大豆田とわ子と三人の元夫 #09【最終回直前・クライマックス!とわ子の決断】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

大豆田とわ子と三人の元夫 #09【最終回直前・クライマックス!とわ子の決断】[字][デ]

最終回直前!ついにクライマックス!幸せになることを諦めないとわ子の決断は・・・!? 松たか子 岡田将生 角田晃広 高橋メアリージュン オダギリジョー 松田龍平

番組内容
ビジネス上は敵対関係にありながら、心を通わせる大豆田とわ子(松たか子)と小鳥遊大史(オダギリジョー)。ところが、社長からの恩義に縛られることなく生きることを選んだ大史は、かねてから誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断。さらに、現地では建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして、とわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズをする。
番組内容2
そのことを田中八作(松田龍平)に伝えた大豆田唄(豊嶋花)は、「取り乱すから」と中村慎森(岡田将生)には内緒にしておくようお願いするが、運悪くそこへ慎森が現れる。その後、バッティングセンターで大史と待ち合わせていたとわ子の元に、なぜか八作、慎森が現れる。慎森いわく、八作がプロボウラーと結婚することになった、と。困惑しながら結婚報告する八作の話を聞いていたとわ子だったが、
番組内容3
そこに遅れてきた大史が現れて…。唄の応援もあり、四度目の結婚や新天地での生活に期待をふくらませつつも、一方では社長として会社と社員たちの行く末も気になるとわ子。そんな彼女に対して、元夫たちはそれぞれの思いを胸に行動を起こす。
出演者
松たか子
岡田将生
角田晃広(東京03)
 ・
松田龍平
 /
高橋メアリージュン
豊嶋花
伊藤沙莉(ナレーション)
長岡亮介
オダギリジョー
 /
近藤芳正
岩松了
スタッフ
【脚本】
坂元裕二
【音楽】
坂東祐大
【演出】
瀧悠輔
【プロデュース】
佐野亜裕美
【制作協力】
カズモ
【制作著作】
関西テレビ
ご案内
【番組HP】
https://www.ktv.jp/mameo/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 社長
  2. 大豆田
  3. 一瞬
  4. 結婚
  5. 自分
  6. 一緒
  7. 大丈夫
  8. 夫婦
  9. カレン
  10. プロポーズ
  11. 意味
  12. 松林
  13. 大史
  14. 元夫
  15. パートナー
  16. 最悪
  17. ピン
  18. マレーシア
  19. 彼女
  20. 悠介

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/06/13 16:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

(大豆田とわ子)
おはようございます。

(従業員たち)おはようございます。
(カレン)あれ? 社長

それって もしかして。

あっ これのこと?

ふふっ
もう やだ 気付いちゃった?

(カレン)おめでとうございます。
おめでとうございます。

やめてってば こんなの私
慣れてるんだから ふふっ。

はい どうぞ
どうぞ どうぞ どうぞ。

どうぞ どうぞ ははっ

どうぞ 見て はい はい 見て。
はははっ。

(カレン)
4回目おめでとうございます。

ありがとう。
(悠介)すごい。

ありがとね みんな ありがとね。
ははっ。

サンキュー。

サンキュー
どうも サン… ははっ。

痛っ。

≪ゴー…

(ナレーション)<キッチンの
換気扇 付けっぱなしだった。>

<地味にうるさい。>

< けど
消しにいくのも めんどくさい。>

ゴー…

≪ゴー…

<負けた。>

♬~

<蓋を剥がしきっていないのは

半分しか食べないぞという
決意の表れ。>

♬~

うわ!

< おかしな夢を見たのも

換気扇の音で眠れなかったのも

夜中のプリンにも

全て訳がある大豆田とわ子。>

(回想 大史)

知り合いが
マレーシアで会社をしてて

ずっと誘われてたんです。

大きな仕事じゃないけど
家も用意してくれるし

自分の時間も増えるから
数学の勉強も

始めることができる。

(大史)その会社は
不動産も扱ってるんで

きっと建築 設計の仕事も
見つかるはずだと思うんです。

(大史)
僕と一緒にマレーシアに行って

この家で
のんびり暮らしませんか?

人生を一緒に生きるパートナーに
なってくれませんか?

< そこから先も
会話は続いたけど

全部 同じに聞こえた。>

パートナーに
なってくれませんか?

パートナーに
なってくれませんか?

パートナーに
なってくれませんか?

