【よるドラ】きれいのくに(6)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】きれいのくに(6)[解][字]

誠也(青木柚)がれいら(岡本夏美)と二人で会っているのを目撃し、傷ついた凜(見上愛)は、パパ活を始める。しかし客の千葉(山中崇)に怪しい場所に連れていかれて…!

番組内容
凜(見上愛)は、誠也(青木柚)がれいら(岡本夏美)と二人で会っているところを目撃し、傷ついていた。さらに顔のコンプレックスの悩みが増大し、法律で禁止されている美容手術に興味を募らせていく。そして“パパ活”を始めて…。その頃、映画監督(稲垣吾郎)が新作の撮影のために高校を訪れる。凜はそこにいた女優・安藤(小野花梨)、パパ活の客・千葉(山中崇)との出会いで、禁断の闇世界に足を踏み入れることになり…?!
出演者
【出演】稲垣吾郎,加藤ローサ,青木柚,見上愛,岡本夏美,山脇辰哉,秋元龍太朗,山中崇,平原テツ,小野花梨
原作・脚本
【作】加藤拓也
音楽
【音楽】蓮沼執太

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 安藤
  2. 裏整形
  3. 貴志
  4. 今日
  5. 小宮
  6. 中山
  7. 普通
  8. 本当
  9. ブス
  10. 結局
  11. 大丈夫
  12. コンプレックス
  13. 興味
  14. 結構
  15. 千葉
  16. 馬場
  17. お願い
  18. お父さん
  19. ダメ
  20. バイト

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/09/17 21:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

(ドアの開閉音)

(凜)れいらのさ あの…。
(れいら)うん? 何?

あれ教えてほしいんだけど。
アプリ パパの。

え 何で?
いや う~ん 何か 私もやってみよっかな。

え~ 何で?

変わりたいなっていうのがあって?
うん かな。

凜がブスなのに
ひも付きのズボンはいてる。

男みたいなズボンだから ブスなんだよ。
(笑い声)

(凜)別にこれ 女子でもはくし。

(男子)「別にこれ 女子でもはくし」だって。
(笑い声)

(女子)
お父さん ギャランドゥ 見えてるよ。

(女子)お父さん 見えてるって。
(笑い声)

(男子)なあなあなあ 凜 狙おうぜ。

(男子)ブスの顔 当てよ。

(男子)口でかいから
口でキャッチするかも。 (笑い声)

いっ…。

(ホイッスル)
(先生)続けて 続けて。

(ボールが当たる音)

♬~

(れいら)凜。

(中山)え? 何してんだろ?
ねっ…?

どっち行くんだっけ? こっち?
えっ? ういってやんないの?

いいじゃん 別に。

だから 何か れいらが好きなんじゃない?
中山のことが。

いやいや… そういう話じゃないじゃん。
避けられてるから。

いや 例えばの話だから。
いやいや ないよ。

だって やっぱ うん…。 顔 あれだし。

ねっ。
ローンで遺伝子いじったらしいけど

何か それのせいで ほら
昔 俺 いじられてたじゃん 結構。

「お父さん」とか。
アハハ… あれね。

笑ってたじゃん。 やだった?

うん… まあ 今はもうあれだけど
小学校の時はね。

でも 何か 別に あれだよ
私より ましだよ。

結局さ 中山の顔って きれいじゃん。

ほら 私 ブスだから。

あ いや 俺は そうは うん…
思わなかったけどな。

ブスだよ。 結婚とかもできる気しない。

いずれできるよ。 そんなん言ったら
遺伝子いじってる俺とのハーフきついし

俺の方ができない気がする。
いや ブスとのハーフのがきついよ。

いや 何だかんださ 自分の子供が
ブスって言われてんの見たくないし。

いや…。

あ…。

バイトだったんだよね?
(誠也)そう。

今日 バイトじゃないでしょ?
えっ 何で?

アハハ… ほら バイトじゃない。

えっ… いやいや
今のは別に うそとかじゃないよ。

いいけど別に。

ただいま。 (雅夫)おかえり。
(道子)あ ちょうどよかった!

