ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」[字][デ]

話題の“美少年ユニット”お披露目で波乱!?初々しく可愛すぎる同棲カップル“わこ&めぐる”と、個性豊かすぎるキャラクターたちが織り成す新時代のラブコメディ!

出演者
町田和子(わこ)…吉川愛
相馬周(めぐる)…板垣李光人

キラ…桐山漣

境正美…おいでやす小田
ゆうたん…永田崇人
ささめ…草川拓弥
奥田諒一郎…塩野瑛久

渡辺春菜…五島百花
甘地大和…遠藤健慎    
高林…吉田ウーロン太

AKI…黒木啓司(EXILE / EXILE THE SECOND)

鉄本あさひ…水野美紀
番組内容
芸能界入りを決めためぐる(板垣李光人)&ささめ(草川拓弥)の新ユニットの初仕事がトークショーに決定。めぐる因縁の相手・ゆうたん(永田崇人)とコラボをすることに。わこ(吉川愛)は、めぐるが傷付くのではと心配する。だがめぐるは自分と考え方の違うゆうたんとしっかり向き合いたいと考えていて…。一方キラ(桐山漣)はプロデューサーとして新たな一歩を踏み出し、あさひ(水野美紀)のもとを訪れる。
監督・演出
【監督】
松浦健志
原作・脚本
【原作】
ためこう「ジェンダーレス男子に愛されています。」「FEEL YOUNG」連載/祥伝社
【脚本】
坪田文
音楽
眞鍋昭大
【主題歌】
「Question」Amber’s
制作
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
小島祥子
熊谷理恵
塙太志
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/colorfulovele/
番組公式SNS
【Twitter】
@colorfulovele
【Instagram】
@colorfulovele_drama
【LINE ID】
https://lin.ee/mtqPy0W

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 周君
  2. キラ
  3. 自分
  4. ネイル
  5. 一緒
  6. 頑張
  7. 司会
  8. 拍手
  9. カメラマン
  10. ユニコーンボーイズ
  11. 心配
  12. 和子
  13. 仕事
  14. 野望
  15. カラフル
  16. ユニコーン
  17. 兄貴
  18. 高林
  19. 世界
  20. 全然

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥990 (2021/09/28 22:40:34時点 Amazon調べ-詳細)

(キラ)新時代を駆け抜ける…

「ユニコーンボーイズ」!!

(周)ユニコーン…。
(ささめ)ボーイズ…。

お前たちのユニット名だ。

(高林)
今度コラボする方
さっき偶然 局でお会いしてさ。

(ゆうたん)会いたかったよ~!
周君~。

なんなんだ こいつ…。

こいつじゃないよ~。

ゆうたんだも~ん!

『カラフル カワイイ♥』っていう
子供番組で

周君 一度
お世話になってるんだよ。
そうそう。

世界は カラフル!
うさぎさんも ぞうさんも…。

うわっ!

ゆうたん…
僕 お前みたいなやつ大っ嫌い

また会えてうれしいよ 周君。

エヘヘヘ…。

♬~

♬~

トークライブ…。
ゆうたんと…。

そう!ファッション誌

『グローバル』の
最新号で特集される

新世代☆ビジュアルボーイズの
PRイベントだ。

新世代☆ビジュアルボーイズ…。
うん。

だせえ!!
そういう事 言うな!

ユニコーンボーイズの門出だよ!

その名前もだせえ!

カッコよくて かわいくて
新しい男子を特集する。
(高林)うん。

カッコいい 新しい男子…!?

かわいくて 新しい男子な。

で その打ち合わせに行ったら
ゆうたんがいたの。

周君と またお仕事できるって
聞いて

ワクワク特急
止まらなくなっちゃって~!

ワガママ 気のまま
ついてきちゃいました~!

パクパク パクパク。
食べないで。

けど 俺たちでいいのか?
(高林)ん?

まだ デビューしてないし。

(高林)アハハハ…そこは大丈夫。
安心して。

この…キラのお陰だ!

キラ君。

ファースト花火は
デカい方がいいだろう。

ま 最初は このキラに
オファーが来たのだがな。

どや?
言っちゃうんですね。

プロデュースしている
ユニットがいると言ったら

興味を持ってもらえたのだ!
どや?

