[新]ネメシス#01[解][字][デ]「天才探偵、現る!」極上のミステリーエンターテイメント開幕…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]ネメシス#01[解][字][デ]「天才探偵、現る!」極上のミステリーエンターテイメント開幕

天才すぎる助手・アンナとポンコツ探偵・風真の迷コンビ誕生!突如失踪したアンナの父親を捜す為、手掛かりを求めて数々の難事件に挑む!初任務は大富豪密室殺人事件!

出演者
広瀬すず、櫻井翔  / 勝地涼、中村蒼、富田望生、三島あよな / 大島優子 / 伊武雅刀 / 橋本マナミ、黒沢あすか、佐藤玲、長内映里香、中神円、森咲智美、有福正志 / 石黒賢 / 仲村トオル / 江口洋介
番組内容
天才すぎる助手・アンナとポンコツ探偵・風真の迷コンビ誕生!突如失踪したアンナの父親を捜す為、手掛かりを求めて数々の難事件に挑む!失踪の謎を解き明かす鍵は20年前に起きた“ある事件”に隠されていた!?6人のミステリ作家が脚本に協力!最終回まで伏線だらけの極上のミステリーエンターテイメントが誕生!
アンナ達の初任務は大富豪密室殺人事件!ダイイングメッセージ×密室×7人の容疑者…新時代の探偵物語開幕!
監督・演出
【演出】入江悠
原作・脚本
【脚本】入江悠、片岡翔
音楽
【音楽】横山克
制作
【企画プロデューサー】北島直明
【プロデューサー】次屋尚、里吉優也、田端綾子
【ラインプロデューサー】榊田茂樹
【協力】hulu
【制作プロダクション】クレデウス
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【番組HP】             
 www.ntv.co.jp/nemesis
【番組SNS】             
Twitter @nemesis_ntv_  
Instagram @nemesis_ntv_

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 黄以子
  2. 火鬼壱
  3. 部屋
  4. 風真
  5. 犯人
  6. 銀子
  7. 澁澤
  8. アンナ
  9. 探偵
  10. 旦那様
  11. 脅迫状
  12. 千曲
  13. ダイイングメッセージ
  14. ネメシス
  15. 栗田
  16. CEO
  17. エイラ
  18. パーティー
  19. ルビー
  20. 名前

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 20:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

雷鳴
赤ん坊の泣き声

雷鳴
赤ん坊の泣き声

赤ん坊の泣き声

(栗田一秋)始…

(始)俺は…

この秘密を 一生 守る

この子も
泣き声

(風真尚希) よっ。

変えますよ ホントにいいんすね?

新しい出発だ。

打て! 風真。

(電動ドライバーの作動音)
ん~お~!

♬~

(ドアベル)
よぉ~。

おぉ 心機一転だ マーロウ。

でも 「ネメシス」って名前
分かりにくくないっすか?

そんなことよりな
今日から俺のことは こう呼べ。

CEO。
え?

俺は ここの代表取締役
お前が探偵だ。

(マーロウの鳴き声)

おい。

ほら。

これで お前も一人前だ。

おっ! おぉ!

♬~

(美神アンナ)栗田さ~ん 風真さん
おいしそうな店 見つけ…。

おっ…。

お… おっ?

♬~

♬~

というわけで 俺は一線を退く。

今日から うちの探偵は風真だ。

え? え? 私は?

アンナは 今まで通り 内勤。

え~。
「え~」じゃないわ。

日本に来て まだ3か月
慣れるまでは事務作業だ。

何じゃ!? こりゃ!

ザリガニパクチーバーガー
目玉商品みたいです。

うわ~!

いい店 見つけちゃった~。

ん~。

う~ん! おいし~い!

あっ でも栗田さ… 何だっけ?
CEOは どうするんすか?

引退するわけじゃないですよね?
(せき払い)

俺は
あっちの事件に本腰を入れる。

(ドアベル)

すいません。
は~い!

