ナイト・ドクター #05【明かされる過去の秘密!災害現場で目にした悲劇!】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ナイト・ドクター #05【明かされる過去の秘密!災害現場で目にした悲劇!】[字][解][デ]

[ついに明かされる過去の秘密]上級医であり技術もある成瀬がナイト・ドクターになった理由とは?そして、深澤が初めての災害現場へ!目にした残酷な光景とは!

番組内容
美月(波瑠)は、成瀬(田中圭)が訴えられていることを知った。しかし、訴訟の詳細を成瀬が美月に話すことは無い。以降、成瀬の態度は以前にも増して美月に冷たくなる。患者の治療も、少しでも美月がもたついていると成瀬が奪ってしまう。美月だけでなく深澤(岸優太)たちも成瀬の変化を感じていた。本郷(沢村一樹)は後輩を育てるつもりは無いのかと成瀬に聞くが、自分が処置した方が確実だと譲らない。
番組内容2
これでは救急医としての腕を磨けないと美月は、昼間の非常勤救急医の応募病院を調べ始めた。そこに、ホットラインが鳴り、母親の越川法子(紺野まひる)に付き添われた子供、日向(正垣湊都)が運び込まれる。美月と幸保(岡崎紗絵)が処置に迷っていると、またも成瀬に奪われてしまった。
番組内容3
日向は一命を取り留めたが、法子を安心させようと「絶対に助ける」と言った深澤に、成瀬は患者や家族の前で二度とその言葉を口にするなと手厳しい。
美月は八雲院長(小野武彦)に成瀬の訴訟について詳しく聞き、成瀬が以前手術を担当した子供の母親に訴えられていることを知る。その母親、秋山真紀(山本未來)が病院を訪ねて来たため、成瀬が訴訟を抱えていることが病院スタッフにも知れ渡ってしまい…。
出演者
波瑠、田中圭、岸優太(King & Prince)、岡崎紗絵 ・ 北村匠海 ・ 一ノ瀬颯、野呂佳代、櫻井海音 / 梶原善、真矢ミキ、小野武彦 / 沢村一樹 他
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/NightDoctor 
【公式Twitter】
https://twitter.com/nd_fujitv  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/nd_fujitv/
スタッフ
【脚本】
大北はるか 
【音楽】
得田真裕 
【プロデュース】
野田悠介 
【演出】
関野宗紀 澤田鎌作 
【制作・著作】
フジテレビ第一制作部

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 日向君
  2. お願い
  3. 患者
  4. 成瀬先生
  5. 先輩
  6. 朝倉
  7. ホント
  8. 越川
  9. 看護師
  10. 深澤
  11. 先生
  12. 桜庭
  13. 成瀬
  14. 法子
  15. お前
  16. 本郷
  17. ハァ
  18. 幸保
  19. 日向
  20. サイン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/07/26 00:09:55時点 Amazon調べ-詳細)

(美月)先輩?
何してるんですか?

先輩?

(成瀬)別に。

あっ ゴキブリ!
あっ?

これ どういうことですか?

もしかして 先輩
訴えられてるんですか?

お前には 関係ないだろ。

腸閉塞の小池さん
経過 どうなりました?

カルテ 見ろ。

(桜庭)あらら~?

ねえ 2人 何かあったの?

(深澤)えっ?
さあ…。

(救急隊員)
森本 有紗さん 20代 女性。

キャバクラ店内で
急に意識を失って転倒しました。

グラスで 左の上腕を切り
圧迫止血してます。

代わります。
(救急隊員)お願いします。

ちょっと チクッとしますよ。

鑷子 下さい。
(舞子)はい。

先生?

傷口が深くて 動脈がつかめない。

モスキート。
(舞子)はい。

3-0バイクリル。
(舞子)はい。

(新村)さすが 成瀬先生。
的確で早い。

私が出ます。

はい あさひ海浜病院
救命救急センターです。

(救急隊員)笠松救急です。
50代 男性。

帰宅途中に
階段から足を踏み外し転落。

頭部外傷があり
意識レベル JCS30です。

受け入れろ。
受け入れます。

自分が診ます。

まずいよ 早く挿入しないと。
分かってるけど…。

どけ。

ドレーン。
えっ?

