泣くな研修医 #4/嘘は悪いことですか?立ちはだかる大きな試練-[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

泣くな研修医 #4/嘘は悪いことですか?立ちはだかる大きな試練-[字]

研修医・隆治(白濱亜嵐)は、末期がん患者・石井(須賀健太)に真実を伝えることを戸惑い、ある“嘘”をついてしまう…。そして研修医たちそれぞれの“嘘”が発覚し-!?

◇番組内容
研修医・雨野隆治(白濱亜嵐)は、末期がん患者・石井(須賀健太)に淡々と病状を説明する佐藤(木南晴夏)に対し煮え切らない思いを抱く。「もう少しオブラートに包んで話したほうが良かったのでは」と伝えるも、「嘘で期待させるのは本当に患者のためか」と問われ…。“嘘”について悩んだ隆治は、同期研修医の川村(野村周平)、滝谷(柄本時生)、くるみ(恒松祐里)に相談すると、それぞれ“嘘”をついていることを明かし-!?
◇出演者
白濱亜嵐、木南晴夏、野村周平、柄本時生、恒松祐里、吉田ウーロン太、奥山かずさ、木村昴、西尾まり、山口智充、高橋和也
◇原作
中山祐次郎『泣くな研修医』(幻冬舎文庫)
◇脚本
樋口卓治
◇演出
朝鳥ツワ子
◇音楽
【主題歌】DOBERMAN INFINITY『konomama』(LDH Records)
【劇伴】☆Taku Takahashi(m-flo)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英(テレビ朝日)
【プロデューサー】服部宣之(テレビ朝日)、残間理央(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、小路美智子(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/nakuna_doctor/
☆Twitter
 https://twitter.com/nakuna_doctor
☆Instagram
 https://www.instagram.com/nakuna_doctor/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 石井
  2. 先生
  3. 滝谷
  4. 本当
  5. 研修医
  6. 雨野先生
  7. 意味
  8. 永遠
  9. 回復
  10. 頑張
  11. 川村
  12. 転移
  13. 隆治
  14. カルテ
  15. 剤治療
  16. 息子
  17. 大丈夫
  18. 拓磨
  19. 徳田
  20. 判断

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 19:51:08時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

(滝谷すばる)あ~ 面倒くせえ!

(川村 蒼)ねえ
ちょっと黙っててくれない?

メール打ってるんだから。
どうせ また 合コンメールだろ?

こっちは 一生懸命 仕事してる
っつうのに…。

こっちだって 必死にやってんの!

こういうのは
マメさが大事なんだから。

(中園くるみ)
ねえ それ 何やってんの?

また 徳田さんが 新しいサプリ
飲みだしたんだって。

なんで
患者が勝手に飲んでる薬の成分

研修医が
調べなきゃならないんだよ。

ねえ 徳田さんってさ
肝細胞癌の患者さん?

(滝谷)病人なのに健康オタクって
意味わかんないよ。

あっ これ 癌患者さんの間で
話題になってる漢方じゃん。

(滝谷)さっきから 意味わかんない
生薬ばっかり出てくるし…。

ああ~… もう!

(雨野隆治)
まあ 東洋医学の勉強だって

思えばいいんじゃないの。

(滝谷)ちょっ… おい!

んっ!! 何? これ!

めちゃくちゃおいしい!

えっ… 愛妻弁当ってやつ?

まあ…。 こ… これは どう?

うまっ!
当たり前だろ お前 馬鹿野郎!

お前 愛妻弁当は
食べるラブレターなんだぞ お前。

滝谷さん うらやましいっす。

(滝谷)もう… どんどん食え。
どんどん食え。

いいか? お前な
日々の愛の積み重ね…。

くるみちゃーん。
荷物 届いてたよ。

(くるみ)
あっ ありがとうございます。

えっ 何 頼んだの?
(くるみ)なんだっていいでしょ。

ありがとうございます。
開けちゃっていい?

(くるみ)えっ ちょっ…
ちょっと待って 駄目!

♬~「箱の中身は な~にかな?」
♬~「あっ ソレ ソレ ソレ…」

ちょっと…!
ちょっと 開けないの! ねえ!