はい。
はい はい。

あ… あの ここ
栗田探偵事務所じゃ…。

名前 変わったけど 中身 一緒です
どうぞ どうぞ。

あちらが CEOの栗田。

で 助手の美神。

そして私が
当事務所 探偵の風真です。

上原黄以子と申します。

私が専属の医師を務めている

この澁澤火鬼壱さんのことで
お願いに来ました。

あれ?
この人 どっかで見た気が…。

会社を いくつも経営する大富豪。

超がつく女好き
通称 磯子のドンファン。

ええ… で 今夜 彼の80歳を祝う
パーティーが行われるんです。

そこへ 脅迫状が届いたんです。

パーティーを中止しないと
命の保証はないと。

ふむ…。

差出人に心当たりは?

それが火鬼壱さんには 親族はなく
恋人が6人いるだけで…。

6人!?

火鬼壱さんは
死んだら その6人に

数十億の遺産を分けるという
遺言書を作っていまして。

数十億?

その恋人たちに配られた
招待状には

遺産相続の変更について

パーティーで面白い催しをすると
書かれてたんです。

なるほど。

遺言に変更があっては困る
誰かが

脅迫状を送ったのではないか
ということですね?

これ 死亡フラグ立ってますよね?

もう絶対 殺されると思うんです
火鬼壱さん。

で 私が なぜか
真っ先に疑われて

一生 牢屋で
過ごすはめになって…。

あぁ~! 気付けば
おばあちゃんになって

手も しわくちゃ…。

黄以子さん 心配ご無用です。

その依頼
ネメシスの探偵 風真尚希が…。

断る。
おう…。

資産家で恋人6人ってのが
気に入らん。

俺も風真も独身で 金がない。

恋人は グラビアだけだ。

僕は違いますけど。
ねぇ 引き受けましょうよ。

大富豪の家 行ってみたいよね?
マーロウ。

ダメだ どっちにしろ
アンナは内勤。

ん~…。

あっ それ 「遺伝子すっきり水」。

ん?

それも
火鬼壱さんが開発した商品です。

これ?

頑張ってくださ~い。

おい 風真
何かあったら お前 すぐ電話な。

名探偵が
バシっと解決してみせましょう。

ハハハ…!
「ハハハ…」って お前

何なんだよ その高笑いは。

何だよ 大丈夫かな? あいつ。

やっぱり あいつに任せたのは
失敗だったかなぁ。

おい アンナ お前 どう…。

ん?
(救急車のサイレン)

(救急車のアナウンス) 左に曲がります。
あっ!

おい あのバカタレ…!

(車の走行音)

マジっすかぁ~!?

よっしゃ~! ハマの探偵
来てくれたから もうOK~!

ポジティブキャラになってる~。

イェ~イ!
アンナ!?

初仕事 来っちゃいました~!

最高~! 行くぜ~~!

(アクセルを踏み込む音)

(車のスキール音)

(急ブレーキ音)

(黄以子) ハァ…。
おえ…。

うっ…。

(黄以子)
あ~あ 着いちゃったよ 死の館。

またネガティブに… おえっ。

え~ 日本にも
こんな豪邸あるんですねぇ。

セキュリティーも すごいです
監視カメラたくさんに 番犬。

何で お前 大丈夫なんだよ?

フフ。
うっ… あ~!

(黄以子)
あっ あちら 執事の梶さんです。

(黄以子) あ…。

♬~

あれ? あんまり歓迎されてない?

♬~

おぉ…。

(梶)
こちらが旦那様のお部屋です。

(ノック)

(梶) 失礼します。

(梶) 旦那様 黄以子さんが
お戻りになられました。

うわ…。

(黄以子)
火鬼壱さん 脅迫状のこと

探偵さんに調査をお願いしました。

こちらが 探偵の風真さんで…。

(澁澤) 必要ない 帰ってもらえ。

でも 心配なんです
警察にも届けないで。

(澁澤) 誰が送って来たかは
大体 分かってる。

フッ どうせ
遊びのつもりなんだろう。

葉巻は控えてください。

薬も まだ
飲んでないじゃないですか。

もう時間 過ぎてますよ。

(澁澤) 口うるさい奴だなぁ。

幾ら欲しい?