ロールキャベツじゃん。 おいしそう。
手 洗ってくる。 は~い。

「まあ 整形者で
お子さんを持っていらっしゃる方は

非整形者 まあ つまり プレーンの方を
家族に持つということになりますから

まあ 逆に ぎりぎり ゲノム整形をした
世代もいるわけですから

まあ それぞれ 価値観が…」。
お父さん。

うん?

うちは何で遺伝子まで整形しなかったの?
そうだな…。

どうせやったんだったら
やればよかったじゃん。

お金が結構かかるから。
いや お金はいいとしてもさ

まあ 一時期の ただの流行だったからさ。

(道子)だから そこまで お金かけてもね
ってことでしょ。

いや お金はいいんだけどさ
結局かけるんだから。

そんな興味なかったんだ。
そうそうそう。

まあ やっていないと
結構 会社とかでも… 何て言うのかな

まだなんですか? とか言われてたからさ。
うん。

今となってはいいんだけどね。
え 何で? あっちの顔で生まれたかった?

う~ん…。
まあ でも 最近の凜見てると あれだぞ

昔の母さんに似てきてるぞ。
えっ うそ~?

いや 私 見たことないから。
確かに うん 確かにそうだ。

(道子)そうかしら。
(笑い声)

♬~

(貴志)
中山 マジどうすんの? 出番来たら。

え~ どけって言われるかな?
勝手に協力させといて それはやばい。

でもさ 顔 これ結構 がっつりめに
映るところカメラ来たら 映るよね。

や… うん だから 伏せた感じでいく。
出たいので私。

(笑い声)

…ってか どんなあれなんだろうね。
俺ら 台本とか もらえないのかな。

いや~。
もらえないでしょ さすがに。

どんなあれなんだろうね。 誰 来んだろ?

…ってかさ 前 啓発の映画のに出てた人
映画館でバイトしてたって言ったっけ?

言ったか。
え~ 分かんない。 言ってたかも。

あ 3人の時 言ってたかも。
かなぁ。

(助監督)え~ 皆さん! じゃあ これから
安藤さん こっちに来られますんで。

来られましたら 温かい目線と笑顔
お願いします!

(貴志)ハハハハッ。
何笑ってんの? 全然面白くないでしょ。

めっちゃ面白かったっしょ。
いやいや そう? えっ マジで…?

(安藤)おはようございます。
どうぞ。 おはようございます。

…っていうか こないだの啓発映画の
最後の人じゃんね。

うん。

よ~い。
(カチンコの音)

先生 奥さん 子供できたって
本当ですか?

ああ まあ 本当。

おめでとうございます。

ああ うん ありがとう…。

やっぱ奥さん
ちゃんと好きですか?

前も言ったけど
俺は子供もできたし 好きだし…

君は生徒だし…。

(監督)カット!
はい カット!

(監督)田中君 ちょっとちょっと。

撮影の人って大変そうだね。
ね…。

(監督)
あっ ごめんなさい。 ああ あなた。

あのご両親って もしかして
遺伝子編集…?

