コントが始まる#05[解][字][デ] 運命の1日。出さねばならない「答え」がある。…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

コントが始まる#05[解][字][デ] 運命の1日。出さねばならない「答え」がある。

コント「カラオケボックス」
20代後半。夢に挑戦するか、それとも終幕を迎えるか。その「本当の答え」を出す日は迫られていた。……5人の決断は全ての人の胸を焦がす。

出演者
菅田将暉 有村架純 仲野太賀 古川琴音 / 芳根京子 / 小野莉奈 米倉れいあ / 中村倫也 / 浅香航大 三浦りょう太 明日海りお 松田ゆう姫 / 神木隆之介
番組内容
コント「カラオケボックス」
カラオケに居座り続けるカップルと、何度も「延長」を確認する店長のコント。そのコントはまたも現実と交差していく……。春斗(菅田将暉)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)のトリオ「マクベス」は夢への「答え」を出す日が迫られていた。一方つむぎ(古川琴音)は姉里穂子(有村架純)との現状に疑問を抱き始め……。人生には大きく変化を迎える1日がある。彼らは、この日その1日を迎える。
監督・演出
【演出】猪股隆一
原作・脚本
【脚本】金子茂樹
音楽
【音楽】松本晃彦
【主題歌】あいみょん「愛を知るまでは」
制作
【プロデューサー】福井雄太、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 潤平
  2. マクベス
  3. ハァ
  4. 勇馬
  5. 解散
  6. 今日
  7. 仕事
  8. 高校
  9. 一緒
  10. 自分
  11. 春斗
  12. 努力
  13. 最後
  14. 時間
  15. 奈津美
  16. 本当
  17. お前
  18. 延長
  19. 失礼
  20. 千葉

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/20 17:22:23時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

(高岩春斗)
コント 「カラオケボックス」。

コンコン ガチャ 失礼します。

あの~ 何度か
お部屋のお呼び出しのほう

鳴らしたんですけれども。
(朝吹瞬太) ハァ…。

お時間
10分前となっておりますが。

延長します。
(潤平) 延長なんて しません!

まだ
話は終わってないじゃないか。

じゃあ 奥さんと
いつになったら別れてくれるのよ。

もうちょっとだけ待ってくれって
言ってるだろ。

そうやって
いっつも答え 先延ばしにして

私たちのこと 真剣に
考えてくれてないじゃない!

お取り込み中のところ失礼します
延長のほう いかがなさいま…。

だから
しないっつってんだろうがよ‼

じゃあ 最後に
あの曲だけ歌ってくれないか。

それ聴いたら帰るから。
あの曲って?

ハァ…。

『ラジオ体操 第一』。

う~っ!
2時間 延長でお願いします。

2時間ですか!?

3時間じゃなくていいのか?

私 痩せちゃう。

フフ…。

えっ 歌いながら
体操でもするんですか?

君には関係ないだろ!

あっ 失礼しました
ごゆっくり…。

(うらら)
先に お風呂 借りま~す。

(中浜つむぎ) は~い ごゆっくり。

(ドアの開閉音)

(中浜里穂子) うららさん
いつまで家に居候する気なの?

もうちょっとだけ待ってよ。

当たり前のような顔して
一番風呂にも入ってるしさぁ。

明日 一緒に 教えてもらった
不動産屋さん 行くから。

ちゃんと お願いしますよ。

私からも1つ お願いしていい?

何?
うららさんに これ以上

マクベスの動画 見せるの
やめてくれない?

つむぎもマクベスのコント
見ればいいのに。

全く興味ないし。

ホントかなぁ?

だって
もうすぐ解散するんでしょ?

フフフ… それがね

解散しないかもしれないんだ。
どういうこと?

春斗さんが 「マクベスを
続けるかどうか迷ってる」

…って言ってたの。

だから 大変 僭越ながら
ファンを代表して

「続けてほしい!」と
嘆願してしまいましたよ。

解散したほうが
いいんじゃないの?

ねぇ 何で そういうこと言うの?

瞬ちゃんが言ってたけど
マクベスって ファンの人に

手ぇ出しちゃいけないルール
あるらしいよ。

だから そういう下心はないって
言ってるでしょ。

ホントかなぁ?

(せき込み)
あっ 辛っ! 辛っ…。

豆板醤 入れ過ぎだ…。

ねぇ この焼酎ってさ
飲んでいいの?

それ 真壁先生が
持って来てくれた酒。

あぁ…。

えっ 先生さ

何か言ってなかった?
何かって?

