[終]イチケイのカラス #11【最終回!さよなら、入間みちお…最後の10日間】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]イチケイのカラス #11【最終回!さよなら、入間みちお…最後の10日間】[字][解][デ]

ついに最終回!型破りな裁判官にとって最後の法廷がはじまる!?国家が真実を隠ぺい…イチケイメンバーを翻弄する黒幕▽一体どう裁く!?さよなら、入間みちお

番組内容
裁判官である入間みちお(竹野内豊)が、元同僚の弁護士・青山瑞希(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載された。そんな折、みちおを呼び出した日高亜紀(草刈民代)は「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げて…。

みちおの任期終了まであと3週間。再任を実質的に決定するのは、みちおと因縁のある
番組内容2
香田健一郎(石丸謙二郎)が事務総長を務める最高裁判所事務総局だった。坂間千鶴(黒木華)や駒沢義男(小日向文世)は、ゴシップ記事の裏で何か大きな力が働いていると考え、みちおが捜査権を発動している重過失致傷事件を検証し直すことに。

事件の被告人は大学生の笹岡庸介(菅原健)。自転車競技の大会に向けて深夜に自主練習をしていた際に、左側通行を守らず、家族連れと衝突事故を起こす。その事故で、7歳の少女が
番組内容3
意識不明の重体となっていた。笹岡は、角を曲がる際に工事用のガードフェンスがあったために右側を走るしかなかったと主張していた。だが、検察の調べによれば、深夜に工事を行っていた記録は一切ないという。坂間は、大きな力で真実をねじ曲げるなら司法はそれを許さない、と言ってみちおへの協力を申し出る。みちおは、そんな坂間に「この案件が最後になろうとも、僕はいつも通りやるよ」と返すが…。
出演者
【レギュラー出演】
竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世 

【ゲスト出演】
佐々木蔵之介
スタッフ
【原作】
浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊) 
【脚本】
浜田秀哉 
【音楽】
服部隆之 
【裁判所監修】
水野智幸(法政大学法科大学院) 
【プロデュース】
後藤博幸、有賀聡(ケイファクトリー)、橋爪駿輝 
【編成企画】
高田雄貴 
【演出】
田中亮、星野和成、森脇智延、並木道子 
【制作協力】
ケイファクトリー 
【制作・著作】
フジテレビ第一制作室

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 入間
  2. 裁判官
  3. 違法労働
  4. 本庄
  5. 証言
  6. 安斎
  7. 日高
  8. お父さん
  9. 駒沢
  10. 真実
  11. 川添
  12. クビ
  13. 坂間
  14. 石倉
  15. 入間君
  16. 仕事
  17. 指示
  18. 事故
  19. 自転車事故
  20. 被告人

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/10/23 21:12:47時点 Amazon調べ-詳細)

何ですか? この絵。
(みちお)カラスになれ。

はっ?

イチケイのカラスになれ。

坂間 千鶴。

全て分かった上で

この事件に関わった人
全員にとって

一番いい判決を下したい。

話を聞いて聞いて
聞きまくって

悩んで悩んで 悩みまくって

一番いい答えを決めること。

自分の人生を投げてはいけない。

いかなる理由があろうと

あなたは
罪を犯してはいけなかった。

刑事裁判において

われわれは
二重の不正義をしてはいけない。

決して
冤罪を生み出してはいけない。

そして
真犯人を逃してはいけない。

僕が 事件の関係者なら

こんな書記官に
法に関わってほしくない。

僕は 僕の職務を全うする。

書記官は
審理に加わっている一員ですよ。

(川添)特に ここでは
立場関係なしの無法地帯。

担当の検察官なんか
検察の闇を暴いたりするからね。

人が死んでんだよ!

もう一人の俺が 逃げるなって
俺にチキンコールすんだ!

正しいことをやるために
私は検察官になった。

裁判官だって
間違えることはあります。

でも それ以上に大きな罪は

間違いを認めない
ということではないでしょうか。

善人にも悪意がある。

悪人の中にも善意がある。

決して 一色には染まらない。

被告人の気持ち
知りたいと思いませんか?

ありますよ。
取り返しのつかない後悔が。

だから 今も続けています。

自分が経験した後悔を
伝えることができる。

司法によって殺された。
司法の犠牲者。

苦しみを 痛みを

憤りを 想像してみてください。

怖いですか? 入間みちおが。

いつか 彼が裁くかもしれませんよ
あなたを。

結構な闇を掘り起こすことに
なるかもしれない。

(日高)裁判官の職を辞し

罰を受けるべきだと決意しました。

最高裁長官の夢を捨ててでも
真実を明らかにしたんだ。

(日高)志ある者が動くことを
信じています。

もはや どこか定かじゃない上。

終わってないわよ。

(瑞希)ちょっと レアケースな国選弁護を
担当することになったから

また イチケイに通うね。

私のやり方で 依頼人を守ります。

だからって 嘘をつくの? 法に。

(橋本)弁護士との癒着があったのは
事実なんですよね?

あってはならないことでは
ないんですか?

裁判官として
倫理は どうなってるんですか?

(記者)
どんなお話されたんですか?

(橋本)
どう 責任を取るつもりですか?

(記者たち)んっ? んっ?

あっ ちょっ! 入間さん!