(滝谷・隆治・川村)よ~いしょ!

(くるみ)ちょっと!
やめっ…! ちょっ ちょっ…!

返して! ねえ!
(滝谷)えっ 何? 歌うの?

もう それ以外 何すんのよ!
当直の時のストレス解消用!

え~! カラオケしてるイメージ
ないわ~!

(川村・隆治)ないわ~!
あのさあ こう見えても 私

学生時代 最優秀ボーカリスト賞
もらった事あるんですけど。

おいおい おいおい…!
(隆治・滝谷)おお~!

あんたたち
絶対 このマイク使わないでね!

「使ったら許さないからね!
わかった!?」

「返事っ!!」
(3人)はい!

♬~

(関 和樹)雨野先生は?
俺?

いや 俺は まあ 鹿児島の…。

でも 言っても頭いい大学…。

先生… これから
息子は どうなるんでしょうか?

あっ…! これから
息子は どうなるんですか!?

だから 前にも お話ししましたが
そういった事は 上の先生から…。

そりゃね… そりゃ 先生から
言いにくいのもわかりますよ

研修医だから。

ですがね 私は
雨野先生が 息子のところに

しょっちゅう来ているのを
知ってるんです! だから…!

先生から聞きたいんです!

わかりました…。

やっと抜管できたわけですから
ここから ゆっくり回復…。

回復?

…かもしれませんし

なかなか
回復しないかもしれません。

先生 逃げ方を覚えましたね。

そういうわけではなくて…。
ちょっ ちょっ…!

先生 この間は
私も取り乱しました!

でも あれは 先生が
大げさな事 言うからでしょ!

本当のとこを教えてくださいよ!

ほら
先生と俺の仲じゃないですか!

回復に向かってるのは確かです。

あとは おならさえ出れば…。

おなら?

拓磨くんは おなかが張っていて
腸の動きが悪い状態なんです。

そっか… おならか。

わかりました!
ありがとうございます。

ちょっと 山下さん!?
ちょっと…!

(ため息)

(ノック)

(相沢千夏)
石井さん お加減いかがですか?

(石井)悪くないです。

今日の午後
佐藤先生から お話ありますんで。

はい。

あの…
今日のプレゼンなんですけど…。

(佐藤 玲)何?

石井さん 本当に 抗がん剤治療を
やめてしまうんでしょうか?

CTの結果 見て
そういう打ち合わせしたよね?

確かに 藤堂先生からも

肺とリンパ節の転移巣の増悪
腹膜播種による腹水もあって

抗がん剤の効果は期待できない
とは聞きましたけど…。

でも…。

煮えきらないなら
私がやろうか?

あっ… いや 僕が…。

あっ…!
イッテ…!

大丈夫ですか?

大丈夫ですか?
ちょっと ごめんなさい…。

煮えきらないね…。

じゃあ
あんたは どうしたいわけ?

雨野先生の治療方針を
お聞かせください。

わかんないよ…。

でもさ
25歳って若すぎるでしょ…。

佐藤先生が
そう言ってたんでしょ。

研修医は 上が判断した事を

そのまま
プレゼンしとけばいいんだよ。

そんな事で いちいち悩んでたら
お前まで参っちまうぞ。

(隆治の声)
症例は 石井直太朗さん 25歳。

石井さんは 4年前
内視鏡検査で大腸癌の診断。

術後 外来で 経過を
フォローアップしてきましたが

転移が複数で 切除は困難と判断。

継続して抗がん剤治療を
行ってきましたが

CTを撮ったところ…。

(鴨下修一)どうした?

これ以上 抗がん剤治療は
行えないと判断し

これからは
積極的治療は終了する方向に

切り替えようと思います。
(岩井智也)了解。

(岩井)じゃあ 本人とご家族に
ムンテラ頼むわ。

はい。
お前も同席しろ。

えっ? …はい。

石井さん本人に
本当の事を伝えるんでしょうか?

それ どういう意味?