えっ ほら 潤平 マクベスのこと
相談したんじゃなかったの?

あぁ 先生は「解散したほうがいい」
って言ってた。

えっ ウソ? えっ…。

「遮二無二やれよ!」って
言ってもらえなかったの?

ハハハ…。

潤平は ホント すぐ
ひとの意見に影響されるからさ。

あからさまに
口数も減っちゃって。

先生に 逆に悪いことしたわ。
あぁ…。

春斗は 気にしてないの?

だって 結局 決めるのは
自分たちだろ?

先生が責任取ってくれる
わけじゃねえし。

まぁ そりゃそうだけど。

だって 瞬太は
続けたいって思ってんだろ?

うん まぁ 俺はね。

だけど

2人が始めたマクベスだからね。

(國谷) あっ 昨日 岡部君って子が
フリーで打ちに来てくれたよ。

岡部?
(光代) サンキュー。

(國谷) 高校ん時のサッカー部の
後輩って言ってたけど…。

あっ ほら。

お~ 岡部… 岡部 「字一色」で
上がったんですか!?

(光代) 潤平ちゃん 高校の頃

めちゃめちゃ
面白かったらしいじゃん。

今 つまんないみたいじゃ
ないですか。

(穴井) 駅近 築浅で
この家賃は もう出ませんね。

この部屋 幽霊 出ません?

(穴井) 霊感 強いんですか?

(つむぎ) <姉と一緒に
住み始めて1年半が過ぎた>

<今のところ
私には
早く出て行けと言って来ないし

言って来る気配もない>

おっ これ…
これ いいんじゃない?

<私が このまま家に居座って
家事を続けることが

姉のために 果たしていいのか
甚だ疑問ではある>

(良枝) いや つむぎちゃんさ

ちょっと
ひとに優し過ぎるんじゃない?

そんなことないですよ。

(良枝) この前だって
路上に寝てるサラリーマン起こして

タクシーに乗せてあげてたんだから。
(客) マジで?

<ひとに手を差し伸べるのは
優しさからではない>

<誰かに頼りにされたり
感謝されると

自分の存在意義が
簡単に保証されるし

生きてる罪悪感が
少しだけ和らぐから>

♪~ 『ズルい女』

<みんなは騙されている>

<私は ただのズルい女だ>

奈津美の誕生日に
ここまでする必要あんの?

(潤平)
あるよ あるに決まってんだろ。

お前ら高3から付き合ってんだぞ。
おめぇ 何も分かってねえな。

奈津美が普段 どんな世界で
生きてると思ってんだよ。

会社も一流 取引先も一流

金持ってて 頭良くて
180超えてる男ばっかだぞ。

身長 関係ねえだろ。
(振動音)

あっ 楠木さんからだ。
(振動音)

もしもし。
(楠木) あ~ お疲れさん。

すいません もう少しだけ
待ってもらえませんかね。

違うよ…
別件で仕事の話なんだけどさ。

仕事?

お待たせしました。
ありがとう。

このお花 キレイね!

何ていうお花かしらねぇ。

この人 今回の仕事の依頼主ね。

え?

そんな優秀な友達いるなら
先に言っといてくれよ。

何で俺たちのところに
仕事の依頼して来たんですか?

だって 友達なんだろ?
そこまで仲良くないですよ。

学校で顔 合わせば話すぐらいで。
うん…。

展示会のPRイベントの司会を
お願いしたいんだと。

まぁ当然 ギャラも悪くないよねぇ
う~ん…。

その仕事 受けたんですか?

前向きに検討しますとは
言っといたよ 何で? ダメなの?

いや 実は…。

勇馬と潤平には いろいろあって。

何? いろいろって。

奈津美って
潤平の今の彼女なんですけど

昔 勇馬と付き合ってたんですよ。
へぇ~… 恋敵ってやつ?

そのへんのこと
何も言ってませんでした?

言うかよ これ ビジネスの話だぞ。

潤平は今でも勇馬のこと
めちゃくちゃ気にしてるんですよ。

結果的には
奈津美を奪った形になったんで。

いやいや… 冷静になれって お前。

それ いつの話だよ
学生時代だろ?

大体 そのへんのことを この…

勇馬さんが気にしてんだとしたら
何で わざわざ

お前たちに依頼して来んだよ。
いや だから

何で俺たちのとこに話が来たのか
さっぱり分かんなくて。

ふ~ん まぁ じゃあ
そのへんも含めて

直接 会って
話 聞いて来てもらおうかな。

えっ 俺?
何で 俺が行くんですか?