そうなんだ。

一緒に 新世代の男の子として
がんば~モルモット!

なんだよ モルモットって…。
げっ歯類だよ~。

気になってるのは
そこじゃねえよ!

(高林)じゃあ 説明するんでね。
(ゆうたん)よろしくお願いシマウマ!

びっくりしたよ。
芸能興味ないって言ってたじゃん。

そうだね。
(ゆうたん)
あ またあの女の子に言われたの?

ううん。自分で決めたよ。

ふ~ん。

しかし 周君も残念だねぇ。

もう僕になんて
会いたくなかったでしょ?

いや そんな事…。
僕は会いたくなかったよ。

でも…だから
この仕事を引き受けたんだ~。

え?

絶対に潰しちゃうぞ!

じゃあね。

ちょっと待って!

どうやって潰すの?

は?

ほら 僕まだ
全然 知名度もないし

そういう世間に出てない人を
潰すのって

一番難しいんじゃない?

そ それは…。
どうやるの?

なあ!なんなんだよ!

ここは素直に落ち込んだ顔して
僕の背中 見送れよ!

いや 僕はゆうたんと
話したくて。

僕は 周君と話したいなんて
思ってないんだよ。

じゃあね!

あ ゆうたん!

出口…こっち。

あ ゆうたん!

(ため息)

(奥田)少し疲れてる?

社長…。

♬~

ささめが「太陽」。

周が「月」だとしたら
ゆうたんは…

「闇」。
闇!?

現代に はびこる「闇」。

つまり…

「病み」…そう 彼は病んでいる。

え?

そういう 人々を救う。それが

ユニコーンボーイズだ。
わかるね?

♬~

はい…。

(和子)
え?ゆうたんとトークショー!?

うん。
え なんで…。

お披露目は
派手な方がいいって キラ君が。

あ お砂糖入れる?
引き受けないよね?

え?
引き受けないよね
ゆうたんとの仕事。

あ いや もう…。
え?

今日 事務所に ゆうたんが…。

でも ゆうたんは…。

多様性を認める。

カラフルな世界を
認めるって事はさ

僕たちを「嫌い」っていう想いも

受け止めるって事じゃないの?

わかってるんだ…

全然 周君と考え方 違うじゃん。

そうだけど。
周君 また泣かされちゃう。

♬~

あ ごめん。

そうだね。また泣くかも。

でも やるよ。

どうして?
う~ん どうしてだろう。

なんか…
モヤモヤしてるの嫌だからさ。

まだ答えは出てないけど

ゆうたんに言われたこと

ちゃんと考えなきゃ
いけないような気がする。

でも私 助けに行けないよ。
うちの企画じゃないもん。

和子ちゃん。
ん?

僕 そんなに頼りない?

あ そういう訳じゃないけど…。

そう聞こえる。

9日…ですか?

わかりました。
では お待ちしております。

はい 失礼いたしま~す。

(ため息)

(境)周君と喧嘩したんか?
なぜ それを…。

俺も離婚直前
よう ため息ついとったから。

離婚…まだそこまで
深刻ではないというか。

まぁな 相手にあんま
期待せんことやで。

はあ…。
車と一緒。

適切な距離保たんと
事故が起きる。

でも 心配になっちゃうんですよ。
(境)う~ん。

心配するのは悪い事やないけど

どんだけ言うたって
自分以外の誰かが

思い通りになる事なんて
無いんやで。

ってお~い!甘地~!
びっくりした。

前にお菓子食べながら
仕事すんな言うたやろ 俺!

(甘地)
お腹減ると
仕事に集中できないんすよ~。

(境)言ってるそばから
食~べ~る~な~!!
(甘地)無理です。

わかってる。
わかってるけどさぁ。

けどさぁ だからって
心配したって良くない?

(春菜)良かったんじゃない?
何が?

意見 言えるようになって。
え?

和子 あんま自分の気持ち
言わないじゃん。こう

自分と自分で
会話してるっていうか…。

それは…。

《全くその通りで

てか バレてたの
恥ずかしいんですが》

でもさ 最近 変わった気がする。

それは 周君と…。

新しいフェーズに
進んでるって事だよ。

頑張れ!