(唄)来たか プロポーズ。

ふふっ 違うよ

人生を一緒に生きる
パートナーだよ。

ふふっ それ プロポーズだね。

プロポーズか。

ふふっ
最高じゃん すぐ返事しなよ。

あのさ
私 一応 会社の経営者なんだよ。

寿退社すればいいじゃん。

社長の寿退社 聞いたことある?

今まで3回 受けてきたんだから

4回目なんて
目つむって受けれるでしょ。

キャッチボールみたいに
言わないで。

唄のパパからはされてないし。

パパ プロポーズしなかったの?

まあ 何となく気が付いたらで。

家まであってさ。

女として これ以上の幸せがある?

(唄)あっ そう
ママね プロポーズされたよ。

過去2回見てきた私の経験だと

これは結婚あるね。

(田中八作)ふ~ん。

何 ふ~んって。
いや ふ~んは ふ~んだよ。

ふ~ん。

唄はママに似てるね。
≫(ドアの開閉音)

慎森には ないしょね
取り乱すから。

♬~(店内のBGM)

♬~

(中村慎森)唄ちゃん。
ん?

ワッフルいる?
いる。

僕には ないしょって
何のことだろう。

聞こえてた?
もちろんさ。

よし さあ 帰ろう。
えっ?

じゃあね~。
じゃあね。

何ですか? 僕に ないしょって。

中村さんのことじゃありませんよ。

ふふっ 何で見つめるんですか?

ははっ
そんなに見つめないでください。

大豆田とわ子のことですか?
あるいは

大豆田とわ子と
あなたのことですか?

わかりません 知りません。

あなた まさか彼女と続編を

制作しようとしてるんじゃない…。
続編 作りません。

僕と彼女のことじゃありません。
だったら何ですか?

僕 結婚するんです。

誰と? 何て名前の人ですか?
3 2 1。

や… 屋敷佐和子さんです。

屋敷佐和子さん

プロボウラーですよ。

この人です。

プロボウラーと
どこで知り合ったんですか?

ボウリング場です。
それは そうか。

えっ ということは…。

(マナーモード)

大豆田とわ子には
伝えたんですか?

電話 出なくていいんですか?
佐藤さんなんで。

えっ?

僕の名前は
何て登録してあるんですか?

ないしょです。
見せてもらってもいいですか?

いや 見せないです。
見せてもらってもいいですか?

あっち行ってください。

♬~

ごめんなさい。

あっ いえ ごゆっくり。

大丈夫です はい。 は~い。

≪(ドアの開閉音)

えっ?

何?
ここってストーカーセンター?

プロボウラーと
どこで知り合ったの?

ボウリング場だって。
それは そうか。

えっ ていうか… えっ ほんとに?

自分でも こんなことになるとは
思わなかった。

あぁ~。
気が付いたら とんとん拍子で。

そうなんだ。

一旦 転がりだしたら
もう止まらなくて。

今のボウリングの例えだね。

だね 彼女の口癖?

まあ。
心のピンを倒されたんですね。

(慎森・とわ子)ははははっ…。

ストライク!
ストライク ははははっ。

心のピンが… 心のピンが~。

ていうか うそでしょ?

うそです。
えっ?

こんなに つらいことになるとは
思わず つい。

じゃあ 一体
誰と誰が結婚するんですか?

何で こっち見るの。

つい。

どういうこと? どういうこと?

薄く… 薄く
そういう話が出てるだけだよ。

誰に心のピンを倒されたの?

まだ倒されてないよ
返事してないもん。

返事? 誰に?
はぁ~。

あっ
ちょっと待って ちょっと待って

近すぎる。

この距離では安心して聞けない。

あっ!

ふぅ… はい。

遠いな。

あぁ ごめんなさい
遅くなってしまって。

あっ… いえ。

お知り合いですか?

いや… あっ はい

元夫です。

あっ。
あっ あの遠くにいる人も。

あぁ~ あの弁護士さんが。

あっ ごめんなさい
お邪魔しちゃって。

違うんです
この人たちが尾行してきただけで。

どうも。
あっ どうも。

彼女の心のピンを
倒そうとしてるのが

あなただけだと
思わないでくださいね。

何言ってんの?
ねっ。

あっ はい。

彼女のこと あれですよね?

はい 好きです。

ぼ… 僕だって。
あぁ いや 僕だって。

< これも夢か?>

<違うな。>

ははっ 下手くそ。

うわ!