だって同級生だろ? 向こうも
お前に会いたがってたし

ほら 俺も いろいろ忙しいからさ。

それ 明らかに
マネジャーの仕事ですよね。

(光代) 前から思ってたけど
凛奈ちゃんって

食べっぷりいいよね~。
(凛奈) 私 昔っから小食なのに

ずっと フードファイターに
強い憧れがあって。

うちに入ったばっかりの時は

ネイリストの資格取りたいって
言ってなかった?

ネイルがキレイな
フードファイターって良くないですか?

じゃあ これも食べて。
ありがとうございます!

誰もまだ 手ぇ付けてないから
はい どうぞ。

中浜さんは どうして
うちの店で働いてるんですか?

どうして?

それ 私も興味あるな。

ホントに たまたまっていうか…

家から歩いて通える場所でも
ありますし

あと オープニングスタッフ だったっていう
ことも大きい気もしますし。

中浜さん 実は この仕事

向いてるんじゃないかと
思ってるの。

自分では
あんまり自覚ないんですけど。

これ 提案なんだけどね

うちの会社の中途採用
受けてみない?

えっ 社員になれってことですか?

だって このままアルバイト待遇で
続けて行くのも何かと不安でしょ。

(うらら)♪~ めしべとおしべを
交互につまみ プライバシー

♪~ 右足 えり足…

<高校を出てから 何も
やりたいことはなかったけど

何者かにはなりたいと思っている
自分がいた>

<でも 何をしていいのか
分からなかった>

<何かを始めようと思っても

努力して 何にも結果が出なかった
時のことばかり想像して

一歩も動けなくなった>

おっ! おっ! ヤベェ… ヤベェ!

見て見て! メダルが止まんねえ!

<マクベスの人たちを見ていると
不思議に思う>

<結果が出ないことへの恐怖心は
ないのだろうか>

<どうして自分たちの可能性に

そこまで
ベットし続けられるのだろう>

(着信音)

もしも~し!

(奈津美)
もしもし 連絡遅れて ごめんね。

どうした? 今どこ?

まだ会社。

明日 イベントに出る予定だった
芸人さんが入院しちゃってさ

急遽 代役 探さないと
いけなくなったの。

だから… 今日 無理かも。

あっ そうなんだ…。

大変そうだね。

本当に ごめんね。

代わりにマクベス出ようか?

ありがとう
お気持ちだけ頂きます。

冗談だろ!

本気で返すなよ…。

もし 今日 家に来るならさ
先に入ってて。

遅くなっちゃうとは思うけど。

いや… 今日は帰るわ。

ちょっと風邪気味だし。

えっ 大丈夫? ゆっくり休んでね。

(操作音)

♬~

何やってんだよ…。

つむぎちゃんは
空っぽじゃ ないよ。

空っぽだよ。

ほら。

何にも考えてないし

何にも努力してないし。

本当に空っぽな人ってさ

誰かを助けたいって
頭で思うだけで

動けない人だよ。

弱ってる人に
ミートソース 作ってあげたりさ

粉チーズまで
用意できる人の中身が

空っぽなはずないよ。

自信を持ちたまえ。

ホッ ホッ ホッ…。

お姉ちゃん 喜んでたよ。
何で?

マクベス 解散しないかも
しれないんでしょ?

まぁ…

そうなれば 最高なんだけどね。

<僕が マクベスに
入れてもらってからの5年間は

楽しい思い出ばかりだった>

ん! ねぇ…。
うん?

寝室ってさ そっち?

本当は こっち寝室で
あっち頭で寝たほうが

風水的には いいんだけどな。
うるせぇな。

川の字で3人で寝るってこと?
それしかないでしょ。

何か 修学旅行みたい。
何だよ 3人部屋の修学旅行って。

過疎の高校かよ。
統廃合かよ!

「統廃合」って言いたいだけだろ。
「統廃合」って何?

寝るポジション どうする?

まぁ この押し入れ側 真ん中
ベランダ側でしょ?

誰がどこで寝るか決めるか。
それ めっちゃ重要じゃん。

何で決める?
ジャンケンでいいでしょ。

おっしゃ このジャンケン
絶対 勝~つ!

ちょっと待て ジャンケンゴッドを
俺は今から降臨させる。

秘密にしてたけど
私 中国古来から伝わる

ジャイ拳の使い手~!
ジャンケン戦隊 グッチョパン!

ホ~!
ウーロン茶!

ウーロン茶 小籠包 漢方…!
ハァ~! ハァ~! 変身!