♬~

あ~ 心の声が復活しそう…。

(あさひ)え!?

♬~

はじめまして。
何の遊び?

危ない 危ない…!

おい 椅子!
しっかりしろ お前。

ユニコーンボーイズの
プロデューサー キラだ!

(キラ)おい!

キラだ!キラだ…キラ!

「天翔ける“翼"。
性別を超越した新しい“魅力"。

新時代を切り開く“パワー"」。

(キラ)つまり…

ユニコーンだ。

で ご用件はなんでしょう?

(キラ)
プロデューサーという
新しいキラで挨拶に来たんだ。

ユニコーンボーイズが出演する
トークライブに招待してやる。

は~ なるほど。わかりました。

それでは グラビア担当の境に
こちらの招待状渡しておきますね。

おい 待て!
何を言っている。

この子たちを
売り込みに来たんですよね?

もちろん それもある。だが

俺が あさひに売り込みたいのは
いつも…

このキラのこと。

担当は外れたと
お伝えしたはずですが。

(キラ)知っている。
でしたら…。

だから 新しい関係を
はじめに来たんだ。

今日は その挨拶に来た。

はじめまして。

これから よろしく。

♬~

うお~っ!

♬~

勘弁してよ…は~っ…。

(カメラマン)
じゃあ あの カメラに向かって
かわいいアピールする感じで。

かわいいよ!あっ いい感じ
いい感じ。うん いいね いいね。

じゃ ちょっと周君も
いってみようか~。

あ~ いいね。繊細な感じで。
かわいいよ いい感じ いい感じ。

じゃ 次
ささめ君 いってみよっか。

(カメラマン)ささめ君 またポーズが
イカつくなってる!

はぁ!?精一杯
譲歩してるだろうが!

(カメラマン)
かわいく…ねっ。かわいく!

もうバリエーションがね~よ…。

じゃあ みんなで一緒に
うさちゃんポーズ!

ピョンピョン!
(カメラマン)それそれ。
うさちゃん…。

はやく~。

兄貴に会うため…
兄貴に会うため!

(カメラマン)あ そうそうそう!
よくなった よくなった。
(ゆうたん)ピョン。

(カメラマン)周君 もっとスマイル。
あ すいません…。

(カメラマン)あ~ いい感じ いい感じ。
かわいいね。

は~っ…。

(ドアが開く音)

この世界でやっていくなら

ちゃんとした方が
いいんじゃな~い?

僕たちみたいなジャンルだと

「気持ち悪い」「生理的に
受け付けない」も来るかもよ。

あっ!でも そういう意見も含めて
カラフルな社会だもんね。

傷つかないか。
傷つくよ。

ふ~ん。そんな覚悟で
芸能界でやってこうだなんて。

嫌な事 言われたら傷つく。

それは ゆうたんも一緒でしょ?
僕はプロだから

そういうのもきちんと意見として
受け入れる覚悟でやってるから。

傷つくって 声を上げることも
大事だと思わない?

そういう事してると

面倒くさい奴だって
思われるんだから。

そうだね。でも笑顔になる人が
いるなら 僕は頑張る。

(ドアが開く音)
ふ~っ…。

次 ゆうたんソロだって。
はぁ~い!
行ってきカピバラ!

カピバラって何だよ?
げっ歯類だよ!

だから 気になってんのは
そこじゃねえって!

クッ!ヘヘヘ。

あ…どうした?
なんか…。

何?

複雑そうな顔してんなと思って。

≪お疲れさまで~す≫
お疲れさまで~す。

《家に帰りたくない…》

《多分 もうすぐ周君
家に帰ってくる》

《けど なんでだろう。
会いたくない…》

《いや 会いたくないも
なんか違う気がする》

《なんとなく…なんとなく…》

《なんなんだろう
この「なんとなく」は…》

複…雑っ…!

複雑なの?