いえ はっきり真実を知ると…。

あっ いや… なんでもないです。

じゃあ 始めましょうか。

よろしくお願いします。

では 病状を説明します。

石井さんは
ご存じのとおり 大腸の癌です。

現在 ステージ4といって
一番進んでいる状況です。

(石井)《5年生存率
18.8パーセント…》

まず 肝臓に転移があるのと

腹膜播種という おなかの中に
細かく散らばった転移があります。

これまで
化学療法を続けてきましたが

現時点で 石井さんに

次の抗がん剤治療を
提案する事はできません。

それは… どういう事ですか?

これからは
痛みなどの症状を取る治療が

メインになります。

…わかりました。
ありがとうございます。

♬~

父親だけ
もう一度 呼んできてくれる?

えっ…。

《意味 持っちゃうだろ
父親だけ呼び戻すなんて…》

早く。

…はい。

ここから先は

息子さんが あと どれくらい
頑張れるかというお話です。

はい。

まず 肝臓の転移ですが
かなり大きい上に無数にあり

肝臓は ほとんど
癌に置き換わっています。

(佐藤の声)
これが大きくなってしまうと

黄疸が出て 良くありません。

そして 腹膜播種。

おなかの中に散らばった
癌の事です。

こちらも無数にある状態で

すぐに腹水がたまり
腸が動かなくなります。

そうすると
ご飯が食べられなくなります。

そして 肺にも
たくさんの転移があるため

こちらも危ない状態です。

ですから 長くて 大体1カ月。

早ければ
週単位の可能性もあります。

それは… 元気でいられる時間が
という事でしょうか?

それはですね…。
違います。 命が… という事です。

これからは

痛みや苦痛などの症状を
取っていく治療が

中心となっていきます。

…はい。

どうか… よろしくお願いします。

(嗚咽)

お父さんは
本当に納得されたんでしょうか?

僕らは 医師ですから
この判断は理解できますけど…。

ごまかせばよかったって事?

いや そういう意味じゃなくて
もう少し…。

もう少し回りくどい言い方して
ぼやかせって事?

話ってね

聞いたほうは いい事しか
覚えてないものなんだよ。

真実をオブラートに包んで
嘘の期待させて

それ 誰のため?

自分が背負いたくないだけ
じゃないの?

今のムンテラ
雨野が書いておいて。

…はい。

(隆治の声)佐藤先生の説明
家族にご納得いただいた。

同席 雨野隆治。

♬~

はあ~… カルテなんてさ

しょせん 医者の都合を書くしか
ないんだよ…。

(関)石井さんって
あんなに若いのに

本当に もう
打つ手はないんですか?

(石川 綾)せめて 雨野先生だけは
諦めないでください。

そうだよな…。

そうだよ。 教科書にはさ

カルテには病状説明を記載する事
って書いてあるけど

俺は カルテの行間にこそ
本当の医療があると思うんだよ。

(2人)そう思います!

でしょ?

(PHSの着信音)

はい。
(吉川文枝)拓磨くん

さっき 吐いちゃって
ぐったりしてるの。

すぐ来れる?
はい すぐ行きます!

(吉川)滝谷先生 落ち着いて。

サチュレーション下がったんで
酸素5リットルで始めたから。

とりあえず
口腔内と胃の中を吸引しよう。

人工呼吸器も 一応 用意して。
(伊東 楓)はい!

おい 聞こえてんだろ?
あっ はい! はい。

すいません! 遅れました!
(岩井)遅い!

何 カルテに時間かかってるんだ。
すいません。

(吸引音)

吐いたものを誤嚥したようです。
でも もう大丈夫です。

ああ…! ありがとうございます!

(滝谷の声)もう勘弁してよ!

急に吐くし 苦しがるし…
焦った~!

なんで
サツマイモとか食べたわけ?

誰かが 素人の父親に

おならさえすれば回復する
なんて言うから

父親がイモ食わせたんだって。
えっ!?

俺がいたから よかったけど

危うく ICUに
逆戻りするところだったよ。

誰だよ? そんな事 言ったの!

《ごめんな~ 拓磨くん…》

じゃあ このツルとか。
めでたいから 親子でどうぞ。

(吉川)ありがとうございます。
すいません。

おめでたくていいんじゃない?