最初はグ~!
(3人) ジャンケン ホイ!

(3人) あ~!

悪の連鎖を断ち切る
レインボーピース!

ジャンケン戦隊 グッチョパン!
どっちだよ。

早く選べよ。
遅ぇんだよ!

真ん中だ!

えっ 真ん中でいいの?
えっ 絶対 真ん中でしょ。

だって寝る前に
両方とも しゃべれるし。

(2人) キショ。

お前と 寝る前に
しゃべることなんてねえわ。

潤平 どっちがいい?

俺は…。

ベランダ側だ。

私もだ。

<この日を境に 何かを決める
ジャンケンの大一番では

それぞれのキャラに変身し
激闘を繰り広げることになった>

よっしゃ~!
これが神の裁きである

パーフェクトジャッジ!
ダサっ!

「パーフェクトジャッジ」は
ダサ過ぎる…。

退け! ベランダは私のものだ!
ヤバい ヤバい…!

はい じゃあ これ
集合場所と連絡先と

あと 新幹線代と宿代
入ってるから。

えっ 楠木さん
来てくんないんですか?

俺は いろいろ忙しいからさ。

<所属事務所の
「パソリブレ」には

マクベスしか
芸人がいなかったので

所属アーティストのサイン会や
コンサートの前座などで

地方に行かせてもらうことも
多かった>

(潤平) にっこり にっこり~!
(カメラのシャッター音)

(3人)
最初はグ~! ジャンケン ホイ!

岩をも砕く 黒猫の肉球!
ニャ~オ!

クッソ~!
ニャ~!

悪を断ち切る この右手

正義の名のもとに 力よ宿れ!
行くぞ!

最初はグ~!
(春斗:瞬太) ジャンケン ホイ!

よっしゃ~!
あ~!

<交通費と宿代を浮かせるため

よく車の中で寝泊まりをした>

<初めて 先輩芸人と呼ばれる
人たちと会ったのも

地方での営業だった>

すごい動きだよ!
♪~ お客様!

お客様! あの お客様!
♪~ 伸びてるよ!

お時間 10分前と
♪~ なっておりますが…。

(千葉)
何だよ お前 はっきり言えよ!

(小声で) 見んな!

(梅木)
これ以上やったって無理だよ。
早く着替えろ。

(千葉) 何が無理なんだよ。

(梅木)もうすぐ子供 生まれんだよ
どうやって食わせんだよ。

(千葉) だから 一刻も早く
売れるしかねえだろ!

これ以上 続けるの怖いんだよ。

俺に任せときゃいいんだって。

千葉は やめるの怖いだけだろ?

今 やめたら 続けて来たこと
全部 無駄になんだぞ?

なぁ 分かってんのか?

失礼します 今日は本当に
ありがとうございました。

ありがとうございました。
すげぇ勉強になりました。

(千葉) 今日の客 ひどかったな!
マッカランさん さすがでした。

(千葉) えぇ? ハハ…
おう また飲みに行こうな。

(3人) はい。

(瞬太の声) あの2人 大丈夫かな。
(春斗の声) 何が?

いや 何か
すごい険悪な空気だったから。

あぁ あれ いっつもだから。
あっ そうなの?

うん 会うたんび
やめる やめないで もめてるよな。

でも やめらんねえんだよ。
何で?

もう あの年まで行ったら
続けんのも地獄 やめんのも地獄。

どっち行っても
いばらの道だよね う~ん。

それ 今の 楠木さんのマネ?

俺は いろいろ忙しいから う~ん。

まぁ 引退したほうがいいって
頭では分かってても

就職先も限られてるし

躊躇すんのも分かるんだけどな。

まぁ 見てらんねえよ
ああなったら おしまいだよ。

まっ 俺らは売れても
仲良くやろうぜ。

売れてねえけど。
ハハ…。

そうだよ そのための起爆剤として
瞬太は加入してんだからな。

俺は いろいろ忙しいからな
う~ん!

どこで使ってんだよ。
全然 似てねえ う~ん!

(3人) う~ん!

(潤平)
今日みたいな散々なライブもさ

売れたら苦労話にできんのかな。

あっ ねぇ 武道館でさ

単独ライブをやるには
どうしたらいいのかな?

