金曜ドラマ「リコカツ」第7話 離婚宣言!そして、新たな恋の予感…!?[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

金曜ドラマ「リコカツ」第7話 離婚宣言!そして、新たな恋の予感…!?[字][デ]

家族全員に離婚を報告した咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)。それぞれの道を歩み始めた二人の前に、早速新たな恋の相手が現れ…二人は別々に幸福を手にするのか!?

番組内容
咲(北川景子)の部屋に両家が全員集合、咲と紘一(永山瑛太)は自分達の離婚を報告する。そしてそれぞれ歩み始めた二人の前には、早速新たな恋の相手が現れ始める。咲やその家族の相談に乗りつつ、咲が心配でならない元カレ・貴也(高橋光臣)。離婚を知り猛アプローチを仕掛けてくる小説家・連(白洲迅)。一方、父・正(酒向芳)と侘しい二人暮らしになった紘一の実家に、上官・純(田辺桃子)が手料理を持って訪ねて来て…
出演者
北川景子、永山瑛太、高橋光臣、白洲迅、濱田マリ、田辺桃子、菅原卓磨、池田大、吉田涼哉、柴田勇貴、夏野琴子、椿原愛、平岩紙、小柳友貴美、きなこ、宮崎美子、酒向芳、三石琴乃、平田満など
脚本
泉澤陽子
音楽
主題歌:米津玄師「Pale Blue」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:井筒昭雄
スタッフ
プロデュース:植田博樹 吉藤芽衣
演出:鈴木早苗
おしらせ
データ放送プレゼントクイズ実施中!毎週抽選で10名様に「劇中登場マグカップ」をプレゼント!
「リコカツちゃぁん」がどこにいたかを答えてプレゼントに応募しよう!

配信オリジナルストーリー「リコハイ!!」はParaviで!

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

◇instagram
https://www.instagram.com/rikokatsu_tbs/

◇twitter
@rikokatsu_tbs
https://twitter.com/rikokatsu_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 離婚
  2. 自分
  3. 紘一
  4. 貴也
  5. 緒原
  6. 大丈夫
  7. ホント
  8. ママ
  9. 一ノ瀬
  10. 嫉妬
  11. 絶対
  12. 元気
  13. 真面目
  14. 美土里
  15. 理由
  16. 気持
  17. 通知音
  18. 本当
  19. 安心
  20. 奥様

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/09/17 21:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

このたびは 誠に

(緒原)誠に
(紘一)申し…

申し訳ありませんでした

<(咲)なぜ こんな事態に
なっているかというと…>

軽佻浮薄にも 程がある!
離婚など絶対に認めない!

今すぐ撤回しろ!

申し訳ありません

もう すでに

離婚届は提出済みです
絶対に認めないと言ってる!

家族会議だ 母さんも呼べ

えっ…

離婚?
うん

(水口)まさか
紘一君が浮気でもしたのか?

そんなわけないでしょ
パパじゃあるまいし

あのな 俺達の関係は
今までにない新しい関係で

(美土里)もう 興味ない

厳しいな~
(楓)えっ じゃあ何で?

紘一さんが
基地の近くに住むことになって

私も東京を離れられないから

それで 離婚?

しょうがないのよ
他にも色々 事情があるの

けしからんな
今から紘一君を呼び出せ 説教する

どの口が言ってるんだか

どの口って この口だよ

まあ 私は最初から
うまくいかないと思ってたけどね

何 その言い方
私は 咲の離婚を応援する

離婚は
必ずしも悪いことじゃないと思う

前を向くために
する場合もあるんだから

ママ…
(携帯着信)

あれっ? 誰だろう?

(梓)どうせ 女でしょ

梓!
違う違う ほら 緒原さんだ

あ~っ どうも どうも 水口です

(チャイム)

まだ 緒原だ

どうぞ
(緒原)失敬

このたびは 誠に

誠に
申し…

申し訳ありませんでした

(水口)えっ? えっ? あの

娘さんを傷物にしてしまい
申し訳ございません

傷物…
いやいやいや いつの時代ですか

今は令和ですよ なあ
ええ

どうせ 咲も
わがまま言ったんでしょう

いえ こういう時は
男が責任を取るものです

とにかく
離婚は絶対に承服しかねる

考え直してもらいたい

(水口)
まだ 迷いもあるんじゃないの?