ハァ ハァ ハァ…。

(バイブレーターの音)

(瑞希)「ごめん 脇が甘かった」

「みちおをつぶすために
ずっと 狙われていたのよ」

入間さん これ。

あっ。

(石倉)みちおさんと青山さんが
癒着して

例の少年刑事事件で
得た情報を伝え

民事訴訟で多額の利益を
青山弁護士は得たって。

それに
世間を騒がせた再審公判で

2人の親密な関係から
青山 瑞希が弁護人を務め

一等地のビルに新事務所をつくる
道筋を与えた。

癒着して 無罪判決を出している。

いやいや… でたらめ これ。

(駒沢)いや しかし 巧妙に
嘘の中にも

本当のことを まぜています。

ちょっと
ネットで炎上してますよ。

(川添)あ~ 何のために
こんなこと…。

誰かが目的を持って
入間君を狙っていた。

ん? 目的って?

(バイブレーターの音)

(日高)今度 カレー屋をやるの。

はっ?

(日高)カレーは 奥が深いのよ。

裁判官を辞めたら やるって
決めてたの。

よかったら 来て。

日高さん 話って このこと?

入間君 裁判官になって 何年目?

もうすぐ 10年ですけど。

知ってのとおり
地裁の裁判官の任期は10年。

任期満了後
ほとんどの裁判官が再任される。

問題のある裁判官を除いては。

[人は 嘘をつく]

[入間みちおは なぜ
あのとき 嘘をついたのか]

日高さん 何の話だったんですか?

カレー屋 始めるんだって。

はい?
ほら。

どんな店になるのか楽しみだね。

話って それだけですか?

うん それだけだよ。

[このとき
入間みちおがついた嘘は

優しい嘘だった]

この間のイチゴ
おいしかったよね。

んっ…。

あり得ない。

♬~

(チャイム)

ピンポン連打する人間といえば…。

やっぱりな。
やはり 嘘ですよね。

日高さんが
入間さんを呼び出した理由です。

本当のことを…。
≪誰? こんな時間に。

決して
誤解なさらないでください。

私は 入間さんの同僚の…。
≪坂間 千鶴さんだよ。

あなたは…
入間さんの おいっ子さん。

《僕の おいっ子》
《おいっ子 でかっ!》

(道彦・みちお)《ハハハハ…》

で こっちが めいっ子。

柳沢 美知恵です。

坂間さんか。
よく 話を伺ってます。

例のゴシップの件で心配して
来てくれた。

そうでしたか。
あっ 先ほどの私の質問ですが…。

そうそう さっきね

何のために人は働くんだ
っていう話になってたんだ。

はい?
人生の半分は

働くことに費やすから
大事だと思うんですよね。

答えは 童話『三人のレンガ職人』に
あると思いませんか。

(美知恵)中世ヨーロッパの町。

旅人が
3人の職人に出会っていく。

「ここで
何をしているのですか?」

と 同じ質問をする。

1人目の職人は 「親方の命令で
レンガを積んでいるのさ」

と 答え 不満を漏らす。

2人目の職人は
「大きな壁をつくっているのさ」

と 答え 家族を養う仕事が
あることに感謝する。

3人目の職人は 「完成までに
100年はかかるけど

教会の大聖堂を
つくっているのさ」

「完成すれば
多くの信者のよりどころになる」

そう答え
仕事に使命と誇りを持っていた。

(道彦)同じ仕事をしてても
見てるものが違うんだよね。

なぜ 働くのか。

そこを
強く意識している人の未来は

おのずと大きく変わると思うな。

3人のレンガ職人の
10年後からして明白でしょう。

話の続きなんてあったっけ?
ええ。

あっ そういえば 前に

『浦島太郎』の続き
教えてくれたんですよね。

えっ どんな続き?
取りあえず 今の話の続きを。

(道彦)玉手箱を開いて…。
私の会話の続きを。

いいですか。
例の記事が出た直後

日高さんから連絡があった。

カレー屋を始めることだけを
伝えに来たとは

とうてい考えられない。

日高さんが記事の真意について
何かを知り

あなたに伝えた。
そう考えるのが自然です。

何を隠しているんですか。

何も隠してないよ。
うわっ!

もう…。

いや~ まだ 記者がすごいね。

んっ?
裁判官クビの可能性

日高さんが伝えに来たそうですね。

裁判官の任期は10年。
ほとんどの人が再任される。

問題のある裁判官以外は。

信頼できる情報筋から
日高さんが つかんだ。

ゴシップ記事が
駄目押しになる可能性があると。

みちおさん
何で 黙ってたんですか。

心配 掛けたくないから
でしょうね。

僕は絶対に嫌です。

任期終了まで
あと3週間しかない。

(糸子)あの その再任の基準って?

最低限の仕事ができるか

組織人として 最低限の役割を
果たしているかどうか。

(浜谷)確かに 組織人としての
うんぬんは かなり危うい。

案外 クビ 妥当だったりして。

(駒沢)これは
政治が絡んでいるかもしれません。

政治?
(駒沢)再任を決めるのは

最高裁裁判官会議の指名により
内閣が任命します。

実質的には 最高裁事務総局。

事務総長は あの 香田 健一郎氏。

日高さんも
おっしゃっていました。

ゴシップの記事といい
何か 大きな力が働いていると。

司法と政治の闇は深いからな。

いや でも クビにする目的は?