そんな簡単にできねえだろ。

あぁ…。

武道館なんて
高望みはしないけど…。

満員の客の中で
一回やってみてぇよな。

それも全員 俺たちのネタを
楽しみにしてる客でな。

だな…。

<夢が叶わなくても幸せだった>

<夢を語り合える時間があれば

それだけで幸せだった>

ねぇ
マッカランの千葉さんってさ

今 中古屋さんで
働いてるんだって。

俺の車も査定してもらおっかなぁ。

寝てる…。

…よね。

<今では寝ながら会話することは
ほとんどなくなった>

<それが僕には 少しだけ寂しい>

何? これ。
ん?

あぁ 店長が受けてみないかって。

何で お姉ちゃんに?

一緒に働いて来たけど

私が何を目指してるのか
どっちに進みたいのか

何にも
感じられなかったからだって。

受けんの?
まさか。

でも 受けなくてもね

動きだす きっかけになれば
それでいいって。

受けなくても きっかけになるの?

ここに就職することはない
って考えるだけでも

進むべき道が
限定されるからいいんだって。

小さな一歩よ。

いい店長さんだね。

店長 麻雀 大好きなんだけどさ

どっちに進んでいいか
分からない手が

一番 危険な状態らしいよ。

そういう時は
どうしたらいいんだろうね?

人によって 対処法は
いろいろあるみたいだけど

店長は 極端に動くんだって。

ふ~ん。

じっとしてると
ろくなことになんないって。

麻雀のこと熱弁されても
さっぱり分かんないんだけどね。

お疲れさまです。

(國谷) おっ この前の知り合い
来てくれてるよ。

(岡部) 潤平さん!

おっ 岡部… いらっしゃい。

(ドアが開く音)
(勇馬) おぉ!

おぉ。
(勇馬) 申し訳ない。

前の会議が押しちゃってさ。
いや 全然…。

座って。
あっ 失礼しま~す。

お前ら 結婚式の2次会
招待状 出したのに

誰も来ないんだもんな。
いや まぁ…

勇馬はね 他にも仲いいヤツ
たくさんいたから

俺たちが行ったら
逆に迷惑かと思って。

来て迷惑なヤツに
招待状なんて出すかよ。

まぁまぁ でもさ…。

みんなも
すげぇ会いたがってたし。

ハハ… ホントかよ?

潤平は元気?
うん 元気だけど。

奈津美と まだ付き合ってんだろ?
うん 変わらず。

潤平も
一緒に来るんだと思ってた。

久々に会えると思って
楽しみにしてたのに。

それ 本心で言ってる?

どういう意味?

潤平は まだ
勇馬のこと 気にしてるからさ。

ハハハ… いつの話だよ。

逆に まだ気にしてるって
新鮮だわ。

えっ? 強がってない?
全然 全くだよ。

だって 俺 結婚してんだぞ。
いや まぁ そうだけどさ…。

お前ら 高校から
ずっと 一緒にいるから

時間 止まってんじゃねえの?

フッ ハハ…。

皆さん 僕の会社の上司なんです。

あっ そうなんすか。

岡部が
いつもお世話になってます。

(先輩A) 生ビール お代わり。
おいくつ お持ちしますか?

じゃあ 人数分。
はい。

(先輩B) 潤平さんって
芸人やってるんでしょ?

やってるっつっても
全然 売れてないんすけどね。

潤平さん
めちゃくちゃ面白かったんで

売れてないなんて
信じられないですもん。

いいから 麻雀 集中しろ!

(先輩B)
一発ギャグ やってもらっていい?

はい?
(先輩B) えっ ないの?

先輩 潤平さんたちは
コントグループなんで

そういうのは
やってないんですよ。

(先輩A) じゃあさ
何でもいいからやってよ。

(先輩B) 息子に芸人と会ったって
自慢したいから。

(録画ボタンを押す音)
(先輩B) はい どうぞ。

(潤平) 岩をも砕く…。
(國谷) 生ビール4つですよね!

倉庫に替えのタンクあるから
持って来て。

何かスッと面白く返してくれりゃ
いいだけなのにな。

あれじゃ売れないわ。

断然 俺のほうが面白いもん。

♬~

あ~っ‼

うっ…。

ハァ…。

ハァ… ハァ… ハァ…。

ハァ ハァ ハァ…。

普段 こんな所で飲んでんの?
引くわ~。

フッ…。

事務所に連絡するまで

マクベスが解散発表したって
知らなくてさ。

だと思うよ 俺たち無名だし。

でも マネジャーさんから

まだ続ける可能性もあるって
聞いて ほっとしたよ。

ん? ほっとした?