ドレーン。
(桜庭)あっ… はい。

何なの 成瀬先輩。
何でも 一人でやっちゃってさ。

(桜庭)少しは 俺たちに
任せてくれてもいいのにね~。

まあ 仕方ないだろ。
ここじゃ 成瀬先生が

一番 腕もいいし
経験豊富なんだから。

(幸保)ちょっと 深澤。

これも全部 働き方改革のせいよ。

へっ?
分からない?

働き方改革のせいで 私たちは
労働時間が削られた分

経験を積める機会も減った。

成瀬先輩が1年で学べたことが
今は 2年。

いや 3年はかかるかも。
確かに。

このままじゃ
日本の医療のレベルは落ちる一方。

それってさ
ホントに患者のためなの?

まあ でも 国が決めたことだから
仕方ないよね。

あっ それに 知ってる?
医者の平均寿命って

普通の人より 10年 短いって
いわれてるらしいよ。

マジ?
最悪じゃん。

私は それでも構わないけど。

はっ?

大して 誰の役にも立てないまま
長生きするくらいだったら

太く短く生きた方がまし!

正気かよ…。
さすが ハイパーストイック。

ヤバいなぁ 美月ちゃん。

(本郷)うまそうだな。

(本郷)少しは
下の人間を育てようとか

そういう気概はないもんかね。

患者が望むのは 最善の医療です。

自分がやった方が確実ですから。

失礼します。

えっ? 昼間に会社員を?

じゃあ キャバ…。

よ… 夜のお仕事は?

副業です。 働き方改革のせいで
会社の残業代 減ったんで

生活のために 仕方なく始めて。
そうだったんですか。

働き方改革されて
余計 働くことになるって…。

フッ… 笑えませんよね。

そうか。 副業。

その手があったか。

あった。

(救急隊員)男児 6歳。 自宅の
風呂場で溺れているところを発見。

(救急隊員)サチュレーション
酸素10リッター投与で 94です。

(法子)日向 日向 日向!
あっ お母さんは ここまで。

(法子)先生 お願いします。
日向を… 息子を助けてください!

落ち着いてください。
もし あの子に何かあったら 私…。

絶対に助けますから。 こちらへ。

酸素化は 悪くないけど
どうする?

6歳だし
できれば 挿管は避けたい。

分かった。 お願いします。
(看護師)はい。

代われ。

挿管 準備。
(看護師)はい。

何するんですか?
私が受け入れた患者ですよ。

だから何だ?
これから 呼吸状態は悪くなる。

迷ってる場合じゃない。

ハァ…。

朝倉 何かあったのか?

(幸保)
成瀬に また 患者 取られた。

ああ…。

深澤。
はい。

患者や その家族の前で
「絶対に助ける」などと

二度と口にするな。
えっ?

でも あの母親
すげえ不安そうだったから。

医療に絶対はない。

それくらい お前でも分かるだろ。

それは…。

そうですけど…。

何か 妙にいらついてんね
成瀬のやつ。

(法子)日向… 日向!
(看護師)今 先生 来ますからね。

(法子)先生!
失礼します。

(法子)先生 どうして血が?

治療は
うまくいってるんですよね!?

先生 日向を助けてください。
お願いします。 お願いします!

(真紀)
《息子を助けてください》

《お願いします》

《お願いします!》

≪先輩。

どうして…。
出血の原因を調べる。

内視鏡の準備だ。
はい。

原因が分からない?

内視鏡検査の結果

広い範囲で胃の粘膜から
出血が見られましたが

その原因を特定することが
できませんでした。

そんな…。

日向は どうなるんですか?

命に別条は ありませんよね?
ちゃんと治りますよね?

できる限りのことは
やらせていただきます。

できる限りって そんな曖昧な…。

あとは 昼のスタッフに
引き継ぎますので。

えっ?
先生は 帰られるんですか?

規則ですので。
申し訳ありません。

≪(足音)

朝倉先生。

おはようございます。

(八雲)そうか…。

訴訟のこと
成瀬先生に聞いたのか。

聞いたといいますか
無理やり見たといいますか…。

あのう… 成瀬先生 そんなに
まずいことしたんですか?