入間君に 深く関わらせたくない
案件があるのかもしれませんね。

買いかぶりじゃないですか。

現在 職権発動してるのは
1件だけですよね。

(石倉)大学生が起こした
自転車事故です。

詳しい説明を。

自転車事故による
重過失致傷事件。

被告人は 大学生 笹岡 庸介。
二十歳。

自転車競技部に所属し

大会に向けて
深夜 自主練習をしていた。

坂道で かなりのスピードが
出ていたようです。

さらに 左側通行を守らずに
角を曲がった。

旅行帰りの家族連れが
自宅に向かっているところに衝突。

(悲鳴)
(石倉)その事故で

7歳の向井 愛ちゃんが
大ケガを負い

現在も 意識不明の重体です。

なぜ 職権発動を?
被告人の主張と違うんだよ。

(石倉)左側通行は守っていた。

でも 角を曲がる際
ライトで視界を遮られ

さらに 工事用のガードフェンスが
あったために

右側を走るしかなかったと。

深夜工事をやっていたの?

検察によると
一切 工事の記録がない。

どういうこと?
ねっ 気になるでしょ。

(糸子)部長 どこに?

情報収集です。

よし。 とにかく やるよ 検証を。

≪はい。

よし やりますか。

始めようか。
(石倉)あっ 千鶴さん。

部長が
香田さんと会ったそうです。

明言はしなかったそうですが

やはり 霞が関の意向があるように
感じられたと。

この案件 私も手伝います。

みちおさんのためですね。

もちろん 違います。

ハハッ。
万が一にも

大きな力で 真実をねじ曲げるなら
司法は それを許さない。

何のために
裁判官の仕事をしているのか。

3人目のレンガ職人のように
ありたい。

そうだ それ 続きを教えてよ。

1人目は
相変わらず 文句を言いながら

レンガを積んでいた。

2人目は 賃金は高いけど

危険を伴う屋根の上で
仕事をしていた。

そして 3人目は 現場監督として
多くの職人を育て

出来上がった大聖堂には
彼の名前が付けられた。

10年後 君が上にいき
みんなを束ねる立場になったら

色々 変わるのかもね。
はい?

とにかくさ 今回の被告人
僕みたいに たたかれてるんだよ。

(曽根山)見てください。

(石倉)
誹謗中傷 罵詈雑言の雨あられ。

自分が多数派だと 安心して
ボコボコにする。

自覚のない悪意は怖いね。

真実は何か。 それを見極めて
正しい裁判を行う。

この案件が最後になろうと

僕は いつもどおりやるよ。

♬~

♬~

いきます。
はい。

あっ。

あ~ 分かっていても危ないね。

これが事実なら

必ずしも 被告人に過失があるとは
いえないですね。

しかし 検察によると

この時刻に
道路工事の記録がなかったと。

やっぱり
被告人の虚偽の発言では…。

あれ?
あれ? 坂間さん?