これ ウソでも何でもなくてさ

高校の頃 ずっと お前らのこと
うらやましかったんだよ。

えっ そんなの初めて聞くぞ。

だって ずりぃじゃん
やりたいこと見つけて

大学も行かずに お笑いやるってさ
カッコ良過ぎんだろ。

そんなカッコいいもんじゃ
ねえだろ。

潤平なんて ただ奈津美に
モテたかっただけだしな。

ハハハ…。

そのへんの潔さが 男として
負けてたのかもしれないな。

でも いいじゃん
今 あいつに全部 勝ってんだから。

勝ってるなんて思わないけど。

思わないは ウソでしょ
それ 逆に失礼だよ。

正直さ

高校を卒業したばっかりの頃は

失敗してほしいと
思ってたんだよね お前らのこと。

でも 大学入って

進みたい道が
見えて来た頃からかなぁ。

マクベスの活動が
だんだん励みになって来てさ。

あいつらも苦しい中
もがいてるんだから

頑張ろうって。

何度も
背中 押してもらったんだよ。

だから いつか 一緒に

何か やれればなって
思って来たし

できれば 力になってやりたいな
って思ってたんだよね。

同情なんか いらねえよ。

え?

俺たちって そんな
かわいそうに見えてんの?

そんなこと言ってないだろ…。

言ってなくても
そう聞こえるんだよ。

どうして 失敗してほしいと
思ってた気持ちが

励みに変わったのか
教えてやろうか?

自分が やりたい道で成功して

俺たちのことが
下に見えたからだよ。

そういうことじゃねえって。
そうなの。

それしかないの。

もし マクベス
続けることになっても

勇馬んとこの仕事は
受けらんねえわ。

どうして…。

だって ただの同情なんだもん。

商品を売りたいなら

どう考えたって
俺たちじゃねえもん。

関係が対等じゃねえもん。

俺たち どんなに売れてなくても

同級生に仕事 恵んでもらうほど

落ちぶれてねえからさ。

♬~

(良枝) うららちゃん 遅れるって。

審査 無事通って
今日 アパートの鍵もらえるらしいよ。

よかったですね 代わりに買い出し
行って来ましょうか?

えっ 助かる
じゃあ これ お願いね。

はい。

いってきます。

あっ うち辞める時は
前もって教えてくれる?

えっ… どうして 今
そんなこと言うんですか?

そういう勘だけは
昔からいいの。

バイトにも男にも 何度となく
逃げられて来てるから。

すぐ戻って来ます。

「じゃあ 最後に
あの曲だけ歌ってくれ」。

「それ聴いたら帰るから」。
「あの曲って?」。

「『ラジオ体操 第一』」。
(舌を鳴らす音)

「2時間 延長でお願いします」。

おい お前 ちゃんとやれよ!

まぁ ほら… まぁ 今日…。

ダラダラすんな!
あっ 今日 終わる? もう。

結構 やったし…。
(せき払い)

もう一回 頭からやろう
頭からやろう なっ。

(せき払い)
言う通りに やりゃいいんだろ?

何つった?
まぁまぁ ストップ…。

おい! 今 何つった?
ストップ ストップ…。

お待たせしました。
ありがとうございま~す。

ごゆっくりどうぞ…。

今日は やけに静かですね。
あんまり ジロジロ見ないの。

ん…。

春斗がさ
昨日 勇馬と会ったんだって。

で 何か仕事の話が
あったらしいんだけど

断っちゃったって…。

勝手に?

俺たちに何の相談もなく
断ったの?

じゃあ 勇馬が お情けでくれた
仕事やんのかよ?

いや ほら… 春斗は
気ぃ使ってくれたんだと思うよ。

潤平と勇馬
顔 合わせづらいでしょ?

フフフ…。

何?

勇馬 潤平のこと
何も気にしてなかったわ。

わだかまりなんて
一個もないって言ってた。

え~? それ 本当かなぁ。

まだ気にしてんの
逆に新鮮だって。

高校時代から 時間
止まってんじゃねえのって

笑ってたわ。

ハァ…。

もう疲れたわ。

嫌なことあった?

ずっとだよ ずっと。

ずっと… え…。

どうしたの?
毎日 楽しいじゃん。

マクベスやっててよかったな
って思うことのほうが

圧倒的に少ないわ。

何で こんな むなしい気持ちに
なってまで続けんだろう。

お前 今度は誰の意見に
流されてんだよ なぁ?

奈津美には続けてもいいって
言われたら 急にやる気出して

真壁先生に解散しろって
言われたら やる気なくしてなぁ。

お前には自分の意見ってもんが
ねえのかよ?

ごめん ないわ。

は?