ははははっ!ひひひひっ。

♬~

♬ 口びるあなたのシャツに
押し当てて

♬ ギリギリ心のそば 近づけば

♬ 恋も夢も 明日君のもの

<何だかんだ言って
まんざらでもない大豆田とわ子

今週 こんなことが起こった。>

<3番目の元夫に襲いかかる
大豆田とわ子。>

<最初の元夫を門前払いする
大豆田とわ子。>

<4度目の結婚あるやなしやな
大豆田とわ子。>

<決断のときを迎えた
大豆田とわ子。>

< そんな今週の出来事を
今から詳しくお伝えします。>

♬ 愛がずっとひとりぼっち

「大豆田とわ子と三人の元夫」。

♬ よと…

ははっ。

<社内で もめているのだろうか

会議に来なくなった小鳥遊大史。>

(藍)大豆田さんが この会社を
経営する利点って何でしょう。

(若木)見つかりませんよね。

<大丈夫かな。>

ここ タイルの変更…。

(六坊)あっ すいません 一瞬
待っててもらっていいですか?

はい。

<人によって一瞬って違う。>

あっ すいません どこらへんに…。
(六坊)お待たせしました。

<彼の一瞬は20秒。>

(諒)あっ ごめんなさい

一瞬 いいですか?
はい。

う~ん。

(諒)すいません こちらです。

<彼の一瞬は12分。>

(頼知)確かに
人によって一瞬って違いますよね。

(悠介)あっ すいません
一瞬いいですか?

僕の一瞬は せいぜい2秒だけど
君の一瞬は何秒?

(悠介)これを大壺さんに渡して…。

17秒かな。

(悠介)大壺さん!

まあ 人生って長いから。
ははっ。

松林さん

一瞬いいかな?

社長のご飯 食べるの久しぶり。

上司の家に呼ばれて ご飯
食べさせられるの嫌じゃない?

社長は上司って感じしないから
ふふっ。

あっ 嫌みで言ってないですよ。

ははっ 嫌みでも何でもいいよ。

あなたの意見で
今まで どれだけ助かってきたか。

ふふっ。

松林さん しろくまの社員
41人のこと どう思ってる?

好きですよ。

松林さんが経営者になるとしたら
社員はどうする?

う~ん 数名残して
特許管理会社にするのが

一番 利益を生みますね。

そうか~。

でも それじゃ意味がないし
未来もない。

全員残して
マディソンと折り合いつけて

バランス取っていくっていうのが
今の考えです。

そうか。

そしたら
私に社長 譲ってもいいですか?

いいよ。

もしね もし そうやってね
みんなのこと…。

ううっ…。

えっ どうしたの?

何でもないです
何でもありません すいません。

ごめんなさい ごめんなさい。

松林さん?

せっかく社長 頑張ってきたのに
ううっ…。

ははっ ばか 泣かないの。

松林さんは間違ってないよ。

ううっ…。
ふふっ。

<マレーシアに行けない理由が
また1つ減った。>

よ~し よしよし…。

< これ 先輩んちの犬を
洗っている中村慎森。>

ん?

(鹿太郎)あっ 慎森? 僕です。

ブチッ

僕はね 犬を洗うことが
何よりの幸せなんだ。

何でトリマーに
ならなかったの?

そうだね。
僕の人生は間違えてばかりだ。

(萬田)
ワッフル頂いたから食べなさい。

はい。
はい。

(萬田)悪いね。
いえ これぐらいの大きさの犬は

毎日でも洗いたいので。
ははっ。

マディソンのことだっけ?

あそこの社長は
相当むちゃしてるよ。

実はさ…。

♬~

あっ 中村君?
はい。

さっき何で電話切ったの?

犬を洗ってたんで。

君 僕の用事より
犬洗うほうが大事だって言うのね。

ちょっと今
長期撮影で広島来てるんだけど

なかなかのトラブルに
ちょっと遭っちゃって…。

ブチッ

♬ ポケットから千円 去年の千円

ははっ よし。

(LINEマナーモード)

(マナーモード)

≫ピンポーン!(インターホンの音)

待ち合わせする
それはとても普通。

電話かかってくる
それも まあ 普通。

家に いきなり来る 最悪。
外は危険でいっぱいだよ。

もう行かないといけないの。
知らない人から

道を聞かれるかもしれない。
教えてあげる。

どこに行きたいんですかって
聞いたら

どこだと思います? って
聞かれるかもしれない。

あぁ~ 外は怖い怖い。

どいて。
どかない。

えっ? ちょ ちょ…。

僕は君を
危険から守ろうとしてるんだよ。

守らなくていい。
もう 時間ないんだから。

何? 何してんの? ちょ ちょ…。

開けなさい 開けなさい。

ちょ… あっ!