どっちかが やめようって
言ってくれるの待ってるとか

俺は 紘一君 いいと思うけどな

真面目で 真面目で…

真面目で…

私も そう思う
とっても真面目で

真面目で いい人じゃない

咲のことを
とっても大切にしてくれて

(薫)私も
紘一が 咲さんみたいな人と

一緒になってくれて
安心してたんですよ

だからこそ
自分達の離婚に踏み切れた

(楓・美土里)離婚?

ついに ハンコ
ついちゃいましたか

自分達も離婚したんです

だから本当は
強くは言えないですけど

自分達は40年間 結婚生活を続けた
全然違う!

実は…

私達も離婚したんです

えっ?

ハッハッハッハッ
無念ですな

無念至極です
はい はい はい

私も離婚するの
(一同)えっ?

(美土里)ちょっ 何 ついでに

離婚なんてダメだ 絶対

えっ 何で離婚した人が
反対すんのよ

だって お姉ちゃんには
梓がいるじゃない

子どもがいると 話が変わって
くるんじゃないでしょうか

(美土里)
梓は まだ9歳でしょ

(梓)大丈夫 美土里さん 私は平気

私 ここにいる家族の中で
一番大人だから

梓!

(梓)離婚 離婚 離婚 離婚 離婚

全員 離婚家族じゃん ウケる

全員 離婚家族…

ホントだ…

論外! ご先祖様に顔向けできない

お前達は やり直せ!

そうっすよね

全員 離婚家族は ちょっとね

申し訳ありません

いくら反対されても

自分の気持ちは

微動だに揺るぎません

(緒原)何?

じぶ… 自分は

咲さんとは

別々に生きていきます

私も

紘一さんとは
別々に生きていきます

紘一は 言いだしたら
聞かないところがあるから

咲さんは
ホントに よかったの?

えっ?

紘一ね

自分の気持ちが整理できないと
よくやるのよ

子どもの頃から
ちっとも変わってない

何かあったら いつでも言ってね

ありがとうございます

おい 早くしろ

私は あっちなんで

突然 皆で押しかけ すまなかった

ううん

家族への報告も済んだことだし

これで もう
ホントに会うのは最後だな

あの…
何だ!

(貴也)Sure OK

I’ll be there at 10
tomorrow morning

Thank you…

Bye

では 自分は これにて

あっ…

お元気で

紘一さんも お元気で

どうして?

何か ごめん あの

楓さんに呼ばれたんだ
相談したいことがあるって

また 勝手に…

(携帯着信)

あっ

(スペイン語で話す)

ねえねえ 貴也 とっておきの
最新情報を教えてあげよっか

うん
咲さんと紘一さん

正式に離婚したんだよ
えっ?

(梓)別々に生きていきますなんて
二人して宣言しちゃってさ


あっちの部屋 行ってなさい

物言う危険分子の強制排除だな

こらっ

どうぞ
あっ すいません

では 離婚の理由を
具体的に教えてください

あいつ マザコンなのよ

マザコン?
(楓)あっちのお義母さん

梓の面倒は自分が見るからって
同居の話 進めてきて

あいつ お義母さんの言いなりで

このままだと 梓のこと取られると
思って 二人で逃げ出したの

一般的には
お子さんと同居しているほうが

親権を取るには有利に働きます

(楓)よかった~
(貴也)僕が交渉します

楓さんや梓ちゃんが
安心して暮らせるように

ありがとう よかった
貴也君が いてくれて

いえ

やっぱり 頼りになるわね

ねえ しばらく
ここに住んでもいい?

えっ?
ホテル暮らしで

貯金 だいぶ使い込んじゃってさ
部屋あいてるよね?

私も住んでいい?

えっ 何で? ママは
新しいマンション借りたんだよね?

あ~っ みんなのことが心配なのよ

えっ でも大丈夫なの?
彼氏にも相談したほうが

彼氏? どこのどいつだ?

(楓)編集者の立川さん

あいつか
あいつだけは俺は絶対 認めんぞ!

あなたには
マカロン女がいるでしょ

ちょっと
別れてまでケンカしないでよ

恥ずかしいとこ見られちゃったね

何か にぎやかで
ちょっと うらやましかったよ

うらやましくはないでしょ

色々あったみたいだけど 大丈夫?

うん 大丈夫

いつでも 話 聞くよ

ありがとう でも大丈夫

あの 部長
(小松原)うん?

私 水口咲に戻りました

えっ?