先ほどの場所も
地下鉄の工事エリアです。

労働基準法に違反して
深夜の工事。

あり得るかもしれません。

さらに この案件

私が担当している事件と
つながりがある可能性があります。

ご存じのとおり
この大型複合施設は

日本最大級といわれています。

六本木ヒルズも
しのぐんですよね。

地下鉄の駅と一体化した
商業施設は もちろん

ホテル 観光だけではなく
ビジネス

日本最大級の
コンベンションセンターも設置

国際交流拠点として
期待されているって。

坂間さんが担当してるのは

その 地下鉄工事で起きた
事故なんだよね。

ええ 業務上過失致死傷。

川添さんと担当し
第1回公判を終えたところです。

(川添)事故の背景には
地盤が軟弱で

計画が大幅に崩れて

工事費が かさんだことが
関係してます。

それによって
崩落事故が起きました。

多数の作業員がケガをして

下請けの イバタ工業の現場監督
本庄 昭 40歳が命を落としました。

責任の所在は その 本庄 昭と

もう一人の現場監督
鷹和建設の青柳 健作 35歳。

本庄 昭は死亡により 不起訴。

しかし 問題は それが

本当に 業務上の過失だったのか
という点です。

どういう意味ですか?
本庄 昭はシングルファーザー。

5歳の息子さんと

本庄 昭の母親と一緒に
暮らしていました。

母親の証言では 会社の命令で
納期に間に合わせるよう

違法な過重労働をやらされていた。

それが原因で
起きた事故じゃないかと。

(駒沢)なるほど。 日頃から

過重労働が
行われていたとしたら

真相が
違ってくるかもしれませんね。

ええ。
う~ん。

自転車事故が起きた地点でも

深夜に秘密の地下鉄工事を
やってたかもしれない。

それなら 記録になくて当然です。

これを見てください。

プロジェクトリーダーは
代議士の安斎 高臣氏。

(浜谷)安斎 高臣っていえば

大物代議士の
安斎 康雄の息子。

二世議員ですよ。

(駒沢)それに
この工事の元請けは鷹和建設。

巨額脱税をしていた企業です。

点と点が線になってきましたね。

これは ヤバいですよ。

もし 裏を暴いたら…。

入間さんだけでなく
みんなのクビが吹っ飛んだりして。

入間さん。

いつもどおりですよね。

入間君。

じゃあ 2つを併合しましょう。

(曽根山)江原先生が
弁護にあたっていたとは…。

よろしくお願いしますよ。

あの弁護士
関東弁護士会の理事長だぜ。

大物がきましたね。
(川添)やな予感しかしない。

≪「なぜ 弁護士会の大物
江原が?」

≪「ぷんぷんとにおう 不穏な空気」

≪「何が起こっている イチケイ!?」

(石倉)起立。

♬~

では 開廷します。

単独で審理をしていた
2つの事件ですが

真実を明らかにするには
併合審理が妥当と判断しました。

では 開廷します。

単独で審理をしていた
2つの事件ですが

真実を明らかにするには
併合審理が妥当と判断しました。

まずは 自転車事故について。
弁護人。

はい。

被告人が主張した ライト
ガードフェンスがあったという場所は

地下鉄拡張工事のために
機材などを搬入する地点です。

この 検証映像をご覧ください。

もし 深夜1時に
何かしらの搬入をやっていたら

被告人の主張どおり

事故は避けられないものだった
可能性が高いと考えられます。

《地下での工事。
ある意味 密室》

《違法労働があったのなら
それを どう証明するかが鍵》

検察官。 工事に携わった
青柳被告人に質問を。

(井出)
亡くなられた本庄 昭さんの母親

本庄 由美子さんは
崩落事故が起きた地下鉄工事で

違法労働があったと話しています。

(青柳)あり得ません。
(井出)違法労働がないなら

納期に どうやって
間に合わせようと考えたんですか。

人手を増やして。

だから 人件費が かさみ

本来 やらなければいけなかった
地盤の補強を

本庄さんが やめようと。

過重労働が原因ではありません。

裁判所からも
よろしいでしょうか。

正規の労働であったという証拠は
あるんですよね。

はい。

勤務報告のデータ
さらに 人員補充の記録

全て揃っています。

《違法労働を
本気で隠そうとするなら

記録は改ざんされていても
おかしくない》

この 地下鉄工事に関わった

イバタ工業の現場作業員
全員から話を聞きたいですね。

20人を超えますが。

では 全員から話を聞きましょう。

主任 駄目って言うと思ったら
まさかのOK?

いくところまで いくつもりでしょ
入間みちおは。

次回 本庄さんのお母さんを
法廷に。

うん そうだね。

次回の法廷は
にぎやかになりそうですね。

ところで 入間裁判長
裁判官再任が危ういとか。

個人情報 だだ漏れでしょ。

司法記者クラブでも
噂になっているとか。

お偉方の どっかの子飼いの記者が
情報を流しているんでしょう。

裁判官 クビになれば
弁護士 戻りますか。

あっ しかし
これ以上 世間を騒がしたら

それも かなわないかも。

分かりやすい圧力ですね。

分かってもらわないと。

つまり 圧力をかけないといけない
何かがある。

この審理において
何が正義なのか

私は 私の正義にのっとっている。

あなたのいう正義とは?

いずれ 分かりますよ。

では。

経済の活性化だけでなく
アジアナンバーワンの

国際会議開催国としての
地位を築く 大きな一歩となる。

未来の日本の運命がかかった
プロジェクトなんです。

お待たせ。

はい。

お店の看板メニュー
ちゃんぽんカレーよ。

いただきます。

んっ。 おいしか。

いや ホントおいしかです。

まだまだ よくなると思うとさね。

ウスターソースば
足してみようかな。

何で カレー屋なんですか?

好きやけん カレー。

裁判官の仕事と同じぐらい
奥の深か。

そこ 同じなんですね。

そいにさ
自分が頑張って作った料理で

誰かが笑顔になるとこ
想像したら…。

まあ 奇麗事やけどね。

本音やったりするとよね。

やっぱり 日高さんは
3人目のレンガ職人。

んっ?
いえ。

以前 日高さんが言っとった
「上」とは

やはり 安斎 高臣でしょうか。

どがんやろう。

ただ これからは
政治と司法の戦いになる。

司法は 時として政治の下にある。

歴史が物語っとる。

圧倒的不利な戦いになるはず。

あなたたちが どがん戦うとか

「もしかして」を期待しとる。

はい。

あっ そい やっぱり
ウスターソースば足さんばかも。

うん おいしかです。

ホント?

懐かしか味がします。

(坂間・日高)フフフフ…。

(浜谷)
公判中 歩君は こちらで

待機していただきますので。

(由美子)すいません。
幼稚園が お休みで。

歩 ご挨拶は。

うわっ 蛇だ! うわ!

みちおさんは驚いたけど
通じない。

精神年齢
この子の方が上だったりして。

はい。
これは 私が娘のために作った

自費出版の絵本です。

絵は これ全部
私が描いたんですよ。

よかったら どうぞ。

気持ちは分かる。

(浜谷)あ~!

『ジャスティスヒーロー』じゃん。
うちの子も好きなんだよね。

面白いの? これ。

オレンジジュース 飲む?

(川添)あれ。
(由美子)すいません。

もともと
あまり しゃべらない子で。

父親が亡くなってからは
余計に…。

約束します。
必ず 真実を明らかにします。

違法な労働があったか
尋ねますので

それぞれ 皆さん お答えください。

違法な労働は ありませんでした。

コンプライアンスも
徹底してました。

(作業員)逆に
残業はするなと言われてました。

(作業員)休日出勤は ありません。

過重労働なんて
あり得ないですよ。

《元請けである
鷹和建設の社長が

下請けのイバタ工業に
プレッシャーを》

《完全に かん口令が
敷かれている可能性が》

弁護人 始めてください。

(江原)はい。

息子さんは 地下鉄工事で
違法な労働を行っていたと

言っていたんですね。

はい。

予定外の工事の遅れで
納期に間に合わせるよう

上から指示されたと
言っておりました。

(江原)指示をした上とは
具体的には。

分かりません。

分からない?

