金曜ドラマ「リコカツ」第4話 誕生会が地獄絵図へ…全員離婚の結末は!?[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

金曜ドラマ「リコカツ」第4話 誕生会が地獄絵図へ…全員離婚の結末は!?[字][デ]

咲(北川景子)の母・美土里(三石琴乃)の誕生会を夫婦の新居で決行!元カレ貴也(高橋光臣)、夫(永山瑛太)を慕う上官・純(田辺桃子)も参戦し、遂にリコカツ決着か!?

番組内容
異動した咲(北川景子)は人気小説家・水無月連(白洲迅)の担当に指名され、厳しくも充実した日々を送っていた。一方、紘一(永山瑛太)は咲の元カレ貴也(高橋光臣)と対面してから、彼女への想いに変化が生じ、リコカツの一環として咲の母・美土里(三石琴乃)の誕生会を新居で開こうとを提案する。しかし、貴也だけでなく、紘一を慕う上官・純(田辺桃子)なども勢揃いし、パーティーは思いもよらない結末を迎える…!?

出演者
北川景子、永山瑛太、高橋光臣、白洲迅、田辺桃子、中山麻聖、池田大、吉田涼哉、柴田勇貴、夏野琴子、平岩紙、濱田マリ、椿原愛、コッセこういち、宮崎美子、酒向芳、三石琴乃、平田満など

脚本
泉澤陽子

音楽
主題歌:米津玄師「Pale Blue」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:井筒昭雄

スタッフ
プロデュース:植田博樹 吉藤芽衣
演出:韓哲

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

◇instagram
https://www.instagram.com/rikokatsu_tbs/

◇twitter
@rikokatsu_tbs
https://twitter.com/rikokatsu_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 美土里
  2. 紘一
  3. 離婚
  4. ママ
  5. パパ
  6. 大丈夫
  7. ホント
  8. 私達
  9. 失礼
  10. 緒原
  11. 結婚
  12. 元カレ
  13. 貴也君
  14. お友達
  15. 家族
  16. 偶然
  17. 今日
  18. 最後
  19. 貴也
  20. 担当

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/09/17 21:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

(紘一)えっ…

どうして
あなたがうちにいるんだ?

(美土里)えっ 何だ
知り合いだったの?

紘一さんと貴也君

じゃあ もう話してたんだ
咲の元カレだってこと

も も も… 元カレ?

知らなかったの?

やだ てっきりと…

(咲)何で貴也がうちにいるのよ!

ち… 違うのよ 違うのよ

離婚の相談するのに
弁護士さん探してたら

貴也君のこと思い出してね

で 貴也君に電話して

法律事務所の誰か別の弁護士さん

別の弁護士さんに
来てもらえるよう頼んだのよ

そしたら なぜか本人が来ちゃって

(貴也)すいません 久しぶりに
美土里さんにお会いしたくて

ていうか ここが咲の…

咲さんの新居だなんて
今まで全然思いもしなくて

てっきり
美土里さんのお友達の家かと

そういえば ちゃんと
説明してなくて ごめんなさいね

2人は どういう関係なの?

紘一さんと…

青山さんは

行きつけのジムが一緒で

(楓)へ~ すごい偶然
そんなことあるんだ

ホントに知らなかったんです

すいません

し… 知らなかったのであれば…

自分は 別に…

あなたが謝ることでは

(貴也)今日はもう帰ります
えっ もう帰っちゃうの?

美土里さん また改めます
ご相談の件は 今度ゆっくり

でも 誤解がもう解けたんだから
いいじゃないの

咲とも久しぶりでしょ
いえ この前

こ… この前?

偶然だよ 偶然
レストランでばったり

ホントに偶然
(貴也)そうなんです

昔 行きつけだったお店で
ホント 偶然だったんです

では 失礼します

ねえ 貴也君のくれた
チーズケーキ食べる?

すっごいおいしいの

ねっ 梓 あれっ どこ行くの?

そうね そうね
すっごいおいしいから

ああ いいね~!

とでも言うと思った?