言い値で払うから帰ってくれ。
ちょっと待ってください。

黄以子さんは 悩んだ末に
うちに来てくれたんです。

依頼料だって 自分で払うって。

(黄以子) ええ…。

勝手なまねを。

火鬼壱さん それは違います。

黄以子さんの気持ちも
考えてみてください。

主治医で
ここまで思ってくれる方なんて

そうは いらっしゃいませんよ。

うちは 今日 リニューアルしたばかりの
無名の探偵事務所。

CEOは キャリアばかり長くて
万年 金欠。

それでも 黄以子さんは 最後の
頼みの綱で来てくれたんです。

この探偵 風真に賭けてくれた。

僕は全力で
脅迫状の謎に取り組みます。

まだ それほど実績のない
弱小探偵だとしても!

今 心臓が止まりそうなほど
バクバクしていたとしても!

実績ないのか?

(黄以子)
ええ 聞いたこともありません。

(梶) 何で この方たちに?

ググったら 一番近かったんで。

(澁澤) フフっ まぁ いい。

せっかく ここまで来たんだ。

お前からの
誕生日プレゼントだと思って

受け取っておくよ。

(黄以子) 火鬼壱さん…。

(はと時計の音)

(澁澤) あっ 黄以子。

あそこの 「お肌しっとり水」
今度 出す商品なんだが

飲んだ感想を聞かせてくれ。

(黄以子) ええ。
(澁澤) 梶。

黄以子の部屋に
ひと箱 運んでおいてくれ。

(梶) かしこまりました。

さ~て!

楽しい宴の始まりだ!

ヒィ~!

おめでとうございます。
(澁澤) あぁ。

いつまでも元気で。
ありがとう。

これだけ盛大に祝ってもらったら
本望だよなぁ。

ごはん 普通ですね。

全部 うまいだろ
お前 味覚が変なんだよ。

で どれが
火鬼壱さんの恋人ですか?

え~っと…

村崎由香里さん
銀座のクラブを経営しています。

(由香里) ハハハ…!

(黄以子)
森 銀子さん 演歌歌手です。

黒壇エイラさん 占い師です。

あちらが
ピアニストの青海唯衣さんです。

桜田 桃さん 漫画家です。

モデルのルビー赤井さん。

これで6人全員です。
(ルビー赤井) ホッキー 大好き!

(ルビー) ステキなパーティーですね。

(由香里)火鬼壱さんこっち向いて。
(澁澤)ルビーは いつも元気だな。

(ルビー) もう何で来るの ねっ ホッキー
今度 撮影でマカオ行くの。

な~んか嫌なこと
起きそうな気がしますね。

てか 火鬼壱さんの好みが
分かりませんね。

あの方は 女性という
宇宙全体を愛していると

公言してるんです。

宇宙…。

(澁澤) さて ここからが
今夜のメインイベントだ。

わしの遺産は

お前たち6人に
公平に分けると決めていたが

もう1人 加えることにした。

(恋人たち) えっ!?

(澁澤) わしの体を
献身的に見てくれている

黄以子だ。

えっ?

(銀子) 待ってください!
黄以子さんはただの医者ですよね。

そうですよ
私たちとは立場が違うはずです。

(エイラ) ここ 来て
まだ1年足らずやないの!

長いこと連れ添って来た
私らとは…。

(唯衣の泣き声)

(澁澤) 泣くな 青海。

わしは 皆のことを
家族同然だと思っている。

黄以子も
その中に加えたいだけだ。

ただ 取り分が減るのは
皆 つらい。

そこで 面白いゲームを考えた。

(桃) ゲーム?

宝探しだ。

そこに書かれた暗号を解き

この屋敷のどこかにある
新しい遺言状を見つけた者に

この屋敷を 丸ごとやろう。

資産価値にして
10億は下るまい。

10億!? はぁ…。

(澁澤) 今夜 自分の部屋で
ゆっくりと考えるがいい。

ただし!
外部の者に頼るのは禁止だ。

通信機器は預かる。

誰が見つけるのか

フフフ… 楽しみにしているぞ。

それでは おやすみ。

(澁澤) 愛してるよ。

「宝を隠したのは、
心に一線引かぬ者」…。

全然 分かんない。

えっ? これ
全員分の部屋があるんですか?

旦那様のお部屋と
黄以子さんの部屋は1階。

2階は 恋人の皆様。

好きな時に来て
泊まれるようになっております。

すごっ!