(由美子)
息子は 疲れ切っていました。

詳しい話が聞けるような
状況じゃなかったんです。

朝5時には家を出て

帰ってくるのは
午前0時から1時ごろ。

ずっと
それが続いていたんです。

事故の直前には

頭が痛い 耳鳴りがすると
言ってました。

孫に聞かれたんです。

お父さんは 悪いことをしたから
死んだのかって。

孫には 本当のことを
知ってもらいたいんです。

(江原)本当のことですか。

虚偽の発言をしてるの
どちらでしょうね。

えっ…。
(江原)失礼ですが

本庄さんと奥さんの
離婚の原因は

奥さんのギャンブル依存だとか。

本庄さんが
多額の借金を肩代わりした。

現在の経済状態は…。
(井出)異議あり。

証人を不当におとしめる質問です。

(江原)
過労による事故だと訴えれば

金銭を奪い取れるとでも
考えたのではないですか。

(駒沢)弁護人 やめなさい。

では 質問を変えます。

先ほど 実際に現場で働いていた
イバタ工業の作業員 全員

違法労働は なかったと
言っていますが。

元請けの意向に反して
なかなか

本当のことは言いづらいでしょう。
(江原)しかし

違法労働があったという
証拠もない。

あったと言っているのは
本庄 由美子さんの証言だけです。

じゅうぶん 検討に値する証言だと
私は思いますよ。

それに
自転車事故の証言もあります。

ただ 根拠は足りていません。

労働基準監督署に

情報提供の記録が
残っているかもしれません。

来年スタートする
TOKYO SCRAMBLE CITY側の話も

聞きたいですね。

争点は 違法労働が
あったのか なかったのか。

気になることを
全部 調べてみましょう。

当然 くる。
(川添)敵に不足なし。

職権を発動します。

裁判所主導で
あらためて 捜査をします。

≪「正義は 必ず勝つ!」

「突き進め! イチケイ!」

TOKYO SCRAMBLE CITYに関する
地下鉄拡張工事の件ですか。

ええ。 匿名の告発は
ありませんでしたか。

ありました。

こちらが 告発メールです。

やっぱり 違法な労働はあった。

「あった」とは

一概にいえないケースが
多いんですよ。

企業に対する嫌がらせの類いも
あります。

違法労働があったかどうか
告発があれば 調べたんですよね。

(戸田)もちろん 調べました。

結果 違法労働はないと
判断しました。

匿名の告発メールを送ったのは
本庄 昭でしょう。

嫌がらせですよ。

違法労働は なかった。

これが 国の答えです。

あの
もう一つ よろしいでしょうか。

はい?

(男性)拡張された地下鉄と
一体化された施設です。

工事の遅れで スタートを

しばらく
先延ばしにするかどうか

議論になりました。

で 遅れた場合の試算を出したら

莫大な損失が発生することが
分かって…。

それで
急ピッチでも間に合わせるよう

指示を出したのは 誰ですか。

プロジェクトのリーダー
安斎 高臣代議士ですか。

答えてください。

≪もちろん 先生ですよ。

安斎先生の
秘書を務めております

田之上です。

(田之上)ハハハ
いや まさかとは思いますが

政治家が悪だなんていう

ステレオタイプの考えを
お持ちですか?

まさかですよ。
政治家の多くは

使命と誇りを持って
国のために尽くしています。

ええ。 安斎先生は
誰よりも 国民に対して誠実だ。

入間さん。

あなた 安斎先生を
法廷へ呼ぶおつもりでしょう。

最高裁判事まで呼んだぐらいだ。

ええ 結構ですよ。

何なら
こちらから出向きましょうか。

先生も 今度の裁判の行方を
気にしておられましてね。

あっ それに 入間さん

あなたの裁判官の任期は
あと10日だ。

真相解明には時間がない。

しかし 事は大ごとだ。

疑うだけ疑っておいて
何もなかったでは済まされない。

いや 済まさない。

あなたが相手にしているのは
ある意味 国だ。

この人に圧力は効きませんよ。

そうですよ。 そんなこと
一度も気にしたことがない。

ねっ みちおさん。

あれ?
何 黙っているんですか。

フハッ。

まあ よ~く お考えになって
行動してください。

結果によっては もちろん

裁判官の再任も
あり得ると思いますから。

どうか 賢明なご判断を。

ハハ…。

過重労働の告発はあった。

しかし その事実はなかった。

これには
裏があるかもしれません。

安斎 高臣の父親 安斎 康雄は
建設族であり 厚労族。

労基にも顔が利く。

さらには カトクの責任者は

安斎 康雄と出身大学が一緒で
同じボート部の後輩。

仮に 違法労働があっても

なかったことに
されたのかもしれません。

残された一手は

息子の安斎 高臣代議士を
法廷に呼び 問いただす。

それしかないですね みちおさん。

確かに 秘書の方が言ったように
ただじゃ済まないかもしれません。

(石倉)でも 戦いますよね。

どうしたんですか? みちおさん。

入間さん
私は うれしかったんです。

最後の案件になっても
いつもどおりだって言ったとき。

入間みちおは 入間みちおだって。

それなのに

保身の「ほ」の字もないと
思っていた あなたが

ここにきて 保身ですか。

その保身は
入間君自身のためじゃない。

えっ。
(駒沢)坂間さん そして 私

皆さんのことを思ってですよ。

いわば 相手は国。

入間君 もしものときを
ずっと懸念してたんでしょ。

あっ いや…。

裁判官の仕事ってさ
僕 好きなんだよね。

きっと 坂間さん 部長も
同じじゃないかな。

それに 石倉君 川添さん
浜谷さん 一ノ瀬さんも

今の仕事 好きだと思うんだ。

突き進んだ結果さ
その「好き」を

奪ってしまうかもしれないって
想像したら…。

なん… なん… 何だか…。

何だか 迷った?