そんなに怒らなくても
いいじゃない

とにかく 今日はみんな出てって

ママには帰る家があるでしょ

それが嫌なら
ホテルにでも泊まれば

(美土里)分かった 分かったから
荷物 荷物

(楓)ごめん 咲
(梓)はいはい 美土里さん

荷物は詰めといたから
美土里さん 靴履いて

あの…

ごめんなさい
何がだ?

ママが勝手なことして

でも これだけは信じて 彼…

青山さんとは ホントに偶然
会っただけで それ以上は何も…

言い訳しなくていい
でも…

離婚

するのだから

ちょうどいいじゃないか
あの元カレに相談するといい

そんな…

紘一さんは それで平気なの?

問題ない

《(貴也)
一番つきあいが長かったのは》

《4カ月前に別れた元カノですね》

《結婚しちゃったんです
当てつけで》

《出会った男とすぐに》
《誰でもよかったんですかね》

<あんなに近づけたのに>

<なのに…>

《も… 元カレ?》

《最近も会ったんですか?》

<誤解されちゃった>

じゃあ あとは頼んだよ

(なつみ)はい

(小松原)おはようございます

「marie claire mode」から
異動してきました 緒原咲です

よろしくお願いします
ああ 緒原さん

よろしくね

よろしくお願いします

あの
これ 箱根の温泉まんじゅうです

よろしかったら どうぞ
(岩田)あなたの着ている その服

シャリーウインストンの「渡る者のない河」に
出てくる女流作家

レモア・カイザーが初めてお姑さんに
会う時の衣装 そのものね

あっ… あっ はあ…

「その時 私は煌々と
光り続けてきた太陽のフレアの赤が」

「一瞬 緑に妖変するように」

<私 やっていけるかな>

「それは 彼女が着ていた
蠱惑的な黒のドレスの中で」

「レースの袖口だけ
白い花を咲かせ」

「甘い光を放っていたことと
無関係ではあるまいが」

っていう有名な書き出し
知ってるわよね

知りません

あー あー こ… 小松原部長
大丈夫ですか?

大丈夫 大丈夫 よくあるから
いや… そ… そうなんですか?

それよりね 話があんのよ
ちょっと来て

あっ はい

(小松原)水無月連 知ってる?

ええ 今や若者に大人気の
恋愛小説家ですよね

そう うちの稼ぎ頭

書くものが次々ヒットして
映像化されて それも大ヒット

今や恋愛のカリスマ

その水無月連が
緒原さんを担当に指名してきた

えっ?
どこで知り合った?

いや お会いしたことは
ないと思いますけど

またまたまた…

まあいいや とりあえず
今から挨拶行ってきてよ

今の担当も
先生のとこ行ってるから

失礼します

(連)何年この仕事やってんの?

(担当者)あっ… 赤ワインが
お好きだと伺ったので

(連)俺はブルゴーニュの赤しか
飲まないの

ホント使えないおっさんだな
(担当者)あっ すいません

(連)もういいや

はい これ 赤入れといた

ありがとうございます あっ!

ああ…
俺の原稿

ちゃんと受け取れないなんて
やっぱり担当失格だね

大丈夫ですか?
大丈夫です 大丈夫です

ありがとうございます

「最低」って顔に書いてある

えっ…

1回 こういうの
やってみたかったんだよね

おっさん それ
メールでも送っといたから

でも クビね 担当がえ

えっ…
ところでさ

あんた 俺のこと覚えてないの?
えっ?

《緒原咲さん》

《じゃあ 愛とか信じてるわけ?》

あの時の…

なぜ 私を
担当に指名したんですか?


うっ…

次 来る時 ブルゴーニュの
グレートヴィンテージのロマネ・シュブールと

甘くないジェリービーンズ
はっ?

それから
真っ赤なヒガンバナ用意しといて

ヒガンバナ?
いや ヒガンバナって今の…

無理だったらチェンジね
俺の担当

あと いつ いかなる時でも

俺からの電話には絶対に出ること

<何なの? この人>

<恋愛のカリスマ?>

<どこが?>

(一ノ瀬)朝から元気ないですね

あっ そんなことないっす

奥様とケンカでもしたんですか?