はぁ… 何で?

あいつは最悪だ。
えっ?

≪ひげの人だよ ひげを
ちゃんと そらない人のことだよ。

小鳥遊さん?
名前なんて知らない

ひげの人のことを言ってるんだよ
僕は。

ひげの人が どうかしたの?

≪(ドアの開閉音)

ああいう人はね
ろくなものじゃないね。

うそつきで でたらめで
いんちきだ。

もう人の悪口とか言わないって
言ってなかった?

悪口じゃないよ
いい意味で言ってるんだよ。

いい意味で
最低 最悪だって言ってるんだよ。

いい意味で最低 最悪って何?

いい意味で
地獄に落ちればいいと思うね

いい意味で。
いい人だよ?

それは何?
悪い意味で いい人ってこと?

確かに
仕事では対立関係ではあるけど

プライベートでは すごく
ちゃんとしてる人なんだよ。

君って人は
なんて人を見る目がないんだ。

知ってる。
一時の感情で取り乱して。

一時の感情で取り乱してる人
今見てるけど。

僕は これが普通。

プロポーズ
受けるんじゃないだろうね?

受けるっていうか…。
あぁ~ 怖い怖い プロポーズ怖い。

サプライズで指輪渡されちゃうよ
ひざまずかれちゃうよ?

他のテーブルのお客様から
同調圧力の拍手 送られちゃうよ?

そんなの断る理由にならないよ。

あるでしょ 断る理由。
唄ちゃんのこととか。

唄は歓迎してくれてる。
君は社長だし。

松林さんは
いい社長になれると思う。

あるでしょ? 他にも断る理由。

ないな。
僕が嫌だ。

元夫の意見は断る理由には…。
元夫だけど

誰より君のことを思ってる。

♬~

ひげの人はだめだ。

ふふっ
とりあえず ここ出してくれる?

だめ。
だめって何?

だめはだめ。
はぁ? ちょっと…。

♬~

(主婦・男性) えっ!

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

(ちせ)あの くり返し生える大変な

黒カビ掃除はもうやりません!
(聴衆)ウオー‼

《防カビは水を入れてポン!》

《銀イオンで丸ごと
防カビコーティング!》

2ヶ月に1度でキレイが続く!
♬~「お風呂の防カビくん煙剤」

≫ごほごほっ!ごほっ…。

えっ 大丈夫?

≫ごほごほっ!

大丈夫?

おっ うわ ちょ…

あっ 痛い!痛い…。

うわ~ 痛そう 痛そうだ。

痛い?
痛い。

痛い!痛いって言ってるじゃん。

ふふふふっ。
ひどい人だね。

あのさ
ニュースで見たことあるでしょ

昔の恋人とか夫が起こす事件。
今 あの状態だからね。

自分の中に そういう自分が
いることは知ってる。

大丈夫だよ
よりを戻そうなんて言わないから。

当たり前だよ
戻るわけないじゃん。

もしかしたら
続編があるかもしれないけどね。

続編は1作目を越えられないよ。
何で?

何でかは知らないけど。

恋愛には
ときめきのピークがあるからだよ。

ときめき?
だから人は結婚して夫婦になる。

離婚は めんどくさくて
めんどくさいは全てに勝つから

夫婦をつなぎ止められる。
そうかな?

恋人だったら
とっくに別れる出来事を

夫婦は何度も乗り越える。

だから強くなる。
ときめきが強さに変わる。

あぁ~ それは そうか。

僕は君に恋をしたし
結婚はしたけど

強い夫には なれなかった。

はぁ~
悔やんでも悔やみきれない。

もう悔やまなくてもいいよ。

森の中で暮らす
1匹の熊になりたい。

(LINEマナーモード)

ん?

私のだよ。 誰から?

勧誘だよ。 怖い怖い
マニュアルを読み上げられるよ。

返して。

あいつは最悪だ。

悪い意味で最悪だ。
返して。

あっ 何か食べる?

何か作ってあげようか?

うっ…。

ごほごほっ ごほっ!

大丈夫?