うん。

「うん」じゃない!

えっ?
正しい裁判を行うためなら

どれだけ 周囲に迷惑が掛かろうが
お構いなし。

事件関係者のために
何があっても

真実をもって 正しい判断を下す。
それが 入間みちお。

それに ずいぶんと
なめられたもんですね。

覚悟くらい
とっくに できています。

いらない そんな保身。

受け取りません。

私の発言に 異議がある方は?

異議なし。

(一同)異議なし。

以上 われわれの総意です。

バカだなぁ 君たち。

バカにさせたのは あなたです。

残りの任期10日で
決着をつけますよ。

はい。

ハァ~。

分かった!

いつもどおり やるよ。

そうです。 いつもどおりですよ。

じゃ 全員 一丸となって
頑張りましょう。

まずは 突破口だね。

(駒沢)一つ 気になっていることが
あるんです。

雲隠れしている
鷹和建設の人事部長 原口 秀夫。

《法廷で
証言してもらいたいんです》

《ああ…》

(駒沢)下請けが
違法労働をやっていたなら

元請けの人事部長は その事実を
把握していた可能性が高い。

だから 身を隠した。
(糸子)見つけ出しましょう。

仮に見つけたとして

かん口令が敷かれていたら
証言するでしょうか。

われわれ書記官チームが
捜し出します。

じゃあ 僕は話を聞いてみる。

もう一人 本当のことを
知ってるかもしれない人間に。

(チャイム)

≪(足音)

あっ こんにちは。

♬~

あの子が 原口 秀夫の娘さん。

きっと
連絡くらいは取ってるはず。

ちょっと 行ってくるね。

こんにちは。
裁判所の者ですけど。

あの 原口…。
(防犯ブザーの音)

ああ~!
(浜谷)まあ そりゃ反応するよね。

不審者に。
(石倉)あ~… あっ 川添さん。

驚かせて ごめんね。

(防犯ブザーの音)

そりゃ反応するよね イケメンに。

僕たち お父さんを捜してるんだ。

今度 会うよ。
(石倉)えっ いつ?

しあさって 私の誕生日。

最後の公判の日ですね。
(川添)うん。

最高だったよ
『ジャスティスヒーロー』

確かに最高でした。
えっ 読んだの?

一気読みです。
ジャスティスヒーローが

傷ついた人にかける言葉に
感動しました。

あ~ そこ 僕も好きだったな。

「『心が痛い』 そう感じるなら
死んでない」

「痛いって感じるのは
生きている証拠だ」

「その痛みが…」
「君を強くする」

お父さんのこと
話を聞かせてくれるかな。

お父さんが頑張ってたことで

歩君だけが知ってることって
あるかな。

勇気をあげた。

もしかして…。

自分の胸に手を当て 思いを込めて
相手の胸に思いを注入する。

ジャスティスヒーローの
得意技ですね。

どうして
お父さんに勇気をあげたの?

日記?

忙しくて 話す時間がなくて

息子は
孫と交換日記をしてたんです。

(バイブレーターの音)

はい。
どうですか?

勝負に出ますか?

はい。
分かりました。

行きましょう。
(曽根山)はい。

♬~

歩君にお願いがあるんだ。

君も一緒に戦ってくれないかな。

あったことを
なかったことにしないために。

(記者)
TOKYO SCRAMBLE CITYに関わる

地下鉄拡張工事の
違法労働疑惑について

プロジェクトリーダーの
安斎 高臣代議士が

本日 法廷で証言します。

裁判長を務める 入間裁判官は

弁護士との癒着も
取り沙汰されており

その言動に
多くの非難の声が上がっています。

こちらでお願いします。

あの ホントに
証言しなくてもいいんですね?