えっ あの部屋は?

あそこは 水の保管場所です。

お2人の客間は こちら。

取りあえず パーティー
無事に終わって よかったですね。

あれだけ 監視カメラがありゃ
外からの侵入もゼロだよ。

ガードマンだっているし。

もう こんな時間。

捜査は また明日
…っと その前にトイレだけ。

(ノック)

(梶) タオルをお持ちしました。

ウガアァ~~!

あ!?

え?

あっ…。

大丈夫 気を失ってるだけです。

はぁ…。
すいません。

子供か
そんなんで驚かそうとして。

風真さん ずっと気を張ってたから
リラックスさせてあげようと思って。

できるか
俺だったら 心臓 止まってるよ。

じゃあ 何かあったら
いつでも呼んでください。

はい。

すいません。
すいません。

はぁ…。

♬~

♬~

(梶) あれ? どうして ここに…。

すいません
あの 私のせいなんです。

風真さん! 風真さん 風真さん。
ん~…。

ダメだよ 大和さん
そのサンプル 違うよ…。

(梶) あっ そうだ。

旦那様に 水を申し付けられて
急いでたのに…。

ダメですよ 安静にしてないと。
いえ…。

旦那様に怒られる。

いや ちょっ ちょっ…。

ちょ… ねぇ 風真さん。

風真さん?
う~ん…。

梶さんが 目ぇ 覚ましました。

(梶) 水 水 水 水…。

水 水 水 水。

水 水 水…。

あれ?

あ~…。
(梶) ≪旦那様! 旦那様!≫

何?
風真さん。

ん~。
(梶) ≪旦那様!≫

(黄以子)
梶さん どうしたんですか?

(梶) 旦那様の部屋に
鍵が掛かってまして。

寝てるだけじゃないすか?

(梶) 旦那様は いつも
鍵を掛けないんです。

なのに…。
鍵は どこに?

(梶) 普段 使わないので
旦那様の部屋の中に。

(ドアをたたく音)
火鬼壱さん!

(銀子) もう 何の騒ぎ?

火鬼壱さん!
火鬼壱さん!

火鬼壱さ~ん!
(黄以子) 火鬼壱さん!

風真さん! これ。
おっ よし。

んっ! んっ!

うん!

んっ!
(錠が落ちた音)

(銀子) もう 何の騒ぎ?

えっ…!

(黄以子)
火鬼壱さん! 大丈夫ですか?

(雷鳴)
ヒィ!

火鬼壱さん!

♬~

死んでる…。

動かないで!
皆さん 何も触らないで そのまま。

そのまま…。

密室…。

脅迫状…。

犯人は この中にいる。

(雷鳴)

(由香里) あんた 何!?
昨日から ずっといるけど!

復讐の女神
ネメシスに仕えし男…。

名探偵 風真尚希とは

私のことです。

(スイッチを押す音)
≪キャっ!≫

風真さん これ。

ダイイングメッセージ…。

「悪しきゴルフクラブ
巫女は 冬のごとき

殺意のダンスとともに
今夜 凍りつく」。

「犯人」…。

「犯人は」…。

♬~

(パトカーのサイレン)

(千曲) 漫画みてぇな屋敷に
6人の愛人たち。

ユージ。
(四万十) 参ったな タカ。

女に手錠をかけるのは
趣味じゃ ない。

(薫) 禁煙です!

カッコつけてる場合じゃ
ないですよ。

タカさん ユージさん。

(千曲) おいおい 薫。

登場ぐらい
ビッと決めさせてくれよ。

(薫)
下の名前で呼ばないでください。

変な探偵がいます。

(四万十) 探偵?

ネメシスの探偵 風真です。

この私がいたので 現場のものには
一切 手を触れさせていません。

ネメシス? 聞かねえ名前だな。

うさんくせぇ 横浜っていやぁ
みんな探偵 気取りやがる。

どうせ モグリの三流だろ?

モグリで悪かったなぁ。

おめぇらのほうが
よっぽどインチキくせぇぞ。

ちょっと困ります
入らないでください!

