【土曜ドラマ】ひきこもり先生 [新](1)「はじまりの一歩」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【土曜ドラマ】ひきこもり先生 [新](1)「はじまりの一歩」[解][字]

3年前にひきこもりを脱した上嶋陽平(佐藤二朗)は、今は焼き鳥屋の店主。ある日、市立中学校から不登校学級の非常勤講師を依頼されるが、人と関わるのが苦手な陽平は…。

番組内容
上嶋陽平(佐藤二朗)は、客と話をしない、サービスもしないという一風変わった焼鳥屋の店主。そんな陽平が、市立中学校の非常勤講師を依頼される。不登校生徒を支援する学級の人手不足を解消するために、榊校長(高橋克典)が白羽の矢を立てたのだ。榊はスクールソーシャルワーカーの磯崎藍子(鈴木保奈美)とともに説得するが、陽平は固辞。しかし、不登校児・奈々(鈴木梨央)と出会い、関わるうちに少しずつ心を開いていく。
出演者
【出演】佐藤二朗,鈴木保奈美,佐久間由衣,玉置玲央,白石加代子,室井滋,高橋克典,鈴木梨央,半海一晃,嘉門洋子
原作・脚本
【原案】菱田信也,【脚本】梶本恵美
音楽
【音楽】haruka nakamura

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 子供
  2. 無理
  3. 先生
  4. 夏休
  5. 非常勤講師
  6. 不登校
  7. 不登校生徒
  8. お父さん
  9. 大丈夫
  10. STEPルーム
  11. お願い
  12. お母さん
  13. 学校
  14. 失礼
  15. 生徒
  16. 堀田
  17. お前
  18. ママ
  19. 磯崎
  20. 教室

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/07/26 02:48:04時点 Amazon調べ-詳細)

(陽平)おはよう。

おはよう。
≪(美津子)陽平。

おはよう。
おはよう。

おはよう。

おはよ。

おはよ。

おはよう。

(カーテンを閉める音)

(藍子)何? 変なやつ。

(頼子)
「店主には話しかけないでください」。

「注文は注文書に書いてください」。
「焼きとりは各自でとってください」。

「代金は お席に置いて帰ってください」。

「サービスはしません」って
どうよ?

すいません。

(頼子)まあ いいけどさ。

この店紹介した私としてはさ…。

何か困ったことがあったら言いなよ。
面倒な客とか来たら すぐ連絡して。

ああ…。

ちょちょちょちょちょちょちょ。

ちょ… ちょっと…。

♬~

(セミの声)

(田代)よし。
じゃあ そろそろ解けたかな?

答え合わせしましょう。
じゃ まずは 奥山。

(奥山)はい。 y イコール 8です。

(田代)はい 正解。 y イコール 8。
すばらしい。 じゃ 次は 山田。

(山田)分かりませんでした。
(田代)おいおいおいおい 基本問題だぞ。

梅谷中学校の全校生徒は 334名。

不登校生徒は 現在13名で
全体の3.9%となります。

あと 隠れ不登校の生徒が
5人に1人の割合でいます。

(順子)榊さん。
(榊)はい。

梅谷中学の
不登校支援の取り組みについて

うちの教育委員会でも
とっても注目してるんですのよ。

ありがとうございます。

不登校生徒ゼロ 達成可能だということを
お目にかけてみせますよ。

オホホホホ。
(高橋)えっ ゼロですか?

ええ。 こちらです。

こちらです。
不登校生徒 支援のためのクラスです。

どうぞ。
はい。

おはようございます!
おはようございま~す。

おはよう。
ちょっとお邪魔させてもらいますよ。

ああ 楽にして
いつもとおんなじようにね。

あら? 2人?
え? ああ…。

まだ 今朝は2名なんだね。
(祥子)はい。

このSTEPルームでは 自分の好きな時間に
登下校していいことになってましてね。

なるほど。

ああ…。

少しずつ 学校に来ることに慣れるための
教室だから。

2人って どういうこと?
保護者との面談は続けています。

面談に来てもらえない家庭には

私の方から
家庭訪問にも出かけてもいます。

先週までは もう少し登校してると
報告があったけど

また休んでるんですか?
はい。

う~ん。

深野君
STEPルームは 何のためにあるのかな?

不登校の生徒たちを受け入れるためです。

(榊)夏休み明けには 不登校生徒13名を
全員登校させること。 え?

