ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」[字][デ]

新時代の理想のカップルを描くラブコメディ。初々しく可愛すぎる“わこ&めぐる”と、個性豊かすぎるキャラクターたちが織り成す恋愛群像劇!ラブラブ同棲生活スタート!?

出演者
町田和子(わこ)…吉川愛
相馬周(めぐる)…板垣李光人

キラ…桐山漣

境正美…おいでやす小田

三輪玲…中川大輔
渡辺春菜…五島百花
甘地大和…遠藤健慎
山崎愛…寒川綾奈

鉄本あさひ…水野美紀
番組内容
正式に付き合い始めた漫画編集者わこ(吉川愛)とめぐる(板垣李光人)は、同じベッドで目を覚まし、一緒に朝食を作るなどラブラブな時間を過ごす。
一方、モデルのキラ(桐山漣)に、ドラマ出演の依頼が。だが役柄に合わせて髪を切らなければならず、“襟足”を非常に大切にしているキラは拒絶。そんな中、わこの出版社で“新しいキラ”をコンセプトにした新企画が立ち上がり…キラがあさひ(水野美紀)のため重大決断を下す!
監督・演出
【監督】
熊坂出
原作・脚本
【原作】
ためこう「ジェンダーレス男子に愛されています。」「FEEL YOUNG」連載/祥伝社
【脚本】
坪田文
音楽
眞鍋昭大
【主題歌】
「Question」Amber’s
制作
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
小島祥子
熊谷理恵
塙太志
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/colorfulovele/
番組公式SNS
【Twitter】
@colorfulovele
【Instagram】
@colorfulovele_drama
【LINE ID】
https://lin.ee/mtqPy0W

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. キラ
  2. 和子
  3. 襟足
  4. 高林
  5. 周君
  6. お願い
  7. 大丈夫
  8. ハァ
  9. お疲れ様
  10. ハハハ
  11. フフッ
  12. 自分
  13. 世界
  14. 気持
  15. 撮影
  16. 失敗
  17. 本当
  18. ウィッグ
  19. キラ君
  20. キラ様

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/22 18:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

(和子)周君の事が…
好きだから。

(周)和子ちゃん…。

顔新規は卒業です。

本当のキス…してもいい?

♬~

ん…。

おはよう 和子ちゃん。

ん?

起きたてに
いきなり美の光を浴びて

感動しております。

この幸せのまま もうひと眠り…。

ダメダメ!起きて!
会社 遅れちゃうよ。

《自分の好きな人が自分のことを
好きだと言ってくれる》

《こんな奇跡が
私に起きるなんて!》

あっ う~ん…。

新しいの…。

大丈夫。スクランブルエッグに
すれば問題なし。

ああ!どうやって やるんだっけ?
卵 ほら ガシガシって…。

よし…!

わっ すごい。

《生きてて良かった~!》

周君。
ん?

好き。

僕も大好きだよ 和子ちゃん。

あ…!
アハハ。

ごめん。
大丈夫 大丈夫。

ごめん!せっかく
塗ってもらったのに。
もっかい塗ろ。

♬~

♬~

(キラ)デート!

して…もらえませんか?

(あさひ)
ハハハ…からかわないで

このシチュエーションで
からかう奴いないだろ!

います いるんです。
古今東西 様々な名作の中で

こういう場合は
「からかわないで」なんです

ちょ…ちょっと待て待て待て

今のは…!キラのリアルだ

俺は本気で あさひを
業務時間は
終了していますので

そんな…

失礼します

(鼓動の音)

♬~

♬~

♬~

♬~

(甘地)おはようございます。
おはよ。

これ 境さんが。
あっそっか 境君
今日ずっと外だっけ?

そうなんです。
六本木 行くとか言ってました。

朝から変な絵文字
送ってくるんすよ。

よかったわね。
え?

うれしいの?ウザいの?どっち?

決まってるじゃないですか。

♬~

今回も すっごい面白かったです。
特に このセリフ

「好きな人と一緒に居るだけで
世界がカラフルに見える!」。

もう わかるなぁと思って!