栗田さ… CEO。

「栗田」? あれ? どっかで…。

ハマの探偵歴30年
まっ 一線は退いたけどな。

(四万十)
あぁ 栗田探偵事務所の?

もうリニューアルして
名前は ネメシスだ。

まっ 仲良くやりましょうや。

CEO 何で…?

「遺伝子すっきり水」。

細い線が つながるんじゃねえかと
思ってな。

あと お前のことが心配で。
なるほど。

あの 「CEO」って言いづらいんで
もう 「社長」でいいっすか?

ところで 警察の皆さん。

この水の謎って解けました?

水?

まだですけど。

誰が夜
こんなとこ置いたんですかね?

あぁ 梶さん?
(梶) あぁ いえ。

水を
もうひと箱 持って来るよう

昨夜 旦那様から
仰せ付かったんですが

持って行く前に
あなたのいたずらで気絶したので。

いたずら?
あぁ いえいえ…。

火鬼壱さんの部屋にはね もう水が
いっぱいあるのに変ですよねぇ。

(カメラのシャッター音)

あと 凶器はゴルフクラブ

…じゃなくて 灰皿ってことで
いいんですよね?

(薫) え? 血が付いていたのは
ゴルフクラブですけど。

ん? 言ってみろ。

死体の傷は 一撃なので

ゴルフクラブに あんなに血が
付いてるのは不自然なんです。

で 灰皿の場所は
昨日と同じなのに

向きだけ変わってるのが
怪しいな~って。

ですよね? 風真さん。

ん? おう… そうだな。

ハハハ! うちは新人の助手で
このレベルだよ。

ハハハ…!

今 防犯カメラの映像 見て来た。

昨日のパーティーの後 この屋敷に
潜入した奴は 1人もいない。

あっ 執事の梶さんは
アンナに気絶させられた後

俺たちの部屋にいたから
アリバイがある。

容疑者は 6人。

もう1人 上原黄以子さん。

えっ 何で? アリバイあるでしょ。

いや 気絶した梶さん
診てもらった後

黄以子さんは
自分の部屋に戻りました。

その後のアリバイはないですよ。

ふ~ん 探偵って難しいですね。
当たり前だろ。

あの めちゃ長いダイイングメッセージ
何なんですかね?

(栗田の声)
瀕死の澁澤が助けも呼ばず

あんな文と絵なんて
書くはずがねえ。

誰かの偽装だ。

もう 直接 聞いたほうが
早いですね。

足で稼げ。

あのダイイングメッセージ
書いたのは あなたですよね?

森 銀子さん。
え?

亡くなった火鬼壱さんの横で

バスタブが少しだけ
ずらされた跡がありました。

(アンナの声)
誰が何のために ずらしたのか?

(アンナの声) それは
文字を書いた人が左利きで

そこにあったバスタブが
邪魔だったからです。

(アンナの声) そして
容疑者の中で左利きなのは

銀子さんだけ。

銀子さん
犯人は あなたですよね?

あっ いや…。
何言ってんの!

昨日 一服しようと思って
部屋を出たら

黒壇の奴が コソコソ
1階から上がって来たの。

(銀子の声)
ヤバい 黒壇に抜け駆けされた。

私も火鬼壱さんに暗号の答え
教えてもらおうと思って

部屋に入ったら

もう殺されてたの。

だから 犯人は黒壇でしょう。

なぜ すぐに
人を呼ばなかったんですか?

だって 私が犯人って
書いてあったから。

(銀子の声) だから うまいこと
いろいろ書き足したの。

(銀子の声) あと 火鬼壱さん

左手で銀色の壺 指さしてて

私の名前 「銀子」でしょ。

都合悪いなと思って。

(銀子の声) ちょうど
ピンクの水が置いてあったから

転がしといたの。

それで 部屋を出た時に
鍵は掛けました?

掛けてない。
ドアの下に水の箱は?

なかったと思うけど
それ 関係あんの?

分かったぞ。

え?

黒壇さん。

火鬼壱さんを殺したのは

あなたです。
あっ いや ちょっと…。

(エイラ) あれは丑の正刻
2時ちょうど。

ご不浄へ立った時

ルビー赤井が
階段を上って来たんや。

(エイラの声) 部屋をのぞいたら
火鬼壱様は亡くなられてて

忌まわしいことに
うちの名が刻まれとった。

(エイラの声) せやから 線を加えて
ポエムを完成させた。

(風真の声)
どうして 銀子さんの名を?