「え?」とは?
あ… はい。

教頭。
はい。

不登校を出してる担任に通知して。
即刻 委員会開いて。

夏休み前には しっかり対策立てて。
(菅原)かしこまりました。

頑張ってね。
はい。

先生方に お願いがあります。

夏休み中には 不登校生徒たちの
元のクラスの担任の先生方も

STEPルームの深野先生と
しっかり連携をとっていただいて

保護者へのコンタクト
生徒たちへの呼びかけを

お願いしたいんです。
お願いします。

(田代)磯崎さん そう言われてもね。

(智子)正直 今のクラス運営で
いっぱいいっぱいなんです。

(吉川)そのために
スクールソーシャルワーカーの磯崎さんが

いらっしゃるんじゃないですか?

はあ~。 不登校ゼロとか
夏休み明けに 13名全員登校させろとか。

磯崎さん
マジ 私一人じゃ無理なんですけど。

確かにねえ。
普通 こういう教室とかの担任って

もっとベテランの先生
配置するもんなんだけど。

え? 何で私なんですか?
それは まあ…

御しやすいからでしょ。
え?

な~んでも校長の意のままにできる
ってこと?

ええ~ そんなあ~。

私 夏休み 大学時代の友達と一緒に
ハワイ行く予定してたんです!

そうなのねえ。
はい。

まっ 気持ちは分かるけど。
この教室も 夏休みが大事だから。

ああ 私の夏休み~!

知ってると思うけど

9月1日って
子供たちの自殺が 一番多い時なの。

2学期 13人の生徒たちを
全員登校させる …のは無理だとしても

全員が ちゃ~んと生きてること。
ねっ。

はい。

誰か もう一人
どうにかできないんですか?

ご存じのとおり
学校内は 手いっぱいなんでね。

ハハハ…。 まあ 私も考えてますよ。

非常勤講師をね。
非常勤講師… どこから 誰ですか?

ひきこもり100万人問題。

私は これを活用する。

日本の労働問題を
政府は移民に頼ろうとしているが

ひきこもり100万人を
労働力として活用すれば

一挙解決!

ええ~…。

僕は 11年間 ひきこもりでした。

社会人になって
ある出来事がきっかけでした。

友人と思っていた人に だまされて
多額の借金を背負いました。

人を… が… 信じられなくなりました。

でも 一番許せなかったのは
だまされた自分でした。

自分を… のことを 許せない 憎い

消えたい 消したいと思いました。

ええ~ あのころは全く
ええ… ゆとりがありませんでした。

し し し… 死なないでいることとか

消えないでいることだけで
精いっぱいでした。

だから…。 (せきこみ)
すいません。

だから 一番大切な人を

守ろうとし…。 (せきこみ)
すいません。 守ろうとしませんでした。

(ゆい)ねえねえ お父さん 見て見て!

うん 頼むから あっちへ行って。
頼むから あっち行って!

頼むから! 頼む あっち行って!
お母さん… お母さん。

(泣き声)
あっちに行ってくれ!

(泣き声)
お母さん!

もっと自分が嫌になりました。

僕は ひきこもることだけが
生きていられるすべでした。

僕は生きています。

ええ 今 こうして ここにいます。

生きてる。

ただそれだけ。

それだけなんです。

(ノック)

校長 焼きとり来ました。
どうぞ。

上嶋陽平さん。

ようこそ。
お目にかかれて光栄です。

先日 ひきこもりカレッジで
講演を聴かせていただきました。

いや~ すばらしいスピーチでした。
感動した!

いや 我が校の
卒業生でもいらっしゃるんですよね。

これ 何かのご縁ですね。
いやいやいやいやいや。 失礼します。

まあまあまあまあ。
いやいやいや。 どうぞ お座りに

なってください。
ちょちょちょちょ…。

実はね あなたに 折り入って
お願いしたいことがありましてね。

我が校に 不登校生徒のための
支援教室がありましてね。

そこの非常勤講師を
上嶋さん あなたにお願いしたいんですよ。

ちょちょちょ…。
(榊)適任だと思います。

無理です。
あなたには 人の心を動かす力がある。

ありません。
私には分かるんです。

ちょちょちょ…。

お願いしますよ。

ああ 失礼。 ハハ… 失礼。

失礼します。

ああ ごめんなさい。
ああ。

あ… 何?

何なの?