(漫画家)編集長 お疲れ様です。

お疲れ様です。
原稿ありがとうございました。

キラキラしてて
とても良かったです。

きっと これを読んだ人も
恋をしたくなると思いますよ。

そうですかね~。
ウフフ!

あ それ ひょっとして

心拍数とか測れるやつですか?
ああ…ええ そうです。

買おうか迷ってるんですよ。

結構 便利ですよ。自分の身体の事
って自分じゃわからないから

こういうので
把握しようかなと思って。

この衣装も すごく良かったです。
ありがとうございます。

いやもう やっぱ かわいいと
かわいいの組み合わせって

やっぱ こんなにも
尊いものかと思いまして。

(漫画家)でしょでしょ?
やっぱ恋っていいですね!

(玲)もしかして 和子…。

(春菜)
もしかすると もしかして…!

かわいい…。

(シャッター音)

♬~

やだ…!

(春菜)おめでとう。

なんの…こと?

「好きな人と一緒に居るだけで
世界がカラフルに見える!」。

「わかるなぁと思って!」。

聞いてたの?
付き合う事になったんだ?

フフフ…。
お~い 1人だけ
幸せになっちゃって。

もうキスは したんですかぁ?
ねえ ちょっと やめてよ~。

あ…。
おめでとう。

気まずかったね。
いや ちょっと
恥ずかしかっただけで。

あさひさん
恋愛絡みの噂ないじゃん。

まあ そう簡単に
出会いがある年でもないかぁ。

(玲・和子)いやいやいや。

俺…見ちゃった。

何を。

(玲の声)あさひさん キラ様に
デートに誘われてた。

ええ~!?キラ様に!?

デート?
うん。でも速攻で断ってた。

そう…なんだ。
聞かなかった事にするって。

聞かなかった事に…。

♬~

なぜだ…。

なぜなんだ。

(愛)もう…!

ドキドキしたいんじゃ
ないのか。あさひ。

大変だね。頑張って。

お前
自分が上手くいったからって。

キラ君のお陰だよ。
ちょっと
立ち上がらないでくださいよ~。

あ 愛さん。今日 ちょっと
やってほしいデザイン

あるんですけど。
喜んで。

キラは天使のように
美しいが!

人の恋を応援するキューピッドに
なりたい訳じゃない!

うわ~。
(キラ)なぜだ~!

(キラ)周~!
また…また…。
暴れないで。

また誘えば いいじゃない…ね。

聞かなかった事にすると
言われた。

え。

キラの…言葉を…。

それは傷つくね。

好きって気持ちを
無かった事には出来ないもん。

キラの…気持ち…!

重症ですね~。
うう~。

(高林)コンコンコーン。
あ いらっしゃいませ。

(高林)どうも~。
あ~ やっぱり ここだ~。

お疲れ様です。
お疲れ様で~す。

キラさん どうです?
決心できました?

ああ…もう~ 先方を
待たしちゃってんすから。

あ…今
キラにドラマのオファーが来てて。

え 初めてじゃないですか?
そう。

でも役柄に合わせて 髪を
切ってほしいって言われててね。

嫌だ!
たかが襟足~ また伸びるでしょ!

触るな!崩れるだろ。
はい。

おい 高林。
はい。

この髪の1本1本が
キラをキラたらしめているんだ!

わかったか?
はい…。

フン!

新しい事にチャレンジする
チャンスなのになぁ。

あ そうだ。周君。
はい。

(高林)ちょっといい?

『カラフル カワイイ♥』の時の。
そう すっごいバズってる。

番組へ問い合わせも来ててさ。
はあ。

タレント活動の件
真剣に考えてもらえないかな。

(高林)
いや 実はね…うちの事務所に

周君と相性
良さそうな男子がいるんだよ。

社長はユニットは どうかって。

ユニット?
うん。あっ 別に…

アイドルとして
売り出したいわけじゃないから

そんなに きつい縛りはない。
もう 周君は周君のままでいい。

(高林)どうかな?

一緒に新しい価値観…
打ち出していこうよ。

新しい価値観…。

うん。

へえ~ ファッション誌の方にも
キラさんの漫画を。

出張版って感じで。
連載 好評なんでしょ?

