【よるドラ】きれいのくに(3)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】きれいのくに(3)[解][字]

若返り続ける妻・恵理(小野花梨)に夫の宏之(平原テツ)は…。物語は本章へ―大人が同じ男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)の顔をしている世界で高校生の青春が動き出す!

番組内容
20代の姿に若返った妻・恵理(小野花梨)。それは夫の宏之(平原テツ)にとって、自分と出会う前の見知らぬ女の姿だった…!そして物語は本章へ―若者以外の大人のほとんどが同じ男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)の顔をしている世界。隣同士の家に住む誠也(青木柚)と凜(見上愛)はお互いに恋心を抱いているが、コンプレックスを抱え、気持ちを言い出せずにいる。あるとき、凛は映画館で小野田(吉田羊)という女に出会い…。
出演者
【出演】稲垣吾郎,青木柚,見上愛,岡本夏美,山脇辰哉,秋元龍太朗,吉田羊,平原テツ,小野花梨,加藤ローサ
原作・脚本
【作】加藤拓也
音楽
【音楽】蓮沼執太

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 誠也
  2. 中山
  3. マジ
  4. 美容手術
  5. 浜野
  6. 貴志
  7. 恵理
  8. 子供
  9. 裏整形
  10. トレンド
  11. 倉田
  12. 彼氏
  13. ストップ
  14. 今日
  15. お前
  16. 吉野
  17. 禁止
  18. 毎年
  19. エキストラ
  20. お疲れさ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/06/13 16:39:12時点 Amazon調べ-詳細)

(ほえ声)

(宏之)恵理か?
(恵理)は?

恵理なんだな。
何が言いたいの?

お前はもう俺の知らない恵理だよ。

だから何? こないだからずっと。

お前は だから
恵理ってことでいいんだよな?

(ほえ声)

もう ちょっとうるさい!

(うなり声)

(ほえ声)

♬~

で 何だっけ?

ポンちゃんに
大きい声で言ったら 何かあれだろ?

人間 怖がるかもだろ。

ごめん。

それで?
え~っと 何が言いたかったんだっけ?

言いたかったっていうか だからその…

いくつだ? 何歳だ?

40…。
違うだろ もうだって それは。

どっから見ても
今 20代にしか見えないだろ。

何それ 若くなったこと? を
そんなふうに言われて

私どうすればいいのよ。
どうって どうとかは別に…

お前側のあれか 俺側のあれか
分かんないし。

は? 普通に若く見えるねとか
全然自慢とかじゃないけどあるよ。

いやいや そういうことじゃなくて。

何? 嫌なの? 若く見えんの。
見られたりすんの。

別に 嫌とかじゃないじゃないですか。
おかしいってことだから。

それでまあ完全に その
僕にしか そう見えてないから

僕が病院行けってことかもなんですけど。

じゃあ うれしい?
は?

うれしくないの?
何が?

会う前の私に見えてるんでしょ。
若い女の方が好きでしょ 男って。

何 急に。

別に。

何? 言ってよ。

いや そんな大したことじゃないよ。

ただ…

もっと早く 私ら出会ってたら
子供とかいたのかもねって思って。

な… は? 何だよ 急に。
いや別に急じゃないでしょ。

えっ 別に何か… 何?

恵理が …の年齢とか
俺らの子供とか関係ないと思うよ。

あるよ。

私 子供ずっと欲しかったけどさ

44にもなると
キス避けられたりするじゃん。

いや あれは…。

もっと私が…

ベストっていうか もっと若い

何か いい時だったら

子供とかいたかもね。

≪それで私 初めて話したんですけど

前の旦那との子供おろしてるって。

はい…。

だから できにくいとかも
あるのかもしんないって。

私のせいだねって。
年って取るばっかりなんだし。

それは ずっとその… 気にしてたの?

あ いや… 気にしてるよね ごめん。

毎年… 毎年 気にしてたよ。

ずっと我慢してたけどさ…。

前の子供の誕生日祝ってるのもそうだし

子供だって欲しかったし。

や うん… うん…。
うん…。

でもさ 子供欲しかったんなら

欲しかったって言えば
よかったんじゃない?