あ… そうですね。
あ~ そうか やっぱりそうだよね。

すごい申し訳ない。 本当にごめんね
確認しとけばよかったんだけど。

あっ そっか そっか そうだよねぇ。

いや あの この作品ね
やっぱり顔が違う人たちで

作らなきゃいけないみたいなのが
結構あったりとかして。

あ やっぱり そうですね…
あの 思いましたもん それは。

申し訳ない 本当に。
まさか いると思わなくて。

あ いえ 全然 こっちの
遺伝子のせいなんで。 いえいえいえ…。

さっきの大勢のところは
顔ほとんど映ってないから大丈夫なんで

このシーンさ ちょっと
遠くにいてもらえるかな。 遠くの方に。

あ 分かりました。 うん ごめん!
じゃあ 遠くの方で はい。

ほんと申し訳ない。 申し訳ない。

じゃあ こちらに。
あ はい。

(助監督)すいません 皆さん
1つ前のシーンに戻ります。

シーン33でお願いします。
(スタッフたち)はい。

こないださ あの~
見たんでしょ 俺と れいら。

え… ああ うん。

まあ 俺らのあの約束
…の前に約束してたんだよね。

で 忘れてて 言いにくくて
ちょっとあれして…。

そうなんだ。
そう。

いや 見てたのにさ 見たって
会った時言わなかったじゃん 凜。

言ってよみたいな。
いやいやいや…。

何か隠してたのかな~って思うじゃん。
いやいやいや。

何する約束したの?
えっと 家で飲む? みたいな。

あ 結局 酒買えなかったんだけど。
あ へえ~。

まあ だから あんま別に
何もしなかったんだよね 結局。

フッ… 何か ばったり見んの
2回目だよね。 小学校の時とかね。

うい。
(凜 誠也)うい。

あ ごめん。

♬~

おう 終わった?
(中山)あ~ いや~ 何か…。

監督と集まってたのって何だったの?
あ うん だから何かね…。

え なになに? いやいや ちょっと…。
何?

いやいやいや…。
(安藤)こんにちは~。

ああ ど… どうも。
ごめんなさい 何かミスみたいで 制作の。

何か 僕の何か 顔の問題なんで。
全然大丈夫です。 (安藤)いやいや…。

あ 呼ばれてたのって
結局 顔の問題だったんだ。

ああ まあまあ そうそう…。
結局あったんだな その問題。

本当にごめんなさい。
あ いや 全然
安藤さんは謝らないで下さい。

全然 誰もあれなんで。

皆さんも 本当に
ご協力ありがとうございます。

(助監督)はい カット オッケー。
皆さん お疲れさまでした!

お疲れさまでした。
お疲れさまでした。

今日 打ち上げでしょ このまま。
いいよ。 どこする?

あのね~ 私 今日 でかめのトピックある。

何それ?
う~ん ちょっ 今の彼氏と別れてくる。

え そうなの? うん。
でかトピックじゃん。

そうだよ でかいよ。 ぶちかましてくるわ。

(貴志)えっ 凜は?
あ 私 今日ちょっとダメなんだよね。

あ そうなの?
うん。

(貴志)じゃあ… 今日みんなダメな感じだ。

じゃあ 俺らだけで行こっか。
うん いいよ。

じゃあ ごめん 私行くね。
バイクで近く迎えに来てくれてるから。

うい。
私もごめん ちょっと忘れ物。 バイバイ。

じゃあね。
バイバイ。

見に行く? 彼氏。

(中山)いや いいよ 別に。

♬~

≪(街頭アナウンス)
「待ち合わせや ご通行中の皆さん

悪質な裏整形の客引きに ご注意下さい。

悪質な裏整形の客引きは 誰にもばれずに
コンプレックスを直せるとかたり

違法な美容手術に勧誘します」。

(店員)いらっしゃいませ。

(千葉)どうも? かな。

あ はい こんにちは。

決済ボタン 押すね。

(電子音)
ありがとうございます。

あんま慣れてない?
あ はい。

緊張しなくていいよ。 俺 慣れてるから。

楽しくしゃべろうね。
はい。

(店員)いらっしゃいませ。
ご注文はお決まりでしょうか?

え~っと コーヒー? コーヒーでいい?
あ はい。

アイス? ホット?
あ じゃあ アイスで。

アイスコーヒー。
(店員)かしこまりました。

ハハ… どうしたの?
やっぱ緊張しちゃう?

ああ いや あの
顔があれだなって。 珍しいなと思って。

あ~ ハハハ まあ いや そうね。

俳優さんですか?
いやいや まさか まさか。 珍しい?

そうですね… 時々 見かけはしますけど。
大人で知り合いとかにはいないです。

うん… ご両親は?
あ 顔やってます。

だよね。

まあ こういう顔の人は
こういう顔同士だらけで

知り合いの輪みたいになるからね。

それよりさ 何でこの活動始めたの?

ハハハハハ… 俺 そういう事情聞くの
大好きなんだよね。 ハハハッ。

まあ でも言いたくなかったら
いいんだけど。

どうぞ。
「どうぞ」って。

(笑い声)

どうぞ。

う~ん 何か 変わりたいなと思って。

あ へえ~。 ああ そうなんだ。

え 何が?
あ いや まあ 全体的に。

何で? 別にそのままでいいじゃん。

いや… うん まあ いろいろ
コンプレックスとかもあるんで。 顔とか。

いや でも
みんなコンプレックス抱えて生きてるよ。

そんなもんだよ。
いやいやいや…。

みんな悩みながら 耐えて生きてるからさ。

うん… でも
みんなが悩みながら耐えてるからって

私も そうしなきゃいけないって
理由じゃないですし。
まあ そうね。

みんながみんな コンプレックスに
耐えられるわけじゃないじゃないですか。

うん…。

君さ… 裏整形って興味ある?