フフフッ…。
前回のコラボのお陰で
うちも新しい試みが出来たので

お受けしようと思って。
(玲)ありがとうございます。

コンセプトは?
もう 決まってるんですか?
(玲)うん。

ちょっと新しい事
出来たらな~って思って。だから。

「新しいキラ」?
えっ これだけ?

もう少し具体的に
提案してもらった方が

作家さんにも
伝えやすいんだけど…。

いや…いや それは
それは わかるんですけど

これぐらい ふわっと
こう…間口 広げておいた方が

みんなに
受け入れてもらえる気がして。

あんまり尖った事して
炎上するのも怖いですし。

ん?…読者の受け取られ方の
話じゃなくて

これじゃ 作家さんが
物語を描けないって言ってるの。

あ…。

それに当たり障りなく
みんなに認められようとすると

結果 誰にも伝わらない。

はい。それも わかるんですけど…。

まずは…怖がらずに
三輪君のやりたい事を

具体的に見せてください。

責任は 私が取りますから。

はい…。

大丈夫ですかね~。
気持ちは わかるのよね。

自分が良いと思っものを
否定されるのは怖いし

新しい一歩
踏み出すのって 怖いもの。

私もサポートします。

玲 ずっと
企画やりたいって言ってたし。

やる気は 絶対あるので。
そうね。

多分 キラさんワガママだから
怒らせると怖いって

思ってるとこも あるのかなって。

信念が伝われば
キラさんも やるでしょ。

同期のサポート よろしくね。

これ キラさん ワンチャン…。

♬~

やりたいこと…。

おかえり 和子ちゃん。

ただいま~。

お疲れさま~。よし。

はい メイク落として。
一晩くらい 大丈夫だよ。

ダメだよ~。
ほら よいしょっ!

起・き・て!
起きて 起きて 起きて。
うう~ん…。

よいしょ よいしょ…
よいしょっ!

何?

周君…

ぎゅ~しても いい?

どうぞ。
ウフッ…。

ああ~ 疲れが抜けていく~。

家に帰ったら
かわいくて 優しくて

美しい彼氏がいる生活…イイ。

良かった。

フフッ…よいしょ。
あっ ねえ

今度は周君の お家に行きたい。

で 「おかえり」って言いたい。

ああ…。
ん?

よし メイク落とそう!
何だ 何だ?

落とそう 落とそう!
何だ 何だ?
何だ 何だよ~!

よいっしょ よいっしょ…。
えっ?何か見られて困るものが?

あっ いや…
そういう意味じゃないんだけど。

うん?

うち…お風呂 無いから。

えっ!?

(匂いを嗅ぐ音)

それなのに
こんなに いい匂いって…

やっぱり 妖精さんなのか?

ちゃんと お風呂は入ってるよ!
銭湯とか。

銭湯…。
うん。

お金はメイクとか
ファッションに使いたいから

あと…爪!

うわっ!

わこ…めぐる…

ああ~っ!
仕事に差し支えるから

ネイルチップにしたんだ。
いつでも 取り外し可能。

いや かわいいかよ~!
えっ…でも意外。

なんか キラ君みたいな
センスだなとは 思ったよ!

ハハハッ…!
でも…。

どうして もやりたくて。

ウッフフ…!
フフフッ…。

「わこ」「めぐる」か~。フフッ…。

なんか…僕たち
はしゃぎすぎてるね。

なんか バカになった気がする。

フフフッ…でも楽しい。
うん。

あ~ 恋すると
世界って広がるんだね~。

フフフッ…。
よし。

じゃあ メイク落としましょう。
はい。

よし。…ほら 動いて!

♬~

トレンディ。

(咳払い)

「新しいキラ」。

♬~

♬~
(ため息)

(ため息)

(ため息)

ダメだ…。
わかんなくなってきた。

(通知音)

(玲)和子~。

よっしゃ!

頑張るぞ!

♬~

(ギア)「ペペロンチーノ!
私の名前はギアです」。

♪~
ちょっと 待って!
ん?

このギアって人は 南蛮人?
うん…そう。

で…この「トロ舟」は 江戸っ子。

ああ~ 異文化交流だ。
うん。

この人たちと 出会って

「プラスドライバ」と「やっとこ」は
新しい世界に旅に出るの。

へえ~。新しい世界…。

周君!
うん?