(空気を吸い込む音)

マリーゴールド…。

ああ~ いい香りだ。

(和斗)こんにちは。

僕 生き物係です。

僕も生き物係でした。
そうなんですか。

草抜きは 雨のあとが抜きやすいね。
はい。

雨… 降るといいね。

降るといいですね。

(榊)元ひきこもり。
焼きとり屋の店主。

梅谷中学の非常勤講師となり
不登校生徒たちと心触れ合う。

美談だ。

(猫の鳴き声)

ただいま。

まあ~ ままっ ずぶぬれじゃないの。
お風呂 沸いてるよ。

うん うん 大丈夫 大丈夫 大丈夫。
風邪ひくよ。

大丈夫。 入ったら。
大丈夫 大丈夫。

ヨーダ君 どう思う?

(依田)「お前は愚かだ。
他人の評価に踊らされている」。

踊らされてる?
僕 断ってきたんだけど。

(依田)「学校は 全ての人間を
使いやすく飼いならすためにある」。

「うん… うん」。

俺は 今のこの境遇を選び取っている者だ。

お前と違うのは そこだ。

お前は 選んでいるように見えて
選ばされているんだ。

「そうなんだね ヨーダ君。
僕は 選ばされているのか」。

♬~

あ…。

末盛君。

3Bと…。

先生の方で
何か気付かれたこととかありませんか?

特には…。

靴は ある程度の目安になるんです。
一度 末盛君と面談して…。

普通に学校来てるし
成績も落ちてないし

私 教師としての把握を
ちゃんとしてるつもりですけど。

そうですか 分かりました。

じゃ 何か気付かれたら
いつでも 知らせてください。

はい 了解です。

ビックリした。

堀田奈々さん。 母親に
電話もメールもスルーされてるんです。

ああ~ あの母親ね。

え? 磯崎さん ご存じなんですか?

社会福祉士やってた頃に
あのうちには いろいろ関わった。

じゃ 奈々さんの不登校の原因
何か心当たりありますか?

う~ん 結構複雑だから…。
原因は 1つじゃないでしょうね。

どうすれはいいですか?

まずは とにかく会いに行くこと。
はい。

(ため息)

不登校になる子供たち。
その理由は 子供の数だけあるわ。

でもね その根っこにあるものは
同じものの気がする。

それって… 何ですか?

何なのかしらね。

(チャイム)

堀田さ~ん。
梅谷中学の深野といいます。

堀田さん いらっしゃいますよね!

(美紀)入って。
あ… 失礼します。

もう。

お邪魔します。

奈々さんのことで来ました。
奈々のことは ほっといてください。

お母さん そういうわけにはいきません。
あの子が行きたくないってんだから。

お母さん。 義務教育というのは
子供が行く行かないは 実は自由なんです。

じゃ いいんじゃないんですか?
いいえ よくありません!

親は 子供に
教育を受けさせる義務があるんです。

私が 奈々
学校に行かせないっていうんですか。

あ そうは言ってません。
あの子がサボってるんですよ!

サボってるだけ!

奈々さんは 今…。

奈々~!
(ドアをたたく音)

おら! あんたの先生。
出てきなさいよ!

お母さん 落ち着いて。

≪(美紀)さっさと連れてってよ。
≪(ものを投げる音)

堀田さん。 私 4月から
STEPルームの担任になった深野です。

その教室はね 堀田さんと同じ

学校に行きたくない 来れなくなった
生徒たちのために作られたの。

♬「僕らの青春 命がけさ
苦労も栄養 飛び出すぞ!!」

≪3年A組に行きたくないなら

STEPルームに来ればいいの。

そこで ちゃんと出席日数も取れるし
高校進学の準備もできる。

≪(奈々の歌声)
ね?

≪(奈々の歌声) 夏休みも教室は開けてる。
私 毎日そこにいるから。

堀田さん よかったら いつでも来てね。

上嶋陽平さんを
非常勤講師にするということですか?

これは 長年の 教育者としての
まあ 直感です。

いや しかし 陽平さんは
11年間のひきこもりから

やっと
世間に出てきたばかりの人なんです。

何かあったら
またすぐに ひきこもりに戻ってしまう。

私は それが心配です。
いやいや いやいや いやいや いやいや。

ハハハハ。
あんなにしっかり講演されたんだから。

あれは ひきこもりカレッジの仲間たちが
サポーターについていたからなんです。

支えがあったからなんです。

じゃ サポーターつければいいんですね?
榊さん…。

あっ 上嶋さん。 先日はどうも。

フフフ。

あっ …っていうか ああ!

