはさ
ポジティブでいこう。

後ろ向きな発言は
禁止ってことで。
はい。

頑張りましょう。
うん。

つけま~す!
では…あけますよ。

♬~

いい におい!
うわ~。

♬~

地獄って…こんな感じなのかな。

♬~

でも おいしそうですよ。
食べましょう。

うん いただきます。

あっ…。

とるわね。
そうですね。
(携帯の着信音)

(携帯の着信音)

ごめんね…
ずっと 誤解させちゃって。

(卓海)いや…。あの時…

俺も悪かったな~って。

えっ?

(卓海)気が動転しちゃって…

本当のこと聞きたかったのに…

勇気が出なかった。

でも…おかげで
自分の気持ちに気づけた。

えっ…。

香が誰かと
結婚するかもって知った時

俺もう すげえ 嫌だなって…。

あっ…いや
だから その あれだよ

あのその…俺が言いたいのは…。

うん。

香…。俺と…。

(真壁)桜田卓海だな。

(卓海)えっ…。

(真壁)
逮捕状だ。一緒に 来てもらおう。

えっ…えっ!?
いや…えっ!?

(卓海)え ちょ…えっ!?
たっくん…。

<彼女たちの大凶日は…
すぐ そこまで近づいています>

逮捕!?…えっ なんでですか!?

あの…強盗事件の…

真犯人なんじゃないかって。

(真壁の声)
実は押収した金が
一部 足りなかったんです。

残りの半分を共犯者が
所持している可能性があります

そんな…。

でも あの事件から
だいぶ経ったよね。なんで今…。

つい先日 犯行に使われた
ボストンバッグと

札束の一部が見つかったそうです。
そこに指紋が…。

<決め手となったのは…
逮捕された木戸の証言でした>

どうして
あの家に隠れていたんだよ?

<彼が香の家に隠れたのは
全くの偶然でした。しかし…>

(刑事)木戸。
お前の共犯は 桜田卓海か?

(木戸)桜田卓海?

<卓海にとって
最大の不運…それは

木戸が卓海と知り合いだった
ということです>

(卓海)
木戸っち~。
漫画サンキュー なっ!

(木戸)
痛い 痛い…
面白かったっしょ?

めっちゃ面白かった。もう
最高だよ~!…ありがとね
(木戸)うん

じゃあ また…うん
(木戸)バイバイ!

<無二の親友だった2人。
しかし…>

♬~

あっ…あっ…ああ!

<当時の卓海は 漫画の読み方に
難がありました>

ああ~~っ!

<木戸は同級生の卓海を
恨んでいたのです>

♬~

そうです…桜田が主犯です。

兆候が現れ始めてるな。

不運のうねりが
すでに始まってる。それは

君たちの周りをも
確実に巻き込んでいく。

私の不運のせいで…たっくんが?

香さんのせいじゃないです。

犯人なわけない…。

たっくんは
生まれ変わろうとしてた。

前を向いて…頑張ってたのに…。

でも そうだよね。
本当に犯人なら

今頃 証拠になるようなもの
捨てたりしないでしょ。

誰かに はめられたんだよ。
そうですね。

指宿さん どう思います?

俺は探偵でも
警察でもないからな。

この先 どうなるかなら
見ることができる。

お願いします。

あいつの携帯の番号の
下4桁は分かるか?

えっ?

数字の中から吉凶を
あぶり出す…それが数意学だ。

(指宿の声)説明しよう。
電話番号の下4桁や

キャッシュカードの
暗証番号の合計が

いくつになるかによって
その人の運気が

高いか 低いかを判断する。

自らの直感を信じて
行動しろと でている。

香さん 私たちで
真犯人を見つけましょう。

えっ…。

力を合わせて…
この不運を乗り越えてみましょう。

(指宿)この占いに真犯人が捕まる
とは出ていない。

えっ。

むしろ君たちは
大凶日を控えている。

行動すれば行動するほど
さらなる不運に襲われるぞ。

まあ いいよ 別に。

だいたい
いつも そんな感じでしょ。

もう 慣れたか。
おかげさまで~。

まあ…彼には 私も
助けてもらったことあるし。

できるだけのことは
やってみよう。

樹さん…。
さあ まずは

事件のあった銀行から。

ほら。行かないの?