あ…はい。

仕事のこと?
何かあったら言ってね。

あ いえ…周君と
少し喧嘩っぽくなっちゃって。

あら。
周君は どんどん前に進んでて。
けど心配で。

もっと話したいけど…
それも迷惑なのかなって。

ん…なんか
何が正解なのかわからない。

「なんとなく」怖い…モヤモヤ。

そう…そういうものよね。
え?

なんでも そんなに
白黒はっきりつけられないもの。

グラデーションだから。

グラデーション…。
私が出版社に入ったのはね

辞書とか辞典を
作ってみたかったからなの。
え…?

それなのに
漫画編集部に配属されて

漫画なんて
これまで全然読んでこなかったし。

参ったな どうしよう
いつ辞めようって。
知りませんでした。

それが すぐに辞めるのは
カッコ悪いしなとか

あの先生にも
お世話になっちゃったしなとか。

「なんとなく」が どんどんどんどん
重なっていって 結局。

編集長まで。

私が東京に来たのも
「なんとなく」でした。
そう。

素敵なものを
広める仕事をしたくて

何かキラキラしたものが
いっぱいありそうな東京に

「なんとなく」。
まあ 想像とは違って

思い通りにいかないことも
たくさんありましたけど。

けど 今は楽しいです。

「なんとなく」でも やってみれば
世界は広がるのかもね。

うん…。

あ~「なんとなく」
ビール飲みたい気分。

お酒 好きでしょ?
いえ…私 飲めないんです。

周りも飲む子いなくて。
そうなの?飲めそうに見えるのに。

よく言われます。
でも飲むと すぐ寝ちゃうんです。

そうなんだ。意外。
話してみないとわからないものね。
そうですね。

ユニコーンボーイズが出演する
トークライブに招待してやる

ゆうたん。

何?

一緒に帰ろうと思って。

やだ。

君 すごく無神経。

無神経…。

そうやって君に
グイグイ来られると

突っぱねてる僕が
すごく嫌な奴に見えるじゃん。

例えばだよ。
君を傷つけた同級生が

君が芸能人になったって
聞きつけて

会いに来たらどうするの?

入れよ!

そっから一生 出て来んなよ

(ゆうたん)「久しぶり」
「あの頃はごめんな~。

俺もやんちゃだったから」
そう話しかけられたら どうする?

「ありがとう」
「もう全然気にしてないよ」

…って 我慢するの?

でも その瞬間
絶対 心 ミシッてなってるから!

君が僕にしてるのは
そういう事!わかった?

うん。いいよ~。

その顔だから。
僕が見たかったのは。

じゃあね。

(ドアが開く音)

ゆうたん ちょっといいか?
ん?

あんたと会ってから
なんか周 変なんだけど。

何のこと?
ゆうたん わかんな~い!
ちょちょ…

でかい目で見るなよ。
フフッ。

お疲れマンモス~。

バイバーイ。

キラ君 バイバーイ!
さらばだ。

フフッ。

ふ~っ…。

なんなんだアイツ…。
(キラ)なんなんだろうな。

いや キラさん
プロデューサーなんだから。

業務時間は終了している。

(ささめ)プロデューサーに
そんなのあるのか?

ふっ。これは ちょっと
言ってみたかっただけだ。

(ささめ)はあ?

(ため息)

このキラが ユニバースな
アドバイスを授けよう。

人を動かす方法は ただ一つ。

まず…。

自分が動く事だ。

自分が…動く…。

分かったか?

(奥田)ユニコーンの光は…
見つかったかい?

闇を切り裂き 病んでいる
ゆうたんの心を救う光…。

「病んでる」って どういう人の事
言ってるんですか?

(奥田)しがらみに縛られ
苦しみ もがく者…かな。

何にも縛られてない人なんて
いるのかな。

君も…少し病んでいるね 周。

え?

「月」は儚い。

すぐに夜の闇に隠れてしまう。

だが その繊細さ こそが
君の魅力だよ。

確かに…僕は
病んでるかもしれません。

でも そういう所も含めて
僕なんだと思います。

人の心って
一色じゃないですから。

♬~

失礼します。

(奥田)ああ…やはりイイ!

ユニコーン…。

≪ありがとうございます≫
(ささめ)ありがとうございます。

ささめ君?