あ… 校長 まさか この人ですか?
そうだよ。

で 私にサポートにつけって?
そう。

はっ…。 まあ とりあえず ビール。

(壁をたたく音)
ん?

これですかね?
おお~。

お疲れさまです。
お疲れっす。 いただきます。

考えてもらえましたか? 上嶋さん。

無理です。

んん…。

いや~ こんなこと申し上げていいのか…。

上嶋さん
お嬢さんがいらっしゃるそうですね。

しかも もう随分長い間
お会いになっていらっしゃらないとか。

うちの不登校生徒たちも
まあ いろいろ事情があってね

愛情に飢えている子供たちも
いるんですよ。

いや 私はね 上嶋さんに
まあ 先生としてというよりも

一人の大人として

そういう子供たちに 愛情を
注いでやってもらえないだろうかと…。

そうすれば お嬢さんも…。

あ いや…
これは ちょっと立ち入り過ぎでしたね。

まあ とにかく
うちの非常勤講師のことを…。

無理です。 僕にはできません。

子供たちのために…。

関係ないんです 僕には。

いやいやいや まあまあまあまあまあ
そうおっしゃらず。

試しに一度来ていただいてですね…。
行きません。

学校なんか 関係ないんです 僕には。

僕は 元ひきこもりのあなたが
適任だと思ってるんです。

ちょちょちょちょ ちょちょちょちょ
無理です 無理です 僕には無理です。

もう ほっといてください。

校長 ほか当たりましょう。

いや いや… ちょ…。

無理だとか関係ないだとか
こんな人に 子供たち任せられません。

行きましょう。
いや ちょちょちょ いや 磯崎さん

それは だって…。
大体ね あなた

こんなまずい焼きとり焼いて
よく焼きとり屋なんてやってるわね。

もしかして それも無理?
僕には関係ない?

大体 ナンコツは 塩でしょ 塩。

「サービスはしません」?
(カウンターをたたく音)

レモンくらい つけなさいよ。 はあっ。

そう? じゃ… これね。

いや~ すいませんね。

またね。

もしかして
不登校もひきこもりも なめてません?

そんなわけないでしょう。
はあ?

え? ああ。

ええっと…。
(戸が閉まる音)

ほんっとに僕には無理なんだよなあ。

君の世話も ろくにできないのに
ごめんね。

♬「朝の光 浴びて目を覚ます」

♬「いつも同じ 状況さ」

(ブランコの音)
(陽平 奈々)♬「空見上げて」

♬「思いめぐる My heart」

♬「本当のぼく 恥ずかしい」

♬「close your eyes ダメに」

ちょちょちょ…。
来るな。

はい。

それ何だ?

木春菊です。

何言ってんだ。

置け。

ああ~…。
いや~ いや! いや! いや。

♬「朝の光 浴びて目を覚ます」

♬「いつも同じ 状況さ」

よかった。 はあ。

よかった。

僕も聴いてたよ。

♬「朝の光 浴びて目を覚ます」

これ うちの店の。

残り物だけど よかったら。

まっず。

♬~

クシュン。

ママ…。

♬~

あ あ あっ。
あっ おう。 おお。

あれ?
これ ドリーム遊園地のだよね。 うん。

(スイッチを押す音)

♬~(BGM)

焼きとり 食べる?

いらない。

♬~

ちょっと貸して。

何やってんの?
うん。

何で?
うん。

あれって何?
うん。

うんばっか。

うん。

だから 何で?

ずっと ひきこもりだったんだよ。

うそ…。
ほんと。

何で焼きとり?
うん。

まずいし。
すいません。

♬~

すごっ。

貸して。

すごっ! ええ?

うそ! ええ?

♬~

ええ~? わあ~。

うお~っほ。

♬「僕らの青春 命がけさ
苦労も栄養 飛び出すぞ!!」

♬~

≪キャ~!

ママ!
(祐介)いいだろう? よう。

何で帰ってくんのよ もう!
ふ~ん こんなかわいい娘いたの?

もう あっち行って。
あのさ サバ読みすぎじゃね?

お前 俺 だまそうとしたの?
だましてなんかないわよ。

そっちが勝手に…。
(祐介)かわいいなあ。 かわいくない?

なあ めちゃくちゃかわいいじゃん。

出てけ!
やめてよ。 あんた

何やってんの… ああ うう!

お前が出てけ~!

(戸が開く音)

何も聞かないの?

…うん。

何で?