入間裁判長は あなたに
証人の話を聞いてもらいたいと。

こちらにいる皆さんと一緒に。

これは あなたたちのためでもある
裁判だと。

♬~

♬~

では 証人尋問を始めます。

安斎 高臣さん。

♬~

♬~

検察官 尋問を。

プロジェクトを予定どおり
スタートさせるために

急ピッチで作業をするよう
指示したのは あなたですね。

はい 私です。

あの施設は 日本の弱点でもある
国際会議の需要にも対応し

すでに
大きな会議が決まっていました。

それに 多国籍企業の日本法人や
海外の研究開発の拠点として

誘致も内定していました。

遅れが出たら 白紙になる。

それを避けたかったんですか。

ええ。 私は信念を持って
指示を出しました。

私からも よろしいでしょうか。

あなたのいう 信念とは。

国民の利益 国益を守る。

それが政治家。

今 日本の借金は幾らあるか
ご存じですか。

国が破綻した あのギリシャの
何倍もの赤字財政。

今回のプロジェクトは
日本再生の きっかけとなるはず。

何があっても 予定どおり
やらなければいけなかった。

犠牲が生まれたとしてもですか。

誤解を恐れずにいえば
イエスです。

1億2, 000万の国民の利益と
てんびんにかけたとき

覚悟を持って
選択しなければならない局面は

多々あります。
未来が見えていない政治家を

国民は信頼しますか。
私が相手にしているのは

個ではなく 国民全員です。

冷徹だと思われようが
それが 私の使命です。

私の使命は 真実を知ること。

そして
正しい裁判を行うことです。

これだけは明言しておきますが

工事を間に合わせるよう
指示は出しましたが

違法労働をやれとは言っていない。

黙認もしていない。

そもそも 本当に
違法労働はあったんですか。

私も 真実が知りたい。

では もう一人
証人尋問を行います。

亡くなった本庄 昭さんの
息子の歩君です。

≪「まさか 5歳の少年が証人!?」

(川添)ここに掛けてください。

♬~

♬~

お父さんのことを
話してくれますか。

お父さんは
いっぱい働いていました。

いっぱいとは どれぐらいですか。

僕が起きる時間より早く
家を出て

僕が寝る時間には
いつも 家にいませんでした。

お父さんに
勇気をあげたときのことを

話してくれますか。

夜 眠っているとき
目が覚めました。

《起こしちゃったな》

《お父さん 泣いてるの?》

《勇気がないんだ》

《間違っていることを
間違っていると言う勇気が…》

《女の子が…》

《自転車と ぶつかって
大ケガをした》

《お父さんの… せいなの?》

《お父さん 勇気をあげる》

《これで大丈夫》

(泣き声)

(歩)お父さんは言っていました。

間違っていることを
ちゃんと言えたって。

これを見てください。

本庄さんが 日記に
そのことを記しています。

お父さんは
他に何か言ってましたか。

きっと
いっぱい働かなくてもいい。

きっと
みんな 休むことができる。

きっと これで 僕と遊ぶ時間が…。

(江原)異議あり。

5歳の幼児の証言。

証言能力に問題があります。

認められない。 茶番だ!

何が 茶番ですか!

あなたには分からないんですか。

5歳の男の子が
お父さんのことを思い

この場にいることを!

お父さんの誇りを
取り戻すために

勇気を振り絞って
証言していることを!

(駒沢)年少者の証言では

満5歳9カ月の幼児の証言を
認めた 高裁の判例があります。

もちろん存じています。
ただ 今回のように

高度な証言能力を
必要としないケースでした!

ええ ですので
証言能力の妥当性を

あらかじめ 調べました。

(曽根山)
ここに 弁14号証を提出します。

歩君が通う幼稚園での
先生方の証言です。

歩君は
通常の園児より成長が早く

じゅうぶんな証言能力があることが
示されています。

検察官
違法労働の告発の件について

話してください。

カトクに告発したメール。

調べたところ 本庄 昭氏が
送ったメールではなかった。

では 本庄氏は 誰に
違法労働の改善を訴えたのか。

それを受けて
誰かが告発をした。

その誰かは
この法廷にいると考えています。

裁判は 誰のためにあるのか。

裁判は 常に平等であり
全ての人のためにあります。

司法は絶対に
真実をねじ曲げない。

だからこそ
人は安心して 生活が送れる。

今回 笹岡 庸介さんは なぜ

自転車事故を
起こしてしまったのか。

本庄 昭さんは なぜ

命を落とさなければ
いけなかったのか。

裁かれるべき人間は 誰か。

想像してください。

あったことを
なかったことにされたら

どれだけの人が
傷つくことになるか。

想像してください。

あったことを
なかったことにして

どれだけの苦しみを抱えて
生きていくことになるのか。

想像してください。

勇気を出して
一歩 踏み出したときに

失わずに済むものを。

何のために 誰のために働くのか。

少なくとも
自分の人生に誇りを持って

生きていけるのでは
ないでしょうか。

一歩 踏み出す勇気。

それは 本庄 歩君から
もらったはずです。

証言をしたい人はいますか。

おい お前たち!

やめなさい。

私が 代表で証言します。

カトクに違法労働を訴えたのは
私です。

亡くなった本庄さんから
直接 訴えがあった。

違法労働によって
予期せぬ 自転車事故が起きた。

それに みんな限界だ

このままでは 大変な事故が
起きるかもしれないと。

本庄さんは
業務上の過失など犯していない。

過労で 事故が起きた。

それを 社長からの指示で
私が偽装した。

これが真実です。

(原口)裁判長。

ありがとうございました。

これで 誇りを… 失わなくて済む。

♬~

(泣き声)