こいつは

君を社長から
引きずり下ろそうとしてる。

それはそうだけど
それとこれとは別だから。

それとこれは別じゃない。

だって 君は
働いて恋をする人なんだから。

人は働く 人は恋をする。

働く君と恋をする君は
別の人じゃない

分けちゃだめなんだ。

誰より僕が知ってる。

働く大豆田とわ子を
否定するやつは離婚されて当然だ。

まだ結婚してない…。

前例があるだけに
未然に防ぐべきなんだ。

違うよ 違うんだよ。

違わない。

もう独りが嫌なんだよ。

限界なんだよ。

誰かに頼りたいんだよ。
守ってもらいたいんだよ。

人の孤独を埋めるのは

愛されることじゃないよ。

愛することだよ。

そして君には

愛する人がいる。
だから…。

知ってる。

僕のことじゃない。

ひげの人でもない。

残念ながら
君は あの人を愛してる。

ううっ… はぁ~。

その人も君を…。

大丈夫? おじいさん。

ごめん。

うん。

いいよ。
ううっ…。

あっ。

心配することないよ。

その人は君のパートナーじゃない。

田中さんだよ。

何 それ。 全然面白くない。

(潤平)あれ? 大葉
買いにいったんじゃなかったっけ。

ぼ~っとしちゃってた だめだな。

2人でだめなら
もう だめじゃん この店。

≪ガタン!

えっ?
死に神かな?

ふふっ。

♬~(店内のBGM)

♬~

こんばんは。
こんばんは。

ごめんなさい 遅くなって。
(大史)あぁ…。

今ね このお店の人の流れを…。

ここにいていいんですか?

ははっ。

用があったら
向こうから来るでしょ。

僕が逮捕される現場を
目撃できるかもしれませんよ。

全然面白くありません。

容疑には関わってたんですか?

社長案件ですし

任意の事情聴取は
あるかもしれません。

ただ これは
僕にとって いい知らせです。

社長は退任するでしょうし

恩人と争うことなく
旅立つことができる。

しろくまハウジング買収も
頓挫するでしょう。

そしたら あなたも安心して
社長を辞めることができる。

支度が整ったということです。

ラタトゥイユです。
ありがとうございます。

≪ガタン!

≪ピンポーン!

えっ?

ねえ しつこい。

今 パスタ
茹で上がったところなんだよ。

何? パスタ伸びちゃうんだけど。

言っとかなきゃいけないと思って。

何を?

早くして。

切るね。
君を好きになって…。

君と結婚して良かった。

君と結婚して幸せだった。

ありがとう。

幸せになってください。

はぁ~。

伸びちゃうんだよ。

マディソンパートナーズによる
株式の不正取引疑惑について

東京地検特捜部は6日
関係先 数か所に家宅捜索に…。

(悠介)社長 いいですか?
お願いします。

マディソンパートナーズの
社長にはTOB 株式…。

(羽根子)えぇ~ この
ガイドブックに基づきながら

えっと 資金繰りの説明…。
≪コンコン コン!(ノックの音)

どうぞ。

松林さんにも参加してもらいます。

わかりました。

社債を発行して

マディソンに買われた株を
買い戻します。

専務派の1人を知ってるので
つなぐことができます。

はい。

社長。

頼りにしてるよ。

(羽根子)カレンさん

現場経費の精算
確認してもらってもいいですか?

はい。

(羽根子)お願いします。
(カレン)はい。

(頼知)松林さん 下請けへの
発注書って わかりますか?

(カレン)はい 今行きます。
えぇ~ これ OK。

(頼知)お願いします。
(カレン)はい え~っと…。

(マナーモード)

ねえ 写真送った 見て。

写真?

ははっ 何 これ。

ちょっと~。

何 きらきらしてんの?
ふふっ ははははっ。

おかしいって~ ははっ。

あれ 誰か来んの?

ん?

あっ うん まあね。

あぁ~ 返事すんの?

ねえ 唄さ 一緒に会おうよ。

私が
決めることじゃないでしょ。

信頼できる人なんでしょ?

ママを
守ってくれそうな人なんでしょ?

そうだね。

そうだよ うん。

ママは自分で思ってるほど
強くないんだよ。

誰かに
いてもらったほうがいいよ。

そうだね。

うん そうだよね。

あっ ごめん
西園寺君がコーラ買ってきてって。

何で唄が買いにいくの?

西園寺君 勉強中だから。

でも…。
はいはい はいはい。

じゃあね 行ってくるね。

ブチッ

♬~

1人でも大丈夫になりたい?
誰かに大事にされたい?