もし 良かったらさ…

一緒に住まない?

いいの?
うん。

いろいろ
あるかもしれないけど

チャレンジっていうか。

どした?

キラ君の
マネージャーさんの高林さん。
うん。

事務所に
所属してみないかって 正式に。

ふ~ん…
周君は どうしたいの?

う~ん…新しい価値観を
生み出す活動って言われて

それは ちょっと興味ある。

そっか…。

周君。

周君が どっちを選択しても
私は そばにいるから。

ありがとう 和子ちゃん。

フフッ…いざ 参らん。

いざ 参らん…フフッ。
フフッ…。

そっか~ スカウトか~。
うん スカウト。

(キラ)おい!
あっ…。

(鼓動の音)
キラさん…。

ぐ…偶然だな。
えっ?

あっ いや…。別にあさひを
探してたんじゃないぞ。

今日は別現場の撮影なんだ。
フフッ…。

あっ…そうですか。
そうだ。

おい!

はい。…はい。

その…こないだ話した事…。

あの!…すみません。
打ち合わせがあるので!

♬~

どうでしょう?

とても いいと思います。

この襟足を切った
キラさんのイメージ新しい!

でしょ?
俺も いいと思ってるんです。

けど…

これ 見てください。

キラ様は すっごく この襟足に
こだわりがあるんです。

「キラの襟足はキラの命の泉だ」。

でも 撮影はウィッグで
対応するんでしょ?

いや~ そうなんだけど
でも まず

キラ様が 襟足を隠すことに
納得してくれるかどうか。

でも 三輪君は 襟足なしで
やってみたいんでしょ?
はい。

この衣装なら 絶対 襟足ない方が
新しいキラ感出るし。

なら 襟足は。

でも 断られて

「もう二度と お前とは仕事しない」
とか言われたら

取り返し
つかないじゃないですか。

これで失敗したら
俺 もう…。

いいじゃないですか
失敗したって。

え…。

大丈夫。
私は 面白いと思いました。

やってみましょう。

いいんですか?

事務所に確認とってきます。

♬~

カッコいい。

良かったね。

俺 年上 興味なかったけど

あさひさんみたいな
しっかりした人なら いいな~。
え?

1行にすれば
いいんじゃないかな。

あっ わかりました。
ありがとうございます。

和子さん
事務所 ウィッグならOKだって。
良かった~。

三輪君 いいアイデア
たくさん持ってるのね。

三輪君は元々 ファッション誌
希望って人なんで。
なるほど。

諦めずに その気持ちを
持ち続けてくれるといいけど。

だから 失敗したくないって気持ち
強いんじゃないかな。

そうね わかるわ。

失敗が許されない
雰囲気あるものね。

でも 期待しちゃうの。

あなた達が
セオリーを壊してくれること。

♬~

「新しいキラ」。

面白そうな撮影じゃない。

高林の話 受けるのか?

迷ってる。

意外だな。

表に出て
好奇の目に晒されるのを

お前は好まないと思っていた。

怖いよ。

けど…

自分で動かないと
世界は変わらないから。

♬~

周。
はい。

至急 用意してもらいたい
ものがある。

あさひ!

トレンディ!

♬~

ハッ。
ハアッ。

♬~

キラは 間違っていた。

やめて もう もう…ほんとに
ほんとにやめて キラさん。

「ううん」じゃなくて キラさん。

(キラ)あのデートの誘い方は
キラらしくなかったな。

ううん ううん
そういうことじゃない。

もう もう もう…
何これ…。

一瞬に ランデブーだ。

死語!立って 立って 立って
お願い お願い ごめんね…。

おい。
トレンディがする…。

わかった…。
何を照れている。あっ…。

おい キラの花束!
一旦 出ましょ ね!

キラの花束!
お願い もう一旦

一旦 出ましょう!

一旦 出ましょう!

(キラ)おい お~い!

上手く 行った…?