(エイラ)
あいつには 悪い気が流れとる。

男を破滅させる気が。

ゴルフクラブに血を付けたのは
あなたですか?

せや。

(エイラの声)
ポエムに真実味を加えるため。

分かったぞ。

ルビーさん! 火鬼壱さんを
殺したのは あなたです!

いや だから…。
(ルビー) はぁ?

私が部屋 入ったら
もう ホッキー 死んでたし。

(ルビーの声) 第一発見者って
犯人にされがちじゃん。

(ルビーの声) ヤバっ!て思って

「コクダン エイラ」って書いたの。

どうして 黒壇さんの名を?

だって あいつ
自分の占いの館が失敗して

借金 ヤバいらしいの。

殺す動機あるなぁって思って。

かぁ~!
みんな やりてぇ放題だな。

結局 容疑者は6人のまま。
7人です 黄以子さん入れて。

(唯衣) あっ ごめんなさい!
(黄以子) あっ 大丈夫ですか?

(唯衣) ごめんなさい。
(黄以子) いえ… あっ これ。

(唯衣)
それ 火鬼壱さんの部屋の…。

えっ 何で?

(由香里) やっぱり あんた
怪しいと思ってたのよ。

(黄以子)
いや 知りません こんな鍵。

(唯衣)
ダイイングメッセージの通り。

(唯衣) 皆さん やっぱり
黄以子さんが犯人ですよ。

(黄以子) あっ いや…。
(由香里) あら…。

ちょっと借りま~す!

あっ すいません ごめんなさいね。

ごめんなさいね。

(鍵が開く音)
え?

梶さん このドア
全部 同じ鍵ですか?

ええ 鍵が見つかったんですか?

はい。

アンナ どうした?

社長。
ん?

ダイイングメッセージの
内容って

警察が 容疑者に
教えたりしませんよね?

当然だ。

何だ?

おい どうした?
何やってんだよ? アンナ。

アンナ。

アンナ?

私 ちょっと入ります。
入る? どこに?

あの部屋は?

(梶)
あそこは 水の保管場所です

(澁澤)誰が送って来たかは
大体 分かってる

梶 黄以子の部屋に
ひと箱 運んでおいてくれ

はと時計の音

鍵を掛ける音

動かないで!

皆さん 何も触らないで
そのまま

アンナ! アンナ?

ハァ… 戻りました。

え~ 怖い怖い どこ行ってたの?

あっちです。
「あっち」?

深く考えたりする時
行きません?

行きません 行きません。
これまで見たものを 違う角度で

もう1回 見に行ったりとか
するじゃないですか。

しません しません
え~ 何? それ。

何か分かったんだな?

はい。

(千曲) おいおいおいおい
何 勝手に入ってんだ?

刑事さん 関係者を
全員 集めてくれないか?

(四万十) あのな おっさん
これは遊びじゃないんだよ。

探偵ごっこは もう終わりだ
ゲットアウト ヒア。

殺人犯が分かった。

(千曲) え?

今から うちの名探偵が
謎を解き明かす。

…だよな?

♬~

(せき払い)

この世に
晴れない霧がないように

解けない謎も いつかは解ける
解いてみせましょう この謎を。

さぁ 真相解明の時間です。

あいつ いつの間に練習したんだ。

(千曲) タイム イズ マネーだ
話すなら さっさとしろ。

今回のカギは 文字通り
この部屋の鍵です。

黄以子さんが持ってた!
ええ。

でも 黄以子さんのカバンに
入れたのは

青海さん あなたです。

はぁ? どうして私が。

あなたは 鍵を発見した時
こう言いました。

ダイイングメッセージの通り

皆さん やっぱり
黄以子さんが犯人ですよ

昨晩 ここに駆け込んで来た時
私の助手が 「動くな」と叫び。

動かないで!