その 誕生日のこととかも。

言えないでしょ そういうこと。

言える? 無理じゃない?

いや うん…。

だとしても
それは何か お互い言えたらよかったよね。

ん? 何?

恵理だけじゃなくて
お互いの責任だと思うから 俺は。

ん…。

いや お互いのね。

遠回しに 私が子供欲しいって
言わなかったから

つくらなかったんですけどって
聞こえるんですけど。

いやいや あの
そういうことではないんだけど。

若く見えてるんだったら 何で昨日
チューしようとして避けたの?

や… それはだから
本当にそう見えてるからで

だから怖いってことであってさ。

病院でも行ってくれば?

病院にって言っても どこに行けば
いいとか分かんないですよね 普通に。

心の方? 脳の方? みたいな。

えっ 何て言うんですか。

僕の中で 嫁が若くなりましたけれども?

えっ… いや おかしいでしょ。

♬~

(フォークとナイフを置く音)

行ってきます。
行ってらっしゃい。

今日 雨降るかもだって。 傘 持ってけば。

そっかぁ 雨かぁ。

(鳴き声)

行ってくるね~。

♬~

いつになったら動くんだよ。

はっきりしろ はっきり。
間に合わねえだろ…。

(駅のアナウンス)
「ただいま前の駅におきまして…

ただいま電車が遅れております。

お急ぎのところ
大変ご迷惑をおかけいたします。

運転再開まで 少々お待ちを願います」。
(倉田)はいはい。 ああ すいません

もしかしたらというか
多分少し遅れるかなぁとは…。

(駅のアナウンス)「お急ぎのところ
大変ご迷惑をおかけいたします。

運転再開まで少々お待ちを願います」。

あ もしもし。
ごめんなさい 今 大丈夫ですか?

すいません 今ちょっと
電車が止まっちゃってて。 ええ…。

(倉田)痛っ…。 えっ ちょっとすいません。

(吉野)お前の傘だろ。 当たったぞ。

(倉田)いや 当たってないですけど
何すか。 いっ… ちょちょ…。

ちょっとすいません。 ちょっと
いったん切ります。 すいません。

え 何すか? マジ。
(吉野)お前の傘が当たったんだよ。

(倉田)当たってね… どうやったら
当たんだよ。 下向けて持ってんだろ。

ああ いや でも そうだな… 今日あんまり
2時よりあとは もう詰まってて…。

傘の真ん中持ってるやつに言えよ。
こうやって!

(吉野)あ?
(舌打ち)

(倉田)俺じゃねえんだから
どっか行けってことだよ じじい。

(ビンタの音)
(どよめき)

(倉田)
しゃべりかけてくんな マジ。 おう。

次しゃべりかけてきたら
殺すからな お前!

…ですよね。 ええ。 じゃあ だから

明日の午後で
またセッティングし直しますか?

ああ いえいえ 大丈夫です。
はい 合わせられるんで。 はい。

あっ いっ…。
(吉野)おい!

はい? ちょちょちょ… いっ…!

お預かりします。
今日はどうされましたか?

ああ… 何か その

目?
目?

ああ いや 目っていうか…。

ああ ちょっと赤いですね。
見えづらいとかありますか?

ああ… とりあえず異常がないか
見てほしいんですよ。

あ 何でもいいんですけど 脳か…

あ 脳ですね 脳を見てほしいんです。

あ~。

♬~

ずっとは その
今の恵理とはいれないかなって思って。

しばらく別のところ泊まってくる。
何でそうなるわけ?

異常とかなかったんでしょ?
だからってこと ないからってこと!

もう じゃあ

一緒にいられないってことじゃない?
そうとは言ってないじゃん。

いや そうじゃん
だって そうじゃん だって!

そんなの そっちの都合というか
その目で そう見えてんでしょ。

私 関係ないじゃん! ずっと
こんな感じなの無理とか言われてもさ。

そんな気になる?
なるだろ そりゃ。

自分も心配になるし。
そんな…

だってもう おかしいじゃん!

分かってるよ 俺だって!