♬~

あ…すみません。

今…今 片づけますね。

お騒がせしてます。

♬~

風が…気持ちいいな。

寒い。

あ…大丈夫です。

大丈夫。
ハァ…遠慮するな。
遠慮するな。

ううん あの 遠慮とかじゃなくて。
遠慮は するな。

トレンディなっちゃう
トレンディなっちゃう…。
照れるな。

大丈夫!いいや
照れてるわけじゃなくて いいって。

いいから 着れ!
着るんだ!
いいの!

デートでは
こうするものなんだろう?

無理にしなくて いいんです!
いい!

ハァ…。
ハァ…。

ほら 寒いんでしょ?
いや いや…。

ほら!
いい いい…着れ!

もう わかった じゃ…。
なんだ?

わかったから これ これ ほら。
いや いい。

いらん いらん!
風邪ひかれちゃ困るんです。

いいから いいから
これ巻きますからね。
やめろ やめろ。

やめろ おい。
大人しくして。

は 離せ!
離しません。

やめろ!あ~!あ~!

あ あ…。
ハァ ハァ…。

あっ ああ…。

え?

失敗した。

え?

初めてだったのに…。

うぅ…。

なぜ カッコつけさせない。

ハァ ハァ ハハハ…。

ハハハ…!
え?

なんだ?
ハハハ…!

なぜ 笑う?

初めてなんですね。

初めてに
失敗は付きものです。

さっ 帰りましょう。

いや まだ行くところが!
ダメです!

風邪ひいて 撮影延期するわけには
いきませんから。

いや でも…。
じゃあ 撮影で。

♬~

ハァ…また 俺だけ…。

♬~

ハァ…私らしくない。

♬~

(玲)これ 真ん中に。
≪はい≫

(玲)あ~ いいっすね ジャスト。
はい そこ。

はい 置いてください。
お願いします。

長方形を この真ん中に。

意外!
玲 仕切れてんじゃん。

相当 準備してたからね。

(春菜)
まあ 失敗出来ないもんねぇ。
うん。

おはようございます。
(高林)おはようございます~!

いや いつも
お世話になっちゃって。
いえ こちらこそ。

よろしくお願いします。

いい撮影にしてやる。

この キラがな。

ハハハ…。
あっ キラさん あっち…。

早く言え そういうのは!
申し訳ありません。

(キラ)早くしろ。
(高林)すみません。

(キラ)どっちだ?
(高林)あ そっち。

(キラ)左か?
(カメラマン)編集長。

(カメラマン)おはようございます。
おはようございます。
よろしくお願いします。

ほう。

問題ない?
なるほど。この角度か。

いつも キラ君が着ない衣装だね。

何だかソワソワするが…。

キラの輝きに この衣装は負けた。

はいはい。
ウィッグあるから急いで。
いいだろ。

(ノック)

失礼します。

すみません。
ちょっと手違いがございまして。

手違い?

はい。それで 折り入って
キラさんにお願いがありまして。

どうして 前もって
確認しなかったの?

玲がウィッグにこだわって
海外に特注したんです。

それで ギリギリ
今日 届いたって。

でも…これで良くない?

注文したのと
そんな変わんないでしょ。

でも こだわりが
あるんだよね?

どうしますか?

時間…予算も…。

それは 私が話しますから。

三輪君は どうしたい?

俺は…。

すいません。
俺 こだわりたいです。

色とか 質とか 長さとか

全部 キラさんに合わせて
考えて特注したんです。

地毛のように見えて
本当にキラさんが

襟足を切ったように見えないと
意味がないんです。

俺は あれじゃなきゃ
やっぱり嫌です。

わかりました。
撮影は延期にしましょう。

え!?
延期にしなくていい。

♬~

俺を誰だと思っている。

キラ様 本当にすみません。

実は…。
俺は キラだぞ!

すいません。

切る。

え?
襟足。

え?

キラ君 本気?

キラが 本気じゃなかった事なんて
あったか?

どんな上質なウィッグも

本物のキラの髪には かなわない。

そういう事だろ?

はい。

(キラ)さっさと準備しろ。

(玲)ありがとうございます!

良いのかなぁ。
よし~。

和子ちゃん
さっき かっこよかったよ。

折り入ってキラさんに
お願いがありまして

和子ちゃん…

キラさん
襟足を切ってください!