あ 姉御…。

それ かわいいね。
ちがっ!あ あれで。

周の奴が ここの菓子
「うまいうまい」って食べてたから。

え?

これ…。

渡してください。

えっ 周君に?なんで?

何でもです!

周って
意外にパンクですよね。

パンク?
社長は かわいい路線ばかり
求めてきて…。

それ断ると歌手デビュー
できなくなるんじゃないかって

我慢してきたけど

周は…「ささめ君は ささめ君の
カッコよさを目指せばいい」って

一緒に戦ってくれてるんです。

兄貴が言っているパンクって
そういう事だと思うんです。

怖がって何もしなかったら

何も変わらないですもんね…。
兄貴!

(インパクト)お前らも 終わりだな。

(チェーンソー)
閣下の供物になるのです。
さぞかし光栄でしょう。

ただいま。

おかえり。

KOUGUリベリオン?

なんか この人たち
好きなんだよね。

そうなの?

「闇」って
必要なものじゃない?

この人たちが何もせずに
立ち止まってたら

KOUGU維新の戦う姿は
見られないわけだし

工ミュの熱さも
半減するわけで。

そうだね。

ダンッ!

ささめ君から。
え?

ささめ君に
頼られてるんだね。

周君のこと

信じなくて ごめんなさい。

やっぱり
周君が傷つくの嫌だけど

もし傷ついたとしても

私 そばにいるから。

和子ちゃん。

頑張ってね。

私も頑張る。

うん。

(ささめ)この格好…

生で見られるのか…。

キリッとめにしといたから。

よし!
(ゆうたん)そうそう!

盛り上げラッコで

行くコンドル~。
(通知音)

はいは~い。

(ささめ)なんだ…。

なんでもな~い…。

どうしたの?

来るって…。
え?

同級生が トークライブ…。

せ~の!
(ゆうたん)はい!

一緒じゃん
めっちゃカッコいいよね

超カッコいい
なんか声も いいんだよな~

ん?何?
いや…

来た来た…来たよ
(ゆうたん)ねぇ

次の教室どこ…

(ゆうたん)
えっ 全然
意味わかんないんだけど

(ゆうたん)
みんなに なんか言った?
優太のためだよ!

ずっと隠してるなんて
しんどいでしょ?

みんな わかってくれるよ

♬~

トークイベント 行かないの?

あ 私は先生と
これから打ち合わせで。

心配だって言ってたのに。

心配ですよ。でも…

私は 私のやる事
頑張ります!

♬~

♬~

ちょっと どこ行くの?

(ゆうたん)
死んでも あの子に会いたくない
っていうか

絶対に我慢して「ありがとう」
なんて言いたくない!

そんな事 言ったら…

心が死ぬ。

ゆうたんは…
優しすぎるんだよ。

もっと自分の心に
素直でいいんじゃないかな。

(漫画家)
すみません…描けません。

あ…顔 上げてください。
一緒に頑張りましょう!

もう無理です。描けません…。

(和子・周)いざ…

参らん。

(司会)拍手で お迎えください!
(拍手)

(拍手)

(司会)かわいいネイルですね。

(司会)まだまだ男性で
ネイルをしてる方は

少ないと思うんですけど…。

そうですね。
僕は ケアに通ってるんですけど

気分に合わせて
色々ネイル かえてて

爪の先まで
自分を表現 出来るのって

すごく楽しいですよ。
爪って 小さなキャンバスなので。

キラさんって
笑うと意外に子どもっぽい

かわいい表情を作るんです。

普段クールなキラさんの
無邪気な笑顔を見せれば

読者はギャップ萌え
するんじゃないでしょうか?

ささめ君も かわいいネイル
似合いそうですね。

はあ!?
えっ…。

あ…。

そうだな…。
あっ ゆうたんはネイルは?

うん。ゆうたんは…

動物さんネイル…したいかな?

(司会)お似合いだと思います。

では 改めて
ささめ君に質問ですが

チャレンジするなら
どんなネイルをしたいですか?

来たか。

3人とも緊張してるの?