何にもないんだよ。

俺には才能もねえし…。

ごめん。
「ごめん」って 何だよ。

お前に見下されて

世間に ばかにされて。

もう平凡じゃないふりすんの
疲れたわ。

これ以上 続けるの怖いんだよ。

大丈夫だよ。

このまま 笑い者になったまま

終われんのかよ?

見返してやるしかねえだろ。
お前も やめんの怖いだけだろ?

はぁ?
勝手に決め付けんじゃねえよ。

今 やめたら やって来たことが
失敗だったって

認めちゃうのが怖いんだろ?

やってみなきゃ分かんねえだろ。

お前も実家 大丈夫なんだろ?
彼女も大丈夫なんだろ?

ここしか居場所ないんだろ
俺も実家 大丈夫だよ。

じゃあ 続けりゃいいじゃん。

この先も やってみなきゃ
分かんねえじゃん。

じゃあ 「やめたい」って言えよ‼

ねぇ も~う…

参っちゃったなぁ…。

あのさ 5年前にさ

俺が初めて マッカランさんと
一緒になったライブ 覚えてる?

あの時さ…。

アハハ…。

春斗と潤平がさ

「ああなったら おしまいだな」
って言ってた

あの2人と…。

重なっちゃった…。

いや~…。

ハァ…。

参っちゃうなぁ…。

え?

何 じゃあ もうダメってこと?

♬~

もうダメじゃん。

♬~

<マクベスは当初の予定通り

6月の単独ライブを最後に

解散することが決定した>

(潤平) 瞬太。
ん?

ごめん…。

(はなをすする音)

こちら お下げしますね。

今日 バイト 何時までですか?

朝の5時までですけど。

そうですか。

何か…。

お話ししたいことがあるので

帰り道にある公園で
待っててもいいですか?

最近

ライブが
めちゃくちゃ楽しくってさ。

何か こんなにも楽しいのに
マクベス 解散するの

もったいないなって
思ってんだよね。

(潤平)
卒業式前の高揚感と一緒だよ。

起きてたの?

あと ちょっとで終わる
って思うから

いろんな記憶が
光り輝いて見えるし

離れ難く思うだけでさ。

そんなに卒業したくないなら

高校1年から やり直していいよ
って言われて

喜ぶヤツ いんのか?

まぁ 俺は
春斗と潤平と 一緒だったら

高1からでも
やり直す気 満々だけどね。

まぁ でも

お互いに離れたくないって
気持ちが残ってるうちに

別れるからいいんだろうね。

もう これで

春斗とケンカしなくて済む
って思ったら

せいせいする。

また 昔みたくさ

いっぱい笑って 終わろう。

だな…。

♬~

あっ…。
あ…。

お疲れさまでございます。
お待たせしちゃって すいません。

中浜さんには
マクベス 継続するかも的な

期待を持たせてしまうような
発言をしてしまいましたが

6月をもって解散することが
決定いたしました。

そうですか。

大変 申し訳ありませんでした。
いえいえ そんな もう

皆さんが悩んで出した答えだと
思いますので

最後まで見守らせていただきます。

変なこと聞いてもいいですか?

質問の内容によります…。

努力って報われると思いますか?

あぁ…。

努力した人は報われてほしいとは
思いますけど

本当に報われるかどうかは
正直 分からないですね。

なるほど。

もしかしたら 中浜さんは
どっちかっていうと

報われた経験のほうが
少ないのかもしれないですね。

そうなんですか?

何かで成功した人は
「報われる」って肯定的に言うし

失敗した人は「報われない」って
否定的に捉えがちなんですよね。

この手の話って。
あぁ なるほど。

う~ん… まぁ 正直なところ

答えは どっちでもいいと
思ってたんですけど

こんなに真剣に
やって来たんだから

いろんなことを犠牲にして
やって来たんだから

いつか報われなきゃウソだろって
ずっと思ってました。

心のどこかで

自分たちの努力だけは
必ず報われるって

信じてました。

でも 残念ながら
報われませんでしたね。

すぐに結果に結び付かなくても

後から遅れて

結果が出る努力もあると思います。

えっ ちょっと
意味が分からないんですけど…。

アハハ…
あっ じゃあ 座ってください。

あの 笑わないで
聞いてもらえますか?

話の内容によります。
アハハ… ですよね。

あの 私 高校の時に
華道部の部長だったんです。

へぇ~。
あっ 華道って分かります?

お花を剪定して生ける…。
ばかにしてるんですか?