ありがとう。

3人で 頑張りましょ。

お会計。
(良男)はい。

ありがとうございました。

1350円です。
あ いいよ…。

私 払うから。
いいんですか?

ありがとうございます。
あっ あっ…。

お札が…
あ ごめん カード使える?

使えないです。すいません。

アハハ…。
すいません。現金のみで。

<これは
強大な不運に立ち向かう

彼女たちの話。そして…>

<世界一
ついていない彼女たちに

運命を託すことになった
彼の話>

♬~

はい。
<3人が立ち上がって
はや 30分>

(銀行員)
あ~ そういったことには
一切 お答えできないですね。

そうですよね。
ありがとうございます。

銀行 どうでした?

<素人探偵団の限界は
すぐに やってきました>

分かってはいたけど
何も調べらんないよね。

でも サスペンスって

しょっちゅう こういう一般人が
事件解決してますよね。

警察に知り合いがいるとかでも
ないしなあ…

なめてたわ 捜査権。

捜査権ないと なにも
始まらないですもんね。

捜査権 欲しいな~。

「捜査権」って
こんな言うことあります?

ないね。捜査権は 多分
今後も言わないね。

捜査権。あっ…。

香さん 私たち絶対
諦めませんからね。

ありがとう。

よし じゃあ
捜査方針 変えてみよう。

捜査方針なんて あったんですか?

正確に言うと
達成目標の下方修正。

なにも 私たちは 真犯人を
見つけたいわけじゃない。

え?
そっか。

卓海くんが犯人ではないって
ことが

証明できればいい。でしょ?
はい。

でも どうやって?

分かんない。
えっ…。

フフフ…こんな
行き詰まるもんなんですね。

あ!アリバイは?
アリバイ?

彼の事件当日のアリバイを
示せればいいよね。

幸ちゃん あの日 たっくんに
会ってるんじゃなかったっけ?

ああ…。

返して!ちょっ…

あ でも あのとき
事件の後だったと思います。

あ そっか。そうだよね。だって
あの事件が起きたときって

ちょうど くじ売り場
燃えてたときだもんね。

そうですね。
燃えたね…くじ売り場。

最近 色々ありすぎて
遠い昔のことみたい。

そうですね。

たそがれてる…場合じゃないよね。

あっ…。

(女性)もちろん 覚えてるわよ~。
黒い服 着た子でしょ?

怒ってたみたいだわね。

つまずきそうになって
「ふざけんな~!」って

空に向かって
怒鳴ってたんだもの。

ふざけんな~!

忘れようが ないね。

「俺が
銀行強盗やってやりますよ!」

みたいなこと言ってたからさ。

俺が銀行強盗
やったるんですよ!

今日 絶対
大金つかんでやるから

どうする?
こんなの警察に持ってっても

完全な逆効果だよ。

もう…たっくん 何してんの!

でも あのときは
喧嘩した直後でしたし。

こんな証言ばっかり
たまってもなあ。

(真壁)君たち ちょっといいかな?

事件のことについて
町の人に

聞いて回ってたよね?

彼女 桜田卓海の…。

あ!
あ いや…

なんか 目 急に かゆいな~。

(刑事)この3人
木戸が逮捕されたときの…。

(真壁)そう そう…ねえ!

その ノート…何?

それ その ノート。
あっ…。

(真壁)ちょっと 見してごらん。

あ!
ん?

なっ…な…行きましょ。

バラ…バラバラな方向に
行きましょ。

じゃあ あたし こっち!
もう 走んのやなのに~。

(真壁)ちょっと 散れ 散れ!

2人とも 大丈夫かな。

♬~

(刑事)見つけた!

キャー!

(刑事)おとなしくしろ。

やめてください!
おとなしくしろ!

やめてください
はなしてください…

ちょっと…。

え…。

え…?
≪痴漢…痴漢…≫

(亜子)え なに?
ち…痴漢です~!

痴漢!?
うわあ~!!

(刑事)やめろ…
違っ…警察なんです…。

幸さん?
警察。警察なんです。

待て 待て…!
(シャッター音)

よかった。

幸ちゃん 大丈夫?

捕まる寸前で 逃げてきました。

(通知音)
はあ…はあ…。

亜子ちゃんにも 思いっきり
見つかっちゃった。

てか 幸ちゃんの動画
早速 ネットに出回ってる。

痴漢です~!
(刑事)やめろ 違っ…。
警察なんです…。

待て 待て…!