(割れる音)
置け! ちょっ…。

(誠也)危なっ…。

置け! 投げ…。

置け!
うっ…。

やめろ…!
う…。

投げるな! やめろ!

♬~

(ゴーグルを外す音)

(浜野)誠也
まだ終わってないから ちゃんとつけて。

(誠也)いや酔う。 酔った。 目が痛い。

分かったから つけて。
全然分かってないじゃん。

違う。 分かったから つけて。

え~。

だって そっちじゃん それは。

俺が悪いんだけど
それは そう… 絶対にそう。

♬~

(監督)何で若く
見えてしまったんでしょうかね

宏之さんに。

分かんないですけど

そういう 若さとか

だから 若い方がいいし
かわいい方がいいし

望んでたんじゃないんですかね
無意識のうちに。

何か難しいですね。

パッと 外側を意識してないつもりでも
無意識に意識しちゃってたというか。

僕がそういう
気にしてたんだろうなと思います。

彼女の そういう年齢とか 余計な部分。

(ゴーグルを外す音)

まだまだ。

啓発映画をご覧の皆様 こんにちは。

皆様はすぐに 周りのトレンドに
流されたりはしていませんか?

監督の山内です。

あ~ 今年の啓発映画は

自分の見た目だったり
無自覚に他人の… え~ 目だったり

他人の見た目を意識していたりと
まあ そういったことを

分断されてしまったこの国の
現状と絡めて

え~ テーマとして絡めて作りました。

いかがでしたでしょうか?

今 この国の現状というのは
やっぱり何年か前にトレンドが来て

みんなも僕も 同じ方向を向いていないと
不安だという心から

大人たちが みんな
トレンドの顔に変えてしまって

ほぼ同じ顔になってしまって
招いてしまった現状だと思うんですよね。

皆さんは 美容手術が この国では
10年前から禁止されているということは

ご存じですよね。 現在 この国では
20代から50代の人の約8割が

トレンドの顔に
美容手術を施してしまって

ほぼ同じ顔になってしまいました。

ご存じのとおり 美容手術には
顔を直接手術する方法と

顔を手術したあと 遺伝子を編集して

子供も同じ顔になるように調整する方法の
2つがあり

同じ顔による犯罪
遺伝子の編集がエスカレートして

健康を害したといった背景が
大きな問題となって

美容手術が禁止された
といったわけでしたよね。

(浜野)はい じゃあ 外して~。

ああ~。

(れいら)う~ん… あ…。

(チャイム)

(凜)
誠也 文句言い過ぎじゃない ちょっと。

いや 今年のは酔うから マジで。

(浜野)じゃあ ゴーグル回収して。

そんな揺れるとこあった?
あったでしょ 物投げるとことか。

(凜)あ~ そっち目線のね。
めっちゃよけてたしね。

ああ…。

(浜野)はい じゃあ そういうことだから
来週同じ時間に 男女逆転でやるのと

あと これ 感想文 提出してね。

え~ 感想とかないんだけど マジ
毎年見てるし。

(浜野)ほら テーマとかあるだろ。

だから ほら 見た目についてとか
流行とか

お前たちだってさ ほら
かわいくいたいとか あるだろ? うん。

そうだ。 お前 裏整形 今 流行ってるだろ。

あ そうだ 裏整形 気を付けろよ。
裏整形の誘いとかな。

お前たちでも普通に捕まるからな
気を付けろよ。

(生徒)はい。

(浜野)はい ごめんね。

お疲れさまです。
(教師たち)お疲れさまです。

(浜野)お疲れさまです。
(2人)お疲れさまです。

(ため息)

2年 何人来てます?
12人で 休みなし。

はぁ。
3年生は?

2人休みで 11名です。
中等部は 何か休みが多いらしくて。

そうだね。
はい。

(誠也)
何か去年見た映画と全然違うかったね。

(中山)
何か今年の方がクオリティー高かった。

え でも全然意味分かんなくなかった?
(中山)分かんない。

(貴志)俺は正直ゴーグルつけながら寝てた
あの状態で。

(れいら)
ねえねえねえ 寝てたとかじゃなくて

貴志 ここ 唾たまってるよ。
吸って 吸って。

(唾を飛ばそうとする音)
ほら やめろや。

(貴志)裏整形とかもさ
ばれなきゃやってもいいよね 正直。

(れいら)貴志やった方がいいよ 全体的に。
(中山)俺の方 寄せてくる?