もしかして 患者を… 殺したとか。

いや 違う 違う。 生きてるよ。

医療事故調査委員会でも

成瀬先生に
医療ミスがなかったことは

無事 証明された。

えっ?
じゃあ どうして訴訟なんて。

ご家族が それでも
納得してくれなくてね。

突然
お子さんが事故に遭ったんだ。

無理もない。

(救急医)《自転車の事故での
頭部外傷》

《GCS 4で 瞳孔不動あり。
開頭手術の検討 お願いします》

《分かりました》

(真紀)《先生!》

《息子を助けてください》

《お願いします。
お願いします!》

(教授)《急性硬膜下血腫か…
脳幹周辺の圧迫が ひどすぎる》

《オペ適応ではないな》

《諦めるんですか?》

《やれるだけのことは
やらせてください》

(教授)
《可能性は 限りなくゼロだ》

《家族がリスクを承知の上
望むなら 勝手にしろ》

《分かりました》

《説明は 以上となります》

《ご了承いただけた場合は

こちらの同意書に
サインしてください》

(真紀)《こんなに
いっぱい渡されても

何が何だか…》
《内容は

先ほど ご説明したとおりです》

♬~

♬~

《秋山さん?》

《息子が このまま…》

《死んじゃうなんてこと
ないですよね?》

《息子は 助かるんですよね?》
《それは…》

≪(ノック)
≪(ドアの開く音)

《和樹君の瞳孔が
開いてきました》

《お母さん
もう時間がありません》

《同意書に サインをお願いします》
《ですから

息子は 助かるんですよね!?》

(真紀)《和樹は
また 元気になれるんですよね?》

《必ず 助けます》

だが その男の子は
命は 助かったものの

障害が残り
半身まひになってしまった。

母親は 約束が違うと
成瀬先生を訴えたってわけだ。

そんな…。

そんな ひどい急性硬膜下血腫

手術して助かっただけでも
すごいことなのに。

成瀬先輩は
今後 どうなるんですか?

裁判の結果が
よければいいんだけどね。

[どんなに腕を磨き 鍛えようが
医療には 限界がある]

[それでも 患者は 望んでくる]

[100% 完璧な医療を]

[その望みがあるかぎり
医者にとって一番の敵は 時に…]

[患者なのかもしれない]

(嘉島)まったく 夜の連中は…。
重症患者ばっかり集めやがって。

ですね。

≪(ノック)
≪(事務員)失礼します。

すみません。 成瀬先生に
お会いしたいという方が…。

成瀬に?
≪失礼します。

あなたは?

秋山 真紀と申します。

院長に聞きました。
訴訟のこと。

人のプライベートに
そこまで首突っ込んで楽しいか?

私は

先輩が間違ったことをしたとは
思えません。

訴訟のことだって

向こうが 変な言い掛かり
つけてきてるだけじゃないですか。

だから その…。

元気 出してください。

俺が
間違ったのかもしれないだろ。

えっ?

不思議だよな。

いつだって 試験のときは

100点取るのが
当たり前だったのにな。

いきなり 何の自慢ですか?

今の仕事は

答えのない問題ばっかりで
嫌になるな。

遅刻するぞ。

(嘉島)以上のとおり
あなたたちが受け入れた

重症患者のせいで
われわれは 疲労困憊だ。

まったく 何のために夜
君たちを雇っている…。

大変お疲れさまでした。

早く お帰りください。

(嘉島)ああ そうだ 成瀬先生
聞きましたよ。

患者の家族に
訴えられてるそうですね。

えっ?
どういうこと?

成瀬。
(根岸)どうりで 夜なんかに

働いてるはずですね。
普通の病院じゃ

なかなか
雇ってもらえませんもんね。

どうして 皆さんが
そのことをご存じで?

秋山さんという女性が
訪ねてきましてね。

うちの息子を あんな状態にして
あの先生は 再就職ですかって

嘆いてたよ。

いまだに その息子さんは
歩けないそうだ。

われわれも 成瀬先生みたいに
訴えられては困る。

いま一度 インフォームドコンセントを
徹底するように。

分かったな?
(医師たち)はい。

あ~っと それから 成瀬先生。

裁判の結果によっては

われわれは あなたを
守ることができませんからね。

うちの救命まで
変な風評被害が出たら

たまったもんじゃない。

(桜庭)成瀬のやつ
まさか 訴訟中だったとはね。

どうする? 裁判 負けて
ホントに ここ追い出されたら。

えっ?
あり得るでしょ。

本郷先生が
部下 守るとは思えないし。

確かに。 厳しいし
情があるとは思えないしな。

(桜庭)いや あるよ!