あ…。

3年の最後の大会

優勝を目指して 部員一同
必死に努力したんですけど

結果は3位に負けてしまいました。

でも 3位 すごいじゃないですか
県ですか? 地区ですか?

いえ 全国3位です。
全国3位?

はい。

努力の結果 出てるじゃないですか
それ完全に報われてますよね。

でも その時は
優勝しか目指してなかったし

優勝させるつもりだったんで

部長としては 私を信じて必死に
ついて来てくれた部員たちに

本当に申し訳なくて。

なるほど…。

レベルの高い人には
高い人なりの悩みがあるんですね。

高校を卒業して

お花の世界から離れてしまって

もう 最後に触ってから
10年近くたちますかね。

つい この前 店に
2人組のご婦人が来店して

店に置いてあった花の名前を
聞かれたんです。

そこに飾ってあった
8種類の花の名前が

たまたま全て分かったんで
順に答えると

ご婦人たちが
いたく感動してくれまして。

帰り際に 「ステキな時間を
過ごせました ありがとう」って

こう 深々と
頭を下げてくださったんですね。

あぁ こうやって 過去の努力が
報われることがあるんだ

…って思った時に

昔の頑張って来た自分を

初めて 肯定してあげられる
気がしたんです。

だから
私から申し上げられることは

マクベスでやって来た
10年間は

決して 無駄ではない
ということです。

フフ…。

いや まぁ 別に この10年が
無駄だったと思わないですし…。

やっぱり 全国3位は
報われてると思いますけどね。

あの… 論点がズレてしまうので

全国3位の部分は
もう忘れてください。

あと 前から思ってたんですけど
結構 話 長いですよね。

それは
お互いさまじゃありませんか?

(脚に手を置く音)

帰りましょっか。
ちょっと待ってくださいよ。

私の話が長いから
帰れなかったみたいな空気

出さないでください。
そんなつもりないですけど。

「帰りましょっか」の言い方が
引っ掛かりました。

元気ですね。

朝5時まで働いてた人とは
思えないな。

前から思ってましたけど

私のこと 見下してますよね?

え… いやいや そんなつもりは。

その目ですよ! その目!

まだ 話 続けます?
もう帰りませんか?

♬~

もう 解散の意志は
揺るがないんだな?

はい。

3人で 悩んで出した結論です。

そうか…。

じゃあ…

これからは気兼ねなく
「ボギーパット」 に飲みに行けそうだな。

俺がシフト入ってる時
避けてたんですか?

当たり前だろ。

どうりで会わないわけだ。
フフ…。

まぁ まだゲストで呼ばれてる
ライブとか

あと 最後の単独な
残ってるから

まぁ 成功させられるように

悔いのないように頑張ってくれ。

もちろんです。

(楠木) なっ。
はい。

<これからは
マクベス卒業までの

離れ難くも
光り輝く毎日が待っている>

<残り1か月>

うららさん 出てって
そんな寂しいの?

違うよ マクベスのこと。

お姉ちゃんにとっては

解散 決まったのは
よかったと思うよ?

あぁ…!

傷口に塩を塗り込んで来ないで!

適当にバイトしながら

マクベスに どっぷりつかった
今の生活に

明るい未来は ないから。
余計なお世話。

あなたよりは よっぽどマシな
生活だと思いますが。

実は報告がありまして。

何?

引っ越し先が決まりました。

は?

うららさんと物件探してるうちに
いい部屋 巡り合って

思わず決めて来ちゃった。

ハハハ… 何の冗談?

いや 本当なの。

準備もあるから すぐ出て行く
ってわけじゃないけど

取りあえず
引っ越し先は決まったんで。

あぁ そう…。

こんなに弱ってる姉を見捨てて
出て行くんだ。

だって
お姉ちゃんから聞いたんだよ?

じっとしてると
ろくなことないって。

店長の麻雀の話
しただけじゃない?

何を真に受けてんの?

まぁ そんなわけで

中浜姉妹も解散ってことで
ご理解いただければと。

信じらんない…。

コンコン ガチャ 失礼します。

延長で。
あ~ いや それが ちょっと…。

30分でいいから。
いや~ そう言われましてもね。

だって 24時間営業のお店よね?
実は この店

今日の12時で畳むんです。
え?

なので お2人が
最後のお客様となりました。

あっ そうだったのか。
それは お気の毒ね。

はい? お気の毒?

えっ だって
閉店しちゃうんでしょ?

ずっと やめたかったんですよ
この店。

えっ そうなの?
ええ。

やめることが全て
ネガティブなこととは

限りませんから。

で どうしますか?

まだ 延長しますか?