(だいすけお兄さん)
<手指の消毒ジェルで

「キレイキレイ」な手>

<携帯用で 「キレイキレイ」なおでかけ>

<ひろげよう キレイの輪>

<除菌・ウイルス除去スプレーも!>

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》 <そうなんです>

<香り変わらず続くのは ただひとつ>

ただひとつ? <「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ
《「アロマリッチ」》

あの すぐ出来るから
飲んでてください。

あぁ はい。
どうぞ。

(大史)すごいな。
ははっ。

何時から聴取だったんですか?

朝9時からです。
あぁ…。

今日は そんな話より…。

(大史)マレーシアの家です。

わぁ…。

触っていいですか?
もちろん。

これ この柱や壁のレリーフ

コロニアル様式って
いうんですけど。

へぇ~。
建てられたのって90年代で

多分 ジェフリー・バワって人の
影響があるんだと思います。

これだけで
そんなことが わかるんですか?

ええ。
10代の頃から いつか自分でも

こういう家を
作ってみたいなって…。

(大史)すてきですもんね。

ええ。
夢がかないますね。

あっ これ 切ればいいですか?

はい。 あっ

パクチー平気ですか?

パクチーだめだったら
マレーシアに行こうって…。

言いませんね。
ははっ。

あっ そうだ 音楽。

♬~

♬~

♬~

♬~

小鳥遊さん。

♬~

私は…。

♬~

(大史)ほんと 不思議ですよね。
ですね。

この… ここが もう。
あっ そう。

特に他の人と
合わなくないですか?

そうなんです
そうなんですよ ははっ。

まあ でも
性格も指紋と同じなんですよね。

指紋が合わないように
人も みんな違うんですから。

そうですよね
人は違うんですもんね。

じゃあ。

じゃあ。

≪(ドアの開閉音)

もう閉めた?

ううん 今日は何か暇なんだよね。

じゃあ いいかな?

もっちんも上がっちゃったから
大したものは作れないけど。

まあまあ飲んできた。

じゃあ 何か甘いやつ?

そうだね。

今さ。
うん。

この人 すてきだなって人と
お別れしてきた。

一緒にいて安心できる人だった。

それは もったいないことしたね。

そうなんだよね。

でも しょうがない。

欲しいものは
自分で手に入れたい

そういう困った性格なのかな。

それは そうだよ。

手に入ったものに
自分を合わせるより

手に入らないものを
眺めてるほうが楽しいんじゃない?

そうなんだよね
そっちのほうがいいんだよね。

うん。

独りで生きていけるけど

まあ 寂しいじゃん。

うん。
寂しいのは嫌だけど

でも それで
誰かと2人でいたって

自分を好きになれなかったら
結局独りだしさ。

そうだね。

好きになれる自分と
一緒にいたいし。

独りでも
幸せになれると思うんだよね。

無理かな?

ははっ 全然余裕でなれるでしょ。

なれる なれる。

雑だな~。

≪ガタン!

君じゃなかったんだ。

ん?
いや 最近よく物音がしてて

君が様子見にきたのかなって。

う~ん。

私もね

あなたを好きになって

あなたと結婚して良かったよ。

それだし

今でも好きだよ。

両思いだ。

両思いだね。

だから あなたを選んだ。

あなたを選んで
独りで生きることにした。

♬~

無理なのかな。

今だって
ここにいる気がするんだもん。

3人いたら恋愛にはならないよ。

そっか。

いいじゃない。

こうやって
一緒に思い出してあげようよ。

3人で生きていこうよ。

♬~

そうだね。

かごめのどんなところが
好きだった?

えっ?
ふふっ。

立体駐車場で
雨宿りしてたんだよね。

そしたら 雨の中

向こうから
大福食べながら来る人がいて。

ふふふっ うん。 ははっ。

う~ん 何だっけ。

駅弁祭りでしょ。
それそれ

3人で行ったじゃん。

詰め直してたよね。
詰め直し事件?

あった。

あっ。

えっ?
大体 君さ

何で僕の電話に出ないの?
佐藤さん

何でスマホの中にいるんですか?

スマホの中には いないよ
広島だよ。

服にひっつき虫付いてますけど。
付いてないよ

山とか通ってきてないからね。
ふふふっ。

僕と話すと
1時間2万円かかりますけど。

何でひっつき虫とか言う人に
2万円も払わなきゃいけないんだよ。

もういいよ 解決したから。
何でスマホの中にいるんですか?