(吉川)飾らせて頂きます。
ありがとうございまーす。

あ~! 直太朗!

徳田さん!

お元気ですか?

病気以外は元気よ。

そうだ
もうすぐ いい漢方 届くのよ。

いつも すいません。

あのですね
あの… 病院以外のお薬は…。

わかってるわよ!

だから 研修医の先生に
飲み合わせてもいいかどうか

ちゃんと
成分 見てもらったんでしょ。

この先生 すぐ泣くらしいから
慰めてあげてね。

はい。
そういう問題じゃなくて

病院で処方した薬以外は…。

そうだ! お礼に これ あげる。
フフッ…。

ふるさと納税の返礼品。

形が ふぞろいだけど ちょうど
研修医の先生たちみたいで

いいんじゃない?

徳田さん 僕の病気の事を
ネットとかで調べて

いろいろ
気遣ってくれるんですよ。

へえ~ そうだったんですか。

自分も病気なのに…。

だから 僕も頑張らないとね。

そうですよ。 頑張りましょう。

あっ そういえば

僕と石井さんって
同い年なんですよね。

そうなんだ! なんか嬉しいなあ。

お仕事は 何されてるんですか?

医療機器メーカーに勤めてます。

え~!
じゃあ 同じ業界じゃないですか。

実は 僕
医者になりたかったんですよ。

あっ…。
ハハッ…。

センター試験の点数足りなくて
医学部 落ちちゃって。

まあ 経済的な事情で
浪人できなくて

工学部 入ったんですけど。

だから 先生 見てると
うらやましくて…。

あっ… うらやましいというのは
失礼でしたね。

あっ 全然…。

先生 いいお医者さんに
なってくださいね。

はい。

あっ…
石井さん? 大丈夫ですか?

吐いちゃっていいですよ。
ううっ…。

嘔吐は腹膜播種による
腸閉塞が原因よ。

とにかく 説明して
早急に胃管 入れといて。

わかりました!

先生 これって…。
「わかるよね?」

入れるって事は どういう事か…
どういう状況なのか…。

えっ…?

少しは楽になりましたか?

なんとか…。

このままだと
何度も吐いちゃうんで

胃に管を入れなきゃいけません。

♬~

しょうがないか…。

はい。

では 入れていきますね。

♬~

では ここで つばを
ごっくんと飲み込んでください。

(青島奈緒)逆流 確認しました。
バッグに繋ぎます。

はい。

すいません 苦しかったですよね。

でも これで
胃液も出やすくなりますし

おなかもへこんで楽になるので。

雨野先生…。
はい。

これって いつまで
入れたままなんでしょうか?

(佐藤の声)わかるよね?
入れるって事は どういう事か…。

(ため息)

(ため息)

(滝谷)どうした? 暗い顔して。

いや 石井さんに
胃管 入れてきてさ…。

えっ 何? 失敗したの?

ううん うまくいった。

じゃあ なんで 落ち込んでるの?

これって いつまで
入れたままなんでしょうか?

数日で抜けると思いますよ。

本当ですか?
はい。

ああ… そういうプロのひと言に
救われるんですよ。

お医者さんからしたら
当然かもしれないですけど。

へえ~ そうか…
これ 抜けるんだ。

じゃあ 頑張りますね。

石井さん
すごく期待しちゃってさ…。

でも 石井さん 安心したんだろ?

いや 安心したのは
俺のほうだった。

嘘ついた事を後悔してるって事?

(ため息)

結局 自分が背負いたくないだけ
なんだよな…。

なあ それは
必要な嘘なんじゃない?

だってさ 言ったほうがいいって
思ったんだろ?

でもさ…。

その場を取り繕おうとした嘘
じゃなくて

これは
人を助けるための嘘じゃん。

(くるみ)私も そう思う。

そんな時は
嘘ついたっていいのよ。

きっと それは
「希望の嘘」なんだよ。

(滝谷)絶望の前には
希望の嘘は必要なんだよ。

それに
嘘くらい みんな つくって。

人間は みんな
嘘つく生き物なんだからさ。

(マイクのスイッチを入れる音)

「私も嘘ついてる」

「学生時代 最優秀ボーカリスト賞
もらったなんて嘘」

「本当は音痴なの」

「あんたたちが
意外そうな顔するから

悔しくて 嘘ついた」

♬~

借りていい?