そうかもな。

大丈夫なの?そんな呑気で。

失敗したら それは それだ。

え?
また 何かやってみるだけだ。

♬~

ありがとうございました。

ありがとうございました。

♬~

まだ やってる。

♬~

(司会)ゆうたんも
ユニコーンボーイズも

新世代の男子って感じですが。

(司会)
これから どういう活動をして
いきたいって 野望ありますか?

野望!
野望といえば 兄貴の曲で

『野望という名の…』。

あ…や 野望って難しいな。

パス パスで。
ゆうたん 先にお願い。

え…。

(司会)これから どういう活動を
していきたいですか?

(司会)メイクやネイルなど
新時代

新しい男子像を
自分たちで作っていこうという

野望を感じたのですが
その点どうでしょうか?

その…。

♬~

好きでやってるだけです。

僕は メイクしたり
ネイルしてる自分が好きなんです。

だから それで
時代を変えようとか

そういうのは あんまりなくて。
ただ

僕たちみたいに
色々な子もいるってこと

皆さんに知ってもらえたら
嬉しいです。

そして 僕たちは
SNSの中だけに存在する

ユニコーンみたいな
架空の存在じゃなくて

皆さんと同じ世界に生きてて
皆さんと同じように喜んだり

悲しんだりするんです。

それを 皆さんに
知ってもらいたくて

それで 今日 ここに来ました。

初めまして。
お会いできて嬉しいです。

(拍手)

≪大好き≫
≪周君~!≫
(拍手)

(拍手)

≪周君~!≫
(拍手)

(拍手)

何だ?

あなたも
同じ人間なんだなぁと思って。

俺を何だと思ってる?

あなたの連載
担当に戻ろうかな。

えっ。

え~!?

≪キラじゃない?≫

なぜだ?
なんとなく。

なんとなくとは 何だ?
シッ。

それは もしかして
放っておけなく…イタッ。
シッ。

もう もう…。
まずはキラの…あっ!

(ゆうたん)ありがとう。バイバーイ。

≪応援します≫
ありがとう バイバイ。

≪頑張ってください≫
ありがとう バイバイ。

≪応援してます≫
ありがとうございました。

≪久しぶり≫

♬~

元気そうだね。

(ゆうたん)そっちも。

ずっと
気になってたんだ。

優太を
忘れたことなかったよ。

頑張ってるね。

うん。えへへ。

でも 心配だな。

え?

なんか 全然
本当の優太と

ゆうたんは
違うんだもん。

無理してない?

あれから ずっと
話せてなかったから。

ごめんね。

それは 何の「ごめんね」なの?

え?

気まずくしちゃって ごめんね?

怒らせちゃって ごめんね?

優太?
ごめんね めんどくさくて。

もうさ「全然 気にしないで~。

お店しまっちゃうから
ご飯行く?」って

言えればいいんだけどさ。

僕も 君を忘れた事なかったよ。

バイバーイ…。

♬~

♬~

(ゆうたん)僕も バカだよね~。

なんかさ もしかしたらさ

何に僕が傷ついたか
100%理解して

僕の欲しい「ごめんね」が
貰えるかもって

思っちゃったんだよね。

アハハ…。

『カラフル カワイイ♥』の
最後みたいに

綺麗に「めでたし めでたし」って
すればよかったかな…。

でも 出来ないよね。

僕 ゆうたんだけど 優太だから。

ハハハ…アハハ…。

♬~

はあ…。

でも つらい時は つらいって
声あげるの 大事だね。

ちょっと時間が動いた気分。

(足音)

ガンバ モルモットー!

(3人)アハハ…。

メシ 行く?

いいよ 付き合ってあげる。

どっか 開いてるかな。

♬~

♬~

♬~

ただいま。
お疲れ様。

(ヤカンの笛の音)
あっ!

♬~

トークショー良かったよ。

グッときた。

ありがとう。
うん。

♬~

周君 好きだよ。

♬~

こうやって 和子ちゃんに
抱きしめられると

自分の形がよくわかる。

形?

心の形。

♬~

ただいま 和子ちゃん。

♬~

おかえりなさい。

(2人)さ~て!
次回の『カラフラブル』は?

♬~

♬~