広島だよ!
はははっ!

うるさいですね。

ふふっ。
はぁ~。

見たな。
そんなの何百回も見たことあるよ。

昔でしょ。
17年前とか18年前とかだよ。

すごい昔だよ。
私は いろんなことあったよ。

一緒にいたって
いろんなことは あったと思うよ。

あるか。

そうだね あのとき続いてたらね。

どんな夫婦になってたんだろうね。

夫婦? 夫婦か~。

夫婦ね~。

ふっ。
ふふっ。

ふふふっ。

くだらないことで
けんかしてたと思うよ。

それは だって 君 わがままだし。

メロン おいしそうだよ ほら。

こういうのは
肉選んどけばいいんだよ。

えぇ~ そう言って毎回 肉じゃん。

肉選んでおけば
間違いないんだって。

ふっ 何? そのルール。

6日か。
午後からだったら行けるよ。

パパが来たほうが
綾子先生は喜ぶよ。

ずるいよね 外面だけはいいから。

えっ 何メロン買ってんの?

唄が食べたいって言うから。

はぁ? 私のせいにしないでよ。

夫婦っていうか

お父さん お母さんでもあるしね。

それはね ある程度なるよね。

片づけなさいって言ってるでしょ。

いや やったし。
どこが?

(唄)さっきよりは ましでしょ。
何で そんな…。

顔見れば けんかになる時期も
あるだろうし。

言い方が悪いんだよとか言ってね。

怒るからやんないんじゃないの?
えっ 私のせい?

いや そうは言ってないよ。
言ったじゃん。

何いらいらしてんの?

もうちょっと
言い方ってあるでしょ?

まあ けんかも重ねればさ。

仲直りもうまくなるか。

賞味期限 切れてる?

5日以内なら平気だよ。

前は3日以内って言ってたけど。

♬~

ふふふっ。

だんだんお互いに
趣味も変わってくるだろうし。

それは それでさ それぞれね。

大きい病気するときだって
あると思うよ。

歯ブラシ入れた?
歯ブラシは… 病院で買うよ。

あっ。 後は

えっと…。

大丈夫だから。

すぐ帰ってこれるから。

うん。

そういうことを
乗り越えていくのかな。

あぁ~。
ただいま。

(唄)おかえり。

いて当たり前っていうかさ。

空気みたいになるとかいうよね。

ただいま。

2週間いないだけで
大人になった気がする。

ねぇ。 子供は早いよね。

気が付いたら
おじいちゃん おばあちゃんだよ。

ふっ。 それは まだまだ先でしょ。

あれだよ?
どっちかが先に死ぬんだよ。

それは男のほうが先でしょ。

消すよ。
うん。

でも不思議だよね。

生まれたときは他人だったのに。

いつの間にか一緒に暮らして。

死ぬときは
そばにいたりするんだから。

マジか そこまでか?
って思うけどね。

すごいことではあるよね。

違う人と一生なんてね。

ふふっ。

逆にさ

夫婦なんて 強いとこじゃなくて

弱いとこで つながってる
ものなんじゃないの?

そうかもね。

(2人)ふふふっ。

ふふふっ。

ふふふっ。
ふふっ。

何笑ってんの。
ううん。

そういうのがさ。
あったのかもしれないよね。

♬~

ごちそうします。

ごちそうさま。

あっ 私
プロポーズされてないからね。

えっ したよ。
してないよ。

したって。
いつ どれ?

ぶどう狩り 行ったときさ。

ぶどう狩り? 行ったっけ?

帰りにバス待ってたら。

あっ 行ったね。

君が言ったんだよね。

楽しかったデートって
帰ってからが寂しいよねって。

言うかな~。
それで僕が

大豆田っていい名前だね

大豆田八作もいいなって。

えっ それがプロポーズ?

ふふっ そうだね。

脈絡ないね。

いつの間にか忘れてたしね。

はははっ…。
ふっ。

おやすみ。
おやすみ。

おはようございます。
(従業員たち)おはようございます。

(カレン)あれ? 社長

それって…。
えっ?

うわうわ うわ…。
≪きゃ~!

ちょちょ ちょ!
取って 取って!取って!

六坊さん ちょっと!
取ろ… えっ だぁ~!

「大豆田とわ子と三人の元夫」。

いよいよ来週 最終回。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(甘勝)出発!
出発!