まあ例えばさ
僕とかが整形しなかったのは

流行に乗らなかったってのが一番かな。
ああ…。

でも あそこで興味ありますって
言っちゃったらさ ダメじゃん。

それで本当に 僕がそういう
勧誘の人だったら連れてかれてさ

ばれたら もしさ 逮捕だよ。

…はい すいません。

で… これはどこに?

警察ですか?
いや 違う 違う。

いきなり僕も逮捕はできないよ
実際のところさ。

現行犯というか
顔やったよねって分かんないと。

ああ…。

(千葉)ういっす~。
お疲れさまです。 うい。

♬~

(千葉)うい。

どうぞ。

あの 何か 私ここ 普通に大丈夫ですか?

いやいや 大丈夫。
ここ知り合いのお店だから。

マジで大丈夫。 ここにいる人の 一回誰か
とりあえず話聞いた方が絶対いいよ。

はぁ…。
ここ みんなね

今ちょっとテレビで問題になってる
風当たりが強い人たちあるでしょ

あれの プレーンの集まりだから。
そういう場所なの。

♬~

あ…。

えっ 知り合い?

何か撮影で今日 エキストラに
協力してもらってる学校の生徒の子。

ああ そうなんだ。
うん。

でも 知り合い見つけれてよかったよ。
(小宮)知り合いってほどでもないけどね。

ああ 大丈夫? 迷子になんなかった?
はい。

ちょっと挨拶してくるわ。 話して 話して。
ここ いい人ばっかりいるから。

はい…。

(安藤と小宮の笑い声)
面倒くさい。

(店員)蜈蚣グミでございます。
ん~! ありがとうございます。

食べる?
あ… 大丈夫です。

え~!? 食べないんだ。
美容にいいんだよ 蜈蚣。

昔 流行ったんだよね。
そん時 蜈蚣のお菓子めっちゃ出たんだよ。

私 これ大好き。
へえ…。

(小宮)若い子は知らないよね これ。
(安藤)一時期みんな食べてたのに。

やっぱ5~6年違うと そうなのかもね。

ねっ。
3つ違ったら だいぶ ばばあだよね。

えっ? (小宮)ううん。
ここ どうよ?

ああ… あ 何か すごい
プレーンな顔の人たちが いっぱいいて

すごい新鮮です。
(小宮)あんま見たことないよね~。

何で千葉さんに連れてこられたの?
裏整形しようとしてたの?

え? いやいやいや…。
(小宮)いや 絶対そうでしょ。

そうじゃないと
ここ連れてこられないじゃん。

いや… まあ でも
しようとまではしてないですけど。

(小宮)
あの人 パパ活のサクラやっててさ

裏整形したいとか そういう話を
わざとして 興味あるって言った子

ここ連れてくんのよ。
警察だからね あの人。

聞きました。
(小宮)まあ でも警察の中でもね

あの顔だから
そこまで立場ないみたいだけど。

会社からだ ごめん。
うん。 はいはい もしもし。 はいはい…。

ふ~ん…。 ん?

そっかぁ 興味あるって答えたんだ。

いや… まあ うん はい。
(笑い声)

あ あれですか? あの 何か
やっぱ ここにいる人たちって

差別とか受けてるんですか?
何かしらの何かはね。

何か 私たちも同じはずじゃないですか。

でも テレビで言われてるほど
実感ないなっていうか。

世代がね 違うからね~。

でも まあ 違うことに 敏感というか
その 反感を持たれるのは

大人になってからかもね。

ねえねえ それより凜ちゃん。

私は裏整形してるよ。

え…。

[ 回想 ] フフフフ…。
えっ…。

何笑ってんの?
いや…。

ひ… 必死じゃん。

いや ウケる。

(笑い声)