えっ? あっ いや…

(谷)緒原1曹 先ほど
皆さんにも話しておきましたので

今度の休みの件
何のことだ?

緒原1曹のお宅に
お邪魔する件ですよ

奥様のお母様の
誕生日パーティーですよね

なっ!

どういうこと?
どういうことですか?

怖~い 2人して

谷から聞きました
自分達の結婚式で

お義母様と連絡先を交換したと

そうなのよ
谷君ってかわいいわよね

ちょっと ママ 年の差考えなよ

違う違う ち・が・う~

谷君の彼女が
私のファンだっていうから

サイン入りの本
送ってあげただけよ

で 何でママの誕生日パーティーを

私達の家で
やることになってんの?

やるなら
ここでやればいいじゃない

だって ここでやると

あの人がいるじゃない

パパのこと?

戻ってはきたけど
家庭内別居してるもんね

《(楓)よっ》
《(水口)おお お帰り》

《梓 よく来たね》

《私と梓 しばらく
ここにいると思うけどいいよね》

《ああ》
《あれ パパ 眼鏡かえた?》

《イメチェン》
《へ~》

《ママ そこ触れちゃダメ》
《あっ》

《美土里も帰ってきたことだし
今日はみんなで外食でもしようか》

《帰ってきたくて
きたわけじゃないですから》

《別々に暮らしてると
思ってください》

《って言っといて 楓》

《だって》
《美土里》

《ご自由に
お友達の所に行ってください》

《って言っといて 楓 梓》

《(梓・楓)だって》

《美土里?》

(楓)直接話そうともしないもんね
ママ

だって 嫌なんだもん

梓 お風呂いくよ
は~い

ねえ パパは?

お友達の所に行くって

ったく こんな時に
何やってんのよ パパは

そりゃ 美土里は若い頃は
きれいでしたよ

カーコンパニオンって
分かります?

(緒原)いや

スポーツカーの前とかに立ってる
きれいなお姉ちゃん

ああ
晴海から車で送るのが

俺達 広告代理店の男達の
ステータスでね

美土里は人気あったんですよ

ちなみに 緒原さんご夫婦は
どういうなれ初めで?

見合いです

ぽいですよね

若い頃はきれいだったけど
さすがに この年になったら

誰があいつを女として
求めるんだって話ですよ

同感
いまさら行く所なんかないでしょ

同感
結局 戻ってくるしかないんですよ

同感!
(水口・緒原)乾杯!

ねっ だからお願い

咲と紘一さんのうちで
私の誕生日パーティーしてよ~

今年で最後にするから

最後?

うん

毎年
家族でお祝いしてもらってたけど

離婚したら もうそんなことも
なくなるわけだし

ねっ だからお願い!

もうみんなに連絡しちゃったのよ

えっ 誰に?
紘一さんの部下のみんなでしょ

美魔女モデルのお友達に
それから編集者の立川君でしょ

それから 貴也君でしょ
えっ 何で?

どうして勝手に呼ぶの?

この前は急で
失礼なことしちゃったから

そのお詫びを兼ねて

それにさ 貴也君とは

5年もつきあうほど
気が合ってたんだから

これからは
友達づきあいすればいいじゃない

もう いい加減にしてよ!

帰ろう 紘一さん

失礼します

ホント 信じらんない
何考えてんだろ

紘一さん 怒った?

えっ…

気分悪いよね

元カレの話 何度も聞かせてごめん

いや 別に

紘一さんは
気にならないかもしれないけど

私が嫌なの

一応 まだ夫婦だし

携帯電話がない
忘れてしまったようだ

えっ?
先に車に乗っててくれ

あっ えっ…

どうしたの? 忘れ物?

あの…

青山さんのこと 教えてください

えっ…?