うん?
離婚しまして

ああっ
(岩田)また すぐに

名字を戻すなんて
ちょっとした赤っ恥ね

離婚は 別に恥じゃない

えっ?
「離婚は きわめて自然なもので」

「多くの家では毎晩
それが夫婦の間に寝ている」

セバスチャン・シャンフォールの
言葉よ

どんな夫婦も一度は離婚を考える

あなたは それを実行に移しただけ

1 2 3 4 5 6…

(谷)あと 何回でしょうか?
谷 救援活動に終わりは見えない

甘えんな!

(重森)そろそろ
プリブリーフィングを始めよう

(一同)はい

その前に 私ごとですが
ご報告があります

(重森)おお どうした

自分は 離婚いたしました

(重森)ええっ?
(早乙女・狩場・谷)離婚?

このような事態になり
誠に申し訳ありませんでした

これは皆さんからいただいた
お祝い金です

隊長 受け取ってください

受け取れるわけないだろう

一ノ瀬3尉

(一ノ瀬)いえ

早乙女


(谷)差し上げたものですから

狩場
(狩場)受け取れません

(早乙女)そうだよな

受け取ってもらわないと
筋が通らない

よく考えた末なのか?

後悔は ありません
自分は今まで以上に

仕事に集中してまいります

(連)離婚した?
はい

あんた この結婚に かけてるとか
言ってなかった?

そうなんですけど

賭けに負けてしまいました

愛なんて この世には存在しない

やっと分かった?

どうせ 離婚するのに

どうして みんな
結婚なんかするんだろ

ねえ 離婚したってことはさ

俺と一線越えても問題ないわけだ

えっ いや いや それは…

冗談だよ

はっ…

もったいない
えっ?

武士野郎みたいなキャラクターは

作家として
意欲をかき立てられるというか

近くで観察したかったんだよな

観察って…

ああいう 野生のイノシシみたいな
タイプを結婚相手に選ぶなんて

意外と 見る目あると
思ったんだけどな

《これなんか どう?》

《≪本当に
お似合いのお二人ですね》

前略

元気か?

「元気?」

はあっ

その手では詰まん

王手することばかり考えてる
将棋は自分だけではなく

相手が どう指すか考える
その駆け引きが醍醐味だ

はあ…
お前と指しても つまらない

(チャイム)

あっ 一ノ瀬3尉

突然すみません

えっ?
あっ…

煮物を作りすぎてしまって

ああ
よかったら どうぞ

ああ ありがとうございます

あっ あの…
あの あの

もしよかったら あの
上がっていかれますか?

どうぞ
お邪魔します

誰だ?
一ノ瀬3尉です

UHのパイロットで 自分の上官です

何と 3尉殿でありましたか
失礼いたしました

なぜ そういうことを早く言わない

3尉殿 とっておきの日本酒が
ありますので ぜひ

ああ どうぞ おかまいなく
いえいえ…

うん うん

おいしいです!
なあ

よかったです

(緒原)うまい!

ママ どうしたの? 急に

何かあった?
すいません 遅くなりました

えっ?
あれっ?

私が 咲を呼んだの

何? 何なの?

私 取られちゃったの

2000万
2000万?

(貴也)預金が全部
引き出されてるのが分かったのは

いつですか?

4~5日前かな

えっ どうして
すぐ言ってくれなかったの?

言えなかったのよ
若い恋人が できて

浮かれて だまされたなんて
言われたら

恥ずかしくて…

じゃあ 世界進出とかも
全部 嘘だったの?

電話も つながらないし

マンションも解約されてるし

もう もう どうでもいいわ

ママ

(一ノ瀬)まいりました 完敗です

なんの 強かったですよ 3尉殿

その呼び方は やめてください
一ノ瀬で結構です

では 一ノ瀬さん
この桂を指す前に

こちらの歩を取れば

勝負は まだまだ分からなかった

はあ 勉強になります

しかし 実に面白い将棋を指す

戦況を冷静に広く捉え

敵が想像しない
好展開の一手を指す

いい指揮官になる証左です

過分な お言葉
ありがとうございます

父さん 風呂 沸きましたよ
そうか

では ぜひ また
お手合わせをお願いいたします

次は負けません

その意気や
さらに また よし!

父さんのあんな楽しそうな顔
久しぶりに見ました

ありがとうございます

私も楽しかったです
ごちそうさまでした

ありがとうございます
ホントに おいしかったです

緒原1曹に
お話ししたいことがあります

はあ 何でしょうか?