自転車事故の原因
そして 崩落事故の原因は

違法労働にあると判断します。

責任の所在は
鷹和建設にあります。

♬~

♬~

東京地検特捜部です。

鷹和建設が脱税して得た
資金の流れが解明できました。

その金の一部が

あなたの父親 安斎 康雄氏の
政治資金団体に流れていました。

持ちつ持たれつの関係
だったようですね。

(最上)鷹和建設に
違法労働を事実上 指示し

その隠蔽に動いたのは…。

私です。

「秘書がやりました」ですか。

この件は 安斎 康雄氏が
関与していると 検察は…。

私は 何も知らず
ただ みこしを

担がされていただけなのか…。
(井出)全て分かっていて

見て見ぬふりを
していたのではないんですか。

もしくは そう動くように
暗に働き掛けた。

しかし それは罪ではない。

裁くなら
私以外の人を裁けばいい。

入間みちお。

また いつか会うことに
なるかもしれないな。

そのときが楽しみです。

(キャスター)
TOKYO SCRAMBLE CITYに関わる

地下鉄拡張工事で
前代未聞の不祥事です。

プロジェクトリーダーを務める
安斎 高臣氏の父親

安斎 康雄議員が 高臣氏の秘書
田之上 幸三氏に指示を出し

鷹和建設の違法な労働を黙認し
その隠蔽を図っていました。

このような不正を
行っていたことは

息子として 大変 恥ずかしく
思っております。

しかし…。

また この違法な労働で
自転車事故を誘発し

意識不明の重体だった

向井 愛ちゃんの意識が
戻りました。

♬~

♬~

えっ やっぱり クビ?

(駒沢)
先ほど 支部長から連絡が。

入間君には すでに伝えて
納得しているそうです。

入間さんがクビというのは
どういうことですか。

この期に及んで
政治に忖度するんです…。

(香田)言葉を慎みたまえ。

納得のいく理由を
説明してください。

確かに
入間君は正しい裁判を行う。

しかし
裁判所という組織においては

問題があり過ぎる。

刑事訴訟法の建前を逸脱した
職権発動捜査を多発し

こちらの注意にも
まったく 耳を貸さない。

本来

あなたの責任も
問われるはずだったんだ。

えっ…。
赤字解消のために

第3支部に派遣された。

ところが 改善するどころか
助長させた。

幹部として事務総局に
という話は白紙。

それをね
入間君が 責任は自分にあって

坂間さんのせいでは…
あなたのせいではないと。

君の責任は問わない。

彼の 最後の願いを受け入れ

最高裁裁判官会議を経て
決定したことです。

君が どんな裁判官になるのか
楽しみだと言っていたよ。

彼の思いを無駄にしないように。

話は以上です。

(香田)いいかげんに…。
裁判官にとって

大事なことは何だと思いますか。
んっ?

組織運営において
赤字を出さないこと。

当然 大事なことだと思います。

それと もう一つ。

話を聞いて聞いて
悩んで悩んで

一番いい答えを決めること。

それも大事なことです。

私は 入間さんから教わった。

私の方こそ見てみたい。

裁判官としての
入間みちおの これからを。

香田さんは違うんですか。

お願いします。

いま一度 ご検討を。

もう 決定したことです。

何だ?

認めませんよ
入間君のクビなんて。

懲戒処分を受けた
ご子息の香田 隆久裁判官

近々
復帰するそうじゃないですか。

(井出)誤審して
それを隠そうとして

証人に圧力をかけ
証言まで ねじ曲げようとした

あの 香田 隆久裁判官。

(城島)
おいおい こいつは驚きだな。

(糸子)それって
お父さんの意向が働いたとか。

まさか 人事のトップが
それ やっちゃ駄目でしょ。

だったら
おかしいじゃないですか。

みちおさんの
今回のクビという処分。

比べても重過ぎる。

司法記者クラブの
ギター仲間に話してみようかな。

話してみよう。

脅しているのか。

まさか 脅すなんて。

われわれは
司法に関わる人間ですよ。

さて ここにいる
検察 弁護士 裁判官

その他
法曹界に関わる全員に聞きます。

入間君のクビは妥当か。

(一同)異議あり!

香田さん。

法曹界は 入間みちおを
必要としているんです。

♬~

何で みんな いないの?

何やってんの? みんな。
遅いよ…。

入間さん。

暖かい場所と寒い場所
どっちがいいですか?

はっ?

♬~

(富永)あら~。
(早紀)何なんでしょうかね これ。

今日から うちに来る裁判官の
所持品のごたるね。

何マニア?

東京地裁第3支部から これが。

(早紀)取扱説明書?

忘れ物ですよ カラスの絵。

君にあげようと思って。
差し支える?

差し支え… ありません。

熊本は どうですか?

空気がよくて 気持ちいいよ!

いいですか?
クビを ぎりぎりで免れた

温情人事を
無駄にしてはいけませんよ。

分かってるよ。
確認事項を。

法廷の秩序を乱す行為

裁判官としての品位を
おとしめる行為

公判の長期化を助長する行為は
常識の範囲内で行ってください。

具体的には…。
ストップ!

ちゃんと やると
約束してくれますか。

うん。

今の「うん」は怪しい。

実家の長崎から
そちらの支部は近いので

定期的に視察に行きますからね。

監視されてる感じで嫌だな。

感じではなく 監視です。

分かったよ。

そっちも約束 守ってよ。
坂間 千鶴。

はい。

私は
イチケイのカラスになります。

フハッ。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

それ ふるさと納税
返礼品コレクション。

お土産代わりに 欲しい物あったら
一つずつあげます。

(早紀)まさか あなたが。

裁判官の入間みちおです。

そうそう さっき
支部長から聞いたんですけど

馬刺し用の馬10頭が盗まれた案件。

被告人と被害者の証言が
まったく食い違ってるって。

えっ ええ…。

僕も入れて。
職権を発動する。

(2人)職権?

そう 裁判所主導で
あらためて 捜査をするんですよ。

フハッ。

[詳しくは
番組公式ホームページへ]