皆さんは動きを止めた
でも その辺りからだと

バスタブの陰に隠れて

ダイイングメッセージは
見えないはずなんですよ。

内容を知ることができたのは

ダイイングメッセージを
最後に偽装した 銀子さん。

遺体を確認した 黄以子さん。

あとは この部屋に鍵を掛けて
外に出た人だけ。

つまり

青海さん
火鬼壱さんを殺害したのは

あなたです。
え?

え? 違う違う違う…!

…と
普通の探偵なら思うでしょう。

でも 私は違う!
当たり前でしょ!

私は 銀子さんが
ここから出て行くのを見て

中に入ったの。

そしたら
火鬼壱さんが殺されてて。

「犯人は黄以子」っていう
文字があって。

でも あんなバカみたいなもの

どう見ても
偽装にしか見えないから

鍵を掛けて それを黄以子さんの
ハンカチに入れたの。

おいおいおい 勘弁してくれ。

女恐怖症になりそうだよ。

おい どうなってんだよ?

まぁ 焦らずに
ゆっくり行きましょう。

水?

あっ 私たちが
火鬼壱さんの遺体を発見した時

ドアの前には なぜか この水が
ひと箱 置いてありました。

(梶)旦那様!

一体 誰が この水を運んだのか。

青海さん あなたが部屋を出る時
ありました?

いいえ。

そもそも 私たちが
昨日 こちらへ来た時

「お肌しっとり水」は ひと箱
その時計の下に置いてあった。

はと時計の音

では なぜ火鬼壱さんは

梶さんに もうひと箱
持って来るよう言ったのか。

遺言書を取るために…

水の箱が
必要だったのではないか?

え? どこ?
遺言書って どこにあんの?

あれ? 分かってないの?

澁澤が みんなに配った暗号は
何だったかなぁ?

「宝を隠したのは、
心に一線引かぬ者」。

心… ハート…

一線引かぬ… 線… 線がない。

「ハート」から…。

ハ… 「ハト」。

はと時計。

(はと時計の音)

(箱を置く音)

あった。

(銀子) えっ。

(四万十) 遺言書。

でも 何で
もう ひと箱 必要なの?

え~… それは…。

あっ。

私なら この ひと箱で手が届く。

真相は こうです。
(指を鳴らす音)

(風真の声) 犯人は 暗号を解いて
この部屋に入って来ました。

(風真の声)
そして 火鬼壱さんを殺害後

遺言書を取ろうと
段ボールの上に上がった。

(風真の声) …が 届かなかった。

この部屋には 台にして
上れそうなものは他にはない。

だから 仕方なく

もう ひと箱を取りに出た。

梶さん 水の保管場所は
2階でしたよね?

ええ。

あそこは 水の保管場所です

犯人は 階段を上って

2階へ向かった。

(風真の声) だが 戻って来た時

青海さんの手によって
鍵が掛けられてしまった。

だから 犯人は泣く泣く
ドアの前に

その箱を置いて
立ち去るしかなかった。

なるほど。

ってことは…。

犯人は 箱1つでは届かない人物。

(指を鳴らす音)

この中で 1人だけ背の低い

桜田 桃さん あなたです。

な… 何で? 違う!

(由香里) それは 去年の写真
写ってない人が 1人いる。

そう! もう1人
低いの いるでしょ!

(千曲) 上原黄以子。
この人 私とほぼ一緒。

いや 私は鍵を入れられて…。
(四万十) それが

犯人じゃないって
理由には ならない。

(黄以子) あ~… ほら~…。

手も しわくちゃで…。

おい 探偵 どうなんだ?
(黄以子) 一生 牢屋で冷や飯…。

梶さん。
(梶) はい。

あなたは 昨日の夕方にも

火鬼壱さんに水を運ぶよう
頼まれていましたよね?

え? あぁ…。

黄以子の部屋に
ひと箱 運んでおいてくれ

すぐ お持ちしました。

(千曲) それが何だ?
黄以子さんの部屋は…。

この隣です。

黄以子さんの部屋には

「お肌しっとり水」が
ひと箱あります。

もし 黄以子さんが犯人なら

わざわざ
2階に取りに行かなくても

隣から持って来ればいい。

さらに
ドアの前に置いてあったのは

新商品の
「お肌しっとり水」ではなく

「遺伝子すっきり水」 つまり

犯人は 桜田 桃さん

あなた以外 あり得ないんです。

所持品を検査すれば
ハンカチか何かに

灰皿の指紋を拭いた時に付いた

葉巻の成分が
検出されるでしょう。

チクショ~~‼

(千曲)
脅迫状を出したのも お前か?