本郷先生は
ホントは すごい優しくて 俺が…。

あんたは 黙ってて。

美月ちゃんは? どう思う?

えっ?

聞いてないし。
なあ さっきから何やってんだ?

ちょっと 深澤 これ手伝って。
はっ?

≪(プリンターの作動音)
おっ… びっくりした。

これ 朝倉の?
うん。

これって…。

うん。

血友病でもなかったか…。

益田さん。
はい。

昼間の連中に引き継いだ
HIT抗体の検査結果は?

まだ 上がってきてません。

そうですか。
はい。

日向君の健康保険証の情報
空欄のままですね。

(舞子)ああ そう お母さんが
保険証 なくしちゃったみたいで。

なくした?
見つかりしだい

持ってきてもらうことに
なってます。

あんなに きっちりした感じの
お母さんでも

なくし物とかするんですね。

(法子)日向の父親ですか?

お子さんは もしかすると

遺伝性の疾患である
可能性があります。

えっ?
ご主人の既往歴

何か ご存じありませんか?

越川さん?

すみません
ちょっと お手洗いに。

(幸保)日向君
まだ 何の疾患か分かんないの?

うん。

子供が 胃から出血するなんて
めったにない症状だから

先輩も悩んでるみたい。

ふ~ん。 成瀬でも
分かんないことってあるんだね。

≪(ドアの開く音)
≪(本郷)朝倉。

越川 日向君 年は幾つだ?

えっと 6歳って聞いてますけど。

おかしいな。 ここに書かれてある
生年月日と年齢が合わない。

母親は
よっぽど焦って書いたのか?

お願いします。

♬~

♬~

先輩 これ。

ここに書いてある生年月日と
日向君と年齢が合いません。

何?
どういうことでしょうか…。

越川さん
ちょっと お話 よろしいですか?

高岡?

おい 何やってんだよ!
(幸保)静かに。

これ…。

越川さん 日向君が生まれた日は
晴れてましたか?

えっ?

日向君が生まれたときの体重は?

三千…。

身長は?

覚えていません。

覚えていないんじゃなくて
知らないんじゃないですか?

日向君は 本当に
あなたが産んだお子さんですか?

何言ってるんですか?
あの子は 私の子供です。

誰が何と言おうと
私の子供です。

越川さん…。
≪(ドアの開く音)

よこみぞ ひなた君。

それが 日向君の
ホントの名前ですね?

どうして 勝手に…。
返してください!

どういうことだよ?
役所に問い合わせます。

(法子)待って! やめてください。

それだけは
絶対に やめてください!

ホントのご両親が 他にいるなら

今ごろ
とても心配してると思います。

心配なんかしていません。
そんなことしたら

また あの子に
何されるか分かりませんから!

越川さん 落ち着いて!
どういうことですか?

ちゃんと説明してください。

このままじゃ
私たちは何もできません。

日向君のためを思うなら
本当のこと話してください。

日向君は… 実の両親から
虐待を受けていたんです。

アパートの隣の部屋に
住んでいた 私は

日向君が
食事も ろくに与えてもらえず

狭い車の中に
閉じ込められている姿を

何度も見ていたんです。

心配で
どうにか助けてあげたくて

児童相談所に通報したんです。

でも…。

保護期間が終わり

また その両親の元に
返されたんですね?

(法子)あの両親は
反省するどころか

日向君に また余計なことを
言ったら許さないと

怒鳴っていました。

私は このままじゃ
あの子は 殺される。

そう思って 両親が出掛けた隙に
あのアパートから…。

あんな人たち
親じゃありません!

私の方が よっぽど 日向君のこと
大切に思ってます!

先生 日向君が。

ジアゼパム。
はい。

どうして 出血傾向が?

凝固系にも
異常はなかったのに。

♬~

♬~

頭部CT 急ぐぞ。
(美月・新村)はい。

(看護師)
ストレッチャー 入ります。

行こう。
(一同)はい。

♬~

やっぱりな。

脳出血… どうして?

体のあちこちに出血斑もあった。

凝固傷害もなく

血友病でも 白血病でも
HITでもないとなると

日向君 オスラー病かもしれない。

オスラー病?