あ…なんで いつも
こうなるんですかね。

とりあえず
次の方針だけ決めよう。

はい。
いや…もう大丈夫。

え?
指宿さんも言ってたじゃん。

行動すれば 行動するほど
不運が襲ってくるって。

これ以上 2人を
巻き込んじゃうのも

申し訳ないし。だから…。
違います。

私たち 積極的に
巻き込まれに行ってるので。

え?

諦めなかったら

きっと 第3の結果に
辿り着くはずです。

幸ちゃん…。

卓海さんが捕まったままじゃ
嫌ですよね?

逃げずに 自分の気持ちに
正直に生きましょ。

ど~せ 1人だって
不運なんだから

3人の方が いいよ。

うん ありがとう。

とは 言ったものの…
どうしようね~。

行き詰まる…もんですね…。

いや あ!待って。

こういう動画?
画像でもいいけど。

出回ってないかな?

卓海さんが映ってる
動画ってことですか?

だって彼 未だに
町の人に覚えられてたじゃん。

そんなに目立ってたなら 誰かが

この幸ちゃんみたいに
面白がって

動画に撮ってたりしないかな。
あ いや…。

でも それ探すの超大変じゃない?

時間と場所から あたりつけて
探していくしかないね。

そんなに運良く 見つかるかな。

あ…。
何か いいアイデアある?

探しても
見つからないと思います。

何よ。
だって 私たち不運ですから。

きっと そんな私たちが探したら

なおさら 運良く見つかるなんて
ありえません。

じゃあ どうするの?

待って。もしかして…。

はい。運のいい人に
探してもらいましょ!

(スタッフ)本番!
(紗菜)
あ ごめん。幸ちゃん

今 仕事中でさ
ちょっと あの~

あとで あの今の内容を
メールで もらえる?

うん ごめん ごめんなさい。
切ります は~い はい。

(電話の切れた音)
あ 紗菜ちゃん?あの 紗菜…。

運の いい人が捕まらないっていう
運の悪さね。

一応 メール送っときます。

とりあえず 場所 移さない?
だね。

うん。
そうですね。

あっ!
うわっ!

あっ!
あ~ ああ…。

(武藤)水谷 こ~いうのを
運命っていうのか。

最近 同じ奴が
俺の邪魔をしてくる。

(水谷)武藤さん 俺も もう
我慢できねえっす!

ど どうも…
よく お会いしますね。

わざとか?ん?

わざとやってんのか?
あああ!?

と と…とんでもありません!
とんでも。

あ あ~!警察!

警察?
あ!

うわ!
(武藤)え!

クソが!
ああ!

どこ…。
知るわけないでしょ!

どっち行くの?こっち?
きゃあ!

え?
警察。

警察?え あれ警察?
きゃあ!警察!え!

(水谷)どこ行きやがったんだ?

(水谷)武藤さん!

(武藤)クソ!ついてねえ日だ。

行くぞ!
早く 早く!

(水谷)あ~!やばいよ!
(真壁)何で お前らも
いるんだよ!

待て!ちょ…。

ていうか あの子ら
どこ行ったんだよ。

おい!

あの~ 私たち 運ばれてますね。

なんで こうなっちゃうかな~。

おふたりとも
何に入ったんですか?

まさか 自分がクローゼットの中に
入る日が来るとは…思わなかった。

私 物置。多分 中 一番 広いよ。

あ~ そっちだったか~。

なんで タンスに
しちゃったんですかね 私。

あ…いたっ 何か
引っかかってます。いたた。

これさ…どこ いくんだろうね。

OKです!それでは
45分再開でお願いします。

(紗菜)は~い。

え~っと…。

そうだ 幸ちゃん
なんか言ってたな。

ん~…。

桜田 桜田…。

<幸の判断は…正解でした>

あ…。

はやっ。

(通知音)
あ!
何?何?

すいません。
紗菜ちゃんからです!

卓海さんの動画が
見つかったみたいです!

え!
嘘!?あの子
どんだけ持ってんのよ。

10月4日 事件のあった時間

卓海さん
さつきが丘名店街にいたって!