♬~

[ 回想 ] 凜。

♬~

馬場さん。
(馬場)おう 千葉ちゃん。

この子 カード作ってほしいんだけど。
(馬場)ああ いいよ。

お願いします。
ここに名前書いて。

で ここ来たら ワンドリンク最初絶対で
そのあとは自由だから。

ワンドリンクのお金だけ持ってきてね。
はい。

お酒ダメよ。 まだ高校生だから。
出さないよ。

ここの「きれいのくに」は
馬場さんと作ったんだよね。

何かさ 俺らが集まる場所
作りたいよねって。

まあ 俺 副業ダメだから
裏でやってんだけど。

こないだ ばれかけてたよな。
ああ? 何言ってんだよ。 ふざけんなよ。

「ふざけんな」って何だよ お前。
あれ 馬場さんのせいでしょ~。

違う 自分が悪いんだ…。

♬~

[ 回想 ] え 何で?
あっちの顔で生まれたかった?

♬~

(街頭アナウンス)「悪質な裏整形の客引きに
ご注意下さい。

悪質な裏整形の客引きは 誰にもばれずに
コンプレックスを直せるとかたり…」。

≪(安藤)私は 裏整形してるよ。

裏整形って…。
部分整形。

あ… はぁ へえ~。 そうなんですか。

ええっ やってるんですか?
ダメだよ 言ったら。

あんな作品にね出てんのにね。 フフッ。

何でやったんですか?
別に してもよくない?

自分のコンプレックスくらい
直してもいいかなみたいな。

嫌なとこ直したらさ
やっぱポジティブになるじゃん。

なのに 整形 全部禁止にして
おかしくない? みたいな。

だって あるでしょ? 気になるところ。

あ… あります。
でしょ。

本当に気になるんだったら
また ここおいでよ。

♬~

皆さん おはようございます。
(一同)おはようございます。

え~ 本日2日目 よろしくお願いします。

間もなくですね 安藤さん入られますので
準備お願いします。

れいら。
うん?

昨日あれ 結局 彼氏と別れたの?

別れた。
あ そう。

えっ 正直さ 何で別れようと思ったの?

え… 別に何となくでしょ。

あ… へえ~。
あ うん。

安藤さん 入られました!
おはようございます。

(助監督)あちらのお席で。

じゃあ 今日 れいらの失恋ということで
どちらに行こうか?

あ~ 行く? どっか。
あ~…。

私 ごめん ちょっと。
おお。

ん~ 凜いいなら 私も今日いいかな。

(貴志)えっ れいらの日なのに?
うん。

(貴志)つらいっしょ?
つらくないわ。

失恋ね~。
失恋じゃないし。

じゃあ。
(中山)うい~ じゃあね。

えっ? じゃあ。
うい。

(中山)じゃあね。
(貴志)うん じゃあね。

待って待って 待って待って!
えっ? どうしたの? 貴志とか。

先帰っちゃった。

え 何?
や… うん。

何か 彼氏と別れた?
うん 別れたよ。

あ~… 別れたのって 俺のせい?

えっ 別に。 えっ それ?

あ… いやいや うん。

何で れいらはさ その…
セックスして普通なの?

えっ? 何それ?

いや 結構普通だなって思って。

普通に 何か 普通にできんだって思って。

俺 ほら 昔 小学校の時とかも
キスとかあったじゃん。

あ~ あったね。

えっ?
別に普通に戻ればいいだけじゃないの。

や… でも何か うん
ちょっとあるでしょ 何か。

普通じゃない感じになるじゃん。

え 何? つきあいたいの? つきあう?

えっ?
いや 分かってるよ。

別に私も つきあいたいとか
思ってるわけじゃないから。

あ うん だよね。
うん。

まあ 別にみんなやってんだから
そこら中で。 うんうん…。

で 普通に歩いてるし 別に普通でしょ。
確かに 確かに。

…てか 私
あれ 1カウントにしないことにしたから。

えっ?

練習ってことにした。

あ~ ね。 はいはい。 そっちね。

うん。

♬~

言えないことって増えてくよね。

いいかげん こっち見ろよ。

お前 こっち見ろ!

トレンド的な? みんなが好きなものを
好きになれないみたいな。

じゃあ 自分の顔は好きですか?

♬~

♬~