何ですか? それ。

全身の毛細血管に問題があり

そのせいで いろんな箇所から
出血症状が出る

大変 珍しい疾患です。

日向君は そのせいで
脳出血を起こしています。

すぐにオペしないと
命が危険です。

すぐに助けてください!
先生 お願いします。

お願いします。
≪(本郷)残念ですが

それは できません。
本郷先生…。

でも 早く治療しないと
手遅れに。

相手は子供だ。
親の同意なしにオペはできない。

(法子)あの子の母親は 私です。

私が同意しますから
すぐに手術してください!

サイン 書きますから!
越川さん。

あなたのしてることは
犯罪ですよ。

日向君が助かるなら
犯罪者にだってなります!

日向君…。

成瀬先輩。

脳出血のオペは
専門外の私にはできません。

でも 先輩ならできますよね?

何言ってんだよ 朝倉。

お願いします。

私も 全力でサポートします。

私も。

無理だろ。 同意書がないんだぞ。

ハァ…。

断る。
先輩。

そんなに また 訴えられるのが
怖いですか?

勘違いすんな。
サポートは 断るという意味だ。

えっ?
成瀬先生。

日向君のオペは 俺1人でやる。

そんな 無茶ですよ。
何かあったら…。

(本郷)いいのか? 成瀬。

越川さんの話が ホントなら

日向君の実の両親は
虐待するような親だぞ。

金目当てで お前を訴える可能性は
十分にある。

犯罪者になる覚悟で
頼んでる人がいるんです。

その思いに
応えないわけにはいきません。

それに 別に

成功させれば問題ないですよね?

分かった。

麻酔は 俺がやる。

本郷先生まで…
何言ってるんですか!?

この時間の責任者は 俺だ。

責任は俺が取る。

越川さんに手術の説明をしてくる。

オペの準備します。

このままでいいわけ?
いいわけないでしょ。

くそ…。

何しに来た?

一人で カッコつけるとか
あり得ませんから。

血腫除去のサポートぐらいなら
できます。

(幸保)一人でやるより
うまくいくでしょ。

何があっても知らないからな。

望むところです。

☎(呼び出し音)

あの もしもし。
☎(アナウンス)ただ今の時間は

受付時間外となっております。
くっそ そうだった…。

ハァ… えーと。

(本郷)お前は 相変わらず
雑用係か。

いや… 朝倉に 一応
越川さんの話が

ホントかどうか
確かめろって言われて。

それより オペは?
高岡に任せてきた。

「私にやらせろ」と
うるさくてな。

そうですか。

お前は まるで ハムスターだな。

えっ?

いつまでたっても たった一人
同じ所をクルクル回ってる。

(ドアの開く音)

チキンの次は ハムスターかよ。

いただきます…。

ドリル 下さい。
(看護師)はい。

しっかり 水かけろ。
はい。

術野が見にくいな。
吸引します。

(看護師)高岡先生。
(幸保)ハーベーは 12です。

ドリル 5mmの
ダイヤモンドに変えてください。

(看護師)はい。

♬~

朝倉 ここで固定してくれ。
はい。

血腫が見えてきた。 バイポーラ。
(看護師)はい。

吸引します。

出血点 ここだ。

止まりましたね。

剥離子 下さい。
(看護師)はい。

朝倉 綿 入れてくれ。

はい。 デリコット 下さい。
(看護師)はい。

≪(ドアの開く音)

あっ… 先生。

日向君は?

手術は 無事 終わりました。
大丈夫ですよ。

よかった…。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

(法子)日向君…。

ありがとうございました…。

よかった…。

(法子のすすり泣く声)

(幸保)親子って何なんだろうね。

私は 越川さんが 日向君の

本当のお母さんにしか
思えなかったな。

(ドアの開く音)
お疲れさまです。

深澤 日向君の
本当のご両親は?

ああ 例のアパートの大家さんと
連絡ついたんだけど

ご両親 家賃 滞納した揚げ句
蒸発したらしくて。

(幸保)えっ!?
警察にも問い合わせたけど

日向君の捜索願すら
出されてなかった。

ハァ… あり得ない。

もし 越川さんが
助けてなかったらさ

今ごろ 日向君…。

それでも

彼女のしたことは
許されることじゃない。

訴訟中に警察沙汰か。

成瀬先生。 あなたは
ここを 首になりたいのか?