私の今までの悪事について
ご報告します

えっ?
一つ

バーベキューの時
奥様が道に迷われたのは

私が原因です

あっ いや それは以前に お話し…
一つ

先日のパーティーで
緒原1曹に もっと尽くすよう

奥様に進言しました

一つ 谷士長が ケガをした際
奥様を訪ねて

緒原1曹とは離婚したほうがいいと
進言しました

以上 三点
本当に申し訳ありません

どんな責任でも罰でも
お受けいたします

私のせいで

緒原1曹は 奥様と離婚を…

それは違います 離婚は

自分と彼女が決めたことで

他の誰のせいでもありません

ですから
一ノ瀬3尉が謝る必要はありません

(緒原)紘一 風呂釜の調子が悪いぞ

今 行きます
あっ あの

お話の続きは また後日
改めて お願いします

お邪魔しました

色々 迷惑かけちゃってごめんね

貴也には
私の家族の恥ずかしいとこばっか

見られちゃって 何か

どうしようもないね

どの家族にも人に見られたくない
ところはあるよ

うちだって幼い頃
両親に色々あったし

子どもは親に気を使って 本音を
言えないことが よくあるから

梓ちゃんのことも
気にかけてあげてね

うん

抱えすぎんなよ

色々 無理してない?

ああ それが自分でも
ビックリするぐらい元気だよ

大丈夫

俺の前ではさ
そんな顔 しないでよ

えっ?
つらい時ほど 大丈夫って

無理して笑うんだよな 咲は

何年 付き合ったと思ってんの

無理しないで
全部ぶつけていいんだよ

もう バレちゃってんだからさ

ほら 童話にもあったろ

王様の耳はロバの耳って
穴の中に秘密を吐き出すって話

俺を穴だと思って

どうぞ

何それ

やっと笑った

その笑顔が見たかった

ただいま~
おかえり

しみない?

どうしたの?

学校で ケンカしたって

どうして?

友達と口論になって
先に あっちが 手 出してきて

梓も やり返したって

(楓)
あ~っ あっちも こっちもだな

うん

私 ママにギューッて
抱きしめられた記憶とか

あんまりないから
いまいち よく分かんないんだよね

梓のこと かわいいんだけど

どうしたらいいのか

何か 分かる

小学校の時 急に雨が降っても

ママは迎えに来てくれなかった

ママは ママで
一生懸命だったんだよね

今なら分かるんだけど
子どもだったから

うん そう

お姉ちゃんの気持ちも分かるよ

梓の気持ちを
考える余裕がないくらい

お姉ちゃんの心も
傷ついてるってことだから

ホント
結婚は二人で決められるけど

離婚は色んな人を巻き込んじゃう

うん

梓とは じっくり話してみる

お姉ちゃんも ゆっくり休みなよ
ここには好きなだけ いていいよ

ありがとう 咲

ううん

いずれ 時間が解決してくれる

嫌な思い出も
少しずつ思い出さなくなって

そのうち 消えていく

って よく言うじゃない?

うん

<いい思い出も
少しずつ消えていくのかな?>

<少しずつ>

<消えていって>

《最後に このカーテンを
つけることができてよかった》

《自分が いなくなっても》

《せめて》

《君のことを守れるように》

<まるで最初から
何もなかったみたいに>

《よいしょ》
《おお》

《君が リノベーションしてくれて
こうなったのか》

《都内のほうが
咲さんのご実家に近く》

《咲さんが
安心して暮らせると思いました》

《こうして 見ると》

(通知音)

「離婚する理由 その6
皿の洗い方が甘い」

えっ? ちゃんと洗ってたし

《残り95個は 追加で
LINEで絶対に送る 絶対にだ》

ホントに送ってきたんだ

真面目か

(通知音)

「離婚する理由 その7」

「お皿の洗い方に
こだわりすぎる」

「だったら
最初から自分で洗えばいいのに」

(通知音)

「離婚する理由 その8」

「家族会議の時 「紘一さん
いい人じゃない」と」

「言われたのに 肯定しなかった」

え~っ?

(通知音)

「あそこで肯定したら 変でしょ
離婚報告の場なんだから」

うっ うっ…

「それと これとは…」

「別れた後も 自分の印象が
そんなに気になるんだ」

「あの場面で
そんな事 考えてたなんて」

「がっかり 紘一さんだって」

「「咲さんみたいな人と
一緒になってくれて」」

「「安心してたのに」
って言われた時」

「肯定するべき
だったんじゃない?」

あ~っ あっ もう!

(携帯着信)

もしもし

まだ 返信を送っていないのに
続けて

ドンドコドンドコ ドンドコドンドコ送ってくるとか
その 焦ってしまう

前から思ってたけど
文字打つの遅いよね

えっ?