♬~

ご無礼を おゆるしください

このようなことを お願いできる
立場でないことは

重々承知の上です

玲は…三輪は
この企画に本気なんです

キラさん どうか
襟足を切ってください!

♬~

いいんですか?

何がだ。

だって

「キラの襟足は キラの命の泉だ」
って。

そうだな。

だったら どうして…。

新しいキラを見ると

あさひが笑うからだ。

♬~

最高記録を更新する
キラを見せてやる。

現場で待ってろ あさひ。

♬~

じゃあ。

♬~

(キラ)おい 早くしろ。

♬~

(キラ)おい。
はい。

ん?

♬~

すぅ…。

はじめてくれ。
≪はい≫

♬~

(シャッター音)

♬~

(玲)あ~いいね 画角それで。
これぐらいですか?

あ ありがとうございます。
そちらで はい お願いします。

お願いします。
お願いしま~す!

(玲)あ~いいですね~。
かっこいいです。

♬~

(玲)あ~いいですね~
ありがとうございます!

あ~最高です
ありがとうございます!

(玲)あ~美しい!
ありがとうございます!

あ~セクシー!
かっこいいです!

あ~かっこいいです そのポーズ
ありがとうございます!

かっこいいです。

(キラ)そうだろ。
はい。

♬~

(キラ)
緊張するな。リラックスしてこい。
(玲)すみません。

(キラ)お前の本気を見せてみろ。
(玲)はい。

♬~

あさひさん。
お疲れ様。

これ キラさんが。

ありがとう。

♬~

♬~

(玲)あっ!

あさひさん行っちゃった?
うん。ちょっと用事あるみたい。

そっかぁ 本当
助けてもらっちゃったからさ~。

今度ちゃんと お礼言わなきゃね。
うん。

なんかさ 今朝

カメラマンさんから
聞いちゃったんだけど。

おはようございます。
よろしくお願いします

あさひさんってさ
最近どうなの?

どうなのって?
いや だって
ず~っと1人でしょ

婚約破棄してから

あさひさん1回
婚約破棄してるらしい。

え そうなの?
うん。しかも 振った側。

海外赴任に ついて来てほしい
って言われたのを

断ったんだって。

初めて聞いた…。

詳しい事は知らないけど

それからずっと1人みたい。

コンコンコン!
お疲れ様で~す!

お疲れ様です。
ハハハ…あれキラは?

行くところがあるって。
あ~そっか~。

いや ドラマどうすんのかな~。

そろそろ新しい事
やってほしいんだけどな。

高林さん。
ん?

こないだの話
僕やってみたいです。

本当!?じゃあ じゃあ

善は急げだから
早速 顔合わせだ。

ハハハ…。

♬~

♬~

和子ちゃん。
ん?

僕 タレント活動
やってみる事にした。

そっか。
うん。

恋も仕事も
その行方は 分からないけど

一歩 踏み出せば

きっと 世界は変わるよ。

和子ちゃんに そう言われると…。

そんな気がしてくるんだよね。

それでいい。いざ 参らん!

参らん!
フフッ。

♬~

それ重たくない?
うん 大丈夫。

大丈夫?

お腹すいた~!

あの~キラさん。
ちょっと待て。

ちょっ…話だけ。
ちょっと 待て…。

キラさん もう 話…。
まぁ~ちょっ…。

もう あの30分も
たってるんですけど。

はぁ…。

好きだ。

♬~

(キラ)少しは ドキッとしたか?

あさひ?

ジャケット。

私 キラさんの連載の担当から

外れる事にしました。

え…。

お世話になりました。

♬~

うっ!ちょっ…痛い。

あっ…仕方ないだろ

初めてなんだから。

♬~

あさひが 好きだ。

♬~

いつも怒ってくるし
キラを無視するし。

なのに 俺が何かすると笑うし。

もう 訳が分からない。けど…

そこが 好きだ。

♬~

もっと俺のことを知ってほしい。

そうすれば…。
ごめんなさい。

♬~

私はもう これ以上
あなたの事を知りたくない。

♬~

あさひ!

♬~

本当に…。

面白い女だな…。

♬~

♬~

はぁ…。

見なくてもわかる。

♬~

(鼓動の音)

♬~