お義母様から見て
どうでした? あの2人は

えっとね…

自分に気兼ねせず言ってください
本当のことが知りたいので

とっても お似合いだったわよ

貴也君って好青年だし 優しいし

咲のこと何でも分かってくれて

趣味とか価値観も近かったし

何で結婚しなかったのか
不思議なくらい

あっ… も もちろん私は
咲と紘一さんが結婚してくれて

ホントよかったと思ってるのよ

ああ…

こちら ブルゴーニュの
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・シュブールの

グレートヴィンテージで
幻と呼ばれる1990年です

それから こちらが
甘くないジェリービーンズです

そして ヒガンバナですが

東京中の花屋を探しても
見つからず

ファッション誌時代のつてをたどって

北海道で牧場経営する方が
趣味で温室栽培していた鉢植えを

先ほど 手に入れました

へ~ 意外

ちゃんと仕事するんだ

えっ?

顔だけかと思ってた

褒め言葉と受け取っておきます

座ってよ
失礼します

今 考えてる小説なんだけどさ
はい

結婚したばかりの夫婦の家に

妻の元カレが現れるんだ
えっ!?

うん?
あっ いえ

続けてください

元カレの存在を知り 夫は激怒する

怒るのは子供っぽいかな

怒ってくれたほうがいいです!
おっ 即答だね 何で?

あっ いえ 友達の話ですけど

彼女の元カレが現れて

夫に言い訳しようとするのに
夫は全然気にしてなくて

あっちは全然気にしてないのに

こっちばっかり もやもやして
何か ムカつくっていうか…

(連)好きだからだろ

えっ?
好きだから もやもやする

誤解されたくないと思う
嫉妬してほしいと思う

ふ~ん 旦那のこと
そんなに好きなんだ

いえ そういうわけでは…

そのお友達

<好きなの? 私>

<もしかして 私達>

<まだ 間に合うのかな?>

<もし もう一度やり直したい
そう言ったら…>

<もし そう言ったら…>

ただいま
ええ 届きました

はい 一度検討します

はい 失礼します

不動産屋だ
マンションの査定をしてもらった

えっ?
離婚するなら

売ることも視野に入れて
考えておかないと

君が気に入って
リノベーションした部屋だ

もし 君が1人で住み続けたいなら
それでもいい

ここは広すぎるよ

1人じゃ ローンも組めないし

そうか

では ひとまず
これで買ってくれる人を

探してもらおう

それから これももらってきた

えっ…

どうして?
う うん?

えっ あっ いや…
何か 色々急だから

自分達は…

離婚… するんだろ?

そう だけど…

準備は進めておかないと

ああ あと 色々思量したんだが

君のお母さんの誕生日
ここで祝ってあげないか?

えっ どうして?
自分が家族として

君のお母さんの誕生日を
祝えるのは最初で最後だ

それに 君のご両親が
本当に離婚するなら なおさら

最後に みんなで集まって

祝ってあげたほうが
いいんじゃないか

毎年 家族で
ホームパーティーしてたんだろ

うん

いつも 夕飯はそれぞれ

都合のいい時に
食べるような家族だったけど

ママの誕生日だけは 家族揃って
お祝いするのが決まりだった

パパも その日は早く帰ってきて

ママの誕生日ケーキと
花束を買って帰ってくるの

その花束っていうのがさ

たくさんの赤いバラの中に
白いバラの花を

結婚の年数分入れるんだよ

バブルって感じでしょ

いい思い出だな

そう?
ああ 素敵だ

うちには そんな習慣はなかった

紘一さん 私達…

うん?

ううん

紘一さん

私の家族のことまで
考えてくれて ありがとう

いや

パーティーやるなら
色々準備しないとね

そうだな

あっ ひとまず
この前買ったカーテンをつけるか

あっ だからこれはダメ!

ダメか
ダメだよ

(紘一の鼻が鳴る)

ああ すまない

ママの誕生日パーティーのあと
ああ

言える人には報告しようか
離婚のこと

そうだな

パパには私から声かけるね

うちの両親に
仲直りしてもらえれば

私達の離婚も報告しやすくなるし

うん

よう 美土里達は買い物行ってるよ

今日はパパに話があって来たの

明日 ママの誕生日でしょ
ああ

紘一さんが うちで
パーティーしようって言ってくれてるの

パパも来てくれない?