何だかんだ きれいだからね。
でも もうちょっと時代感じちゃうけど。

(中山)それな。
えっ どんなだったらしたい?

奥二重? (れいら)ああ~。
(凜)似合うかも。

確かにね。 フフッ。

えっ 何で?

おい ちょっと待ってよ!

♬~(「白い色は恋人の色」)

2 3 ヘイ!

♬~

♬「なつかしい白百合は恋人の色」

中山 何やってんだ?
♬「ふるさとのあの人の」

♬「あの人の足もとに咲く白百合の」
(貴志)おいっ!

足もとに咲く… 臭いよ!

♬「花びらの白い色は」
臭いっ!

何色ですか? はい!
♬「恋人の色」

♬~

疲れた。
(中山)古いね 選曲が。

いやぁ おばあちゃんが歌ってたんだって。
何か私 古い曲の方が好きだから。

俺も れいらから聞いて
何か歌えるようになったよね。 確かに。

失礼します。 お待たせしました。

(モニター音声)「ストップ! トレンド!
ストップ! 美容手術!」。

お下げしますね。 は~い 失礼しま~す。

(モニター音声)「美容手術は
法律で固く禁止されています」。

何か持ってくる?
いや 俺もう いいかな。

バイト行かなきゃ そろそろ。
(凜)先出る?

(誠也)うん 出る。
通れる?

(誠也)通れるよ。
フフッ。

アハハ 狭っ。
(笑い声)

(誠也)じゃあね!
(一同)バイバイ!

(中山)明日!
バイバイ!

♬~

ありがとうございました。

ただいま。
(和美)おかえり。

賄い 食べてきた? 食べたよ。
うん。

(次郎)ハハハッ…。
(テレビ音声)

風呂 沸いてるぞ。
うん。

(テレビ音声)
「これはまさに目が離せない…!」。

(着信音)

何時までいたの?

いや でも誠也が帰ってから
すぐかな 出たの。 30分くらい。

(誠也)マジ? すぐ出たの。
れいらもパパ活あったから。

へえ~。

(誠也)マジどうしよう 感想文 俺。

(凜)毎年もう書くことないよね。

何か裏整形とかさ そこまで見た目
気にしちゃうみたいなの

俺 分かんないよね。 毎年 思う。

え~ そう? 分かるけどな 私。

でもだってさ 何か

そんな感じの 見た目気にしてるとか
思われたくないみたいなのあんじゃん。

え… 私 気にしてるけど。

ブスだから。

え? ん~ いや…。

気にする。

ん~…。

俺らより大人の人って
みんな何で選んで結婚したんだろ。

う~ん 何だろね。
みんな同じに見えるからね。

まあ 見た目では好きになってないよね。

でも私 いいって言われたら

絶対気になってるとことか
やっちゃうもん。

顔とか…。
えっ?

ああ… うん。

「うん」って。

みかん あげる。 ういっ。

いらない。 食べなよ。

(凜)いや だからいらないって。
(誠也)ビタミン ビタミン

あげるって。

(浜野)はい じゃあ 前 回して。

(浜野)え~ ちょっと連絡事項があります。

うちの学校からね ちょっと
エキストラで参加することになりました。

(貴志)何に? 啓発映画っていうか
また来年の ほら あの…

ほらほら 見ただろ。 監督がさ
前に見た啓発の撮った人なんだって。

有名な人 来る?
(浜野)いやいやいや

顔違う俳優が必要なやつだからさ。

売れてる人気なのは
顔みんな一緒だから。

最近は 顔違う人も必要とされるみたいな
空気もあるからね。

出てる人からスターになる人いるかもよ。

♬~

今日 何時の回だっけ?
あ~ えっとね 7時15分。

あ 違う 5時15分だ 間違えた。
5時15分?