待ってください。
先輩のおかげで日向君が…。

ふざけるな。 親の同意書なしに
オペをするなど あり得ない。

あれほど インフォームドコンセントを
徹底しろと言ったのに

もう忘れたのか?
(本郷)その形式的な

インフォームドコンセントを
徹底した結果

アメリカでは 逆に
訴訟が増えたという事実を

ご存じですか?
(嘉島)何?

マニュアルどおりの説明だけして
ありとあらゆるリスクを羅列し

患者には
同意のサインだけを求める。

医学的知識の乏しい患者が

医者の説明を
全て理解できるとは思えない。

患者は よく分からないまま

取りあえず 目の前の書類に
サインすることになる。

そんな状況では
患者が後になって

あのとき自分が下した決断は
ホントに正しかったのか。

ホントに あの医者を
信じてよかったのか。

不安になるのは当然です。

皆さんも インフォームドコンセントを
実施される以上は

きちんと その正しい使い方を
理解してくださいね。

では お疲れさまでした。

あ~… 色々ありすぎて
おなか減った。

深澤 何か おいしい朝ご飯の
作り置きとかしてないわけ?

人の朝飯に たかるなよ。

先輩
どうしたんですか? その格好。

お疲れ。

ひょっとして…。

葬式?
バカなの?

お帰りください。

謝られたところで 訴訟を
取り下げるつもりはありません。

だいたい
家にまで押し掛けてくるなんて

非常識にも程があります。

今日は
手術内容に関してではなく

手術 当日の説明不足について
謝罪しに参りました。

私は ただマニュアルどおりに
説明をするだけで

本当に 秋山さんが

理解をされていたのかという
配慮が

行き届いていませんでした。

そんな状況で リスクばかりが
提示された同意書に

サインを求められた秋山さんが

後になって 不安に思われるのは
当然だと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

いいから 帰ってください。

あの日 もし 秋山さんが

同意書にサインしたことを
後悔されているのだとしたら

その必要はありません。
全て 私の責任です。

こちらは 私が執刀した際の
手術内容を記載したものです。

なるべく分かりやすく
書いてきたつもりです。

よかったら ぜひ 一度
目を通していただけ…。

結構です。
もういいですから帰ってください。

秋山さん よろしくお願いします。

(真紀)帰って。

♬~

♬~

≪(ドアの開く音)

和樹。

(和樹)俺 こんなに難しい手術
受けたんだね。

読んだの?

今 生きてんの

奇跡じゃん。

(和雄)お母さんのおかげだ。

えっ?

お母さんも不安だったのに

お前の手術の同意書に
サインしてくれたんだ。

そうなの?

ありがとう。

[毎日が 選択の連続だ]

[時には 何が正解か
誰にも分からない問いもある]

[でも 俺は きっと
また同じ問題に ぶつかったとき

何度でも同じ答えを
選んでしまうんだろう]

今日から 時々 お世話になります。
救急医の朝倉 美月です。

よろしくお願いします。

(一同)お願いします。
(拍手)

ご気分 悪くないですか?

(患者)はい。

3本目 終わり。
(看護師)はい。

(ノック)

朝倉先生 ACS疑いの急患
受け入れ可能ですか?

こっち もう処置終わるので
お願いします。

(看護師)はい。

大丈夫ですよ。

大丈夫ですからね。

佐藤さん 腕 縫い終わりましたよ。

軟こう ガーゼ お願いします。
はい。 あと お願いします。

(救急医)はい。

いや~ 朝倉先生が非常勤で
入ってくれるようになって

ホント 助かるよ。

こちらこそ 貴重な機会を
ありがとうございます。

おはようございま~す。

まだ 誰も来てませんよね~。

おおっ!

朝倉?

駄目だ~ おなかすき過ぎて
動けない…。

はっ?
あっ。

何だ 深澤 いたの?
何か恵んで。

何でだよ。
何か くれ~。

あれ?

昨日と同じ服?

あっ。

何で? 何で?
(美月・深澤)あっ。

若いお二人 楽しそうでいいね。

院長 お疲れさまです。
お疲れ。

成瀬君は まだ?

いつも ギリギリなんで。
どうかしました?

ん? うん。 ハハッ。

深澤 遅い!
動けないとか言って

どんだけ速いんだよ!

てか 電話すればいいだろ。
出ないの あの筋トレバカ!

ハァ ハァ ハァ…。

何だよ 2人して。

そ…。

そ…。
あっ?