美土里は何て言ってんの?

どうせ 俺を呼びたくないから
そっちでやろうとしてるんだろ

だったら わざわざ行くのもね

じゃあ このまま別れるつもり?

まさか そんなことにはならないよ

ママ 誕生日パーティーは
今年で最後にするって言ってた

今回は いつもの気まぐれとは
何か違うような気がするの

美土里が
大げさに言ってるだけだろ

またけろっとして
来年もやってるって

随分余裕だね
35年も一緒にいたんだぞ

昨日やそこらに結婚した新婚とは
わけが違う

大丈夫 大丈夫だって

大丈夫
まだ間に合うって思ってても

気づいたら もう戻れないことって
あるんだよ

そうなってからじゃ遅いんだから

パパ

そうだ 土産に
からすみ持ってくか?

いいからすみがあるんだよ

(咲・紘一)せ~の よっ

(声が変わる)咲さん
ヘリウム間違ってますよ

まぶしい…

ねえ 紘一さん 見て

何でもない

きれい

ああ きれいだ

カーテンがないのも 時にはいい

そうだね

(早乙女)本日はお招きいただき
ありがとうございます

(狩場・谷)失礼します!
立食というのは

座ってはいけないらしい

谷君
(谷)美土里さん

皆さん いらっしゃい

こちら モデルのお友達
初めまして

(早乙女)何ですか
ここは 宮殿ですか?

(狩場)まるで竜宮城のようだ

(チャイム)

こんにちは

こんにちは

こないだは すみませんでした

問題ありません

楽しんでいって… ください

美土里さん
お誕生日おめでとうございます!

いや~ ありがとう

あの 奥さん
はい

私もお料理持ってきたんです
えっ

奥さんのように 洗練された
お料理ではありませんが

えっ? ああ これは
ほとんどテイクアウトで

そうそう 咲が作ったのはね
このポテトサラダだけ

昔っから料理全然ダメで
お姉ちゃん!

そうなんですか
一ノ瀬3尉

何を持ってきたんですか?
はい 筑前煮とおでんです

ああ いいですね
うちの母も よく作っていました

(一ノ瀬)ホントですか

筑前煮とおでんって
何かマウントとられてない?

ちょっと
だよね おふくろの味作れます的な

何か こうしてると
新婚みたいですね

えっ?

あっ 冗談です

(立川)我らが美土里さんの
お誕生日に 乾杯

(一同)乾杯!

(美土里)いや~ 嬉しい

う~ん うまい!

(狩場)これが新婚の味か

どうされました?

あっ すいません
何のお部屋かなと思って

素敵なおうちですね

玄関もリビングも 寝室も
全部素敵

ありがとうございます

ファッション誌の編集
されてるんですもんね

私達とは 住む世界が違うって感じ

いや そんな…

あの…

私達は 常にチームで動きます

1人のミスが
全員の命取りになるんです

大げさではなく
毎日 命がけなんですよ

だから いつも万全の
体調でなくちゃならないんです

奥さんは
ちゃんと緒原1曹のために

尽くしてくれてるんでしょうか

あっ…

すいません 色々言ってしまって

これでも一応 上官なので 心配で

いえ…
失礼しました

(携帯着信)

はい 緒原です

はい ええ…

あっ…

先日の見積もりの件ですか?

はい

あっ すいません

のちほど こちらからかけ直します
失礼します

すいません 勝手にベランダに

いえ

この前は 失礼しました

まさか咲の…

咲さんの結婚相手が緒原さんとは

その件は もういいです

お互い 知らなかったんですから

かなわないな

もし 僕が逆の立場だったら

そんなふうに許せないですよ
いや…

当てつけ婚だなんて
言ってしまって恥ずかしいです

当て… あ あ…

でも やっぱり
来るべきじゃなかったな

咲さんの幸せそうな姿を見るのは
少しキツいです

それは つまり…

まだ 咲さんのことを…

すいません
あれ 何言ってるんだろ

忘れてください

何話してたの?

別に

怒ってる?