そこまで分かったんだ。

名店街の名前が
うつり込んでたみたいです。

香さん!卓海さん 無実ですよ!

え?香ちゃん 聞いてる?

お~い クローゼット
物置が聞いてんだけど~。

香さん?

ごめんなさい…。

ちょっと…。

香さん…。

よかったですね。

よかった。

ほんっとに よかった。

思いっきり泣きなよ。

どうせ誰も見てないから。

うん。

(泣く声)

あ~ よかった。

これで 私たちも安心して…。

安心して…どこいくんだろ。

<夕日に照らされ

彼女たちを乗せたトラックは
どこへ向かうのでしょう>

(後輩社員)
先輩 これ 私たちからです。

(宮下)え…。
(拍手)

(古谷)宮下!

いつでも戻ってこいよ。

俺たちのリーダーは
宮下…

お前だけだ。

何言ってんだよ。

期待してんぞ 新リーダー。

宮下…。

じゃあな。

《フッ…。バーカ。

こんなチンケな会社
誰が戻るかよ》

《俺の名前は宮下達朗。

たった今 勤めていたクソ会社を
去ることにした。

俺は生まれながらにして
運に恵まれてきた。

子供の頃から
どんだけ悪さをしても

見つかったことがない》

(宮下)《そして…今回も》

おお!

なんで?なんで?

(宮下)あ!それ僕のです!

あ!あ!

よ よかった~。
ずっと探してたんですよ。

いや 今日はついてるな ほんと。
助かりました。

ありがとうございます
ほんとに

《今の時代に銀行強盗が

ここまで うまく成功するなんて》

《逮捕されたのは 間抜けな男と
なんの罪もないバカだけ。

共犯の男とも
ネットで知り合ったから

俺の素性がバレることはない》

ありがとうございました。

《完璧だ!俺は常に 無傷》

京運銀行 現金強奪事件で
逮捕された

桜田卓海容疑者は
現在も容疑を否認しており…。

ごめんな 俺のせいで…。

でも バカなお前が悪いんだよ
ハハハ…!

(宮下)バカばっか…。

真犯人は ここにいるってのによ。
ハハハッ!

アハッハッハ!

(宮下)あああ!!え?

おお…え?

今の録音した人?
はい!
あ はい!

じゃあ3人ともね。

というか 何 今の?
アーッハッハッハって…だっさ。

あんなテンプレな
笑い方する人いる?アニメ?

あ!お金です!

幸ちゃん 警察に連絡。
あ はい。
誰!?ねえ 誰!?

こっちが聞きたいわよ。
何この偶然!もう。

あの あの 樹さん あの 助けて。
ごめん。

クソ!
あ ちょっと!

大人しくして。

あ もしもし警察ですか?あの…。

いいのか?後悔するぞ。

俺の悪運を舐めんな!

あ…ごめんなさい。
私たちの不運だって すごいの。
は?

たっくんには
幸せになって欲しかった。

生まれ変わって 頑張ってたのに。

あんたが ぶち壊した!!

だから あんたにも私たちの不運に
巻き込まれてもらう。

え?

意味わかんねえこと
言ってんじゃねえよ!おい!

おお…あああ~!うわ!

あ~!痛~い!

たっくんは もっと苦しかった!!

どけ!
ちょっと 待て!

(宮下)うわ!ああ!

離れろ チクショー!
ああ うっさい!

(宮下)何なんだ お前ら!

私も もう…逃げたりしない!

樹さん ちょっと…。

(宮下)
俺は絶対…逃げ切ってやる!

え!?え?あ~!

待ちなさい!

待ちなさい!
(宮下)離せよ!
香さん!

(咳込み)
(宮下)ハハーハ!
バーカ!ハハハ!

バカは お前だろ。

は?

ん?あれ?

クソ!!

え?あ!ちょっと!

幸ちゃん 大丈夫?幸ちゃん。
あ…大丈夫です。

あ 逃げんな!

うわ!
(樹・幸)あ!

大丈夫?ちょっと…。
香さん 大丈夫ですか?
(宮下)ハハ!

ざまあ!ハハハ!

<幸たちは 真犯人を
取り逃がしてしまうのでした。

と言うより…>
(ドアの開閉音)

刑事さん。あの さっき犯人…。

11月26日
18時24分14秒。

犯人 一味 確保。

一味…え?確保って…え?