訴訟が取り下げられました。

えっ?
嘘じゃありませんよ。

さっき 明侑医大から院長に
連絡が入ったそうです。

よかったですね 先輩。

でも いったい どうして?

別に 何もしてない。

ただ…。

謝ったんだ。

そうですか。

ちょっと 深澤 早く CVとって。
分かってるよ。

桜庭 Aライン。
(桜庭)これからやる。 すぐやる。

高岡から渡された上申書だ。
えっ?

お前が ここからいなくなった場合
どれだけ作業効率が落ちるか

書いてあった。

(本郷)で これは 桜庭からだ。

お前につけたい優秀な弁護士を

母親に片っ端から
紹介してもらったらしい。

(本郷)で こっちは 朝倉と深澤だ。

裁判の参考に 似ている判例を
集めてまとめたそうだ。

(本郷)
おせっかいな連中ばかりだな。

(桜庭)まあ まあ まあ…。

では お願いします。

それでは 皆さん ご唱和ください。

(4人)せーの!

(拍手)

(桜庭)いや~ よかった よかった。

ピンチの後のビールは
最高に うまいね。

ホント 成瀬がいなくなんなくて
残念!

成瀬先生 何か一言ないんですか?
そうですよ。

せっかく 訴訟が
取り下げられたんだから

もっと うれしそうな顔
したらどうですか?

ハァ…。

おお…。

ハァ~。

朝倉 お前は
経鼻挿管が強引すぎる。

ブラインドの挿管は
もっと患者の呼吸を見ろ。

えっ?
高岡。

お前は
補助換気に力が入りすぎてる。

患者の頭を少し右に向けろ。
はい?

桜庭 お前は 挿管の判断が遅い。

胸腔ドレーンの位置も
下方で背側過ぎる。

中心静脈の穿刺も雑だ。

もっと穿刺部位と目標点を
しっかり確認しながらやれ。

えっと…。

深澤 お前は いつまで
ポンコツでいるつもりだ。

与えられるのを待つんじゃなくて
少しは自らチャンスを奪いに行け。

えっ?
何? 今の。 お説教?

もう 訴えられるのは
ごめんだからな。

患者は 俺たちに
100%完璧な医療を求めてくる。

同じ職場で働く以上 お前たちに
足を引っ張られないよう

鍛えることにした。
ちょっと待って。

誰も頼んでないんだけど。
容赦はしない。

そんな…。
無理~。

俺 違う意味で
寿命 縮んじゃうよ。

覚悟しとけよ。

先輩こそ いつか
絶対 追い抜きますから

覚悟しててくださいよ!

(八雲)すっかり いいチームに
なってきたみたいだね。

まあ 今どき 珍しく
暑苦しい人間が

一人交ざってますからね。

ハハハ 朝倉先生のことかな?

彼女を見てると思い出すね。

もっと みんな がむしゃらだった
昔の救命を。

でも 時代は変わるものです。

[いつか 俺も
この4人に追い付いてみせる]

[彼女に追い付いてみせる]

[そう思っていた]

[この夜が来るまでは]

(あくび)

何だ? また寝不足か?

ホント 最近 寮にも帰らず
何やってんだよ。

まさか 新しい男ができたとか?

まあ そんなところ。
嘘だろ!?

(幸保)嘘 嘘。
んなわけないじゃん。

おい。

はい あさひ海浜病院
救命救急センター。

(救急隊員)大村消防より
ドクターカーの出動要請です。

西輪台で重機の誤作動による
暴走事故発生。

複数名の傷病者が
出ているもようです。

具体的な人数は?
詳細は 分かりません。

成瀬 朝倉 出動だ。

はい。
はい。 向かいます。

待ってください。

自分も行かせてください。
チャンスを下さい。

どうする? 成瀬。

足手まといにならないなら。

なりません。

連れてきます。

行ってこい。

はい。

お願いします。 お願いします。
お願いします。

どうしたの?
俺は チキンでもハムスターでもなく

救急医になりたいんだよ。

はっ?

[どうして このとき

彼女の異変に
気付かなかったんだろう]

[初めての事故現場]

[その悲惨な光景を前に
俺の頭の中は

不安と恐怖でいっぱいで

周りのことなんか
ちっとも見えていなかったんだ]

[あのとき 声を掛けていれば]

[あのとき
手を差し伸べていれば]

朝倉!