「俺も嘘ついてた」

「合コンのメールしてるふりして

実は 実家の親父に

研修医 なんとかうまくいくように
頼んでた」

(川村の父の声)
「研修医 ちゃんとしてるか」

「院長に最新のゴルフボール
送っておいたから

心配しなくていいぞ」

「親父に頼ってて 情けねえよ」

♬~

「ええ… 俺にも言わせてください」

「ええ…
俺が いつも持ってきてる弁当

愛妻弁当じゃありません。
俺が作った弁当です」

えっ?
えっ?

えっ?

「最近 妻と別居してさ」

「お前らにバレたくねえから
早起きして作ってたんだよね」

ハハッ…。

よし! じゃあ…。

「一曲 歌います!」
おっ!

(くるみ)えっ? 待って 待って…
なんで なんで なんで…?

♬~「ニューヨークは
粉雪の中らしい」

♬~「成田からの便は
まだまにあうだろうか」

♬~「片っぱしから
友達に借りまくれば」

♬~「けっして行けない場所でも
ないだろう…」

〈滝谷は とっさに歌いだした〉

♬~「永遠の嘘を聞きたくて」

♬~「今日もまだ
この街で酔っている」

〈それは 歌というより
必死に叫んでいるようだった〉

♬~「…聞きたくて」

♬~「今はまだ二人とも
旅の途中だと」

え~! どうしよう…。

ハイ ハイ ハイ!

♬~「君よ 永遠の嘘を…」

〈みんな
答えが何か わからないまま

励まそうとしてくれた〉

〈石井さんについた嘘が
少しでも本当に近づくように

力いっぱい叫んでくれた〉

♬~「…ついてくれ」

♬~「なにもかも
愛ゆえのことだったと言ってくれ」

(くるみ・滝谷・川村)
チャチャチャチャチャ…。

♬~(一同)「君よ
永遠の嘘をついてくれ」

♬~「いつまでも
たねあかしをしないでくれ」

♬~「永遠の…」

〈彼らの横顔を見ていたら

ふぞろいの仲間たちもいいなって
正直に思えた〉

〈きっと 長い人生の中で

この瞬間は
ほんの一瞬の事に過ぎないけど

ずっと忘れない
永遠の一瞬のような気がした〉

(山下拓磨)あの… 先生

いつになったら 固形のご飯を
食べられるんでしょうか?

あ… えっと… そうだね。

もう少しで
ご飯出せると思うんだけど…。

あっ 嘘とか なしで
お願いします。

はい わかりました。

人のおなかの中にね
腸っていうのがあって

食べ物を うんちにするんだけど

そのウネウネが
まだサボっててさ

それが動くようになったら
ご飯を もう食べられる。

だから もう少し頑張ろうね。

おなら出るまで
あとちょっと我慢な。

うん。
うん。

おならが出たら
おなかも引っ込むからね。

そしたら
好きな物 たくさん食べよう。

(相沢)何 食べたい?

(拓磨)うーん…
強いて言うと おすしかな。

お~!
いいね…!

雨野先生が うんと高いおすし
おごってくれるって。

えっ?
(相沢)私も。

私も。
えっ?

いや…!
ハハハ… わかりましたよ。

(PHSの着信音)

はい。

はい。 わかりました。

石井さん レート下がってる。

胃管 入ってるのに
嘔吐もあったって。

外出させてもらえませんか?
このタイミングを逃すと もう次はない。

(石井)ああいうのも いい!
代わりに お供させて頂きます。

当たり前の事がしたいんです。
(くるみ)あっ…!

(石井)時間がないんです。
僕の夢を叶えてください…。

最高の外出にしてあげな。
はい!

『泣くな研修医』を
全話イッキ見で楽しむなら

TELASA ABEMAで。

(一同)ぜひ ご覧ください!

(秋友美月)撮ろう!
(さとうコタロー)わらわは…