だが ひとたび
電波の届かないところに行けば

君の その技術は役に立たない

えっ? 話 飛躍しすぎ

離婚する理由 その9

離婚する理由 その10

小さくない!

ほら すぐ怒る
あっ…

アイタッ

んんっ

ああ ああ では うん

あの 聞こう うん

元気だったか?

うん 私は元気だよ
そっちは?

ああ 特に問題は ない

よかった

実は…

うん?

色々と気になって
仕方ないことがある

何?

自分は 君を一生守ると言ったのに

何の役にも立たず

傷物にしてしまったのでは
ないかと

自分の無力さに嫌気がさす

すまない

私は…

大丈夫

そうか

ああ そういえば 君のお姉さん

離婚すると言っていたが
大丈夫か?

ああ うん 貴也が

えっ? えっ?

あっ 青山さんが

ああ ああ

あの弁護士の元カレ
貴也が力になってくれてんのか

ああ そうだよな 自分より
よっぽど頼りになるだろうな

☎あの元カレ 貴也は

そんなこと言ってないじゃない
☎それとも

元カレ 貴也ではなく 今の
今の彼氏 貴也に戻ったのか?

何 言ってるの?
何で そうなるわけ?

離婚したとたん 元カレ
貴也と下の名前で呼んで

もう いい加減にして
男の嫉妬は見苦しいよ

嫉妬?

しっ 嫉妬? えっ 嫉妬?

すまない

(電話が切れる)

嫉妬…

嫉妬…

嫉妬

はい お車の手配ですね

そのオシャレなペン
まだ使ってるんだ

えっ?
もう 緒原咲じゃなくて

水口咲なんでしょ?

そうですけど…

プレゼントか 武士野郎の

そのセンスだもん

はあ…

(通知音)

あっ ちょっと すみません

(貴也)
「美土里さんの件で 近々会える?」

あっ
武士野郎とは もう

連絡 取ってないの?
えっ?

取ってるんだ

ふむ

本当は 後悔してるんじゃないの?

後悔なんてしてません

私達は別れる運命だったんです

運命ってのは
自分で切り開くものだ

こちらで お間違えないですか?

あれっ?

どうかされました?

あっ いえ 大丈夫です

ありがとうございます

おお
あっ こんにちは

おお

紘一は仕事だが

そうですか

あっ あの

これ 忘れ物です
紘一さんに渡してください

わざわざ これを届けに?

はい

あの

このたびは私達のわがままで

申し訳ありませんでした

残念だな

骨のあるやつだと思ってた

紘一は いつになるか
分からないけど

待つか?
いえ

これを届けに来ただけですから

≪あっ いらっしゃい

空自唐揚げ定食 お待ち

ほげほげ食いな
どうも

おばちゃん うまいよ
≪あいよ

<いるわけないか…>

いただきます

<文句言って ケンカして>

<かけがえのない時間だった>

≪ああ いらっしゃい
≪ああ もう一人

あっ!

どうして 君が ここに?

忘れ物 届けに来た
忘れ物?

クリーニングに出してた
紘一さんのワイシャツ

さっき
実家のお父さんに預けてきた

それは何と不覚 申し訳なかった

しかし

なぜ 君が ここに?

えっ

それは…

もしかして

君は

本当は…

この店の
唐揚げが気に入ったんだな

へっ?

だから言っただろ
ここの唐揚げは最高だと

ああ うん そうだね

君の考えや気持ちは
手に取るように分かる

ホントだね

もう

君の夫じゃないのにな

私…

私 ホントは

ここに来たのは 紘一さんに…
≪あっ いらっしゃい

こんにちは あっ
遅れてしまいまして すみません

ああ いえ

あっ…

失礼しました

お会計
もう帰んのか?

もう 用は済んだから

えっ? えっ?

さよなら

≪あっ どうもね ありがとう

待て!

咲ちゃん!

私 奥さんに嫉妬していました

えっ?
私は

緒原1曹のことを
お慕いしております

すいません 失礼します

武士野郎の家 遠っ

先生

何かあった?

私 紘一さんに会いにいった

バカだよね 離婚したんだから

もう どうしようもないのに

何か 心が
ついていかないっていうか

苦しいんだよね

つらかったね

タクシー代 4万5020円 払って

いや なぜ 自分が…

それは…
緒原咲 改め

水口咲に もらった

名字 変わったし
もういらないってさ

それから
もう一つ もらいたいんだけどさ

何ですか?

あっ ごめん

やり直せないかな 俺達

水口咲

あいつは 俺がもらう

えっ?

やり直さないか
結婚を前提に