あっ 凜 ごめん。 今日あれだ。
(凜)え 何?

あれだ。 パパの予定 入れてた。

(凜)あ~ じゃあ行けない?

(れいら)うわ~
マジ チケットもったいない。 ごめん。

じゃあ 私一人で行ってくるね。
そうなっちゃいます?

いや チケット買ったじゃん 一緒に。

じゃね~。
(凜 れいら)バイバーイ。

じゃあ。
じゃあ。

♬~

ねえ エキストラって
俺もやんないとなのかな~。
えっ?

顔違う人必要なら
俺いらない気がするんだけど。

(貴志)ああ…
まあ でも しょうがなくない? 中山。

手伝いに行って いらないとか言われたら
傷つくし。

言われないでしょ。
(貴志)やんなくていいの よくない?

逆にラッキーじゃん。 ねっ?
いやいや エキストラやりたいんですけど。

(貴志)えっ やりたいの?
やりたいでしょ。

出たいの? えっ 出たいでしょ。
マジか。

出たいの? でしょうが。
えっ な… 何? 嫌なの?

嫌だよ 恥ずかしくね?
俺も別に出たくない。

あ みんな そんな感じなんだ。
そっか そっか。

(誠也)
撮影の人にばれなきゃいけそうだよね。

変に整ってるから ばれるよ 絶対。
うるせ~!

いや マジ 親が遺伝子編集したのを
ここで変なダメージ食らうとか。

ドンマイ。

♬「花びらの白い色は」

(あくび)

♬~

♬「ふるさとのあの人の」
ヘイヘイ!

♬「あの人の」

(中山)あ~ …ってか れいらって
何でパパやってんだろうね。

彼氏できないよね そんなんじゃね。

(誠也)
でもさ みんな大体のさ 顔は ほら

見た目はいいからね 結局。
悪い気はしないんじゃない?

見た目はいいって言っても
ちょい古いじゃん。

(誠也)自分で遺伝子ネタにすんなよ。
(笑い声)

あいつ いるけどね 彼氏。

(中山)えっ? 今いるんだ。

前のと別れてパパ始めたかと思いきや
いるのにやってんのか。

…ってかてか 誠也のこと好きかもとか?

いや ないっしょ。

えっ 彼氏 誰なの?
会ったことない。 ほかの学校だし。

(中山)いや~ ないわ マジで。
パパあり 彼氏ありは。

いや でも何か ごはんだけらしいよ。
(中山)いや…。

いや 俺もごはんだけでも嫌だわ。
彼氏だったら。

どんだけかわいくても無理かも
そんなんされたら。

誰の彼氏にもなったことないじゃん。
それ 中山もだろ。

(笑い声)

だとしても ちょっと考えちゃうよね。

(誠也)
れいらの何好きになったんだろうね。

(中山)そ~ね~。

(店員)いらっしゃいませ。

あ…。

あ…。

ですよね?
あ… です。

はじめまして。
あ はじめまして。

すいません。
(店員)いらっしゃいませ。

じゃあ コーヒーを。
じゃあ もう一つ下さい。

先いいですか…?
ああ… はいはい…。

え~…。
分かりますか?

これでいいのかな?
あ そうです。

(街頭アナウンス)
「待ち合わせや ご通行中の皆さん。

悪質な裏整形の客引きに ご注意下さい。

悪質な裏整形の客引きは 誰にもばれずに
コンプレックスを直せると語り

違法な美容手術に勧誘します。

違法な美容手術は 法律により

2年以下の懲役
もしくは 200万円以下の罰金…」。

(凜)映画館のビルって どれだっけ?

(小野田)どうぞお入り下さい。

はい どうぞお進み下さい。

はい…。

はい どうぞお入り下さい。

(着信音)

♬~

「ストップ! トレンド!
ストップ! 美容手術!

ストップ! 遺伝子の編集!

美容手術は法律で固く禁止されています」。

♬~

えっ…。

結局 この界わいで つきあうでしょ。

いる?
いらない。

誠也 本気出さないって言ったじゃん。

♬~