うん。

痛っ。

やっぱり病院行こう。
違くて あんたのが痛いんだよ。

ごめん。

私… 生まれちゃいけない子だったんだ。

うちのママ…

昔 不倫して…。

中1の冬にね その人 死んじゃって。

お葬式に行った。

♬~

ママ…。

何で私なんか産んだんだろう。

産んでほしくなかった。

ママも 私なんか産みたくなかったはず。

(戸の開く音)

堀田さん?

ケガ…?

♬~

あなた うちの先生に向いてるかも。

いいえ。

♬~

奈々さんは不登校なの。

僕は…。

自分の子供を…。

捨てました。

頼む! あっちに行ってくれ!

(泣き声)

お父さん。
お父さん ゆいちゃんだよ。

(りえこ)ゆい 行きましょう。

(ゆい)お父さん! お父さん!
お父さん!

≪(りえこ)ゆい! うう~!
≪(ゆい)お父さん!

ゆい!
お父さん! お父さん! 行くよ!

≪お父さ~ん! お父さん!
ううう~。

だから… はあ~

だから ダメなんです。

僕には…

そんな資格は ないんです。

誰だって…

誰だって 1つや2つ
誰にも話せない過去くらいあるわよ。

でもね あなたは大人 私も大人。

そういうの 全部 過去のもの。

子供たちは 今苦しんでる。

子供たちは 今 助けを求めてる。

不登校の問題は 命の問題なの。

奈々さんは 居場所がないの。
学校にも 家にも。

奈々ちゃん ケガなんかして…。

また家で何かあったのかしら。

あの子…。

あの子 大丈夫でしょうか。

ほうき。

ちりとり。

中途半端なことしないでくれる?
え?

中途半端に関われば
奈々ちゃんを傷つけることになる。

もし関わるなら 絶対 先生になること。

うちの非常勤講師になるのよ。
分かった?

いや… それは 無理で…。

じゃあ 絶対 奈々ちゃんに関わるな。

話しかけるな そばに寄るな 何もするな。

[ 回想 ]
中途半端に関われば

奈々ちゃんを傷つけることになる。

もし関わるなら 絶対 先生になること。

おじさん。

おじさん…。

うん。

話聞いてくれてありがとう。

うん。

おじさん…。

さよなら。

元気でね。

ちょちょちょちょ ちょちょちょ。
来ないで!

ちょ… ちょっと ちょ ちょ…。

私は汚い子なの。

(奈々の泣き声)

奈々ちゃん。

(奈々の泣き声)

私なんか産んでほしくなかった。

奈々ちゃん。

私 生まれたくなかった。

奈々ちゃん。

そんな名前 もう呼ばないで!

聞きたくない。

その名前も私も全部消えればいい!

消えたらいい。

(奈々の泣き声)

奈々ちゃん。

呼ぶな。

奈々ちゃん。
呼ぶなって!

奈々ちゃん。
呼ぶなって!

生きよう。

生きよう。

生きよう。

生きよう。

生きよう。

生きよう。

生きよう。

奈々ちゃん。

奈々ちゃん 生きよう。

生きよう!

奈々ちゃん 生きよう!

生きよう! 生きよう! 生きよう!

生きよう。

奈々ちゃん 生きよう。

(生徒たち)おはようございます!
(教師)おはよう!

おはようございま~す。
おはよう。

はい 分かりました。
お母さん 焦らずにいきましょう。

はい。
はい。 私もまた会いに行きます。

真治君の見守り よろしくお願いします。

はい 失礼します。

9月2日 全員無事。

STEPルーム 本日
不登校生徒13名中 7名登校のもようです。

まっ 全員とはいかなかったが

我が校の不登校問題の変革は
この2学期からだよ。

はい。

今日から2学期が始まりました。

みんな 来てくれてありがとう。

先生 すっごいうれしいです。

みんな 元気そうでよかった ねっ。

(小川)先生 ほんとに
来たい日だけ来るんでいいんだよね。

うん。 そうだよ 小川君。

まずは少しずつ 1日ずつ ねっ。

陽平 無理しないでね。

何かあったら 帰ってきていいんだからね。
うん うん じゃ…。

♬~

あなたの一歩が
子供たちの一歩に… なりますように。

♬~

非常勤講師の…。
はい! 上嶋陽平といいます。

征二君を 児童相談所に送る手続きを
とることになります。

お父さんは病気なんだ!
でも働けないんだ!

ゆっくり休んでね。

走れ 走れ! 走れ~!