(桃) だって!

1か月前にホキちゃんが

黄以子にも遺産を分けるって
梶さんに話してるの聞いちゃって。

ハハハ…。

私に借金あるの知ってんのに

あのジジイ
何 考えてんだよと思って!

(澁澤)脅迫状を送って来たのは
お前だな? 桃

(桃の声) あ~あ
脅迫状のことバレてんなら

新しい遺言から 私の名前
消されてんだろうなと思って…。

殴る音
うっ!?

(桃の声)
だったら 殺して捨てちゃえば

前のまま 遺産がもらえるかなぁ
って思ってたのに!

だが 背が足りず
遺言書は取れなかった。

(床を蹴る音)

風真。

「私 澁澤火鬼壱の遺産は全て

以下の者たちで
平等に分配することとする。

村崎由香里 森 銀子

黒壇エイラ 青海唯衣

ルビー赤井

桜田 桃

上原黄以子」。

桜田さん あなたは
勘違いしていたようです。

火鬼壱さんは 皆さんのことを
家族のようだと言っていました。

脅迫状を送った あなたのことも

かわいい娘のように
思っていたんじゃないですか?

♬~

♬~ (泣き声)

(千曲)
今日もマティーニで乾杯だな。

梶さん この「遺伝子すっきり水」

遺伝子と何か関係あるんですか?

ミネラルなどの
調合率を誇張したもので

特に遺伝子とは…。

そうですか。

なぁ。

あんた 何者だ?

探偵事務所ネメシスの名探偵
風真尚希。

…と 助手の美神アンナです。

以後 よろしく。

♬~

(リンリン) こんにちは~
Drハオツーで~す。

来た 来た 来た…。
(リンリン) はい はい はい…。

お待たせしました~。
はい はい…。

めちゃめちゃ いい匂い。
でしょ~。

注文のタピオカラーメン4つね。
わ~!

4つ!? 4つは いらないよ。
俺もパス。

ってか 何で青いの!?
おいしそ~う。

じゃあ 黄以子さん どうぞ。
あっ… タピオカ?

こいつ 味覚が
常人と違うらしいんですよ。

あっ あの でも
本当にありがとうございました。

皆さんがいなければ
私 殺人犯にされて

一生 牢屋の冷や飯で過ごす
ところでした…。

いや ホントはね
犯行前に捕まえられたら

よかったんですけどね。

面目ねえっす。
でも 記念すべきネメシス初捜査。

無事に終わって 何よりですよ。

ありがとうございました~。
はい ありがとね。

おぉ…。
うわぁ…。

う~わ。

うま~。
うまいの!?

おいし~い。
味覚 ヤバっ。

社長は

アンナにあんな才能があるって
気付いてたんですか?

いや…。

でも 手掛かりは なかった。

ああ 線は つながらずだ。

アンナ 帰って来たら
俺は出掛けたって言っといてくれ。

はい。

(硬貨を入れる音)

(本棚が動く音)

♬~

じゃあ 行って来る

♬~

(始)
元気そうで 何よりだよ 栗田

ハハっ そっちこそ

インドで楽しそうに暮らしてて
よかったよ

ハハ…

ちょっとトイレ行って来る
おう

始さん どこにもいないですよ
こっちにも戻って来てないぞ

(大和)
荷物も置きっ放しですよ

こっちに 何か落ちてます!
ん!?

♬~

栗田さん… ですか?

美神アンナちゃんだね?

はい

お父さんは…?

どこ行ったんだよ。

始…。

♬~

真相解明の時間です。

<なんと もう一度 『ネメシス』を
楽しむことができる!>

パーティーを中止しないと
命の保証はないと。

<もしかしたら…>

犯人は この中にいる。

<次回放送まで待ちきれない
『ネメシス』ファンの皆さん!>

<ぜひ ご覧ください>

犯人は あなたです。
違う違う違う…!