別に

煮物 おいしいです
あっ ありがとうございます

紘一さんのこと 好きなんですよね

えっ… 何言ってるんですか

分かります
かなわない恋のつらさは よく…

えっ?

でも 法律は恐ろしいですよ

万が一 不倫なんてした場合

妻から賠償請求される
リスクもあります

やめておいたほうがいい

でも 法律で心は縛れませんよね

それは… そうですね

(チャイム)

あっ…
よう

パパ!
お義父さん

いや 俺もさ

美土里に誤解させるようなことが
あって 悪かったなって

ママも きっと許してくれるよ

うん

♬~ハッピーバースデー トゥー ユー

♬~ハッピーバースデー トゥー ユー

♬~ハッピーバースデー ディア ママ

すご~い
♬~ハッピーバースデー トゥー ユー

おめでとうございます!

ありがとう ありがとう 皆さん

(水口)美土里

今年で白いバラは35本になったよ

結婚して35年

俺の一番は 変わらず美土里だから

これからもずっと
一緒に祝わせてくれ

お誕生日 おめでとう!

さあ
あっ…

いや~ よかった よかった うん

よかった
ああ

<パパとママが仲直りしたら>

<このあと 私達は…>

あなた

えっ?
皆さん

今日は集まってくれて
本当にありがとう

こんなに大勢の方に
お祝いしてもらって

私 今まで生きてきた人生の中で
一番幸せな誕生日でした

皆さんに 報告があります

私達 離婚しま~す

えっ!?

ねっ あなた

え~!?

≪お邪魔しました
きれいな人ばっかでしたね

ホントそれ
(谷)でも

美土里さんが一番きれいですかね

咲も紘一さんも
今日はホントありがとね

いえ…
楓と梓もありがとね

ああ 楽しかった

さっきは何だよ

みんな リアクションに
困ってたじゃないか

ああ 離婚の話?

冗談だよな
本気よ

またまた~

私は本気

いや~ まいったな

美土里 勘違いさせて悪かった

お前が考えてるようなことは何も

何にもないんだ

あの時 あなた認めたじゃない

浮気の決定的瞬間
撮られちゃったなって

あれは いつもの軽口のつもりでさ

(美土里)今までは ただの一度も
認めたことなんかなかった

バレッバレの浮気してても

最後まで
認めようとしなかったじゃない

それは 私達の
最低限のルールだと思ってた

なのに

あなたはそれを破った

(美土里)随分前から考えてたの

自分名義の貯金が
2000万たまったら

離婚しよっかな~って

それが ついにたまったのよ

あなたの浮気を認める発言が
いいきっかけになった

だから私 離婚します

美土里…

このお花 ホントに嬉しかった

でも

気持ちだけ受け取っておくわ

じゃあ

ママ どうしてあそこまで言うの?

あれじゃ パパがかわいそう

35年も一緒にいるとね

これくらいしないと
別れられないのよ

何てことだ…

何てことだ

何てことだ…

何てことだ…

パパ…

かっこ悪いとこ見られちゃったな

大丈夫 俺は大丈夫だから
でも…

ホント大丈夫だから

パパ…

結婚って何なんだろうね

あんなふうに離婚するなら

初めから結婚なんて
しなければいいのにね

て… 私達もか

離婚って
個人の問題だと思ってたけど

やっぱり 家族みんなを傷つける

君は 大丈夫か?

えっ?

君も 傷ついたんじゃないのか?

元々 あの2人は
お互いに自由にやってて

うちは みんな個人主義で
バラバラだし

別れるなら ご自由にって思ってた

思ってたのに…

なのに

何でだろうね

やっぱり 寂しいね

戻る家がなくなるって

ホントに

独りぼっちになっちゃった

もういい

離婚はやめよう

何言ってるの だって…
君が

傷つく姿を もう見たくない

君を

1人にはしない

(チャイム)

訴訟の見積もりはできてます
今 口頭でチェックしてもらって

問題なければ郵送で送りますので

あっ 少々お待ちください

あれ?

何だ この書類

えっ!

離婚?