あれ?…え?

違いますよ。
おかしい感じになってるよ。

続きは署で聞こう。連れてけ。
はい。

いやいやいや…。
おかしい おかしい…。

いや 私たちが通報したんです。

(刑事)現場の証拠から…。

犯人が 宮下達朗であるというのは
信じよう。

良かった…。

(刑事)だが…。

問題は君たちだ。家具の中に入って
隠れていたら 運ばれて

気づいたら 真犯人の家の中に
いたってことだよね。

信じられませんよね。

信じられるか!
なんだ その愉快な話。

童話じゃないんだから。
そんな童話があるんですか?

無いよ!例えだよ。

例え…。
ある訳ないだろ そんな話。

(ノック)

(刑事)失礼します。
真壁さん ちょっと。

例えだよ。

どうした?

(刑事)
引っ越し業者が証言をしまして…。
(真壁)うん。

(刑事)家具の中から
女性の声が聞こえたと。
(真壁)なんだと。

(刑事)これ以上 決め手がないのに
拘束するのも…限界かと。

あの!刑事さん。あ…刑事さん…。
うん?

見てもらいたい
動画があるんですけど。

<卓海の無実は
証明されたのでした>

散々だったね。

警察署って
あんな感じなんですね。

いい経験になりました。

履歴書に書けるかな。

2人とも…。

本当に ありがとう。

いえ。

やっぱり…。

大凶日も…今回みたいに
乗り越えられる気がします。

そうね。うん。
そんな感じで行こう。

はい。

うそでしょ…
何?その変な格好!
うるさい!

お前らのおかげでな
俺は指名手配犯だよ。

もう逃げる場所もない。
悪運 強いんでしょ?

自業自得です。

そうだな。だから今から…

お前らも道連れにしてやるよ。

まずは…お前からだ。

あっ!

たっくん!
え?

あの子…基本的に強いよね。

はい。あ 警察…

警察に電話します。
ありがとう。

(卓海)大丈夫?

うん。

(宮下)
だから今から…
お前らも道連れにしてやるよ

<卓海はもう…

あの頃の彼ではないのです>

(卓海)は~っ よかった…。

<この時の卓海の笑顔は

香にとって 今までに無いほど
輝いて見えました>

♬~

ちょっと!あ…。

♬~

俺は…悪運最強なんだ。

こんなとこで
人生終了してたまるか…。

(指宿)先が見えなくて不安か?

誰だ!

(指宿)占ってやるよ。

この先を曲がらず
まっすぐ行くといい。

信じるかどうかは勝手だ。
好きにしろ。

♬~

<宮下は 言われた通り
まっすぐに進みました>

宮下達朗。

なんちゅう格好してるんだ。

♬~

(真壁)一緒に来てもらおう。
(宮下)離せよ!

クッソ…あのインチキ野郎!!

悪運も またひとつの不運だ。

(雷鳴)

いよいよ 始まるか…。

前に言おうとしたことなんだけど。

俺たち…
やっぱり やり直せないかな。

俺…やっぱり香と一緒にいたい。

12月8日にね。

え?

私たちに すっごいアンラッキーな
ことが起こるらしいの。

大凶日…だって。

怖…。

きっと…私といたら
たっくんも巻き込まれちゃうよ。

♬~

前は こんな時…
俺は香に依存して

不安を埋めようとしてたと思う。

♬~

けど…今は違う。

俺は香と 一緒に前を向いて
進んでいきたいと思ってる。

♬~

不運がやってくるのは
避けられなくても

それを一緒に
乗り越える人が選べるなら…。

私は…。

たっくんと 一緒に乗り越えたい。

♬~

<香は この先の人生を

卓海と共に歩んでいくことを
決めたのでした>

♬~

香さんと卓海さん見てたら…

大丈夫な気がしました。
そうか。

12月8日まで あと10日。

大凶日でしたっけ?

3人だったら きっと
乗り越えられると思います。

最後まで気をつけろ。

え?
君たちにとって もっとも恐ろしい
厄災が 間も無く…。

♬~

水漏れかな?

やってきたか。

<これは
最悪の日を迎えようとする

そんな彼女たちの話>

♬~

<こうして 福良 幸の
世界で一番「ついていない」

地獄の10日間が始まります>

♬~